納豆 タンパク質。 納豆はタンパク質の含有量が多いってホント?筋肉にいい理由まとめ

身長を伸ばす食べ物の真偽「納豆編」タンパク質が重要!

納豆 タンパク質

こちらは納豆の大豆に含まれている注目の栄養、イソフラボンの効果です。 サプリメントやTVCMなどでも耳にしたことがあるのではないでしょうか。 イソフラボンとは、納豆の大豆の胚芽に多く含まれるフラボノイドの一種です。 イソフラボンは女性ホルモン「エストロゲン」と似た働きをすることから近年、注目されている栄養で、更年期障害や骨粗鬆症の予防などの効果などが挙げられます。 また、イソフラボンには強い抗酸化作用があり、老化を防止するアンチエイジング効果やコレステロール値の抑制、免疫力を高める効能などもあります。 ただし、近年の研究では、 イソフラボンの効果を得られる人は50~60%という説もありますので、注意して下さい。 詳しくは以下をご参照下さい。 納豆には記憶力の向上、認知症の予防効果も! - 脳の栄養レシチン こちらも納豆の大豆に含まれている栄養素、レシチンの効果。 レシチンとはリン脂質の一種でリン酸と脂質が結合してできた栄養成分です。 レシチンには、アセチルコリンという 記憶に関係した神経伝達物質の生成を促す作用があり、記憶力の向上や認知症の予防に効果が期待されます。 レシチンが「脳の栄養素」とも呼ばれているゆえんはこれです。 記憶力の向上に役立つため、受験生やビジネスマンなどにおすすめの栄養です。 また、認知症の予防にも役立つため、高齢者にも良いですね。 レシチンは大豆に含まれているため、納豆のほか、や、など大豆製品であれば同様の効能が期待できます。 エネルギー代謝UPでダイエット効果も! - 大豆の2~4倍のビタミンB2 こちらは納豆に多く含まれている栄養素ビタミンB2の効能。 ビタミンB2は大豆にも含まれていますが、 発酵した納豆になることでその含有量は約2~4倍にもなります。 ビタミンB2とは、炭水化物、脂質、タンパク質の3大栄養素がエネルギーに変わるサポートをする栄養素です。 脂質や炭水化物などの栄養素のエネルギー代謝を促進することから、ダイエットにも適していると言えます。 モリブデンも豊富に - 尿酸の産生や鉄分の利用を促す効果 より 可食部100gあたり 納豆にはモリブデンという栄養も豊富に含まれています。 上のグラフは納豆と主な食品のモリブデン含有量を比較したものです。 モリブデンは豆類や大豆製品に多く含まれており、特に、 納豆に多くのモリブデンが含まれているのが分かりますね。 モリブデンはミネラルに分類される栄養で、キサンチンオキシダーゼの補酵素になる働きがあります。 キサンチンオキシダーゼはキサンチンを尿酸に代謝する役割を持っているため、尿酸の産生を促す効果があります。 また、モリブデンは鉄分の利用を促し、貧血を予防する効果も期待されます。 大豆サポニンとポリアミン - 中性脂肪の低下、動脈硬化の予防など かなり長文になってしまいましたが、実は、これでも全ての納豆の魅力を書ききれていません。 これほど納豆の持つ栄養が優れているとご理解下さい。 食品の栄養を語る上で、実は 「買いやすさ」、「食べやすさ」も重要な点です。 納豆はスーパーやコンビニなどで簡単に買うことができ、パッケージされているのですぐに食べられます。 これほど栄養が豊富でかつ、手軽に食べられる食品はなかなかありません。 また、納豆は植物性のタンパク質、ビタミンB2を含んでいるためダイエットや筋トレ、美容意識の高い人に適しています。 脳の栄養と呼ばれるレシチンを含んでいるため、頭脳労働を行う学生やビジネスマンに最適の食材です。 更年期障害や骨粗鬆症、認知症の予防効果も期待できますので、中年から高齢者の方にも適しています。 つまり、 納豆はどの世代の人にも適した食材と言えます。 ぜひ、あなたの食卓に納豆を加えてみて下さい。 そして、継続的に食べる習慣をつけてみて下さい。 きっと、あなたのカラダを良好にしてくれる良いパートナーとなってくれるはずです。

次の

身長を伸ばす食べ物の真偽「納豆編」タンパク質が重要!

納豆 タンパク質

納豆でタンパク質補給 豆腐と並んで、納豆は日本人が最も多く食べる大豆食品の一つだと思います。 粘り気や臭みがあるだけに好き嫌いもあるかも知れませんが、それでも貴重なタンパク源であることは確かでしょう。 というわけで今回は、納豆に含まれるタンパク質と、その他の栄養素について分析してみることにしたいと思います。 豆腐の栄養成分 それではさっそく、お約束の栄養成分グラフです。 今回、分析の対象になっているのは、ごく普通の糸引き納豆とひき割り納豆、それに五斗納豆と寺納豆の4種類です。 五斗納豆と寺納豆というのは、いわゆるネバネバした納豆ではなく、塩や麹などと一緒に漬け込んだ特殊な納豆です。 (知らないという人も多いかも知れませんが、一応納豆に分類されているのでリストに入れてみました。 ) これに対して「甘納豆」は菓子類に分類されていて栄養成分も全然違うので除外しています。 (タンパク質含有量は、納豆よりもずっと低いです。 ) さて、数値だけを見ると、一番タンパク質が多いのは寺納豆ということになっています。 しかし寺納豆は炭水化物の量もかなり多いので、タンパク質補給として効率が良いかどうかはまた別の話です。 ただ、豆腐などと比較すると、納豆の種類が変わっても、それほどタンパク質の量に変化はなさそうです。 タンパク質の割合は? というわけで、それぞれの豆腐に含まれる三大栄養素(タンパク質・脂質・炭水化物)のうち、タンパク質の割合をパーセンテージで出してみましょう。 これが高いほど、タンパク質を効率よく補給できるということになります。 炭水化物が多い五斗納豆と寺納豆は大きく後退し、おなじみの糸引き納豆、ひき割り納豆が大きく伸びてきました。 一応、トップはひき割り納豆ですが、糸引き納豆との間に大きな差はないので、このあたりは好みで選んでも問題なさそうです。 タンパク質の絶対量は? 納豆1パックあたりの分量は、少ないもので30g、標準的なサイズで50g程度になっていることが多いようです。 糸引き納豆、ひき割り納豆のタンパク質含有量は50gあたり8gちょっとですから、1パックだとちょっと少ないですが、 3パックくらい食べれば相当な量のタンパク質が補給できることになります。 ただし、大豆のタンパク質は植物性なので、動物性のタンパク質と比べるとアミノ酸スコアが30%程度低くなってしまいます。 納豆をメインのタンパク質源にする場合は、に書いたように、大豆の弱点を補ってくれる食べ物と組み合わせるようにしてください。

次の

1パックで8.5g!納豆のタンパク質含有量と吸収性

納豆 タンパク質

タンパク質の役割とは? 納豆や豆腐などに豊富に含まれているタンパク質は、炭水化物・脂質と合わせ3大栄養素と呼ばれています。 また人間の体の大部分はタンパク質で構成されており、ホルモンの材料であったり、エネルギー源にもなる大変重要な栄養素です。 タンパク質はアミノ酸や、「アミノ酸が決まった順番で結びついて出来ている」ペプチドというものに分解されて体に取り込まれたあとに、必要なタンパク質にもう一度生まれ変わります。 人間の筋肉や臓器の一つ一つの形や役割が違うのは、同じアミノ酸の結合体でありながら、ペプチドの結合されている順番が違う為です。 人間の体を作るアミノ酸は全部で20種類あり、これらが数十~数百個結合しペプチドとして体に取り込まれ、実に約10万種類のタンパク質に再形成されるのです。 体を構成する20種類のアミノ酸の内、体内で作る事の出来ない9種類の物を、必須アミノ酸と呼び、それ以外を非必須アミノ酸と言います。 その為人間が作り出す事の出来ない必須アミノ酸は、食事やサプリメントなどで、体外から摂取する必要があるのです。 タンパク質には種類がある?納豆や豆腐のタンパク質の種類は? 動物性タンパク質は肉、魚、乳製品など動物由来の物。 必須アミノ酸のバランスが良く、主に瞬発的な力に特化した筋肉である「速筋」を形成するタンパク質です。 しかし動物性のタンパク質は脂肪になりやすいので、太る原因になりますね。 一方植物性タンパク質は、主に大豆を主原料とした豆腐、納豆、みそなどに多く含まれています。 主に持久力系の筋肉に特化した「遅筋」を形成します。 しかし植物性は必須アミノ酸に偏りがあって、中には不足している物もあるので、補給効率が若干悪いのです。 ここで上記の文章に出てきた、「速筋」「遅筋」について、耳慣れない言葉かもしれないので少し説明させて頂きます。 陸上に例えると、100㎡などの短距離走に必要とされる筋肉が「速筋」 マラソンなど長距離走に必要なのが「遅筋」という事になります。 また速筋を鍛えると、ムキムキでごっつい体になりますし、反対に遅筋を鍛えると、しなやかでスリムな体になります。 ウサイン・ボルト選手の様な体のマラソンランナーって、あんまり見た事無いですよね。 同じタンパク質でも動物性と植物性には対称的な違いがあるという事の、一つの分かりやすい例ですね。 タンパク質が不足するとどうなるの? それではここからは、タンパク質不足が引き起こす弊害についてお話ししたいと思います。 タンパク質不足は肌荒れや髪のパサつき、免疫力の低下などを引き起こします。 肌荒れはタンパク質不足になるとコラーゲンが減ってしまう為に起こります。 また髪のパサつきの原因もダイエット等で必要なタンパク質が減少する為と言われています。 体の中でタンパク質が足りなくなると、少ないタンパク質を優先順位の高い方から配分していくので、 髪の毛にまで栄養が行き渡らなくなってしまい、結果パサついてしまうのです。 また「タンパク質=太る」みたいなイメージがある様ですが、タンパク質そのものはカロリーが低いのでそんなことはありません。 そしてタンパク質と言えば「プロテイン」=ムキムキみたいなイメージもありますよね。 しかしタンパク質は筋肉の元にはなりますが、ムキムキになるのは筋トレをするからであって、ただプロテインを飲んだだけで筋肉質の体になる訳ではないのです。 ですからタンパク質は適度に取る分には大きなデメリットは無いという事を、心得て頂きたいと思います。 それでも脂肪や筋肉の付きすぎが気になるという方は、豆腐や納豆などの植物性タンパク質を多く含む食品を優先して摂ると良いでしょう。 納豆や豆腐はタンパク質が豊富?タンパク質の多い食品について それではここからは、タンパク質不足が引き起こす弊害についてお話ししたいと思います。 タンパク質不足は肌荒れや髪のパサつき、免疫力の低下などを引き起こします。 肌荒れはタンパク質不足になるとコラーゲンが減ってしまう為に起こります。 また髪のパサつきの原因もダイエット等で必要なタンパク質が減少する為と言われています。 体の中でタンパク質が足りなくなると、少ないタンパク質を優先順位の高い方から配分していくので、 髪の毛にまで栄養が行き渡らなくなってしまい、結果パサついてしまうのです。 また「タンパク質=太る」みたいなイメージがある様ですが、タンパク質そのものはカロリーが低いのでそんなことはありません。 そしてタンパク質と言えば「プロテイン」=ムキムキみたいなイメージもありますよね。 しかしタンパク質は筋肉の元にはなりますが、ムキムキになるのは筋トレをするからであって、ただプロテインを飲んだだけで筋肉質の体になる訳ではないのです。 ですからタンパク質は適度に取る分には大きなデメリットは無いという事を、心得て頂きたいと思います。 それでも脂肪や筋肉の付きすぎが気になるという方は、豆腐や納豆などの植物性タンパク質を多く含む食品を優先して摂ると良いでしょう。 タンパク質を摂り過ぎるとどうなるの? 先ほどタンパク質不足が引き起こす弊害についてお話ししましたが、今度は逆に取りすぎた場合の弊害についてもご説明いたします。 その為に排泄される過程で重要な役割を担っている肝臓に負担が掛かり、腎機能が低下する可能性が高まります。 腎機能の低下により、むくみがひどくなったり、頻発するようにもなります。 タンパク質と共にカルシウムも多く含まれている納豆や豆腐を食べたとしても、食べ過ぎたら全部出て行ってしまう訳です。 そうなると、様々なアレルギー症状が出る可能性があります。 タンパク質の摂取はバランス良く!納豆や豆腐ばかりでなく、お肉も摂取しましょう! タンパク質は不足しても過剰に摂ってもダメという事を説明してきました。 ここではタンパク質をバランス良く、適量に摂取する事をテーマにお話しします。 タンパク質は体に蓄えておくことが出来ないので、毎日摂取する必要があります。 ただしアスリートや筋トレが趣味なんて方は、この倍くらいの量が望ましいです。 また一つの食材に多大な量のタンパク質が含まれている訳ではないので、普段の生活なら摂り過ぎを心配することはないでしょう。 現代人は肉や魚などの動物性タンパク質を多くとる傾向にあるんですが、何度も説明してきた様に脂肪になりやすい欠点が有ります。 一方植物性は納豆や豆腐など見るからにカロリーが低く、脂肪にはなりにくいんですが、必須アミノ酸が不足しています。 ですから結論としては、バランスが大切という事です。 どちらも程よく摂取し、お互いの欠点を補完してあげればいいわけです。 バランスの良い食事を心掛けましょう! 食事のバランスはとても大切ですね。 タンパク質は、人間に必要な三大栄養素の1つですが、バランス良く摂取するようにしましょう。 体重を気にして、お肉を食べないという方は、お肉のタンパク質ではなく、油の摂取に気をつけるといいかもしれませんね。 何事もバランスが大切ですよね。 タンパク質だけでなく、他の栄養もしっかり摂るようにしましょう。 健康維持のために、バランスの良い食事を心掛けましょう。

次の