アンドロメダ学園 超特訓を受ける。 アンドロメダ学園高校の野手おすすめデッキは??経験点大量獲得のコツ。アプリモ

【パワプロアプリ】アンドロメダ学園「至高の一塁手」デッキ

アンドロメダ学園 超特訓を受ける

アンドロメダ学園固有の特殊コマンド「超特訓」について。 8月1週に開始。 実行後、3週間のブランクの後、週開始時に発生判定が入る。 つまり、最大でも月1回ということ。 基本練習を行うと、その能力が4〜10増加(球速はその半分?)する。 失敗することもある。 失敗した場合は体力down、やる気down。 その能力が低いほど成功しやすい。 特殊能力の訓練はランダムで本が5冊現れ、そのうちの1つを選択する。 失敗することもある。 失敗した場合は体力down。 選択した本によって特殊能力が取得できる。 青、緑の本はプラスの効果、赤はマイナスの効果。 「なんかスッキリ本」を選択すると体力up、やる気up。 基本練習より成功率は低め。 ランダムで大西が来て効果が上がったり、必ず成功する場合などがあるが、事前に分かるものではない。 Related Page s•

次の

アンドロメダ学園

アンドロメダ学園 超特訓を受ける

種類 効果 各経験点系セル (基礎ボーナスセル) 対応する経験点がアップ 各経験点系ブースターセル 対応する各種経験点系セルの効果がアップ コピーセル そのイベキャラのコピーを生成 コピーと練習すると本人の評価がアップ 練習場所系セル 対応する練習場所が増え、効果もアップ 変更されるのは、対応する練習の右隣 やる気セル VR練習開始時にやる気がアップ 練習後回復セル 練習後に体力が回復 タッグボーナスセル スペシャルタッグボーナスがアップ ブルーセル 練習後に特殊能力のコツを獲得 ゴールドセル 監督が所持。 超特訓の練習後に超特殊能力のコツを獲得 破損データセル 押し出されたときにオーバーフローゲージが大きくアップ データセルの割り当ては以下のルールで行われる。 持続ターンは発動時のデータセルの数で変わる。 4~5個で2ターン、6~7個で3ターン、8個で4ターン。 VR空間では空間に対応したボーナスと所持しているデータセルの効果が得られる。 生成される空間は、回収しているデータセルの種類が最も多いものになる。 最多のものが複数ある場合はプレートの左に配置されているものが優先される。 全てが同数の場合、カオス空間となる。 基本的に空間で強化される基礎ボーナスと同じ種類の基礎・ブースターセルが対応している。 空間の種類とセルの対応は以下の通り。 空間 特に強化されるボーナス 対応するセル 雪山 筋力 筋力系基礎・ブースターセル ジャングル 敏捷 敏捷系基礎・ブースターセル 月面 技術 技術系基礎・ブースターセル 荒野 精神 精神系基礎・ブースターセル カオス やる気効果アップ なし 対応なし 上記以外のセル VR空間で練習するとオーバーフローゲージが上昇する。 上昇量は人数が多いほどアップ。 超特訓と超特殊能力のコツ VR練習でのみ、オーバーフローゲージを消費して発動可能。 発動すると その週のみ練習効果が大幅にアップするが、VR空間の残りターンが半減する。 各セクションでゴールドセルを含んだVR空間を生成して超特訓を発動すると超特殊能力のコツを獲得できる。 セクション4はシナリオ所属キャラがデッキに入っている場合のみゴールドセルが獲得可能。

次の

【パワプロアプリ】アンドロメダ学園の攻略とイベント一覧【パワプロ】

アンドロメダ学園 超特訓を受ける

種類 効果 各経験点系セル (基礎ボーナスセル) 対応する経験点がアップ 各経験点系ブースターセル 対応する各種経験点系セルの効果がアップ コピーセル そのイベキャラのコピーを生成 コピーと練習すると本人の評価がアップ 練習場所系セル 対応する練習場所が増え、効果もアップ 変更されるのは、対応する練習の右隣 やる気セル VR練習開始時にやる気がアップ 練習後回復セル 練習後に体力が回復 タッグボーナスセル スペシャルタッグボーナスがアップ ブルーセル 練習後に特殊能力のコツを獲得 ゴールドセル 監督が所持。 超特訓の練習後に超特殊能力のコツを獲得 破損データセル 押し出されたときにオーバーフローゲージが大きくアップ データセルの割り当ては以下のルールで行われる。 持続ターンは発動時のデータセルの数で変わる。 4~5個で2ターン、6~7個で3ターン、8個で4ターン。 VR空間では空間に対応したボーナスと所持しているデータセルの効果が得られる。 生成される空間は、回収しているデータセルの種類が最も多いものになる。 最多のものが複数ある場合はプレートの左に配置されているものが優先される。 全てが同数の場合、カオス空間となる。 基本的に空間で強化される基礎ボーナスと同じ種類の基礎・ブースターセルが対応している。 空間の種類とセルの対応は以下の通り。 空間 特に強化されるボーナス 対応するセル 雪山 筋力 筋力系基礎・ブースターセル ジャングル 敏捷 敏捷系基礎・ブースターセル 月面 技術 技術系基礎・ブースターセル 荒野 精神 精神系基礎・ブースターセル カオス やる気効果アップ なし 対応なし 上記以外のセル VR空間で練習するとオーバーフローゲージが上昇する。 上昇量は人数が多いほどアップ。 超特訓と超特殊能力のコツ VR練習でのみ、オーバーフローゲージを消費して発動可能。 発動すると その週のみ練習効果が大幅にアップするが、VR空間の残りターンが半減する。 各セクションでゴールドセルを含んだVR空間を生成して超特訓を発動すると超特殊能力のコツを獲得できる。 セクション4はシナリオ所属キャラがデッキに入っている場合のみゴールドセルが獲得可能。

次の