スプラトゥーン2 ガチマッチ 予定。 【スプラトゥーン2】最新「ガチヤグラ」で人気のブキランキング!今ヤグラで強いのはこのブキだ!

【スプラトゥーン2】初心者かんぺきガイド|遊び方と基本ルール・ウデマエを上げるコツ・用語集など【改訂版】

スプラトゥーン2 ガチマッチ 予定

ポケットモンスター関連• 日本最強の男に学べ! ポケモンカード トレーナーズスクール!!• アニポケまであとちょっと! デュエル・マスターズ関連• 秘蔵イラストも公開!! イラストレーター 制作秘話リレー• デュエマ妄想構築録 イナズマイレブン関連• マル秘ネタ 電撃チラ見せ!! おおばあつし先生 電撃執筆! アニメ直前 限定イラスト!! ゾイド関連• ゾイド生みの親徳山氏 5656万字!? 限界ロングインタビュー• 森茶先生本能執筆! アニメ直前 限定イラスト!! ミニ四駆関連• 伝説マシン開発秘話 パズドラ関連• 大塚角満のモンスター美術館 マジック:ザ・ギャザリング関連• ドブフクロウのMtGブレイキングアカデミー フォートナイト関連• にゃんこ大戦争関連• まんがで!にゃんこ大戦争 もういっちょ!• トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる 驚異的なエイム力を持つカリスマプレーヤー。 「第2回スプラトゥーン甲子園」では、不利な状況から相手を次々と倒す神がかり的なプレーを連発し、優勝に大きく貢献。 H3リールガンの名手としても知られ、彼の影響でH3リールガンを使い始めたプレーヤーも多いとか。 おもな実績は「第2回スプラトゥーン甲子園」優勝、「第4回スプラトゥ-ン甲子園オンライン代表決定トーナメント」優勝など。 チームLibalent Calamari(リバレントカラマリ)所属。 あしん 『スプラトゥーン』でスパッタリー使いといえば、真っ先に名前が挙がる有名プレーヤー。 脅威のエイム力と反射神経の持ち主で、混戦の中でも正確かつ瞬時に相手をとらえ、次々と倒していくプレーはまさに圧巻。 その神がかりなプレーに魅せられたイカたちも多い。 「NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2」では千葉ロッテマリーンズ代表として出場するなど、実力と人気を兼ね備えたトッププレーヤーのひとりだ。 あしん選手は今回の甲子園は出場する予定ですか? あしん: いまのところ出場する予定はないですね。 がっつり練習するのではなく、みんなで楽しもうという軽い感じだったら出たいなくらいの気持ちはありますけど。 あしん:そうですね。 やっぱり 勝つには強いブキを使わなきゃダメだと思うので。 これについてはどう思いますか? あしん:枠が減っても、結局は強い人たちが勝ち上がってくるので、 決勝大会は絶対に面白い試合が見られると思うんですよ。 僕自身はいまはそんなに出場しようという熱い気持ちがないので、いち視聴者としての立場からすると、枠が減ったとことについて特別ネガティブな印象はないですね。 純粋にどんな試合が見られるのか楽しみという感じです。 あとばる: どのみち勝ち切らなきゃいけないので、そんなに変わらないかなって気はします。 枠は減ったけど、その分、各会場が大きくなったじゃないですか。 これまでの甲子園を経て、大きな会場を借りてどんとやったほうがいいよねという考えに運営サイドがなったのはいいことなのかなとは思います。 大抵1枚はいますし、なんならエンガワ河川敷だと3枚入れてくるようなチームも最近見ますし。 L3リールガンが1枚いることで、チャージャーとキャピングシェルターを置いたとしてもゲームスピードが緩まないというんですかね。 普段はほかのブキを持っている人、たとえばブラスターを主軸に持っているような人でも、 「このステージはブラスターが弱いから L3 を持つわ」という策も取れるようになったので。 あしん:なるほど。 あとばる:全チームが平均的に強くなっているというか。 あのチームはあのブキしか持てない人がいるから、このステージは弱いだろうな、みたいなのがなくなりましたね。 あとばる:そう。 L3リールガンで代用できちゃうので。 あとばる:いますね。 そんなに難しいブキでもないので。 もともとシューターを使っているような、立ち回りが上手いような人は、エイムを合わせてちょっと連打の癖に慣れるだけで使えちゃうブキなので。 入っていないチームはほぼ見ないですね。 なんなら最近はシャープマーカーを見なくなっているくらいで。 あとばる:そうですね。 チャージャーのボムピッチャーで塗り返しできればいいので、あとはキャンピングシェルターとL3リールガンで前を張っちゃおうぜというのが多いですね。 あしん:よく言えば、チーム別の練度が出るという。 あとばる:そうですね。 編成が同じだと本当にチームの強さが出るので。 悪いことばかりじゃないんですけど、「とりあえずL3リールガン出しとけばいいや」ってのは環境としてよろしいと言えるのかはわからないですけどね。 同じような編成のチーム同士の戦いが増えそうと。 あとばる:増えそうですね。 「またL3リールガンかよ」ってのが多くはなりそうですね。 こちらは、あとばる選手は当然エントリーするつもり? あとばる:するつもりですけど、チームとしてやっているので4人とも代表に選ばれればいいんですけど……。 これにより、たとえばあとばる選手とあしん選手が同じチームになる可能性もあるというわけだ。 あとばる:3人は選ばれて、ひとりだけ取り残されちゃうみたいなのがあると辛いので。 ちょっと怖いですよね。 4人で1チームというのでやっていると、誰かだけ通っちゃうというのは。 あしん:そうだよね。 あとばる:だから実際にエントリーするかはこれから決める感じですね。 あしん選手はNPBの大会に出場するには、まず甲子園に出ないといけないというのはあるんですけど、NPBにちょっと出たいなという気持ちはあったりしないんですか? あしん:まあ、 「出場できたらいいな」とはなりますけど、そうなるとやっぱりスパッタリーは持てないです。 あしん:いや、無理ですよ。 だって、名だたる実力者が集うわけじゃないですか。 あとばる:でも、僕が運営サイドだったらブキのバリエーションは絶対とりたいですよ。 あとばる:そう。 その中でスパッタリーで大活躍するとなったら目に触れると思うんですけどね。 あしん:いや、選ばれるまではいいんですけど、そうなったら 僕の性格的にたぶん L3 リールガンを持っていますね(笑)。 あしん:難しそうですよね、その辺。 あとばる: 夢の組み合わせみたいなのもあると思うので、僕自身は楽しみだなと思うんですけど、一方でやっぱりいままでにない試みなので不安も正直ありますね。 All Rights Reserved. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。

次の

【スプラトゥーン2】最新「ガチエリア」で人気のブキランキング!今エリアで強いのはこのブキだ!

スプラトゥーン2 ガチマッチ 予定

こちらのページでは『スプラトゥーン2(Splatoon2)』における、ガチマッチで勝つために徹底するべきことについてまとめています。 ガチマッチのルールを問わず共通して徹底するべきこと、覚えておきたいことなど、ガチマッチで勝つ方法そのものと言っても過言ではない立ち回り方について解説しているので、ガチマッチでなかなか勝つことができないと言う方は、ぜひ参考にしてください。 ガチマッチで勝つための大前提! ガチマッチはナワバリバトルとは違い、プレイヤー同士の衝突が非常に多いルールとなってます。 それはすなわち、キルのしやすさ、デスのしやすさです。 プレイヤーのテクニックが顕著にでるバトルルールなので、ガチマッチではある程度の実力を持っていること前提で挑まなければいけません。 それではその前提条件は何かと言うと… ・キルを取れるだけのプレイヤースキルを持っている ・各ルールにおけるシステムをしっかりと理解している この上記の2つになります。 この2つが前提としてプレイヤーに備わっているかどうかで、勝機の掴みやすさは格段に変わってきます。 キルを取れるだけのプレイヤースキルに関しては、ひとまずはバトル中の 敵との遭遇率・対面率に対して、勝率が5割以上であればまずまずと言ったところでしょう。 6〜7割ほどあれば、ある程度の勝率の安定感は期待できます。 各ルールにおけるシステムへの理解に関しては、勝敗に直接的に関わってくる部分です。 ガチマッチで勝てない方の多くは、このルールへの理解度の低さが原因であることがほとんどです。 どのウデマエ帯であっても、ルールへの理解度が高いか低いかで勝率は大きく変わり、ほとんどの場合、キルをたくさんとることよりも重要になってくるということをしっかりと覚えておきましょう。 ガチマッチで徹底するべき立ち回り5選! ルールやオブジェクトにしっかりと関わる ガチマッチでは、どれだけルールに関われるかでカウントの稼ぎやすさや勝利のしやすさに影響します。 それは、エリアを積極的に塗ることであったり、ヤグラに乗り続けることであったり、ホコを運ぶことであったり、アサリを集めることであったりと、ルールによって様々です。 そして必ずしも直接的に関わる必要はありません。 間接的にでも十分良く、それこそ所謂アシストであったりカバーであったりと、そのときルールに直接的に関わっているプレイヤーに対して、なんらかの形で関われているだけでそのプレイヤーの立ち回りやすさが大きく変わってくるのです。 ルールに対してなんの恩恵も発生しない立ち回りをしている方は、間違いなくその行動がチームを負けへ導く行動なので、今一度そのルールにおいて自分はどう動くべきか、そもそもそのルールはどういうシステムなのかと言うところを見直してみることをおすすめします。 野良でもチームとの連携を意識する 意思疎通の限られた野良であっても、チームとの連携は常に意識して行動したいです。 それは例えば、攻防を切り替えるタイミングであったり、打開に移るタイミングであったりです。 これらの 一部の行動は、チームと連携することでより効力が高まる行動であり、チームとの連携が取れた場合には、決定打として非常に強力な効果を発揮することができます。 腕に自身がなかったり、 自分はあきらかに弱い部類であると理解しているならチームとの連携を徹底しましょう。 そして、自分は普通よりもうまい部類だと言えるのであれば尚の事で、 同じチームのメンバーすら利用するつもりで連携をするようにしましょう。 チームの足を引っ張る無意味な行動をしない ガチマッチでは、チームの足を引っ張る行動は勝敗に大きく影響してきます。 それはキルの少なさやデスの多さでもありますが、なによりルールに関与していない行動をしているプレイヤーは間違いなくチームの足を引っ張っている状態なので、早急にルールへの理解や立ち回り方を改めるようにして下さい。 他にも、キルにかまけて前線やオブジェクトを放置している方や、防衛フェーズでもないのに安全地帯で潜伏待機している方など、実質的に人数不利の状況を発生させてしまっている方は、人数不利により発生するリスクの重大さを理解していないとしか考えられないので、間違ってもこれらの行動は取らないようにしましょう。 そうでなければ、敗因が自分であっても言い逃れはできません。 まとめ 結論:ルールへの理解度を高めよう! 最終的にはやはり、ガチマッチで勝つためには、ルールへの理解度を高める他ありません。 ガチマッチの各ルールにおけるシステムや、ルールごとのステージの状態、その時マッチングした味方の武器とルールとの相性など、限られた時間で理解しなければいけないことがたくさんあります。 しかしこれらを瞬時に判断し、それに応じた立ち回りで対応できるようになれば、ガチマッチで勝つことはもちろんのこと、連勝することだって難しくありません。 なので、もっとガチマッチで勝ちたい!と言うかたは、必ず前項の3つの要素を覚えてからガチマッチに挑むことをおすすめします。 少なくとも、自分が敗因にならないように注意をするだけでも変化はあるはずなので、そのつもりでガチマッチに挑んでいきましょう。

次の

【スプラトゥーン2】ガチマッチで勝つために徹底するべき立ち回り3選!|ゲシピ

スプラトゥーン2 ガチマッチ 予定

こちらのページでは『スプラトゥーン2(Splatoon2)』におけるガチマッチのルール「ガチアサリ」のルールと勝つ方法について紹介しています。 主に初心者から中級者向けの内容となっていますので、ガチアサリでなかなか勝てないと言う方や、勝つコツを知りたいと言う方は、ぜひ参考にしてください。 立ち回りを見直すきっかけとなれば幸いです。 ガチアサリのルール ゴールを決めてカウントを0にしたチームの勝利 ガチアサリは、アサリを集めガチアサリにしゴールを決めてカウントが0になるまでか、より0に近い方のチームが勝利すると言うルールのもと行われるバトルです。 アサリを10個集めてガチアサリにし、そのガチアサリをゴールに決めることでゴールが開放され、カウントを稼げるようになると言う、他3つのガチマッチのカウントを稼ぐ方法に比べると凝ったルールとなっていて、敵との駆け引きだけではなく、味方との駆け引き(どのタイミングでアサリの受け渡しをするかなど)もあるバトルです。 ガチアサリで勝つ方法 アサリは9個持ちを意識する ガチアサリでは、アサリを10個集めることでゴールを開放することのできるガチアサリに変化させられますが、このガチアサリを持っている状態ではガチホコのように敵から位置がバレた状態で立ち回ることとなります。 しかしアサリ9個以下であれば通常通り立ち回ることができ、ステルス行動も可能です。 スプラトゥーンにおいては、敵にこちらの位置がバレている状態は非常に危険なので、できる限りこのアサリの9個持ちを意識しましょう。 また、アサリの9個持ちをしていると、ゴール付近で遭遇した味方がまれに最後の1つをパスしてくれることがあります。 理解あるプレイヤーと同じチームになれば、アサリの9個持ちが打開のきっかけや起点ともなるので、そういう意味でも9個持ちへの意識は徹底したいです。 味方のアサリ所持状況を把握する アサリやガチアサリはパスすることができます。 この仕様から、味方のアサリの所持状況の把握は重要です。 そして、味方のアサリの所持状況の把握とはどの程度なのかと言うと、どの味方がどれだけアサリをもっているかの、個人単位の把握となります。 どの味方がアサリをいくつ持っているかを把握していれば、 どの味方にパスしたらゴールのチャンスがあるかの判断ができるので、単純に勝機を掴むきっかけが増えます。 そして味方とのアサリパスをするとなると、必然的に連携状態になるので、カウントの稼ぎやすさも格段に変わってきます。 このように、安定してカウントを稼ぎに行けるので、味方のアサリの所持状況を把握しておくことは重要なのです。 敵のアサリ所持総数を把握する 敵のアサリの所持状況は、アサリの総数が画面上に表示されます。 そして敵のアサリ所持総数の把握をしておくことでできることが、攻防の切り替えです。 敵チームのアサリの所持総数が10を超えたら防衛に回れるように準備をしたほうがいいです。 それはスペシャルゲージを溜めることであったり、自陣の塗りを徹底したりなど、一方的に不利な状況にならないように動かなければいけません。 できることならチーム全体が敵のアサリ所持総数への意識を高めたいところですが、そういうわけにもいかないのが野良なので、少なくとも自分だけは攻防の切り替えができるようにしておきましょう。 とにかく、所持総数が10を超えたら注意とだけ覚えておいて下さい。 ジャンプ投げで一気に巻き返す ジャンプ投げとは、ガチアサリなどを持っている状態でゴール付近の味方に跳び、敵にジャンプ狩りされるのを厭わずただガチアサリなどをゴールに決めること行動を意味します。 1つでも多くカウントを稼がなければいけない、ゴールを開放しなければいけないと言う状況で使う手段で、 基本的には戦況を覆したり、確実に差を付けたいときに使います。 ジャンプする先となる味方の選び方としては、 着地して移動する必要がないく、ただ投げ入れるだけでいいくらいにゴールから近いプレイヤーです。 そうでなければ「沼ジャン」と同様の地雷行為なので注意したいですが、この方法で逆転が起こったりすることもかなりの頻度であるので、戦術としてはぜひ覚えておきたいです。 カウンターアサリに注意する ガチアサリをゴールに決められたチームは、ゴールが封鎖されたのち、ガチアサリが出現します。 この仕様からガチアサリはむやみにゴールすればいいというわけではなく、 ある程度カウントを稼げる算段がある状態でなければ、カウンターアサリを起点に戦況を覆されてしまうということも珍しくありません。 果たして敵チームのガチアサリを出現させてでも、現状ある1つのガチアサリをゴールに決めるべきか、少しでも稼げないとカウンターアサリで逆転されてしまわないかなど、カウンターアサリにより発生するリスクの判断もしっかりとしていきたいです。

次の