女性 き 切除 と は。 女性化乳房:乳腺切除も最小限の傷跡で

世界に2億人以上が「生後8日目に女性器切除」の衝撃

女性 き 切除 と は

概要 [ ] 歴史的に見て女性器切除は2,000年もの間、沿いの広い地域のアフリカで行われてきた。 現在ではアフリカのカ国で、主に生後1週間から前のに行われる。 アフリカの人口増加に伴い、以前より多くの少女達が切除を施されている。 においては、この慣習の存在する地域からのの間においても女性器切除が広く行われていることが昨今の調査で明らかになった。 それに対して法的な規制を制定するも増えてきている。 目的 [ ]• の女性への。 の条件とされている。 結婚まで純潔・性を保てると信じられている。 女性の外性器を取り去り性感を失わせることで、女性の性欲をできると考えられている。 では「女性は二本の足の間に悪い物をつけて生まれた」と言われており、陰部封鎖させる。 手術方法 [ ]• 一般に土地の伝統的によって、や、鋭いなどが使われ、やの女性に押さえ付けられて行われる。 不衛生な状況下でたいていはや鎮痛剤無しで行われることが多いが、などでは医療関係者が行っていることが分かり問題となった。 にやなどが用いられることもある。 名称 [ ] 女子割礼、女性性器変質あるいは女性性器の切れ込み Female Genital Cutting 等、この風習を呼び表すために様々な言葉が用いられてきた。 そんな中、1990年に開催された(IAC)の総会において、今後は女性器切除(Female Genital Mutilation)という名称を用いることが決定された。 これは、「割礼」という表現が女性器切除の本質である性器の切除という事実を正確に伝達するものではないばかりか、むしろ、その非人道性を曖昧にしてしまう点を改善しようとするものである。 分布 [ ] アフリカにおける女性器切除の分布と比率 2011年世界における女性器切除の分布図 定義と分類 [ ] 国際会議などでは、(WHO)の定義を使うことで同意されている。 タイプ1:クリトリデクトミー(clitoridectomy) の一部または全部の切除。 スンナ式女子割礼。 タイプ2:エクシジョン excision クリトリス切除との一部または全部の切除。 地域によってはを楽にするためとしてさらにが切除されるが、実際には逆に困難にしてしまう可能性が高い。 伝統的に成年に達した際のとして行われるが、最近では若年化が進み、もっと幼い少女に行われる。 タイプ3:陰部封鎖(infibulation) (クリトリス、小陰唇、)の一部または全部の切除および膣の入り口の縫合によるの狭小化または封鎖。 その際やを出すための小さな穴を残し、少女の両をしっかり縛って数週間傷が治るまで固定する。 主に4歳から8歳の少女に行われ、こちらも若年化が進んでおり、生後数日に行なわれた例もある。 ファラオリック割礼、ファラオ式女子割礼ともいう。 タイプ4:その他の施術(タイプ1-3に属さないもの) その他、治療を目的とせず、理由のもとに、女性外性器の一部あるいは全部を削除し、あるいは女性のを意図的に傷つける行為のすべて。 1=陰核包皮 2=陰核(クリトリス) 3=小陰唇 4=膣口 5=大陰唇 性器切除に伴う体への弊害 [ ]• 先述の施術方法で行われることが多いため、大量出血、施術中の激痛、回復まで続く痛み、様々ななどを引き起こす。 また、手術中ので不明やに至る場合もある。 後遺症としては、、性交時の激痛、性行為への恐怖、、による死亡、感染の危険性などが挙げられる。 痛みを恐れて排尿しなかったために逆に一回の排尿量が増えるため、尿が傷口を刺激し、さらに痛みを増すという。 陰部封鎖の場合、にが縫い閉じられたを切り開く部族がいる。 [ ]自力で花嫁の陰部を開いて性交を果たせなければ面目を失うという。 [ ] 国際的批判と各国の対策 [ ]• 国際社会において、特に頃から著しい女性虐待であるとして非難の声が強く上がっていた。 対する当事国では、そうしたプレッシャーは自国の文化を否定するものとして、的論議が起こった。 しかし昨今では国際的と内からの廃絶の声とが手を取り合った動きが活発化し始めている。 2003年7月11日にはの首都において、女性器切除の含めたあらゆる、を禁じ、を定めた、に関するが採択された 2019年10月16日現在、アフリカ連合の55加盟国のうち、49ヶ国が議定書に署名し、42ヶ国が議定書を批准し寄託した。 最近の動向では、の指導者や、では性器切除を禁止しているものの、その後まったく実効が上がっていない。 では政府が罰則付きの違法行為としているほか、などの宗教界も反対を表明しているが、闇での手術が行われている。 女性器切除廃絶の国際運動を行っているが発表したデータによると年間に200万人、日間に5500人近い少女が性器切除を受け、性器切除された女性は1億3000万人以上で、累計では13億人にも達すると推定している。 女性器切除廃止のための女性団体、La Palabre()が設立された。 同団体の欧州メンバーとして性器切除、性的暴力や強制結婚を綴った自伝「切除されて」の著者であるがいる。 国連は、2015年9月に採択された2030年までに世界で実現すべきグローバル目標の17あるグローバル目標の中の一つとしてを掲げ、その中のターゲット5. 3 において女性器切除を有害な慣行として撤廃することを謳っている。 では、2020年5月暫定政府が、女性器切除を禁止した。 事件 [ ]• でからの移住者の母親が、娘に自分で女性器切除を施してで訴えられた。 に住むアフリカ系女性28人が、娘に女性器切除を施したとして2 - 5年の判決を受けた(1999年より)。 アフリカでは女性器切除の影響で出産時の母子死亡率が極めて高い。 参考文献 [ ]• ドキュメント女子割礼 著:内海夏子 2003年 新書• イヴの隠れた顔 アラブ世界の女たち 著:ナワル・エル・サーダウィ 訳:村上真弓 新装版1994年• 女子割礼 因習に呪縛される女性の性と人権 著:フラン・ホスケン 訳:鳥居千代香 1993年• 砂漠の女デイリー 著:ワリス・デイリー 訳:武者圭子 1999年• 岡真理「「同じ女」であるとは何を意味するのか フェミニズムの脱構築に向けて」江原由美子編『性・暴力・ネーション』 1998年• 喜びの秘密 著:アリス・ウォーカー 訳:柳沢由実子 1995年• ファウジーヤの叫び 著:ファウジーヤ・カシンジャ 訳:大野晶子 (文庫)2001年• 切除されて 著:キャディ 訳:松本百合子 2007年 ヴィレッジブックス• 暴力の義務 著:ヤンボ・ウォロゲム 訳:岡谷公二 1970年• クレール・ブリセ「WHOの会議で明るみに出た三千万アフリカ女性の性の悲劇」間庭恭人訳『』1979年3月30日号 朝日新聞社• 環境正義と平和 著:戸田清 2009年 190-195頁• - 因習により女性器切除をされたセネガル人の女性作家、活動家。 - 女子割礼から逃れるためからアメリカへした女性の手記。 - 女性器切除をめぐる映画『母たちの村』を監督。 - 出身の世界的トップモデル• 『』 - ワリス・ディリーの自伝『』を原作とした映画 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 「」(日本語)Global News View GNV , Wakana Kishimoto• (英語) 脚注 [ ].

次の

【閲覧注意】アフリカでの女子割礼の現実(動画あり) : 付録部 blog

女性 き 切除 と は

実際にはありふれたものでありながらも、残念ながらイスラームだけに結びつけられる慣習が、様々な種類の女子割礼、あるいは FGCとして知られるものです。 確かに多くの割礼がイスラームの名のもとに行われていますが、現代世界で行われている本当に忌むべき種類の割礼の多くは、イスラームとは全く関係のないものです。 それは純粋に文化的なものであり、イスラームとは無関係なのであり、イスラームがそのような行為を容認するわけがないのです。 アムネスティ・インターナショナルはこう主張しています。 「女性の割礼はイスラーム以前から行われていたもので、多くのイスラーム教徒はそれを行いません。 それは単に宗教的形式を与えられただけなのです。 」女性割礼に関する教育・組織プロジェクトは、こう主張しています。 「女性の割礼はイスラームの慣習ではありません。 他の文化、宗教内でも行われていることです。 中東やアフリカでは、イスラーム教徒、コプト系キリスト教徒、さまざまな土着の民族宗教、カトリック教徒、プロテスタントやその他多くの宗教で行われています。 」ユダヤ教の一宗派ファラシャは男女の割礼を行います。 それではまず様々な割礼の種類を 学び、なぜ多くの文化が女性に対してそのような慣習を実践するのかを見てみましょう。 女性の 割礼の種類 女性 の 割礼とは女性器の変形や除去を含む 、 全ての慣習のことを指します。 女性の割礼には三つの種類があります: タイプ1:この女性割礼が最も程度の軽いものです。 この慣習では、女性のクリトリスを覆う包皮を除去するか、または切込みを入れ、陰核亀頭が表面に露出するようにします。 このタイプではクリトリスの部分的、または全面的切除が行われます。 これはクリトリドトミーと呼ばれており、国際連盟人口基金では男性の割礼と同等のものと見なされています。 またこのタイプは、イスラームにおいて女性の割礼を合法とする多くのイスラーム教徒がとり行っているため、「スンナの割礼」とも呼ばれます。 タイプ2:このタイプは陰核切除術と呼ばれており、クリトリスと小陰唇が部分的または全面的に切除されます。 タイプ 3:このタイプが最も過激な種類の女性割礼であり、クリトリス、小陰唇と大陰唇、ワギナにかかる外陰の両端のつなぎを完全に切り取り、糸かまたは他のもので、それが治癒するまでの間つなぎあわせておくというものです。 小さな、鉛筆の大きさほどの穴だけが尿と月経の血のために残されます。 これは陰門封鎖、またはその由来からファラオの割礼と呼ばれます。 タイプ4:このタイプはあらゆる形式の割礼を含むものです。 穿刺、穴あけ、クリトリスと小陰唇、またはクリトリスか小陰唇どちらかの切除、クリトリスと小陰唇、またはどちらかの引き延ばし、クリトリスとその周りの神経を焼くことによる焼灼、イントロシジョン、擦過、ワギナとその周りの組織の切り取り、腐食性の物質または薬草を陰部に塗ることなどです。 Geography 地理的分布 様々な形の女性割礼が世界中で行われていますが、とくにサハラ・アフリカ周辺と、その東方に帯状に広がるセネガルからソマリアにかけての地域でよく行われています。 また中東や南北アメリカ、インドネシアやマレーシアでも行われます。 タイプ 3はソマリア、スーダン、南エジプト、マリとナイジェリアなどのいくつかの地域でしか行われていません。 ソマリア、エリトリア、エチオピアではほとんど全ての女性がタイプ 3を経験します。 その理由は、女性のクリトリスが切除されていないと不潔と見なされるためとか、結婚まで女性が純潔であることを確かめるため、など様々です。 この慣習は非常に古いもので、その文化に属する人々は、懲罰を恐れてその慣習を捨てることができずにいます。 女性は結婚できなくなるかもしれないし、姦淫の疑いをもかけられるかもしれません。 家族はこの慣習を守らないと、名誉を失うかもしれないのです。 また女性の割礼は北アメリカ、特にアメリカ合衆国でよく行われていた慣習で、タイプ 1〜3 は1950年代まで女性の性欲を制御するためによく行われていました。 陰核切除術もまた、様々な理由で行われていました。 一番よく挙げられた理由が女性の自慰行為を減らすためでした。 イギリスではアイザック・ベイカー・ブラウン氏が陰核切除で女性の自慰行為を止めた、という本を出版しました。 また彼はそれによって、ヒステリーやてんかんなどの困難な神経疾患も治したというのです。 自慰行為に対する解決策には、他の方法もありました。 夫が外に出ているときに妻の貞操を守るための貞操帯は、中世に最初に取り入れられたものです。 男子の自慰行為を防ぐために、スパイク付きの輪、焼しゃく、去勢といった過激な方法が取り入れられたこともあります。 最も権威のある小児科の教科書「小児と子どもの期間における病気」は 1897年から1940年にかけて 11回も出版されたのですが、著者のL. ホルトはクリトリスの焼しゃくと大陰唇を焼くことは、自慰行為を防ぐ方法だと主唱しました。 自慰行為は神経症や不従順、親への反抗などの様々な病の理由だと見なされていたのです。 またアメリカ合衆国では開口手術組織という組織が設立され、彼らは頭痛といった小さなものにまでおける陰核切除の効能を紹介した記事を出版しています。 クリトリドトミーを行うことによってもたらされる、多くの衛生的利点もあります。 マクドナルド氏は1958年の「女性の割礼」という題の学術記事でこう述べています。 「もし男性が清潔さのために割礼が必要というのなら、女性もそうでしょう。 私は割礼が必要だった 40人もの患者を治療しました。 」この著者は女性割礼が、かゆみ、かきむしり、不快感、自慰行為、性交疼痛や不感症を引き起こす恥垢石を治癒すると述べています。 またつい最近まで、クリトリスは不潔なものだと見なされていました。 現代心理学の創設者の一人であるジークムント・フロイトでさえ、「性欲と愛の心理学」で「クリトリスの性器を除去することは、女性らしさを発達させることにおいて必要です。 」と述べています。 今日では西洋でも、多くの成人女性がクリトリドトミーを執り行っています。 多くの医者やその他の専門家たちが、性的歓喜を増大させるという理由でクリトリドトミーを促しているからです。 彼らは大きすぎるクリトリスの包皮はクリトリスの刺激を妨げてしまうと言います。 Circlist、BMEzine, 、Geocitesといったウェブサイト、そして施術した人々や医療記事などが、女性の割礼を推奨しています。 多くの女性が施術後、性的歓喜が増大したと報告しているのです。 (ラスマンズの 1959年の研究で 87、5 %、ノーウェルズの研究で75%) Footnotes: この慣行の反対者らは女性器切除または FGM Female Genital Mutation という用語を使用しますが、最近では社会的論争 が巻き起こるの を避けるためFGC Female Genital Cutting という用語 が広く使用されています。 What is Female Genital Mutilation? Amnesty International.. amnesty. fgmnetwork. html. fgmnetwork. html. Female Genital Mutilation: Report of a WHO Technical Working Group, Geneva, 17-19 July 1995. 1996. unfpa. htm 4. Human Nature, pp 40-48, May 1978. ibid. ibid. McDonald, C. , M. D September, 1958. Ezzell, Carol October 31, 2000. Clitoral Circumcision. Rathmann, W. , M. September, 1959.

次の

女性性器切除(FGM)の激減:その背景には?

女性 き 切除 と は

女性器切除を受けた若い女性の髪をなでる女性。 シエラレオネで。 女性器切除とは、外性器の一部またはすべてを除去する行為だ。 ソマリアでは98%の女性が受けている。 アフリカと中東で女性器切除を施された女性および女児の数は1億2500万人以上にのぼり、今後10年でさらに3000万人の女児が切除を受ける可能性がある。 しかし、ユニセフ(UNICEF:国際連合児童基金)が米国時間7月22日に発表した報告書によると、女性器切除(女子割礼)の慣習は徐々に減少しつつあるという。 若い女性は上の世代の女性に比べて女性器切除を受けた人の割合が低く、また自分の娘に受けさせたいと考えている人も少ない。 女性器切除についてさらに詳しく知るため、ナショナル ジオグラフィックでは女性の人権擁護団体「イクオリティ・ナウ」のアドボカシーディレクターであり、女性器切除の廃止運動によって大英帝国勲章を受勲した、ガーナのエフア・ドルケヌー(Efua Dorkenoo)氏に話を聞いた。 そもそもこの問題に関わるようになったきっかけは? イギリスで助産師として働いていたとき、最も徹底的なタイプの女性器切除を施された女性のお産に立ち会いました。 その女性はさまざまな合併症を起こしました。 ですが、その一件は私に、アフリカ人としてこの慣習を理解しようとするきっかけを与えてくれました。 切除を受けた女児は傷の痛みに苦しみ、感染症や出血を起こす場合もあり、ときとして死に至ります。 切除によって死亡する女児の数ははっきりしません。 女性器切除は死亡記録が残らない田舎のほうで行われることが多いのです。 しかし家族と話をすると、たいてい身内に1人くらい死者がいると話してくれます。 生き残った女児たちもその後、性交時の痛みや無感覚、出産時の問題など、長期にわたる合併症に苦しみます。 嚢胞やケロイドができるほか、精神的合併症も起こします。 精神的合併症は見過ごされがちですが、非常によく起こっている問題です。 非常に長い間、地域に根付いているのです。 女性器切除を行う一部のイスラム教徒は、宗教上の義務だと主張していますが、クルアーン(コーラン)にそのような記述はなく、世界のイスラム教徒のほとんどは女性器切除を行っていません(ただし、キリスト教徒や土着宗教を信じる人々の間にもこの慣習は存在します)。 そのほか、重要なイニシエーションの儀式として、大人の女性になるために行うという考えもあります。 これはシエラレオネやリベリアなど、西アフリカの国々で非常に多くみられます。 またエジプトのように、審美的なことも理由とされる地域もあります。 外性器は汚く醜いため、取り除く必要があるというのです。 クリトリスを取ってしまわないと、伸びてきて男性のペニスのようになると考えられている地域もあります。 最も徹底的な切除、つまり、ほぼすべてを取り去り、その場所を閉じてしまうというのは、スーダン、ソマリア、ジブチ、エチオピアの一部、マリの一部などで行われていますが、その最大の理由は、女児が結婚するまで誰にも触れられないようにするためです。 結婚したら性交のためにそこを広げなければなりません。 これらの国ではどのような廃止への取り組みがなされていますか? 例えばブルキナファソでは、政府がリーダーシップをとり、これは女性の権利、子どもの権利の問題だとはっきり認めています。 彼らはこの問題に多角的に取り組んでいて、教育、保護、さらには訴追などの手段を講じています。 女性器切除に関与したとしてかなりの人数が刑務所に送られています。 女性器切除が減少しつつある地域では、女性への暴力という枠組みでこの問題に取り組んでいます。 これはジェンダー間のパワーコントロールの問題であり、単純に教育だけでやめさせられるものではありません。 もし実行すれば、好ましくない結果を招くと思わせる必要があります。 人々の良心だけを当てにはできません。 国連の機関が多額のお金を投じたのだから、数字は大幅に低下するはずだと考えがちですが、現実はそうなっていません。 地域への働きかけや教育が女性器切除をやめさせるまでに至っていないことを示しています。 今では特に若い世代の間で意識が高まっていて、それは本当に、本当にうれしいことです。

次の