ケチ の 意味。 ケチの意味や語源とは?その使い方や例文、類義語は?

「けち」とは?意味や使い方を解説!

ケチ の 意味

ケチの意味とは ケチという言葉には、お金を使うことを嫌い、お金を溜めるのに喜びを感じるために、生活の一部を犠牲にすることもいとわないという意味があります。 ケチな人というと、悪いイメージを持たれがちです。 「あの人はケチだから一緒に買い物にいってもつまらない。 」 上記のような使い方の場合、ケチで財布の紐が固いため、一緒に買い物にいってもお金を使わずに窮屈な思いをしたり、楽しめないため、一緒に行きたくないというよう意味をあらわします。 「あの人はケチだからおごってくれたことがない。 」という場合は、たまにはおごったりするような気配りがないことを揶揄する表現です。 ケチな人というと、倹約家や節約家とは違い、一般的にはお金を出すべき場所でも出し惜しみをするため、嫌われてしまうことが多いです。 倹約家との違い 一つ目は、倹約家です。 お金を溜めるのが得意という点では似ていますが、反面で倹約家というとお金をためて何か目的を達成するような場合に用います。 例えば、彼は倹約して家を建てたということや、彼は倹約して貯金をためて将来に備えているなどのように、どちらかというと無駄遣いをせずにお金をためている堅実な人というような意味をあらわします。 ケチという性格は、お金を貯めて目的を達成するということに重きは置かれておらず、使う場面で出し惜しみをすることに重きが置かれています。 節約との違い 二つ目は、節約です。 無駄なお金を使わないという意味が強いため、ケチよりも「堅実」「真面目」「地味なお金の使い道をする」という意味があります。 ケチは、必要なところでも使わないのにたいして、節約は無駄なところでは使わずに使うべきところで使うという意味があります。 みすぼらしい 三つ目は、みすぼらしいという表現です。 こちらはケチがお金の使い方だけについて表しているのに対して、身なりや行動も含めて全体的な印象を表しています。 ケチでなんとなく哀れな身なりをしていることや、お金に執着するあまり、身なりや人目をきにしなくなってしまうような人を指します。 「みすぼらしい服装をしている。 」「みすぼらしい外見だ。 」などというように使われます。 貧乏くさいとの違い 四つ目に、貧乏くさいという表現があります。 みすぼらしいと似ていて、ケチで貧乏くさいという印象をあらわします。 ケチそのものは、お金がないということや、貧乏ということを表しておらず、お金を持っている場合も含まれるという違いがあります。 ケチな人の特徴1:お金に細かい 一つ目は、ケチな人はお金に細かく、いろいろなことに対しても同様の傾向があるということです。 お金に関しては、自分のお金だけでなく、会社のお金の使い道などのも細かく、金銭的なことにこだわりやすい面があります。 飲み会やお食事会、歓送迎会のプレゼントなどのお金のワリカンや出し分などを細かく割ったりすることがあるかもしれません。 細かい作業は得意であるため、会計係やお金のことを任せるには適任な人です。 しかし、ケチな人に任せると、お金ばかりにこだわってお店の雰囲気や料理の質などよりも料金にばかりこだわったり、プレゼントもよいものを選ばずに品質を下げたりするかもしれません。 上記の理由から、ケチな人ひとりに大事な物事の全てをかませるのは危険です。 ケチではない人と一緒にお店選びやプレゼント選びをしてもらったほうが無難でしょう。

次の

「ケチ」と「シブチン」の違いとは?分かりやすく解釈

ケチ の 意味

せこい Sekoi せこいとは、細かくてみみっちいこと。 【年代】 - 【種類】 - 『せこい』の解説 せこいとは細かくてケチなことや、ずるいことを意味する。 現代では主に金銭的なことに使われるが、当初、悪い・下手(へた)という意味でも使われた。 また、客種が悪い・景気が悪いといった意味で的屋、芸人が隠語として使用。 これが関西を中心に一般にも広まる中で現在のような意味を持つようになった。 これとは別に阿波弁(徳島)では せこいを苦しいという意味で使う。 阿波では狭い場所のことを『迫(せこ)』といい、狭い場所=余裕がないということから「食べ過ぎで腹が痛い(苦しい)」「生活にゆとりがない」といったときに せこいを使う。 このように他家で満腹になるまで馳走された時も「 せこい」と言う。 ケチという意味しか知らない他県の人にすれば、状況的に逆の現象が起こるわけである。 スポンサードリンク 『せこい』の関連語.

次の

せこい

ケチ の 意味

皆さん、こんにちは。 英語教師をしているアメリカ人のマイケルです。 今回の記事では、日常会話で意外によく使う「 けち」、「 ケチな人」という意味になる英語、スラングを紹介していきたいと思います。 日本語の日常会話でも人を罵る際、誰かの性格を表現する際に「 けち」や「 ケチな人」という表現はよく使われると思います。 そして、英語にはこの「ケチ」という意味になる単語と表現、スラングが沢山あります。 この「けち」という言葉は、日常英会話だけではなく、ハリウッド映画、海外ドラマ、英語の小説などにも普通に出てくる単語なので、英語学習者の方は必ずの英語の言い方を覚えておくと役に立つ事があると思います。 以上の事から、今回の記事では、英語で「けち」という意味になる色々な表現、スラングを使い方と共に例文と合わせて紹介したいと思います。 Tom is famous for being mean with his money. (トムはお金にケチな人として有名です。 ビルは大金持ちですが、意外とケチな人です。 私の母親はお金にケチな男と結婚しない方がいいと教えました。 ) 英語で「けち、ケチな人」という意味になる「miserly、miser」 この「 miserly」(発音: マイザリー)という形容詞はネイティブの私からすると、少し古い感じがしますが、これも全ての英語圏の国で通じます。 名詞の場合、「 miser」(発音: マイザー)という単語になります。 これは「 ケチな人」という意味になります。 (ジムのお父さんはケチな人です。 ジムは小遣いを貰えません。 ) My grandad is an old miser. He never buys anything but he has lots of money hidden away. (私のおじいちゃんはケチな人です。 彼は何も買わないですが、彼はすごい金額の貯金があります。 You should spend your money now and enjoy your life. けちなんて意味がない。 お金を使って人生を楽しんだ方がいいよ。 ) ケチという意味の英語イディオム「tight, tight-fisted」 「 tight」は元々「 きつい」という意味になります。 「 fist」は「 げんこつ」という意味になります。 「tight-fisted」を直訳すると「 手のげんこつがきつい」という意味になります。 日本語にすると「 財布の紐が固い」という表現です。 つまり「 手を開いてお金を出さない」や「 出来るだけ強くお金を握っている」というイメージを表すイディオムです。 ネイティブのtight, tight-fistedの使い方 例文 Our boss is very tight-fisted. (うちのボスはとてもケチです。 私たち(被用者=従業員)は五年間も給料が上がっていません。 ) My husband is very tight-fisted. He never buys me a nice birthday present. (私の旦那はとてもケチです。 彼は良い誕生日プレゼントを買ってくれないから。 (彼女はとてもケチです。 彼女は給料が高いのに、子供の洋服を必ず中古で買っている。 ) ケチという意味のアメリカ英語のスラング「tightwad」 「 tightwad(タイッドワッド)」という名詞は「 ケチな人」という意味になります。 これは多くの場合、アメリカ英語で使われているスラングです。 それでは、実際にアメリカ人のtightwadの使い方を例文でみてみましょう。 Lend me ten dollars! ケチな人にならないで!10ドルを貸してくれよ!) I went on a date with a man and he made me pay for my own dinner. He was such a tightwad! (私はある男とデートに行ったけど、私は食事代を自分で払わされた。 彼はとてもケチだったね!) 「ケチな人」という意味のイギリス英語のスラング「scrooge」 この「 Scrooge」(発音: スクルージュ)という単語は、元々小説(クリスマス・キャロル、チャールズ・ディケンズ)のキャラクターです。 スクルージュというキャラクターは、とてもケチな人だったので、「scrooge」という単語は、「 ケチな人」という意味になりました。 この単語は イギリス英語ではよく使われています。 イギリス英語のscroogeの使い方の例文: My brother is like scrooge — he is so tightfisted! (私の弟は「スクルージュ」のような人だよ。 彼はとてもケチだ!) You are such a scrooge! (あなたはなんてケチな人だね!) My dad was a scrooge when I was younger. I never got any pocket money. (私が小さい頃、父親はとてもケチだった。 私は小遣いを全くもらえなかった。 ) 「ケチな人」という意味のスラング「cheapskate」 この「 cheapskate」(発音: チープスケート)というスラングは「 ケチな人」という意味になります。 「 cheap」は「 安い」という意味になります。 ネイティブのcheapskateの使い方の例文: Mary is such a cheapskate. She hates spending money. (メアリーはとてもケチな人です。 彼女はお金を使う事が嫌いです。 ) You should buy the more expensive bag because it will last longer. (もっと高い鞄を買った方がいいよ。 その方が長く使えるから。 ケチっても意味がないよ。 ) My girlfriend is a cheapskate. She always gets me to pay for her. 僕の彼女はケチな人だ。 いつも僕に支払わせる。 ) 英語の「ケチ」という意味になる単語:まとめ まとめると、英語には、スラングやイディオムも含めると「ケチ」という意味になる表現・単語は沢山あります。 そして、それらは二つのカテゴリーに分ける事が出来ます。 「ケチな」という意味になる形容詞、「ケチな人」という意味になる名詞があります。 今回の記事で紹介した「けち」、「ケチな人」という意味になる単語は殆どの場合、全ての英語圏の国で通じます。 当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「 English Reboot」をご紹介します。 当教材は合計で「 12のセクション」で構成されています。 中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。 ステップ1: リスニング• ステップ2: リピーティング• ステップ3: シャドーイング• ステップ4: プラクティス• ステップ5: ディクテーション 英語の知識や英単語を沢山知っているが「 いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。 英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、 英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。

次の