アブ シンベル 神殿。 世界遺産のきっかけ!アブ・シンベル神殿の観光情報まとめ

水没の危機を乗り越え、1年に2度だけ中に光が当たる不思議な神殿

アブ シンベル 神殿

概要・歴史 [ ] オリジナルは、砂岩でできた岩山を掘り進める形で作られた岩窟神殿。 大神殿と小神殿からなる。 建造主は新王国時代第19王朝の王、。 大神殿は太陽神を、小神殿はハトホル女神を祭神としている(小神殿は最愛の王妃のために建造されたものでもある)。 建設後、長い年月の内に砂に埋もれていたが、にスイスの東洋学者によっての一部が発見され、にブルクハルトの知人であったイタリア人探検家によって出入り口が発掘された。 1960年代、にの建設計画により、水没の危機にあったが、によって、国際的な救済活動が行われた。 1964年から1968年の間に、正確に分割されて、約60m上方、ナイル川から210m離れた丘へ、コンクリート製のドームを基盤とする形で移築された。 現在ではアスワン・ハイ・ダムの建設によってできたののほとりにたたずんでいる。 この大規模な移設工事がきっかけとなり、遺跡や自然を保護するが創設された。 アブ・シンベル神殿は世界遺産の象徴的な遺跡で、として登録されている。 この神殿では、年に2回神殿の奥まで日の光が届き、神殿の奥の4体の像のうち、冥界神であるプタハを除いた3体を明るく照らすようになっており、観光客の目玉となっている。 本来は ラムセス2世の生まれた日(2月22日)と、王に即位した日(10月22日) [ ]にこの現象が起こるものであったが、神殿の移設により現在は日にちがずれてしまった。 アブ・シンベル大神殿 [ ] アブ・シンベル大神殿。 青年期から壮年期までの4体の像が置かれている。 左から2体目の手前にある岩塊は2体目の頭部の一部 大神殿の四体の像はラムセス2世で、その前に並んでいるのは家族の像である。 奥には、アメン・ラー神、ラー・ホルアクティ神、そしてラムセス2世の像がある。 像の脚にはヌビア遠征に赴いたによるの落書きが彫られている。 ラムセス2世像のうち向かって左から2体目は神殿完成の数年後に起きた地震によって崩れ、頭部の一部が2体目の前に転がっている。 壁には神聖化された聖なる船の前で儀式を行う場面が描かれている。 浮き彫りに王の業績、北の壁には、南の壁には・・との戦いが描かれている。 アブ・シンベル小神殿 [ ] アブ・シンベル小神殿。 2体の像及び4体のラムセス2世像が交互に置かれている。 神と王妃に捧げられた神殿。 立像が6体あり、そのうちの4体は王、2体はネフェルタリである。 脇には王子と王女を配置している。 遺跡 [ ]• アブ・シンベル大神殿• アブ・シンベル小神殿 登録基準 [ ] この世界遺産はのうち、以下の条件を満たし、登録された(以下の基準は公表のからの翻訳、引用である)。 1 人類の創造的才能を表現する傑作。 3 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。 6 顕著で普遍的な意義を有する出来事、現存する伝統、思想、信仰または芸術的、文学的作品と直接にまたは明白に関連するもの(この基準は他の基準と組み合わせて用いるのが望ましいと世界遺産委員会は考えている)。 アクセス [ ]• からの無料送迎バスで約10分。 バスは飛行機の発着に合わせて往復するが、基本的にどのバスに乗ってもよい。 からバスで約5時間。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ].

次の

アブ・シンベル神殿

アブ シンベル 神殿

アブ・シンベル アブ・シンベル エジプトとスーダンの国境近くに位置するアブ・シンベル アスワンハイダムの建設によって誕生したナセル湖に面して2つの神殿があります。 ユネスコが神殿を移転するという一大事業を行った場所でもあります。 2004年12月訪問 写真はアブ・シンベル大神殿 アブシンベル大神殿・小神殿は元々ナイル河に面した岩山を彫って造られた岩窟神殿です。 しかし、アスワンハイダムの建設により水没する運命にありました。 神殿を救うため、ユネスコは近くに巨大なドームを造り、神殿をそっくりそのまま60m上に移動するという大事業は行います。 神殿の移転は世界中の協力で成し遂げられ、この事業がきっかけで世界遺産を保護しようという動きが生まれました。 19世紀まで砂に埋もれていた神殿は非常に保存状態が良く、神殿ごと移動されたと言われても、なかなか信じることができないほどです。 アブ・シンベル大神殿 アブ・シンベル大神殿はラメセス2世がヌビア人に対してエジプトの力を示すために造られた記念碑的神殿と考えられています。 古代エジプトではアスワンより南のナイル河流域はヌビアと呼ばれていました。 ヌビアは金などの鉱物資源に恵まれているだけでなく、アフリカ奥地からの象牙等の交易の中継地点としても重要だったため、歴代エジプト王はヌビアへの遠征を繰り返し、紀元前1470年ころにはトトメス3世によりエジプトの支配下に入っていました。 その約200年後のファラオであるラメセス2世は古代エジプトで最も自己顕示欲が強いと言われたファラオです。 ラメセス2世はエジプト中に建造物を建てまくったことで有名ですが、ヌビアにも多くの神殿を造り、その中でもアブ・シンベル大神殿は群を抜いた巨大さを誇っています。 アブ・シンベル大神殿は太陽神ラー・ホルアクティに捧げた神殿で、正面入り口の上部には日輪を頭にした太陽神ラー・ホルアクティと、その左右に正義の女神像を捧げるラメセス2世が彫られています。 ラメセスという名は「太陽神ラーの創りし者」という意味。 しかし、何と言っても、この神殿で特徴的なのは正面にラメセス2世の座像が4体も並んでいることでしょう。 自分の像を4体並べるという発想は自己顕示欲の強いラメセス2世ならではです。 ラメセス2世の巨像は高さ20m。 足元には愛妃ネフェルタリ(右下)や子供達の像も刻まれています。 ラメセス2世は多くの妻との間に92人の王子と102人の王女をもうけたと言われていますが、多くの妻の中でもネフェルタリへの寵愛ぶりは群を抜いていました。 そもそも、ネフェルティという名前は「美人の中の美人」とか「最高の美女」という意味だというから凄いです。 ネフェルタリ王妃の像は正面入り口の左右に刻まれています。 他の女性像は王女です。 ちなみに、エジプト三大美人は、このネフェルタリとアマルナ時代の王アクエンアテンの妃ネフェルティティ、そして、クフ王の弟の妻のネフェルト。 絶世の美女と言われるクレオパトラはエジプト五大美人には入っているけど、この3人には負けているのだそうです。 正面入り口の左手には蓮の花で首を縛られたヌビア人の捕虜が刻まれています(左下)。 正面入り口の右手にはパピルスで縛られたアジア諸国の捕虜達(右下。 上下エジプトの統合を示すレリーフ ナイル河を神格化したハピ神が蓮の花とパピルスを中央で結んでいます。 蓮の花は上エジプトの象徴でパピルスは下エジプトの象徴です。 神殿内部は残念ながらカメラ撮影禁止。 入口から内部を覗きこんで撮影してみました。 入ってすぐの大列柱室には、またもラメセス2世が8人オシリス神の格好で立っています この立像も高さ10m。 人が小さく見えます。 内部は撮影禁止なのが悔しいほど、保存状態がよくて、壁画がしっかりと残っています。 有名なのが、ヒッタイトとの戦闘を描いたもの。 壁画の中のラメセス2世は大活躍です。 ラメセス2世が「大勝利」と宣伝を続けていたため、近年エジプトがヒッタイトに送った平和条約が発見されるまで、世界中の学者もラメセス2世の大勝利と騙され続けていました。 実際は、ラメセス2世はカデシュの戦いでは危なかったようで、平和条約を結ぶことで助かったというのが本当のところのようです。 もっともラメセス2世とヒッタイトが結んだ平和条約は世界最古の条約ということですから、やはり凄いファラオと言えるのかもしれません。 この神殿、一番奥の至聖所まで、多くの部屋が続いていて、内部は想像を越える広さ。 しかも、どの部屋も壁画・レリーフがとっても綺麗で見飽きることがありません。 一番奥の至聖所にはラメセス2世を含めた4体の坐像があります。 右からラー・ホルアクティ、ラメセス2世、アメン神、プタハ神です。 年に2回、2月と10月に、神殿に差し込む朝日が神像を数分間照らし出すのだそうです。 しかも、闇の神であるプタハ神だけには陽がささないのだとか。 計画的に造られているとのことで、それもまた、凄いですね。 アブ・シンベル小神殿 大神殿の少し奥に小神殿があります。 小神殿はハトホル女神に捧げられた神殿で、ラメセス2世がネフェルタリ王妃のために造った神殿です。 正面に並ぶのは4体のラメセス2世と2体のネフェルタリ王妃。 古代エジプトでは王妃の姿は王の足元に小さく刻まれるのが普通だったのに、ラメセス2世と同じ大きさで刻まれたというのは、異例のことです。 よほどラメセス2世に愛されていたのでしょう。 そういえば王妃を挟んで立つ王の姿は王妃を守っているようにも見えますね。 本によっては、この神殿は結婚25周年を記念して王妃に贈ったものとも書かれています。 ネフェルタリ王妃の墓は王家の墓の中でも一番綺麗だといいますし、ここまで王に愛されてしまうと、他の王妃達がちょっとかわいそうになってきます。 こちらの神殿も内部は写真撮影禁止。 入口から撮ったのが右の写真です。 ハトホル女神は愛と喜びの女神と言われ、人々に幸福をもたらすと言われていました。 また、音楽とダンスの神でもあります。 ハトホル女神のレリーフは牛の耳を持つ女性の顔を正面から描くものが多く、この神殿内部にもハトホル女神の顔が刻まれた柱が並んでいます。 しかし、この神殿の見どころはなんと言っても、ネフェルタリ王妃の美しい姿でしょう。 この神殿内部に描かれているネフェルタリ王妃は、本当に「美し〜〜!」と絶叫もの。 こっそり撮ろうという誘惑と戦うのは大変です。 ハトホル女神に捧げ物をする姿や、楽器を演奏する姿など、とっても綺麗。 彫刻より壁画の方が美しさが際立っている気がします。 美人で、なおかつ、スタイルがいい。 まさに「美人の中の美人」です。 神殿の前はアスワンハイダムによってできた人造湖ナセル湖。 夕暮れは幻想的です。 夜の神殿はライトアップされ、音と光のショーも行われます。 日本人が多い時は日本語で催されます。 ラメセス2世の像を前に日本語を聞くのは不思議な気分でもありました。 ラメセス2世の建造物は数多いですが、アブ・シンベル神殿の迫力は別格もの。 それにしてもネフェルタリのこと大好きだったんですね。 参考文献 世界遺産を旅する12(近畿日本ツーリスト) 図説古代エジプト2(河出書房新社ふくろうの本) 古代エジプトうんちく図鑑(芝崎みゆき箸 バジリコ株式会社) アブ・シンベル神殿(現地にて購入) 基本的には現地ガイドさんの説明を元にまとめています。

次の

世界遺産第1号!アブ・シンベル神殿を見に行こう(アスワンからのツアー)|sea moon

アブ シンベル 神殿

TRIP 2018. 世界最大の石造建築物ピラミッドの内部を上ってみよう。 ツタンカーメンの煌びやかな宝物を間近で見てみよう。 古代エジプトのファラオたちが成し遂げた偉業を、およそ5,000年の時を超えた今、体験できるのはまさに奇跡! 偉大なるエジプト体験は時を超越して人の心を動かし、価値観さえ変えてしまう。 2017年10月から直行便が復活し、日本からカイロへは約14時間。 この日を目指し、世界中から人々が殺到する。 C Ryoichi Sato 紀元前2900年頃、ナイル川上流 南部 の上エジプトと、ナイルデルタ周辺の下エジプト、2つの国が統一され、エジプト文明は夜明けを迎えた。 ファラオたちの華麗なる足跡を、まずは上エジプトのアブシンベル神殿からたどりたい。 この2日は、太陽神が放つ聖なる光の神秘に立ち会える特別な日だからだ。 ユネスコによって救済され、世界遺産になったアブシンベル神殿。 ラムセス2世の威光を伝える遺産だ。 そんな彼の傑作とされるのが、スーダンとの国境に近い、ヌビアの地に築かれたアブシンベル神殿だ。 一説によると、この地を選んだのは、当時のエジプトの脅威だったヌビアへ力を見せつける抑止力的な意味もあったという それが仇となり、のちにヌビアの征服欲に火をつけることにもなる。 砂岩の岩山を削った神殿の正面は、高さ32メートル、幅38メートル。 そこに玉座に座った高さ20メートルのラムセス2世の彫像4体が並んでいる。 左から順に、2番目は顔が崩れているものの、青年期を経て老年へと年を重ねた姿を表している。 ラムセス2世が4体ずつ、左右に並ぶ大列柱室。 通過する人々を睥睨しているかのよう。 内部に入ると、腕を胸元でクロスさせたポーズのラムセス2世が4体ずつ左右に並ぶ大列柱室が広がる。 像たちに見下ろされ、一瞬たじろぐ。 大列柱室の像の裏、壁に刻まれた馬車に乗るラムセス2世。 勇猛果敢に戦うラムセス2世を描いたレリーフ。 その先には2つの前室があり、最奥に4体の神の彫像が並ぶ至聖所が置かれている。 内部の壁や柱に描かれたレリーフは、エジプト統合やラムセス2世が名をあげたカデシュの戦い、神々から祝福される様子など、まるで物語を読んでいるかのよう。

次の