ドッチボール 漢字。 ドッジボール? ドッヂボール?

小松未可子、石原夏織が漢検準2級の問題しか読めないことに驚愕!?『FUN'S PROJECT LAB』

ドッチボール 漢字

その為、登下校の 際にはマスクを着用しなくてもよいとします。 4年生から6年生が「学力の伸び」を測ることができる「教科に関する調査」【国語と算数】と、学習に対する意欲や学習方法、さらに家庭での生活習慣等に関す... 困っていること、悩んでいることがあった時に相談できる連絡先が紹介されています。 困ったり、悩んだりしたら、誰かに相談しよう. 今日も一斉に集まれないので校内放送で校長先生のお話を聞きました。 「おはようございます」と放送であいさつすると、放送室から離れている教室から元気な「おはようございます」というあいさつが聞こえてきてびっくりしま... 全校では集まれないので、校内放送を使っての朝会でした。 各クラスで選出された代表委員の紹介と代表委員会で話し合ったスローガンを発表しました。 今年のスローガンは「思いやり笑顔いっぱい神小っ子」です。 笑顔いっぱい... 週の前半は暑く、後半は雨が降り寒いという寒暖の差が激しい週でした。 体調を崩している子も増えてきましたので、土日ゆっくり体を休めてください。 生産者の方にお世話をしていただき、大きく成長した玉ねぎを6年生に進級した子供たちが今日収穫しました。 たくさんの玉ねぎを持ち帰りましたので、玉ねぎ料理がたくさん作れることと思います。 5,6年生と代表委員で集まり、各委員会ごとに委員長や仕事の内容・分担などを決める話し合いをしました。 明日から高学年の児童が学校のためにばんばん活躍してくれることと思います。 簡単にトウモロコシについて教えてもらった後、自分たちの足の太さぐらいあるトウモロコシの皮をむきました。 トウモロコシ... みんながそろった教室で、いろいろな勉強を頑張っていました。 今日から給食も開始です。 1年生にとっては初めての給食です。 おいしく食べられたでしょうか。 久々の給食を食べた2年生のある男の子は「おいしく... 1年生はアサガオの間引きを、2年生はミニトマトの観察をしていました。 明日からは全校一斉登校です。 全員がそろいます。 昨年度に植えた玉ねぎも大きくなりました。 近日中に収穫する予定です。

次の

プログラム

ドッチボール 漢字

【ATTENTION】 この話は実在する某実況者様のお名前をお借りした二次創作です。 ご本人様方とは一切関係ありません。 ご本人様方にご迷惑をおかけしないようよろしくお願いします。 それでは、どうぞ。 鬱 「ここのエレベーターのドア薄いんかな? 今日エレベーター待ってたんやけど、 『……っぇぇェヵぁぁあああがやあああくウルトラソゥゥゥぅぅぅぅ……』 みたいな感じで扉の裏側を何かが通り過ぎていくのを聞いた。 シッマ、エレベーターで熱唱するのやめろって言うたやろ。 」 コネ「エヴァを全く知らないショッピくんが『誰でもいいからエヴァンゲリオンのキャラのモノマネしてやwww』と振られた時の『どうも、エヴァンゲリオンです』という一言が未だに忘れられずにいる。 」 ロボ「礼儀正しく青信号を歩いているハトさんを見て ひと「はとさん礼儀正しい」 オス「ぽっぽさんパネェ」 トン「お前らハトさんを見習え!」 グル「ハトさんに続け!!」 鬱「ぽっぽ」 ハトさんを追いかけ回す5人。 可哀想やと思った。 」 シャオ「LANケーブルが見つからなくてもぞもぞしてる大先生を見かねて手伝おうとしたらシッマが 『なんや大先生、ケーブル見つからへんのか。 しゃーないのぉ俺が手伝ったる!どこだ!LAN!!LAーーーーーーーN!!!シンイチーーーー!!! 裏声 』とか言いながら乱入してきて俺の腹筋が殺人事件だった。 」 トン「電車内での親子の会話。 娘「お父さん!わたし、欲しいものがあるの!」 父「んー?何が欲しいんだ?」 娘「いのち」 父「いのちか…」 娘「いのちちょうだい!」 父「誰のいのちとか、希望はあるのか」 息を呑む乗客。 どっちも本気っぽいから誰か止めろ。 」 グル「電話注文でキーボードを取り寄せる際普通に俺の名前を宛名にしたところ『グルッペンドリフトボーン』宛で届いた。 どう聞き間違えたらそうなるんだよ。 おかしいと思ったらもう一度聞き直せ。 大体ドリフトボーンってなんやねんよく届いたな。 」 鬱「なぁ、70歳のババア拾って落とし主に届けたら1割お礼として7歳の幼女貰えるってことやんな?」 シャオ「天才」 ペ神「今から手当てをするから、痛かったら悲鳴あげてな?」 ゾム「高校の時、帰りながらおかんに今日の晩御飯何ー?とLINEでメッセージを打っていたら間違えてペーストを押してしまい『今日のばんごハァァァァーーーンwwww』と送信。 あ、と思って訂正しようと思ったらおかんから『チャーハァァァァーーーンwww』という返信がきて死んだ。 」 トン「よく言われる彼女作らないの?ってなんなん。 強火で炒めりゃできるみたいな言い方しやがって。 」 コネ「大先生が飛び出す絵本を勢いよく開いたらニューヨークのビル群が顔中に突き刺さって奇声を上げながら床を転げ回る光景を隣で見てしまった俺。 」 トン「病院で大先生待ち。 鬱『貧血が酷くて視界がチカチカするんです。 こう、光がまばらに』 医者『あー、えーと…ロックマンが死んだ時みたいな?』 鬱『それです』 コーラ吹いた。 」 鬱「今でしょって10回言って」 シャオ「今でしょ今でしょ今でしょ…」 鬱「いつ僕と付き合うん?」 シャオ「ひじ」 鬱「最近一日の半分を寝て過ごすというクズ極まりない生活をしてるんやけど、脳内で『後にこの男が世界を変える人物になろうとは、まだ誰も思っていなかった…』っていうナレーション流してるから大丈夫やと思う。 」 ゾム「『豆腐の角に頭ぶつけて死ね』っていう言葉の対義語ってなんやと思う?」 グル「……大豆の丸みに心打たれながら生きろ、じゃないか」 コネ「小学生の『金も女も1年生の時既に覚えた』という会話を耳にして最近の子供やばいなと思ったら漢字の話だった。 」 ゾム「この前シャオロンの家に泊まりに行って風呂に浸かってたら『んでだよコルァ』とシャオロンの怒鳴り声が聞こえてきた。 あいつ何キレてんねやろ、と耳を傾けていたら『すすいだ瞬間キュキュッと落ちるんやないんか!!』と叫んでいるのが聞こえた。 ああ、洗い物か。 」 トン「顔パスって聞く度に俺の中のバタコさんが駆けつけてくる。 」 シャオ「シッマとツナとキノコの和風パスタ作ったで!」 トン「パスタにコネシマを入れるな。 後お前ら何無許可で台所入っとんねん俺らを殺す気か。 」 鬱「帰宅途中子供たちが仲間に『犬がきたぞおおお』『ぎゃあああ』とか言ってお互いふざけてたんやけど、全く無関係の俺が驚いて池に落ちた。 」 鬱「何やらスマホを眺めていたシャオちゃん 『あ、これなんやっけ名前。 ボラギノール?』 なんでそんなん見てるんやろと思い覗き込んだスマホの画面には、白いクリームソースがかかったパスタ。 シャオちゃんこれボラギノールちゃう。 カルボナーラや。 」 授業中目が合った時 手で銃を作ってバーンとやってくるのがゾム。 人差し指を口に当ててしーってやってくるのがロボロ。 口パクでばーかって言うのがシャオロン。 1回目逸らしてもっかい見てなんやねん、って言うのがトントン。 目を限界まで見開いて瞬きせずに真顔でガン見してくるのがコネシマ。 鬱「よくある『私のために争わないで!』の逆ってなんやろ」 グル「争え。 勝った奴だけ愛してやる。 じゃないか?」 鬱「グルちゃんの漢気ほんま尊敬するわ」 シャオ「ほん怖を見ていたコネシマが『人形捨てるくらいなら売ればええと思うけどな。 戻ってきたらまた売って、無限収入になるやろ』と真顔で呟いていた。 ほん怖よりこいつの方が怖かった。 」 ゾム「某ジャンクフード店の店内にて。 後ろから『シャカシャカシャカバサッッ!』と音がして、足元にシャカシャカチキンが飛んできた。 振り返ると3メートル程離れた場所にチキンの袋のみを持ちポカンとした表情のグルッペン。 加減しろやチキン吹っ飛んだぞ。 」 グル「さっき電車で気づいたんだが、つり革を握っているトントンの手の甲に『牛乳・なっとう・たまご・こねしま、なぐる』と書いてあった。 またかよあいつなにしてん。 」 鬱「いじめと言えば、昔俺をいじめてたやつが『冗談だって冗談ー!』と弁解してたんやけど、そしたらグルちゃんがそいつの筆箱全力で壁に叩きつけてぶっ壊して、『冗談だ。 笑ってみろ。 』って無表情で言ったのがかっこよすぎて惚れるかと思った。 」 鬱「幼女に指さされて『イケメン!イケメン!』と言われた。 そしてその隣にいた幼女の母親。 『こ〜ら、違うでしょ』 シャオ「仲間の悪口はいい。 でも俺の悪口は絶対に言うな。 」 シャオ︰料理が苦手な人用、俺的オムレツの作り方 1 生卵を用意します。 2 トントンをそばにおきます。 3 「オムレツってレンジで何分温めたら出来るん?」と生卵片手に訊きます。 4 適当に時間を潰します。 5 オムレツが出来ているので、お好みでケチャップ等をかけて食べます。 四徹目のトントン「いないいない」 「彼女wwwwwwwww」 グル「顔が笑ってないぞ」 コネ「偽装表示とか『ごはんですよ』が1番酷いやろ。 」 ゾム「そういやこないだ、『突き抜けてみろよ。 お前はいつも目の前にある100回叩けば壊れる壁を99回叩いて止めてるんじゃねぇのか?』ってペットショップのオウムに言われた。 」 トン「知人の結婚式に蝶ネクタイで眼鏡の小学生が来ていた時は『あ、これ誰か死ぬな』って確信した。 無事に終わりました。 」 ロボ「避難訓練のお・か・し・もってあるやん。 あれってなんの略やったっけ?」 コネ「押すな・駆けるな・静まれ」 鬱「置いてけ・構うな・仕方がない」 シャオ「音もなく・火中を潜り抜け・死地を抜け」 グル「おしり・かじり・むしー」 グル「先日猫を拾い、俺らで名前をつけることになった。 オス『やっぱり可愛いのがええよなぁ』 ひと『あと呼びやすい方がいいね』 トン『呼びやすくて可愛いのなら、食べ物の名前とかええんちゃう?』 結果【海栗 うに 】 …俺達は、一体どこで間違ったのか。 鬱「昔、遊戯王カードの『人造人間5号』の【このカードは相手プレイヤーに直接攻撃できる】の直接攻撃の意味が分からなくていきなり腹部をそれなりの勢いで殴ってきたコネシマを俺は絶対に許さない。 」 鬱「ミニストップでファーストフード頼んだ時に『骨なしチキンのお客様ー!』って呼び出されたんやけど、今考えたらすごい罵詈雑言で草。 」 ゾム「なぁトントン。 なんかどこ触っても痛いねんけど」 トン「ん?」 ゾム「肩触っても膝触っても大先生殴っても痛いねん」 トン「ああそれ多分指折れてんで」 ゾム「大先生に1個70円のリンゴを時速150キロでぶつけると死にます」 グル「騙されたと思って『こんとんじょのいこ』って言ってみろ。 えなりかずきが『簡単じゃないか』って言ってるように聞こえる。 」 シャオ「ほんま腹立つ事件やな! デスノートさえあれば背表紙の角のところで加害者の頭をガッとやってるのに…。 」 ゾム「甥っ子の運動会に行った時、周りから『サンダーソン!サンダーソン!』って言われている子供がいた。 名札見たら三田村だった。 」 グル「インコ2匹飼うのはやめた方がいいぞ。 インコ同士が仲良くなっちゃって俺の疎外感が異常」 トン「この前近所のスーパーに行ったら壁に『お客様の声・店長からの回答』というのがいくつか貼ってあった。 【お客様の声】 ばーか。 【店長からの回答】 お名前だけでなくご意見もお聞かせください。 個人的にこれが1番好き。 」 コネ「学生時代友人に『俺留年しそう…』って相談されたんやけど、小声で「 もう1回遊べるドン 」って言ったら『なんつった?おいもう1回言ってみろ』と言われたので、 『学費を入れるドン』と言ったら殴られた。 」 シャオ 「なんかぁ むかしぃ バイクにぃ電飾つけてあそんでてぇ それでみんなやってるからぁ 車とかもあるしぃ 船でやってみたらぁ イカあつまってきたんすよねぇ」 ショ「ハロウィンがくると『トリック・オア・トリート』のことを『ティンクル・トット・ハッター』と言っていたコネシマさんを思い出す。 怒られると思いきやなぜか校長がドッチボールに乱入。 俺ら全員正座。 なぜか校長も正座。 鬱「蚊を手で追い払ってたら 『あのデブ空気と戦ってるよキモっ』って言われた。 」 トン「50階建てのマンションから飛び降りても、 柔道の受身をとれば死ぬ。 」 ひと「ヤバい超ヤバい。 不動産のチラシまじヤバい。 まずこれ。 築5分。 これだけでもやばい。 あとこれ。 駅から5年。 ふざけんな何処の駅からだよ。 」 トン「とんかつ屋にて。 松竹梅で肉の大きさが変わる。 外国人らしきお客と店員の会話 外「ロースカツ…」 店「松竹梅どれにしますか?」 外「???」 店「スモール、ミディアム、レア」 外「レア」 店「竹一丁」 なんかもう、無茶苦茶だった。 後日、上司に鎖骨のあたりをグーで殴られた。 コネ「俺的数学の不可解なところランキング 第5位︰人数分用意されない飴 第4位︰同時に自宅を出発しない兄弟 第3位︰池を周回するだけの兄弟 第2位︰水槽に水を注ぐ複数の蛇口 第1位︰秒速1cmの速さで動く点P これほんま謎。 」 トン「老人ホームって何か失礼な呼び方やんな。 新しい呼び方考えよ」 シャオ「死ぬ間際ファミリー」 鬱「シャオロン」 シャオ「死ぬ間際ファミリーと森のおうち」 鬱「シャオロン!」 グル「ファービーが『ナデナデシテー』とうるさいので頭の上にマッサージ器当てて死ぬほどナデナデしたら『ファー…ブルスコ…ファ-』ってなった。 最初は面白かったがだんだん気持ち悪くなったので首元を横から思い切り蹴ったら『モルスァ』みたいなこと言いながらすごい勢いで飛んでいった。 」 鬱「おい俺のウォーリーに丸つけたやつちょっと来い」 おわり。

次の

ドッジボールとは

ドッチボール 漢字

3月24日(火)「卒業証書授与式」が行われました。 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、卒業生、保護者、教職員、教育委員会代表での実施となりました。 練習も思うようにできなかった中、卒業生は思い出を胸に、頼もしく学び舎を巣立っていきました。 一人ずつ呼名をされ、壇上に上がります。 校長先生から「卒業証書」を受け取りました。 6年間がんばった証、それが「卒業証書」です。 6年生全員そろっての「門出の歌」。 6年間の思い出を構成詩にしました。 その中で、家族への感謝の気持ちも一人ずつ発表しました。 式の後、サプライズがありました。 卒業式に参加できなかった下級生(各学年ごと)のビデオメッセージが流されました。 共に過ごした日々は忘れません。 保護者の方との記念撮影です。 12年間、大切に育てていただいてありがとうございました。 今週は3学期の人権週間です。 テーマは「共に生きる」。 18日(火)、5年生は認知症サポーター養成講座を受けました。 あさぎりホーム、あさぎり町役場高齢福祉課の方々にお世話になりました。 まず、認知症の原因や症状について、スライドを使いながら説明いただきました。 そして、認知症の人と接するとき、気を付けること、心がけることなどを教えていただきました。 子どもたちの質問にも答えていただきました。 「驚かせない」、「急がせない」ことと併せて、「自尊心を傷つけない」ことを強調されました。 人と人として接することが、何よりも大切だということが分かりました。 講座の終わりに、「オレンジリング」をいただきました。 養成講座を受講し、認知症サポーターとなった証です。 今日学んだことを大切に、自分にできることをがんばっていきます。 2月2日(日)、本校体育館において、「学習成果発表会」が行われました。 書写、図画工作、総合的な学習の時間等での作品を展示するとともに、各学年ごとに、学んできたことを劇などで表現しました。 多くの保護者や地域の方々が見守る中、児童は、日ごろの学習の成果を力いっぱい発信することができました。 トップバッターは、音楽クラブの合奏です。 大ヒット曲「Lemon」を軽快に演奏しました。 3年生の発表、「私たちにできること」。 福祉体験学習で学んだことを紹介するとともに、手話を交えて、合唱をしました。 1年生の音楽劇「くじら雲」。 物語に沿いながら、体操や演奏など、この一年間で、できるようになったことを披露しました。 5年生、『「水俣」で学んだこと』。 水俣病に対する偏見や差別の不合理さを、劇で表現しました。 最後に、「BELIEVE」を合唱し、命の尊さを問いかけました。 2年生、生活科発表「ぐんぐん~21人の成長~」。 この一年間でできるようになったことを、披露しました。 自分の名前に込められた思いも一人ずつ発表し、これからがんばっていくことを紹介しました。 4年生の劇、「幸野溝物語」。 困難を極めた農業用水路「幸野溝」の建設。 中心となって活躍した高橋政重の労苦を表現しました。 環境問題についても、学習したことをもとに、自分たちができることを発表しました。 20年後の岡原が心配になった6年生は、「オカえもん」とともに、タイムスリップします。 そこで見たものは・・・。 卒業を前に、ふるさと「岡原」に自分たちができることを劇で表現しました。 エンディングは、全員合唱「あさぎり町の歌」。 心を込めて、歌いました。 2月2日(日)、本校体育館において、「学習成果発表会」が行われます。 合唱や劇など、各学年が工夫を凝らした発表に取り組んでいます。 本番を前に、練習をがんばっている様子を紹介します。 1年生の音楽劇「くじらぐも」。 劇の中での体操です。 2年生の生活科発表。 「ぐんぐん~21人の成長~」。 できるようになったことを発表します。 3年生の発表。 「私たちにできること」。 手話も交えて発表します。 教室でも練習をがんばっています。 この他、4年生の劇「幸野溝物語」、5年生の劇『「水俣」で学んだこと』、6年生の劇「~オカえもん岡原未来の旅~」、音楽クラブの合奏「Lemon(アンナチュラルのテーマ)」があります。 子どもたちのがんばる姿をどうぞお楽しみに!! 約2週間の冬休みが終わり、1月8日(水)、3学期の始業式が行われました。 令和2年、新しい年での学校生活の始まりです。 まず、児童の代表による発表です。 冬休みの楽しかった思い出や3学期にがんばりたいこと・目標などについて発表をしました。 校長先生からは、「節目を大切に」というお話がありました。 気持ちも新たに、次の学年へ向けての準備と取組が大切な3学期です。 学習面では、先生の話をきちんとした姿勢で、しっかりと聞くことが大切であると話されました。 生徒指導担当の先生からは、1月の生活目標「あいさつの輪を広げよう」の話がありました。 学校の中ばかりでなく、地域の人にも気持ちの良いあいさつができるように取り組んでいくことを確認しました。 12月24日(火)、2学期終業式が行われました。 1年・3年・5年から代表1名ずつの児童発表です。 「2学期の思い出」として、漢字の練習、運動会、持久走大会などにがんばって取り組んだこと、「冬休みへ向けて」では、家の手伝いや地域の人へのあいさつをがんばりたいなど、自分の言葉で堂々と発表することができました。 校長先生からは、2学期を振り返りながら、子どもたちががんばったことをほめていただきました。 保護者や地域の方が子どもたちのがんばりを喜ばれていること、見えないところでも、保護者や地域の方が、子どもたちを応援したり、支えていただいていることを話されました。 冬休みは、「自分だけの命ではない」ことをよく考えて、安全に生活すること、感謝すること、また、「1年をどう過ごしていきたいか」考えるよい機会であるなどの話もありました。 養護の先生からは、「冬休みの健康な過ごし方」について、イラストを交えながらのお話がありました。 生徒指導の先生からは、来年の干支「ねずみ」にちなんで、「ね」年末年始は車に注意、「ず」ずっと先の未来のために、「み」みんな笑顔で3学期、の話がありました。 子どもたちは、うなずいたり、返事をしたり、まっすぐ手を挙げたりと、きちんと反応しながら話を聞くことができました。 安全・安心な冬休みを過ごし、元気な姿で3学期の始業式で会えることを楽しみにしています。

次の