新海誠名言。 雲之彼端,約定的地方

《言葉之庭》經典台詞_經典語錄語句賞析_佳句網

新海誠名言

2017年7月26日から遂に、「君の名は。 」のDVDレンタルと動画配信サービスでの配信が開始しました!動画配信サービスならいつでもどこでも見放題!アニメや映画、ドラマも多数配信中です。 胸キュンも!立花瀧の名言3選 まずは『君の名は。 』の主人公・瀧の名言から。 物語の冒頭では、都会のどこにでもいるような高校生だった瀧が、三葉との入れ替わりを通して、徐々にあることを決意していく様がとても魅力的でしたね。 切なくなる胸キュンものの名言もあります。 「ーあの日、星が降った日。 それはまるで、まるで夢の景色のように 美しい眺めだったー」 立花瀧「ーあの日、星が降った日。 それはまるで、まるで夢の景色のように 美しい眺めだったー」 出典:新海誠 映画『君の名は。 』 2016年公開 映画の冒頭で一人語りされる瀧のセリフ。 「星が降った日」とは糸守の町に彗星が落下した日のことを指しています。 星が降った日、瀧は東京の自宅で彗星が落下していく様を目撃しています。 その景色がいかに美しかったのかを述べていますが、この日は瀧にとって何故だか分からないけれども心情の変化があったと感じた日でもあるのです。 「朝、目が覚めると、なぜか泣いている」ことが時々あるという瀧。 「ただ、何かが消えてしまったという感覚だけが、目覚めてからも長く残る」「ずっとなにかを、誰かを探している」 こんな感覚を体験するようになったのは、彗星落下の日からだと言うのです。 物語の冒頭部分で、彗星落下という出来事が瀧にとって何か大きな出来事であったのだろうと視聴者たちに印象づけるに十分な美しい名言。 瀧が「長く残る」と言うように、私たちにもこの冒頭のセリフが印象的に長く残ります。 物語を観終わった後にこのセリフに立ち戻ると、瀧が時々見ている夢の内容とはどんなものなのか、の想像がつきますね。 瀧がラストで三葉と再び出会うまで、いかに一人で会えない辛さを抱えて生きてきたのかということに想いを馳せると切なくなります。 「大事な人。 忘れたくない人。 忘れちゃダメな人。 誰だ、誰だ、誰だ?名前は…!」 立花瀧「大事な人。 忘れたくない人。 忘れちゃダメな人。 誰だ、誰だ、誰だ?名前は…!」 出典:新海誠 映画『君の名は。 』 2016年公開 瀧の感情をメーターであらわすとすると、おそらくここが一番最高潮なのではないかと思われるシーンで使われる名言。 カタワレ時…一瞬の逢瀬。 その後、入れ替わりも終了し、再び二人は別々の時を生きることに。 入れ替わりが終了してしまうと、記憶も少しずつ薄れていってしまいます。 どうしても守りたい、大切な人のために、ここまで強い衝動で動いてきた瀧。 しかし、その大切な相手の名前がどうしても思い出せません。 はがゆい思いと「生きていてほしい」という強い思いとが交錯し、激しく慟哭するのです。 「言おうと思ったんだ。 お前が世界のどこにいても、必ずもう一度会いに行くって」 立花瀧「言おうと思ったんだ。 お前が世界のどこにいても、必ずもう一度会いに行くって」 出典:新海誠 映画『君の名は。 』 2016年公開 これもカタワレ時の再会後の名言!まさにこの名言を体現した瀧。 突然連絡の取れなくなった三葉を探して、糸守の町の記憶だけを信じてわざわざ東京から高山まで行った行動力は本物ですよね。 実際に三葉のために駆けずり回った瀧が言うからこそ、重みがあります。 この名言は本当に胸キュンもの!この場面で「泣いた」という声も多く、一生に一度でいいから誰かに言われてみたいという女子が続出しています。 もう一人の主人公、宮水三葉の名言3選 次に紹介するのは宮水三葉の名言。 物語冒頭付近の三葉は、本当の自分を外で上手に出すことができず、目立たずイイ子でいようと、ちょっと生きにくそうにしている女子でした。 でも、瀧との入れ替わりを通して、瀧には自分を少しずつ表現できるようになり、最後は強くたくましい女の子へと変身していきます。 そんな素敵女子・三葉の珠玉の名言たちです! 「男子の視線、スカート注意! 人生の基本でしょう!?」 宮水三葉「男子の視線、スカート注意! 人生の基本でしょう!?」 出典:新海誠 映画『君の名は。 』 2016年公開 比較的おとなしい女子として周囲に認識されていた三葉。 神社のこともあり、目立たずひっそりとそこにいられればいいと思っている節のある、ちょっと消極的な女子でした。 しかし、入れ替わって三葉の中に入った瀧は、ノーブラでバスケはするわ、スカートをはいているのに足を思いっきり高くあげて組み替えるわ…やりたい放題! 普段おとなしく過ごしている三葉は、その奔放ぶりを友人たちから聞き、大激怒!瀧に淑女としての振る舞いを伝授しようと吐いた名言が上のセリフ。 どうにか体裁を保ちたいという三葉の乙女心が可愛いですね。

次の

新海誠の名言

新海誠名言

2017年7月26日から遂に、「君の名は。 」のDVDレンタルと動画配信サービスでの配信が開始しました!動画配信サービスならいつでもどこでも見放題!アニメや映画、ドラマも多数配信中です。 胸キュンも!立花瀧の名言3選 まずは『君の名は。 』の主人公・瀧の名言から。 物語の冒頭では、都会のどこにでもいるような高校生だった瀧が、三葉との入れ替わりを通して、徐々にあることを決意していく様がとても魅力的でしたね。 切なくなる胸キュンものの名言もあります。 「ーあの日、星が降った日。 それはまるで、まるで夢の景色のように 美しい眺めだったー」 立花瀧「ーあの日、星が降った日。 それはまるで、まるで夢の景色のように 美しい眺めだったー」 出典:新海誠 映画『君の名は。 』 2016年公開 映画の冒頭で一人語りされる瀧のセリフ。 「星が降った日」とは糸守の町に彗星が落下した日のことを指しています。 星が降った日、瀧は東京の自宅で彗星が落下していく様を目撃しています。 その景色がいかに美しかったのかを述べていますが、この日は瀧にとって何故だか分からないけれども心情の変化があったと感じた日でもあるのです。 「朝、目が覚めると、なぜか泣いている」ことが時々あるという瀧。 「ただ、何かが消えてしまったという感覚だけが、目覚めてからも長く残る」「ずっとなにかを、誰かを探している」 こんな感覚を体験するようになったのは、彗星落下の日からだと言うのです。 物語の冒頭部分で、彗星落下という出来事が瀧にとって何か大きな出来事であったのだろうと視聴者たちに印象づけるに十分な美しい名言。 瀧が「長く残る」と言うように、私たちにもこの冒頭のセリフが印象的に長く残ります。 物語を観終わった後にこのセリフに立ち戻ると、瀧が時々見ている夢の内容とはどんなものなのか、の想像がつきますね。 瀧がラストで三葉と再び出会うまで、いかに一人で会えない辛さを抱えて生きてきたのかということに想いを馳せると切なくなります。 「大事な人。 忘れたくない人。 忘れちゃダメな人。 誰だ、誰だ、誰だ?名前は…!」 立花瀧「大事な人。 忘れたくない人。 忘れちゃダメな人。 誰だ、誰だ、誰だ?名前は…!」 出典:新海誠 映画『君の名は。 』 2016年公開 瀧の感情をメーターであらわすとすると、おそらくここが一番最高潮なのではないかと思われるシーンで使われる名言。 カタワレ時…一瞬の逢瀬。 その後、入れ替わりも終了し、再び二人は別々の時を生きることに。 入れ替わりが終了してしまうと、記憶も少しずつ薄れていってしまいます。 どうしても守りたい、大切な人のために、ここまで強い衝動で動いてきた瀧。 しかし、その大切な相手の名前がどうしても思い出せません。 はがゆい思いと「生きていてほしい」という強い思いとが交錯し、激しく慟哭するのです。 「言おうと思ったんだ。 お前が世界のどこにいても、必ずもう一度会いに行くって」 立花瀧「言おうと思ったんだ。 お前が世界のどこにいても、必ずもう一度会いに行くって」 出典:新海誠 映画『君の名は。 』 2016年公開 これもカタワレ時の再会後の名言!まさにこの名言を体現した瀧。 突然連絡の取れなくなった三葉を探して、糸守の町の記憶だけを信じてわざわざ東京から高山まで行った行動力は本物ですよね。 実際に三葉のために駆けずり回った瀧が言うからこそ、重みがあります。 この名言は本当に胸キュンもの!この場面で「泣いた」という声も多く、一生に一度でいいから誰かに言われてみたいという女子が続出しています。 もう一人の主人公、宮水三葉の名言3選 次に紹介するのは宮水三葉の名言。 物語冒頭付近の三葉は、本当の自分を外で上手に出すことができず、目立たずイイ子でいようと、ちょっと生きにくそうにしている女子でした。 でも、瀧との入れ替わりを通して、瀧には自分を少しずつ表現できるようになり、最後は強くたくましい女の子へと変身していきます。 そんな素敵女子・三葉の珠玉の名言たちです! 「男子の視線、スカート注意! 人生の基本でしょう!?」 宮水三葉「男子の視線、スカート注意! 人生の基本でしょう!?」 出典:新海誠 映画『君の名は。 』 2016年公開 比較的おとなしい女子として周囲に認識されていた三葉。 神社のこともあり、目立たずひっそりとそこにいられればいいと思っている節のある、ちょっと消極的な女子でした。 しかし、入れ替わって三葉の中に入った瀧は、ノーブラでバスケはするわ、スカートをはいているのに足を思いっきり高くあげて組み替えるわ…やりたい放題! 普段おとなしく過ごしている三葉は、その奔放ぶりを友人たちから聞き、大激怒!瀧に淑女としての振る舞いを伝授しようと吐いた名言が上のセリフ。 どうにか体裁を保ちたいという三葉の乙女心が可愛いですね。

次の

ネトゲの最高の名言www

新海誠名言

製作 [ ] 本作品是繼《》( 彼女と彼女の猫)與《》( ほしのこえ)之後的第三部作品,同時也是首部放映時間達91分的長篇動畫作品。 2004年11月20日於Cinemax公開首映,其他的戲院也在數日後開始放映。 於2006年8月6日在以中文配音方式放映。 本作品延續前作的高製作水準,細膩生動的作畫品質與配樂上的巧妙搭配在日本上映當地獲得極高的評價。 擊敗的《》拿下第59屆每日電影競賽動畫電影獎( 毎日映画コンクールアニメーション映画賞)。 2005年12月26日推出由所描寫的小說版 ,同一時間也在 月刊アフタヌーン推出由 佐原ミズ所作畫的漫畫版;小說版在台灣由代理發行。 背景 [ ] 故事背景設定在以現實世界為基礎所衍生的,敘述日本在另一側的遭到佔領,形成南北兩側對立的舞台。 1945年,背棄,。 日本恢復主權後,北海道也改名「」,歸入蘇聯的體制之下。 1965年在第二十屆大會上宣布統合蘇聯、東歐與西亞所有社會主義國家的統一政體「聯邦國」誕生。 1960年代後半,蝦夷內部民族主義運動高漲,為了因應這個情勢,聯邦國於1975年與日本斷交,使日本南北分裂情勢延續至今。 聯邦國在蝦夷上建造有著高度直達雲端、叫做「聯邦國巨塔」的神秘建築物,該神秘巨塔因此造成與聯邦國的軍事衝突點。 劇情 [ ] 住在的中學三年級生「浩紀」與「拓也」,夢想著能夠到「神秘巨塔」所在的海峽對岸去。 於是兩個人為了實現夢想而開始製造名為「 維席拉」( Velaciela,音近維拉切拉,意為白色之翼)的飛機。 兩人的同班同學「澤渡佐由理」在因緣牽絆下遇見了浩紀與拓也兩人,並對於他們要在暑假搭乘維席拉到神秘巨塔的計畫非常的寄予厚望,也和浩紀許下一起搭乘維席拉到海峽對岸去的 約定;佐由理因此成為了浩紀與拓也兩人完成夢想不可或缺的女孩。 在此之後,佐由理在沒告知兩人的情況下就突然地轉學並從此下落不明。 受到此一打擊的兩人便停止維席拉的計畫;為了忘記曾經存在的夢想,浩紀進入東京的就讀,而拓也則是就讀青森當地的高中。 三年後的1999年,聯邦國與之間的軍事衝突即將一觸即發,神秘巨塔的秘密也日漸趨於明朗化。 另一方面,佐由理的行蹤也因神秘巨塔的解密而曝光。 佐由理是從中學三年級的夏天開始的三年內,因不明原因所引發的疾病而持續睡眠,並在發病的那年夏天即轉往的住院觀察。 在得知神秘巨塔與佐由理有著重大關係的衝擊秘密後,浩紀與拓也兩人便再次完成中學當年所無法實現的夢想。 而浩紀在謹記著當時的約定下,載著佐由理飛往那雲之彼端、約定的地方…… 角色 [ ] 藤澤浩紀 ( 藤沢浩紀(ふじさわ ひろき),:(日本);(香港亞洲影帶)(香港);(台灣)) 本作男主角。 中學三年級生,同時也是社的社員,有著些許孩子氣般的個性,偷偷暗戀著佐由理。 高中時進入東京的學校就讀並寄宿於學生宿舍。 會選擇東京的學校就讀是因為佐由理的不告而別,為了不要再見到那曾與佐由理約定的 神秘巨塔所以遠赴東京。 受到佐由理當時的影響,高中時代的浩紀也開始學起演奏,並有不錯的成績。 但當他上了高中之後,個性也開始變地內向封閉。 在遙遠的東京感到無比的寂寞。 之後的三年裡他經常莫名地進入佐由里的夢境,最終輾轉得到了佐由里住院後所寫的信才得知她的消息。 為了讓佐由理能甦醒,他想盡辦法讓小型飛機能成功起飛,帶著佐由里穿越邊界飛向約定的地方,最終使佐由理甦醒。 白川拓也 ( 白川拓也(しらかわ たくや),:(日本);(香港亞洲影帶)(香港)) 浩紀的同班同學兼好友,滑冰社社員。 跟浩紀比較起來顯得有理性、像大人般的個性,但略帶有些許寂寞的氣氛。 有物理學方面的才能,高中時代受到岡部的推薦而進入富澤研究室擔任研究聯邦國巨塔的要員之一。 浩紀和拓也寄予思念的同班同學,對藤澤浩紀存有好感。 有著鄰家女孩般的美麗外表、開朗活潑的個性中卻帶有一絲害羞,有如夢幻般的美少女。 擅長演奏的項目是。 中學三年級的夏天因不明原因時而引發,轉往的醫院後便一直持續睡眠;之後便從兩人的面前消失。 外表還維持著15歲的模樣,最終 藤澤浩紀為了履行與她的約定,在拓也的幫助下,乘坐那架飛機飛往那座塔,而此時少女在夢中也對浩紀強烈的呼喚,最終少女從睡眠中醒了過來,不過她卻忘記了最想說的事情。 岡部 ( 岡部(おかべ),:(日本)) 為了賺取飛機的零件費用而打工的浩紀和拓也所屬之工廠「蝦夷製作所」的社長;妻子因南北分裂原因而離婚。 製作所其真實身分是軍武的轉包工廠;與富澤是舊識。 富澤常夫 ( 富澤常夫(とみさわ つねお),:(日本)) 屬於青森軍事學院的戰爭時期特殊情報處理研究室的室長,做著神秘巨塔的研究,與岡部是舊識。 從前與笠原一起製作飛機。 笠原真希 ( 笠原真希(かさはら まき),:(日本);(香港亞洲影帶)、(香港得利影視)(香港)) 富澤研究室研究腦科學的年輕研究員。 對年紀比她小的拓也有好感。 製作團隊 [ ] 配音人員 [ ]• 藤沢浩紀:吉岡秀隆• 白川拓也:萩原聖人• 沢渡佐由理:南里侑香• 岡部:石塚運昇• 富澤常夫:井上和彥• 笠原真希:水野理紗• 水野理佳:• 有坂:• 蝦夷製作所工員 - 、、• 大學院生:、平野貴裕• 女子生徒 :、• 男子生徒:• ラジオ放送:前田剛• TVニュース:竹本英史• 女性看護士:中川里江、齊藤真紀• 病院院長:岩崎征実• 米軍人:• NSA:• 巡視船警告: 工作人員 [ ]• 原作、劇本、導演、音響監督:• 人物設計、總作畫監督:田澤潮• 美術:丹治匠、新海誠• 音樂:• 後期錄音演出:三矢雄二• 製作、發行:CoMix Wave 主題曲 [ ]• 「きみのこえ」• 作曲、編曲:• 作詞:新海誠• 補編曲:岡澤敏夫 參閱 [ ]• 參考文獻 [ ].

次の