いつも遊ぶ本体 解除。 2台のNintendo Switch本体と1本のダウンロードソフトでオンライン対戦・協力プレイする方法

Nintendo Switch、複数の本体にダウンロードソフト等がプレイ可能に。ただし一定制限あり

いつも遊ぶ本体 解除

携帯ゲーム専用ながら、オリジナルの「Nintendo Switch」(スイッチ)よりも10,000円ほど安い「Nintendo Switch Lite」(スイッチライト)。 すでにスイッチを持っているものの、自分の携帯用、もしくは自分以外の家族用に2台目として購入する、という人も多いでしょう。 しかし、自分や家族など複数のアカウントでスイッチライトを2台目として使う場合、「いつもあそぶ本体」という設定が必要になります。 この設定次第では、マイニンテンドーストアからダウンロード購入したゲームの使用に制限がかかってしまうことがあります。 スイッチライトを2台目として使う場合は「いつもあそぶ本体」の設定に注意が必要 ゲームをパッケージでしか買わないという人は「いつもあそぶ本体」の設定については特に気にしなくても問題ありません。 しかし、ダウンロード専売ソフトも増えており、最近では発売日当時にいち早く遊ぶためダウンロード購入しかしないという人も多いでしょう。 そういった人たちのために、本記事はスイッチライトを自分用や家族用の2台目として利用する際の注意点を解説します。 自分用の2台目としてスイッチライトを使用する場合 もともと持っているスイッチを自宅用に、スイッチライトを外出時の携帯用にし、ひとりで2台を運用する人もいるでしょう。 その場合は、ひとつのニンテンドーアカウントをスイッチとスイッチライトの両方に登録することになります。 この際に、スイッチを「いつもあそぶ本体」に設定すると、スイッチでは購入したダウンロードソフトをいつでも遊ぶことができますが、スイッチライトではインターネットに接続しているときしか購入したダウンロードソフトを遊べません。 つまり、スイッチライトを外に持ち出してダウンロードソフトを遊ぶ場合は、インターネット環境が必要になるわけです。 インターネットに接続されていない「いつもあそぶ本体」でダウンロードソフトを遊ぼうとすると、ゲームは起動しません そのため、この運用を考えている人は、携帯用のスイッチライトを「いつもあそぶ本体」に設定することで、インターネット環境がある自宅ではスイッチで、外出先では「いつも遊ぶ本体」のスイッチライトでダウンロードソフトを制限なく遊ぶことができるようになります。 ただし、インターネットに接続していようとも、スイッチとスイッチライトで同時に、同じダウンロードソフトを起動することはできません。 「いつも遊ぶ本体」の設定を間違えると、スイッチライトではダウンロードソフトをインターネット環境のない場所で遊べなくなるので、注意してください。 スイッチライトを家族や子ども用の2台目として使用する場合 次は、自分がスイッチを、奥さんや子どもなど家族がスイッチライトを使う場合の注意点を解説します。 こういった人の場合は、おそらく家族全員が、もともと持っているスイッチを「いつもあそぶ本体」に設定しているはずです。 少しややこしいので、お父さんと子どもを例にして説明します。 この場合、「いつもあそぶ設定」は以下の4パターンになります。 お父さんと子どもの両方がスイッチを「いつもあそぶ本体」に設定 2. お父さんと子どもの両方がスイッチライトを「いつもあそぶ本体」に設定 3. お父さんがスイッチを「いつもあそぶ本体」、子どもがスイッチライトを「いつもあそぶ本体」に設定 4. お父さんがスイッチライトを「いつもあそぶ本体」に、子どもがスイッチを「いつもあそぶ本体」に設定 1および2の場合は、それぞれの本体で遊べるダウンロードソフトは以下のようになります。 お父さんと子どもの両方がスイッチを「いつもあそぶ本体」に設定 2. お父さんと子どもの両方がスイッチライトを「いつもあそぶ本体」に設定 この場合、子どもは「いつもあそぶ本体」に設定していない本体で、お父さんが購入したダウンロードソフトを遊べません。 もし、お父さんがすべてのダウンロードソフトを購入していると、子どもは「いつもあそぶ本体」に設定していない本体で遊べるソフトがひとつもない、なんてことも起こりえます。 おそらく、お父さんが子どものソフトも購入するケースが1番多いのではないでしょうか。 そのため、お父さんと子どもの両方が、子どもがメインで遊ぶ本体を「いつもあそぶ本体」に設定するのがベターです。 この設定であれば、子どもは誰のアカウントで購入したか関係なくダウンロードソフトを遊べます。 スイッチライトを子ども用にするならば、スイッチライトをお父さんと子どもの「いつもあそぶ本体」に設定しましょう。 3および4の場合は、それぞれの本体で遊べるダウンロードソフトは以下のようになります。 こちらは、さらに複雑になっています。 お父さんがスイッチを「いつもあそぶ本体」、子どもがスイッチライトを「いつもあそぶ本体」に設定 4. お父さんがスイッチライトを「いつもあそぶ本体」に、子どもがスイッチを「いつもあそぶ本体」に設定 ここでも、1番多いと思われる、お父さんが子どものソフトもすべて購入するパターンで考えてみます。 3の場合だと、子どもは「いつもあそぶ本体」のスイッチライトでお父さんが購入したソフトを遊べません。 なので、3は回避するべきです。 4の場合だと、子どもはスイッチライトでお父さんが購入したダウンロードソフトは遊べます。 とはいえ、子どもが今後自分のアカウントでダウンロードソフトを購入しても、スイッチライトで購入したダウンロードソフトを遊ぶにはネット接続が必須となります。 つまり、外で使うことが多いスイッチライトなのに、外出先ではソフトを遊べないこともあるというわけです。 そもそも、子どもがスイッチライトを利用するのに、「いつもあそぶ本体」はスイッチに設定するというのは、何か気持ち悪い気がしてしまいます。 この4パターンから考えると、お父さんがスイッチを、子どもがスイッチライトをメインに使う場合、「2. お父さんと子どもの両方がスイッチライトを「いつもあそぶ本体」に設定」が最も制限が少なく遊べるでしょう。 「いつもあそぶ本体」によるアカウント管理はかなり複雑です。 正直なところ、筆者も解説記事を書きながら混乱してしまいました。 せめて、家族間だけでも「いつもあそぶ本体」設定によるダウンロードソフトの使用制限をゆるくできないものかとも思います。

次の

2台のスイッチで1つDL版ソフトを2人で遊ぶ方法│2人で遊べるゲーム検索エンジン

いつも遊ぶ本体 解除

最初に書いておきますが、このエントリは次のような人向けです。 ・SwitchとSwitch Liteを2台持ちしようと思っている ・自分だけでなく、家族もゲームを遊ぶことがある ・にもかかわらず、ゲームはなるべくダウンロード版で買いたいと思っているおばかさん はい、僕のことですね……。 いやー、Switchのアカウントまわり(特に 「いつもあそぶ本体」関連)が面倒というのは、Switch Liteを買う前にみっちり予習したつもりだったんだけど、見事にワナにはまってしまった。 「最初から分かってただろ!」というお叱りは承知のうえで、もしかしたら自分のようなおばかさんが他にもいるかもしれないので、一応トラブル内容をまとめておきます。 なんで今ごろ気付いたかというと、正月にたまたま家族が 「リングフィットアドベンチャーをやりたい」と言い出したから(そして家族のアカウントで起動できなくて詰まった)。 我が家の場合、普段は自分以外あまりゲームで遊ばないので、いつも持ち歩くSwitch Liteの方を「いつもあそぶ本体」にして、従来のSwitchはリビング用にしていたんですよね。 Switchの「いつもあそぶ本体」にはもう1つ、 ・『いつもあそぶ本体』でない本体でダウンロードゲームを遊ぶ場合は『ネットにつながっている時』だけプレイできる という縛りがあります。 1人で2台持ちする場合こっちの方がむしろ重要で、いつでもどこでもSwitch Liteを遊びたい場合は、Liteの方を「いつもあそぶ本体」にしておかないと、ネット環境がない場所で遊べなくなってしまう。 うちの場合リビングは常時Wi-Fiが飛んでいるので、リビングのSwitchの方は「いつもあそぶ本体」じゃなくていいや、という考えでした。 ……が、最初に書いたとおり、これだと「いつもあそぶ本体」でないリビングSwitchの方は「ダウンロードゲームは買ったユーザーしか起動できない」という状態になってしまう。 つまり、家族がリビングのSwitchでリングフィットアドベンチャー(DL版)を遊ぼうとしても立ち上がらない、というわけです。 購入していない場合は、ニンテンドーeショップで購入できます」というエラーメッセージが出る。 ちなみに、自分のアカウントで立ち上げてセーブデータだけ別に作ればいいのでは……とも思ったが、タイトル画面から新規に始めようとしても「現在はユーザーを追加できません」と言われてやっぱりダメだった。 で、仕方ないので結局、リビングのSwitchを一時的に「いつもあそぶ本体」に切り替えることでなんとか解決。 とりあえずこれで、家族のアカウントで新しくリングフィットを始めることはできました。 ただ、かわりにSwitch Liteが「いつもあそぶ本体」でなくなってしまったので、今度は出先でSwitch Liteを遊ぶ際、ネット接続が求められるようになってしまった。 家族がリングフィットを遊び終えたら「いつもあそぶ本体」をSwitch Liteに戻せばいいんだけど、これ 設定しなおすのに毎回2分くらいかかるんだよ……。 ただ、これだと次のような使い方を両立できないんですよね。 ・出先で遊びたいからSwitch Liteを「いつもあそぶ本体」に設定する ・ダウンロード購入したゲームを家族が遊べるように、リビングのSwitchを「いつもあそぶ本体」に設定する もしかしたら自分が何か設定を見落としているのではないかと、念のため任天堂サポートにも問い合わせてみたんだけど結果はやはり同じ。 「この場合は『いつもあそぶ本体』の登録を都度変更していただく必要がございます」(意訳)という回答でした。 結局どうすればよかったのか? じゃあ、結局どうするのが正解だったのか。 とりあえず「家族のアカウントでリングフィットを起動する」という希望を満たせるのは以下の4つ。 特にリングフィットの場合、出先では絶対に遊ばないことが最初から分かっていたわけで……普段はダウンロード派の人でも、 家族も遊ぶ可能性があるゲームについては、パッケージ版を買っておくのが安全でしょうね。 ダウンロード専用ゲームの場合は知らん。 ただ、今回はもうDL版で買ってしまったので、結局(1)の 「そのつど『いつもあそぶ本体』を切り変える」でなんとかすることにしました。 ただこれも毎回、再設定に2分くらいかかるので面倒ではあるんですが……幸い、今は出先でも遊びたいゲームがそんなにないので、とりあえずリビングSwitchを「いつもあそぶ本体」にしておいて、外で遊びたいゲームが出てきたらそれはそのとき考えることにしました。 (2)の「リビングSwitchを『いつもあそぶ本体』に設定し、Switch Liteはネット環境がある場所でのみ使う」については、モバイルルータやiPhoneのテザリングなどを使えばできなくはないという感じ。 ただ遊ぶたびに接続するのはやっぱり面倒だし、5G環境になって常時データ使い放題になれば現実的になってくるかも……くらいですかね。 (3)の「遊ぶユーザーごとにソフトを購入する」については、お財布に余裕がある人はどうぞ。 追記:Twitterなどの反応を見ると、 「自分はリビングSwitchを『いつもあそぶ本体』にして、出先ではテザリングで接続してる」という人がわりといたので(2)も慣れればけっこう現実的かもしれません。 まとめ:SwitchとStiwch Liteの2台持ちはあまり現実的ではない 結局のところ、上記を踏まえると 「やっぱりSwitchとSwitch Liteの2台持ちは(特にダウンロード派にとっては)あまり現実的でない」という結論に至りました。 Switch Lite、十字ボタンも使いやすいし、サイズもほどほどで持ち歩きやすく、ハード自体はいい感じなんだけどなあ……。 ということで、もし自分と同じような使い方をしようとしている人がいたらお気をつけください、というエントリでした。

次の

本体2台、ソフト1本で『スプラトゥーン2』を対戦・協力プレイする。

いつも遊ぶ本体 解除

リンク Nintendo switch(以下、switch)のソフトには、【パッケージ版】と【ダウンロード版】がありますが、本記事では『 あつまれ どうぶつの森』の【ダウンロード版】購入時に行ったswitchの「 いつもあそぶ本体」の設定ついて解説していきます。 この「 いつもあそぶ本体」の設定により、 一定の条件を満たせば、 1つの【ダウンロード版】ソフトで2台のswitchでプレイが可能となります。 ちなみにこの方法は「」 (公式)の情報に基づいておりますので、裏技ではなく正規の使用方法となっております。 自宅にswitchの本体を2台お持ちのご家族やカップルさんなどに適している内容ですので、ぜひ参考にしてください…!• 前提として… 『 あつまれ どうぶつの森』の1つの【ダウンロード版】を2台のswitchで遊ぶ方法は、前提として、 インターネット通信でのプレイ(「Nintendo Switch Online (有料)」に加入済)であることが条件となります。 それでは実際に、方法を紹介していきます。 今回はわかりやすいように、2人の夫婦「太郎」と「花子」を例に取り上げます。 花子です!普段は【二人用のswitch】で遊んでるよ。 太郎です!よく使うのは【太郎専用のswitch】だよ。 事のいきさつ switchで『どうぶつの森』が出るよ!欲しいなぁ。 よし!じゃあ買っちゃおう~。 太郎と花子は今回初めて【ダウンロード版】を購入することにしました。 【二人用のswitch】 (花子がいつも使っている方)で【ダウンロード版】の『どうぶつの森』買ったよ~! 花子はいつも通り【二人用のswitch】の花子アカウントでソフトを起動させますが… あれ…?「このユーザーでは遊べません。 購入していない場合はNintendo eショップで購入できます…」だってぇ。 太郎は【二人用のswitch】の太郎アカウントで『 あつまれ どうぶつの森』【ダウンロード版】を購入しました。 このままの状況だと【二人用のswitch】の花子アカウントは購入者でないためソフトを起動させることができないようです。 しかたなく花子は【二人用のswitch】の太郎アカウントで『どうぶつの森』をプレイしようとしましたが… あれ…?オレのswitch(【太郎専用のswitch】)で『スプラトゥーン2』が起動できない… 【二人用のswitch】で『どうぶつの森』を太郎アカウントで起動しているため、【太郎専用のswitch】の太郎アカウント( 【二人用のswitch】の太郎アカウントと同じアカウント)で他のゲームを起動できなくなってしまったのです。 さて、どうしましょう…? switch「いつもあそぶ本体」の設定 太郎が色々と調べた結果、「Nintendo Switch サポート」 (公式)の「のページにたどり着きました。 そしてさらに「」 (公式)のページで詳しく説明がされています。 でもちょっとわかりにくいなぁ。 頭がこんがらがる… オレと花子の場合は「2台目本体の購入後にやること」の「」にぴったり当てはまってるよ。 「いつもあそぶ本体」を【二人用のswitch】に設定したら、【二人用のswitch】の花子アカウントで遊べるよ。 【二人用のswitch】を「いつもあそぶ本体」にすることで、購入した【ダウンロード版】ソフトが優先的に遊べる状況になる。 これにより、花子は自分のアカウントで『どうぶつの森』を起動できるようになり、太郎も【太郎専用のswitch】で他のゲームがプレイ可能となりました。 さて、ここからが本題だよ。 「いつもあそぶ本体」ではない方でダウンロード版はできる? 「」 (公式)の「ケースB」をさらに読むと、以下のような文言があります。 「いつもあそぶ本体」ではない本体では、常にインターネットに接続する必要はあるが、家でも外出先でも(自分のユーザー)が購入したダウンロードソフトを遊ぶことができる。 結果的に、 1つのダウンロード版『どうぶつの森』で2台のswitchで遊ぶことが可能となりました。 (そういうつもりじゃなかったんだけどね…) 【二人用のswitch】で花子が花子アカウントを、【太郎専用のswitch】で太郎が太郎アカウントを使用している状況だと、 それぞれ同時にソフトが起動できる状態です。 ただし、【二人用のswitch】の太郎アカウント・【太郎専用のswitch Lite】の太郎アカウントは同時に起動できない仕様となっています。 でもそういう状況ってあまりない気がする…太郎は一人しかいないし。 switch公式のサポートサイトで親切に図解してまで解説している内容なので、違反的な使用方法ではないと判断できます。 イメージで言うと、電子書籍を買ったユーザーのアカウントの端末なら、スマホでもタブレットでも電子書籍が開ける…的な感じでしょうか。 「いつもあそぶ本体」にしたのにソフトが起動できない時 【二人用のswitch】を「いつもあそぶ本体」に設定したのにソフトが起動できない時は、「いつもあそぶ本体」ではない方(【太郎専用のswitch】)が「いつもあそぶ本体」に設定されている可能性があります。 まず「いつもあそぶ本体」ではない方が「いつもあそぶ本体」になっていないことを確認してから、【二人用のswitch】を「いつもあそぶ本体」に設定する必要があります。 「いつもあそぶ本体」設定 まとめ まとめ• 「いつもあそぶ本体」ではないswitchでは、購入者のアカウント使用でインターネット環境で【ダウンロード版】が遊べる• 「いつもあそぶ本体」の購入者以外のアカウント・「いつもあそぶ本体ではない本体」の購入者アカウントは同じ【ダウンロード版」ソフトが同時に遊べる (ネット環境) 考えてみれば、この「いつもあそぶ本体」の仕様がないと、冒頭で紹介した「太郎アカウント同時重複利用によるソフト起動不可」が発生してしまい、「2台買った意味」がなくなってしまうので、真っ当な措置だという結論にいたりました。 インターネット環境が整っている状況でのプレイをする方、 パッケージ版の購入に興味がない方でswitchを2台持っている場合は、【ダウンロード版】が お得です…。 逆に、「ネットがない環境でswitch2台持ち歩いて遊びたい…!」というような方は、それぞれソフトを購入する方が適していますね。 うちはほぼネット環境でしか『どうぶつの森』やらないから【ダウンロード版】がぴったりだね。 2人の島の行き来も、「インターネット通信」を選べば可能だし、今のところ不都合はなさそうだね。

次の