コロナいつまで続くのか スピリチュアル。 自分基準で生きる時代の幕開け〜アフターコロナ〜

コロナウィルスをスピリチュアルな次元から解説します!|創造性を育み多様性を尊重するいのちの教育と食、育み合い共に成長する心を大切にする自然派子育てLoveな天真爛漫スピリチュアルメッセンジャーのママによる情報発信場!|note

コロナいつまで続くのか スピリチュアル

今は、「戦時体制」と認識すべし この武漢肺炎の件については、でもう十分かな?と思ってまして、ネオ仏法としては、着々と次の文明の準備に入るつもりでした。 個人的には、恐怖の予言めいたいことは好きでないですし、私の関心はもっと「その先」のほうに照準が当たっています。 ただ、「現世で学べるものは学びつくそう!」という観点からは、現在進行形でみなが関心を持たざるを得ない問題から学びを深めるということも大事ですし、 それはまた「今回の文明の総決算」的な意味もあるかな、と思い直した次第です。 さて、前回の記事では、「武漢肺炎については、人災と天災の両面がある」という分析をしました。 ここのところをさらに突っ込んでいきたいと思います。 「中国共産党も意図して漏らしたわけではないだろう」と書きましたが、きっかけはそうであるにせよ、いくつか気になる点はあります。 「中国本土ではもはや収束に向かっている」というのは、まあこれはいわゆる「大本営発表」だろうな、という認識でよろしいと思います。 過去のGDP統計などもそうですが、中国が発表する数値はまるで信用がおけません。 しかしそれにしても、 アメリカやイタリア、スペイン、イギリスなどの欧米諸国の被害があまりに大きすぎるのも気になる点です。 日本については、初動のミスはありましたが、欧米諸国に比べると被害はぐっと少ないですよね。 発展途上国については、そもそも統計すら取れない、というのが実情でしょう。 思うに、初期段階では、「生物兵器研究所から漏れた」にせよ、習近平の意図としては、「この機会に、より致死率の高いウイルスに切り替え、それを欧米諸国にドローンなどでばらまいたのではないか?」という疑惑です。 日本については、もともと習近平が国賓として招待される予定でしたから、「あまり致死率の高いウイルスではまずい」と、初期のウイルスで抑えめにしたとか。 つまり、スタートポイントとしては、「自然発生」ということを世界に受け入れさせてですね、これは、今やCHOとも呼ばれつつあるWHOの後押しもありますね。 その次の段階からは、「意図的な生物兵器の攻撃」に切り替えた可能性はありますね。 イタリアも、中国の医師団が派遣された後、急に感染と死亡者が拡大しました。 これも解せぬところです。 習近平としては、米国からは関税を使った経済戦争をしかけられ、相当ダメージを受けているところでもありましたが、かといって、今の段階で米国と通常兵器(もしくは核兵器)での戦争をやっても勝てませんからね。 ところが、証拠を残さない生物兵器であれば、報復を受けずに米国にダメージを与えることができるかもしれない、といったあたりの読みです。 しかし、米国がこのまま放置しておくことは考えられず。 また、秋には大統領選も行われます。 その際、武漢肺炎のダメージで多数の死傷者を出し、経済的にも大打撃を受けた状態でトランプさんが選挙戦に臨むとは考えにくい。 なので、秋の大統領選の前段階において、米国なりの「証拠」をつかみ、報復攻撃に出ることは十分に予想されます。 なので、分かりやすいかたちでの第三次世界大戦へと発展する可能性もありますし、あるいは、米国もなにかしら、証拠を残さない非通常兵器で対応する可能性もありますね。 まあほんとに、この世は変数が多いので、予測としてはいろいろな可能性が考えられます。 6万人にのぼっていますので、この数値ではもはや、「第三次世界大戦の真っ最中である」「戦時体制下にある」という認識でよろしいかと思います。 感染の拡大はいつまで続くか? 日本政府としては、GW(ゴールデンウィーク)まで自粛要請を出し、10万円の給付金と休業補償と、あとはマスクの配布ですか、とにかく「接触を避ける」作戦で沈静化に向かうことを期待していたようですが、 やはり私のみる限り、収束に向かうとは楽観的過ぎで、むしろ来年のオリンピックも開催できないだろうと思っています。 世界全体としては、対策がたってくるまで2-3年はかかるのではないですかね。 要は、「ワクチンを作れるかどうか?」が反撃の決め手なのですが、過去のペストなどの疫病では抗体ができるまではやはり、そのくらいの時間はかかりますからね。 それで、「2-3年」という長さがいったいどれだけのダメージを与えるか?ということになりますが、 とりあえず、日本に限って考えたとしても、給付金10万円とか休業補償とか、いつまでもやれるわけはないですね。 太平洋戦争開戦前の山本五十六の言葉を思い出してみましょう。 それは是非やれと言われれば初め半年や1年の間は随分暴れてご覧に入れる。 然しながら、2年3年となれば全く確信は持てぬ。 ということでした。 「人と接触しない」、 ソーシャルディスタンスを徹底するのであれば、当然、貿易もできなくなってしまいますからね。 これはつまり、 エネルギー問題と食糧問題が身近なクライシスになってくるということです。 こういう状況になってみると、 反原発運動とか日露平和条約が結べていないことがいかにマイナスに作用しているか? 単なる机上の主張ではなく、私たちの(地上の)生命の安全問題に関わってくる問題であったことがお分かりでしょう。 またここで、「経済がグローバル化している」というのが、非常にマイナスに働いてくるところでもあります。 なので、 経済は世界恐慌を通り越して、第一次産業(農業・漁業など)レベルまで縮小することも考えられます。 まだ、変数が多いのが希望 と、ここまで。 これでも抑え気味に書いているのですが、自分で書いていてもうんざりするレベルではあります。 上記までのことは、あくまで「現象界の視点」ですね。 大事なのは、前回の記事でも書きましたが、「実在界の視点」です。 やはり、文明の末期にあたって、 実在界の視点(神の視点)から見て、「人類の悪見、悪波動が許容範囲を超えてしまった」ということです。 許容範囲を超えている、ということはどういうことであるかと申しますと、 もはや、 地上が魂の学びの場として適切ではなくなっている、ということであり、もっとはっきり言えば、 地上が悪霊の再生産工場と化している、ということですね。 なので、 永遠の生命の部分を腐らせていくくらいであれば、強制的な手段であっても、現文明を終わらせたほうが良い、という考えです。 「肉体は、魂の乗り物」という例えから言うならば、「本人が死ぬよりは、車を壊したほうがマシ」ということです。 しかし、もちろん、ソフトランディングで次の文明へ移行する可能性もあったのですが、これはもう無理、という段階に入っています。 ただし、アトランティス文明などの例とは違って、まだ可能性というか、変数が残されています。 地球レベルであっという間に大陸が陥没するとか、そういうレベルだと、そもそも考える時間も選択の余地もありませんからね。 しかし、 「疫病対策で家で自粛するしかない」となると、自宅でゆっくり考える時間はできます。 ここで、 どれだけの割合でどれだけ多くの人が、根本原因について思いを巡らせることができるか、内省ができるか、 キリスト教的に言えば、悔い改めができるか。 真理スピリチュアルに目を開くことができるか、というところが最重要ポイントです。 何度も申し上げているように、「臭いものは元から断たなければダメ」で、単にコロナウイルスをやっつけたとしても、根本の反省が入らない限りは、いろいろなパターンで危機的状況は再発してきます。 よく耳をすませば、私以外にもこういうことを言っている人が世界各地にいるはずなのですが、それでも、今の段階では、ソーシャルディスタンスとかマスクとか、手段の方ばかりがネットでわいわいとシェアされている状況ですよね。 要は、この世で考えつく通常手段で、という発想の段階です。 まだ唯物的論理で対処できると思いこんでいる状況。 しかし、これがだんだん行き詰まりを見せてきます。 *そもそも、ウイルスはマスクを通ってしまいますので、飛沫を避ける以外はあまり効果がないのです なので、通常手段で行き詰まった場合、次に何を考えるか?が大事です。 人はある意味で、次の3種類に分けられます。 すなわち、• 失敗する前に智慧で見抜いて分かる人• 失敗してから、智慧を汲み取っていく人• の段階が試されているということになります。 の段階に突入すると、アトランティス文明のような結末になるでしょう。 しかし、もう一度申し上げておきますが、 まだ考える時間が与えられています。 個人レベルではよく、「貧病争」をきっかけに真理に目が開かれるケースが多いですが、これが今は人類レベルで期待されているということです。 それほどまでに、「人間が偉くなりすぎた」ということです。 人間がトップ(神)に成り上がり、善悪を「自分軸で」判断するようになった。 これすなわち、 旧約聖書で、アダムとイブがエデンの園から追放された寓意と同じことですよね。 「善悪を知る知恵の木の実」を食べたということ。 手にしたのは「知恵」であって、決して、奥深い「智慧」ではないんです。 とりあえずこのシリーズは「ウイルスに対抗する法」まで行きたいと思っています。 今の段階でひとつ申し上げておくと、「 聖霊を受けられるだけの信仰の器をつくる」ということです。 この点、学びを深めておきたい方は、(最近よくお勧めしていますが、)、カール・ヒルティの『』をこの機会にじっくり読み込んでおくことをお勧めいたします。

次の

コロナ いつまで続くの?スピリチュアルな意味や予言と予測!?

コロナいつまで続くのか スピリチュアル

新型コロナウイルスはいつまで続く? 前にアメリカの スピリチュアル超能力者シルビア・ブラウンが、著書で新型コロナウイルス発生を12年前に予言していたという記事を書きました。 今回はスピリチュアル予言者のほかにも、ビルゲイツや高嶋哲夫などが著書で新型コロナウイルスのことを予言していたのではないかと思われることについてまとめてみました。 収束時期については3月から収束に向かう、という楽観的なものから、何年も繰り返し起こる、という悲観的なものまでさまざまで何とも言えませんが、一度収束してもまた余波が来るというのが大方の見方です。 100年前に流行ったスペイン風邪は収束に2年以上かかったと言われています。 状況は違いますが、1年はかかる、そしてその後も小規模な余波が来る、と見たほうがよいかもしれません。 スピリチュアル超能力者の予言 ブルガリアの予言者ババ・ヴァンガ ババ・ヴァンガは1911年に生まれ1996年に84歳で亡くなったブルガリアの予言者。 「ババ」とはブルガリア語で「おばあちゃん」という意味だそうです。 ヴァンガは12歳のときに竜巻に飲み込まれ、両目を傷つけられて失明してから予知能力が身についたそうです。 今までに第二次世界大戦の勃発、チェルノブイリ原発事故、ソ連崩壊、ダイアナ妃の死去、アメリカ同時多発テロ事件、数々の地震、イスラム国の台頭などを予言したといわれています。 新型コロナウイルスについては亡くなる数年前に、「ネシュカ、コロナが私たちのいたるところにある」と語ったらしいです。 そのコロナが今回の新型コロナウイルスのことか?と言われているのですが真偽は定かではありません。 ババ・ヴァンガについてはの記事にも書いています。 【2020年】ノストラダムスがコロナウイルスを予言【都市伝説・オカルト】 — NAVER まとめ — タカヒサ XIwaJkcxr8eekwq また、1999年の予言は20年の誤差で、恐怖の大王は2019年の新型コロナウイルスのことではないかとも言われています。 ノストラダムスの大予言って解釈を変えると新型コロナの話みたいな気がするけどどう思います?。 アンゴルモアの大王=コロナ(王冠) 1999年=コビット19 歓喜のうちに=オリンピック その他原文の解釈でやったら符合するところが出るのでは? — 田中 皇介 kaettkita ビルゲイツや作家の新型コロナウィルスの予言 ビル・ゲイツ ビル・ゲイツは超能力者ではないですが、未来に起きるであろう疫病を予言していたようです。 これ、3年前のビルゲイツの予言。 3300万人が感染症で死ぬとな。 実現してしまうのか? 的中しまくるビル・ゲイツの「13年以内に起きる7つの未来予言」とは?「1年以内に3300万人が感染病で死亡」 さんから — m3alp 雪降ったぜいぇーぃ m3alp 2015年にビルゲイツ氏がウイルスについて話してて、これぞ天才。 「すぐに対策を講じるべき」とありますが、どの程度真剣に受け取られたのでしょうか。 ビルゲイツの話なのである程度注目されたと思うのですが、実際この時点で対策が進んでいれば今のような状況が防げたのかは分かりません。 一番の防御策は正しく知ること」と話す。 これは小説ですが、航空機で帰国した人たちのホテルへの隔離、学校の一斉休校、人気遊園地の休園など、作品の中に描かれたことが実際今回起こっていることと同じです。 まとめ ビルゲイツや高嶋哲夫さんは、予言というよりも現実に基づいてこのような事態を起こりうると予測し、発表しています。 人類の歴史を見ればウイルス感染が繰り返し起きることは分かっていたことなのでしょう。 いつどこで起きるかは分からないにしろ、また繰り返されるのだと思います。 ウイルス感染だけではないいろいろな災害がこれからも起きていくでしょう。 ただ、私たちが災害を助長する行動をとることは避けなければいけないし、環境を大事にして生活することは続けなくてはならないと思います。 私たち個人がができることは、免疫力を付けておくこと、物事に動じない精神力を持つこと、いつ何が起きるか分からないと腹をくくって毎日を大切に生きることぐらいでしょうか。

次の

コロナの収束見込み、スピリチュアル予測・予言まとめ!いつ終息か占いで分かる?

コロナいつまで続くのか スピリチュアル

きてますねえ。 コロナについては本当にいろんな意見や解釈が飛び交いまくってるので、僕なんぞがお伝えすることは特にないんですが、 時間もあるので、アヤシイ界隈の大枠をピックアップしてみます。 今回はコロナウィルスそのものが、人為的、自然発生的などの話はせず、どういう見解があるのかに焦点を充てます。 僕は医学やウィルスの専門家ではありません。 なのでこの手の話を信じる、信じないの文脈で捉える必要はありません。 (もちろんしてもいいですが) そして何より今回のコロナで実際に心身ともにジェットコースター気分な方を害する意図はまったくございません。 できる限りの予防はして、うがい手洗いしつつ、人混み(不要不急の外出など)を避けつつ、こんな話もあるのか程度の暇つぶしになれば嬉しいです。 コロナウィルスのスピリチュアル的意味と見解 「スピリチュアル」と言ってもいろんなジャンルがありますが、今回は大雑把にメジャーな見解を取り扱ってみましょう。 色々な意見がありますが、大枠では4つに分類できると思います。 目覚めはあらゆるイベントの意味になるので最強です。 Great Awakeningってやつですね。 11や3. 11、リーマンショックや政治イベントに至るまで。 後述しますが、例えば社会システムや個人や集団の在り方、個々の感情感覚や、新世紀の仕事に至るまで。 ミクロにみるかマクロにみるかの違いですね。 個人レベルで言及が多いレッスンとしては、• レプティリアンやイルミナティによるピラミッド社会の再構築• レプティリアンやイルミナティの殲滅と新世界の登場 ここはわりと深い話になるので、もしリクエストが多ければまとめてみますが、ざっくり言うと、 コロナを利用し不安や恐怖心で人をコントロールし、 より搾取しやすい社会をつくる意図を持っているグループがいる。 (世界政府の樹立がとりあえずのゴール) という見立てをしている人たちと、コロナはその 社会をつくろうとしているグループの崩壊を意味するという見解があります。 SFっぽいですが事実は小説よりも奇なるのかもしれません。 ぼく個人としてはまあ、どのシナリオが真実であろうと起き抜けのコーヒーが美味しければ良い派です。 その他の見解ももちろんあります コロナを敢えてスピリチュアルな文脈から捉えると上記の見解や考えがわりと主流ですが、 他にも例えば、カルマ的な見解(中国の。 とか、人類の。 とかね。 )、あとは地球環境が「綺麗になっている」とすることから地球規模のデトックス。 とか、王様。 なんて考える人もいるようです。 スピリチュアル界隈っぽくて僕はどの意見もなるほどなあ。 という感想しかでてこない気がしています。 コロナウィルスの陰謀論や都市伝説的意味と見解 続いて、陰謀論グループ。 みなさんわりとアンテナ張りがちなのはこの界隈だと僕は勝手に思っています。 恐れですよ、それレッスンですから。 学びとしましょうと言われるよりも興味関心や話題に尽きないし、「裏話」やダークな話ってみなさん好きじゃないですかね。 笑 こちらも色んな見解がありますが主流な意見をいくつかピックアップしてみます。 世界の政治経済システム、国家の成り立ちなんかを闇グループと光グループに分けて、それが最終フェーズを迎えているっぽいよね。 という考えです。 この 闇VS光の抗争と捉える人たちも多種多様な考えがありますが、ちょっとだけご紹介しましょう。 なかでもわりと「極端な意見」をご紹介します。 それが、「コロナは存在せず、 今起きているのは悪魔崇拝(悪魔教)に関わってきた人たちの一斉逮捕である。 」とする説です。 彼らの中にはコロナはただのインフルで、都市封鎖や「鎖国」的な政策を各国が打ち出しているのは、悪魔崇拝に関わる人たちを囲い込む作戦的なものですよ。 という意見もあります。 有名人や首相、国のトップに立つ人が「コロナ陽性」になっている現状ですが、彼らこそが悪魔教の一部らしいですよ。 確かにそれらを裏付ける っぽい情報っていうのは(真実かウソかは別にして)わりと出てきちゃうから不思議です。 (気になる方は、Qとかカバールとか悪魔崇拝で調べると良いと思います。 ) 陰謀論や都市伝説界隈の方々は、本当にリサーチ力が半端ないなあと僕は常日頃勉強になります。 ちなみに、妻は• 悪魔崇拝の終焉と平和の訪れ• 支配的な社会から、共存へ• (闇側が勝てば)より支配的な社会• ピラミッド社会から逃れるグループの誕生• etc.. 基本的に陰謀論派の人たちは、今の社会制度が「 都合のいいように作られている」ところからの意見ですね。 陰謀論や都市伝説どう思いますか? ぼく個人の現時点での結論としては「 まあ、どっちでもいい。 」です。 (変わる可能性は大いにありますが。 ) もし、コロナが闇と光抗争の最終局面で、どちらが勝つにせよ負けるにせよ、 あらゆる可能性が消滅したり、揺らぐことって本当に僅かしかないんじゃないかなと感じるからです。 例えるなら、耳が聞こえないからできることが制限される。 と思い込んでいるようなものです。 耳が聞こえなくても聞こえてもおそらくですが自分の生きる目的とか自分の根源的なモノに触れ得ないんですよね。 だって 存在が消滅するわけではないので。 消滅しても復活すればいいとわりと真面目に思っています。 笑 まあ、この辺りは本当にいろんな意見があった方が盛り上がるので気になる方は調べて妄想を膨らませてみましょう。 西洋占星術からみるコロナウィルス 最近ホロスコープを勉強し始めまして弟子入りしたので師匠の見解を本当にさらっとだけ載せておきましょう。 ちなみに、彼の配信する「ラディマガ」はとても面白いのでぜひ興味のある方はご覧ください。 コロナ云々よりももっと濃ゆく面白い話題に溢れている予感です。 公式ラインに登録するとサイトが閲覧可能になります。 資本主義社会の崩壊と平和への扉 占星術目線で、このコロナ騒動を切り取るなら 次の時代によりタフになるための期間です。 細かい時期は省きますが、木星・土星・冥王星が一堂に会する瞬間が2020年です。 木星は拡大・発展、土星はルールや試練、冥王星が破壊と再生を意味します。 サインは山羊座です・山羊座はホロスコープ的にみると、現代社会のルールや地域を指します。 なので今回のコロナ騒動をホロスコープ目線で捉えるなら、 「 資本主義社会の崩壊と新時代(平和)への扉」と燐音さん(ホロスコープの師匠)は言っていました。 いやあ、面白いです。 他にも2024年にかけて社会や個人レベルの価値観で色々な変化が起きていくと星はいっているようですね。 例えば、SF的な世界観が現実になるとか、ベーシックインカム的な価値観がインフラになったりです。 もっと緻密な見解を述べてくれましたが、面倒なので端折ります。 笑 気になる方は、彼の公式ラインをフォローしてみてください。 コロナに言及していくかは謎ですが(僕はコロナそのものにはそんなにしないだろうなと読んでいます笑)、 星座別占いや新月と満月に届くレターはめちゃくちゃ面白いです。 まめたろうの思うコロナウィルスのスピリチュアル的意味 偉大なる先輩方が素敵な見解を述べているのでぼくの出る幕では全くありませんが、せっかくなので載せておきます。 意味はないけど意義をつけやすいエネルギー 僕はこの一言に尽きます。 「 意味はないけど、意義はあるかも。 」ですね。 当然っちゃあ当然です。 笑 僕がスピリチュアル的な世界観を好きな理由の1つは、なんでもアリなところです。 結局、僕らっておそらくですが、意識の拡大とか価値観のアップデート的なものを共通項として持っている存在ですが、全部自分を知るためのものなんですよね。 (ワンネス的に言えば。 ) なので、ある人にとって意識の拡大は、単なる散歩で起きるかもしれません。 またある人にとってはパートナーとの愛の育みになるでしょう。 ある人は悪魔教と戦うことなのかもしれません。 コロナもそういう観点から見れば、意識の拡大のツールです。 これはコロナそのものにも適用されると感じています。 (すべてはエネルギーなので。 ) 少なくとも今現時点では、多くの人がコロナは日常的に目にする単語の1つで、色んな感情感覚が巻き起こると思いますが、 自分オリジナルの意義をみつけやすいモノとしてみる日があってもいいのではとわりと感じています。 まとめ:コロナ騒動で何か変化ありますか? 正直コロナ云々に関しては記事にするかどうかめちゃくちゃ迷いました。 人によってはセンシティブなことに触れる可能性が大いにあるのと(これが99%)、僕自身が元も子もない意義をつけすいエネルギーとかいう回答にしかならないからです。 こんなこと言うと、めちゃくちゃ色んな人からお説教頂戴することになると思いますが、コロナそのものは正直どっちでもいいのが本音です。 だからといって、うがい手洗いしなくていいよ、人混みさけませんよ。 外出ガンガンしますよ。 と言っているわけではもちろんなくて、ぼく自身や妻はできることは粛々とやりつつ、自分で色んな自分発見をする絶好の期間となっている気がします。 これはコロナ騒動前からですが。 もし、このブログを読んでくださっている人の中に、少しでも心や体にゆとりのある方は助けが必要な方の手を取ってみてください。 オンラインで話をするだけでもいいかもしれません。 僕もそうしてみますので。 そして、本当にコロナで色々な状況がヤバイ!という方は僕にできることであればできる範囲で手を取るのでご連絡ください。 (神ではないのでできないことはできないって言いますが。 ) 僕もヤバイ!ってときには誰かを頼らせてもらいます。 他人事を自分事にしつつ、自分と自分の半歩先の世界をちょっとずつ大切にしながらこれからもいろんな発信をしていこうと思います。 ピックアップしてほしい内容とかリクエストがあればぜひおっしゃってください~ みなさんは今回何か自分に変化が起きているでしょうか? いつも読んでくださって本当にありがとうございます。

次の