アイフォン ストレージ 容量 増やす。 iPhoneストレージの「システム」の容量を減らして空き容量を増やす2つの方法!

iPhoneやiPadのストレージ空き容量を増やす3つの方法

アイフォン ストレージ 容量 増やす

スマホの容量は? スマホは同じ機種であってもその容量はいくつかに分かれます。 例えば2018年に発売されたiPhone XSの場合、容量は64GB、256GB、512GBになります。 かつては16GBや32GBの端末もありましたが、最新の端末では容量は3種類です。 また、以前は128GBが最高だったこともありますが、現在では容量も大幅に増えています。 容量が増えているということはその分、たくさんのデータを扱うことができるため、利用者にとっては大きなメリットになります。 ちなみに、64GBの場合、写真にすると約51,200枚分、256GBだと約204,800枚分となります。 超高画質の4K動画で1分撮影した場合、64GBだと160本分、256GBだと640本分が保存できます。 20万枚の写真や640本の動画を撮影する機会はあまりないかもしれませんが、大きな容量であるということは理解してもらえるのではないでしょうか。 ただし、容量が大きくなる分端末の料金も高くなります。 例えば、ソフトバンクでiPhone XSを購入する場合、64GBで総額136,800円、256GBで総額155,040円、512GBで総額180,000円です。 もちろん分割で支払うことになりますが、非常に高価な買い物になります。 スマホの利用にあたっては容量は非常に重要な要素ですが、予算との折り合いをつけなければいけません。 スマホの容量をたくさん消費するもの 大きな容量の端末が入手できるにこしたことはありませんが、それが無理な場合は、容量を消費しすぎないように注意する必要があります。 そこで、続いてはスマホで容量を消費するものについて確認していきましょう。 先ほどの例のように、一般的にスマホで容量を消費しやすいのは動画です。 また、画像も1枚だけではそれほど容量は消費しませんが、簡単に撮影しやすいということもあって、こまめに整理していないとあっという間に容量を消費してしまいます。 アプリに関しては、容量がピンキリで数MBのものもあれば、1GB以上を消費するものもあります。 特にゲームアプリは大容量のものも結構あります。 また、LINEやTwitter、FacebookなどのSNSはアプリのなかでも比較的容量が大きい部類に入ります。 次に音楽の場合、1曲あたりは大体10MB前後で、64GBなら約6,400曲、256GBなら約25,600曲となります。 音楽が好きな人であれば、たくさんの曲を持っている人も少なくないことが予想されるため、64GBでは物足りなく感じる可能性もあります。 そして、意外と見落としてしまいがちですが、LINEやメールなどでのやり取りはデータとしてどんどん保存されていくため、少しずつではありますが容量を消費していきます。 数年間利用した端末だと数GBを消費しているケースもあるので、侮ることはできません。 このように、スマホにおいては様々な要素が容量を消費しているということを覚えておいてください。 スマホの容量が足りない場合は整理しよう 最初は容量がたっぷりあったはずのスマホも、使い続ける内にあっという間に空き容量が少なくなります。 そういったときに容量の大きいスマホに替えることができれば理想的ですが、契約やお金の都合も考慮すると簡単なことではありません。 そのため、今ある端末で容量を増やすための工夫をする必要があります。 そこで、続いては容量が足りない場合の整理方法について紹介します。 ここで紹介するのは以下の5点です。 容量を消費している要素の確認• 不要なアプリの削除• データの移行• キャッシュや履歴などの削除• クラウドサービスの利用 それでは1つずつ確認していきましょう。 スマホ容量を消費している要素の確認 容量を空けるためには、今何が容量をたくさん消費しているのかを確認しなければいけません。 そのため、まず行うことは各端末のストレージを確認することです。 ここで容量の消費状況を把握した上で整理を行っていきます。 不要なアプリや写真・動画の削除 ストレージを確認し、容量を消費しているアプリの中でも使用していないものは削除するようにしましょう。 過去に何となく入手したもののほとんど使っていない、これから先も使う予定はなさそう、といったものはどんどん削除することをおすすめします。 使わないものを整理するとスマホのホーム画面もすっきりとするため、容量の確保だけでなく、使い勝手も良くなるはずです。 同様に、写真や動画も削除することで容量を確保することができるので、併せて不要なものは削除するようにしましょう。 スマホデータの移行 スマホの中に保存されているデータのなかにはパソコンや外付けのハードディスクなどに移行できるものもあります。 例えば、動画や写真は簡単に消費する容量が大きい一方で移行は簡単に行えるため、すぐに容量を空けることが可能です。 アンドロイドスマホであれば、端末に」microSDカードを挿入して、カードにデータを保存することもできます。 カードの容量は様々で数GBのものもあれば200GB以上のものもあるため、一気に容量を増やすことができます。 また、カードは交換できるため、1つのカードの容量がいっぱいになっても別のカードを用意すればまたデータが保存できます。 一方のiPhoneは、アンドロイドのようにmicroSDカードを利用することはできません。 そのため、パソコンがデータの主な移行先となります。 パソコンを経由すれば、外付けのハードディスクにも移行可能です。 外付けハードディスクであれば1TBなど非常に大きな容量のものもあるので、容量で困ることはないでしょう。 ただし、移行したデータにアクセスするにはパソコンを経由しなければいけないため注意が必要です。 キャッシュや履歴などの削除 アプリを利用していると、キャッシュと呼ばれるデータの一部が保存されていきます。 キャッシュは保存しておくことで、過去に利用したことのあるページやデータを利用する際の読み込むスピードが速くなるといったメリットがあります。 ただし、その分データは蓄積されてしまうため、容量を圧迫してしまいます。 また、キャッシュがたまるとスマホの動作が悪くなるなど、パフォーマンスにも影響を与えてしまいます。 そのため、不要なキャッシュは定期的に削除するようにしましょう。 同様にブラウザの履歴、電話の履歴なども容量を消費するため、削除するようにしましょう。 クラウドサービスの利用 オンライン上にデータを保存できるクラウドサービスの利用も容量確保には効果的です。 例えば、写真であればGoogleフォトを利用することができます。 Googleのアカウントがあれば利用することができ、スマホ用のアプリもあるので、アプリをダウンロードしておけばいつでもデータにアクセスすることができます。 また、同様にDropboxやGoogleドライブ、OneDriveといったサービスに音楽などを保存することもできます。 このように、容量を空けるための方法はいくつかありますが、大きく分けると「スマホからデータそのものを減らす」、「スマホ内部に保存場所を増やす」、「スマホの外部に保存場所を確保する」という3種類になります。 データによっては頻繁にアクセスしたいもの、時々見たくなるものなど重要度が異なるため、データに応じてうまく使い分けるようにしましょう。

次の

【2020年版】iCloudストレージの空き容量を増やす方法

アイフォン ストレージ 容量 増やす

使わないアプリのデータを自動的に取り除いてくれる「非使用のAppを取り除く」という設定を使いましょう。 もちろん消えるのはアプリのデータのみで、利用データ等は残ってます。 ですので再ダウンロードで以前の利用状況のまま普通に使うことができます。 アプリのデータが削られたアプリは、アイコンだけがホーム上に残りこのよう雲のようなマークが表示されています。 再度使いたい時は普通にアプリのアイコンをタップすればOK。 ダウンロードしてまた使うことができますよ。 そうすることで空き容量 ストレージ は劇的に空きます。 しかしながら普通に使うと音楽データを自動的にダウンロードされてしまいます。 Apple Musicの場合 実はこのデータ量は設定可能です。 そうすることで、容量が自動的に使われてしまうのを防ぐことができます。 AmazonのPrime Musicの場合 Prime Musicの場合はキャッシュサイズで調整することができます。 できれば100MBにしておくといいでしょう。 ここで容量を確保してしまいましょう。 そうすることでほとんどの人は数十GBは空き容量を確保できるハズです。 無料ならGoogleフォト 一切お金をかけずに容量を増やしたいのならGoogleフォトがオススメです。 全ての写真と動画をGoogleのサーバーにアップロードしてくれますよ。 しかもiPhoneに入っている写真の全て削除する機能もあります。 私のiPhoneには現在29,853枚の写真が入っているのですが、Googleフォトを使えばそれを全て削除することが可能です。 (もちろん削除しなくてもOK。 ) Googleフォト経由で削除をした場合「最近削除した項目」に写真が入るので、そちらでも削除してください。 関連: 答えは…めちゃくちゃ良いです!ただ…弱点があります。 Googleフォトの弱点 無料で無制限に写真と動画をアップロードできるGoogleフォトですが、アップロードしたデータは若干圧縮されます。 とは言え、Googleの技術を最大限に使った圧縮方法なので人の目には分からないレベルの変更なのでご安心ください。 写真に詳しい方はいくらか気になるかもしれません。 関連: 毎月コストをかけても良いならiCloudがオススメ 多少お金をかけてもいいなら絶対にiCloudで写真を使うことをオススメします。 なぜなら、放っておくだけで勝手に全てをやってくれるからです。 もちろんアップロードした写真データはそのまま保存されます。 みてください。 私のiCloudの写真の使用量は250GBほどあります。 それなのにiPhone上で使用しているストレージの容量はわずか6GBです。 つまり「必要な分だけ」の写真データがあるだけで、必要ない分は全てクラウド上にあると言う訳です。 ちなみにアプリのダウンロードでiPhoneのストレージが減ると、自動的にiPhone内のiCloud写真のデータ量を調整してくれますよ。 詳しくはコチラをご覧ください。 それは費用がかかるという点です。 50GB:130円• 200GB:400円• 2TB:1300円 200GB以上であれば、家族と共有できるのである程度は割安となるかもしれません。 個人的にはiCloudの利用を強くオススメします。 とにかくラクになりますよ。 実際にiCloudを使ってみよう! 「iCloud写真」を利用すると、 iPhone内の写真ファイルを圧縮して容量を節約することができます。 設定で 「iPhoneストレージを最適化」を利用すれば、オリジナルサイズの写真はiCloudにアップロードし、代わりにiPhoneではサイズを圧縮した写真が残るようになるので、 キレイな写真を残しつつiPhoneの容量を簡単に節約できちゃいますよ! 写真容量がこんなに変わる! 以下は「iCloud写真」を利用して、 中身がまったく同じ状態になったiPhoneともう一つのiPhoneの写真アプリ。 中身が同じなので容量も同じだけ消費されているように思いますが……。 なんと容量は以下のとおり。 オリジナルの写真が入っている iPhoneが3. 7GBなのに対し、圧縮したデータが入っている別の iPhoneの方は1. 2GBと、かなり容量が少なくなっています! 「iPhoneストレージを最適化」を選択すると、 他の端末で撮影した写真が「iCloud写真」で同期される時にここまで容量を節約してくれます! もちろん撮影したiPhoneでも写真のアップロードが完了後、自動的にストレージの量を調整してサイズの軽量化を図ってくれるのでご安心ください。 また、写真は 閲覧時にオリジナルのデータがダウンロードされ、きれいな状態で見れるようになります。 というわけで「iPhoneストレージを最適化」の設定をしてみましょう。 設定画面でプロフィールをタップして、「iCloud」から「写真」を選択して… iCloud写真がオンになった状態で「iPhoneストレージを最適化」をタップしましょう! 以上で設定は完了です。 これで他端末で撮影した写真が同期されても、無駄にiPhoneの容量を圧迫することはなくなります! iCloudの容量を使うことで これだけ容量に差がでるのには驚きました。 容量にお悩みの方はぜひ設定を見なおしてみてくださいね!! まとめ 写真をクラウドに預けて使わないアプリのデータは自動的に削除、そして音楽データを最小限に抑えることで 数十から数百GBは節約できるハズです。 これらの方法を実行することで大半の方は空き容量に悩むことはなくなるはずです。 iPhoneの写真(カメラ)の関連記事.

次の

iPhoneやiPadのストレージ空き容量を増やす3つの方法

アイフォン ストレージ 容量 増やす

使わないアプリのデータを自動的に取り除いてくれる「非使用のAppを取り除く」という設定を使いましょう。 もちろん消えるのはアプリのデータのみで、利用データ等は残ってます。 ですので再ダウンロードで以前の利用状況のまま普通に使うことができます。 アプリのデータが削られたアプリは、アイコンだけがホーム上に残りこのよう雲のようなマークが表示されています。 再度使いたい時は普通にアプリのアイコンをタップすればOK。 ダウンロードしてまた使うことができますよ。 そうすることで空き容量 ストレージ は劇的に空きます。 しかしながら普通に使うと音楽データを自動的にダウンロードされてしまいます。 Apple Musicの場合 実はこのデータ量は設定可能です。 そうすることで、容量が自動的に使われてしまうのを防ぐことができます。 AmazonのPrime Musicの場合 Prime Musicの場合はキャッシュサイズで調整することができます。 できれば100MBにしておくといいでしょう。 ここで容量を確保してしまいましょう。 そうすることでほとんどの人は数十GBは空き容量を確保できるハズです。 無料ならGoogleフォト 一切お金をかけずに容量を増やしたいのならGoogleフォトがオススメです。 全ての写真と動画をGoogleのサーバーにアップロードしてくれますよ。 しかもiPhoneに入っている写真の全て削除する機能もあります。 私のiPhoneには現在29,853枚の写真が入っているのですが、Googleフォトを使えばそれを全て削除することが可能です。 (もちろん削除しなくてもOK。 ) Googleフォト経由で削除をした場合「最近削除した項目」に写真が入るので、そちらでも削除してください。 関連: 答えは…めちゃくちゃ良いです!ただ…弱点があります。 Googleフォトの弱点 無料で無制限に写真と動画をアップロードできるGoogleフォトですが、アップロードしたデータは若干圧縮されます。 とは言え、Googleの技術を最大限に使った圧縮方法なので人の目には分からないレベルの変更なのでご安心ください。 写真に詳しい方はいくらか気になるかもしれません。 関連: 毎月コストをかけても良いならiCloudがオススメ 多少お金をかけてもいいなら絶対にiCloudで写真を使うことをオススメします。 なぜなら、放っておくだけで勝手に全てをやってくれるからです。 もちろんアップロードした写真データはそのまま保存されます。 みてください。 私のiCloudの写真の使用量は250GBほどあります。 それなのにiPhone上で使用しているストレージの容量はわずか6GBです。 つまり「必要な分だけ」の写真データがあるだけで、必要ない分は全てクラウド上にあると言う訳です。 ちなみにアプリのダウンロードでiPhoneのストレージが減ると、自動的にiPhone内のiCloud写真のデータ量を調整してくれますよ。 詳しくはコチラをご覧ください。 それは費用がかかるという点です。 50GB:130円• 200GB:400円• 2TB:1300円 200GB以上であれば、家族と共有できるのである程度は割安となるかもしれません。 個人的にはiCloudの利用を強くオススメします。 とにかくラクになりますよ。 実際にiCloudを使ってみよう! 「iCloud写真」を利用すると、 iPhone内の写真ファイルを圧縮して容量を節約することができます。 設定で 「iPhoneストレージを最適化」を利用すれば、オリジナルサイズの写真はiCloudにアップロードし、代わりにiPhoneではサイズを圧縮した写真が残るようになるので、 キレイな写真を残しつつiPhoneの容量を簡単に節約できちゃいますよ! 写真容量がこんなに変わる! 以下は「iCloud写真」を利用して、 中身がまったく同じ状態になったiPhoneともう一つのiPhoneの写真アプリ。 中身が同じなので容量も同じだけ消費されているように思いますが……。 なんと容量は以下のとおり。 オリジナルの写真が入っている iPhoneが3. 7GBなのに対し、圧縮したデータが入っている別の iPhoneの方は1. 2GBと、かなり容量が少なくなっています! 「iPhoneストレージを最適化」を選択すると、 他の端末で撮影した写真が「iCloud写真」で同期される時にここまで容量を節約してくれます! もちろん撮影したiPhoneでも写真のアップロードが完了後、自動的にストレージの量を調整してサイズの軽量化を図ってくれるのでご安心ください。 また、写真は 閲覧時にオリジナルのデータがダウンロードされ、きれいな状態で見れるようになります。 というわけで「iPhoneストレージを最適化」の設定をしてみましょう。 設定画面でプロフィールをタップして、「iCloud」から「写真」を選択して… iCloud写真がオンになった状態で「iPhoneストレージを最適化」をタップしましょう! 以上で設定は完了です。 これで他端末で撮影した写真が同期されても、無駄にiPhoneの容量を圧迫することはなくなります! iCloudの容量を使うことで これだけ容量に差がでるのには驚きました。 容量にお悩みの方はぜひ設定を見なおしてみてくださいね!! まとめ 写真をクラウドに預けて使わないアプリのデータは自動的に削除、そして音楽データを最小限に抑えることで 数十から数百GBは節約できるハズです。 これらの方法を実行することで大半の方は空き容量に悩むことはなくなるはずです。 iPhoneの写真(カメラ)の関連記事.

次の