アシナガバチ に 刺され る。 【写真あり】アシナガバチの種類と巣について&刺された時の応急処置について

アシナガバチの生態!巣の特徴や種類から毒性や駆除対策まで。刺されたら…

アシナガバチ に 刺され る

人間にとって最も命の危険性が脅かされる昆虫・・・といって思い浮かべるうちのひとつが、スズメバチでしょう。 そのスズメバチと同じくらいに脅威な昆虫として、同じ蜂であるアシナガバチを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。 今回は、そんなアシナガバチの特徴や撃退方法について紹介していきます。 実はアシナガバチはおとなしい性格の益虫 アシナガバチという名前、聞いたことはあるけど、その生態までは・・・という方も多いのではないでしょうか。 スズメバチとどのように違うのか、意外と説明するのは難しいのではないかと思います。 簡単にまとめると、 実は、アシナガバチは、本来おとなしい性格の昆虫であり、しかも益虫なのです。 具体的に紹介していきましょう。 アシナガバチは大人しく攻撃的ではない アシナガバチは、決して攻撃的なハチではありません。 スズメバチ(スズメバチも実は人間に対して攻撃的ではありませんが・・・)というよりは、むしろミツバチに近いと言っても言い過ぎではないくらいのようです。 アシナガバチ自体を掴もうとしたり、巣を攻撃したりしなければ、まず人間が刺されることはないようです。 洗濯物にアシナガバチが寄る場合は甘い匂いが原因かも 不可抗力において最も注意したいのは、洗濯物にアシナガバチが紛れ込んでいたとき・・・でしょう。 ハチがよくベランダをうろつく・・・なんて悩みをお持ちの場合は、 虫除けを物干し竿にかけたり、柔軟剤やベランダの植物を変えたりする(甘い匂いのするものは避ける)ことなどで対処しましょう。 防虫用の洗濯ネットを使うという手もあるでしょう。 スポンサードリンク でもアシナガバチに刺されたら超痛い!撃退方法を紹介 ただし、そうは言っても、アシナガバチの針に毒があることは紛れもない事実です。 セグロアシナガバチやキアシナガバチなど、一部のアシナガバチに刺された時の痛みは、スズメバチ以上とも言われており、ものすごい激痛です。 スズメバチよりも強力な毒を持っています。 いくら大人しいといっても、万一刺されたら・・・。 そんな不安を拭えない人は、駆除という選択肢しかないでしょう。 ただし、そうは言っても、アシナガバチの針に毒があることは紛れもない事実です。 セグロアシナガバチやキアシナガバチなど、一部のアシナガバチに刺された時の痛みは、スズメバチ以上とも言われており、ものすごい激痛です。 スズメバチよりも強力な毒を持っています。 いくら大人しいといっても、万一刺されたら・・・。 そんな不安を拭えない人は、駆除という選択肢しかないでしょう。 アシナガバチの巣をスズメバチの巣と間違えないように いくら駆除したいといっても、誤ってスズメバチの巣を駆除しようとしてしまったら、とんでもない危険に遭遇してしまいます。 スズメバチの場合は、迷わずプロに任せてください。 駆除をする第一歩として、スズメバチではなく、アシナガバチの巣であることを確認しましょう。 アシナガバチの巣は、スズメバチと違って外殻がありません。 あの、ハチの巣の代名詞である、六角形の穴が見える巣がアシナガバチ、覆われているのが スズメバチであると覚えておくのも良いでしょう。 繁殖期になる6月~9月は危険!素直に業者へ依頼を アシナガバチの巣は、決して簡単に駆除ができるわけではないので、誤解しないよう気を付けてください。 巣を手で掴もうものなら、即座に外敵とみなされ攻撃されるでしょう。 また、他の動物にもいえますが、繁殖期は獰猛になります。 アシナガバチの繁殖期は6月~8月になります。 また、その翌月の9月も危険です。 幼虫が孵化して、巣の内外への行き来が活発になる時期だからです。 この時期の駆除は、危険を冒さず、プロに頼んだ方が良いでしょう。 自分の身を護るのが第一歩!白いレインコートや手袋や長靴などを忘れずに 自分で駆除する際に、一番気を付けたいのが服装です。 自分の身体を護る格好をしてください。 白のレインコート、厚手の洋服、帽子、手袋、長靴は必須アイテムです。 また、顔を覆うことも忘れないでください。 スキー用のマスクがあればベストですが、なければ白マスクやタオルなどで工夫しましょう。 あと、うっかりしがちなのが体のニオイです。 とにかくハチは匂いに敏感です。 汗ばんだ身体じゃないかを気を付けるのはもちろん、先述のような甘い匂いもNGなので、ボディークリームを塗っていなかったなども確認しましょう。 日没を待って風上からアシナガバチの巣に殺虫剤を噴射 もう1つ大事なのが、時間帯です。 アシナガバチの巣を駆除するときは、日が沈んでからにしましょう。 ハチは暗闇に弱い性質があります。 光に反応して飛んでいるため、 夜の時間帯は活動が弱まります。 服装、時間帯をおさえたら、あとは殺虫剤の噴射です。 ピレスロイド成分の入ったハチ用の殺虫剤がベストですが、なければゴキブリ用やハエ用の殺虫剤でも大丈夫なようです。 ハチや、ゴキブリやハエに比べて殺虫剤への態勢が弱いので、充分に効果的です。 殺虫剤は、風上から30秒程度続けて噴射しましょう。 このとき、巣から2m程度離れるのがベストな距離間のようです。 近い方が効果的ということで、巣の下にいくと、ハチが落ちてきて危険を伴います。 噴射が終わったらいったん室内に避難し、薬が効くのを待ちましょう。 10分も待たずにOKなようです。 再びハチの巣に向かい、ハチがいない様なら、手早くポリ袋で巣を覆って千切り取りましょう。 それで駆除完了です。 ホースで巣に水をかけてアシナガバチを追い出す 恐いからなるべく近づきたくない・・・という方がいたら、シャワーホースで撃退するのも良いでしょう。 強力に放水できるモードに切り替えて、風上から思いっきりアシナガバチの巣に吹きかけてください。 この手法の利点は、アシナガバチが、自然現象(攻撃されているわけではない)と誤解してくれる点です。 アシナガバチは雨や風に強い体質なため、強い水圧で攻撃されても、暴風雨と認識し、巣から逃げていきます。 ただし、この手法の注意点は、アシナガバチは元気であることです。 避難したアシナガバチが戻ってくる前に、素早く巣を除去しましょう。 まとめ 1. アシナガバチは、強力な毒を持っているが、性格は大人しい。 毛虫や青虫を食べる(駆除する)という点で言えば益虫になる。 2.アシナガバチを呼び寄せないように、 ベランダなどには虫除けの設置と、甘い匂いを漂わせない工夫を。 3.自力でアシナガバチの巣を駆除する場合は、 白いレインコートなどの防護服装備と、日が沈んだ夜に風上から殺虫剤を噴射するという鉄則を遵守すること。 殺虫剤の代わりにホースの水で撃退することもできる。

次の

ムモンホソアシナガバチの特徴/巣/生態

アシナガバチ に 刺され る

アシナガバチは分類上、スズメバチ科・アシナガバチ亜科に属しており、よくスズメバチと間違われることも多いです。 雑木林以外にも、都市や市街地などでもその姿が散見されます。 アシナガバチには主に以下の特徴が見られます。 ・スズメバチに比べると体格は細身 ・基本的には温厚な性格 ・自ら攻撃してくることは少ないが、巣に近付くと巣を守るために攻撃することがある ・スピーディな動きは苦手 アシナガバチはスズメバチと比べても大人しい蜂ですが、巣に近づいたり、人間が驚かすと稀に攻撃をしてくることもあります。 アシナガバチの毒は、種類によってはかなり強く、スズメバチと同様にアナフィラキシーショックを誘発することがあります。 蜂の中には、種類によって人を指す蜂とそうでない蜂がいます。 生物学的には以下のように分類されます。 ・毒針を持つ蜂…細腰亜目(アシナガバチ、スズメバチ、ミツバチなど) ・毒針を持たない蜂…広腰亜目(キバチ、クキバチ、ハバチなど) 両者の違いは針の形状や性質によります。 蜂が持つ針は産卵管が変化したものです。 刺さない種類の蜂も針は持っていますが、産卵管としてのみ使用することがほとんどです。 蜂の針は、樹木の組織に産卵をするため針の形状はしていたとしても、有毒性はなく、何もしなければ人を襲うことはありません。 また、種類によっては針の形が針型ではない蜂もいます。 刺さない蜂の広腰亜目は、蜂が進化の過程において産卵管を狩りのための武器として使用するように進化したともいわれています。 なので、針を持っているのはメスのみということになります。 住居に巣作りをし駆除対象になるアシナガバチ、スズメバチ、ミツバチなどはいずれも人を刺す蜂です。 このうち、ミツバチは針の構造上、一度刺してしまうと針を抜くと内臓ごと引き千切れてしまうため死んでしまいます。 ミツバチにとって、敵を刺すということは最後の手段で、刺すときは相当追い詰められた状況下に限定されます。 ミツバチに対して、アシナガバチやスズメバチは何度でも刺すことが可能です。 特にスズメバチは攻撃性が非常に強いため、針を武器に何度もしつこく襲ってくることもあります。 蜂に刺されて怖いのが「蜂毒アレルギー(=アナフィラキシーショック)」です。 1度蜂に刺された後、蜂の毒に対する抗体が体内で作られます。 2度目に刺された時に、この抗体がアレルギー反応を引き起こすのです。 アナフィラキシーショックが起こるかどうかは人によって違います。 アナフィラキシーショックを引き起こすと、頭痛、吐き気、眩暈、呼吸困難、顔面蒼白などの症状があらわれ最悪のケースでは死に至ることもあります。 アシナガバチやスズメバチに刺されて人体に異常がみられる場合はアナフィラキシーショックの疑いもあるので直ちに病院にかかりましょう。 自ら動くことが困難な場合には救急車を呼んだ方が良いかもしれません。 尚、アナフィラキシーショックについては以下のような症状が確認されています。 アシナガバチの駆除は、蜂が巣に戻っている夕方~夜間のタイミングで行うのがおすすめです。 蜂類は基本的には昼行性なので、活動が終わる夕方から夜頃になるとアシナガバチの動きは鈍くなります。 まず、懐中電灯に赤いセロファンを被せたうえでアシナガバチの巣をサーチします。 この時、殺虫剤を巣の真下から吹きかけるのは絶対に止めましょう。 巣の真下から殺虫剤を吹きかけると巣の中から蜂が落下した拍子に刺される危険性があります。 殺虫剤を巣に吹きかけるときは必ず離れた場所から吹きかけるようにしましょう。 翌朝、棒などで巣を落とし、死んだハチと一緒に焼却処分したらアシナガバチの巣の駆除は完了となります。 セグロアシナガバチの体長は20~26mmと、北海道以外の地域で全国的に最もよく見られる最大種のアシナガバチです。 市街地でもよく見られ、4月中旬頃から民家の軒下などでセグロアシナガバチが巣作りをしている姿も見られます。 主に柱や板、壁、杭の表面などを削り取り、その断片を巣作りの材料とします。 セグロアシナガバチの働き蜂の羽化は5月下旬~7月で、オス蜂と新女王蜂は7月下旬~9月に羽化します。 新女王蜂が越冬のため巣の上や人家の外壁、屋根裏や天井などに集団で静止していることがあります。 寒さが厳しくなり、巣に留まるセグロアシナガバチの数が減ってくると、そのまま巣の上で越冬することもあります。 他のアシナガバチと比較しても攻撃性が強く、巣を刺激して刺されるケースや、巣を離れたセグロアシナガバチが外に干してある洗濯物や布団に潜り込んだまま室内に取り込んでしまい、就寝時に知らずに圧迫して刺されるケースもあります。 キアシナガバチの体長は21~26mmとセグロアシナガバチとほぼ同じ大きさの最大種です。 キアシナガバチは市街地には少なく、雑木林などの自然の多い場所で見られます。 キアシナガバチはセグロアシナガバチと比べても体全体の黄味が強いのが特徴です。 キアシナガバチは、4月中旬頃から人家の軒下や木の枝などに巣作りを始めます。 巣はセグロアシナガバチよりも大きくなることがあります。 アシナガバチの中では攻撃性が強く、昆虫採集で雑木林に向かった子ども達が、近くにあったキアシナガバチの巣に気付かず集団で刺されたケースもあります。 セグロアシナガバチと同じように。 新女王蜂やオス蜂が10~11月頃まで巣上や外壁などに集団で止まっていることがあります。 また、キアシナガバチは越冬能力があり、越冬するために民家の屋根裏、天井などに集団となって静止している光景も見られます。 ヤマトアシナガバチの体長は12~22mmと、セグロアシナガバチやキアシナガバチととてもよく似ていますが、セグロアシナガバチやキアシナガバチよりかはひと回り小型のアシナガバチです。 雑木林や緑地の周辺でヤブガラシなどを訪花する個体を見かけることがありますが、地域や場所によっては稀な種類です. ヤマトアシナガバチの巣作りは4月下旬より始まり、草木の茎や細い枝などに巣が作られます。 ヤマトアシナガバチとキボシアシナガバチの巣は育房のキャップが黄色をしていて良く目立つため、他のアシナガバチの巣との区別は簡単です。 巣の規模はアシナガバチの中で最も小さく、攻撃性もアシナガバチ類の中ではそれほど強くないので、巣を刺激しない限りは刺される心配はないでしょう。 春になると、ベランダに蜂が飛んでくるようになります。 ベランダの蜂は、洗濯ものや布団を干す時には厄介な存在ですよね。 そこで、ベランダに蜂が来ないようにするためのとっておきの対策法があります。 【用意するもの】 ・虫除けネット ・木酢液(もくさくえき) ・容器 2~3つ(もしくはペットボトルの下半分をカットしたもの) 木酢液はホームセンターや薬局などで販売されており、主成分は酢酸です。 木酢液には主に、• 草花や木などの虫除け• 害虫よけ• 生ゴミやトイレの消臭• 無害の除草剤• 入浴剤として使うと冷えが改善する などの効能があります。 ベランダの蜂への対策についての手順ですが、まずは虫よけネットを間隔を開けて物干し竿に吊るしておきます。 次に「木酢液1:水1」の割り合いで木酢水を作ります。 これを容器に入れてベランダの何ヶ所かに置いておくだけで蜂が近寄り辛くなります。 簡単で手軽な対策なのでおすすめです。 蜂は、蜂同士で殺し合うほど「自分たちの巣を守る」という意識が強い生物です。 蜂は危険を察知すると、敵に対して特殊なフェロモンを撒き散らして仲間を呼び、大勢で攻撃してきます。 年々数は減っていますが、毎年刺されて死亡する例が後を絶ちません。 スズメバチやアシナガバチに遭遇したり巣が近くにあったら、むやみに近付くことなく、静かに落ち着いて遠くへ離れましょう。 巣作りの場所は多岐に渡り、普段気が付かないようなポイントにも生息していることもあります。 ハチの巣を自力で駆除するのは素人でも不可能ではありませんが、巣が大きくなればなるほど危険が伴います。 失敗例も多く、防護網や防護服を身に着けず安易に駆除を試みて刺される被害も後を絶ちません。 アナフィラキシーショックは命にも関わるので、自分で蜂の巣を駆除する場合は入念な準備が必要です。 できれば巣が大きくなる前の駆除が理想ですが、自力での駆除が困難な時は遠慮することなく駆除の専門業者に依頼するようにしましょう。

次の

アシナガバチに刺されたときの応急処置~病院に行く前にできること~

アシナガバチ に 刺され る

春から秋にかけて長期に渡って活動するアシナガバチ。 ハチの中でもおとなしい分類に分けられ、早く飛ぶのが得意でないハチです。 ですが、その生態は集団で行動するため1匹見かけたところに2~3匹いることが多く、巣に近づいてきたものから守ろうと集団で襲ってきます。 また、刺すハチとして知られています。 アシナガバチは毒針をもった害虫のひとつとしてよく名前が挙げられます。 なるべく近寄らないようにしていても、巣や他のハチに気付かずに刺されてしまった経験はありませんか? アシナガバチはスズメバチに比べて毒は強くないため刺されても毒自体で死に至ることは少ないです。 しかし、刺された箇所は腫れあがり痛みをともないます。 そんなアシナガバチの針についてはあまり知られていないと思います。 今回はアシナガバチの針の特徴と刺されないための予防法をご紹介いたします。 ・冷や汗 ・呼吸困難 ・血圧低下 ・けいれん ・じんましん ・意識障害 アシナガバチに刺されると針は残るの? ミツバチにもアシナガバチにもノコギリ状のかえしがついた針があります。 ミツバチの場合1度刺しただけで死んでしまいますが、アシナガバチは違います。 アシナガバチの針は、簡単に体から抜けないため、針が標的の体から抜ければ何度でも刺し続けることができます。 したがって、何度も刺される可能性はありますが、刺された所に針が残ることはありません。 アシナガバチのオスは針を持っていない!? アシナガバチで針をもっているのはメスのみです。 メスは毒針を持つ通称「働きバチ」です。 メスでありながら産卵することはありません。 なぜならハチの毒針は産卵管が変化したものであり、生殖機能が失われているからです。 人に危害を加えてくるのはメスのアシナガバチだけです。 オスは産卵管をもっていないため、針がなく人を刺すことはありません。 繁殖の目的のみで存在するオスは寿命も短く、巣作りやエサ集めなどの労働に参加しないため、ほとんど巣の中で過ごしています。 オスのハチは女王バチと交尾後、すぐに死んでしまいます。 アシナガバチに刺されないための予防方法 刺すハチの種類が分かったところで刺されないための予防が必要です。 まず、アシナガバチはスズメバチやミツバチ に比べて大人しいハチです。 素早い動きが苦手ではありますが、巣を守るための防衛や攻撃性にたけています。 そのためアシナガバチの針は私たちにとって、脅威となります。 アシナガバチは、私たちが巣に近づいたりこちらから何かしたりしない限り攻撃をしてくることはないでしょう。 万が一の状況に備え、アシナガバチに遭遇してしまった時の対処法やアシナガバチに遭遇しないための予防法をご紹介します。 ・車内に入ってきたハチ 運転中にハチが入ってきた時、焦って手でハチを刺激するのは厳禁です。 刺激することによりハチに「敵だ!」と思われ攻撃されるからです。 またそのまま放置しておくと、ハンドル操作を誤って事故に繋がるため、一度車を止めて窓やドアを開けて出ていくのを待ちましょう。 ・家の中に入ってきたハチ ハチは明るい方向に向かう習性があるため、家の明かりに誘われて家の中に入ってきてしまうこともあります。 ハチが家に入ってしまった時は、ハチが出入りしてきたところの玄関や窓を開けて自然に出ていくのを待ちます。 また、ハチを叩いたり払ったりすると襲われるので絶対にしないでください。 ハチは一度天井の方へ上がってしまうと、下の方が見えなくなり、方向が分からなくなります。 その時はハチ駆除専用スプレーを吹きかけるのがハチに刺されない予防になります。 ・知らずに巣に近づいてしまった時 アシナガバチは巣を守るために集団で襲ってくることがあります。 そのためハチの巣に近づかないことが大原則と言っても過言ではないです。 ですが、知らない間に巣に近づいてしまうこともあります。 その時も、手で払ったり大きな声を出したりするのは厳禁です。 また、ハチは動くものや黒いものに反応します。 そんな時は静かにその場から離れましょう。 ハチの視界から外れるように逃げるのが効果的となります。 まとめ アシナガバチが近くにいた時にはとっさに手で払ったり、うっかりこちらから攻撃してしまったりすることがありますが、アシナガバチを刺激するのは大変危険です。 もしアシナガバチに遭遇しても落ち着いて対処すれば問題ありません。 こちらから何もしない限り刺されませんが、知らないうちにハチの巣の近くに来てしまい、刺される可能性もあります。 アシナガバチに刺されると患部が赤く腫れあがり、炎症を起こすでしょう。 最悪の場合アナフィラキシー・ショックを起こす可能性があるので、もしアナフィラキシー・ショックに似た症状 が出たら迷わず救急車を呼んでください。 アシナガバチの針だからと言って甘く見てはいけません。

次の