石 柳 小説。 — Miy 石柳垢

ドストライクなのはお前だけ

石 柳 小説

WEBアンソロジー 【参加サイト一覧】• 「「I feel... 」」 有沙さん• 「empty song」 硝子さん• 「きくるの森」 椎名憂希さん• 「戯言」 逢沢吉良さん• 「蝶の檻」 沙耶さん• 「Tears Virsin」 ゆこまむさん• 「天空の その上で…」 高村恵美さん• 「天使のザレゴト」 和泉かづささん• 「Heartful Days」 瀬奈みらくさん• 「rawra」 レイカさん• 「ラブノット」 まどかさん• 「ROOM BECAUSE OF BECOMING SALACIOUSLY」 高羽紅さん•

次の

柳広司のおすすめミステリー小説5選!カッコいい大人、ここにいます。

石 柳 小説

こんなのも出てるんですね。 一冊まるごと男子バレーって、どんだけなん。 なんか中表紙がやなぎーらしいんだけど、その画像は探せない私。。。 しかし、昨日の余韻が残ってるわー。 試合後、自分もサインしたのに、栗さんのサインボールを欲しがって手を挙げるやなぎー。 天使がいる。 かわいすぎだう。 あと、録画してあったバレーボールチャンネルも見た。 インタビューは思ったほど長くなくて 天皇杯前だったから仕方ないのかもしれない 春高がメインだったんだけど、おまけでNG集が最後にあって、石柳かわいかった。 やなぎーはなんか真面目。 間違えても真面目さん。 祐ちゃんはもー可笑しくてたまらないって感じで笑っちゃって謝ってた。 でも、2人とも天皇杯の話をしてたときは顔つきが変わって、さすがだなと。 やなぎは静かな闘志って感じです。 祐ちゃんはこの目つき。 戦う男ですな。 祐ちゃんは、けっこう顔に出やすいタイプですね。 試合中でも、この2人が並んで立ってるだけで、惹きつけられた。 このコンビ最強。 好きすぎる。 この2人がチームで戦う姿が早く見たい。 エバ柳も好きだけど、やっぱり石柳ね! でも、昨日の試合の、やなぎーから抱きつきにいったエバ柳の画像欲しい。。。 すぽるとに出たらしいんだけどさ。 見逃した。。。

次の

男子バレー人気沸騰の“石柳”コンビ 母親同士もママ友の仲

石 柳 小説

今日は練習後二人で一緒に帰る約束をしている それなのに 石「ごめんまささん。 今日健太郎さんに誘われたからご飯行ってくるね。 」 それを聞いた瞬間俺の中で何かが切れた 柳「もういい。 健太郎とずっと一緒にいればいいじゃん!お前なんか知らない!」 石「え?まささん!!」 ゆーきの声を無視して走った あんな事言うつもりじゃなかったのに 俺の心がもっと広かったらいいのに ーーーーーー 柳「... はぁっ」 部屋についてベットに寝転ぶ 今更後悔してる なんであんなこと言っちゃったんだろう 今頃健太郎と楽しんでるのかなぁ 柳「うわっ。 なんだこれ.. 」 涙が溢れて止まらなかった もう終わったと思った ドアの方からドタバタと足音が聞こえる 誰だ? こんな泣き顔見られたくないんだけど... するといきなり部屋の扉が開いた 石「... はぁっ... はぁっ... まささん」 汗だくで息を乱しているゆーきだった 柳「な... なんで」 ゆーきをみてまた涙が溢れてきた 健太郎のとこへ行かず追いかけてきてくれた 石「当たり前でしょ。 こんなまささん放って置けるわけない」 そういって溢れていた涙をぬぐって抱きしめてきた 柳「お前もう俺に飽きたんじゃねーの...? 」 石「なにそれ。 俺そんなこと言ったことないし思ってもない」 柳「だって... 最近健太郎ばっかじゃん... だからもう俺に飽きたのかなって... 」 石「まささんのバカ。 俺はまささんだけだよ。 健太郎さんあとちょっとで誕生日だから付き合っただけだよ。 でもヤキモチやいてくれたんだよね?ありがとう」 柳「... ばかゆーき... ぐず」 石「ふふ 僕はまささんのバカ犬です。 許してくれる? 」 柳「じゃあ... ち、ちゅーして」 勇気を振り絞って言ったのに返事がえってこなくて 心配になってゆーきをみたら 顔を赤に染めて 目を見開いていた 柳「ゆ、ゆーき? 」 ゆーきは はぁっとため息をついた 石「どこでそんなセリフ覚えたの... 我慢出来なくなるじゃん... 」 深いキスが落ちてきた 柳「... きっ」 石「... はぁ」 とろけるような甘い時間 幸せだ 石「これで許してくれる? 」 柳「... しゃーなしで」 石「ふふ なにそれ」 柳「もう俺から離れんなよ」 石「当たり前」 end via.

次の