かまどや 弁当。 かまどのうた

【2020年6月最新版】人気の弁当チェーンのキャッシュレス対応状況(ほっともっと,オリジン弁当,ほっかほっか亭,本家かまどや,日本亭)

かまどや 弁当

急速にキャッシュレスが進む日本。 クレジットカード、電子マネーに続き、QRコード決済サービスも次々登場して、お財布・現金を持ち歩かなくても困らない世の中になりつつあります。 でもお店によってはまだ「現金オンリー」とか「QRなんて無理」というところも・・・。 身軽に出かけても大丈夫かどうか、現金が必要かどうか、行く前にあらかじめ確認しておいた方がいいですね。 人気のお弁当チェーン(ほっともっと,オリジン弁当,ほっかほっか亭,本家かまどや,日本亭)のキャッシュレス事情(クレジットカード・電子マネー・スマホ/QR決済)について調べてみました。 あなたのお近くのお店はどうでしょうか。 【2020年6月最新版】 もくじ• ほっともっと 全国に2700店舗以上ある「ほっともっと」。 お弁当チェーンでは業界1位の規模。 ほっともっとのキャッシュレス状況は次のようになっています。 クレジットカード ほぼ使えません。 ネット注文「Netto Motto」では利用できます。 電子マネー 一部の店舗で交通系電子マネーや楽天Edyが使えます。 公式サイトでは条件を絞っての検索はできません。 QR決済 スマホ決済 電子マネーが使える店舗ではApple Pay(Suica)とGoogle Pay(Suica,楽天Edy)が利用できます。 公式サイトでは条件を絞っての検索はできません。 クレジットカードも電子マネーも、使えるのは一部の店舗だけです。 ネットでの予約注文「Netto Motto」を利用してクレジット払いをするのが一番一般的なキャッシュレス手段です。 なお、ほっともっと独自のサービス「My Hotto Motto」を使うことにより、独自のHM電子マネーを利用できます。 ほっともっとについては、以下の記事でも紹介しています。 惣菜の量り売りが特徴です。 オリジン弁当のキャッシュレス状況は次のようになっています。 クレジットカード イオン・マックスバリュー内の店舗、キッチンオリジンでは使えます。 公式サイトで条件を絞って検索できます。 電子マネー WAONが使えます。 店舗によっては交通系電子マネー(Suica・PASMO)が使えます。 公式サイトで条件を絞って検索できます。 QR決済 スマホ決済 イオン・マックスバリュー・ダイエー・カスミ以外の店舗ではPayPayが使えます。 Suicaが使える店舗ではApple Pay(Suica)とGoogle Pay(Suica)が利用できます。 公式サイトで条件を絞って検索できます。 イオン系列なのでWAONの導入は済んでいます。 電子マネー・PayPayは一部導入されているので、今後本格的なキャッシュレス化が期待できます。 ほっかほっか亭のキャッシュレス状況は次のようになっています。 クレジットカード 店舗によって利用できます。 電子マネー 店舗によって交通系電子マネー(Suica・PASMO・Kitaca・tolca・manaca・ICOCA・SUGOCA・nimoca・はやかけん) , nanaco ,楽天E dy ,WAON,iD,QUICPayが使えます。 QR決済 スマホ決済 電子マネーが使える店舗では、Apple Pay(Suica,iD,QUICPay)とGoogle Pay(Suica,nanaco,楽天Edy, WAON,iD,QUICPay)が利用できます。 店舗によって、PayPay、メルペイ、LINE Pay、au PAY、楽天ペイ、d払い、Origami Pay、AlipayとWeChat Payも利用できます。 ほっかほっか亭はQRコード決済の導入が進んで、キャッシュレス化が完璧になりつつあります。 昭和53年に1号店をオープンしており、日本のほか弁チェーンの先駆け的存在です。 クレジットカード 利用できません。 電子マネー 利用できません。 QR決済 スマホ決済 一部店舗でPayPayが利用できます。 日本亭のキャッシュレス化は遅れていましたが、近年はQR決済導入の動きもあります。 外食産業チェーンは今後、キャッシュレス化を余儀なくされていくことが考えられます。 海外からの観光客にも人気の弁当チェーンはキャッシュレス化が期待される分野です。 なお、どの店舗も公式サイトに記載されていなくても電子マネーに対応している場合があります。 電子マネーの公式サイトでは店舗名で検索できますから、事前に確認してみることをおすすめします。

次の

【2020年6月最新版】人気の弁当チェーンのキャッシュレス対応状況(ほっともっと,オリジン弁当,ほっかほっか亭,本家かまどや,日本亭)

かまどや 弁当

急速にキャッシュレスが進む日本。 クレジットカード、電子マネーに続き、QRコード決済サービスも次々登場して、お財布・現金を持ち歩かなくても困らない世の中になりつつあります。 でもお店によってはまだ「現金オンリー」とか「QRなんて無理」というところも・・・。 身軽に出かけても大丈夫かどうか、現金が必要かどうか、行く前にあらかじめ確認しておいた方がいいですね。 人気のお弁当チェーン(ほっともっと,オリジン弁当,ほっかほっか亭,本家かまどや,日本亭)のキャッシュレス事情(クレジットカード・電子マネー・スマホ/QR決済)について調べてみました。 あなたのお近くのお店はどうでしょうか。 【2020年6月最新版】 もくじ• ほっともっと 全国に2700店舗以上ある「ほっともっと」。 お弁当チェーンでは業界1位の規模。 ほっともっとのキャッシュレス状況は次のようになっています。 クレジットカード ほぼ使えません。 ネット注文「Netto Motto」では利用できます。 電子マネー 一部の店舗で交通系電子マネーや楽天Edyが使えます。 公式サイトでは条件を絞っての検索はできません。 QR決済 スマホ決済 電子マネーが使える店舗ではApple Pay(Suica)とGoogle Pay(Suica,楽天Edy)が利用できます。 公式サイトでは条件を絞っての検索はできません。 クレジットカードも電子マネーも、使えるのは一部の店舗だけです。 ネットでの予約注文「Netto Motto」を利用してクレジット払いをするのが一番一般的なキャッシュレス手段です。 なお、ほっともっと独自のサービス「My Hotto Motto」を使うことにより、独自のHM電子マネーを利用できます。 ほっともっとについては、以下の記事でも紹介しています。 惣菜の量り売りが特徴です。 オリジン弁当のキャッシュレス状況は次のようになっています。 クレジットカード イオン・マックスバリュー内の店舗、キッチンオリジンでは使えます。 公式サイトで条件を絞って検索できます。 電子マネー WAONが使えます。 店舗によっては交通系電子マネー(Suica・PASMO)が使えます。 公式サイトで条件を絞って検索できます。 QR決済 スマホ決済 イオン・マックスバリュー・ダイエー・カスミ以外の店舗ではPayPayが使えます。 Suicaが使える店舗ではApple Pay(Suica)とGoogle Pay(Suica)が利用できます。 公式サイトで条件を絞って検索できます。 イオン系列なのでWAONの導入は済んでいます。 電子マネー・PayPayは一部導入されているので、今後本格的なキャッシュレス化が期待できます。 ほっかほっか亭のキャッシュレス状況は次のようになっています。 クレジットカード 店舗によって利用できます。 電子マネー 店舗によって交通系電子マネー(Suica・PASMO・Kitaca・tolca・manaca・ICOCA・SUGOCA・nimoca・はやかけん) , nanaco ,楽天E dy ,WAON,iD,QUICPayが使えます。 QR決済 スマホ決済 電子マネーが使える店舗では、Apple Pay(Suica,iD,QUICPay)とGoogle Pay(Suica,nanaco,楽天Edy, WAON,iD,QUICPay)が利用できます。 店舗によって、PayPay、メルペイ、LINE Pay、au PAY、楽天ペイ、d払い、Origami Pay、AlipayとWeChat Payも利用できます。 ほっかほっか亭はQRコード決済の導入が進んで、キャッシュレス化が完璧になりつつあります。 昭和53年に1号店をオープンしており、日本のほか弁チェーンの先駆け的存在です。 クレジットカード 利用できません。 電子マネー 利用できません。 QR決済 スマホ決済 一部店舗でPayPayが利用できます。 日本亭のキャッシュレス化は遅れていましたが、近年はQR決済導入の動きもあります。 外食産業チェーンは今後、キャッシュレス化を余儀なくされていくことが考えられます。 海外からの観光客にも人気の弁当チェーンはキャッシュレス化が期待される分野です。 なお、どの店舗も公式サイトに記載されていなくても電子マネーに対応している場合があります。 電子マネーの公式サイトでは店舗名で検索できますから、事前に確認してみることをおすすめします。

次の

本家かまどや

かまどや 弁当

急速にキャッシュレスが進む日本。 クレジットカード、電子マネーに続き、QRコード決済サービスも次々登場して、お財布・現金を持ち歩かなくても困らない世の中になりつつあります。 でもお店によってはまだ「現金オンリー」とか「QRなんて無理」というところも・・・。 身軽に出かけても大丈夫かどうか、現金が必要かどうか、行く前にあらかじめ確認しておいた方がいいですね。 人気のお弁当チェーン(ほっともっと,オリジン弁当,ほっかほっか亭,本家かまどや,日本亭)のキャッシュレス事情(クレジットカード・電子マネー・スマホ/QR決済)について調べてみました。 あなたのお近くのお店はどうでしょうか。 【2020年6月最新版】 もくじ• ほっともっと 全国に2700店舗以上ある「ほっともっと」。 お弁当チェーンでは業界1位の規模。 ほっともっとのキャッシュレス状況は次のようになっています。 クレジットカード ほぼ使えません。 ネット注文「Netto Motto」では利用できます。 電子マネー 一部の店舗で交通系電子マネーや楽天Edyが使えます。 公式サイトでは条件を絞っての検索はできません。 QR決済 スマホ決済 電子マネーが使える店舗ではApple Pay(Suica)とGoogle Pay(Suica,楽天Edy)が利用できます。 公式サイトでは条件を絞っての検索はできません。 クレジットカードも電子マネーも、使えるのは一部の店舗だけです。 ネットでの予約注文「Netto Motto」を利用してクレジット払いをするのが一番一般的なキャッシュレス手段です。 なお、ほっともっと独自のサービス「My Hotto Motto」を使うことにより、独自のHM電子マネーを利用できます。 ほっともっとについては、以下の記事でも紹介しています。 惣菜の量り売りが特徴です。 オリジン弁当のキャッシュレス状況は次のようになっています。 クレジットカード イオン・マックスバリュー内の店舗、キッチンオリジンでは使えます。 公式サイトで条件を絞って検索できます。 電子マネー WAONが使えます。 店舗によっては交通系電子マネー(Suica・PASMO)が使えます。 公式サイトで条件を絞って検索できます。 QR決済 スマホ決済 イオン・マックスバリュー・ダイエー・カスミ以外の店舗ではPayPayが使えます。 Suicaが使える店舗ではApple Pay(Suica)とGoogle Pay(Suica)が利用できます。 公式サイトで条件を絞って検索できます。 イオン系列なのでWAONの導入は済んでいます。 電子マネー・PayPayは一部導入されているので、今後本格的なキャッシュレス化が期待できます。 ほっかほっか亭のキャッシュレス状況は次のようになっています。 クレジットカード 店舗によって利用できます。 電子マネー 店舗によって交通系電子マネー(Suica・PASMO・Kitaca・tolca・manaca・ICOCA・SUGOCA・nimoca・はやかけん) , nanaco ,楽天E dy ,WAON,iD,QUICPayが使えます。 QR決済 スマホ決済 電子マネーが使える店舗では、Apple Pay(Suica,iD,QUICPay)とGoogle Pay(Suica,nanaco,楽天Edy, WAON,iD,QUICPay)が利用できます。 店舗によって、PayPay、メルペイ、LINE Pay、au PAY、楽天ペイ、d払い、Origami Pay、AlipayとWeChat Payも利用できます。 ほっかほっか亭はQRコード決済の導入が進んで、キャッシュレス化が完璧になりつつあります。 昭和53年に1号店をオープンしており、日本のほか弁チェーンの先駆け的存在です。 クレジットカード 利用できません。 電子マネー 利用できません。 QR決済 スマホ決済 一部店舗でPayPayが利用できます。 日本亭のキャッシュレス化は遅れていましたが、近年はQR決済導入の動きもあります。 外食産業チェーンは今後、キャッシュレス化を余儀なくされていくことが考えられます。 海外からの観光客にも人気の弁当チェーンはキャッシュレス化が期待される分野です。 なお、どの店舗も公式サイトに記載されていなくても電子マネーに対応している場合があります。 電子マネーの公式サイトでは店舗名で検索できますから、事前に確認してみることをおすすめします。

次の