あやの いき ます ブログ。 新年からクリ逝き致しますwww

「「あなたの知らないMYMEの世界」」

あやの いき ます ブログ

イヌ(犬、狗)は、イヌ科の動物。 ネコ目イヌ科イヌ属に分類される。 学名は Canis lupus familiaris。 イヌはリンネ(1758年)以来、伝統的に独立種 Canis familiaris とされてきたが、イヌをタイリクオオカミ Canis lupus の亜種の一つとする学説(1993年、 D. Wilson and D. Reeder)が、現在は受容されつつある。 およそ3000万年前にイヌ科で最古の祖先へスペロキオンがミアキスから進化し、北アメリカ大陸で誕生した。 それからおよそ2000万年前にユーラシア大陸に移動し、さらに進化して犬の祖先といわれるトマルクトゥスとなり、アジアからヨーロッパやアフリカに広まって進化後、再び北アメリカ大陸に戻ったと考えられている。 広義の「イヌ」(後述)と区別して「イエイヌ」(英名 Domestic Dog)とも言うが、これは伝統的な学名 C. familiaris 家族の-犬 に対応した呼称。 また、広義の「イヌ」は広くイヌ科に属する動物 イエイヌ、オオカミ、コヨーテ、ジャッカル、キツネ、タヌキ、ヤブイヌ、リカオンなど の総称でもあるが、日本ではこちらの用法はあまり一般的ではなく、欧文翻訳の際、イヌ科動物を表す dogs や canine の訳語として当てられるときも「イヌ類」などとしてイエイヌと区別するのが普通である。 イエイヌは人間の手によって作り出された動物群である。 最も古くに家畜化されたと考えられる動物であり、現在も、ネコ Felis silvestris catus と並んで代表的なペットまたはコンパニオンアニマルとして、広く飼育され、親しまれている。 野生化したものを野犬(やけん、のいぬ)といい、あたかも標準和名のように、カタカナで「ノイヌ」と表記されることも多いが、もちろん種や亜種としてイエイヌから区別されるわけではない。 犬種については犬の品種一覧を参照。 現在、ジャパンケネルクラブ JKC では、国際畜犬連盟 FCI が公認する331犬種を公認し、そのうち176犬種を登録してスタンダードを定めている。 私たち人間の暮らしに役立つ植物、それがハーブです。 その多くが香りをもっており、芳香成分には沢山の薬効が含まれています。 皮膚や鼻の粘膜からその成分を吸収し心身ともに癒される方法がアロマテラピーです。 ハーブの利用方法にはアロマテラピー以外に、料理やハーブティーとして味わったり、ポプリ・リース・染物など暮らしに潤いを与えてくれたりもします。 これらハーブの花や葉を花材に使った生け花が「ハーブいけばな」です。 アロマテラピーやアロマエッセンス、ハーブティーでおなじみのハーブですが、セージ、ラベンダー、ミント等、フレッシュなハーブに実際に触れたことがある方は少ないのではないでしょうか? これらハーブ達の「花びら」や「葉」に触れる度、フワッ!フワッ!といい香りが湧き上がってとっても癒されるのです。 まさにアロマ(芳香)によるセラピー(癒し)をナチュラルに体感できる新しいアロマテラピー法です。

次の

50代の生き方 人気ブログランキングとブログ検索

あやの いき ます ブログ

新年あけましておめでとうございます。 昨日は本当に寝正月を決め込んで、一日中こたつの中でうだうだしとりましたが、今日は毎年恒例、徳島県南部は美波町の薬王寺に行ってきました。 厄除け祈願で有名なお寺で、四国八十八ヶ所第二十三番札所でもあります。 参拝客の車が多いかな?と思ってましたが、自宅を朝早く出発したおかげか割とスムーズに着きました。 帰るころには車が増えてきましたが。 年に一度くらいしか行かないけど、やはりお参りはいいもんです。 今年も気持ちよくスタートを切る事が出来ました。 そうそう、 今朝美波町への行きしなに寄ったコンビニでふりそでをきた娘さんを見ました。 成人式ですね。 ・・・こちらでは県外に出ている人が帰省中に出席できるよう、正月三が日内に成人式をする市町村が多いんですよ。 女の子の晴れ着はいいものですね。 全然知らないよその子だけど、思わず「おめでとう」を言いそうになりました。 言わなかったけど。

次の

新年からクリ逝き致しますwww

あやの いき ます ブログ

今週の子どもたちの様子をお伝えします。 6月9日 ひよこ組です。 暑くなってきたので、水遊びを始めました。 タライの水を、ぼくは、ぐるぐるぐる わたしは、そーっと ぼくは、ちょんちょん。 水の触れ方は様々だけどどの子も楽しそうです。 6月10日 りす組です。 アスレチックで遊んでいます。 登る子、もうひといきでてっぺんに到着する子、 元気いっぱい体を動かして遊んでいます。 こちらはお城にのぼりました。 王女様がお城の外を見ています。 6月10日 うさぎ組です。 原っぱのあちこちを、電車ごっこしながら歩きました。 木の茂みは、トンネルみたいで暗くて少し涼しいです。 うさぎ組とりす組です。 坂を下りるとき、うさぎ組の子がひとつ下のりす組の子と 手をつないでくれました。 「てをつなごう~。 」 やさしさが、伝わってきます。 今日も「笑顔だより」をご覧頂きありがとうございました。 6月12日 ともいきの子どもたちの様子をお伝えします。 もも組 「みててね!じゃーんぷっ!」 「しらいしぱん かいにいこー」 と誘われ買い物にいくと。 ぐうぜん素敵なメガネを見つけました。 「みてー にあう?」 「ぼくにも にあう?」 すみれ組 なにやら真剣に作っています。 「こちらを ごらんください」 マジックが始まりました。 「じゃーん!」 一つのコップは色水が透明な水に、 もう一つのコップはコインが消える というマジックを同時に披露してくれました。 昨日の誕生会のお楽しみで 先生のマジックを見て 真似したくなったんでしょう。 真剣に仕掛け作りとマジックの練習をしていました。 カプラで、以前よりも複雑な形の建物を作るようになっています。 今日も「笑顔だより」をご覧いただきありがとうございました。

次の