混沌さん ラップ。 TikTok人気「混沌さん」に「迷惑系YouTuber」も... 立花孝志氏「応援演説」の異色な顔ぶれ

TikTok人気「混沌さん」に「迷惑系YouTuber」も... 立花孝志氏「応援演説」の異色な顔ぶれ(2020年6月30日)|BIGLOBEニュース

混沌さん ラップ

首里城復興ボードに「落書き」を行ったユーチューバーも 「混沌ラップ」とは、ショートムービーアプリ「TikTok」内で有名な「混沌と混沌の間で~」というラップ。 「TikTok」上でこのラップを披露し、自らも「混沌さん」と呼ばれるようになった配信者自身が、「混沌ラップ」を立花氏の選挙カー上から披露した。 30日現在「混沌さん」の「TikTok」のフォロワー数は約23万人、YouTube上のチャンネル登録者数は4万人を超える。 「混沌ラップ」の元ネタは、男性声優18人による音楽原作キャラクターラッププロジェクト「ヒプノシスマイク」の楽曲。 2019年4月に公開された「Hoodstar」という楽曲の、いわゆる「歌ってみた」作品である。 もっとも、今回都知事選にかかわる街頭演説にこの歌が用いられたことに対して、ヒプノシスマイクのファンだとみられるユーザーからは、 「こんなことにヒプマイ使われんのめっちゃ嫌」 といった声も上がった。 立花氏の応援には、「混沌さん」のほかにも多数の動画配信者が訪れた。 立花さんは前28日、自身のツイッター上で「迷惑系YouTuber」が応援演説に来ると予告。 告知されたのは強引にコラボ放送を迫ることで知られる配信者だった。 この配信者は、J-CASTニュースでも、首里城公園内に設置されたメッセージボードに落書きを行ったことで報じている()。 今回の街頭演説は、この動画配信者を目玉とし、立花氏のYouTubeチャンネル上でも生配信が行われていた。

次の

TikTok人気「混沌さん」に「迷惑系YouTuber」も... 立花孝志氏「応援演説」の異色な顔ぶれ

混沌さん ラップ

東京都知事選挙(2020年7月5日投票)に立候補したNHKから国民を守る党党首の立花孝志氏が2020年6月29日、新橋駅SL広場前で街頭演説を行った。 複数のユーチューバーが、立花氏の選挙カーに登壇し応援演説をした。 その中で披露された「混沌ラップ」がSNS上で話題となっている。 首里城復興ボードに「落書き」を行ったユーチューバーも 「混沌ラップ」とは、ショートムービーアプリ「TikTok」内で有名な「混沌と混沌の間で〜」というラップ。 「TikTok」上でこのラップを披露し、自らも「混沌さん」と呼ばれるようになった配信者自身が、「混沌ラップ」を立花氏の選挙カー上から披露した。 30日現在「混沌さん」の「TikTok」のフォロワー数は約23万人、YouTube上のチャンネル登録者数は4万人を超える。 「混沌ラップ」の元ネタは、男性声優18人による音楽原作キャラクターラッププロジェクト「ヒプノシスマイク」の楽曲。 2019年4月に公開された「Hoodstar」という楽曲の、いわゆる「歌ってみた」作品である。 もっとも、今回都知事選にかかわる街頭演説にこの歌が用いられたことに対して、ヒプノシスマイクのファンだとみられるユーザーからは、 「こんなことにヒプマイ使われんのめっちゃ嫌」 といった声も上がった。 立花氏の応援には、「混沌さん」のほかにも多数の動画配信者が訪れた。 立花さんは前28日、自身のツイッター上で「迷惑系YouTuber」が応援演説に来ると予告。 告知されたのは強引にコラボ放送を迫ることで知られる配信者だった。 この配信者は、J-CASTニュースでも、首里城公園内に設置されたメッセージボードに落書きを行ったことで報じている(首里城復興ボード、ユーチューバーの「落書き」で撤去 施設側「残念な気持ちでいっぱい」)。 今回の街頭演説は、この動画配信者を目玉とし、立花氏のYouTubeチャンネル上でも生配信が行われていた。

次の

TikTok人気「混沌さん」に「迷惑系YouTuber」も... 立花孝志氏「応援演説」の異色な顔ぶれ(2020年6月30日)|BIGLOBEニュース

混沌さん ラップ

とノビヨを起用。 黒麒麟はシエテ3アビを即使用可能にすることでカルマ用のCB調整で非常に役立ちます。 1枚でも十分ですが、2枚あると余裕を持って立ち回れます。 OD後のカウンターはユリウスのディスペルで解除。 【OD特殊:ケイオスキャリバー】 スロウで遅延せず、初手同様の方法で解除を狙う。 POINT ケイオス解除後、ブレイク扱いのため義賊のブレアサが有効。 基本的にこのタイミングで使ってダメージを稼ぎたい。 基本的に全てのカルマの完封を狙って立ち回る。 解除後はブレアサを合わせてダメージも稼ぎたい。 火ランバージャック編成.

次の