艦 これ まる ゆ 掘り。 艦これ2期 まるゆ掘りのすすめ 4

【艦これ】まるゆによる運改修を優先すべきおすすめ艦娘10選

艦 これ まる ゆ 掘り

もくじ• そのあまりの入手の難しさに実装当初はツチノコ扱いされた。 通常海域では羅針盤が強敵の3-4で入手できる。 今となっては他のイベント初出レア駆逐艦の入手難易度が尋常ではないため、相対的に入手難度は低くなっている。 5-5でのドロップも確認されているが、レ級による道中大破率が尋常ではない上に、潜水混じりのボスでS勝利する必要があるため、ここで掘るのは現実的ではない。 イベント海域では比較的ドロップしやすい傾向にある。 他のドロップ艦目的でついでに出てくることもあるので、通常海域で掘る気がない場合は気長に狙っていこう。 2015年のクリスマスmodeグラフィック実装時、限定グラフィックが実装された。 その際は2-5、3-5でもドロップし、比較的入手しやすくなっていた。 能力面・持参装備に関してはとくに目立ったものはないので、優先して掘る必要はあまりない。 2014年実装 天津風 艦種:駆逐艦 初出:14春報酬 入手可能海域:3-5ボス 持参装備:強化型艦本式缶、三式水中探信儀、新型高温高圧缶 通常海域では3-5ボスのみでドロップ。 初期装備の強化型艦本式缶、改造後に所持する三式水中探信儀、 新型高温高圧缶は地味に嬉しい。 とくにで重要性の増した缶系装備は嬉しい。 新型高温高圧缶は開発不可・天津風改の初期装備としてしか入手できない。 レベル20で改造できるため、2隻目以降の牧場艦としても非常に優秀。 前述の通り、 新型高温高圧缶などの有用な装備を持参するので、余裕があれば育てておきたい。 能力面は燃料消費が他の駆逐艦より多いが、装甲・耐久といった生存能力がとくに優秀。 イベントではそこそこ掘りやすいドロップ設定となることが多いが、場所によっては3-5と難易度の変わらない場合もある。 天津風自体の入手優先順位はそこまで高くはないが、優秀な性能と持参装備であることは間違いないので、艦隊運用に余裕があれば是非所持しておきたい。 谷風 艦種:駆逐艦 初出:14春ドロップ 入手可能海域:3-5、4-5ボス 持参装備もステータスもレア駆逐としては平凡。 そのためか、イベント海域ではかなり出やすいので、無理に通常海域で無理して掘る必要性はない。 明石の 改修工廠での装備改修、 泊地修理によるバケツ節約など、早めに入手出来ると艦隊運用の幅が劇的に広まる。 初心者救済で、未所持者の未限定で2-5A勝利以上でドロップする。 2-5を安定して周回できる段階になったら最優先で掘りたい。 一方、1隻のみでは艦艇修理施設が2つまでしか入手出来ず、3隻までしか修理できない。 泊地修理で5隻まで修理するためにはもう1隻所持して改まで育てる必要がある。 その場合通常海域では3-5、6-2の道中で掘る必要が出てくる。 道中ドロップは艦娘自体が確定ドロップするわけではないので、非常に難易度が高くなる。 現在3-5ボスでも期間限定ドロップするようになっている。 これは長期間継続中であり、実質ドロップ追加状態になっている。 3-5道中と3-5ボスのWドロップチャンスが狙えるので、2隻目はここで掘るといいだろう。 イベントでは掘り難易度が変わりやすく、難しくなりがち。 酒匂 艦種:軽巡洋艦 初出:14春報酬 入手可能海域:6-2ボスS 阿賀野型で唯一大型建造で出現しない艦。 ステータスは阿賀野型の平均値だが、初期運が30と高め。 16秋イベE5で史実補正特効で大活躍を見せた。 通常海域では6-2ボスでのみ出現が確認されている。 6-2自体は中部海域ではまだ楽に周回できるので余裕があれば狙いたい。 イベント海域でのドロップ傾向は、史実繋がりで大判振る舞いであった16秋E5を除けば、決して簡単とは言いにくい場所でのドロップが多め。 一応、イベント最終海域突破報酬なので。 大鯨 艦種:潜水母艦 初出:2014年6月6日通常海域実装 入手可能海域:2-4、2-5、3-4、4-4、5-2 すべてボスS 持参装備:龍鳳改 要設計図 :九七式艦攻 九三一空 、12cm30連装噴進砲 名前にかけて大鯨掘りが「捕鯨」と呼ばれる程度に実装当時はレア艦だった。 今となっては2-5、5-2あたりの周回は容易になっているので、相対的に難易度は落ちている。 設計図改装で軽空母となるが、低消費という特徴以外は趣味の領域。 潜水艦53cm艦首魚雷 8門 入手任務に「潜水母艦」が必須であるため、必然的に唯一の潜水母艦である大鯨が必要となる。 大鯨を手に入れたら改造する前に該当任務をこなしておこう。 春雨 艦種:駆逐艦 初出:14夏報酬 入手可能海域:6-3ボス、6-5ボス 持参装備:12. 7cm連装砲B型改二 改で12. 7cm連装砲B型改二を持参する。 ステータスは白露型改平均値。 通常海域では6-3、6-5と周回安定しにくい海域でのみドロップが確認されている。 一方、イベントでは道中含め広い範囲で拾える設定にされやすいのでイベントでの入手を狙う方が吉。 大淀 艦種:軽巡洋艦 初出:14夏報酬 入手可能海域:1-6道中 持参装備:艦隊司令部施設 現在、通常海域では1-6道中のみでドロップが確認されている。 ボスマスと違い戦闘にS勝利しても確定でドロップするわけではない上に、ドロップ率自体もかなり低めに設定されているようなので、ここで掘る場合はハゲ上がること必須。 改の初期装備として 艦隊司令部施設を持参する。 これは連合艦隊でのイベント攻略難易度を劇的に変える装備であるため、出来る限り早く所持しておきたいが、前述の通り通常海域での入手は困難。 イベント海域では初心者向けに掘りやすい場所にドロップ設定されることが多いため、その時に優先して入手しておきたい。 雲龍 艦種:正規空母 初出:14夏報酬 入手可能海域:6-3ボス 持参装備:12cm30連装噴進砲 改持参装備 要設計図 :零戦52型丙 六〇一空 、彗星 六〇一空 、天山 六〇一空 雲龍型唯一の通常海域ドロップ艦だが、入手難易度は極めて高い。 S勝利の難しい6-3ボスでドロップ率自体もかなり低めの模様。 イベント海域でも一筋縄ではいかないドロップ設定が多いが、6-3よりは幾分かマシなのでイベント海域での入手を狙いたい。 空母の装備として非常に有用な 烈風 六〇一空 および 熟練艦載機整備員を入手できる任務に必要となるので、戦力に余裕ができたら多少無理を通してでもイベントで入手しておきたい。 時津風 艦種:駆逐艦 初出:14夏報酬 入手可能海域:6-4ボス 持参装備:12. 7cm連装高角砲 後期型 通常海域では6-4ボスでのみ入手可能なレア艦。 ステータスは平均的な陽炎型改並で、とくに目立った性能ではない。 6-4の極悪な難易度もあり、通常海域で掘るのはおすすめできない。 イベント海域ではそれなりに見かけるので、イベントでのドロップを狙おう。 清霜 艦種:駆逐艦 初出:14夏ドロップ 入手可能海域:4-5ボス 持参装備:22号対水上電探、三式水中探信儀、13号対空電探 通常海域では4-5ボスでのみドロップするレア艦。 ステータスは夕雲型改としては平均。 持参装備はすべて開発可能ではあるものの、改修素材として数の要求されるものばかりなので牧場艦としてはそこそこの需要がある。 イベントではよく見かけるので、通常海域で無理して掘らずにイベントを待とう。 早霜 艦種:駆逐艦 初出:14夏ドロップ 入手可能海域:4-5ボス 持参装備:22号対水上電探、13号対空電探 同イベントでドロップ実装された清霜と同じく、通常海域では4-5ボスでのみドロップするレア艦。 ステータスも清霜と同様に夕雲型改としては平均。 持参装備は清霜と違い、三式水中探儀の代わりに九四式爆雷投射機を持ってくる。 こちらも清霜同様にイベントではよく見かけるので、通常海域で無理して掘らずにイベントを待とう。 朝雲 艦種:駆逐艦 初出:14秋ドロップ 入手可能海域:1-6道中、6-4ボス 持参装備:12. 7cm連装高角砲 後期型 通常海域での入手難易度はもちろんのこと、イベント海域でもドロップ設定が難しめの事が多く、地味にかなりのレア駆逐艦である。 そのレア度の割に性能は平均的な朝潮型改並。 持参装備もレア駆逐の代名詞である12. 7cm連装高角砲 後期型 ぐらいしかめぼしいものはない。 前述の通りイベント海域でもかなり入手しにくい設定が多い。 とはいえ、通常海域は絶望的な難易度の1-6道中はともかく、6-4周回も基地航空隊でふっとぶ資源やそもそものボス到達率を考えるとあまりおすすめできない。 どうしても欲しい場合はイベント海域でのドロップ難易度を見極めつつ狙っていきたい、 野分 艦種:駆逐艦 初出:14秋報酬 入手可能海域:4-5ボス、6-5ボス 持参装備:12. 7cm連装高角砲 後期型 14秋最終海域突破報酬。 通常海域では4-5・6-5ボスと入手難易度は高いが、イベントでは最終海域報酬艦にしてはかなり出やすい傾向。 ステータスは平均的な陽炎型駆逐艦改並で、持参装備もめぼしいものは12. 7cm連装高角砲 後期型 のみ。 2015年実装 朝霜 艦種:駆逐艦 初出:15冬ドロップ 入手可能海域:4-5ボス、6-5ボス 持参装備:12. 7cm連装高角砲 後期型 、三式水中探信儀 15冬でドロップしたが、ドロップ難易度の高さにレベル45という高さでの改装後のみに聞ける期間限定ボイスありという鬼畜っぷりであった。 能力は対空・対潜がズバ抜けて高い。 「 坊ノ岬組」としての史実評価かと思われる。 特に対潜値の高さは魅力で Lv66から先制対潜が可能。 通常海域では4-5・6-5のみでしか入手できない。 イベント海域でも初出のレア度もあって、難しめのドロップ傾向。 高波 艦種:駆逐艦 初出:15春ドロップ 入手可能海域:6-5ボス 持参装備:熟練見張員、22号対水上電探、13号対空電探 6-5実装に伴い、通常海域落ち。 能力的には索敵値がとくに高い。 持参装備は 熟練見張員と改修素材によく使う小型電探。 イベントでのドロップ傾向はやや難しめの傾向。 秋津洲 艦種:水上機母艦 飛行艇母艦 初出:15春報酬 入手可能海域:6-4道中 持参装備:二式大艇 レア艦かも! 艦これでは「水上機母艦」という艦種で扱われているが実質的には飛行艇母艦であり、他の水上機母艦と著しく使用感が異なる。 「 二式大艇」「 PBY-5A Catalina」の飛空挺を唯一搭載できる艦娘である。 秋津洲本人もイベントでのルート固定に関わったり、そこそこの耐久と回避能力で制空補助をできたりとサポートとしては優秀。 しかし、現状通常海域では極悪難易度を誇る6-4のみ。 イベントでも最終海域報酬艦らしいドロップ難易度に設定されがち。 江風 艦種:駆逐艦 初出:15夏報酬 入手可能海域:2-5ボス、6-5ボス 改持参装備:12. 7cm連装砲B型改二、22号対水上電探 改二持参装備:12. 7cm連装砲B型改二、照明弾 改二実装に伴い、2-5ボスドロップとして通常海域落ちとなった。 イベント初出駆逐艦としては初の改二艦となった。 改二の性能は駆逐艦改二トップクラスの雷装を誇り、夜戦火力も上位クラス。 その上、大発も装備でき遠征や輸送作戦での活躍も見込める。 イベント海域でも入手しやすい傾向だが、2-5ボス周回で狙うのもあり。 低速であることを除けば、水母の使いやすさもあって千歳・千代田の強化版として心強い性能。 通常海域では5-3ボス・6-4道中と 鬼畜難易度。 無理に掘るのはおすすめしない。 イベントでも道中限定など癖のあるドロップ傾向だが、通常海域で掘るよりは断然マシ。 海風 艦種:駆逐艦 初出:15夏ドロップ 入手可能海域:6-5ボス 持参装備:12. 7cm連装砲B型改二 6-5実装に伴い、通常海域落ち。 ステータス・持参装備共にレア白露型駆逐艦としては平均。 初出の15夏E4限定ドロップの難易度のせいか、その後のイベント海域でも掘りにくい海域へのドロップ実装が多め。 性能面での入手優先度は低いので、イベントかEO消化の6-5でまったり狙うのが吉か。 先制対潜可能レベルが60と、駆逐艦の中でもっとも早い。 風雲 艦種:駆逐艦 初出:15夏ドロップ 入手可能海域:6-5ボス 持参装備:熟練見張員、22号対水上電探、13号対空電探 6-5実装に伴い、通常海域落ち。 高波改と同様の持参装備。 夕雲型改としては少し高めのステータスを持つが、誤差の範囲。 イベント海域では比較的入手しやすいドロップ傾向。 300円の女。 初期装備と改でそれぞれ一つずつ課金アイテムである洋上補給を持参する。 最近のイベント最深部では道中5戦以上が当たり前となり、ボス戦で燃料・弾薬不足となる海域ではとくに洋上補給が効果的となることがある。 その場合唯一の洋上補給搭載艦である速吸が必然的に必要となる。 艦隊運用に余裕が出てきたら、高難度海域クリアに向けて是非とも確保しておきたい。 しかし通常海域では6-4のみでのドロップと、入手難易度は高め。 イベント海域では序盤の海域でドロップすることがあるので、初心者は早めに入手しておくとよい。 ブラウザゲームでは6-5実装に伴い、通常海域落ち。 人気キャラの割に入手難易度は鬼畜設定。 改 Lv35 にて開発不能な探照灯などを持参するため、牧場艦としてもそこそこ優秀。 イベントでは比較的入手しやすいドロップ設定になっているので、イベント時に入手したい。 2016年実装 沖波 艦種:駆逐艦 初出:16冬ドロップ 入手可能海域:6-5ボス 持参装備:13号対空電探、22号対空電探 6-5実装に伴い、通常海域落ち。 現状最も新しい、通常海域落ちしたイベント初出艦となっている。 能力的には夕雲型駆逐艦改に毛が生えた程度だが、先制対潜がLv84から可能。 7cm連装高角砲 後期型 大鯨以来、2年以上ぶりとなる初登場通常海域実装艦。 入手難易度は2-4でのH、P、ボスマスと2-4広範囲で拾える上に、4-1・5-1と周回しやすい海域でも拾えるため、他のレア駆逐に比べて入手しやすい。 能力はごく平均的な吹雪型駆逐艦並。 改 Lv30 で12. 7cm連装高角砲 後期型 を所持する所はレア艦らしいと言える。 浦波が編成条件に含まれる任務があるため、任務消化する場合は確保しておきたい。 入手難易度考察 極めて高い 道中限定の、、ドロップ海域自体の大破撤退率およびボス勝利難易度が極めて高い、、、は運悪くドロップしないと消費資源・消費時間が莫大になるため、条件のいいイベント海域でのドロップを待つ方が賢明。 またについても、出撃編成条件のある6-3ボスでのS勝利率を安定させるには限界があるため、イベントドロップを待った方がよい。 高い 6-5・4-5でドロップするレア艦は月毎のクリアが前提とされているEO海域である都合上、通常海域での掘れないこともない難易度ではある。 ただし、消費がかさむことは必至なので、計画的な艦隊運用を。 また、どちらも高難易度海域であることは間違いないので、十分な戦力を用意できるようになってから掘りに挑もう。 6-5ドロップ 現状6-5ボスでのみドロップが確認されているのは、、、、。 は他でのドロップがS勝利の安定しない6-3だけなので、掘るなら6-5の方がおすすめ。 現在最深部となる6-5は、基地航空隊をしっかり運用すれば十分ボスS周回は出来る。 基地航空隊運用が前提であるため消費はかさむが、レア艦ドロップ狙いの周回場所としては辛うじてありと言える程度の難易度。 4-5ドロップ 4-5ボスでのみドロップが確認されている、。 4-5道中でドロップする。 4-5ボスと6-5ボスでのみドロップの、。 4-5は周回する場合、ボス編成が最終形態固定なのが厄介。 たださえ道中のきついマップであるが、単縦陣の港湾棲姫最終形態の火力はこちらの戦艦級を容赦なく大破させてくる。 バケツや修理にかかる資材が多めになることは必至。 とはいえ、消費に目を瞑ればまだ周回は現実的な難易度ではある。 普通 3-5ドロップ 3-5でドロップが確認されている、。 道中北方棲姫マスとボスマスでドロップする 2隻目以降。 3-5は西方海域以降のEO6-5、4-5などに比べるとボス編成が弱く、周回はしやすい海域。 とはいえ、道中大破率もそこそこ高く、安定させるには十分な戦力が必要。 ここでしか出ないドロップ艦の、はイベント海域でドロップしやすい傾向であるため、無理して掘る必要はない。 に関しては2隻目以降を掘る場合は、上ルートを使えば2マスチャンスがあるため、ここが一番。 その他ドロップ 6-2ボスSでのは最短ルートが道中3戦なため、難易度の上がった5-4感覚で周回できる。 は羅針盤が厄介な3-4でドロップ。 編成は自由であるため、戦力が整っていればあとは羅針盤との戦いだけになるため、今となっては相対的に楽になっている。 も同様、羅針盤が厄介な2-4でドロップするが、羅針盤が逸れた先でもドロップチャンスがあるので、初風以上に楽。 他のドロップ海域である4-1、5-1も羅針盤が厄介なだけで楽に周回できる。 2-5でのも艦載機熟練度実装以降の軽空3隻下ルートで周回がかなり楽になっているので、かなり狙いやすくなっている。 この2-5に加え、羅針盤の固定できる5-2ボスでもドロップするも今となってはだいぶ掘りやすいと言える。

次の

【艦これ】まるゆレシピ徹底解析

艦 これ まる ゆ 掘り

もくじ• そのあまりの入手の難しさに実装当初はツチノコ扱いされた。 通常海域では羅針盤が強敵の3-4で入手できる。 今となっては他のイベント初出レア駆逐艦の入手難易度が尋常ではないため、相対的に入手難度は低くなっている。 5-5でのドロップも確認されているが、レ級による道中大破率が尋常ではない上に、潜水混じりのボスでS勝利する必要があるため、ここで掘るのは現実的ではない。 イベント海域では比較的ドロップしやすい傾向にある。 他のドロップ艦目的でついでに出てくることもあるので、通常海域で掘る気がない場合は気長に狙っていこう。 2015年のクリスマスmodeグラフィック実装時、限定グラフィックが実装された。 その際は2-5、3-5でもドロップし、比較的入手しやすくなっていた。 能力面・持参装備に関してはとくに目立ったものはないので、優先して掘る必要はあまりない。 2014年実装 天津風 艦種:駆逐艦 初出:14春報酬 入手可能海域:3-5ボス 持参装備:強化型艦本式缶、三式水中探信儀、新型高温高圧缶 通常海域では3-5ボスのみでドロップ。 初期装備の強化型艦本式缶、改造後に所持する三式水中探信儀、 新型高温高圧缶は地味に嬉しい。 とくにで重要性の増した缶系装備は嬉しい。 新型高温高圧缶は開発不可・天津風改の初期装備としてしか入手できない。 レベル20で改造できるため、2隻目以降の牧場艦としても非常に優秀。 前述の通り、 新型高温高圧缶などの有用な装備を持参するので、余裕があれば育てておきたい。 能力面は燃料消費が他の駆逐艦より多いが、装甲・耐久といった生存能力がとくに優秀。 イベントではそこそこ掘りやすいドロップ設定となることが多いが、場所によっては3-5と難易度の変わらない場合もある。 天津風自体の入手優先順位はそこまで高くはないが、優秀な性能と持参装備であることは間違いないので、艦隊運用に余裕があれば是非所持しておきたい。 谷風 艦種:駆逐艦 初出:14春ドロップ 入手可能海域:3-5、4-5ボス 持参装備もステータスもレア駆逐としては平凡。 そのためか、イベント海域ではかなり出やすいので、無理に通常海域で無理して掘る必要性はない。 明石の 改修工廠での装備改修、 泊地修理によるバケツ節約など、早めに入手出来ると艦隊運用の幅が劇的に広まる。 初心者救済で、未所持者の未限定で2-5A勝利以上でドロップする。 2-5を安定して周回できる段階になったら最優先で掘りたい。 一方、1隻のみでは艦艇修理施設が2つまでしか入手出来ず、3隻までしか修理できない。 泊地修理で5隻まで修理するためにはもう1隻所持して改まで育てる必要がある。 その場合通常海域では3-5、6-2の道中で掘る必要が出てくる。 道中ドロップは艦娘自体が確定ドロップするわけではないので、非常に難易度が高くなる。 現在3-5ボスでも期間限定ドロップするようになっている。 これは長期間継続中であり、実質ドロップ追加状態になっている。 3-5道中と3-5ボスのWドロップチャンスが狙えるので、2隻目はここで掘るといいだろう。 イベントでは掘り難易度が変わりやすく、難しくなりがち。 酒匂 艦種:軽巡洋艦 初出:14春報酬 入手可能海域:6-2ボスS 阿賀野型で唯一大型建造で出現しない艦。 ステータスは阿賀野型の平均値だが、初期運が30と高め。 16秋イベE5で史実補正特効で大活躍を見せた。 通常海域では6-2ボスでのみ出現が確認されている。 6-2自体は中部海域ではまだ楽に周回できるので余裕があれば狙いたい。 イベント海域でのドロップ傾向は、史実繋がりで大判振る舞いであった16秋E5を除けば、決して簡単とは言いにくい場所でのドロップが多め。 一応、イベント最終海域突破報酬なので。 大鯨 艦種:潜水母艦 初出:2014年6月6日通常海域実装 入手可能海域:2-4、2-5、3-4、4-4、5-2 すべてボスS 持参装備:龍鳳改 要設計図 :九七式艦攻 九三一空 、12cm30連装噴進砲 名前にかけて大鯨掘りが「捕鯨」と呼ばれる程度に実装当時はレア艦だった。 今となっては2-5、5-2あたりの周回は容易になっているので、相対的に難易度は落ちている。 設計図改装で軽空母となるが、低消費という特徴以外は趣味の領域。 潜水艦53cm艦首魚雷 8門 入手任務に「潜水母艦」が必須であるため、必然的に唯一の潜水母艦である大鯨が必要となる。 大鯨を手に入れたら改造する前に該当任務をこなしておこう。 春雨 艦種:駆逐艦 初出:14夏報酬 入手可能海域:6-3ボス、6-5ボス 持参装備:12. 7cm連装砲B型改二 改で12. 7cm連装砲B型改二を持参する。 ステータスは白露型改平均値。 通常海域では6-3、6-5と周回安定しにくい海域でのみドロップが確認されている。 一方、イベントでは道中含め広い範囲で拾える設定にされやすいのでイベントでの入手を狙う方が吉。 大淀 艦種:軽巡洋艦 初出:14夏報酬 入手可能海域:1-6道中 持参装備:艦隊司令部施設 現在、通常海域では1-6道中のみでドロップが確認されている。 ボスマスと違い戦闘にS勝利しても確定でドロップするわけではない上に、ドロップ率自体もかなり低めに設定されているようなので、ここで掘る場合はハゲ上がること必須。 改の初期装備として 艦隊司令部施設を持参する。 これは連合艦隊でのイベント攻略難易度を劇的に変える装備であるため、出来る限り早く所持しておきたいが、前述の通り通常海域での入手は困難。 イベント海域では初心者向けに掘りやすい場所にドロップ設定されることが多いため、その時に優先して入手しておきたい。 雲龍 艦種:正規空母 初出:14夏報酬 入手可能海域:6-3ボス 持参装備:12cm30連装噴進砲 改持参装備 要設計図 :零戦52型丙 六〇一空 、彗星 六〇一空 、天山 六〇一空 雲龍型唯一の通常海域ドロップ艦だが、入手難易度は極めて高い。 S勝利の難しい6-3ボスでドロップ率自体もかなり低めの模様。 イベント海域でも一筋縄ではいかないドロップ設定が多いが、6-3よりは幾分かマシなのでイベント海域での入手を狙いたい。 空母の装備として非常に有用な 烈風 六〇一空 および 熟練艦載機整備員を入手できる任務に必要となるので、戦力に余裕ができたら多少無理を通してでもイベントで入手しておきたい。 時津風 艦種:駆逐艦 初出:14夏報酬 入手可能海域:6-4ボス 持参装備:12. 7cm連装高角砲 後期型 通常海域では6-4ボスでのみ入手可能なレア艦。 ステータスは平均的な陽炎型改並で、とくに目立った性能ではない。 6-4の極悪な難易度もあり、通常海域で掘るのはおすすめできない。 イベント海域ではそれなりに見かけるので、イベントでのドロップを狙おう。 清霜 艦種:駆逐艦 初出:14夏ドロップ 入手可能海域:4-5ボス 持参装備:22号対水上電探、三式水中探信儀、13号対空電探 通常海域では4-5ボスでのみドロップするレア艦。 ステータスは夕雲型改としては平均。 持参装備はすべて開発可能ではあるものの、改修素材として数の要求されるものばかりなので牧場艦としてはそこそこの需要がある。 イベントではよく見かけるので、通常海域で無理して掘らずにイベントを待とう。 早霜 艦種:駆逐艦 初出:14夏ドロップ 入手可能海域:4-5ボス 持参装備:22号対水上電探、13号対空電探 同イベントでドロップ実装された清霜と同じく、通常海域では4-5ボスでのみドロップするレア艦。 ステータスも清霜と同様に夕雲型改としては平均。 持参装備は清霜と違い、三式水中探儀の代わりに九四式爆雷投射機を持ってくる。 こちらも清霜同様にイベントではよく見かけるので、通常海域で無理して掘らずにイベントを待とう。 朝雲 艦種:駆逐艦 初出:14秋ドロップ 入手可能海域:1-6道中、6-4ボス 持参装備:12. 7cm連装高角砲 後期型 通常海域での入手難易度はもちろんのこと、イベント海域でもドロップ設定が難しめの事が多く、地味にかなりのレア駆逐艦である。 そのレア度の割に性能は平均的な朝潮型改並。 持参装備もレア駆逐の代名詞である12. 7cm連装高角砲 後期型 ぐらいしかめぼしいものはない。 前述の通りイベント海域でもかなり入手しにくい設定が多い。 とはいえ、通常海域は絶望的な難易度の1-6道中はともかく、6-4周回も基地航空隊でふっとぶ資源やそもそものボス到達率を考えるとあまりおすすめできない。 どうしても欲しい場合はイベント海域でのドロップ難易度を見極めつつ狙っていきたい、 野分 艦種:駆逐艦 初出:14秋報酬 入手可能海域:4-5ボス、6-5ボス 持参装備:12. 7cm連装高角砲 後期型 14秋最終海域突破報酬。 通常海域では4-5・6-5ボスと入手難易度は高いが、イベントでは最終海域報酬艦にしてはかなり出やすい傾向。 ステータスは平均的な陽炎型駆逐艦改並で、持参装備もめぼしいものは12. 7cm連装高角砲 後期型 のみ。 2015年実装 朝霜 艦種:駆逐艦 初出:15冬ドロップ 入手可能海域:4-5ボス、6-5ボス 持参装備:12. 7cm連装高角砲 後期型 、三式水中探信儀 15冬でドロップしたが、ドロップ難易度の高さにレベル45という高さでの改装後のみに聞ける期間限定ボイスありという鬼畜っぷりであった。 能力は対空・対潜がズバ抜けて高い。 「 坊ノ岬組」としての史実評価かと思われる。 特に対潜値の高さは魅力で Lv66から先制対潜が可能。 通常海域では4-5・6-5のみでしか入手できない。 イベント海域でも初出のレア度もあって、難しめのドロップ傾向。 高波 艦種:駆逐艦 初出:15春ドロップ 入手可能海域:6-5ボス 持参装備:熟練見張員、22号対水上電探、13号対空電探 6-5実装に伴い、通常海域落ち。 能力的には索敵値がとくに高い。 持参装備は 熟練見張員と改修素材によく使う小型電探。 イベントでのドロップ傾向はやや難しめの傾向。 秋津洲 艦種:水上機母艦 飛行艇母艦 初出:15春報酬 入手可能海域:6-4道中 持参装備:二式大艇 レア艦かも! 艦これでは「水上機母艦」という艦種で扱われているが実質的には飛行艇母艦であり、他の水上機母艦と著しく使用感が異なる。 「 二式大艇」「 PBY-5A Catalina」の飛空挺を唯一搭載できる艦娘である。 秋津洲本人もイベントでのルート固定に関わったり、そこそこの耐久と回避能力で制空補助をできたりとサポートとしては優秀。 しかし、現状通常海域では極悪難易度を誇る6-4のみ。 イベントでも最終海域報酬艦らしいドロップ難易度に設定されがち。 江風 艦種:駆逐艦 初出:15夏報酬 入手可能海域:2-5ボス、6-5ボス 改持参装備:12. 7cm連装砲B型改二、22号対水上電探 改二持参装備:12. 7cm連装砲B型改二、照明弾 改二実装に伴い、2-5ボスドロップとして通常海域落ちとなった。 イベント初出駆逐艦としては初の改二艦となった。 改二の性能は駆逐艦改二トップクラスの雷装を誇り、夜戦火力も上位クラス。 その上、大発も装備でき遠征や輸送作戦での活躍も見込める。 イベント海域でも入手しやすい傾向だが、2-5ボス周回で狙うのもあり。 低速であることを除けば、水母の使いやすさもあって千歳・千代田の強化版として心強い性能。 通常海域では5-3ボス・6-4道中と 鬼畜難易度。 無理に掘るのはおすすめしない。 イベントでも道中限定など癖のあるドロップ傾向だが、通常海域で掘るよりは断然マシ。 海風 艦種:駆逐艦 初出:15夏ドロップ 入手可能海域:6-5ボス 持参装備:12. 7cm連装砲B型改二 6-5実装に伴い、通常海域落ち。 ステータス・持参装備共にレア白露型駆逐艦としては平均。 初出の15夏E4限定ドロップの難易度のせいか、その後のイベント海域でも掘りにくい海域へのドロップ実装が多め。 性能面での入手優先度は低いので、イベントかEO消化の6-5でまったり狙うのが吉か。 先制対潜可能レベルが60と、駆逐艦の中でもっとも早い。 風雲 艦種:駆逐艦 初出:15夏ドロップ 入手可能海域:6-5ボス 持参装備:熟練見張員、22号対水上電探、13号対空電探 6-5実装に伴い、通常海域落ち。 高波改と同様の持参装備。 夕雲型改としては少し高めのステータスを持つが、誤差の範囲。 イベント海域では比較的入手しやすいドロップ傾向。 300円の女。 初期装備と改でそれぞれ一つずつ課金アイテムである洋上補給を持参する。 最近のイベント最深部では道中5戦以上が当たり前となり、ボス戦で燃料・弾薬不足となる海域ではとくに洋上補給が効果的となることがある。 その場合唯一の洋上補給搭載艦である速吸が必然的に必要となる。 艦隊運用に余裕が出てきたら、高難度海域クリアに向けて是非とも確保しておきたい。 しかし通常海域では6-4のみでのドロップと、入手難易度は高め。 イベント海域では序盤の海域でドロップすることがあるので、初心者は早めに入手しておくとよい。 ブラウザゲームでは6-5実装に伴い、通常海域落ち。 人気キャラの割に入手難易度は鬼畜設定。 改 Lv35 にて開発不能な探照灯などを持参するため、牧場艦としてもそこそこ優秀。 イベントでは比較的入手しやすいドロップ設定になっているので、イベント時に入手したい。 2016年実装 沖波 艦種:駆逐艦 初出:16冬ドロップ 入手可能海域:6-5ボス 持参装備:13号対空電探、22号対空電探 6-5実装に伴い、通常海域落ち。 現状最も新しい、通常海域落ちしたイベント初出艦となっている。 能力的には夕雲型駆逐艦改に毛が生えた程度だが、先制対潜がLv84から可能。 7cm連装高角砲 後期型 大鯨以来、2年以上ぶりとなる初登場通常海域実装艦。 入手難易度は2-4でのH、P、ボスマスと2-4広範囲で拾える上に、4-1・5-1と周回しやすい海域でも拾えるため、他のレア駆逐に比べて入手しやすい。 能力はごく平均的な吹雪型駆逐艦並。 改 Lv30 で12. 7cm連装高角砲 後期型 を所持する所はレア艦らしいと言える。 浦波が編成条件に含まれる任務があるため、任務消化する場合は確保しておきたい。 入手難易度考察 極めて高い 道中限定の、、ドロップ海域自体の大破撤退率およびボス勝利難易度が極めて高い、、、は運悪くドロップしないと消費資源・消費時間が莫大になるため、条件のいいイベント海域でのドロップを待つ方が賢明。 またについても、出撃編成条件のある6-3ボスでのS勝利率を安定させるには限界があるため、イベントドロップを待った方がよい。 高い 6-5・4-5でドロップするレア艦は月毎のクリアが前提とされているEO海域である都合上、通常海域での掘れないこともない難易度ではある。 ただし、消費がかさむことは必至なので、計画的な艦隊運用を。 また、どちらも高難易度海域であることは間違いないので、十分な戦力を用意できるようになってから掘りに挑もう。 6-5ドロップ 現状6-5ボスでのみドロップが確認されているのは、、、、。 は他でのドロップがS勝利の安定しない6-3だけなので、掘るなら6-5の方がおすすめ。 現在最深部となる6-5は、基地航空隊をしっかり運用すれば十分ボスS周回は出来る。 基地航空隊運用が前提であるため消費はかさむが、レア艦ドロップ狙いの周回場所としては辛うじてありと言える程度の難易度。 4-5ドロップ 4-5ボスでのみドロップが確認されている、。 4-5道中でドロップする。 4-5ボスと6-5ボスでのみドロップの、。 4-5は周回する場合、ボス編成が最終形態固定なのが厄介。 たださえ道中のきついマップであるが、単縦陣の港湾棲姫最終形態の火力はこちらの戦艦級を容赦なく大破させてくる。 バケツや修理にかかる資材が多めになることは必至。 とはいえ、消費に目を瞑ればまだ周回は現実的な難易度ではある。 普通 3-5ドロップ 3-5でドロップが確認されている、。 道中北方棲姫マスとボスマスでドロップする 2隻目以降。 3-5は西方海域以降のEO6-5、4-5などに比べるとボス編成が弱く、周回はしやすい海域。 とはいえ、道中大破率もそこそこ高く、安定させるには十分な戦力が必要。 ここでしか出ないドロップ艦の、はイベント海域でドロップしやすい傾向であるため、無理して掘る必要はない。 に関しては2隻目以降を掘る場合は、上ルートを使えば2マスチャンスがあるため、ここが一番。 その他ドロップ 6-2ボスSでのは最短ルートが道中3戦なため、難易度の上がった5-4感覚で周回できる。 は羅針盤が厄介な3-4でドロップ。 編成は自由であるため、戦力が整っていればあとは羅針盤との戦いだけになるため、今となっては相対的に楽になっている。 も同様、羅針盤が厄介な2-4でドロップするが、羅針盤が逸れた先でもドロップチャンスがあるので、初風以上に楽。 他のドロップ海域である4-1、5-1も羅針盤が厄介なだけで楽に周回できる。 2-5でのも艦載機熟練度実装以降の軽空3隻下ルートで周回がかなり楽になっているので、かなり狙いやすくなっている。 この2-5に加え、羅針盤の固定できる5-2ボスでもドロップするも今となってはだいぶ掘りやすいと言える。

次の

6

艦 これ まる ゆ 掘り

メンテナンスの延長がありましたが、2018初秋イベント「 抜錨!、西へ!」が無事スタートしました。 とりあえず遠征出し直したりしたあと、配信を見ていましたが、E1ボスマスは潜水艦のドロップがかなり美味しい感じ。 まるゆ、伊26、伊13 丙以上? 、伊400 甲のみ? と入手が可能です。 せめて伊13と伊26は入手して、まるゆ入れずに潜水艦6隻編成を組めるようにしておきたいです。 伊400は改造すると試製という強力なを持ってきてくれますが、甲でボスS勝利で1%程度っぽいので、イベント完走後に余力があったら掘りにこようかな・・・ ボス前の Fマスでは速吸、択捉、松輪、明石がドロップ。 難易度が高いほど確率はやや高めの気もしますが、甲~丙まであまり大差なさそうなドロップ率っぽいです。 南西作戦海域方面 バリ島沖 丙ボスマス掘り編成 海防2、駆逐2、1の5隻編成で多分道中2戦ルート固定?今のところ逸れはありません。 2、駆逐1、3でも最短ルート固定のようです。 1戦目、2戦目と警戒陣で避けつつ、ボス戦は単横陣です。 最初駆逐はどうせ先制撃てないからと主砲2とソナーで周回していましたが、道中で事故ってが一隻中破になった時にボスでS勝利取れなかったので、5隻とも対潜ガン積みにしています。 丙掘りで伊26と伊13をお出迎えできました。 poiを見る限り確率は低め?自分は丙一発目で伊26がドロップ、17週目で伊13がドロップしました。 瑞鳳もドロップします。 甲でクリア予定の方はゲージ破壊に注意。 自分は早々に伊13をお迎えできましたが、かなり確率は低めです。 乙で1. 2%程度あるので、確率だけを見ると、伊13狙いなら乙以上の方が効率は良さそうです。 丙だと2隻目以降はドロップしにくいとかあるのかもしれません。 伊13・・・約0. 4% まるゆ・・・約1. 命中に補正のある主砲2と、機銃があると当たりやすいらしいので機銃も装備。 は副砲2と機銃です。 あまりドロップ率に違いがなさそうなので敵の弱い丁で掘っています。 対潜装備も積んでボスマス周回してまるゆ掘りも良さそうですが、PT対策と対潜両方やるとどちらも撃ち漏らす事がありそうなので、FマスでS勝利後撤退しています。 S勝利143回目にて速吸をお迎え。 未所持艦のドロップはうれしい! たまに丙や乙で出撃してますが、ほぼ丁で掘りました。 松輪と択捉は一隻も落ちませんでした。 落ちたら落ちたで改にしてチャレンジを誰にするか決められずに母港圧迫となるので、まぁ結果オーライ・・・?春イベで拾ったとが2隻ずつまだ圧迫中。 8%なので、丁で周回するメリットはあまりなさそうです。 明石・・・約0. 4% 速吸・・・約0. 9% 松輪・・・約1% 択捉・・・約1% Fマス 丁 ドロップ結果 甲ボスS狙い編成 サムと五十鈴は随伴駆逐を落としたいので主砲を一つ装備しています。 takachan8080.

次の