マホイップ育成論。 【ポケモン剣盾】マホイップの育成論と対策【ソードシールド】

【ポケモン剣盾】マホイップ進化条件と全種類一覧【最新版】

マホイップ育成論

【ポケモン剣盾】マホイップの育成論と対策【70種類に進化!カッチカチのスイーツ】 こんにちは 44 です。 やってますか? 今回は柔らかそうな見た目の割にカッチカチのドロッドロになって非常に硬くなるポケモンマホイップについて育成論と対策を考えていきたいと思います。 新色の紹介をしているトレーナーがいたのではっておきますね。 マホイップの基本ステータス という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。 【マホイップの特徴1】フェアリー単タイプ マホイップはフェアリー単タイプで鋼・毒を弱点としますが実際環境で見かけるのは• ガマゲロゲのヘドロウェーブ• ストリンダーのヘドロウェーブ• サザンドラのゲップ(ダイアシッド) くらいで、それらも頻繁に見かけるわけでもないので実質的に鋼しか弱点がないようなものです。 フェアリーなのでドラパルトなどの強力なポケモンが頻繁にうってくるダイドラグーンも無効化できるのが優秀ですね。 【マホイップの特徴2】優秀な特殊ステータス マホイップは特攻110,特防121と特殊方面には上の中といえる能力を持っています。 HPは65と低いので努力値をHPに振ってあげることで総合耐久力をあげるのが一般的です。 また、物理防御は75と低いので物理アタッカーには弱いのですが、防御を2段階上げるとけるを覚えるので、とけるを積みまくることで物理方面にも強くなる戦い方がマホイップの戦法の1つにあります。 詳しくは後述の育成論でふれます。 【マホイップの特徴3】夢特性アロマベールによる安定した積み性能 マホイップの夢特性アロマベールはちょうはつなどのメンタル攻撃(メンタルハーブで回復できる攻撃)を無効化する特性です。 積み型のマホイップはアロマベールを採用することで、挑発に邪魔されずに積むことができるのが強力です。 また、通常特性のスイートベールも眠り状態にならないという特性なので、あくびをうってくる相手はただの積みの起点になるでしょう。 いずれの特性も強力なので、どちらの特性でも相手はちょうはつもあくびも安易にうつことができずマホイップはまんまと積みまくって全抜き体制を整えることができるでしょう。 基本的にカバルドンやブラッキーなどのあくびポケモンと対面できれば、相手はあまりきかない攻撃技か交代するしかないため少なくとも1ターンは積むスキができます。 マホイップの育成論と戦い方 マホイップの強い型としてはHDぶっぱチョッキ型とHBぶっぱ積み型、さらに変化球としてメタモンと組ませたデコレーションコンボ型がいます。 【マホイップの育成論1】スイートHDぶっぱチョッキ型マホイップ• 特性:スイートベール• 個体値:A抜け5V• もちもの:とつげきチョッキ• わざ:ドレインキッス・マジカルフレイム・ギガドレイン・サイコキネシス 特徴・戦い方: サザンドラなど特殊ポケモンに出していって弱点をつきながら戦います。 ただし火力はあまり出ないので、HB特化アーマーガアなど物理受けポケモンと一緒に組んで特殊ポケモンにはマホイップ、物理ポケモンにはアーマーガアというふうに交代を繰り返しサイクルを回しつつ相手を削っていき、相手が疲弊したところで3体目のギャラドスやトゲキッスなどの全抜きエースで抜いていくのが主な戦い方になるでしょう。 性格・個体値・努力値: じこさいせいを覚えられないこの型の場合はHBぶっぱで物理方面も見れるようにしようとすると中途半端になりがちで逆に使いにくいため、性格補正有りのHD全振りで特殊ポケモン全般を受けられるようにします。 命の珠トゲキッスのダイジェットはもちろん、Cぶっぱメガネサザンドラのラスターカノンすらも確定3発でおさえることができ、実際はドレインキッスで回復しつつ戦えるので特殊ポケモン相手には非常に強く出られるポケモンです。 ちなみにC無振りドレインキッスでも耐久無振りサザンドラは乱数1発で落とせます。 注意点はドラパルトやギルガルドのような物理・特殊両方いるポケモンで、型がわからないうちは安易に先発などで出さないほうがいいでしょう。 わざ: フェアリー技はドレインキッスとマジカルシャインからの選択 炎技で弱点をつけるポケモンが多く特攻ダウンもできるマジカルフレイムは確定 草技はギガドレインとエナジーボールから選択 残りの1枠はエスパータイプのサイコキネシス・サイコショックか、状態異常狙いのトライアタックから選択です。 ただ、とつげきチョッキを持っている都合上じこさいせいを覚えられないため吸収技のドレインキッスとギガドレインは覚えておくことをおすすめします。 マジカルシャインやエナジーボールはどうしても火力が足りないときに採用しましょう。 チョッキマホイップを紹介しているトレーナーがいたのではっておきますね。 【マホイップの育成論2】HBぶっぱ積み型マホイップ• 特性:アロマベール or スイートベール• 個体値:A抜け5V• もちもの:たべのこし・回復きのみ・リリバのみ• わざ:めいそう・とける・じこさいせい・マジカルシャイン 特徴・戦い方: 物理相手にはとける、特殊相手にはめいそうから入って、さらに特攻を上げるためにめいそうを積み、2〜3段階特攻を上げた後にマジカルシャイン連打、場合によってはダイフェアリーで全抜きを狙う型です。 積んでいる最中にHPが削れてきたらじこさいせいで回復して十分に積みます。 性格・個体値・努力値・特性: 積みに入ると物理、特殊どちらのポケモンも見れるようにする必要があるためHBぶっぱです。 HB特化でとけるを1回積めれば、ドリュウズのアイアンヘッドも確定3発圏内まで入るので、じこさいせいで受かるようになります。 特性は挑発持ちが多い環境のときはアロマベール、あくびもちが多い環境はスイートベールがおすすめです。 もちもの: ドリュウズ対面は比較的多いので、とけるを積む1ターンのスキを作るための鋼半減木の実(リリバのみ)や、より広めのポケモンにたいしてHPをベースアップできるたべのこし、瞬時に回復し確定数をずらして積めるスキを作れるオボンのみや混乱木の実を採用するのがおすすめです。 わざ: 攻撃技がマジカルシャインしかないのが不安な場合はじこさいせいをはずしてドレインキッス+マジカルフレイムやアシストパワーもありです。 フェアリーがききにくい鋼にマジカルフレイムは抜群を取れる上に、特殊相手には攻撃しながら特攻ダウンで耐久も上げられるので一石二鳥です。 積み型マホイップを紹介しているトレーナーがいたのではっておきますね。 【マホイップの育成論3】デコレーションコンボ型マホイップ• 特性:アロマベール• 個体値:A抜け5V• もちもの:オボンのみ・きあいのタスキ・こだわりスカーフ• わざ:デコレーション・じこさいせい・マジカルフレイム・マジカルシャイン 特徴・戦い方: スカーフメタモンと組むことが100%必須です。 相手にマジカルフレイム・マジカルシャインを一発入れてからデコレーションをうって相手の能力を上げ、それによって次のターンやられて死に出しからメタモンを出すことで間接的にスーパーメタモンを作り出すギミック戦術です。 上級トレーナーの場合はすぐに気づいて、トリックルームでメタモンの素早さを逆転させて戦略を無効化、ダイマックスでねじ伏せる、のろいなどの変化技で攻めるポケモンに交代してきますがこの戦術を知らないトレーナーは簡単にハマって倒せます。 ついつい目の前のマホイップを倒したくなる衝動に駆られますし、放置していればマホイップ自体も攻撃してきますからそれはそれで危険だったりします。 先発にステルスロックまきなど襷&耐久調整潰しポケモンを出すとメタモンの全抜きが安定するでしょう。 性格・個体値・努力値・特性: デコレーションをする前にやられてしまっては意味がないので物理・特殊両方を少なくとも1回は受けられるようにHBぶっぱです。 ただ、下からデコレーションをうった場合次のターンに相手には交換して能力上昇をリセットする、という選択肢が生まれてしまうので、きあいのタスキを持たせてSに振るのもありです。 性格補正ありSぶっぱだと準速ガマゲロゲくらいまでは抜けます。 スカーフをもたせると最速インテレオンまでは上からデコレーションすることができるようになるので、相手を削らなくていい場合はこの選択肢もありです。 その場合、あまりに異常な素早さで異変にすぐ気づかれてしまうので、デコレーションしたらすぐ倒れてもらうべく特防ダウンS上昇のむじゃきがいいでしょう。 性格補正ありSぶっぱ 性格補正+スカーフSぶっぱ もちもの: 基本はオボンのみで戦うこともできる型が安定しておすすめです。 予想外すぎる速さで相手の意表をついてデコレーションする場合は、きあいのタスキやスカーフもありですが、メタモンがきあいのタスキかスカーフのどちらかを必ず使うはずなので、どちらを取るかはよく検討しましょう。 わざ: デコレーションは確定です。 他の技は正直なんでもいいんですが、一応攻撃もできるようにマジカルシャイン・マジカルフレイムは覚えておいてもいいでしょう。 ・じこさいせい:メタモンの選出に縛られないようにしてマホイップ単体でも戦えるようにするために ・ひかりのかべ:メタモンのサポートをより手厚くするために。 ・しんぴのまもり:同上。 状態異常を防ぐ ・ミストフィールド:同上。 状態異常を防ぐ ・てんしのキッス:同上。 混乱するので死に出しは不安定になるが、メタモンが出せれば強い マホイップの対策 マホイップはこだわりトリック・すりかえに非常に弱いです。 とつげきチョッキ型であれば特防をさげられますし、積み型はコンセプトを破壊できます。 火力はもともと少ないポケモンなのでこれで機能停止します。 マホイップが流行った頃にこだわりハチマキをもたせたミミッキュでトリックをして対策してました。 高火力鋼物理もマホイップ対策に強力です。 ドリュウズ• ギルガルド• アイアント• キリキザン• ダイオウドウ• etc… タイプ一致で鋼を打てるアタッカーを連れていけば対策になるでしょう。 受けループのどくどくやくろいきり、のろいも効果的です。 特に積み型のマホイップは場に居座ることができなくなるので機能停止させることができます。 まとめ:【ポケモン剣盾】マホイップの育成論と対策【70種類に進化!カッチカチのスイーツ】 いかがでしたでしょうか。 ギミックパーティが好きなトレーナーにはぜひ使ってもらいたいポケモンの一体です。 まだ使ったことがない人は、ぜひ育ててみてはいかがでしょう。 では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 他の構築については下記記事もおすすめです。 「」 長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の

マホイップ

マホイップ育成論

はじめに 育成論初投稿の為、至らぬ点があると思いますがよろしくお願いします。 【追記】 持ち物の項目を追加 ダメージ計算にメガネアタッカーへの運用を記載• この育成論では、HABCDSの略称を使用します。 個体値はA抜け5vを想定しています。 不備、質問等ありましたらコメントにお願い致します。 マホイップについて 8世代で登場したフェアリー単タイプのポケモン 種族値は H:65 A:60 B:75 C:110 D:121 S:64 CとDが高いが、Hが低めでSも低めなこともあり、アタッカーも耐久もやりにくそうだな……というのがパッと見の印象か。 ただ、60族の上をとれる64というSはニンフィア等に先手を取れる。 フェアリー単タイプという耐性の良さを生かしていきたいところ。 役割相手・苦手な相手• 役割相手 サザンドラ、ニンフィアを始め、特殊アタッカー全般。 ウォッシュロトム、ヒートロトム等、ロトムに関してはダメージを受けきれるものの、こだわり系トリックがある為場合によっては突破が困難になるので、無理して相手をするのは推奨しない。 ロトムに関しては、トリックなしというていで話すこととする。 苦手な相手 物理アタッカー トゲキッス メインウェポンである「エアスラッシュ」が特性てんのめぐみでひるみの確率が6割ととても高い。 攻撃を耐えても、ひるんで回復ができない場合が多く、不利な対面と言える。 リザードン ダイマックス炎技からのサンパワー発動の攻撃は、リザードンのCが1段階下がっていても確定1発と高火力。 不一致弱点技について 特殊アタッカーのサブウェポンとして、「ヘドロウェーブ」や「ラスターカノン」を所持しているポケモンがいるが、基本的には「マジカルフレイム」や「めいそう」からの「じこさいせい」で回復が間に合う。 毒ダイマックス技のダイアシッドは、使用したポケモンのCが上がるため、自身もダイマックスする、鋼タイプへの交換等対処する必要が生じる可能性がある。 特性 スイートベール 自分と味方へのメンタル攻撃技『アンコール』『いちゃもん』『かいふくふうじ』『かなしばり』『ちょうはつ』『メロメロ』を無効化する。 マホイップの特性は以上の2つ。 マホイップは耐久型という性質上「ちょうはつ」を打たれやすいため、「ちょうはつ」を防げる『アロマベール』の優先度が高いと言える。 『スイートベール』に関しては、眠りで行動不能になることがない為、優先度は低いがこちらも選択肢になる。 努力値 H252 D252 C4 上記の場合HPが偶数になる為、奇数にしたい場合は H244 D252 C12 マホイップはHの種族値がそこまで高くなく、HDに特化させなければ簡単に押し切られてしまう。 余りをBでなくCに振る理由は、Bに多少振ったところで物理を受けることは難しいこと、また前述した通り、マホイップは攻撃技で相手を倒すしかないので、少しでも火力が欲しいため。 持ち物が割と自由なので、被る心配が少ないのもポイント。 確定技 じこさいせい HPを半分回復させる回復技。 マホイップの回復技は、『じこさいせい』『ねむる』『ドレインキッス』なので、使い勝手の良いこの技で確定。 攻撃しつつ相手のCを下げられる優秀な技。 相手のタイプに関わらず様々な場面で打つことになる。 相性補完としても優秀。 選択技 フェアリー技 マジカルシャイン 威力80。 ムーンフォースは覚えないので、マホイップの最大火力。 攻撃技で相手を倒すマホイップには火力も欲しいところ。 弱点をつける相手には有用だが、それ以外には与えるダメージが少ないので回復量も少ない。 タイプ不一致のマジカルフレイムと同じ威力。 選択技 補助技 めいそう CDが1段階上がる技。 相手のCを下げるマジカルフレイムは相手が交換すれば効果がなくなる。 その点こちらは耐久と攻撃面をカバー出来るので優秀。 ドレインキッスと合わせるのにも向いている技。 ひかりのかべ マホイップ自身の特殊耐久が上がるのはもちろん、後続のサポートとしても使える。 ただ、積み技と違い効果が切れるのが難点。 とける Bが2段階上昇する技。 物理にそこまで強くないマホイップでも積めば話は別。 相手の特殊アタッカー相手に余裕が出来たら積むことで、物理アタッカーに交換されても対応することが可能。 ただ、積む暇は比較的できにくい。 ワンダールーム バトルに出ているポケモンのBとDを入れ替えるトリッキーな技。 とけると似たような使い方ができるが、この技を使うと特殊受けとしては脆くなる。 とけるの方が使い勝手はいいが、相手の耐久ポケモンのBとDも入れ替わるので、後続のサポートとしても使える点がとけるとの差別化。 アンコール 使いどころは難しいが、耐久ポケモンの変化技で固定したり、後続のポケモンを出しやすくしたりできる。 他ポケモンとの差別化 同タイプの同じような技構成ができるポケモンとの差別化、メリット・デメリットを記載していく。 タイプが違うポケモンは耐性が違う時点で差別化されているため、今回は記載しない。 種族値の後に特殊耐久指数を記載する H65 A60 B75 C110 D121 S64 32680 H95 A65 B65 C110 D130 S60 40400 H101 A72 B72 C99 D89 S29 32240 H95 A70 B73 C95 D90 S60 31512 ニンフィア 〇同等 マジカルフレイム 〇メリット 高い特殊耐久、両壁、スキンハイパーボイス 〇デメリット 回復技がねむるorねがいごと 特性、即時回復の有無で差別化 フレフワン 〇同等 アロマベール 〇メリット ムーンフォース、両壁 トリックルーム、かなしばり 〇デメリット 回復がねむるorねがいごと、鈍足 マジカルフレイム未修得 即時回復の有無とマジカルフレイムで差別化 ピクシー 〇同等 マジカルフレイム 〇メリット マジックガード、ムーンフォース、両壁 コスモパワー、ドわすれ 〇デメリット 回復がつきのひかりorねがいごとorねむる 特性、回復技、積み技で差別化 猛毒や火傷、宿り木が効かない特性は有用 つきのひかりはPPが少ないこと、天候で回復量が変わるためじこさいせいの方が優秀 今作はダイマックスで天候が簡単に変わるため やはり、マホイップの一番のメリットとしては、安定した回復技じこさいせいが使えることだろう。 ダメージ計算• サザンドラ 〇ひかえめメガネ だいもんじ 37. 2-44. 5-64. 0-29. 0-43. 4-37. 3-69. 3-53. 1-77. 8-44. 8-83. ニンフィア 〇ひかえめ スキンハイパーボイス 33. 7-40. 3-19. 8-57. 6 〇ひかえめメガネ スキンハイパーボイス 49. 4-59. 0-29. 7-40. 水ロトム 〇ひかえめ ハイドロポンプ 33. 1-39. 7-32. 9-25. 8-58. 1-47. 4-37. 1-39. 4-50. 対サザンドラ D4振り ドレインキッス 79. 0-95. 3-153. 対ニンフィア H252 D4振り マジカルシャイン 19. 8-23. 4-14. 対水ロトム H252振り マジカルシャイン 30. 6-36. 6-11. 対炎ロトム H252振り マジカルシャイン 15. 3-17. 6-11. 対ナットレイ H252 D4振り マジカルフレイム 61. 9-72. ニンフィアに関しては、Sが振られてなければ先に行動できますが、振られていてもこの行動で安定します。 最後に 最後までご覧いただきありがとうございました。 物理が多い環境の中活躍させるのは中々難しいと思いますが、マホイップの魅力を生かして頂けたら幸いに思います。 特に差別化というところがわかりやすかった。 自分はb特化をいつも使っていますが、これを気にd特化も使おうかなと思いました。 メガネロトムは最大乱数58. 1-39. メガネニンフィアに関しては、Sが上ということで先にマジカルフレイム めいそう ができると考えていたのですが、S振り個体がいることも考えると確実に有利というわけではありませんね……。 ご指摘ありがとうございます。 修正しておきます。 ヒトムに関しては、すぐに倒せないというのは仰る通りです。 個人的には耐久型は時間がかかる型という認識なので、各々のスタイルに合えば使って欲しいな……という感じです。 トリックについては、受け出しする機会が多くあまりされる印象はないのですが、それでも対面でされたことはありますね。 トリックを持っている時点でロトム系を仮想敵、とするのは少し難しいのかもしれません。 仮想敵、とはせず自分でもう少し使ってみて判断したいと思います。 確かに悪巧みダイスチルは怖いですが、今のところラスカを持ってるサザンドラは少ない印象なので、なんとかやっていけるかな?という感じです。 それが、毒や鋼を半減する木の実のことです。 火力がそこまで高くなく時間をかけて相手を倒すようなポケモンでSも微妙に高いので、正直トリルパには少し相性が悪いかもしれないですね。 仰る通り火力が欲しい場合はCに振るべきなのですが、覚える技的にニンフィアやブリムオンの方がトリルパとしては使い勝手がいいかなあと思います。 ピクシーの天然については、現段階の8世代では入手不可能となっている為記述を省いています。 解禁されましたら、また記載したいと思います。 もし解禁されたとして、相手の瞑想、悪巧み、弱点保健等の火力アップ技が無効となるのはかなり強みになると思います。 ただ、マジカルフレイムの追加効果の恩恵を受けなくなるので、技構成も変わってきそうですね……。 使ってみて思ったのですが、選択技にアロマセラピーがあってもいいかなと思いました。

次の

【ポケモン剣盾】マホイップの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

マホイップ育成論

7月からのシーズンのレギュレーションが発表! 鎧の孤島の情報をチェック! ポケモン剣盾 ポケモンソードシールド におけるマホイップの育成論と対策について掲載しています。 マホイップのおすすめ技や性格、夢特性やもちものについてなども記載しているので参考にしてください。 対戦お役立ち関連記事 関連リンク 育成論 目次• すがた いちご ハート ベリー よつば おはな スター リボン ミルキィ ルビー ルビー ミックス ミルキィ バニラ キャラメル ミックス ミルキィ ソルト ミルキィ ミント ミルキィ まっちゃ ミルキィ レモン トリプル ミックス 色違い 専用技「デコレーション」 マホイップの専用技は対象のポケモンの攻撃と特攻を2段階ずつ上昇させる技です。 効果から実質 ダブルバトル専用技ですが、じゃくてんほけんを味方にぶつけるプレイングは非常に強力です。 デコレーションは まもるを使用していても貫通してデコれるので強力な技です。 デコレーションしたい横のエースに合わせて上から行動できるように素早さを調整しておくのがおすすめです。 マホイップちゃんだけでなく横のポケモンもかわいくなるのです。 有利対面で複数回の積み技を使用した後に減少したHPを回復しながら相手にダメージを与えることが可能です。 高い特防を持つ点から特殊アタッカーや耐久型のポケモンとの対面に強く、積んでしまえば止まらないエースが誕生します。 用途によって調整が必要 素早さ調整の甘いポケモンに対して上から行動できるように最速にしています。 仮想敵に合わせて素早さラインを設定して調整するのがおすすめです。 マホイップのおすすめ技考察 おすすめ技と詳細一覧 わざ 考察 ・Lvで習得 ・マホイップ専用技 かわいい ・味方に攻撃特攻2段階アップをプレゼント かわいい ・Lvで習得 ・味方の状態異常をも治すことができる かわいい ・で習得 ・味方の技威力を上げて突破を狙う ・応援している姿もかわいい ・で習得 ・デコレーション読みで集まる攻撃を無効化できる ・Lvで習得 ・全体タイプ一致フェアリー技として ・で習得 ・場持ちを良くする回復できる攻撃技 ・で習得 ・相手の特攻ダウンを狙える ・はがねタイプへの打点 ・で習得 ・耐久と火力両方を積める技 ・Lvで習得 ・防御の積み技 ・積むことで要塞化する ・Lvで習得 ・即時回復技として ・で習得 ・耐久を高める壁 ・リフレクターは習得できないので注意 ・で習得 ・どくタイプへの打点として ・で習得 ・どくタイプへの打点として ・ダメージは相手の防御で計算 ・で習得 ・積み型の場合に強力なエスパー技 マホイップのおすすめもちもの おすすめもちもの一覧 もちもの 考察 リリバのみ:はがね半減実 回復系:場持ちを良くする ・場持ちを良くする回復アイテム ・スカーフデコレーションで上からデコる! マホイップの対策 注意点 シングルの場合は積み型のアタッカーの可能性が非常に高いです。 積まれてしまうと急所以外で突破が難しくなるので速やかに処理しましょう。 ダブルでは専用技デコレーションを活かす型が多いです。 じゃくてんほけんを味方に与え続ける凶悪さは放置できないので、心苦しいですが弱点を突いて早々に退場してもらいましょう。 対策方法 弱点のはがね・どく技で攻める マホイップは特防が非常に高いポケモンですが、物理方面では積まれなければそこまで硬くはありません。 早期に決着をつけるのがおすすめです。 型によって厳選する性格や特性が異なる場合がありますので、上記の育成論の型ごとの表を目安の一つにしてください。 個体値に関して、理想は攻撃を除く5V。 複数ステータスがVの個体は比較的入手しやすく、厳選のハードルは以前と比較してもかなり低めとなりますので、理想個体を目指して孵化厳選を進めましょう。

次の