カイム 効果。 土有利古戦場に向けて2100万とかフルオとか模索する

【グラブル】カイムのサポアビは終末4凸マグナでも強いのか?

カイム 効果

そしてそれ故に何よりも孤独なるは愚者。 しかし、業も罪も忘却の彼方へと打ち捨てられた。 それは苦難か幸福か。 逆さの笑顔が見つめる幼子の瞳は無垢に濁り、蒼い空を映してきらめく。 総評 アビリティの再発動、コピー、仲間の使用アビリティによって自身のアビリティが変化など、特徴的なアビリティ群を備えたアーカルムの賢者。 できることが多く、一見すると難解で癖の強いキャラクターである印象を受けるかもしれないが、実用してみると比較的シンプルな運用ができる。 フロントでの起用時には、バトルメンバーが使用したアビリティによって変化する3アビを使用して、ゲージ加速や回復で支援しつつ、自己強化を累積していく。 そしてタイミングを見計らって2アビの強化効果で一気に畳みかけるのがシンプルながら強力。 3アビの各効果はどれも実用的な性能であり、攻撃UPや追撃効果を永続で得られるのでカイム本人は2アビのバフに頼らずとも高火力を出せる。 また、1アビによるアビリティの即使用や、模倣アビリティによって編成全体の動きに変化を付けることもできる。 本領発揮のためにはどうしてもアビリティを押す必要があるため、1秒を争うようなマルチバトルの貢献度レースのような戦闘にはやや不向き。 サブメンバーでの起用時には、特殊な武器編成によって強化効果を得られる。 詳細は後述のサポートアビリティ関係にて。 総じて、文面の印象から受けるほど難解な要素は少なく、様々な場面であらゆる味方と組んで起用することが可能なキャラとなっている。 フロント起用・サブ起用共に土属性の採用できる戦術に大きな影響を与える可能性を秘めているといえるだろう。 1度アビリティを発動すると【ダブルディール】は消去される。 ダブルディールはあくまで「 アビリティを使用した後のリキャストを0にする」効果なので、既に使用済みのアビリティはリキャスト終了まで使用できない。 発動に若干のターン制限があり、戦闘中1度きりしか使えないものの、多くのキャラクターの立ち回りに変化をもたらす可能性を秘めているユニークなアビリティ。 ただし、十天衆の4アビのように再使用不可のアビリティならびに使用間隔0ターンのものは復活できず、その場合【ダブルディール】は消費されない。 カイム自身は、後述の2アビを連続使用することで早期に【エンド・オブ・ジョーカー】を発動することができるようになる大きな利点がある。 また、類似の効果を召喚石「黒麒麟」が持っているが、こちらは「味方全体のアビリティ全て」を即使用可にするというもの。 単純に適用対象となるアビリティの数は黒麒麟に軍配があがるが、カイムのダブルディールはキャラ毎に使うタイミングをある程度選べるのが特徴。 コピー可能なアビリティはを参照。 エンド・オブ・ジョーカーと使用間隔を共有しており、使うごとに効果が入れ替わる。 土パでのコピーの代表的な使用方法としては、のグラウンドゼロによるクエストの高速周回や、ファランクスや2アビによる高難度クエストでの耐久など。 基本的にはエンド・オブ・ジョーカーのスイッチが主目的になるだろう。 ちなみに全て召喚枠。 非常に強力なバフだが、先述のとおりビギニング・オブ・ジョーカーと使用間隔を共有しているため、実質的には使用可能7ターン後、使用間隔14ターンのアビリティ。 よほどの長期戦でなければ1戦闘で1回しか使えないと考えた方がいい。 なお、ダブルディールを使用すれば最短4ターン目から発動することができる。 ブランクフェイス バトルメンバーが最初に使用したアビリティの種類に応じてアビリティ内容が変化 使用間隔:5ターン この表記のままでは使用することができない特殊なアビリティ。 このアビリティが「ブランクフェイス」表記の状態で、カイム自身を含めたバトルメンバーが最初に使用したアビリティによってアビリティが変化する。 変化時に僅かだが演出が入る。 変化の選択肢は4種類あり、編成や戦闘画面に表示されるアビリティアイコンの色で識別が可能となっている。 変化したアビリティはどれもオーソドックスで使いやすいものが揃っており、カイム自身に永続・消去不可の強化効果を併せて付与する。 また、奥義を打つ度にブランクフェイスに戻り再使用可能になるため、奥義回転が早い編成の場合3ターン程度で再度使用することも可能。 1アビ、2アビの発動に制限が設けられているカイムだが、このアビリティによる支援や自己強化でオールマイティな活躍が期待できる。 各種トリックに変化させると、奥義を撃つまではアビリティは変化したままになる。 なので、黒麒麟やダブルディールを使っても1ターンに2種類のトリックを使うことはできない。 通常攻撃後にランクが上昇する。 シンプルなダメージ源。 自身の奥義ゲージ調達にも。 連撃UPや追撃を付与できればより効果的。 これらにより、相手を問わず高いダメージを出せる。 回復上限は2000。 発動時にランクAなら3000回復できる。 吸収効果は通常攻撃でダメージを与えた際に、ダメージに応じて自身のHPを回復する効果。 回復上限は500。 回復性能UPの影響を受けるためランクJで550、ランクAで750回復できる。 オクトーが居る土パのゲージ加速の恩恵はかなり大きい。 ランクAで被ダメがおよそ半分になる。 変転効果は敵からのダメージを水属性に変換する効果。 防御UPも合わさって無属性相手にも堅牢な形で臨むことが可能となる。 一人だけ受けるダメージが水属性になるため、属性ダメカ石の選択には注意。 追撃効果だけを目当てにするならば、正位置スタートするか初手にミストなどを使えばよいだけなので簡単。 これによって3アビの強化効果を累積させやすくなる。 このサポートアビリティによって、カイムは他のどのキャラクターと組む際にも、武器編成の側面においては障害がないアドバンテージを持つ。 他賢者同様、フロントに出てきた場合や戦闘不能になった場合は効果を失う。 フロントでの癖がありつつもオーソドックスな性能と裏腹に、極めて特殊なサポートアビリティとなっている。 装備している武器をすべて異なるものにする必要があるため、特定スキルの武器を複数積むことで火力を増す昨今の環境とは完全に逆行する。 逆位置編成を組む場合、同条件で発動しダメージ上限を更に伸ばせるは事実上の必須武器となる。 マグナ編成は渾身と方陣技巧の仕様による確定クリティカルという大きな強みがあるため、これらを捨ててリターンを得られるかは怪しいところ。 一応柔らかい敵に対してなら上限UPの部分で差が出てくる。 反面、ティターン編成では白虎咆拳・邪や宝剣アンダリスのような上限突破系の武器を無理なく積める利点がある。 同じガチャ産武器を複数集めるよりは編成ハードルも低いと言えるだろう。 高防御値の敵が増えてきた最近はスキルがバラバラの武器編成でダメージ上限付近を叩くのが厳しい場面も多々あるので注意 特にマグナ。 3アビによって得られる強化効果を、ランクはランダムながら4種類全て得た状態で参戦できる。 加入時 「僕はカイム。 この大きな艇でどこまで行けるのか……すごく楽しみなんだ!」 マイページ 「ハングドマンは、ずっと逆さまで頭に血が昇らないのかな……?僕だったらどれくらい出来るかな? 一日……は、無理だよね、きっと」 「シェロは元気かなぁ。 シェロも団長たちと仲良しなのに、どうして一緒に旅をしないの?」 「僕、わからないことが沢山あるんだ……小さいときのこととか……それを考えると、頭が痛くなってね。 すごく、怖い」 誕生日限定(ネタバレのため反転) 「誕生日おめでとう!」 誕生日限定(ネタバレのため反転) 「今日はパーティだよね? にぎやかですっごく楽しそう!」 編成時 「うん!わかった!」 「ハングドマンも、一緒でいい?」 「うん!一緒に行く!」 覚醒時 「分からないことが沢山あるのは怖いけど……団長やハングドマンが色々教えてくれるから平気だよ!」 LBクラスアップ時 「これからも僕、いっぱい頑張るね!団長の役に立てるように!」 LB強化時 「僕、頑張るね!ハングドマンと一緒に!」 「やったね!」 「えへへっ僕、強くなったよね!」 図鑑台詞 「僕はカイム。 この大きな艇でどこまで行けるのか……すごく楽しみなんだ!」 「ときどきね、すごく怖い夢を見るんだ。 よく覚えてないんだけど、夢の中の僕はひとりぼっちで、それでも笑ってるの」 「ハングドマンは優しいんだけど、時々、少し怖いんだ。 でも僕、ハングドマンのこと好きだよ! いつも一緒にいてくれて、楽しいし!」 誕生日限定 1(ネタバレのため反転) 「今日、(団長)の誕生日なんだね。 おめでとう!」 「誕生日かぁ……そういえば、僕の誕生日っていつなんだろう……」 「……変だよね? 覚えてないの……」 「でも、そういうこと考えると頭が痛くなるんだ。 だからやめた方がいいって、ハングドマンが……」 「(団長)もそう思う?」 「……うん、わかった。 考えるのやめる。 ありがとう(団長)。 「ギヴィン」の火力が異常に上がっており、グリームニルのバリアの上からでも全体が簡単に倒されてしまう。 そのためカット必須。 シールドワイアでスロウも使えるスパルタが推奨される。 チョークチェイサーや昏睡が有効なのは変わっていない。 デバフ消去対策としてユリウスを編成すると事故率をほぼ払拭できる。 一応天秤入れてM攻刃2・EX攻刃2の形にしました。 ルナールのページからファクシミリのコピー可否のページいけるからそれでいいと思う。 模倣できるタイミングではアイコンの色変えるとか、わかりやすくしてほしいわ -- [DOJckpvHBlY] 2020-07-18 土 14:37:44• 四属性のリミ武器は火に大きく離され3つしかない理由はカイムに配慮している説マジ? -- [1k5CAenMwzc] 2020-05-03 日 20:18:58• 運営に聞けばいいんじゃない? -- [9IH5h0g0ul6] 2020-05-07 木 02:22:26• バブさん攻略にフロント起用してる人いる? -- [KDldStNIkJo] 2020-05-28 木 01:22:54• 1T目にルナとアンチラ落としてカイム とロベリア 出してるけどド安定だよ。 青3は言わずもがなで、カオルのディレイコピー・裏2アビの火力貢献・カルマ受けても1アビ切って水ブロの1アビ再使用、と死ぬ要素全く無い -- [JluB2nqHUXE] 2020-06-02 火 13:14:15• 最近仲間にしてかなり強くて助かってるけど、性格は初期のギスギスカイムくんの方が良かったな。 なんかコナンの猫被りをずっと聴いてるみたいでちょっと… -- [Zd1slxFd. iE] 2020-07-06 月 01:39:06• レオナの2アビコピーしたら彗眼効果と相性良いしおもしろい レオナ武器持てばクリほぼ出るしレオナが3アビで会心ふりまけるし -- [SBpQZuekHuY] 2020-07-22 水 12:13:57 New! コメント投稿を行う前に をお読みください。 誹謗・中傷・煽り・乱暴な言葉遣い・過度に卑猥・公序良俗に反する等、閲覧者が不快になるコメント、レスは控えていただきますようお願いいたします。 キャラDis、愚痴、不満についての投稿は、でお願いします。 わずかな愚痴が含まれていただけで、頭ごなしにに誘導するのはおやめください。 また、明らかに板違いの愚痴に対して、返答・誘導する場合は、言葉遣いに配慮し、板が荒れないよう気を配っていただけますようお願いいたします。 ルールを守っていただけない場合、 アクセス規制の対象とさせていただくことがございますので、ご留意ください。

次の

カイムの詳細情報

カイム 効果

土マグナハイランダー編成という可能性 水有利古戦場も終わって落ち着いて来たので、古戦場前に加入してちょっとずつ使いはじめている土属性賢者であるカイムの使用感などをあげてみようと思います。 まずはカイムのアビリティ編成 おそらく使い勝手が良いのは2アビです。 いわゆるコピースキルであり、分かりやすく言うとグラゼロのあとに打つともう一発グラゼロが打てるというようなスキル。 ただ、スキルによってはコピーできないものもあり、剣聖の剣神解放やザ・グローリーのグロリアス・アーツなどはコピーが出来ないようです。 そして、カイムの特徴とも言うべき3アビのブランクフェイス。 スタメンが使ったアビリティによってアビリティの内容が変わるというリミテッドリーシャのブレイブコマンドとちょっと似たアビリティとなります。 ブレイブコマンドはアビリティ使用後に使った種類によってアビリティ内容が変わりますが、ブランクフェイスの方はブランクフェイス状態の時に使われた直前のアビリティによって内容が変わります。 また、ブレイブコマンドの方は号令レベルの高さが非常に重要になりますが、ブランクフェイスの方はランクによって変わるのはカイムにかかる効果だけになるのであまり重要ではない気がします。 そして、ブランクフェイス及び変化した各トリックの再使用ターン数は一応5ターンとなっていますが、奥義を打つごとに各トリックがリセットされ、即ブランクフェイスが使用可になるので奥義回りがいい土属性だと5ターンかからずに打てることが多々ある感じです。 2アビの使用間隔が1ターンなのでダイヤトリックを多用していくことになる感じでしょうか。 カイムも正位置と逆位置のアビリティを持っていますが、カイムのもう1つの特徴とも言うべき刑死者の逆位置のサポートアビリティ、すべて違う武器を並べるといういわゆるハイランダー編成です。 メンバーと召喚石は全く一緒で 装備の方を変えてみました。 通常マグナ編成 マグナハイランダー編成 これで試しに通常マキュラを同じような進行で殴ってみたのですが どちらも両面ユグマグでリロード無し 通常マグナ編成 マグナハイランダー編成 差は少ないもののマグナハイランダー編成の方が強いという結果に・・・ これ以前にも同様にマキュラを殴っているのですが、やはりマグナハイランダーの方が僅かに早い結果でした。 マグナハイランダー編成の方はニーベルンホルンが3本並んでないのでクリティカル確定とはなりませんが、逆位置効果や白虎邪のダメージ上限アップ効果もありマグナハイランダー編成の方に分があるようでした。 通常マグナ編成ダメージ例 マグナハイランダー編成ダメージ例 まぁ、どちらの編成も進行する上で多少のブレはあると思いますが、少なくとも火力的には甲乙つけがたい性能と言えるのではないでしょうか。 また、HPを比べてみると 通常マグナ編成 マグナハイランダー編成 ほぼ変わらず・・・ マグナ編成の方はニーベルンクリンゲをもっと並べてHPを盛るというのもあると思いますが、自分のユグ杖はスキルレベル15までしか上げていなかったのでそれを考慮すると、マグナ編成に勝てないまでもなかなかいい勝負になるのではないかと思います。 そして、やはり本命は両面ティターンによるハイランダー編成・・・ 仮にティターンを引くことができれば違う武器を1本ずつ並べるだけなので比較的容易にティターンでのハイランダー編成を組むこともできます。

次の

カイム (SSR)の詳細・評価

カイム 効果

賢者カイムのサブ編成時のサポアビは、終末武器4凸のマグナ編成でも強力なのか。 装備している武器が全て異なる時、 土属性キャラの• 攻撃20%UP 別枠• 防御50%UP• ダメージ上限10% の効果。 このサポアビは【カイムがサブメンバーに編成されており、かつ上記の条件を満たす場合】に発動します。 武器種 例えばオメガ刀とゴブロ刀 は被っていても問題ありません。 支配の天秤と共存 支配の天秤のスキル「ソール・イコーリティ」と、カイムの逆位置の発動条件は• 装備している武器が全て異なる時 で一致しており、同時に効果を発動でき効果は共存します。 天秤は• EX攻刃20%• ダメージ上限10%UP と強力なため、カイムの逆位置を発動させる場合には、できるだけ支配の天秤を編成したいところです。 支配の天秤は全属性で使えますが、カイムの逆位置は土属性キャラ限定な点に注意 攻撃20%UP 別枠 が強力 攻撃20%UPは別枠なので、実際の与ダメージ上昇量が高く効果を実感しやすいです。 2倍 になると考えてよいです。 上限UPの量 カイムの逆位置によるダメージ上限UPの効果量は10%。 カイムをサブに編成する際には支配の天秤も編成するのを仮に前提とする場合、 特に上限UP武器を編成しない 一般的な編成よりも合計で20%上限が高いということになります。 両面マグナ編成と天秤カイム編成のダメージ比較 旧来の一般的な両面マグナ編成と天秤カイム編成の実際のダメージなどを比較していきます。 防御値15の防御下限 古戦場HELL想定、船炉あり前提で計算機を用いて比較 の2つのケースのダメージを見ていきます。 両面マグナ編成 比較に用いた装備を紹介。 4凸永遠拒絶の竪琴• 白虎咆拳・邪• 虚空槍• 天司武器 ゴブロ斧3本の確定クリティカル編成。 両面4凸ユグマグ。 ザ・ハングドマンは5凸。 天秤カイム編成• 5凸ユグ剣• ゴブロ刀• ゴブロ斧• 秋ノ落葉• 4凸永遠拒絶の竪琴• バハ剣• 支配の天秤• 虚空槍• 天司武器 装備召喚石は同じですが、 フレ石は3凸ゴッドガード・ブローディアを選択。 上限の違い 天司武器以外のダメージ上限UP要素は、• 両面マグナ編成は、主人公の通常攻撃が• 奥義ダメージは約308万で、上限に達しています。 具体的には、武器の技巧スキルでの クリティカル発生率は36. 3%となっています。 バフなしの場合、主人公の通常攻撃が• 期待値としては56万付近。 奥義ダメージは非クリティカルで約337万。 上限の約345万には少し届いていません。 結果比較 トライアルの防御下限が相手の場合、両面マグナも天秤カイムも、単発攻撃のダメージの期待値としてはほぼ同じという結果になりました。 奥義は高い上限に届きやすい分、天秤カイム編成の方が優勢と見て良さそうです。 天秤編成は「秋ノ落葉」によってDA率が11%高いことも合わせて総合的に考えると、 天秤カイムの方に軍配が上がるといって良いでしょう。 ただし、両面マグナの方はダメージが上限に引っかかっているため、余力がある状況です。 防御値15の防御下限 古戦場HELL 次は防御値15の古戦場HELLの敵を想定し、計算機を用いて連撃率も含めて総合的に比較していきます。 土船あり、土炉あり• 攻刃30%、属攻60%のバフあり の条件。 両面マグナ ダメージが上限に届きにくいため、白虎咆拳・邪をバハ剣に入れ替えます。 それ以外は同じです。 連撃やクリティカルも含めた、総合的なダメージ期待値が 約136万と出ました。 天秤カイム 先ほどと同じ編成。 こちらは 約137万。 比較 連撃率やクリティカル率を含めた火力期待値は、• ただし、計算機では考慮しきれない• DA率が11%高いことで奥義回転率が多少なりとも良くなる可能性• 各キャラの固有火力バフ まで考えると、 ダメージ上限の高い天秤カイム編成の方に分がありそうです。 天秤カイム編成の方が渾身依存度が低い 上記で示したダメージは、こちらのHPが100%時=火力が最大の状態での話です。 両面マグナは渾身スキルを持つゴブロ斧が 3本、天秤カイムはゴブロ斧は 1本入っており、どちらもHPが減るにつれて火力は下がっていきます。 例えば残りHP70%の時の火力を計算して100%時と比較してみると、• 高HPを保つ必要性が比較的低いのは単に戦いやすいだけでなく、キャラ編成の幅が広がるメリットもあると言えます。 天秤カイム編成の方が耐久力が高い 逆位置には「防御50%UP」の効果もあり、これによって 常に被ダメージを33%カットのような状態になります。 比較してみると、最大HPの減少割合よりも防御50%UPによる被ダメージ減少量の割合の方が大きいため、 天秤カイム編成の方が耐久力が少し高いと言えます。 アビリティによるHP回復も考えると、余計に天秤カイム優位です。 フルオート適性が高い• 渾身依存度が低い• 耐久力が高い の2点は、好きなタイミングでHPを回復できず、ダメージカットなども適切に使用できないフルオートの適性が高いとも言えます。 動画 マキュラソロ.

次の