ワンパンマン ブラスト。 メガネ(ワンパンマン) (どりょくか)とは【ピクシブ百科事典】

ワンパンマンの伏線考察!ラスボス予想と神の存在について

ワンパンマン ブラスト

本記事では、となりのヤングジャンプ掲載漫画『ワンパンマン』の最終回はどうなっていくのか、最終回の結末ネタバレ予想を感想を交えてお届けしていきます。 本作は、原作がONE先生、作画が村田雄介先生で描かれるヒーロー漫画で、2015年、2019年にTVアニメ放送もされる大人気作です。 サイタマが最後に謎の存在を倒したときこそ、この物語は終焉を迎えるのではないでしょうか? それでは、となりのヤングジャンプ掲載漫画『ワンパンマン』の最終回の結末ネタバレ予想を感想を交えてお届けしていきますので、最後までご覧ください。 関連記事: スポンサーリンク Contents• ブラスト S級ヒーロー第1位でありながら、素性がわからず、回想にしか出てきていないキャラです。 タツマキだけが知っているようですが、ファンの間では、もしかしてサイタマの父親ではないか?という推測もありますね。 サイタマの強さを思えば、血は争えないと考えるのも納得もいきますし、原作で顔が不鮮明ながらもサイタマに似ているように見えます。 また、「趣味でヒーローをやっている」という言動が、父子ではないか、という根拠になっています。 もし、本当に2人が親子だったら、サイタマの強さの秘密が、ブラストの登場で明らかになるかもしれませんね。 謎の存在 ファンの間でも話題になっているのが、ホームレス帝に力を与えた『謎の存在』です。 ホームレス帝は、彼曰く『神』から力を与えられ、最後には奪われるわけですが、ネットの推測では、サイタマに力を与えたのはこの『謎の存在』ではないかという見方があります。 サイタマの強さは、3年間の自主トレの成果と本人は言っていますが、普通の人間がその程度のトレーニングであの超人的な強さを手に入れられるはずがありません。 ホームレス帝のように、『謎の存在』から力を与えられたのでは?というわけです。 もしそうなら、最終回に『謎の存在』が現れ、サイタマの強さの秘密が暴露されるのかもしれません。 漫画『ワンパンマン』前作の最終回のネタバレ結末はどうだった? モブサイコ100 面白過ぎるぅ〜、全部読んでしまった。。。 モブサイコ100 — Yuji seyaneeeee ONE先生の作品といえば、本作とは別にこの『モブサイコ100』が人気ですよね。 本作のサイタマとはまた違った、最強の主人公であるモブこと影山茂夫の活躍を描いた作品です。 最終回では、好きな女子に告白しようとしたモブですが、途中で遭った事故が原因で超能力が暴走してしまいます。 周囲が止めようとするも歯が立たず、霊幻が今まで騙していたことを白状して、モブを正気に戻しました。 そして、モブは目的だったツボミちゃんへの告白に向かったのですが、残念ながら振られてしまいます。 最後は、霊幻の誕生日に集まったみんなの前で、霊幻にイタズラをしたモブの笑顔で終わりました。 最終回の感想 霊幻のついていたウソも、モブが知ったことですっきりしました。 テルや律とモブが対峙するシーンは感動しました……(涙) 霊幻の本気も見れましたし。 モブの力の暴走がクライマックスだったわけですが、それを区切りとして、今までの日常がまた戻ってきた、そんなハッピーエンドでしたね。 ブラストVSサイタマ! サイタマは自身のその強さゆえ、誰を相手に戦っても、虚しさを抱えています。 彼の中には、自分の持てる力を目いっぱい使って、存分に戦いたいという欲望があります。 しかし、今まで戦ってきた相手では、なかなかその域には達しませんでした。 もし、S級ヒーロー第1位ブラストが現れ、なんらかの理由でサイタマと戦うことになったらどうでしょう? 灯台下暗し、身近なところ(今はどこにいるか知りませんが)に戦える相手がいた!というのもありではないでしょうか。 しかも、もしブラストがサイタマの父親だったりしたら、最強親子の対決という熱い展開になります! サイタマの家族に関して情報がないのも伏線だったりして……? まあ、2人が戦うには戦う理由が必要になる=敵になる?というわけで、ブラストがラスボスっぽい立ち位置になると面白いですよね。 闇落ちとか、何者かに洗脳されるとか、怪人協会側にいっちゃうとか? 親子でないにしろ、2人の戦いは見てみたいものですし、サイタマもS級ヒーロー第1位の相手だったら、満足できる戦いができるかもしれません。 個人的には、対決でもいいのですが、共闘も面白いかもしれないと思っています。 謎の存在VSサイタマ! 作中で、ちらちらとその存在をにおわしている『謎の存在』 『謎の存在』がラスボスとなって、サイタマの前に立ちはだかりラストバトル!! ……というクライマックスも考えられますね。 向かうところ敵なし!状態のサイタマと互角に渡り合えるのは、もはや神レベルの強さでなくては相手にならないでしょう。 具現化して直接対決か、誰かに力を与えて戦わせるか、と思いますが、なんにしろサイタマを満足させてくれる強敵になりえるのではないでしょうか。 ハゲマントからワンパンマンへ! 現在、サイタマは『ハゲマント』というダサいヒーローネームを背負っていますが、最終回ともなれば、その強さが広く人々の間にも認知されることだと思います。 ヒーローとして認知されるのは、サイタマにとって本望でしょう。 ハゲを気にしているみたいですし、タイトル回収のためにも、やはり最後はワンパンで敵を沈める『ワンパンマン』というヒーローネームになるのは自然な流れではないかと思います。 その頃にはS級ヒーロー上位に食い込んで、尊敬される存在になっていそうですね。 感謝する人々に「趣味でヒーローをやっているものだ」と言って去るサイタマとか。 ワンパンマンの先が見えた。 予想:オロチはブラストかな。 加えてサイタマの父の可能性もある。 1巻丸々ぐらいの回想の後、ワンパンチの可能性大。 原作も読んでいるがギョロギョロはチョット違う方向にいきそう。 最強でなくなってもそれでもサイタマは立ち向かえるのかとか、そんな展開でないかと予想してる。 若者の間では、電子書籍アプリ利用者が増えてきているので、すでにご存じの方もいるかもしれませんね。 何にせよ、現在 31日無料お試しキャンペーン実施中という事が最大のオススメする理由になります。 私も無料トライアル期間という事で登録してみました! そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。 ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会にお早めに利用してみて下さいね。 声優やスタッフで関連作品作品探せるのは以外な発見ある — シャチクマンブレード pocaRingoRA ワンパンマン 最終回 ネタバレ 予想 まとめ 【】 坊主最強漫画! 筋トレして強くなりすぎたサイタマ。 強すぎるが故に全ての敵をワンパンで倒してしまう。 ヒーローとして活躍するも敵が相手にならず肩透かしな正義の味方。 連載はまだまだ続くと思います(続いて欲しい!)が、最終回を迎えるまでああでもない、こうでもないと妄想するのもいいですね。 個人的には悲壮なラストではなく、淡々とした大団円になってほしいと思っています。 サイタマが謎の存在を倒すのが楽しみですね! スポンサーリンク.

次の

ワンパンマンのランク1位の正体とは?ブラストの強さについて考察

ワンパンマン ブラスト

サイタマは対等の力を持つ相手と戦闘できる• ジェノスが倒す• サイタマは対等の力を持つ相手と戦闘できる 一つ目の最終回予想は、「神がラスボス。 サイタマは対等の力を持つ相手と戦闘できる」。 ひねりなし。 ストレートな最終回予想です。 「ワンパンマン」の主人公・サイタマは、圧倒的な力を持っているためにどんな敵でもほぼ一撃で倒してしまいます。 苦戦もなく、戦闘のスリルもありません。 そんなサイタマの最大の悩みは、「対等に戦える相手がいないこと」。 対等に戦える相手を探し求めて怪人と戦っていますが、今のところどの怪人相手でも余力を十分に残した状態で勝利しています。 サイタマが対等に戦える相手が現れた。 神である。 ホームレス帝、ワクチンマンに力を与えたとされる謎の存在。 人類滅亡クラスの災害レベル「神」。 神相手にヒーローが全滅。 そこで、サイタマが神に戦いを挑む。 神と死闘を繰り広げるサイタマ。 苦戦の末、勝利を収める。 サイタマの功績が認められ、S級1位のヒーローとなる。 サイタマの実力を知ったヒーロー協会は、ヒーロー名を「ハゲマント」から、「ワンパンマン」へと変更するのであった…。 伏線も回収して、キレイなラスト。 ですが、ちょっとストレートすぎるラストですよね。 「ワンパンマン」はバトル漫画ではなく、ギャグ漫画。 原作は、あのONE先生です。 ストレートな展開で終わるとはちょっと考えにくいですね。 サイタマが神と戦って満足するというあたりまではあり得そうですが、みんなに認められてハッピーエンドというのはなしかも。 あり得るとしたら、神は倒したけど、倒したのはキングだと誤解されて、サイタマはハゲマントのまま…。 くらいがちょうどいい最終回かもしれません。 最強で無敵の力を失って、元の普通の人間に戻るというラスト。 ちょっとありそうですね。 「ワンパンマン」の最大の謎は、サイタマはどうやって最強の力を手に入れたのかという点。 サイタマは3年間にわたる筋トレだと主張していますが、筋トレだけであそこまでの力を手に入れるとは考えにくいです。 考えられるのは、「神に力を与えられた」。 ホームレス帝に力を与えることが出来る謎の存在・神。 まだまだ謎が多いですが、「力を与える」「力を奪う」という能力を持っていることは明らかになっています。 サイタマの最強の力は神に与えられたもので、最終回では神に力を奪われて無敵の力を失ってしまう。 そんな状態で、神に戦いを挑むサイタマ…。 サイタマが弱体化したことで、「スリルのある戦闘を行う」という伏線も回収することが出来ます。 ちょっとありそうなラストですよね。 サイタマに力を与えたのは、神であった。 その神が再びサイタマの前に現れる。 そして、力を奪われるサイタマ。 力を失い、弱体化。 髪の毛もフサフサに戻る。 通常の人間に戻ってしまったサイタマであったが、その状態で神に戦いを挑む。 ヒーローたちと協力して、死闘を繰り広げるサイタマ。 どうにか神を倒すことに成功するサイタマとヒーローたち。 力は失ってしまったが、スリルのある戦いに満足するサイタマ。 ヒーローの座を退くことにする。 しかし、サイタマの功績は認められてS級1位となる。 しかし、力を失ったサイタマは協会に姿を見せることはない。 こうして、S級1位は永久欠番となる。 サイタマの存在は伝説となっていくのであった。 かつてのブラストのように…。 「ブラスト=サイタマ」という説もねじ込んでみました。 この部分は、ちょっと無理がありそうですね…。 ジェノスが倒す 三つ目の最終回予想は、「サイタマが最強最悪の怪人になる」。 最強の力を持っているサイタマ。 今はヒーローとして活動していますが、何かのきっかけで暴走。 人類滅亡の危機をもたらす存在へと変貌(神が操作するとかで)。 そんなサイタマを弟子であるジェノスが討つというラスト。 弟子が師匠倒すというバトル漫画でよくあるパターンですね。 また、主人公がラスボスになるというパターンもたまに見かけます。 「スリルのある戦闘を行う」というサイタマの願いも叶い、「強くなる」というジェノスの願いも叶う。 主要キャラ二人の願望が叶うという、 ある意味でハッピーエンドといえる最終回かもしれません。 シワババさまの予言「地球がヤバイ!」は、ボロスの襲来を予言したものではなかった。 ジェノスたちがそのことに気づいたのは、サイタマが史上最悪の怪人となってからであった。 圧倒的な力を持つサイタマに為す術もないヒーローたち。 ジェノスは、師匠であるサイタマに最後の戦いを挑む。 そして、死闘が始まる。 多くの戦いを経て強化された肉体は、いつのまにかサイタマと対等の力を持つに至っていたのだ。 戦いの中でも成長を続けるジェノスは、ついにサイタマの力を超える。 涙を流しながら、師匠・サイタマを討つのであった…。 最終回が、1話に繋がるというループ系のラスト。 ちょっと荒唐無稽ですが、全くの無しではなさそう。 「ワンパンマン」第1話に登場した怪人・ワクチンマン。 この怪人は多くの謎をはらんでいて、最終回につながるキーマンなのではないかという見方が強いですよね。 その根拠は、「神に力を与えられたホームレス帝と同じ種類の力を使っている」という点。 ワクチンマンもまた、神に通じる怪人だと予想できます。 そして、無敵の力を持つサイタマもまた、神に力を与えられた存在っぽい。 最終回でラスボスを倒したサイタマ。 どういう理屈か分からないですが、時間を遡って、気づいたらワクチンマンになって地球を破壊していた…。 そこに現れたのが趣味でヒーローをやっているサイタマだったというラスト…。 ワクチンマンもどことなくサイタマに似てるし…。 …ちょっと無理があるかもしれませんね。 ただ、ループするというラストは個人的に好きです。 実はカニランテに負けてた? 五つ目の最終回予想は、「夢オチ」。 一番あってほしくないタイプの最終回です。 ただ、一応の根拠はあります。 それが、怪人・カニランテ。 どんな敵でも余力を残して倒すことのできるサイタマ。 無敵の力を持っているわけですが、力の次元が違いすぎて、どこか妄想っぽいんですよね。 ジェノス、ファング、キングなどのS級ヒーローが自分を認めてくれていて、頼りにしてくれている。 戦いには満足できていないけど、ヒーロー活動をして地球を救ったりしている…。 これらは、就活に行き詰っていたサイタマが作り出した妄想なんじゃないかというラストの予想です。 妄想であれば、「なぜ無敵の力を得たのか」という伏線も難なく回収できます。 この最終回予想には、一つだけ根拠があります。 それは、怪人・カニランテの存在。 就活に行き詰ったサイタマ(フサフサ状態)が、ヒーローになる前に倒したとされる怪人です。 (リメイク版2話目で登場) カニランテ戦で気になるのは、 カニランテの災害レベルが「虎」だということ。 虎レベルはB級5人。 A級一人で倒せるレベルとされています。 一般人だったサイタマが一人で対処できるレベルを超えています。 つまり、普通に考えると、サイタマはカニランテを倒すことは不可能。 という根拠から導き出されるのが、夢オチラスト。 実は、カニランテ戦でサイタマは敗北しており、病院で目覚めるというもの。 それ以降は全てサイタマの妄想だったというオチです。 夢から覚めたサイタマは、一からトレーニングを積んでヒーローを目指していくという最終回が予想できます。 「満足いく戦いを経験したい」という伏線も回収できますね。 可能性0の最終回・ラストではないと思います。 ただ、「カニランテ戦以降の戦いが全てなかったことになる」というのは、読者としては萎えてしまいます。 ラストの夢オチは漫画界で禁断とされている手法(面白くないと言われがち)ですが、ギャグ漫画の「ワンパンマン」ならあり得そうなラストです。 スポンサーリンク ワンパンマンの最終回・ラストに関係する4つの要素 引用元: ワンパンマンの最終回・ラストに関係してくるであろう要素を4つ紹介します。 4つのうちどれか、もしくは複数が最終回に関わる伏線になっていると予想できます。 神の存在• ブラスト• サイタマの力の秘密• しわババの予言 神の存在 一つ目は、「神の存在」。 ホームレス帝に力を与えた謎の存在。 ワクチンマンも同様の力を使っていたことから、怪人に力を与え、奪う能力を持っていると推測できます。 どの程度の力を持っているのかは謎ですが、災害レベル竜のホームレス帝を一瞬で葬り去ることのできる力を持っています。 他の怪人・ヒーローとは一線を画す力に感じます。 神がラスボスなのか、それとも…。 いずれにしても神の存在は「ワンパンマン」の最終回・ラストに深く関わっているのではないかと考察することが出来ます。 ブラスト 二つ目は、「ブラスト」。 S級1位のヒーロー。 かつてムカデ長老を追い詰めた存在です。 タツマキがプロヒーローになるきっかけを作った存在です。 ブラストもまた、神と同じく謎に包まれた存在です。 「ヒーロー活動は趣味」というサイタマと同じセリフを使うあたりもかなり意味深。 「サイタマ=ブラスト」という説も出てきていますが、時間の辻褄が合いません。 「ブラスト=神」「ブラストがラスボス」など、様々な考察ができるブラスト。 彼の存在もまた「ワンパンマン」の最終回に深く関係してきそうです。 サイタマの力の秘密 三つ目は、「サイタマの力の秘密」。 サイタマはどのようにして最強ともいえる力を得たのか。 上でも書きましたが、「ワンパンマン」の最大の謎・伏線ともいえる出来事です。 神が力を与えたのか、それともブラストが力を与えたのか、はたまた本当に筋トレで得た力なのか…。 この謎も深く考察することができそうですね。 しわババの予言「地球ヤバイ!」 ダークマター編の冒頭で登場したしわババの予言「地球がヤバイ」。 ヒーロー協会によれば、しわババの予言はこれまで外れたことがなく100%当たるといいます。 この直後にブロス率いるダークマターが襲来。 その攻撃によって、A市は壊滅します。 ただ、最終的にはサイタマがブロスを倒したことで一件落着します。 考察したいのは、ブロス襲来がしわババの「地球ヤバイ」にあたるのかという点。 たしかに過去最大級の敵でした。 A市は壊滅してしまいますが、地球レベルの危機とは思えません。 しわババの予言は、「今後半年以内に」という期限がついていました。 もしかしたら、しわババが予言した危機はブロス襲来ではなく、もっと別の危機なのかもしれません。 それが、最終回・ラストに訪れる危機なのかもしれません。

次の

メガネ(ワンパンマン) (どりょくか)とは【ピクシブ百科事典】

ワンパンマン ブラスト

「盾にされるくらいなら正面から戦ってやるッ! 」 CV: 概要 元・所属の。 現在B級21位。 リメイク版オリジナルのキャラクターであり、番外編などで成長の過程が描かれている。 外見 ヒーローネームの通りをかけているが、それ以外の特徴は特にない。 かつてはフブキ組に所属していたこともあり姿だったが、脱退した後は色の姿で活動している。 後の番外編では、努力と戦闘による多数のが腕に刻まれていた。 ジャージを着用して地道に努力を続けるその姿は、どことなくを彷彿とさせる。 人物 フブキ組に所属していた頃はあまり自分の意見を主張するような性格ではなく、他のメンバーに「足手まとい」呼ばわりされても言い返そうとしなかった。 フブキ組に加入したのも彼らの圧力に負けてのことであり、時代と大して変わらないフブキ組の在り方に内心では疑問を抱いていた。 自らにがないこと・自らの努力が報われないことを嘆き、他のメンバーが倒されるほどの強敵を前にして戦意を喪失するなど、良くも悪くも「」といった印象だった。 しかし突如目の前に現れ、難なく怪人を倒したの言葉をきっかけに奮起。 以降はフブキ組を脱退し、一人で着実に努力を重ねるようになる。 後に本編にて再登場した際には、かつてのように自らを嘆く彼の姿はなかった。 他のヒーローたちの援護に回りながらも自分の考えを述べ、自らの持てる力で最大限の役割を担う。 そしてを前にしても逃げずに果敢に立ち向かうなど、としての確かな成長ぶりを見せた。 戦闘能力 特別なや特殊ななどは一切用いず、素手によるを行う。 地道な努力を続けたことにより、と執念深さにはある程度の自信を持つに至っている。 複数のヒーローによる対戦では、・に実力を買われ、声をかけられる。 戦闘では主に援護・サポートを担当。 一定の距離を保ちながらマークし続け、やによる追撃も行った。 ・・が重なっていたとはいえ、ガロウの一撃を躱し、逆に彼に一撃を喰らわせるなどの活躍を見せる。 ガロウには「動ける」・ 「ただのじゃない」と評された。 動向 としての日々を過ごしていた彼は、通勤中の電車内の広告を見て、ヒーローになることを決意する。 努力してからに昇格するも、フブキ組の圧力に負けて派閥に加入。 仲間内で「足手まとい」と呼ばれ、ポイントの配分も行ってもらえなかった。 ある災害レベル鬼との戦闘で、を含む自分以外のメンバー全員が倒されてしまう。 絶望する彼の前に現れたの手で怪人は倒されたものの、「ヒーローになるのを諦めろ」という言葉に愕然とする。 その後が到着した瞬間、倒されたはずの怪人が復活してしまう。 自分よりも弱いはずのが怪人に向かおうとするのを見て、これまでの自身の思いの丈を涙ながらにぶつけ、必死に彼を止めようとする。 しかし怪人は一撃の下で倒され、そのヒーローは語る。 「単純に強くなるまで努力してないだけなんじゃねーの? 」 「今日のお前に明日以降のお前は一生勝てないのか? 」 「挫折してる暇に進んだ方がいいぜ」 そしてスーパーのセールを気にしながら立ち去るC級ヒーロー。 その言葉に心を動かされた彼はフブキ組を脱退。 スーツを脱ぎ捨て努力を重ねるようになる。 その後本編121話にて再登場。 他のヒーローと共にの包囲作戦を決行した。 仲間の援護やガロウのマーク・追撃を行い、目立たないながらもガロウを追い詰めるのに貢献した。 しかし一瞬のスキを突かれ陣形が崩壊。 自らも銃撃の盾に利用され、更に連打によっていたぶられる。 最後の力を振り絞って反撃に転じようとするも、他のヒーローと同様に倒されてしまう。 しかし意識を失う直前、 端末を使用し応援要請の信号を送っていたことが判明。 その行動はをその場に呼び寄せ、ヒーローとしての責務を全うした。 その後はによって救出された模様。 更に16巻の番外編にも登場。 かつてのフブキ組の仲間と共にコンビニ強盗を撃退。 「自分の限界を決めない」と語っている。 余談 彼のエピソードは番外編ゆえにこれまで化はされていなかった。 しかしアニメ2期のガロウ戦にて、戦闘中にとして挟み込まれる形で一部が映像化された。 また、アニメでは応援要請した後も意識が残っており、 「が来てくれたのか…良かった」と発言して気を失った。 他のヒーローの多くがS級へのコンプレックスを抱いていたのに対し、彼はヒーローとして成すべきことを成したと言える。 ・とは、「メガネ」・「強敵相手でも逃げずに立ち向かう」・「と関わりがある」などの共通点がある。 これまで書いた通り努力で成長した素晴らしい人物なのだが、まさかがを演じることになろうとは誰が予想しただろうか。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の