さえ ぼう。 【楽天市場】花のワンポイント支柱 新花ささえ(ジョイント付) 小・長 2本組×2セット:日用品卸問屋 火の鳥

さえぼうさんの『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』解説が凄かった(ネタバレあり)

さえ ぼう

について - Commentarius Saevus このはでですよ。 宇崎の絵やが、のを阻害するという。 1.宇崎でのないが発生する? 宇崎が、が怖らしないのではなとを煽っていが、 これはをするて、 は「これはやってけません」という例になるような状況はずです。 言って、このはしいと思い。 そして「宇崎」のをするようなのすれば 宇崎のは常に「ウザ絡みしてつかせて軽い成敗を受ける前振り」であって、 を意のままに操ってを遂げるような智謀ではありません。 (のがもし本編であれば、 「俺はと行ってるんだぞ」とを見せられ、「うわこんなにしてる。 いい人るんすか~?」と言い返して は鼻をつまるなどの軽いを受ける、というようなくだらないウザ絡みのやり取りが続く) 「高尚なに悪ふざけのようなを使うな」とか 「がわない人には単になので者が減るではな」とうならまだしも 「宇崎のによってを損なってしてう人が現れる」というは 性がけど限りなくなことを論う的です。 2.なきを本当にするなら そんなことでを損なってしてうアホが居るのだというなら 人気がで呼びかけるの方がまずくないですか? これなんか今を抜いてのといわれるほどの気のが呼びかけてよ。 のがを吐いてるなんかよりにまずくないですか? 何より、にわないよりまずいがありよね? 高いので呼びかけてるですよ。 、、栄倉奈々、、、、、、 若くて見目良くてあって高い人たちがになって呼び掛けてるわけです。 彼等のはそれを見たら頭がッとなって行っかもしれませんね。 これはを損なってると言わないんですか? 天下ののキメ顔の奪取力が、宇崎程度の三流の安いやのそれに負けるとでも? 本当にさえぼうさんがそれぐらい厳密でなで「の」をなさってるなら、 の高いののにも今回以上に抗議してないといんですよ。 ぐらいのずーっとの使ってを奪取し続けてるんですは。 たとえばはをやめて性やだけをしたの(の注意書きみたいな感じ)にすればは高。 そういうが正しいんだというは真面目にアリだと思いよ。 でもさえぼうさんはそういうことをこれまで言ってたの? 日頃そういうを展開してない、 、らのに高い奪取力は看過しておきながら その人たちにもも遠く及ばない3流の奪取力だけをするというのは にだけ別の持ってると疑われても仕方ないですね。 3.「どうしてなをできるのか、私には全く納得できません」 なお、これについて「このに反対することで量が減る、どうしてくれるんだ」ということを言ってきた人がたくさんいましたが、多少にもとづいてをした程度でどうして「量が減る」ことができるのか、私には全く納得できませんので、対案を出すなどは一切、感じません。 これは全く同感ですが、同じでさえぼうさんによる奪取をチェックするならば 多少人のにもとづいてをした程度でどうして「が減る」ことができるのか、私には全く納得できませんので、対案を出すなどは一切、感じません。 とならへんか。 人へのに対するチェックと同じ程度の厳しさを 人に発するにも持てないですか? それで笑っのがの主張のにに なお、私はこれについてのがにしないのでがあるという話をしており、これを見てやをかき立てられた人がねないとか、このをに使うべきでないとうような話は一切、していません。 全部にがあると思い。 こんなことだけ付け足してあるんですよね。 おいおいこれでの主張へのだけはしたつもりなのか。 まあの話なんことにしても、もチェック逃れられないため、追い込るは一緒だと思いが の主張にだけそんなせっこい逃げを打は、どうせ上にダサくなるだけの悪手ではないですか。 のはや確実性のするんだけど、 の主張だけはの話をしてるの、をされるのすら不当なんさ! こんな便利でらしいを真顔で張るという、私もか老化で脳が激減した暁にはやってみたいなあ。 余談 1. どうして私がにこだわっているのか 私が生た時、が輸血でになりました。 はしばらくし、その後 今それないしどうでもいいでしょ、そういうの。 的なの時にのな身の上話をにするはかアホだと思ってい。 余談2 でもさえぼうさんは他のんどの人よりずっとずうーーーーっとマシです。 「私はこれこれこういうでまずいと思う」ってきちんとしらね。 だこそ私もこうやってが出来てる。 火の始め、 「何がまずいのか」「は何か」明言を避けて逃げ回るばっかりでしらね。 なんで避けるのかというとこうやって受けるのが怖らです。 さえぼうさんはを逃げませんでした。 がです。 他のの仲間達やそのですらない尻馬達にはの爪の垢も勿体ない。 は「を阻害する」点をしているのではなく、「"に基づく"という前提があるのに、あのではだ」としているんだろうに。 そのさえぼうさんのについては文中に触れてるよく読んでください。 3目です。 「前提やに反するところをにしてるんだ、でのはないんだ」ってでも結局同じとこに戻ってくるでしょ。 なんでみたいにので呼びかけるのいの? なんでのようないの? さえぼうさんの宇崎と同じ水準の厳密さで問うなら当然駄目な筈だよね? 真っ先に飛び出てきた果敢さは偉いけど この程度の文量を読み通すことも出来ないために とっくに触れられてるところをで出してい一瞬で討ち死にってどうなんですか。 かえってさえぼうさんに掛けてよね。 「やっぱこんなのが持て囃してるのか」みたいに。

次の

突っ張り棒を支える突っ張り棒「強力ささえポール」で耐荷重を強化してみた!

さえ ぼう

概要 [ ] 和田竜の小説家デビュー作であり、第29回()を受賞した脚本『忍ぶの城』を、映画作品を前提としたとして自ら執筆したものである。 表紙イラストはが担当している。 にはの作画によりされた同名作品が、『』()にて連載された。 第139回(2008年上半期)ノミネート、の第6回第2位。 10月時点で累計発行部数70万部を突破している。 あらすじ [ ] 周囲を湖に囲まれ、浮城とも呼ばれる (おしじょう)。 領主・一門のは、領民から「でくのぼう」を略して「 のぼう様」と呼ばれ、親しまれる人物であった。 天下統一目前のは、関東最大の勢力のを攻略せんとしていた()。 豊臣側に抵抗するべく、は関東各地のの城主にに参加するよう通達した。 支城の一つであった忍城主のは、北条氏に従うように見せかけ、手勢の半数を引き連れて小田原籠城作戦に赴きつつも、裏では豊臣側への降伏を内通していた。 「・忍城を討ち、武功を立てよ」秀吉にそう命じられ、は大軍勢を率いて忍城に迫る。 として遣わされたは、成田氏が既に降伏を決めていることを知りながら、戦を仕掛けるためにあえて傲慢な振る舞いをし、まんまと策略にはまった総大将・長親は「戦」を選択した。 当主・氏長より降伏を知らされていた重臣たちは、初め混乱するが覚悟を決め、かくして忍城籠城戦は幕を開けた。 三成率いる2万超の軍勢に、らを含めても3千強の成田勢。 総大将たる長親は、将に求められる武勇も智謀も持たない、その名の通りでくのぼうのような男。 だがこの男にはただ一つ、他人に好かれる才能、特に異常なほどの民からの「人気」があった。 地の利と士気の高さから、緒戦は忍城側の圧勝であった。 三成は、近くを流れるを利用した水攻めを行うことを決定する。 総延長28キロメートルに及ぶを建設し、忍城と城下本丸を除いて水に沈む。 この水攻めに対する長親の策は、城を囲む湖に船を出して、敵兵の前でを披露することであった。 三成の指示でが田楽踊りを踊る長親を狙撃するが、長親は一命を取り留める。 その後、城に入らず場外で堤作りに雇われていた百姓らも長親が撃たれたことの怒りから石田堤を壊す者が現れ、ついには水攻めが失敗する。 水が引き、三成軍が総攻撃を行おうとする矢先、小田原城が落城したとの知らせが成田勢にももたらされ、忍城も開城する。 小田原城落城時までもちこたえた支城は忍城だけだった。 登場人物 [ ] 成田家 [ ] (なりた ながちか) 当主・氏長の。 農作業が好きで、よく領民の作業を手伝いたがるが、不器用なため、どちらかというと迷惑をかけている。 表情に乏しい背の高い大男で、のそのそと歩く。 当主の従兄弟であるのに、家臣はおろか百姓らからも、その姿から「でくのぼう」を略して「のぼう様」と呼ばれるが、本人は全く気にしていない。 本名で呼ぶのは、氏長や身内・重臣のみである。 運動は滅法苦手で、馬にさえ乗れない。 愚鈍な人物と思われているが、実は非常に誇り高く、民百姓とも分け隔てなく接することのできる度量の広い人物でもある。 このため百姓・足軽等、身分の低い者たちからは非常に慕われており、百姓達も長親のためならば命を賭けることさえ厭わない。 過去に氏長の娘である甲斐姫が起こした騒動を収めた事があるが、どうやったのかまでは語られていない。 (なりた やすすえ) 長親の父親。 氏長にとっては叔父。 長親が唯一頭が上がらない人物で、長親とは正反対の気質の持ち主。 不肖の息子・長親について不満を漏らしている。 過去に数度裏切った成田家を許してくれた北条家に恩義を感じており、小田原攻めに際しては、豊臣陣を迎え撃つべきだと強固に主張したが、急に体調を崩し、長親が開戦を決めた直後に死去した。 (なりた うじなが) 成田家の当主。 眉目秀麗で、挙措動作も涼やかだが、器量は人並みである。 当主として、それなりに政略や戦略の見識はあるが、それよりもをこよなく愛しているため、二番目の妻である珠からは「腑抜け」と密かに罵られている(もちろん、当人は知らない)。 小田原攻めに先立ち、勝機が無いと判断し、密かに豊臣側へ降伏の意志を伝えていた。 が、長親がこれに反する形で戦を始めてしまったため、豊臣と北条の双方から裏切り者と見なされてしまう。 (なりた やすたか) 氏長の弟。 氏長と共に小田原の籠城に参加。 (かいひめ) 氏長の娘。 18歳。 お転婆で幼い頃から城内を走り回って過ごした。 美人だが、見かけによらず武辺者であり、剣技だけでなく、薙刀や体術にも長けている。 過去に自身が起こした騒動を長親が収めて以来、長親に惚れているらしい。 戦後は秀吉のもとにいく。 珠(たま) 氏長の2番目の妻。 40近いが、いまだ美貌が衰えない。 甲斐姫とは血が繋がっていない。 伝説の武将・の娘で、自身も勝気な性格。 氏長を腑抜けでつまらない男だと思っており、猛々しい泰季との方がより気が合う。 長親に対しては、誇りを傷付けられた怒りから開戦を決めた事を知って見直し、「あの腑抜け(=氏長)の話など聞かずともよい」と長親の決断を後押しした。 (まさき たんばのかみ としひで) 「漆黒の魔人」の異名を持つ成田家一の。 長親とは幼なじみ。 幼い頃見た、の姿に触発され、武芸の鍛錬に勤しんだ。 長親に潜在的な将器があるのではと思っている。 (しばさき いずみのかみ あつとし) 成田家家老。 筋骨隆々とした巨漢。 20歳以上年の離れた妻との間に6人の子どもがいる。 丹波守の持つ朱槍を欲しており、少年期から常に丹波守と張り合っている。 (さかまき ゆきえ あきちか) 成田家家老。 22歳。 「隙あらば襲ってみろ」と丹波守にからかわれたことがあり、所構わず頻繁に実行している。 多数の兵法書を読み漁り、自称・の化身だが、実は今回が。 領民 [ ] 明嶺(みょうりょう) 城内にある清善寺の6代目。 齢80にして朝まで寝酒を飲む、というとんでもない酒豪。 敷地内のの実を盗もうとする者は、身分の上下にかかわらず半殺しにされる。 たへえ 下忍村の。 当初は戦を嫌って丹波の依頼を突っぱねるが、戦をすると決めたのが長親だと知るや、嬉々として籠城軍に加わる。 かぞう たへえの息子。 妻のちよを侍に手籠めにされて以来、武士を憎んでおり、戦には参加せず、豊臣側に情報を漏らし、城攻めにも加担するが、長親が狙撃されたことに激怒して、石田堤を決壊させる。 ちよ かぞうの妻。 昔、侍に手籠めにされた。 義父のたへえ、娘のちどりと共に忍城戦に参加する。 ちどり かぞうとちよの娘。 4歳になる。 豊臣側 [ ] (いしだ みつなり) 秀吉の側近。 秀吉からは今も初名で佐吉と呼ばれる。 理知に富むが、武運に恵まれず、他の家臣たちからは後方支援専門だと蔑まれている。 北条攻めに置いて秀吉から2万の軍を与えられ、忍城攻略軍の総大将に任命されるが、忍城が既に降伏を決めていることは知らされていなかった。 8年前に見た秀吉の備中高松城における水攻めに憧れを抱いており、事前から忍城を水攻めで落とそうと決めていた(史実としてはこれは全くのである。 詳細はの項を参照)。 (おおたに よしつぐ) 三成の盟友であり、秀吉からは紀之介と呼ばれる。 秀吉から密かに忍城降伏の件を聞かされていたため、戦に転じたことに驚愕する。 武将としての才に恵まれていたため、功を焦る三成や暗愚な正家を再三諫める一方、余りにも突飛な策で敵も味方も取り込んでしまう長親を将器ありと見抜いた。 (なつか まさいえ) の家臣。 算勘(計算)に優れている点を秀吉に買われ、借り受けられる。 秀吉の直臣になってから態度が高飛車になった。 弱者には高圧的に、強者には弱く応じる。 三成から忍城に対するに任ぜられるが、これは戦を望む三成が忍城の者達に対する心根を測るための策略として使われたに過ぎず、結果、降伏するはずの忍城が戦に転じる原因となった。 前述のように算術に優れ、三成に匹敵するほどの頭脳をもつ反面、兵や配下の将を無駄死にさせるほどに軍才が無い。 (とよとみ ひでよし) 時の。 天下統一の総仕上げとして大軍を率いて北条領に攻め入った。 普段から武将たちに陰口を叩かれている三成に武功を立てさせようと、既に降伏を伝えてきた忍城攻略軍の総大将に任命する。 山田帯刀(やまだ たてわき) 長束家役。 正家の軍才のなさには心底呆れている。 正木丹波守と対決するも首を落とされて討ち死にする。 貝塚隼人(かいづか はやと) 石田家馬廻役。 酒巻靱負と対決する。 映画版には登場しない。 前野与左衛門(まえの よざえもん) 大谷吉継の直臣。 柴崎和泉守と対決するがあっけなく倒される。 書誌情報 [ ]• 和田竜『のぼうの城』• 2007年11月28日発売、• 同文庫版〈〉• 上巻、2010年10月6日発売、• 下巻、2010年10月6日発売、• 同脚本完全版• 2012年9月11日発売、• 漫画版• 和田竜(原作)・(作画) 『のぼうの城』 小学館〈〉、全1巻• 4億円 との共同で、夏より製作開始、との配給で11月2日に公開された。 開局60周年記念作品。 主演は。 累計興行収入28. 4億円を記録するヒット作となり 、で多数の優秀賞を受賞するなどの評価を受けた。 キャスト [ ]• 正木丹波守利英:• 酒巻靭負:• 柴崎和泉守:• たへえ:• かぞう:• ちよ:• ちどり:• 山田帯刀:• すが:• 権平:• 雑賀の狙撃兵:• 服部大五郎:• 市原直右衛門:• 和尚:• ナレーション: 製作 [ ] 8月15日、クランクイン。 合戦シーンの撮影は、でロケが行われた。 主題歌の「」のPVも苫小牧市で撮影された。 が多用され、カット数は約350カット、は約50カットに及ぶ。 VFX制作にはを中心として、、、およびマットペイント担当のの5社が参加した。 当初は9月17日公開の予定だったが、「水攻め」のシーンがあることからによる被害に配慮し、2011年4月22日には公開を2012年秋に延期することが発表され 、さらに同年5月9日には正式な公開日が2012年11月2日となったことが発表された。 震災の影響で公開が延期された映画の多くが比較的早期に公開決定したのに対し、本作は最も長期間延期されることとなった。 プロデューサーのによれば、本作の「水攻め」描写は大震災を予見していたかのようなリアリティでありスタッフの優秀さに驚いたが、人間が水に飲み込まれてゆく描写がリアルすぎるため一部がカットされた。 また、映画公開直前の2012年9月11日には脚本完全版が発売され、原作者の和田竜は「オリジナルの脚本のまま上映しようとすると240分以上必要で、15億円以上の制作費が必要になってしまう」とコメントし、オリジナル版から大幅にカットして145分の作品に仕上げた。 は「 豊臣軍にケンカを売った、でくのぼうがいた。 」「 この男の奇策、とんでもないッ! スタッフ [ ]• 監督:、• 原作:『のぼうの城』(、)• 脚本:和田竜• プロデューサー:、小川真司• 戦闘場面指導:伊藤清(元)• 撮影:、• 美術:磯田典宏、近藤成之• VFX プロデューサー:• VFX スーパーバイザー:、• VFX:、、、、• 音楽:• 主題歌:「」• 衣装:大塚満• 制作プロダクション:、• プロダクション協力:• 配給:、アスミック・エース• 続く公開2週も累計興収は11億8,404万5,250円、累計動員は98万2,363人となり2週連続第1位となっている。 受賞歴 [ ] において、以下の10部門で優秀賞を受賞し、そのうち美術賞で最優秀賞を受賞した。 優秀作品賞• 優秀主演男優賞()• 優秀助演男優賞()• 優秀音楽賞()• 優秀照明賞()• 優秀録音賞()• 優秀編集賞() において、本作と『』『』の3作品での演技により、が助演男優賞を受賞している。 映画ファン大賞作品賞邦画部門1位。 海外映画祭 [ ] ロサンゼルスで開催されている「」にてクロージング映画として上映された。 発売元はアスミック・エース、販売元はハピネット。 のぼうの城 通常版(1枚組)• 映像特典• 特報・劇場予告編・TVスポット集• 音声特典• のぼうの城 豪華版【完全初回限定生産】(2枚組)• ディスク1:本編ディスク(通常版と同様)• ディスク2:特典ディスク(Blu-ray版はBlu-ray、DVD版はDVDで収録)• のぼうの城 メイキング• 「のぼうの城」公開記念 ナビゲート特番攻略! 映画「のぼうの城」の世界解禁!! のぼうの城 オールスター仰天クイズ 天下を獲るのは誰だ!? 田楽踊り 完全版(野村萬斎によるオーディオコメンタリー付き)• 大放尿! 田楽踊り虎の巻! How To Dance The DENGAKUODORI. (野村萬斎によるオーディオコメンタリー付き)• 田楽踊り ビデオ・コンテ• VFXテクニカル・ブレイクダウン• イベント映像集• 劇場タイアップ映像• エレファントカシマシ「ズレてる方がいい」ミュージックビデオ• 封入特典• ブックレット• 忍城の地図【劇中仕様版】• 完成台本• 特製アウターケース付きデジパック仕様 テレビ放映 [ ] 回数 テレビ局 番組名(放送枠名) 放送日 放送時間 放送分数 視聴率 1 新春プレミアシネマ 20:54 - 23:18 144分 11. 視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。 オーディオブック [ ] 2017年1月、のオーディオブック配信サービスの「」でオーディオブック版が配信された。 キャスト• 成田長親:• 正木丹波守利英:• 石田三成:• 甲斐姫:• 柴崎和泉守:• 酒巻靱負:• 豊臣秀吉:• 大谷吉継:• 長束正家:• たへえ:• かぞう:• ちよ:• 成田氏長:• 成田泰季:• 北条氏政:• 北条氏直:• 朗読: 脚注 [ ] []• 2010年10月6日. 2012年5月9日閲覧。 2013年1月30日. 2013年11月8日閲覧。 REGULAR. CGWORLD. 2014年8月19日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年3月22日閲覧。 2012年5月9日. 2012年5月9日閲覧。 シネマトゥデイ 2012年11月6日• シネマトゥデイ 2012年11月13日• 2012年12月8日閲覧。 2013年1月27日閲覧。 プレスリリース , , 2019年12月17日 , 2019年12月26日閲覧。 volue press. 2017年1月27日閲覧。 関連項目 [ ]• - 三成が本陣を構えた。 - この戦いを目の当たりにした三成は、これと同じ方法で忍城を攻めようとした。 - 正木丹波守利英が建立した寺院で、正木丹波守は建立の翌年に死去した。 映画ではエンディングにて寺院建立のエピソード紹介と共に撮影時の映像が使用されている。 なお、本堂は石田三成陣屋跡に移転している。 外部リンク [ ]• - (英語).

次の

さえぼー/北村紗衣の高校・大学は?彼氏・結婚・家族を調査!【wikipedia/マツコの知らない世界】1月1日

さえ ぼう

< ・ Wikipedia:索引 きゆうしゆうは読み仮名が「きゆうしゆう」で始まる記事の一覧である。 あ行 は行 か行 ま行 さ行 や行 た行 ら行 な行 わ行 きゆうしゆう [ ]• (きゅうしゅう)【の島】• (きゅうしゅう)【曖昧さ回避】• (きゅうしゅう)【かつて存在した中国の州】• (きゅうじゅう) きゆうしゆうあ [ ]• (きゅうしゅうあさひほうそう)• (きゅうじゅういち)• (きゅうしゅういっしゅうえきでん)• (きゅうしゅういなっくす-ぶ)• (きゅうしゅういりょう-ふぞくかんごじょさんがっこう)【専修学校】• (きゅうしゅう-けんきゅうしょ)【】 きゆうしゆうう [ ]• (きゅうしゅううんゆきょく)【】 きゆうしゆうえ [ ]• (きゅうしゅうえいすうがっかん)【】• (きゅうしゅうえいてぃえむ-)【銀行】• (きゅうしゅうえいようふくしだいがく)【福岡県】• (きゅうしゅう-かん)【福岡県の】 きゆうしゆうお [ ]• (きゅうしゅうおうかん)【競馬】• (きゅうしゅうおうだんじどうしゃどう)【】• (きゅうしゅうおうだんしんかんせん)【新幹線の基本計画路線】• (きゅうしゅうおうだんどうろ)【一般道路】• (きゅうしゅうおうだんとっきゅう)【】• (きゅうしゅうおうだん-)• (きゅうしゅうおうちょういちげんせつ)【日本の古代国家】• (きゅうしゅうおうちょうせつ)【古代史】• (きゅうしゅうおおたにたんきだいがく)【福岡県】• (きゅうしゅうおきこうくうせん)【】• (きゅうしゅうおきなわ-)【】• (きゅうしゅうおきなわ-)【TV番組】• (きゅうしゅうおきなわきんよう-)【TV番組】• (きゅうしゅうおきなわさっきょくかきょうかい)• (きゅうしゅうおきなわ-)【TV番組】• (きゅうしゅうおきなわちほう-けんぞうぶつ-じゅうようぶんかざいいちらん)【一覧】• (きゅうしゅうおきなわちほう-とうち-いちらん)【一覧】• (きゅうしゅうおきなわのうぎょうけんきゅう-)【熊本県】• (きゅうしゅうおきなわ-しせきいちらん) きゆうしゆうか [ ]• (きゅうしゅうかいしんとう)【地方政党】• (きゅうしゅうかいどう-)【TV番組】• (きゅうしゅうがくいんちゅうがっこうこうとうがっこう)【】• (きゅうしゅうかくけん-けっしょうたいかい)【】• (きゅうしゅうがくせいえきでんたいこうせんしゅけんたいかい)【駅伝大会】• (きゅうしゅうがくせい-れんめい)• (きゅうしゅうがくせい-)【ラグビー大会】• (きゅうしゅうがっぺい)【曖昧さ回避】• (きゅうしゅう-)【企業】• (きゅうしゅうかん)• (きゅうしゅうかんきょうふくしいりょうせんもんがっこう)• (きゅうしゅうかんくけいさつがっこう)【福岡県】• (きゅうしゅうかんくけいさつきょく)• (きゅうしゅうかんこうせんもんがっこう)【福岡県】• (きゅうしゅうかんこう-)【企業】• (きゅうしゅうかんこう-けんていしけん)• (きゅうしゅうかんごふくしだいがく)【熊本県】 きゆうしゆうき [ ]• (きゅうしゅうきかいこうぎょうしんこうかい)【社団法人】• (きゅうしゅうぎじゅつきょういくせんもんがっこう)【熊本県】• (きゅうしゅうきねん)【競馬】• (きゅうじゅうきゅう)• (きゅうしゅうきゅうこう-)【企業】• (きゅうしゅうきゅうこう-)【企業】• (きゅうじゅうきゅうねん)【西暦】• (きゅうじゅうきゅう-かんさい)【企業】• (きゅうじゅうきゅうほんめ-きむすめ)【映画作品】• (きゅうしゅうきょうかいじょうけん)• (きゅうしゅうきょうせいしかがっかい)【学術団体】• (きゅうしゅうきょうりつだいがく)【福岡県】• (きゅうしゅうきょうりつだいがくこうしきやきゅうぶ)【野球チーム】• (きゅうしゅうきょうりつだいがく-ぶ)【ラグビーチーム】• (きゅうしゅうくにわけ)【織豊政権の政策制度】• (きゅうしゅう-)【サッカーのライバル対決】• (きゅうしゅう-ごうゆうけん)【JR】 きゆうしゆうけ [ ]• (きゅうしゅう-なう)【TV番組】• (きゅうしゅうけいざいれんごうかい)【】• (きゅうしゅうげいじゅつこうかだいがく)• (きゅうしゅうけいすう)• (きゅうしゅうけいそう-)【企業】• (きゅうしゅう-)【企業】• (きゅうしゅうげん)• (きゅうしゅうげんだいおんがくさい) きゆうしゆうこ [ ]• (きゅうじゅうご)• (きゅうしゅごう)【】• (きゅうしゅうこうきょうがくだん)• (きゅうしゅうこうぎょうだいがく)【福岡県】• (きゅうしゅうこうぎんしんようくみあい)• (きゅうしゅうこうせいきょく)• (きゅうしゅうこうせいねんきんかいかん)【福岡県のホール】• (きゅうしゅうこうせいねんきんびょういん)【福岡県の医療機関】• (きゅうしゅうこうだいまええき)【】• (きゅうしゅうこうつうきかく)【企業】• (きゅうじゅうごかじょうのろんだい)【】• (きゅうしゅうこくさいかんこう-)【企業】• (きゅうしゅうこくさいくうこう)【計画中の空港】• (きゅうしゅうこくさいこうとうがくえん)【高等専修学校】• (きゅうしゅうこくさいじょうほう-せんもんがっこう)【佐賀県】• (きゅうしゅうこくさいだいがく)【福岡県】• (きゅうしゅうこくさいだいがくこうしきやきゅうぶ)【野球チーム】• (きゅうしゅうこくさいだいがくふぞくちゅうがっこうこうとうがっこう)【私立学校】• (きゅうしゅうこくりつはくぶつかん)【福岡県】• (きゅうしゅう-とうち-)【地域ブランド】• (きゅうじゅうごねん)【西暦】• (きゅうしゅうごぼう)【曖昧さ回避】• (きゅうしゅう-せんもんがっこう)【専修学校】 きゆうしゆうさ [ ]• (きゅうしゅうさいごくさんじゅうさんかしょ)【三十三箇所巡礼】• (きゅうしゅうさいごくれいじょう)• (きゅうしゅうざいむきょく)【】• (きゅうしゅう-たいしゅうぶんがくしょう)【文学賞】• (きゅうしゅう-み)【企業】• 【貝】• (きゅうしゅう-)• (きゅうじゅうさん)• (きゅうしゅうさんぎょうこうつう-)【企業】• (きゅうしゅうさんぎょうだいがく)【福岡県】• (きゅうしゅうさんこううんゆ)【企業】• (きゅうしゅうさんこうかんこう)【企業】• (きゅうしゅうさんこうせいび)【企業】• (きゅうしゅうさんこう-)【企業】• (きゅうしゅうさんこう-)【企業】• (きゅうしゅうさんこう-)【企業】• (きゅうしゅうざんじゅうろう)【】• (きゅうしゅうさんち)• (きゅうじゅうさんねん)【西暦】• (きゅうじゅうさんねん)【小説】• (きゅうしゅうさんば)【競馬用語】• (きゅうしゅうざんよしお)【力士】 きゆうしゆうし [ ]• (きゅうじゅうし)• (きゅうしゅうしかがっかい)【歯学系学会】• (きゅうしゅうしかだいがく)【福岡県】• (きゅうしゅうしかだいがくふぞくびょういん)【福岡県の医療機関】• (きゅうしゅうしきれいとうき)• (きゅうしゅうしぜんどうぶつこうえん-)【大分県】• (きゅうしゅうしぜんほどう)【長距離自然歩道】• (きゅうじゅうしち)• (きゅうしゅうじつぎょうだんたいこうじょしえきでんきょうそうたいかい)【駅伝競走】• (きゅうしゅうじどうしゃどう)【高速道】• (きゅうしゅう-)【食堂】• (きゅうしゅうじゅうかんじどうしゃどう)【高速道】• (きゅうしゅう-)【競馬】• (きゅうしゅう-)【競馬】• (きゅうしゅうしゅんじゅう)【歴史書】• (きゅうしゅうじょうひ)• (きゅうしゅうしょうせん)【企業】• (きゅうしゅうじょうほうだいがく)【福岡県】• (きゅうしゅうじょがくいんたんきだいがく)【廃止】• (きゅうしゅうしょくぎょうのうりょくかいはつだいがっこう)【福岡県】• (きゅうしゅうじょしだいがく)【福岡県】• (きゅうしゅうじょしたんきだいがく)【福岡県】• (きゅうしゅうしんかんせん)【JR九州】• (きゅうしゅうしんりんかんりきょく)• (きゅうしゅうしんわ-)【企業】 きゆうしゆうす [ ]• (きゅうしゅう-)【】• (きゅうしゅうすいりょくでんき)【企業】• (きゅうしゅうすみでんそう)【企業】 きゆうしゆうせ [ ]• (きゅうしゅうせいしゅんぎんこう)【TV番組】• (きゅうしゅうせいどうかい)【】• (きゅうしゅうせいにゅうはんばいのうぎょうきょうどうくみあいれんごうかい)• (きゅうしゅうせいばつ)【安土桃山時代】• (きゅうしゅうせきゆ)【企業】• (きゅうしゅうせとうちがくせいほうがくれんめい)【団体】• (きゅうしゅうせんたんかがくぎじゅつけんきゅうしょ)【研究所】• (きゅうしゅうせんりょう) きゆうしゆうそ [ ]• (きゅうしゅうぞうけいたんきだいがく)【福岡県】• (きゅうしゅうそうごう-)【大分県】• (きゅうしゅうそうごう-ぶ)【サッカークラブ】• (きゅうしゅうそうごうつうしんきょく)【】• (きゅうしゅうそうでん)【企業】 きゆうしゆうた [ ]• (きゅうしゅうだいえいこうぎょう)【企業】• (きゅうしゅうだいがく)【福岡県】• (きゅうしゅうだいがくそうごうけんきゅうはくぶつかん)【福岡県の博物館】• (きゅうしゅうだいがくほんげんじものがたり)【の】• (きゅうしゅうだいがく-ぶ)【ラグビーチーム】• (きゅうしゅうだいしょうてん)【競馬】• (きゅうしゅう-)【サッカー大会】• (きゅうしゅうだんじ)• (きゅうしゅうたんだい)【】• (きゅうしゅうちくこうとうがっこうやきゅうたいかい)• (きゅうしゅうちくだいがくやきゅうれんめい)• (きゅうしゅうちばし)【】• (きゅうしゅうちほうかんきょうじむしょ)【環境省】• (きゅうしゅうちほうせいびきょく)【国土交通省】• (きゅうしゅうちほうちじかい)• (きゅうしゅうちほう-さいかいはつ-いちらん)【一覧】• (きゅうしゅうちほう-どうろいちらん)【一覧】• (きゅうしゅうちほう-なんどくちめいいちらん)【一覧】• (きゅうしゅうちほう-のりあい-じぎょうしゃ)【一覧】• (きゅうしゅうちほう-いちらん)【一覧】• (きゅうしゅう-)【サッカーリーグ】• (きゅうしゅうちゅうおうさんちこくていこうえん)• (きゅうしゅうちゅうおうじどうしゃどう)【高速道路】• (きゅうしゅうちゅうおう-がくいん)【専修学校】• (きゅうしゅうちょうせんちゅうこうきゅうがっこう)【福岡県】 きゆうしゆうつ [ ]• (きゅうしゅうつうしん-)【企業】 きゆうしゆうて [ ]• (きゅうしゅう-)【企業】• (きゅうしゅうてつどう)【企業】• 【企業】• (きゅうしゅうてつどうきねんかんえき)【平成筑豊鉄道門司港レトロ観光線】• (きゅうしゅうてつどうけんてい)【旅行・交通試験】• (きゅうしゅう-)【放送局】• (きゅうしゅう-)【企業】• (きゅうじゅうてん)【・結晶学】• (きゅうしゅうでんききどう)【鉄道事業者】• (きゅうしゅうでんき-)【企業】• (きゅうしゅうでんきたんきだいがく)【福岡県】• (きゅうしゅうでんとうてつどう)【企業】• (きゅうしゅうでんきほあんきょうかい)【財団法人】• (きゅうしゅうでんりょく)【企業】• 【バスケットボールチーム】• (きゅうしゅうとうかいだいがく)【熊本県】• (きゅうしゅうとうほう)【企業】• (きゅうしゅうとっきゅう-)【特別企画乗車券】 きゆうしゆうな [ ]• (きゅうじゅうなな)• (きゅうじゅうななねん)【西暦】• (きゅうしゅうなんせいかいいきこうさくせんじけん)【2001年】 きゆうしゆうに [ ]• (きゅうじゅうに)• (きゅうしゅうにっさん-)【企業】• (きゅうしゅうにっぽんしんぱん)【企業】• (きゅうじゅうにねん)【西暦】• (きゅしゅうにゅうぎょう)【企業】 きゆうしゆうね [ ]• (きゅうしゅう-)【企業】• (きゅうじゅうねん)【西暦】• (きゅうじゅうねんだい)【西暦】 きゆうしゆうの [ ]• (きゅうしゅうのうせいきょく)【】• (きゅうしゅう-えき)【戦国時代】• (きゅうしゅう-てつどう)• (きゅうしゅう-じこくひょう)【サイト】• (きゅうしゅう-いんふぉどっとこむ)【情報】 きゆうしゆうは [ ]• (きゅうしゅうは)【芸術家】• (きゅうしゅうはいでん)【企業】• (きゅうじゅうはち)• (きゅうじゅうはちねん)【西暦】 きゆうしゆうひ [ ]• (きゅうしゅうひこうき)【企業】• (きゅうしゅうびじゅつ-)【美術学院】• (きゅうしゅう-しんようきんこ)【金融機関】• (きゅうしゅうひちくてつどう)【廃線】• (きゅうしゅうひゃくめいざん)【九州地方の地理】• (きゅうしゅうひゃっかてんきょうかい)• (きゅうしゅう-そうぞう-)【財団法人】 きゆうしゆうふ [ ]• (きゅうしゅうふじぱん)【企業】• (きゅうしゅうぶろっく)【曖昧さ回避】• (きゅうしゅうぷろれす)【団体】• (きゅうしゅうへいてい)【九州地方の歴史】• (きゅうしゅうべんごしかいれんごうかい)【弁護士会】 きゆうしゆうほ [ ]• (きゅうしゅうぼうえいきょく)【】• (きゅうしゅうほうげん)• (きゅうしゅうほうそく)• (きゅうしゅうほくぶごうう)【曖昧さ回避】• (きゅうしゅうほけんふくしだいがく)【宮崎県】• (きゅうしゅうみつい-こうぎょう)【企業】• (きゅうしゅうみつびしじどうしゃこうしきやきゅうぶ)• (きゅうじゅうみん) きゆうしゆうも [ ]• (きゅうしゅうもーにんぐぷれす)【】• (きゅうしゅうもりながにゅうぎょう)【企業】 きゆうしゆうや [ ]• (きゅうしゅうや)【企業】• (きゅうしゅうやまぐちちほう)• (きゅうしゅうゆうせん)【企業】 きゆうしゆうよ [ ]• (きゅうじゅうよねん)【西暦】• (きゅうじゅうよん) きゆうしゆうら [ ] きゆうしゆうり [ ]• (きゅうしゅうりか)【企業】• (きゅしゅう-)• (きゅうしゅう-)【企業】• (きゅうしゅうりゅうこくたんきだいがく)【】• (きゅうしゅうりょかくてつどう)【企業】• (きゅうしゅうりょかくてつどうおきなわしてん)【JR九州】• (きゅうしゅう-がくいんだいがく)【熊本県】 きゆうしゆうれ [ ]• (きゅうしゅうれきししりょうかん)【福岡県の博物館】• (きゅうしゅう-)【割引乗車券】 きゆうしゆうろ [ ]• (きゅうしゅうろうさいびょういん)【福岡県の医療機関】• (きゅうしゅうろうどうきんこ)• (きゅうじゅうろく)• (きゅうしゅうろくだいがくやきゅうれんめい)• (きゅうじゅうろくねん)【西暦】 きゆうしゆうわ [ ]•

次の