アーマーガア種族値。 【ポケモン ソード&シールド】アーマーガアの育成論(種族値・努力値・技構成など)│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

【ポケモン剣盾】キョダイマックスアーマーガアの入手方法と種族値【ソードシールド】|ゲームエイト

アーマーガア種族値

アーマーガア対戦考察 仮想敵・立ち回り 「ドリュウズ」などの地面タイプ。 その他ほのお、でんきタイプ以外の物理アタッカー全般。 サブウェポンで「かみなりパンチ」や「フレアドライブ」などを打てるポケモンとの対面では、早めに「てっぺき」を積まなければ押し切られてしまう。 「ミミッキュ」は対面なら勝てるが、球持ちだと、後出しした時につるぎのまいを積まれるとダイマックスで押し切られてしまう。 「ヒヒダルマ」もパワーが高いが、対面なら受けれる。 特性「ごりむちゅう」で攻撃が読みやすいが、炎技を持っている個体が多いので、上手く「ドヒドイデ」と受け回す必要があった。 「ドラパルト」も物理型なら受けれるが特殊型も多いので注意。 性格・努力値 性格:わんぱく 性格については「わんぱく」固定です。 この種族値でアタッカーで使うには数値が足りなすぎるし、無難に良いところを伸ばした方が良いと言うことで「わんぱく」にしました。 努力値 H 体力 252 B ぼうぎょ 252 D とくぼう 4 性格と同じ理由でぼうぎょ特化。 中途半端に振り分けるより、強いとこに振り切った方が役割が持てる印象。 技構成 自分の中では、じめん技持ちに後投げする印象で作ったアーマーガア。 じめん技持ちがほとんど物理ポケモンという印象の為、HB振りで物理受けよりの技構成で間違い無いと思っていた。 今作のフェアリータイプは特殊技メインで炎技「マジカルフレイム」をサブウェポンにもっている事が多いため、後出しでフェアリー技を受けた後、受け切れるか少し微妙です。 炎技が「マジカルフレイム」の場合、「ミラーアーマー」のおかげでとくこうダウンをはね返し、受けれてしまうことも多々あります。 回復技。 使ったターンのみ飛行タイプがきえて、格闘技や地面技が抜群で入るようになる。 後攻で行動する事がほとんどだが、自分より遅いポケモンを相手にする場合は注意しておきたい。 早めに積むことが成功すれば、物理ポケモンには絶対負けないマンになれる。 「ボディプレス」のパワーも上がるのがとても良い。 威力120でタイプ一致だが、こうげきに振っていないため火力は控えめ。 攻撃しながら交代できる「とんぼがえり」か、 ダイスチルでぼうぎょランクがあげれる「アイアンヘッド」に変更するべきか検討中。 てっぺきを2回積んでしまえば、「ブレイブバード」より火力が出た。 相手ポケモンが誰かは失念しました、すみません 「サザンドラ」「キリキザン」などのあくタイプが環境に多いので、割と使えると思った。 ダイマックスして打ったら威力を防御計上しなくなるので注意が必要。 アーマーガア対戦考察 使ってみての感想。 積むまで言うほど硬くない 有利対面で「てっぺき」を積んで、「はねやすめ」でHPを調整し 「ブレイブバード」か「ボディプレス」で殴っていく。 「ドヒドイデ」と並べておくと、でんきタイプの選出率がとっても高いので、それに対応できる地面タイプをパーティに加えると良いでしょう。 先に積まれたらやばい ソードシールドでは、対戦環境の変化が目まぐるしく変化する。 受けループ対策の、積み技や「みがわり」搭載のポケモンがかなり増えてきた印象。 もちもの「いのちのたま」持ちで、「つるぎのまい」「わるだくみ」を一積みされてダイマックスされた場合、等倍でも死にかけるか死ぬ。 こちらも「ダイマックス」したら凌ぎきれるが、ジリ貧にしかならないので、「ヌオー」など対応できるポケモンを育成しようと検討中です。

次の

【ポケモン剣盾】アーマーガアの考察とオススメ型紹介!【育成論】

アーマーガア種族値

キョダイフウゲキの効果 技名 キョダイフウゲキ 効果 キョダイマックスしたアーマーガアが繰りだすひこうタイプの攻撃。 リフレクターやひかりのかべを消し去る。 まきびし、フィールドなども消し去る キョダイアーマーガアの専用技キョダイフウゲキは、 壁技やステルスロック、フィールド効果を消すことができる。 サポート技を採用しているパーティはこれらの技への依存度が高いため、プランを崩壊させられる。 自分が撒いたステロも吹き飛ばす点は注意。 ボールを珍しいものにするのがおすすめ アーマーガアは採用率が高く、キョダイマックス個体の判別が難しいのも利点。 ヘビーボールやウルトラボールに入ったキョダイアーマーガアを使うことで、より孵化産との見分けがつきにくくなるぞ。 逆にリピートボールやダークボール産は型がバレやすいのでおすすめしない。 ダイジェットが使えない ひこう技がキョダイフウゲキになるため、ダイジェットは使用不可能。 Sを上げて上を取る動きができないので、相手の壁役などを狙い撃って選出することが肝心だ。 いかく持ちやダイアーク、ダイホロウ、ダイドラグーンなどを使わないようにしよう。 ちょうはつが有効 アーマーガアは積み技や、他の補助技も使う関係上ちょうはつが刺さる。 ただし、ちょうはつを持ったアーマーガアもいるので、逆に封じられないように注意。 特殊アタッカーで攻撃する 物理受けポケモンなので、特殊で攻撃した方がダメージの通りがいい。 サザンドラやドラパルトの炎技、ロトムの電気技などで戦いたい。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の

【比較】アーマーガアとエアームドどっちが優秀?徹底検証!【ポケモン剣盾】

アーマーガア種族値

地方の空の王者。 颯爽と飛行する姿が確認されており、黒光りする鋼の姿は相手を威圧し恐れさせ、鋭い眼光と鳴き声で戦いを仕掛けたポケモンを追い払う。 また、飛行能力だけでなく知能も鳥ポケモンの中では優れる。 ガラル地方では、アーマーガアに自動車のような形をしたゴンドラを持たせ、そこに人を乗せて街から街へと運ぶガラル交通社の アーマーガアタクシーが人々の交通手段としてお馴染み。 ゲーム内ではプレイヤーがエリア間を素早く移動する手段として機能するほか、『剣盾』のオリジナルアニメ「」にも、タクシー業に従事するアーマーガアやタクシードライバーの姿が度々登場。 は黄色味を帯びた銀色のカラーリングになっている。 ゲーム上における特徴 同複合 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計 アーマーガア 98 87 105 53 85 67 495 65 80 140 40 70 70 465 97 101 103 107 101 61 570 何気に複合のでは初めて1つ目のタイプがひこうになっている。 実は同作の「」の最終進化系で、がに、がに進化する世界とはいえ、まさかからカラスに進化するとは誰が予想しただろうか。 また、同カテゴリの中では、進化するレベルが最も遅い。 その為如何にも強そうな見た目だが、種族値は合計値が以下と際立って高いわけではない。 しかし配分に無駄がなく、物理耐久はにほんの少し劣るだけで十分な数値があり、物理受けとして名高いとほぼ同等。 特殊耐久も不一致「」程度なら耐えるくらいにはあり、素早さも高くないとは言えなどのメジャーな低速ポケモンを上回る絶妙な値。 技も回復技の「」に耐久を高める「」「」、後続をサポートする「」「」、積み技による突破を許さない「」と耐久型をやる上で欲しい技は一通り揃っている。 アタッカーとしても最低限の攻撃力が確保されており、攻撃技では先述の「てっぺき」と相性がよい「」を覚えるほか、癖のない一致技の「」「」、壁貼りとの相性がよい「」も覚える。 しかし、エアームドの十八番である「」「」といった技はことごとく覚えられず、「」も習得者に大幅に制限がかかった影響で覚えられないためエアームドと同じような運用はできない。 「」「」で味方をサポートしたり、「」「」「」「」等によるエアームドとは違うベクトルでの妨害が得意。 また、「」や「」を覚えるので、高耐久にものを言わせた戦法を取るのも面白いだろう。 アーマーガアはクレバーなポケモンだが、トレーナーにもアーマーガアに恥じないクレバーな運用が求められるといえるだろう。 対戦環境 ランクバトル では、、といった最メジャー級の物理アタッカーに対して明確な有利が付く。 、を活かした物理受けとして高い使用率を誇っていたが、最近ではダイジェットを活かしたサポートアタッカーが流行。 ますます動きが読めず、、と並びに 第8世代の強ポケとして認知されている。 ランクバトルのシングルバトルでのポケモン使用率ランキングにおいては、シーズン1から長らく『剣盾』での新ポケモンの中ではの次に高い順位をキープしていたが、2020年6月、隠れ特性の御三家 ・・ が解禁されると、その月シーズン7においてとの使用率がうなぎのぼりとなり、遂にその座は陥落した 使用率のデータはの統計による。 では 以来のトップメタなのだがファイアローはポケモン対戦の根幹を揺るがすを持っていたのに対して、アーマーガアは単純な使いやすさや、型の多さ等が評価されており、と同様にバランスの良さ故の高使用率を獲得していると言った点で異なる。 通常特性は相手にきのみの使用を禁じる「」と相手のPP消費を増やす「プレッシャー」、隠れ特性は第8世代初登場の、相手からの能力ダウン効果を跳ね返す「」。 通常特性2種も弱くはないが、ダイマックス技による能力ダウンが猛威を振るう第8世代では隠れ特性が活きる場面が多く、ランクバトルにおいては「ミラーアーマー」の採用率がおよそ9割と圧倒的。 kg カラスポケモン・アーマーガアがキョダイマックスした姿。 翼が更に大きくなり、そこを覆っていたアーマーは分離した後キョダイマックスのパワーと結合して、『 ブレードバード』というに変化した。 ブレードバードは普段、背中側に手裏剣の如く揃って浮いているが、攻撃の際は鳥に近いフォルムに変形して本体を離れ、縦横無尽の刃となって標的に襲いかかる。 自身も膨大なエネルギーにより発生するを巨大な翼で受けて滞空しており、一度パワーを込めて羽ばたくと、ハリケーンを凌ぐ強風が全てを吹き飛ばすとされる。 また、胴体のアーマーの硬度も強化されており、地上から攻撃されても全くびくともしないほど。 このアーマーガアの放つの技は「 キョダイフウゲキ」へと変化。 ダメージを与えるだけでなく、や、、などを払うことができる。 なお、発売の月刊4月号には、キョダイマックスアーマーガアのレイドバトルを確定で受注できるパスコードが付属している(同年5月14日まで有効)。 この個体は 隠れ特性持ちであり、コロコロ発祥の技である「」を確定で覚えている特別仕様となっている。 とはいえ、発売直後に『盾』版ではピックアップでキョダイアーマーガアの出現率が上がっていたため、そちらを熟していたプレイヤーにとってはありがたみが薄いかもしれない。 なおキョダイマックス個体は両バージョンとも出現する また、前述の通りてっていこうせんを覚えているとはいえアーマーガアの特攻種族値は 53となっているため、物理攻撃を主体に戦うアーマーガアにとってはいまいちこの技との相性が良くない。 バージョンが異なっていたためにピックアップの恩恵に与れなかったり、手っ取り早く隠れ特性持ちが欲しい人への救済措置と割り切った方が良いだろう。 主な使用トレーナー 「ガラル地方の空の王者」と呼ばれているだけあって、ではガラルで一二を争う強豪トレーナー2人に使用されている。 ホップは(シナリオ完全クリア後限定ではあるが)キョダイマックス個体をダイマックスエースとして繰り出す。 外部出演• 期間限定の追加スピリットとしてスピリッツボードに登場。 階級は「HOPE」。 対戦の流れは空中攻撃強化の補正が付いたとジャイアントメタリドリーを連戦で行うルール。 通常のサイズの後に、ジャイアントが登場するのは上述のキョダイマックスが元ネタと考えられる。 余談であるが、公式ツイッターでアーマーガアのスピリット情報を掲載する際に、階級を間違えて投稿してしまうというミスが発生、後に訂正と詫びの投稿もされた。 余談 モチーフはと思われ、ガラル地方のモチーフたるにおいてはの化身とされているとの神話が伝えられており、鎧に身を包んでいるのもその為と思われる。 また、かの王はイギリスの危機に蘇るとされているので、ワタリガラスがいなくなる事はイギリスが滅びることを意味するとされ、同じようにガラルにも「 アーマーガアがいなくなるとガラル地方は滅ぶ」という昔話が伝えられている。 他にも、アーサー王に関係した動物は獅子、熊と諸説存在する。 また、ドンカラスもワタリガラスに似ているが、あちらは帽子の形からやを思わせる要素が強い。 名前からを連想した人も多い。 奇遇にもの異名もワタリガラスが由来になっている他、とも登場している。 発売後判明したデザイナーは、過去にやのデザインも担当した。 ちなみに彼はの漫画で有名である。 関連イラスト.

次の