卵巣 嚢腫 大きく なる スピード。 卵巣のう腫

機能性嚢胞か卵巣嚢腫か出来るだけ早く知りたいです。今から3週間前...

卵巣 嚢腫 大きく なる スピード

【質問】「卵巣嚢胞」と診断された 60代前半の女性です。 健康診断で「卵巣嚢胞(のうほう)」と診断されました。 2センチくらいの大きさとのことで、あらためて病院で検査したところ「悪性ではない」と言われ、3カ月ごとに受診することになりました。 今のところ大きさに変化はないそうです。 卵巣嚢胞とは、どういったものでしょうか。 徳島大学病院産科婦人科 阿部彰子先生 【回答】定期検診で経過観察 卵巣は子宮の左右に一つずつあり、通常は2~3センチくらいの大きさで、骨盤深部に存在しています。 この卵巣に腫れが生じた状態を卵巣腫瘍といいます。 卵巣嚢胞(卵巣嚢腫)は卵巣腫瘍の一種で、子宮筋腫と並んで最も発生頻度が高い婦人科腫瘍の一つです。 卵巣に腫瘍が発生する確率は、女性の全生涯でみると5~7%程度とされ、他のどの臓器よりも多種多様な腫瘍が発生します。 その中で良性から悪性までさまざまな腫瘍が存在します。 2センチの卵巣嚢腫もあれば、20センチまで大きくなって見つかるものもあります。 あまりに大きくなると腹部膨満や下腹部痛、頻尿などの腹部症状がでてきますが、小さいうちは無症状で経過します。 このため、2センチの卵巣嚢胞があるあなたは、卵巣嚢腫による症状はないと考えられます。 そして、卵巣嚢腫は健康診断の超音波検査で診断されたのではないでしょうか。 超音波検査ですが、その良性・悪性の正診率はおおよそ90%です。 卵巣腫瘍が嚢胞状(袋状)の場合の多くは良性腫瘍ですが、充実成分(かたまり部分)がある場合は悪性腫瘍や境界悪性腫瘍が疑われます。 その場合は、精密検査として、腫瘍マーカー(血液検査)やMRI(磁気共鳴画像装置)検査が行われます。 話は戻りますが、卵巣嚢腫の「嚢」は、袋という意味で、卵巣の中に袋ができて液体がたまって嚢胞状の腫瘍になったものです。 腫瘍というと、イコールがん(悪性腫瘍)をイメージされる方がいますが、医師は良性のものも「腫瘍」と呼ぶので、びっくりしないでくださいね。 そして、卵巣嚢腫は腫瘍にたまった中身によって主に四つに分類されます。 <1>漿液(しょうえき)性嚢胞…中身はサラサラした液体で、最も多くみられるタイプです<2>粘液性嚢胞…ネバネバした粘液が中身のものです<3>内膜症性嚢胞…いわゆるチョコレート嚢胞です。 中身は血液で、月経痛の原因となったりします<4>皮様嚢腫…中身はドロドロした脂肪や髪の毛、歯や骨などが入っている腫瘍で、若い方にみられます。 また、その他に月経のある女性では排卵による影響で機能性嚢胞という卵巣の水膨れができることがあります。 この場合は、自然に縮小していきます。 しかし、閉経を迎えているあなたは、自然に小さくなることはまずありませんので、今後大きくならないか「定期検診が必要」とした主治医の先生の判断は正しいと考えます。 大きくなったり、見え方に変化(充実成分が出てくるなど)があったりする際は、本当に良性かどうかの診断をするために手術が必要となることもあります。 いずれにせよ、検診を続け、主治医の先生とよくご相談なさることをお勧めします。 カテゴリーリスト•

次の

卵巣のう腫(治療、及び腹腔鏡下手術) « 倉敷成人病センター ひとりひとりにやさしく 最良の医療を

卵巣 嚢腫 大きく なる スピード

卵巣腫瘍とは 良性の卵巣腫瘤には、機能性嚢胞と腫瘍が含まれます。 そのほとんどは無症状です。 卵巣腫瘍の種類• 機能性嚢胞は、卵胞嚢胞や黄体 黄体嚢胞 から生じます。 大部分の機能性嚢胞は直径1. 5cm未満です。 非常にまれに15cmに達するものがありますが、8cmを超えるものは通常ほとんどみられません。 機能性嚢胞は、普通は数日から数週間で自然に消散します。 黄体嚢胞の場合、嚢胞内腔に出血し,卵巣被膜を膨張させたり、腹膜内に破裂したりすることがあります。 良性卵巣腫瘍は、普通緩やかに成長し、悪性化はまれです。 良性卵巣腫瘍には多数の種類があります。 良性嚢胞性奇形腫:最も一般的な良性卵巣腫瘍です。 3種の胚細胞層全てに由来した腫瘍です。 そのうち外胚葉性組織からなるものは、別名類皮嚢胞とも呼ばれています。 線維腫:最も一般的な固形の良性卵巣腫瘍であり、成長が遅く、通常直径7cm未満です。 嚢胞腺腫:卵巣に生じた液体貯留性の腫瘍です。 全良性卵巣嚢腫の90%を占めるとされています。 さらっとした液体が貯留している場合は、漿液性嚢胞腺腫、ゼリー状の液体が溜まっている時は粘液性嚢胞線種と呼ばれています。 症状 多くの機能性嚢胞および良性腫瘍は無症状です。 黄体嚢胞が出血した場合は、疼痛や腹膜刺激徴候を引き起こすことがあります。 また、嚢胞や腫瘤 通常4cm以上 の付属器捻転 ねじれること により、重度の腹痛が引き起こされることがあります。 診断 腫瘤は通常偶発的に発見されますが、症状や徴候により、わかることがあります。 妊娠時はその影響で卵巣が腫れている場合があり、診断に注意が必要です。 通常は経腟超音波検査で診断を確定します。 結果が不明確な場合には、MRIやCTが役立つことがあります。 画像診断上、がんの特徴 例:嚢胞性+固形成分、表面の突出、多房性、不整形など がみられる腫瘤は切除する必要があります。 採血 採血による腫瘍マーカーは特定の腫瘍の診断に有用です。 生殖年齢の女性の場合、5~8cmの単純な薄壁性の嚢胞性腫瘤 通常は卵胞 は、定期的な診察で良いとされています。 経過観察:8cm未満の卵巣嚢胞の多くは治療不要なことがあります。 連続的に超音波検査を実施し、消失を確認していきます。 手術療法:手術により嚢胞を切除します 卵巣嚢胞切除術。 3か月以上持続している5~8cm以上の嚢胞、および腹膜炎を伴う出血性黄体嚢胞については、必要な場合には手術を行います。 嚢胞性奇形腫は、可能な場合には、嚢胞切除術により切除する必要があります。 10cmを超える線維腫、嚢胞腺腫、嚢胞性奇形腫、および卵巣と分離して外科的に切除することができない嚢胞には、卵巣摘出が必要になることがあります。 手術療法には以下の方法があります。 開腹卵巣腫瘍摘出:下腹部を5~10cm切開し、腫瘍を摘出、あるいは卵巣ごと切除する方法です。 腫瘤が10cm以上の場合には、こちらの方法を選択することが多いです。 腹腔鏡下腫瘍摘出:臍部に2. 5~3. 5cmの傷をつけ、そこから腫瘤を摘出します。 他の部位から鉗子を挿入し操作を行うため、5mmの傷が数か所に付くことがあります。 10cm以内の腫瘤の場合には、当院ではこちらの方法を選択することが多いです。

次の

卵巣嚢胞

卵巣 嚢腫 大きく なる スピード

私、卵巣のう腫の手術を経験しました。 昨年のことです。 記憶が新しいうちに、その時のことを書いておこうと思います。 もし、私の体験がどなたかが検査を受けるきっかけになったり、 少しでも同じような境遇の方のお役に立てば嬉しいです。 さて、無知だった私は、ノウシュって何?!というレベルでしたが、卵巣にできる良性の腫瘍。 そして、そんなに珍しい病気ではないと思います。 親や目上の女性に言ったら、「卵巣嚢腫ね」という感じでした。 (そして大体「私の知り合いも〜」などの体験談的なものがある。 ) 腫瘍が見つかっても、良性の可能性が高くサイズが小さければ、経過観察。 (本当に良性かどうかは手術で腫瘍を出して検査しないとわかりません。 手術前はエコーやMRI、血液検査を行い、「おそらく良性でしょう」という感じでした。 ) ほとんどの場合無症状だそうです。 私も自覚症状はほぼ全くありませんでした。 (「腫瘍がある」とわかっていると何か違和感がある気がしてくるのですが。 笑 その程度です。 ) たとえ良性でも気づくのが遅れてサイズが大きくなると、 ・卵巣捻転(めちゃくちゃ痛いらしい) ・他の臓器を圧迫 と言う弊害も起こりうるそう。 (大きくなったら、ウエストのサイズが変わるくらいになる方もいるそうです!) 卵巣嚢腫は、エコーでわかります。 私も自治体から子宮頸癌の検診の無料券が来て婦人科に行った際(結婚前)、 「いつか子どもが欲しいなら、今の内に一度検査を受けておくのをお勧めします」 と言われて生まれて初めてエコーをし(その分は自費)、その時にわかりました。 腫瘍があることが発覚したので、エコー分も確か保険適用となりました。 (もう10年近く前のことなので、うろ覚えですみません。 ) まさか何か見つかるとは思っていなかったので、本当にびっくりしました。 ちなみに良性の卵巣嚢腫があっても、基本的には妊娠に支障はないそうです。 ただ万が一妊娠中に腫瘍が大きくなって、 さらに万が一ですが、捻転して緊急手術…というのは避けたいところです。 卵巣嚢腫には種類があり、大きく分けて、 ・血が溜まる ・水が溜まる ・脂肪などが溜まる の3パターン。 (素人なのでざっくりです。 ) 私はこのうちの「脂肪などが溜まる」、『 皮様嚢腫』という種類でした。 専門家ではないので私の認識ですが、 皮様嚢腫は細胞か何かがバグを起こして、腫瘍になってしまう感じだと思います。 (適当すぎ) なぜバグと表現するかというと、 単に脂肪だけではなく、爪や髪の毛が入っていることもあるそうなのです。 人間の体は不思議です! しょうもないですが、爪や髪ってコラーゲンや栄養を持っていかれそうで。 そこに使うんやったら見えてるところ強化してほしい、と思ってしまいました。 笑 ちなみに血が溜まるパターンのものは、通称『チョコレート嚢腫』。 手術で取り出すと、溜まった血がチョコレートの様に見えるそう。 全然美味しそうじゃないですけどね。 どの種類かというのも、エコーでわかりました。 「何か、モジャモジャっとしてるのがあるので、おそらく皮様嚢腫でしょう」という感じ。 私もエコーを見せていただきましたが、確かにモジャモジャとしたものがありました。 婦人科に苦手意識を持っていらっしゃる方もいるかもしれませんが、 エコーはレントゲンのような被曝もなく、安心して受けられる検査です。 「前に行った病院で痛かったから、もう嫌…」という方も、病院や医師を変えれば改善する可能性も大いにあります。 (私も最初の先生はめちゃめちゃ痛かったのですが(そこってそんなに雑に扱っていいの?!と思うほど。 笑)、 今お世話になっている先生はほぼ痛みはありません。 ) 前置きが長くなりました。 次回に続きます。

次の