プラトニック 恋愛。 既婚者同士の両思い!プラトニックな大人の恋愛関係を保つコツは?

既婚者同士の両思い!プラトニックな大人の恋愛関係を保つコツは?

プラトニック 恋愛

年齢と共に恋愛の形も変わってくると言いますが、肉体関係を持たずに精神的な愛情を互いに抱く「プラトニックな恋愛」 プラトニックラブ って成立するのでしょうか? 肉体関係がなければ、パートナーがいてもそういう対象がいても問題ないもの? そもそも恋愛や浮気の定義とは!? 気になる男性のホンネをずばり聞いてみました! 実施期間:2012年10月10日~10月30日 有効回答数:78人 「イザ!」にてWebアンケート Q1. パートナー以外で、二人きりで会う異性の友達がいる?いたことがある? パートナーがいても二人きりで会う異性がいる割合は約70%。 そのうちの半数以上は既婚者でした!あなたのパートナーにも、もしかして!? 二人きりで会う異性がいる場合、パートナーに伝えた方が良いと思う? 中でも二人きりで会う異性がいる人で、パートナーに伝えないという人は75%!理由のほとんどは、誤解を招く、余計な心配をさせる、というものでしたが、その内心はいろいろのようです…。 ちなみに、女性にも同様のアンケートを取った結果、二人きりで会う男性がいる割合は約50%。 また、パートナーに伝えるという人も約50%。 「夫婦間の信頼関係として伝える」「パートナーに伝えるのは常識」あるいは、逆の見方で「伝えないのは裏切り」というような声が目に付きました。 <二人で会う異性がいたらパートナーに言う> ・隠す関係ではないと安心してもらうため(ていすと/40歳既婚) ・ちゃんと伝えることがパートナーに誠意が伝わる(hirokn/28歳独身) <二人で会う異性がいてもパートナーに言わない> ・トラブルの元。 女性は感情の起伏が激しいので、やましくなくても言わない(RAZIN/35歳独身) ・男性の友人と差異はないから(横浜のパン屋/52歳既婚) ・修羅場が予想される(イルカいるか/52歳既婚) ・ばれない限り、しらをきりとおす(サウスダコタ/34歳独身) ・あぶない。 命がいくつあっても足りないから(スナフキン/29歳既婚) Q3. 今までにパートナー以外に恋愛感情を抱いたことはある? 「はい」と答えた人は約70%。 ちなみに、「はい」と答えた人の87%が、パートナー以外に二人きりで会う異性がいる人でした・・・気になる結果ですね。 女性の場合はパートナー以外の恋愛対象に、アイドルや韓流スター、「電車で見かけた素敵な人」など、片思いの恋愛感情を抱いている人も多かったです。 また、「恋愛感情を抱く=ときめく、憧れる、ワクワクする」という、男性の意見からはあまり見られない言葉で表現する人も多かったです。 プラトニックな恋愛(肉体関係ナシ)はあると思う? 「ありえない」方が多いですが、割合的にはそれほど大きな差ではありませんでした。 ただ、なぜ「ありえる」かを具体的に答えた人は少なかったです。 もしかしたら理想論なのかも。 <ありえる> ・二人の考えが大人であればありうると思います(take/40歳独身) ・お互いに家庭を大事にしている場合(はき/43歳既婚) ・それをしないだけ、でもお互いWelcome的な感じカナ!? (かーくん/46歳既婚) <ありえない> ・最初は、そのつもりでも感情が高まると肉体関係に発展するから(ていすと/40歳既婚) ・SEXがないと女性側も愛されてないと不安に感じるのでは?(シュレンティガー/44歳既婚) ・何回かSEXしたあと、あきて、プラトニックになることはあるかもしれない。 完全なプラトニックはない(ビッグイニング/32歳独身) 一方、女性の場合、「ありえる」が64%、「ありえない」が36%でしたが、先にも触れたようにプラトニックな恋愛対象にアイドルやスターが入っている人も多いようです。 パートナー以外とのプラトニックな恋愛は浮気? 「肉体関係がなければ浮気ではない!」という人の約75%にパートナー以外で二人きりで会う異性の友達がいました。 浮気のラインは肉体関係と考える人は多いようです。 しかし、「肉体関係がなくても浮気だ!」という人の半数にパートナー以外で二人きりで会う異性の友達がいました。 行動と矛盾する感情…。 <肉体関係がなければOK> ・デートしてもHしなければ友達扱いで浮気にはならない。 女性側もそう思っているのでは?(トモホーク/30歳独身) ・SEXしなければ浮気とはいわない(こんばとらー/40歳既婚) <肉体関係がなくてもNG> ・自分の彼女が他で会ってたら、肉体関係がなくても浮気だと思う(おー書等/35歳既婚) ・恋愛感情がある時点で、浮気だと思います(やっさん2009/47歳既婚) 女性の場合は、「肉体関係がなければ浮気ではない」39%、「肉体関係がなくても浮気だ」50%、「そもそも肉体関係のない恋愛はありえない」11%という結果。 「気持ちの浮気が一番の浮気」「プラトニックな関係の方が肉体関係がある浮気より腹が立つ」「心の繋がりの方が問題」など、気持ちの移ろいに重きを置いて考える人が多いようです。 なかには「自分はいいが、彼女はだめ(とんとろ/35歳既婚)」なんて身勝手な声も…。 あなたは男性のホンネ、理解できましたか? 「イザ!」とは 産経デジタル社が運営している新感覚のニュースサイト。 ニュース記事に加え、ユーザーや現役記者が書くブログ、ユーザーがブックマークしたサイト、といった異なる種類の情報を連携させて提供する「今をもっと知る」ことができるサイトです。

次の

「プラトニックラブ」がもたらすカップルにとって良い効果とは?

プラトニック 恋愛

精神面で繋がる恋愛 カップル同士だけれど、肉体関係を持たずに恋愛するプラトニックラブ。 プラトニックラブとは肉体的な欲求とは別に、精神面で恋愛をするということです。 昔、結婚するまでは男女は純潔を保つ精神的な愛のつながりを理想と考えられており、この言葉が生まれました。 しかし、冒頭でも述べたように、現在では死語に近い言葉になっています。 肉体的な関係が一切なしで、心と心で結び付く恋愛は本当の愛がなければ続くことができません。 本当に愛し合っているからこそ、プラトニックラブの恋愛スタイルが成り立つというわけ。 外見的な魅力でなく、精神的に惹かれる相手との関係を大切にすべきだという考えです。 プラトニックラブはプラトンの言葉がもと プラトニックラブという言葉は、古代ギリシア時代の哲学者プラトンが残した言葉がもとであると言われています。 プラトンは「 恋愛は肉体的な欲求より、精神的な結合を大切にする方が大切である」という言葉を残しました。 その言葉の意味から、プラトニックラブが広く使われるようになったんです。 また、プラトニックラブとは異性同士ではなく同性同士の関係のことを指していました。 プラトンは「饗宴」のなかで「魂よりも肉体のほうをより多く愛するような愛人は卑俗だ」とあります。 この愛人とは同性のことで、プラトンは少年愛について語っています。 このようにプラトニックラブは、時代とともに元の意味とは変化した言葉でもあります。 プラトニックラブの効果 プラトニックラブには様々なメリットが考えられます。 精神的なつながりを重要視する恋愛にはどんな効果があるのか、早速見ていきましょう。 精神面で繋がれる プラトニックラブの関係は、好きな人と精神的で繋がれる効果があります。 精神面で繋がれるということは、安心感を得られること。 肉体関係を持たずに精神面で恋愛をするカップルは、お互いに対する思いやりを大切にします。 普段の言動から相手の信頼を得ようとするので、絆が深まります。 肉体関係だけに頼ってしまうと、信頼関係が築けないこともありますもんね。 納得するまで話し合える 精神的に結ばれており、信頼関係でかたく結ばれているプラトニックラブのカップル。 しかし違う環境で育った者同士、意見が食い違って喧嘩になってしまうこともあるでしょう。 身体の関係に頼ってしまうカップルは、気持ちがモヤモヤしたままうやむやになってしまいます。 喧嘩は悪いものではなく、お互いの意見の違いを知ることでより仲を深めるきっかけ。 しかし、なあなあで終わらせてしまっては二人の関係に変化はないでしょう。 プラトニックラブのカップルはお互いに納得するまで話し合いをすることができます。 喧嘩がきっかけで、さらに精神的な繋がりがかたくなるということも! お互いに努力をする 肉体関係がない分、お互いに努力をして魅力を磨き合うのも特徴の一つです。 身体の関係を持つことで相手に魅力を感じることがありますが、プラトニックラブのカップルはそういったことがありません。 そのため、 内面や外見の魅力を磨くことをしてアピール上手になっていきます。 努力をする姿も魅力的で、お互いに素敵だなと思いあえるカップルになっていけるでしょう。 相手の本気度が確かめられる 人間には三大欲求があります。 食欲、睡眠欲、そして性欲です。 特に男性にとって、性欲は抑えるのが難しい欲求。 プラトニックラブのカップルは、体の関係に頼らずに信頼関係を築いていきます。 それはつまり、大切な相手のためなら何事も我慢できるということ。 相手が自分のことを、本当に好きでいてくれると確かめることにもなるんです! 夜の関係のストレスがない プラトニックラブだからこそ、肉体関係の悩みやストレスがありません。 世の中のカップルは、夜の関係に悩みやストレスを抱えているケースが多いんです。 また、夜の関係に関する悩みは人に相談しにくいものでもありますよね。 相手との肉体関係に悩みを抱いたとしても、自分一人で抱え込むしかありません。 女性の中には肉体関係にトラウマがあったり、苦手意識を抱いている人います。 そういった方たちにとっては、パートナーの欲求に応えることが負担である可能性も。 肉体関係がないプラトニックラブのカップルは、夜の関係で相手と衝突してしまうことはありません。 おわりに いかがでしたでしょうか。 今回はプラトニックラブについて詳しく見ていきました。 以前は、結婚前は純潔を守って付き合いをするカップルスタイルに対して「プラトニックラブ」という言葉を使っていました。 現在、プラトニックラブという言葉を使う人はあまりいませんが、プラトニックラブの関係から学ぶことも多く、プラトニックラブの関係を選択する若者もいます。 恋人の数だけ、恋愛のスタイルは様々。 夜の関係で悩みを持っている、苦手意識があって辛いと感じる方は、プラトニックラブの関係を築ける相手を探すのも選択肢の一つかも!.

次の

既婚者同士の両思い!プラトニックな大人の恋愛関係を保つコツは?

プラトニック 恋愛

プラトニックとは? 「結婚するまでは、肉体関係を持たない。 精神的な愛を理想にする」という考えが強かったようです。 そもそも「プラトニック」とは、「プラトン的な」などの意味があるようで、古代ギリシャの哲学者であるプラトンの名前が由来です。 また、起源はプラトンが同性愛を示した言葉であったようですが、現代に近づくにつれ同性愛から男女愛にすり替わっていったようです。 それが、「プラトニック」の言語の由来です。 プラトニックな恋愛に惹かれる女性とは? 先ほど説明しました、「プラトニック」な恋愛について魅力を感じている女性もいるようです。 基本的に結婚をするまで肉体関係を持たない、精神的なつながりを求める傾向が強いと言えるでしょう。 現在、ほとんどの女性や男性が結婚前までに肉体関係を持つことが当たり前になっていますが、一方で肉体関係を持たないことを理想としている女性も少なからずいます。 その背景には、「肉体関係を持てば、それで終わってしまう男女の恋愛関係」や、「肉体の相性は良いが、精神的なつながりが薄い」など、現代の問題に直面しているところもあるようです。 プラトニックな恋愛の難しさ 大好きな彼氏や婚約者と精神的につながっていたいと思う気持ちは、誰だって強いです。 その理由は、「ずっと信用して付き合ってきたのに、同時進行で浮気をされていた!」「結婚が決まった途端、彼氏の様子がおかしくなった・・」など、様々な恋愛間での不安が影響しています。 そういったことからも、精神的なつながりを大切にしたい女性に対して、男性の考えはそれほど精神的なつながりを重視する傾向はありません。 男性は、「彼女と一緒にいて居心地がいいのか?」「自分と性格が合っているのか?」などを重視します。 それに対して、女性の方は居心地や性格の一致も大切な要素ではあるのですが、やはり「精神的につながっていたい!」と求め、そこに溝が生まれます。 これがプラトニックな恋愛を難しくしている原因です。 では、なぜプラトニックな恋愛を通そうとするのか? 女性は男性よりも、結婚を失敗したくないという思いが強いです。 そのため、肉体的なつながりより精神的なつながりの方が大切と考えます。 お互いが精神的に強くつながっていれば、夫婦にどのような問題や障害が降りかかってきたとしても乗り越えられます。 仲の良い夫婦は、年齢を重ねてもいつまでも仲がいいですよね。 それは、お互いを信頼し、精神的なつながりや絆も深いからでしょう。 このような未来を描くからこそ、プラトニックな恋愛(精神的繋がり)を重視します。 このよなタイプの女性は、経済力などの現実的な問題を軽視する傾向があるのも特徴です。 それがダメだとも思いませんし、人にはそれぞれ違った考えがあることは当たり前だと思います。 ただ、自分を大切にしている女性は、幸せな人生を歩む傾向があるのも事実です。 また、肉体関係やその相性を重視する女性がいることも確かです。 人により満たされる部分も違うので、精神的に満たされたいと思う女性がいる一方で、金銭的なことや、男性の容姿など人により重視するポイントも違います。 もちろん、誰でも結婚すればいつまでも夫婦仲良く過ごしたい気持ちは変わらないわけで・・。 しかし、どんなことを差し置いても精神的なつながりには勝てないのではないのでしょか? もし、いくら旦那様があなたのためにお金を稼いできてくれたとしても、そこに愛がなければ気持ちが満たされることはないでしょう。 また、容姿を重視するあまり、女にだらしない男性を捕まえてしまっては元も子もありません。 年を取れば昔のような男前の容姿は姿形も無くなるらけですし・・。 しかし、精神的なつながりがしっかりしていれば、様々な問題も一緒に乗り越えていけるということです。 彼女は付き合うことを承諾してくれたのです。 ではプラトニックな関係を続けた男性の体験談をご紹介。

次の