炭 治郎 の うた。 鬼滅の刃 「竈門炭治郎のうた」の配信が決定!! │ inANIME

『鬼滅の刃』炭治郎は1兆種類もの嗅ぎ分けが可能?嗅覚と特殊能力を徹底解剖

炭 治郎 の うた

5月18日発売の「週刊少年ジャンプ2020年24号」にて『鬼滅の刃』が、最終話を迎えてしまいましたね…。 ストーリーは勿論、キャラクターの魅力はいうまでもありませんが、面白さの肝は設定の緻密さだと思います。 常人にも備わっている五感にこだわった設定(視覚、嗅覚、聴覚、味覚、触覚)これらが、新しいヒーロー&ヒロイン像を生んだひとつ要因では ないでしょうか?今回は主人公・竈門炭治郎のもつ優れた嗅覚とさらにもうひとつの特殊能力を、ひも解いてみたいと思います。 炭治郎はニオイで人の精神状態や性格を嗅ぎ取ることができる そもそも、嗅覚というのは? 揮発性の物質(ニオイ)が鼻腔の奥にある臭細胞に触れ気信号に変換され脳に情報として送られ認識します。 炭治郎はこの嗅覚能力をデフォルメされていますが、どのようなものであるか検証してみましょう。 これは、実際にあった実験なのですが、犬を使って2017年にこんな実験が行われたそうです。 怖い動画、もしくは楽しい動画を見た人が身に着けていた、汗のついたパッドを犬に嗅がせてみたのです。 犬がその後どのような行動を取るかを観察し、心拍数を計りました。 楽しい感情を抱いた人の汗の臭いを嗅いだ犬たちは、見知らぬ人に対しても人懐こい行動をみせました。 この犬たちの心拍数は、平常よりは高めでしたが、恐怖を感じた人たちの汗の臭いを嗅いだ犬たちの心拍数は平常より低く出ました。 これは、人が恐怖すると、汗の中の成分が変化します。 うれしい時、悲しい時とは異なる成分で、これは、ホルモンのシグナルの反応により血中成分が変化するためです。 つまり、学術的にもニオイで感情を嗅ぎ取ることができると立証されているのです。 とういうことは、発言に嘘や本当の心理的な変化も察知できるのであれば、相手の性格を見抜くのも、当然たやすいですよね…。 理論的な物が何かモヤっとしているので、私なりに上記を加味して考察すると敵の鬼が自身の危険を察知したら「ヤバい…そこ攻めちゃダメ!」と思った瞬間無意識に汗の中の成分もしくは体臭が化学変化しニオイを発するのでは? これこそが、隙の糸ではないかと推測しています。 炭治郎には、それが糸の様に可視化する。 糸がピンと張った状態=ニオイの濃度が最も濃い状態ではないかと思います。 つまりは、敵の鬼の精神状態が不安定な状態を察知することができる。 圧倒的に優位な状態を可視することができれば、正直とんでもない必殺技ですが…故に物語後半は隙の糸の出番がなくなります。 敵の鬼が強くなり、炭治郎に対して恐怖を感じていない、となれば説明がつきます。 劇中、炭治郎の嗅覚は警察犬並みのするどさを発揮しています。 皿を割った犯人を残り香で猫であると当てたり、地面のニオイを嗅いで鬼の痕跡を見つけたりと、一見おおげさなようですが、最近の研究論文では、人間の嗅覚は1万種類のニオイの嗅ぎ分けができると言う通説が覆されなんと1兆種類もの嗅ぎ分けが可能ということです。 また、嗅覚情報を処理する脳組織の嗅球(きゅうきゅう)。 人間の嗅球は実サイズがかなり大きく、成人で約60ミリに達することもあり、他の哺乳類の嗅球と比べてほぼ同数の神経細胞を持っている。 人間にはニオイの痕跡をたどる能力があり、人間の行動状態と感情状態はともに嗅覚に影響されるそうです。 また、(鼻が?)地上から遠い二足歩行の人間と、地上に近い四足歩行の動物とでは、ニオイの情報量が違い過ぎる為に一概に人間の嗅覚が劣っているとは言い難いそうです。 つまりは、あなたも訓練次第で炭治郎の様になれるかも!? しかし、総合して考えるに炭治郎の本当の特殊能力というのは、間違いなくニオイの記憶力です! 物語では、ついさっきあったことをコロっと忘れてしまう、おバカの様な描き方をされていますが、ニオイの種類を嗅ぎ分けるだけでは嗅覚としての意味は、なしえません、それらすべてを記憶することにより、嗅覚能力の意味があるのです。 この能力こそが炭治郎の恐るべき能力であり、特殊能力であります。 前述した通り、人は1兆種類の嗅ぎ分けが可能でありそれを炭治郎は、なんなくこなしているのであります。 炭治郎は、ある意味『北斗の拳』のケンシロウよりも人間の未開発の能力を凌駕していると思われます。 いずれにしても、『鬼滅の刃』は名作であり、今後の映画公開も非常に楽しみです。 アニメ続編が制作されるのを期待して待ちましょう。

次の

竈門炭治郎のうた

炭 治郎 の うた

基本的には誰にでも物腰が柔らかく、丁寧な口調で話しており、慈愛に満ちています。 敵である鬼に対してもそれは変わらず、鬼になってしまった哀れな人間として、倒した鬼が死にゆくときには優しく手を握って見送るという行動が見られます。 しかし、その優しさから、相手に敬意がない人間や、相手を虐げるような人間には目上の人間であろうと真っ向から反発し、決して意見を曲げない頑固さがあります。 更には真面目で何事もやり遂げるひたむきさを持っているため、修行がどんなに過酷なものでもやり遂げ、戦闘でも絶対にあきらめずに立ち向かいます。 鬼殺隊入隊の経緯 炭治郎は全鬼を統べるという始祖の鬼によって、妹・以外の家族をすべて殺害されています。 そして、唯一生き残った禰豆子は無惨の血によって鬼へと変貌してしまいます。 禰豆子を鬼に戻すため、そして殺された家族の敵を討つために、炭治郎は厳しい訓練を乗り越えて鬼殺隊へと入隊します。 額の痣について 炭治郎の額には幼い頃にやけどによってできた傷跡が残っており、これが痣となっています。 鬼殺隊の隊員や伝説の剣士である縁壱の痣とは出来た経緯が異なります。 痣の発現条件 鬼殺隊の隊員たちのうち、ある特定の条件を満たすことで痣が発現した者が数人いますが、炭治郎以外ではすべて柱が痣を発現させています。 幼少期の怪我がもとで痣ができた炭治郎や、生まれた時から痣があった縁壱とは違い、後天的に痣ができた者たちは体温39度、心拍数200異常が発現の条件となるようです。 炭治郎は傷による痣ではありますが、上記の条件を満たしたためか、戦いの中で痣が変化しています。 痣の効力 痣が発現すると自身のリミッターが外れるのか、身体能力が大幅に上昇します。 そのため、強い相手との戦闘には、痣の出現の有無が戦況を大きく変えることとなります。 しかし、爆発的な身体能力の向上は身体への負荷が大きく、「寿命の前借り」と言われています。 そのため、痣が出現した者は25歳で死亡すると言われています。 今現在で、痣による寿命を克服したのは生まれながらに痣をもっていた縁壱のみとなっています。 そして、ヒノカミ神楽も耳飾りももとは最強の剣士である縁壱から譲り受けたものでした。 縁壱は鬼殺隊を脱退した後に竈門家を訪れた際に、少しの期間ではありますが竈門家に身を寄せていました。 この時にヒノカミ神楽の舞を披露します。 炭治郎はこれが呼吸であることは知らなかったようですが、こうしてヒノカミ神楽と耳飾りが竈門家に代々受け継がれていくこととなったのです。 このヒノカミ神楽は実は無惨を倒すカギとなっており、縁壱の日の呼吸に通じるものになります。 日の呼吸は継承できるものがいなかったため、炭治郎以外に知る者はいません。 『竈門炭治郎のうた』とは 『竈門炭治郎のうた』とは、アニメ【鬼滅の刃】でのエンディングテーマであり、炭治郎の回想で父・炭十郎がヒノカミ神楽を待っている場面での挿入歌です。 家族を失い、唯一生き残った妹も鬼へと変貌してしまった炭治郎の苦しい胸の内が表現されています。 竈門炭治郎の声優 炭治郎の声を務めるのは声優・花江夏樹さんです。 その名前から女性と間違われることがありますが、男性です。 声優を目指したきっかけは【桜蘭高校ホスト部】を見たことがきっかけです。 同じく声優の山寺宏一さんに憧れて、山寺宏一さんの所属する事務所へ所属することとなります。 声優となった初めのうちは男子学生という配役が多かったです。 現在では『東京グール』の主人公・金木研や、『Fate』シリーズなど有名作品に数多く出演しており、実力派の声優として活躍しています。 竈門炭治郎の名言・名シーン 炭治郎は【鬼滅の刃】の主人公であり、戦闘シーン以外にもたくさんの見どころがあるキャラクターです。 今回は数多くある名言・名シーンの中から厳選したものをご紹介していきたいと思います。 初めての強敵・手鬼!! 炎柱・煉獄はと同等の戦いを繰り広げますが、鬼には再生力があるため結果的には力尽き亡くなってしまいます。 ・猗窩座戦は列車での戦闘になったため、炭治郎たち以外にも乗客300人が戦闘に巻き込まれることになりましたが、煉獄は乗客全員を守り抜いています。 煉獄は自身の腹を猗窩座によって貫かれていますが、貫通した腕ごと猗窩座を捕まえて陽の光で猗窩座を葬ることにします。 しかし、死を恐れた猗窩座は腕を捨てて逃げてしまいます。 命を賭して戦った煉獄に対して卑怯にも逃げた猗窩座。 その猗窩座に対して炭治郎が放った言葉です。 炭治郎の煉獄に対する想いと悔しさがにじみ出るシーンでした。 鬼へと変貌するも、人間に戻った竈門炭治郎.

次の

「鬼才」きめつのやいばの歌『 竈門炭治郎のうた 』ピアノを習っていない小学1年(6歳児)が弾き語りをしてみた【 鬼滅の刃 たんじろうのうた 弾語 超絶 】

炭 治郎 の うた

5月18日発売の「週刊少年ジャンプ2020年24号」にて『鬼滅の刃』が、最終話を迎えてしまいましたね…。 ストーリーは勿論、キャラクターの魅力はいうまでもありませんが、面白さの肝は設定の緻密さだと思います。 常人にも備わっている五感にこだわった設定(視覚、嗅覚、聴覚、味覚、触覚)これらが、新しいヒーロー&ヒロイン像を生んだひとつ要因では ないでしょうか?今回は主人公・竈門炭治郎のもつ優れた嗅覚とさらにもうひとつの特殊能力を、ひも解いてみたいと思います。 炭治郎はニオイで人の精神状態や性格を嗅ぎ取ることができる そもそも、嗅覚というのは? 揮発性の物質(ニオイ)が鼻腔の奥にある臭細胞に触れ気信号に変換され脳に情報として送られ認識します。 炭治郎はこの嗅覚能力をデフォルメされていますが、どのようなものであるか検証してみましょう。 これは、実際にあった実験なのですが、犬を使って2017年にこんな実験が行われたそうです。 怖い動画、もしくは楽しい動画を見た人が身に着けていた、汗のついたパッドを犬に嗅がせてみたのです。 犬がその後どのような行動を取るかを観察し、心拍数を計りました。 楽しい感情を抱いた人の汗の臭いを嗅いだ犬たちは、見知らぬ人に対しても人懐こい行動をみせました。 この犬たちの心拍数は、平常よりは高めでしたが、恐怖を感じた人たちの汗の臭いを嗅いだ犬たちの心拍数は平常より低く出ました。 これは、人が恐怖すると、汗の中の成分が変化します。 うれしい時、悲しい時とは異なる成分で、これは、ホルモンのシグナルの反応により血中成分が変化するためです。 つまり、学術的にもニオイで感情を嗅ぎ取ることができると立証されているのです。 とういうことは、発言に嘘や本当の心理的な変化も察知できるのであれば、相手の性格を見抜くのも、当然たやすいですよね…。 理論的な物が何かモヤっとしているので、私なりに上記を加味して考察すると敵の鬼が自身の危険を察知したら「ヤバい…そこ攻めちゃダメ!」と思った瞬間無意識に汗の中の成分もしくは体臭が化学変化しニオイを発するのでは? これこそが、隙の糸ではないかと推測しています。 炭治郎には、それが糸の様に可視化する。 糸がピンと張った状態=ニオイの濃度が最も濃い状態ではないかと思います。 つまりは、敵の鬼の精神状態が不安定な状態を察知することができる。 圧倒的に優位な状態を可視することができれば、正直とんでもない必殺技ですが…故に物語後半は隙の糸の出番がなくなります。 敵の鬼が強くなり、炭治郎に対して恐怖を感じていない、となれば説明がつきます。 劇中、炭治郎の嗅覚は警察犬並みのするどさを発揮しています。 皿を割った犯人を残り香で猫であると当てたり、地面のニオイを嗅いで鬼の痕跡を見つけたりと、一見おおげさなようですが、最近の研究論文では、人間の嗅覚は1万種類のニオイの嗅ぎ分けができると言う通説が覆されなんと1兆種類もの嗅ぎ分けが可能ということです。 また、嗅覚情報を処理する脳組織の嗅球(きゅうきゅう)。 人間の嗅球は実サイズがかなり大きく、成人で約60ミリに達することもあり、他の哺乳類の嗅球と比べてほぼ同数の神経細胞を持っている。 人間にはニオイの痕跡をたどる能力があり、人間の行動状態と感情状態はともに嗅覚に影響されるそうです。 また、(鼻が?)地上から遠い二足歩行の人間と、地上に近い四足歩行の動物とでは、ニオイの情報量が違い過ぎる為に一概に人間の嗅覚が劣っているとは言い難いそうです。 つまりは、あなたも訓練次第で炭治郎の様になれるかも!? しかし、総合して考えるに炭治郎の本当の特殊能力というのは、間違いなくニオイの記憶力です! 物語では、ついさっきあったことをコロっと忘れてしまう、おバカの様な描き方をされていますが、ニオイの種類を嗅ぎ分けるだけでは嗅覚としての意味は、なしえません、それらすべてを記憶することにより、嗅覚能力の意味があるのです。 この能力こそが炭治郎の恐るべき能力であり、特殊能力であります。 前述した通り、人は1兆種類の嗅ぎ分けが可能でありそれを炭治郎は、なんなくこなしているのであります。 炭治郎は、ある意味『北斗の拳』のケンシロウよりも人間の未開発の能力を凌駕していると思われます。 いずれにしても、『鬼滅の刃』は名作であり、今後の映画公開も非常に楽しみです。 アニメ続編が制作されるのを期待して待ちましょう。

次の