ブスに花束を。 【漫画】ブスに花束をの評価・感想まとめ【ネタバレあり】

「ブスに花束を」2巻ネタバレ感想・すれ違う花と上野&3巻発売日予想

ブスに花束を

あらすじ [ ] 自らをブスと自虐する高校1年生の田端花は、今朝も日課の教室の花交換のために早朝から登校していた。 花はこの時間が好きで頭に花を挿して悦に入ってたところ、たまたま早く登校してきたクラス1のリア充イケメン上野陽介にその現場を見られてしまう。 以前から教室の花を替えている人が気になっていた陽介は、それが花だと知ったことから2人の距離は徐々に近づいて行く。 しかし、数々のフラグを折りまくる花と、恋愛に関して無知で天然な陽介の距離は縮まりそうで縮まらない状態が続いてしまう。 登場人物 [ ] メインキャラクター [ ] 田端花(たばた はな) 本作の主人公。 高校1年生。 誕生日は中の5月4日。 植物でいうとミドリムシ。 自らをブスと自覚しすぎており自虐が激しい。 美化委員で花が好き。 大人しく心優しいが、控え目すぎる性格の少女で良くも悪くも謙虚。 少女漫画やを愛好するな一面を持つ。 うぬぼれそうになると自分を殴って制御する癖がある。 人との鉢合わせを避けるため、朝誰もいない内に登校して教室の花瓶に花を活けている。 気まぐれで余った花を髪に挿しているところを陽介に見られて声を掛けられ、それを機に話すようになる。 かわいいものは好きだが、自己評価の低さから身に着けることを躊躇してしまう。 入学直後、女子のグループに入り損ねてしまい、「ぼっち」を自称する程クラスで浮いていたが、陽介を通して他のクラスメイトとの交流が増える。 当初はの違いによる外聞等を気にして陽介とある程度距離を置こうとするが、日々陽介と交流を重ねる内に思いを寄せるようになる。 中学時代は卓球部に所属しており、球技大会の時に活躍を見せるが、ダンスは苦手。 上野陽介(うえの ようすけ) クラス1のイケメンリア充。 誕生日は夏休みの8月16日。 天体でいうと太陽。 スポーツ万能で誰にでもフレンドリーで親切で優しい。 朝早く登校した際、花瓶に花を活けていたついでに少し余った花を髪に挿していた花に声を掛けたのを機に以降、花と話すようになる。 恋愛に関して小学生レベルの天然だが、それゆえ花の自虐に振り回される。 花に好意を寄せているが自覚がなく、かなり時間が経過してから気付く。 最近花と以前のように話せなくなったことを気にしている。 身長171センチメートル。 鶯谷すみれ(うぐいすだに すみれ) クラス1の美少女。 通称「うぐちゃん」。 美意識が高く完璧美少女としての努力を怠らず、美容のためのボディケアを日々欠かさず、お菓子作りや料理が得意な女子力少女。 ダンスも得意で運動会の練習でキレキレのダンスを披露する。 陽介に好意を持つ。 表と裏の顔を見事に操り、裏で花を過大評価してライバル視している。 花モチーフの雑貨や花そのものは好きだが、虫が嫌いで土いじりができない。 花に自分との女子力差を見せつけて陽介から身を引かせることを目的に一緒にショッピングに行き、自分が好意を抱く陽介にこれ以上近づかないよう花を婉曲に伝え牽制するが、花の察しの鈍さと純粋さから失敗。 さらにナンパされた男達から連れ去られそうになったところを花に助けられて以降、花の控えめだが善良な人柄は素直に認め、花と一緒に過ごすことが増え仲良くなっていく。 陽介へのアピールは花の自虐行動と陽介の鈍感さによりことごとく玉砕している。 打算的で腹黒い面はあるが、周りにはおっとりした表の顔を崩せないため、意に反して陽介と花を接近させてしまう。 文化祭で陽介に告白して失恋。 鉄男に励まされて元気を取り戻す。 陽介への失恋後は鉄男とカラオケやゲームを通じ、2人で過ごす機会が増えている。 五反田鉄男(ごたんだ てつお) 陽介の中学時代からの親友。 誕生日は正月の1月2日。 とても大人びていて全てを悟っている。 いかつい顔に似合わず気遣いができて優しい。 現状すみれの真の姿を知っている唯一の人。 姉が2人いる。 すみれの失恋を知り、姉達のアドバイスを元に休日にすみれを呼び出して不器用ながら励ます。 以降、すみれ一緒に過ごす時間が増える。 新橋努(しんばし つとむ) キョロ充の少年。 すみれに片思いしている。 中学のころは花同様に卓球部に所属しており地味だったため、花にシンパシーを感じており、何かと協力しようとする。 実は観察眼鋭く陽介の気持ちに気づいている。 花を信頼し頼み事をする中で話す機会が多く、無自覚に陽介に嫉妬される。 誕生日は春休みの3月30日。 連載初期から小太りだったが、夏の間に風邪を引いて発熱し痩せた。 大塚彩華(おおつか さやか) 24話で初登場。 25話で花たちのクラスに編入。 上野と五反田と同中出身。 陽気なギャル系少女であり、五反田を「鉄」、新橋を「トム」、花を「花ちん」と呼ぶ。 上野との出会いに訳アリの模様。 な雰囲気だが、意外にもダンスは苦手で運動会に向けて花と一緒に特訓する。 この節のが望まれています。 サブキャラクター [ ] 黒川千夏 すみれの友達のショートカット女子。 はっきりした性格。 クラス公認で井上と付き合っている。 森智子 すみれの友達の大人っぽい女子。 最初に何かを提案することが多い。 井上健太 陽介の友達の男子。 当初はすみれ狙いだったが今は黒川の彼氏。 攻めてるファッションが多い。 陽介と似た髪型。 木村俊之 陽介の友達の黒髪男子。 仲良し4人組で唯一彼女(ゆみちゃん)持ち。 目配りが利き落ち着いた性格。 相澤先生 花たちの担任で現国の教師。 生徒のことをよく見ている。 既婚者だが独身とみられることが多い。 律子の大学時代の先輩。 上野圭介 陽介の弟の小学生。 クールで大人びている。 陽介に対し容赦ない態度を取り、お使いで家に来た花を不審者として通報する。 花の人柄を認め以降は花を信頼し気に入っている。 かなり年上の律子に思いを寄せており、律子が目当てでよく神田生花店に出入りしている。 学校の女子達からモテているが、相手にしない。 神田律子 圭介の想い人で上野家近所の神田生花店の店主。 花たちの担任の大学時代の後輩。 田端母 お好み焼き屋でバイトしていた陽介を気に入り、花抜きでもバイト先に行き「陽介君」と呼び世話を焼く。 以降も意図せずちょいちょい2人のアシスト役になる。 田端父 娘に彼氏ができることを恐れている。 上野真琴 上野兄弟の母。 29話と33話に登場。 若々しくモデル級の美人。 33話で花と初遭遇。 その他のキャラクター [ ] 赤羽 39話で陽介のバイト同僚として初登場。 41話で花の中3時のクラスメイトと判明。 中学時代、花に「ブス」と言ってしまった事を謝りたいと思っている。 新橋母 18話に登場。 友達を連れてきた息子の友達にお菓子を出すなど、行動が田端母に似ている。 五反田房江 五反田祖母。 20話で初登場。 37話で名前判明。 気がつく可愛いおばあちゃん 太田さん 29話と33話に登場。 優等生キャラ。 圭介のクラスメイトで少なからず想ってるらしい。 ゆみちゃん 木村の彼女 初登場は10話。 以降も特別編や30話などに登場している。 変顔嫌いなボブ少女。 実はヤキモチ妬きで大胆。 入谷開 49話で陽介の中学時代のバスケ部後輩として登場。 大柄な熱血キャラ。 用語 [ ] MAX崇メー 12話で花が陽介に言った言葉。 スマホの「神様のお嫁さんになるゲーム」内で使われる。 崇メーを高めることにより神様のお嫁さんになれる。 花はこのゲームで陽介に似たスポーツ神を選択。 12話でつい陽介に対し「上野君のことMAX崇メーですから!」と言ってしまう。 不思議に思った陽介は2巻ミニ漫画で圭介に聞く。 圭介が「なら知ってる」と言ったことからキリスト教における神の愛と勘違いをし、翌朝花にそれを伝え、花は勘違いされていることを認識。 ベリィより甘く 作中に出てくる花の大好きな人気漫画。 主人公のいちごは花の憧れで、物語にも登場する。 この度映画化が決定したらしい。 LINEEN スマホのコミュニケーションアプリ。 花の自虐思考により自分にはハードルが高いと考え入れず、18話のバーベキュー幹事のやりとりも、鶯谷とメールで済ますほど徹底してたが22話で圭介の求めによりインストール。 23話で陽介も登録する。 この節のが望まれています。 連載形態 [ ] 本作は複数媒体で連載されており、本誌『ヤングエース』に載ったあと月遅れで とpixivコミック に掲載される。 その時は本誌の内容を半分に分け、前編後編になっている。 pixivコミックでは連載の合間に本編の後日談や、登場人物の日常を描いた特別編も掲載される。 期間限定で『ヤングエースup』と『LINE』でも連載されていた。 出張とコラボ [ ] 『ヤングエース』2017年11月号での『』とコラボしている。 『』(KADOKAWA)2017年2月号に出張掲載しており、作者Twitterにも掲載されている。 『』公式 書誌情報 [ ]• 作楽ロク 『ブスに花束を。 』 〈角川コミックス・エース〉、既刊8巻(2020年7月3日現在)• 2016年11月4日発売• 2017年7月4日発売• 2017年12月29日発売• 2018年7月3日発売• 2018年12月29日発売• 2019年7月4日発売• 2019年12月28日発売• 2020年7月3日発売 前身 [ ] 本作は『ヤングエース』連載前の2015年9月に、pixivにてプロット版 が掲載されていた。 花と陽介の顔が今のものと多少違っている。 その時は「花シリーズ」として、前述の律子、圭介バージョン もある。 外部リンク [ ]• 作者 脚注 [ ].

次の

ブスに花束を。 (1) (角川コミックス・エース)

ブスに花束を

Sponsored Link あらすじ 自分のことをブスだと自虐気味の高校1年生の 田端花。 目立ちたくない花は朝早く登校してクラスの花を毎日交換していた。 そんなある日、いつものように花を交換している姿をイケメンでクラスの中心人物である 上野陽介に見られてしまう。 花は陽介にこの事は言わないでほしいと頼む。 陽介は以前から花を交換している人が誰か気になっていたという。 「二人だけの秘密な」と笑顔で答える陽介。 これがきっかけで陽介は花を気にかけるように! しかし、二人の距離は縮まりそうで縮まらない。 二人の恋の行方はどうなる!? ブスに花束を。 が君に届けに似てるの声が? クラスで地味で目立たない女子、田端花がイケメンでクラスの人気者上野陽介と恋愛関係になっていくストーリー。 君に届けの爽子と風早を思い描いてしまう人も多かったのではないでしょうか? 上野が好きでクラス1番の美人と評判の鶯谷すみれは君に届けのくるみちゃんと被る感じ。 爽子は地味だけど、スタイルもよくて顔立ちも美人。 それに比べて花はぽっちゃり体系で顔立ちも可愛いとは言えない。 でも、花好きで優しく周りに気を使いすぎるところがは爽子とよく似ているかな? そしてそんな女子に惹かれるイケメン男子も風早と上野は共通していますね~ 鶯谷もくるみちゃんも告白して振られてからのヒロインに対する態度も似てる!.

次の

ブスに花束を・第8話のネタバレと感想|pixivコミック|女性・少女漫画紹介サイト【manganista】

ブスに花束を

Sponsored Link あらすじ 自分のことをブスだと自虐気味の高校1年生の 田端花。 目立ちたくない花は朝早く登校してクラスの花を毎日交換していた。 そんなある日、いつものように花を交換している姿をイケメンでクラスの中心人物である 上野陽介に見られてしまう。 花は陽介にこの事は言わないでほしいと頼む。 陽介は以前から花を交換している人が誰か気になっていたという。 「二人だけの秘密な」と笑顔で答える陽介。 これがきっかけで陽介は花を気にかけるように! しかし、二人の距離は縮まりそうで縮まらない。 二人の恋の行方はどうなる!? ブスに花束を。 が君に届けに似てるの声が? クラスで地味で目立たない女子、田端花がイケメンでクラスの人気者上野陽介と恋愛関係になっていくストーリー。 君に届けの爽子と風早を思い描いてしまう人も多かったのではないでしょうか? 上野が好きでクラス1番の美人と評判の鶯谷すみれは君に届けのくるみちゃんと被る感じ。 爽子は地味だけど、スタイルもよくて顔立ちも美人。 それに比べて花はぽっちゃり体系で顔立ちも可愛いとは言えない。 でも、花好きで優しく周りに気を使いすぎるところがは爽子とよく似ているかな? そしてそんな女子に惹かれるイケメン男子も風早と上野は共通していますね~ 鶯谷もくるみちゃんも告白して振られてからのヒロインに対する態度も似てる!.

次の