ゴールド 免許 に なるには。 ゴールド免許で違反した場合、いつからいつまでブルー免許になる?

ゴールド免許 条件|免許証が「ゴールド免許」になる条件は?

ゴールド 免許 に なるには

最短の話をします。 初めて免許証を取得してからゴールド免許になるまで 最短で6年かかります。 まずはざっくりとした話から 初めての免許が18歳なら24歳が最短です。 最初の免許の色はグリーンで有効期間が3年です。 その次の免許の色はブルーで有効期間が3年です。 したがって6年かけてやっとゴールド免許を取得できます。 もちろん2度目の免許更新時に「 過去5年間無事故・無違反」であることが条件です。 このページではゴールド免許を最短で取得するには何年かかるか、その他「ゴールド免許の最短」について詳しく解説しています。 しばらくお付き合いいただけると幸いです。 18歳で免許を取得したら最短は24歳 18歳で普通免許を取得したとします。 最初の3年間はグリーン免許です。 更新の時期がやってきます。 次はブルー免許になります。 ブルー免許で3年過ごします。 更新の時期がやってきます。 この時点で過去5年間を振り返り、無事故・無違反であれば、晴れてゴールド免許が発行されます。 したがって、初めて普通免許を取得してからゴールド免許を取得するまで最短で6年かかることになります。 初めての免許取得が18歳であれば24歳でゴールド免許です。 以上が、細かいところは飛ばしてざっくりとご説明した場合の話です。 ここからは厳密な話をします。 みなさんご存知のように、免許証の表には「有効期限」の欄があります。 グリーンやブルーやゴールドの色がついた一本の帯の部分です。 この「有効期限」の帯の上に「交付」の欄があります。 (写真:Wikipedia) わたしたちが一番最初に免許証を取得した場合、上の「交付」の欄に免許証の交付日(=取得日)が記載されます。 すると、その下の「有効期限」の欄には 交付日から数えて3度目の誕生日の1ヶ月後の日が記載されることになります。 交付日から3年と1ヶ月ではなく、3度目の誕生日の1ヶ月後の日になります。 こうした規定があるゆえに、「いつ免許を取得するか」によって実質的な免許の有効期間には最大で約1年の差が出てきます。 たとえば、7月1日が誕生日の人の場合、6月30日に免許を取得すると、わずか1日後が1回目の誕生日としてカウントされます。 すると、「3回目の誕生日の1ヶ月後の日」までには2年と1ヶ月と1日しかありません。 いっぽうで、同じ7月1日が誕生日の人が7月1日に免許を取得した場合、免許取得日が誕生日と同日の場合はその日を1回目の誕生日としてカウントしないルールがあるので、3回目の誕生日の1ヶ月後の日までは丸3年と1ヶ月あることになります。 実に約1年の差が生まれることがお分かりかと思います。 ここで最短の話に戻ります。 18歳で普通免許を取得した場合にゴールド免許を取得するのは最短で何歳になるか? 上の例を参考にすれば、誕生日の1日前に取得すれば最短では・・・と思いたいところですが、普通免許は18歳からなので、18歳の誕生日の1日前には免許は取得できません。 そこで、実際にそんなことが都合よくできるかできないかは別にして、計算上は、18歳の誕生日当日に最初の免許証を交付してもらうのがゴールド免許を最短で取得するための最初の条件になります。 ここで最初の免許(グリーン免許)を取得し、3年後にブルー免許に更新し(ここまでで3年経過)、その3年後に更新する際、「過去5年間無事故・無違反」という条件をクリアーすれば、晴れてゴールド免許を取得できます(6年経過)。 つまり満24歳がゴールド免許取得の最短年齢になります。 まだ続きがあります。 上の説明は「年齢」に関してでした。 まだ「期間」に関する最短が残っています。 「 最短で何日間でゴールド免許を取得できるか」はまた答えが別です。 たとえば、7月1日で18歳になる人が誕生日の2日後に免許を取得した場合はどうでしょう? 1週間後に取得した場合は? 1ヶ月後に取得した場合は? どれも免許証の有効期限は3回目の誕生日の1ヶ月後の日になります。 つまり、18歳の誕生日当日に免許を取得しなくても同じく24歳の更新時にゴールド免許が取得できます。 ただし、「期間」は異なります。 初めての免許証が交付されてからゴールド免許を取得するまでの日数は異なってきます。 初めて免許証を取得してからゴールド免許になるまで最短で何日かかるか? その答えは、 5年と41日(1866日間) これが答えです。 なぜこの答えになるかというと、24歳の免許更新時にゴールド免許が発行される条件は、 誕生日の 41日前を起点とした過去5年間 に無事故・無違反であることだからです。 19歳の41日前のまさにその日に最初の免許を取得すれば、24歳の更新時にゴールド免許の条件を満たします。 5年と41日。 日数にして1866日です。 これが最短期間の答えになります。 結局、「ゴールド免許の最短」に関する答えは下記のようになります。 ゴールド免許に関する「最短」(普通免許に限定した場合) 最短で何歳で取得できる? 満24歳 いつから(何歳から)が最短か? 18歳の誕生日当日~19歳の41日前の日 最短期間は何日か? 5年と41日(1866日間) バイクの免許からスタートすれば最短で21歳のゴールド免許も可能 このページでは「ゴールド免許の最短」をテーマにしています。 したがって、ややマニアックになるものの、バイクの免許も含めた話を外すわけにはいきません。 原付免許(50cc以下)や小型限定普通二輪免許(125cc以下)などは16歳から免許を取得できます。 すると、前の項目の例に倣えば、16歳の誕生日当日に最初の原付免許を取得すれば、6年後の 満22歳の誕生日には2度目の免許更新が到来し、その時点で「過去5年間無事故・無違反」であればゴールド免許を取得できます。 ただし、2度目の免許更新を待たずに、有効期間の途中で普通免許を取得し、なおかつ普通免許の取得日時点で「過去5年間無事故・無違反」の条件をクリアーしていれば、ここでゴールド免許を取得できることになります。 つまり、満22歳を待たずに、 まだ21歳のあいだにゴールド免許取得者が誕生します。 まさに最短のゴールド免許です。 笑えるのは、このゴールド免許取得者が車の運転をする場合、初心者マーク(わかばマーク)を付けないと走れないところです。 前の項目では、普通免許の場合、最短で24歳時点でゴールド免許が取得できると書きました。 しかし、バイク免許のところで触れたように、免許の有効期間内に別の免許(上位免許)を取得し、なおかつその時点でゴールド免許の諸条件を満たせば、更新日を待たずに晴れてゴールド免許が取得できます。 したがって、18歳で初めて普通免許を取得した場合でも、24歳を待たずに23歳の間にゴールド免許を取得するケースもあり得ます。 ただし会社により割引率が異なります。 この機会に一度一括見積もりサイトをご利用ください。 同じ条件なのに保険料ってこんなに違うのかと驚くはずです。 利用者400万人突破の自動車保険一括見積もりサイトです。 入力は1度だけ。 メールまたは郵送で見積もり結果がわかります( 電話はかかってきません)。 【参加保険会社】約20社。

次の

ゴールド免許 条件|免許証が「ゴールド免許」になる条件は?

ゴールド 免許 に なるには

運転免許証は、取得したらそのままずっと使用できるわけではなく、更新があります。 更新期間は3年または5年で免許証の色や違反歴などにより異なります。 運転免許証を初めて取得した場合には有効期限の色はグリーンです。 グリーンの免許証の有効期間は、取得後3回目の誕生日の前後1か月の更新期限までとなります。 例えば5月17日が誕生日の方が平成30年9月15日に初めて運転免許証を取得した場合には、平成33年4月17日から同年6月17日の更新期間まで有効になります。 つまり最初の免許証の有効期間は3年ありません。 免許証の色にはグリーン、ブルー、ゴールドの3色ありますが、色による更新期間の違いやゴールド免許になるための条件などについて詳しく解説します。 最短でゴールド免許はいつから可能? 運転免許証を初めて取得した場合には、グリーン免許が交付され有効期間は取得後3回目の誕生日の前後1か月の更新期限までです。 最初に交付された免許証の有効期間は3年ありません。 運転免許証の最初の更新時には、必ずブルー免許になります。 グリーン免許を取得してから点数がつく事故や違反がない場合でも、運転免許証取得後5年を超えていませんのでゴールド免許になることはありません。 ブルー免許になり、3年後2回目の免許更新の際には、運転免許取得後5年を超えることになり、点数がつく事故や違反がない場合にはゴールド免許になります。 普通免許を18歳で取得し、21歳の誕生日前後1か月に免許を更新し、 24歳の誕生日の前後1か月の免許更新でゴールド免許を取得することが可能です。 意地でも最速でゴールド免許を取得する方法は? どうしても最速でゴールド免許取得にチャレンジしたい場合には、16歳の誕生日を迎えたら原付免許を取得します。 原付免許は1日で取得可能です。 取得費用も1万円かかりません。 まずは、原付免許でグリーン免許を取得します。 18歳になってから普通免許を取得します。 この時点で免許証の色はブルーです。 次回の更新は3回目の誕生日の前後1か月の更新期限になります。 次回の更新の21歳でゴールド免許と思われますが、この時点で、運転免許取得後5年をまだ、超えないのです。 16歳の誕生日を過ぎてからですので21歳の誕生日時点では運転免許取得後5年に達していないため21歳時の更新時もブルー免許になります。 運転免許証をゴールド免許にするには、21歳で免許更新した後で、原付免許を取得して5年経過したタイミングで、自動二輪免許を取得することです。 小型でも中型でも良く、自動二輪にこだわらず、準中型免許や中型免許でも良いのです。 つまり、 現在取得済みの運転免許証で運転できない種類の運転免許を取得することで運転免許を更新することになり、この時点で運転免許取得後5年を超え、点数がつく事故や違反がない場合には新たに交付される運転免許証はゴールドになります。 最初に運転免許証を取得してから、5年を超えた時点で新たな種類の運転免許を取得することで最速でゴールド免許を取得し、取得後の更新は取得後5回目の誕生日の前後1か月の更新期限までになります。 ゴールド免許を持っている人の割合は? 免許証がゴールドになる条件は、更新時に過去5年間に点数がつく事故や違反がないことです。 ゴールド免許を保有している方はどのくらいいるのか気になるところです。 免許保有者の全対数とゴールド免許対象となる優良運転者講習の数から割合を算出すると、 平成26年 平成27年 平成28年 平成29年 54. 0% 56. 1% 56. 4% 56. 6% 上記の割合になり、 ゴールド免許保有者は半数を超えています。 なお、ゴールド免許は過去5年間に点数がつく事故や違反がないドライバーであり、普段運転しないペーパードライバーの数も含まれています。 運転しなければ事故や違反は当然ありません。 しかし、ペーパードライバーの数も含まれると言っても半数以上がゴールド免許ですので、半数以上に入れるよう、入り続けられるよう安全運転に心がけなければなりません。 ちなみに違反があり、違反運転者講習に該当している方の割合は 平成26年 平成27年 平成28年 平成29年 20. 1% 18. 6% 12. 9% 17. 7% 上記の割合になり、運転免許保有者の4~5人に1人が違反運転者講習に該当しています。 参考:警視庁 更新通知のハガキが来てから違反した場合ゴールド免許になれる? 間もなく運転免許証の更新年の誕生日が近づきゴールド免許の更新を心待ちにしていた時に、違反してしまった場合、次回更新時にはブルー免許になるのか不安になります。 運転免許の更新の基準は、免許証の有効期限年の誕生日から41日前の日以前5年間が対象となる期間ですので、誕生日の1か月以内での違反の場合は、ゴールド免許が交付されます。 ただし、次回5年後の免許更新時には期間中点数がつく事故や違反がない場合でも、 前回の違反がカウントの対象となりますのでブルー免許になります。 期間中にさらに違反が1回でもあれば更新期間は3年になります。 ゴールド免許で点数がつく事故や違反した場合は何年で復活できる? ゴールド免許で点数がつく事故や違反を起こした場合には、次回免許更新時にはブルー免許になります。 次回の免許更新時まではゴールド免許が続きます。 継続して運転免許を保有している期間が5年以上で、過去5年間に違反点数3点以下の軽微な違反を1回のみ行ってしまった場合には、 次回更新時にはブルー免許になりますが、有効期間は5年です。 ブルー免許で5年後の更新時、過去5年間に点数がつく事故や違反がない場合にはゴールド免許になります。 ゴールド免許で違反点数3点以下の軽微な違反を2回行った場合には、違反運転者講習の対象となりますので、次回更新時には3年後の誕生日までの有効期間になります。 ゴールド免許で軽微な違反2回目が次回更新の3年と41日以前であれば、更新し有効期間が3年のブルー免許になった後の次回更新時には過去5年間に点数がつく事故や違反がないとされゴールド免許になります。 軽微な違反が2回あるにも関わらず、ゴールド免許は3年で復活します。 しかしこのケースは違反2回が前提のため、理想とは言えないのが本当のところです。 軽微な違反といえども3点の違反が2回で累積6点になれば免許停止処分になりますので注意が必要です。 軽微な違反2回目が次回更新の3年と41日以降の場合には、更新し有効期間が3年のブルー免許になった後の次回更新時にも「過去5年間」に満たず、点数がつく事故や違反がなくても更新時にはブルー免許になります。 ゴールド免許保有期間に違反してしまい、更新時にブルー免許になった場合には、違反した時から5年を超えた時点で新たな種類の運転免許を取得することでゴールド免許復活になります。 運転免許を取得してから最速でゴールド免許を取得する方法と同じ方法になります。 しかし、この時点で自動二輪免許や大型免許も取得済ならこの方法は使えません。 また、新たな免許を取得するためにはそれなりの費用もかかります。 ゴールド免許をもらえない変更は? ゴールド免許になる条件として、過去5年間に点数の付く事故や違反が無い条件を満たして免許の更新や、現在の運転免許で運転できない種類の免許を取得することでゴールド免許の取得ができます。 新しく住所が変わって住所変更を行った、結婚して苗字が変わったなどの記載事項変更ではゴールド免許は交付されません。 免許証の裏に新しい住所等変更された内容が記載されるのみです。 また、特別な理由がなく免許証の有効期限が過ぎ失効させた場合にはゴールド免許はなくなります。 ただし、 6か月以内の場合はゴールド免許は引き継がれ、病気やケガ、海外への長期出張により運転免許の更新が出来ない場合も引き継がれる場合もありますので、管轄の警察署や運転免許センターに相談することをおすすめします。

次の

ゴールド免許

ゴールド 免許 に なるには

軽微な違反は点数ノーカウントに。 3ヶ月リセット特例 2年以上無事故・無違反の方が、3点以下の違反をした場合でも、その後、3ヶ月以上無事故・無違反が続いたときには、違反時についた違反点数がリセットできるのが3ヶ月リセット特例です。 3ヶ月リセット特例は違反点数の累積点が多くならないように配慮された制度で、犯した違反点数がつくような事故や違反が消えるものではありません。 3ヶ月リセット特例が適用になったとしても、次回更新時にゴールド免許での更新はできません。 adobe. com ゴールド免許保持者が違反した場合の剥奪の条件は、違反点数がつく事故や違反を犯した場合です。 あくまでも、運転免許証の更新申請前の5年間に無事故・無違反であることがゴールド免許の条件です。 ブルー免許に戻ってから再びゴールドになるまでは人によって条件が異なる ゴールド免許からブルー免許に戻っても、免許証の更新申請前の5年間が無事故・無違反であれば、5年間のブルー免許を経て再びゴールド免許を取得できます。 一方、事故や違反を繰り返してしまった場合には、同じブルー免許でも違反運転者になり、運転免許証の有効期間が3年になってしまいます。 ブルー免許になってから無事故・無違反であったとしても、最低6年後の免許更新時にようやくゴールド免許に復活できます。 ゴールド免許になったら享受できる特典、メリット ゴールド免許になった場合に享受できる特典やメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。 5年も無事故・無違反を継続しゴールド免許になった優良ドライバーには、さまざまな特典やメリットがあります。 ここからは、ゴールド免許になったら享受できる特典やメリットを説明します。 運転免許更新が早くなる。 安くなる ゴールド免許になったら享受できる特典、メリットの1つ目は、運転免許更新時の講習時間が短いため早くなることと、講習費用が安くなることです。 具体的には、通常のブルー免許の方が受ける一般運転者講習が1時間なのに対し、ゴールド免許の方の優良運転者講習は30分と半分の時間で終了します。 また、講習費用も一般運転者講習受講者の手数料が3,300円なのに対し、優良運転者講習受講者の手数料は3,000円と安価で済みます。 自動車保険(任意保険)の保険料が安くなる ゴールド免許になったら享受できる特典、メリットの2つ目は、自動車保険のうちの任意保険の保険料が安くなることです。 5年間無事故・無違反のため、保険会社としては、事故を起こす可能性が低い人であるという判断ができます。 そこで、各保険会社では、ゴールド免許の方の任意保険料を割引する、ゴールド免許割引が適用になります。 ガソリンが安くなる ゴールド免許になったら享受できる特典、メリットの3つ目は、ガソリンが安くなることです。 必ずしもゴールド免許取得が条件ではありませんが、1年以上無事故無違反であれば後述するSDカードを取得できます。 SDカードを提示することで、店舗会員価格でガソリン購入が可能になったり、カーピット作業や車検が割引になったりといった恩恵が受けられる場合があります。 免許証の有効期間が長くなる ゴールド免許になったら享受できる特典、メリットの4つ目は、免許証の有効期間が長くなることです。 ゴールド免許であれば有効期間は一律5年間になります。 ブルー免許でも、5年の間で違反点数が3点以下の違反が1回のみの方は有効期間が5年になりますが、5年の間に違反点数が4点以上の違反を起こしたり複数回違反が重なったりした方は、免許証の有効期間が3年になります。 旅行代金、宿泊施設が安くなる ゴールド免許取得の5つ目のメリットとして、旅行代金や宿泊代金が安くなることが挙げられます。 ゴールド免許の提示で料金プランが割り引かれるなどのサービスを提供している施設もあるので、積極的に利用したいところです。

次の