プロパンガス 高い アパート。 アパートのガス料金が高い理由〈その1〉

プロパンガスのアパートやマンションを選ぶメリットとデメリット

プロパンガス 高い アパート

「高い理由はわかったけれど、できることなら安くしたい……」 これが、この記事を読んで頂いている皆さんの本音かと思います。 しかしプロパンガスの場合、ガス供給設備の構造上、全世帯同じガス会社を使うことが前提です。 一世帯だけ安いガス会社へ変更することはできないのです。 このようにアパート全体のガス設備工事が必要になることから、プロパンガス会社の切り替えには、あくまで大家さんの了承が必須となります。 この点がアパート入居者にとってプロパンガス会社を切り替えられない障壁となってしまっています。 けれど、 諦めて高いガス料金を払い続ける必要はありません。 現在のライフスタイルを変えることなくお湯を節約できる代表的な手段として、「シャワーヘッドの交換」があります。 シャワーヘッドは様々なメーカーから様々な価格帯のものが出ていますが、 3,000円〜8,000円が標準的なクラスの商品の相場です。 また、シャワー以外に使用するお湯については考慮していません。 金額はすべて税抜です。 8 熱変換効率 」 一般的な湯船は200リットルなので、単純計算で以下のような違いが出ます。 追い焚き機能がついている湯船であれば、一度入れたお湯を捨てずにとっておくことで、冷めたぬるま湯 ex. この方法を一月用いることで、 毎回お湯を入れ替えるよりもプロパンガス料金を1,000円ほど安くできます。 詳細な計算は下記記事にあるので、お湯の節約に興味のある方は一度目を通して見て下さい。 三原市水道局が公式HPで発表している情報によると、 シャワー1分間で約12リットルの水が使用されています。 一般的な湯船は200リットルなので、 16分シャワーを使用すると湯船一杯分のお湯を使用したことになります。 参考: 使ったお湯が可視化できずつい長く使ってしまいがちなシャワーですが、お湯を節約をしたい場合にはしっかりと使用時間をはかりましょう。 5円程度かかります。 そのため、シャワーで16分間お湯を出した場合には、一度のお風呂で約100円のガス料金が発生します。 「シャワーは16分あたり100円!」と考え、使用時間を時計やタイマーなどで計測しながらシャワーを利用するのがおすすめです。 まとめ 最後に、アパート・マンションなどの集合住宅のプロパンガス料金が高い理由をおさらいしましょう。 アパートのプロパンガス料金が高い理由• そのため、ご紹介したお湯の節約術でガスの使用量を抑え、プロパンガスを安くする方法をまずは試してみましょう。 また、enepiでは全国のプロパンガス料金相場から、ご自宅のプロパンガス料金の節約見込みを自動で算出するサービスを提供しています。 使用は無料なので、気になる方は一度ぜひチェックしてみてくださいね。

次の

賃貸物件のプロパンガス料金を安くさせる!|おじさん達のブログ

プロパンガス 高い アパート

プロパンガスは都市ガス料金の約2倍! プロパンガスが高い理由 基本的にプロパンガスが都市ガスよりも高いとされているのには、れっきとした理由があります。 まず第一に 都市ガスは公共料金ですが、プロパンガスは自由料金です。 そのためプロパンガスの料金は販売業者が自由に決めており、 都市ガスの倍以上ということも珍しくありません。 消費者からすれば信じられない事実ですが、同じプロパンガスでも ガス会社によって価格がバラバラ、安いところからぼったくりなところまで十人十色です。 【豆知識】規制緩和されても下がらないプロパンガス料金 プロパンガス業界は都市ガスと違い 地域密着型で地元に根差している企業が多いため、地域ごとに顧客を取り合わないような暗黙の了解が存在していました。 これによりはっきりと価格を公表することなく、契約されていることが多いのが現状です。 言ってみれば、決められた公の価格が存在しないので、 顧客ごとに価格が異なることはザラです。 「お宅だけ特別価格にしておきます」ということもあり、同じガス会社を契約していても、自分の家よりも隣の家の方が料金が倍以上安く設定されているということもあり得ます。 何通りもの価格が存在していると言われている現状では価格規制を行ったことろで、元々が不透明ではっきりしないため、公正な価格競争も何もあったものではないというのが正直なところなのです。 賃貸アパート・マンションはさらにプロパンガスが高額 プロパンガスは自由料金のため、必然的に都市ガスより価格が高めに設定されています。 しかし実は同じプロパンガスでも、 一戸建てより賃貸アパート・マンションの方が、ガス料金は30%ほども高く設定されているというデータがあります。 ただでさえ高いプロパンガスの料金が、賃貸アパート・マンションに住んでいるというだけで30%も高くなるというのは、非常に大きな問題です。 一戸建てから賃貸アパート。 マンションに引っ越して、ガス代が高いことに驚いた人も多いのではないでしょうか? しかし同じプロパンガスを契約しているのに、なぜ賃貸アパート・マンションの方が一戸建てよりも料金が高いとされているのでしょうか? 賃貸アパート・マンションは設置費用が上乗せされていることがある 一戸建てにしても賃貸アパート・マンションにしても、初めにガスの契約をした時に、ガスを使うための設備なども取り付けをする必要があります。 しかしガス会社の中には、この設置費用を大家さんからもらわず無償で取り付けるところや、契約した際のサービスとして、給湯器やエアコンを無料で貸し与える企業も存在します。 大家さんとしては非常に喜ばしいでしょうが、ガス会社としては契約時に無償提供した設置費用をなんとしてでも回収したいはずです。 そこでどうするのかというと、 ガスの価格を値上げします。 つまり本来大家さんが負担するはずの設置費用を、 引っ越してきた入居者が日々のガス代として負担しているというわけです。 ガス料金を高くされても契約変更できない! 賃貸アパートやマンションの方が、一戸建てよりもガス代が30%高いのには、他にも理由があります。 一戸建ての場合は下手にガス料金を高くすると、すぐ別の会社に変更されてしまう可能性がありますが、賃貸アパート・マンションの場合は 大家さんが契約しているので、入居者は変更できません。 大家さんからしてみれば、ガス代がいくら上がろうと自分が負担するわけではありませんので、どうしても無頓着になってしまいます。 しかし肝心のガス料金を払う入居者はそうはいきません。 入居者はプロパンガス会社を変更する権限はないので、 値段を徐々に上げていく悪質なプロパンガス業者も中には存在します。 【ぼったくり? 】プロパンガスの適正価格と比較してみよう 毎月あなたが払っているガス代が相場や適正価格よりも高い……いわゆるぼったくりの可能性は十分に考えられます。 そこでまずは、自分が支払っているガス代が適切な価格か、相場よりも高いのかを確してみてください。 というのも 適正価格を知ることこそが、ガス代を削減する最初の一歩であり、最も重要なことだからです。 ガス料金を確実に安くするには あなたに請求されているガス代は、適正価格よりも安かったでしょうか? 高いのならば、一刻も早くガス料金を安くするための努力をすべきです。 一戸建てにしても賃貸アパート・マンションにしても、プロパンガス料金を安くする方法はもちろん存在します。 それも「ガスの使用量を抑えたりして光熱費を節約~」というありふれたものではありません。 ガスの料金自体が30%近く値下げされますから、使用量にかかわらずガス代を効果的かつ確実に安くできます。 プロパンガスの値下げ交渉ってできるの? ありがちな節約術以外でガス料金を安くするといえば、真っ先に ガス会社との値下げ交渉を連想しますよね。 「毎月請求されるガス代が適正価格よりも高い」と契約中のプロパンガス会社に訴えても良いですが、こちらの方法はあまりおすすめしません。 というのも相場より明らかに高い悪質なガス会社ならば、例え値下げ交渉に応じたとしても、それは 一時的なものに過ぎない可能性があるからです。 値下げされても知らずに値上げされる? 最初のうちは無事に値下げされて、消費者であるあなたが満足したとしても、半年後からは徐々に値上げされていき、数年後には値下げ前よりも料金が上がっていたということも考えられます。 また値下げ交渉をするとなると、それなりの労力がかかります。 そこで思い切って 良心的なガス会社に変更した方が料金を安くできます。 一戸建てならガス会社の変更が一番ラクで確実! まずは一戸建ての場合です。 上のリンクから診断した結果、適正価格よりも高いと表示された方は、診断結果でもおすすめしている通り、ガス会社を見直すべきでしょう。 勘違いされがちですが、 プロパンガスは業者を変更できます。 高いと感じた、もしくは適正価格よりも高いのなら、今よりも安いガス会社に乗り換えれば良いだけです。 ガス会社を変更することで、 平均30%ほど安くなると言われており、さらに切り替え時に費用は発生しません。 ガス会社を新しく見つけるとなると、ハードルは高いと感じるかもしれませんが、そんな時はプロパンガス消費者協会というところを経由すると、手っ取り早く済みます。 利用料無料で、料金の安い優良ガス会社を紹介してくれるのはもちろんのこと。 ガス料金見守り保証も無料でついてきますので、不透明な値上げをされたとしてもプロパンガス消費者協会が対応するため非常に安心です。 よっぽどの理由がない限りは、この協会を経由すべきでしょう。 賃貸アパート・マンションのガス料金を安くする方法は? 一戸建てならプロパンガス会社そのものを変更するという、一番簡単かつ効果的な解決策があります。 意外と知られていませんが、 ガス会社を変更するのはそれほど難しいことではなく、費用もかかりません。 しかし賃貸アパートやマンションの場合は事情が違ってきます。 前の項目でも説明したように、 ガス会社を変更する権限は入居者にはなく、大家さんにあるからです。 入居者の一人でしかないあなたがガス会社に問い合わせても、まず受け入れてもらえないでしょう。 一番簡単なのは引っ越すこと 賃貸アパートやマンションの場合、ガス会社を変更する権利は大家さんにあるため、どうしても一戸建てよりも対応が難しくなってきます。 そのため一番手っ取り早いのは、 その賃貸アパート・マンションから引っ越して都市ガス、もしくは価格が安いプロパンガスの物件を探すことです。 新たに引っ越し先を決めて引っ越し会社に依頼するとなると、膨大な費用がかかってしまいます。 ガス代のためだけに引っ越しては、余分な費用がかかるため本末転倒です。 あくまでも引っ越しをする理由の1つに留めておきましょう。 そこでここからは、 引っ越し以外の方法でガス会社を変更する方法を解説したいと思います。 賃貸アパート・マンションのガス料金を安くする際は大家さんがカギ ガス会社を変更する権利を持っているのが大家さんなら、 大家さん、もしくは管理会社に相談するのが定石です。 とはいえ、ただガス代が高いと愚痴を吐いても取り合ってくれないでしょう。 そこで、どうすれば大家さんや管理会社が取り合ってくれるのか……相談する際のポイントをまとめてみました。 適正価格を伝えるのは基本 大家さんに相談の際は、 インターネットで調べた適正価格よりもいくら高いかをはっきりと伝えるのが一番です。 まだプロパンガスの適正価格を確認していない方は、から確認しておきましょう。 適正価格より高いほど効果があります。 また情報の真偽についてですが、プロパンガス料金消費者協会というちゃんとした団体が運営しているため、説得力は十分にあります。 交渉はしたたかに 「適正価格よりこれだけ高い」と大家さんや管理会社に訴えたところで、実際にプロパンガスの料金を払うのは入居者です。 心優しい方ならともかく、入居者の負担に対して無頓着な方なら、受け入れてくれないでしょう。 ですが入居者であるあなたが払っているのはガス料金だけではありません。 住んでいる物件の家賃も払っています。 そこで例えば、「ガス代が高すぎるため引っ越しを考えている」など、あなたが本気で悩んでいることをアピールしてください。 大家さんや管理会社からすれば、プロパンガスの値上がりには無頓着でも、 空き部屋が出るのは相応のデメリットになるからです。 入居者同士で協力して交渉する 先ほど紹介した2つのポイントを押さえて交渉しても、あなた一人では「マンション(アパート)単位で契約しているから変更できません」と断られてしまうケースが多いでしょう。 そこでかなり思い切ったやり方ですが、 マンションやアパートの入居者と一致団結するという手があります。 全員の意思表示がわかる方法として、 署名をとる方法が一般的です。 これに関しては提案者であるあなたの交渉力や発言力がある程度必要になりますが、 ガス料金が高いことに不満を持っているのはあなただけではないはずです。 例えガス料金をあまり気にしない方でも、適正価格や相場よりもこんなに高いということを強調すれば、あなたの力になってくれるかもしれません。 それに難しい分、複数の入居者が抗議すれば、大家さん側としても無視することはできず、何かしらの対応をとってくれる可能性があります。 値下げするならガス会社を変更した方が効果的 いざ大家さんや管理会社に相談するなら、目標は料金の値下げよりもガス会社を変更した方が効果的です。 一戸建ての項目でも書きましたが、基本的に値下げよりも、価格が安い良心的なプロパンガス会社に変更した方が ガス代を30%近く削減できます。 またあまりにも悪質なところだと、例え値下げしたところで時が経てば値上げをする可能性も考えられます。 ガス会社を変更できるかは、大家さんとガス会社の契約などにより厳しいかもしれませんが、狙うならばガス会社の変更が一番です。 大家さんの負担がかからない点をアピール ガス会社を変更するつもりなら、 「新しいガス会社の候補は自分で探す」とアピールするのを推奨します。 大家さんも人間ですので、大家さんの負担がどの程度かかるか重要なのはもちろんのこと。 大家さんが選んだガス会社に変更しても、前とそれほど価格が変わらなかったということも考えられます。 とはいえいざ探すとなると、どうやって探したらいいか見当もつかないはずです。 そこでおすすめなのが、プロパンガス消費者協会というサイトを利用することです。 価格の安い優良企業を紹介してくれるだけでなく、ガス料金見守り保証により、不透明な値上げ時は協会側が対応してくれます。 相談・利用は無料ですので、大家さんの了解が降りれば、簡単にガス代が安くなるでしょう。 残存料金を支払ってくれるガス会社があることを伝えると効果的 上で紹介した上記ポイントを押さえて交渉した結果、大家さん側もガス会社を変えたいと思い至ったとします。 しかしそれでも、大家さんとプロパンガス会社が結んだ契約により、変更できないと却下される可能性があります。 契約年数より早く解約してしまった場合、 残りの設備費用を大家さんが支払わう必要が出てくることもあります。 そういった契約ならば、仮に入居者全員の意向でも難しいかもしれません。 ですがガス会社の中には、 残存する設備の費用を支払ってくれる会社もあります。 きちんとした優良会社に契約すれば、「その代り毎月のガス料金に上乗せしましょう」などということにはなりません。 「ガス会社を変更すると解約金が発生する」と言われた場合は、残存料金を支払ってくれるガス会社があることを大家さんに報告してみましょう。 残料金を負担してくれるなら、大家さんも案外あっさりと了承してくれるかもしれませんよ? 難しくてもガス会社を変更する価値はある 賃貸アパート・マンションの プロパンガス料金の相場は12000円程度と言われています。 しかしこの記事で紹介したポイントを抑えれば、ガス会社を変更できる可能性があります。 そして上手くガス会社の変更、もしくは値下げがされれば、 月に4000円ほど請求額が安くなることも考えられます。 「どうせガス会社を変えることなんてできないから……」と諦めてしまわず、できることがあると信じて手を尽くしましょう! プロパンガスから都市ガスには変更できない? プロパンガスの料金を値下げする方法は以上です。 ですが、どうせならプロパンガスよりも料金が安い都市ガスにしたいですよね。 果たして、プロパンガスから都市ガスには変更できないのでしょうか? 結論から言いますと、できなくはありませんが、 莫大な費用がかかります。 仮に自宅前の道路に都市ガスのガス管が通っていた場合、 最低でも10~15万円ほどの費用を支払うことになります。 なぜこんなにも費用が発生するのかというと、工事費はもちろんのこと。 給湯器やコンロなどのガス設備をプロパンガス用のものから、都市ガス用に変更する必要があるからです。 ならプロパンガスのメリットって何? プロパンガスから都市ガスにするのには10万円以上も費用がかかってしまいます。 いくら都市ガスの方が安いとはいえ、さすがに勇気がいりますね。 それならばわざわざ都市ガスにするよりも、料金が安いプロパンガスの会社に変更した方が得策です。 中には「これからもずっとプロパンガスか……」と、都市ガスに変更できないことに悲観している方がいるかもしれませんが、 必ずしも都市ガスの方がプロパンガスよりも優れているというわけではありません。 人によっては、「今度引っ越したら都市ガスにしようかしら」と検討中の方も多いと思いますので、都市ガスと比較した際のプロパンガスのメリット・デメリットを解説してきます。 メリット1. プロパンガスは初期費用が安い ガス料金は都市ガスよりも高いプロパンガスですが、 初期費用に関しては都市ガスよりも安いというメリットがあります。 というのも上の方で触れた通り、プロパンガス会社は初期費用を0円などにする代わりに、毎月のガス代にその費用を上乗せするからです。 逆に都市ガスの場合、工事費は消費者が負担するというデメリットが出てきます。 月々の費用は高くなりますが、一戸建てや大家さん側からすればれっきとしたメリットになります。 メリット2. プロパンガスは災害時の復旧が早い ガスが使えなくなるということは、火を使った料理ができず、お湯が沸かせないため入浴も不可能です。 日本は地震列島といわれていますので、安全面からプロパンガスを採用するのも1つの手です。 プロパンガスのデメリットは利用料金が高くてバラバラな点 プロパンガスのメリットを挙げましたが、ではデメリットはあるのかというと、やはり最大のデメリットは価格面です。 都市ガスのような公共料金ではなく自由料金のため、値上げや値下げもガス会社の一存で設定可能です。 そのため使う側の消費者からすれば、非常に不平等です。 悪質な会社と契約すれば、いつ不透明な値上げをされるか分かったものではありません。 どうすればプロパンガス料金の格差や値上がりはなくなるのか? プロパンガスの価格規制を強くするには、現在暗闇に隠されている プロパンガスの価格を公表するのが必要と専門家は語っています。 現在のプロパンガス業界では、設備費用などの価格を上乗せ&それを公表しなくてもよいという風潮があります。 これによりガス会社の方も、「少しくらいなら値上げしても大丈夫」という考えから値上げに繋がってしまいます。 この現状を打破するのは難しいですが、それでも消費者が 「公表してほしい」と主張。 また自分が払っているガス代がどういう内訳なのか目を向けたり、興味を持っていくことで、プロパンガス会社も不必要に値上げするのが難しくなっていくことでしょう。 【まとめ】大事なのはプロパンガス料金の適正価格や相場を把握すること 「プロパンガスは高くて価格設定がバラバラ」ですが、災害時の復旧が早いという魅力的なメリットが備わっています。 また価格がバラバラということは、中には安いガス会社も存在するということです。 値上げの危険性も、 プロパンガス消費者協会の紹介ならば、ガス料金見守り保証がついてくるため安心です。 このように消費者である私たち自身が、払っているガス代に無頓着にならず、 請求されたガス代が適正価格や相場よりもどれだけ高いのかを知るすることこそが強力な武器になります。 これまではガス代が高いという不満しか言えなかった人も、適正価格や相場を把握することで、良心的なガス会社に乗り換えるという選択肢が生まれます。 マンションやアパートなどの集合住宅に住んでいる方は、大家さんや管理会社と交渉したりするため面倒になりますが、何もしないよりはマシです。 いきなり入居者全員の署名を集めたりするのはハードルが高いと思いますので、まずは自分が支払っている毎月のガス代に対し、少しでも興味を持つことから始めましょう。

次の

プロパンガスのアパートやマンションを選ぶメリットとデメリット

プロパンガス 高い アパート

都市ガスからプロパンガスに変わったときに受ける料金の衝撃 こんにちは、GASUMOです。 今回は単身者向けのエントリーになります。 いまのアパートに引っ越してから数か月、気づいたらなんかガス代が異様に高いと。 そういえば、前までは都市ガスだったけど、今回の物件はプロパンガスだったな。 さて、どうしたものか・・・ みたいな方、意外と多いんじゃないかと思います。 ガスが使えないと生活できないのでしょうか? で、 については、ほかの記事でも書いているので、ぜひそちらも参考にしていただけたらと思うのですが、今回はもっと根本的というか、そもそも論として、 「もしかして、ガス無くても何とかなるんじゃね?」 といった方向のお話になります。 ですので読み手を選ぶといいますか、身軽なシングルの方とか、毎日仕事や遊びに忙しくて、家には寝るためだけに帰ってきてる、というような方向けのエントリーです。 このブログのなかでも何度も繰り返しお伝えしているのですが、アパートなどの集合住宅、賃貸住宅にお住いの場合、どうしても があります。 賃貸アパートのプロパンガス料金は高い、交渉もほぼムリ だから、 をしたところで、ほとんど不毛な努力に終わることが多いのです。 もっというならば交渉のステージにすら立てていない。 ガス屋さんとあなたは 「対等じゃない」んです。 なぜならガス会社にとって価格を見直す必要が無いから。 アパート暮らしの方、プロパンガスの料金が高くてお困りの方には納得いかな話かもしれませんが、これが現実なんですね。 なので、独身の方で、いま暮らしているアパートにそこまでこだわりがないのであれば、さっさと都市ガスの物件に引っ越すというのもひとつの方法です。 もちろん引越にはエネルギーを使いますし、家賃もいまより少し高くなるかもしれませんが、ガス料金のことで理不尽な思いをしなくてよくなるので、その意味では気持ちがスッキリするはずです。 プロパンガスを「解約する」「契約しない」という選択肢 で話を戻して、 仕事が忙しい、趣味や遊びに夢中、お金を貯めている、理由は色々あるでしょうが、ともかく、 いまのアパートには寝るためだけに戻ってくる、借りている部屋をそういう感じてお使いになっている方も一定数いらっしゃると思うんですね。 人生の一時期において、そういうのは全然ありだと思います。 ほとんど寝に帰ってるようなもんだし、そういえば友だちの家とか、彼女(彼氏)の家とかで寝ちゃうことも多いな、みたいな。 そもそも、そんなにガスを使ってますか? そういった生活スタイルの方で、しかも賃貸物件のプロパンガス料金が高くて困っているというのであれば、そもそもオレ(わたし)って、ガス使わなくても何とかなるんじゃね? というところを見つめ直してみると、意外と発見があると思うのですね。 そういえば、いうほどガス、使ってないんじゃないかと。 気づくかもしれません。 そこで選択肢にあがるのが、 思い切ってプロパンガスを解約しちゃう。 もしくは、そもそも初めから、 プロパンガスを契約しない。 という道です。 プロパンガスの解約については、「」という別記事でも取り上げています。 ガスを全く使わなくてもかかる基本料金、年間24,000円 でも解説していますが、多くのガス会社は二部料金制というのを採用していて、ガス代は「基本料金」と「従量料金」で構成されています。 このうち基本料金というのは、ガスの使用量にかかわらず、契約している以上「必ず」かかってくる費用です。 もちろん物件とかガス屋さんによって料金はまちまちなのですが、賃貸アパートなので相場を2,000円としましょうか。 かりに1年間「まったくガスを使わなかった」としても。 まったく使わなくても、基本料金だけで年間24,000円。 お風呂を沸かしたり、シャワーだけの日があったり。 普通に使ってるだけなのに、冬場はガス代が1万円を超えることがあるっていう方もいます。 ひとり暮らしなのに。 プロパンガスを解約したら、ほんとに困る? こういったことを、一度冷静に見つめ直してみてですね、先述したとおり「都市ガス物件に引っ越す」というのもひとつの道なんですけれども、いまのアパートが、立地であるとか賃料的に都合がよかったり、現状で引っ越すのが面倒だというのであれば、 プロパンガス物件であるにもかかわらず、思い切って「ガスの契約を解約しちゃう」とか、 これから入居するのであれば「そもそもガスの契約をしない」、 というのも、意外とあり得る選択肢なのです。 IHがあるので調理は電気だけで全然OK あなた、そんなに料理するんですか? そもそもあなたは、そんなに家で料理をするのでしょうか? 自炊するタイプなのでしょうか? 「調理」という面だけにフォーカスすればぶっちゃけ、ガスは無くても全然いけます。 いまはIHがありますから。 焼肉だろうと鍋料理だろうと電気で余裕です。 もしくは手頃なガスコンロを買ってもいいですね。 プロパンガスを契約しないと、お風呂に入れないじゃないか! お風呂。 ここはやはりネックにはなります。 ガスで沸かせなくなるので。 ただ、このエントリーは「家には寝に帰るだけ」という方を前提にしているので、選択肢がいくつも考えられます。 じつは電気でもお風呂湧かせます まず一つ目としては、電気でお湯を沸かす、という方法があります。 どうしても家で風呂に入りたくなったら、電気で湯を沸かす。 「バスヒーター」とか「風呂バンス」とかで検索すると、たくさん出てきます。 もちろん快適さはある程度失われますが、十分に可能な方法です。 ガスを使わなくてもお風呂に入れます。 友だちや彼女の家、銭湯でもお風呂入れます そのほかお風呂に関しては、だれしも1日に1回は入りたいと思っているでしょうから、逆にいうと、1日1回入浴する、汗を流せれば方法は問わないというのであれば、選択肢は広がります。 先述したとおり、友だちの家であるとか、彼女や彼氏など、パートナーの家でシャワーを借りることもできます。 1回500円で銭湯に行ってもいい。 銭湯だったら湯船にお湯を張ったり、浴槽を洗ったりする必要もありません。 準備や掃除がいらない。 ただ体を洗って、汗を流して、すっきりして帰ってくればいい。 電気でお風呂を沸かす、友だちの家やパートナーの家に行く、銭湯に行く、 なんか、ガスがなくても余裕な感じがしてきませんか?笑 筋トレしてお風呂にも入れるスポーツジム さらにもうひとつ付け加えると、これが一番コスパが高く、かつ、健康的なんじゃないだろうか、という方法があって、 それが今回の提案の本命だったりするのですが、 その方法っていうのは、すばり、 「スポーツジムの活用」 です。 もしわたしが今、20歳前後の新社会人だったとして、1人暮らしを始めたばかりで、アパートのガス代がすごく高くて困っていたとしたら、たぶんこの方法を選びます。 アパートでプロパンガスの契約をする代わりに、スポーツジムの会員になっちゃうんですよ。 毎月、会費1万円くらい払って。 で、あなたはスポーツジムに行き、運動をする。 走ったり、自転車をこいだり、ダンベルとかマシンを使ったり、ベンチプレスしたり。 身体を動かし、汗をかく。 筋力も付くし、ダイエットにもなる。 運動して汗を流した後は、シャワーを浴びればスッキリだし、いまはお風呂完備のジムも珍しくありません。 24時間営業のところも増えてます。 筋トレして、ゆっくり湯船につかって帰ってこれるのです。 これって、かなり健康的だし、快適だと思いませんか? プロパンガスを契約しなくても意外と暮らしていける かりに毎月ガス代に1万円かかっているのだとしたら、それがもし割高なのだとしたら、その1万円をスポーツジムの会費に使う。 全然ありだと思います。 トレーニングする気分じゃない日は、ジムにお風呂だけ入りに行くのもありだし、あるときは友だちの家だったり、彼女(彼氏)の家でシャワーを浴びてもいい。 たまには近所の銭湯に行くのもおつなものでしょう。 身軽な一人暮らしだったらプロパンガスを解約しても楽勝 ともかく、なにが言いたいのかというと、プロパンガスの賃貸物件に暮らしていて、ガスの契約をするというのは「必須」と思っているかもしれませんが、そんなことはないのですよ、意外と選択肢はたくさんあるのですよ、ということが伝わったのであれば、それで十分です。 もちろん良心的なガス会社、ガス料金で、アパートのガス設備を使うことに支障がないのであれば、それにこしたことはないですし、無理に解約することはありません。 当たり前の暮らしをあえて捨ててみるのも面白い ですが賃貸物件で、ガス代のことで、どうしようもないことがあるのだとしたら、 おもいきってプロパンガス自体を、 「解約する」「契約しない」 という道があるんです。 選択肢はいくらでもあります。 家でお風呂に入れるって、おそらく大多数の人が当たり前だと考えてると思いますけど、一度その「当たり前の暮らし」というのを捨ててみるというのも、あえて不便さを味わってみるというのも、ありがたみが分かったり、新しい発見があったりして、面白いんじゃないかと思います。 関連ページ:.

次の