あかぎれ ステロイド。 ダイアコート軟膏の強さは?有名ステロイド薬の比較

ひび・あかぎれ|よくあるご質問|池田模範堂

あかぎれ ステロイド

[目次]• ひび割れとあかぎれの違いとは ひび割れとあかぎれは、どちらも気温が低下し空気が乾燥する秋~冬に起きやすく、皮膚の表面が乾くことで発症する症状です。 手の指やかかとに起きることが多いのは、肌を保護する役割をはたしている皮脂の分泌が少ない部位だからです。 皮脂の分泌が少ないと、肌を外気から守るバリア機能が十分に働かず、皮膚内部からの水分も蒸発しやすくなり、乾燥が進んでしまいます。 ひび割れもあかぎれも、水仕事の多い主婦や美容師、調理師によく見受けられる症状です。 皮膚が乾いて細かく裂けるひび割れ 皮膚の表面が乾いて白く粉をふいたような状態となり、細かく裂ける症状で、かゆみをともなったり水仕事の時にしみたりすることがあります。 そのままにしておくと、細かく割れた表面から皮膚の水分がさらに蒸発し、乾燥が進んでしまうので注意が必要です。 皮膚が深く割れ、出血することもあるあかぎれ ひび割れがさらに進んで皮膚が深く割れ、裂け目が皮膚の真皮層まで達し炎症を起こしている状態です。 出血することもあり、水仕事をしていないときにも痛みを感じたりするので、日常生活にも支障をきたすことがあります。 指先や手がひび割れ・あかぎれになる原因 気温の低下と乾燥 気温が下がると、普段肌の表面を守ってくれている皮脂や汗の分泌が減るため、肌の表面から水分が奪われやすく乾燥肌につながります。 また、冬は外気が乾燥しているので、さらに肌表面からの水分の蒸発が進み、よりいっそう乾燥してしまうのです。 水仕事によるお湯や洗剤の使い過ぎ 水仕事でお湯や洗剤を頻繁に使用すると、肌を守っている表面の皮脂や角質層の細胞間脂質が必要以上に奪われてしまい、肌の水分が蒸発しやすい状態となります。 それに加えて、洗剤成分の刺激が肌荒れにつながるので乾燥状態が悪化してしまうのです。 血行不良で肌再生が弱まる 気温が下がると血の流れがわるくなるといわれています。 血行不良によって身体の末端まで必要な栄養分が届きにくくなり肌の再生機能が弱まるので、乾燥で傷ついた肌が修復されにくい、といったこともひび割れやあかぎれになる要因となります。 水虫や老化など 水虫や慢性的な皮膚疾患、老化などが原因の場合もあります。 ひび割れ・あかぎれの改善方法 絆創膏やゴム手袋などで悪化を防ぐ 水仕事などで水に触わることでさらに状態が悪くなる恐れがあるので、傷ついた患部は一時的に絆創膏などで保護し、ゴム手袋をして水仕事をするようにしましょう。 水仕事が終わったら絆創膏ははずし、患部が蒸れないように気をつけます。 そして、外出時は手袋をするなどし、冷たい外気に触れさせないように気をつけることも大切です。 保湿成分のクリームや軟膏で保護する 皮膚にうるおいを与える保湿成分のグリセリンや、ヘパリン類似物質、保護する成分のワセリン、血行促進効果に効果的なビタミンE(トコフェロール酢酸エステル)などが含まれている軟こうやクリームを塗るとよいとされています。 また、「アラントイン」や「パンテノール」も皮膚組織に修復の効果が期待できるといわれています。 市販薬の薬を選ぶ際もしっかり自分に合ったものを選びましょう。 皮膚科で治療薬を処方してもらう 皮膚の炎症や痛みがひどい場合は我慢せず、皮膚科を受診しましょう。 皮膚科では、あかぎれの患部のみに使用するように弱いステロイドの塗り薬が処方されることが主ですが、血行促進のためビタミンEの内服薬や外用が処方されることもあります。 ひび割れ・あかぎれを予防する方法 あかぎれにならないように、そして悪化させないように日ごろからの生活習慣を見直すことも大切です。 水仕事後はハンドクリームで保湿を 水仕事のあとはしっかりと水分を拭き取ることで水分の蒸発を防ぎ、ハンドクリームでこまめに保湿することを習慣化するようにしましょう。 普段から乾燥肌の方はゴム手袋をして水仕事をするようにすると、洗剤の刺激からも肌を守ることにもつながります。 手足の先までしっかり温める 寒い時期の外出の際は手袋を着用し、指先が冷えないようにします。 入浴の際はシャワーのみで済ませず、手足の先までしっかり温めるようにしましょう。 マッサージや運動で効果的に血行をよくする マッサージや適度な運動は、血行をよくする効果があるとされていますので、日常的に行うとよいでしょう。 寝るときは保湿クリームなどを塗って靴下で保湿を 就寝前に保湿や血行促進作用のある軟こうやクリームを塗った後、保温性があり蒸れにくい木綿の手袋や靴下を着けて寝るようにすると、寝ている間の肌の保護につながります。 ビタミンEを含む食べ物で血行促進 血行促進に効果のある食べ物を摂るようにしましょう。 ビタミンEを含むうなぎ、卵黄、アーモンドなどのナッツ類や植物油などが血行によいとされています。 また、大豆や魚などのタンパク質は熱エネルギー発生の素となるので積極的に摂るとよいでしょう。

次の

ドレニゾンテープは傷跡・ケロイド・あかぎれに効果抜群のステロイド!

あかぎれ ステロイド

1.リンデロンVG軟膏とは? まずは、リンデロンVG軟膏の基本的な知識を解説します。 1-1. リンデロンVG軟膏の成分と作用 リンデロンVG軟膏は、細菌の感染の可能性がある、又はそのおそれのある湿疹、皮膚炎、乾癬(かんせん)などの治療に使用します。 リンデロンVG軟膏の主な成分は2つあります。 湿疹、皮膚炎、かぶれ、虫刺されなど、様々な皮膚疾患に対して、幅広く使用されます。 ただし、明らかな感染症があるときは、別途感染症に対する治療も必要です。 医師とよく相談しましょう。 最も強い(Strongest) 2. とても強い(Very Strong) 3. 強い(Strong) 4. 普通(Medium) 5. 弱い(Weak) 皮膚の炎症の重症度によって、ステロイドの強さを選びます。 炎症がひどいほど、強いタイプのステロイド塗り薬が候補に挙がります。 しかし、全く同じような症状でも、本人の年齢・体質などの背景によって、適したお薬は変わります。 また、使用する場所によっても、どのステロイドの塗り薬が適しているかは変わります。 この数値が高いほど、お薬の作用が強いとされ、作用の強さを示すひとつの指標となります。 1-2. リンデロンVG軟膏の使い方 リンデロンVG軟膏は、伸びがよく、ほとんど匂いもないため、塗りやすいお薬です。 症状に応じて、医師から適量や塗る回数などの指示があると思いますので、医師の指示を守って、患部を清潔にしてから塗るようにしましょう。 万が一、指示されている時間帯に塗り忘れたことに気づいた場合には、気づいたときに塗って問題ありませんが、その場合には、次に塗るタイミングをずらすようにしましょう。 塗り薬は、局所的に作用をするため、副作用の心配はほとんどありません。 しかし、長期にわたって使用したり、広範囲にわたり使用を続けたりすると副作用のリスクが高まるため、必ず医師と都度相談しながら使用するようにしましょう。 顔面、頸、わきの下、陰股部は皮膚がうすく、副作用が出やすいので、効果の弱いステロイドを用いるか、塗る回数を工夫することが必要です。 また、本来、医師に指示されている場所以外で使用すると、塗布できる場所に適していない場合があり、副作用を引き起こす可能性があります。 必ず、医師の指示どおりに使用するようにしましょう。 2.その他のリンデロンシリーズとの違いと使い分け リンデロンと名前がつく塗り薬として、リンデロンVG軟膏の他に、リンデロンV、リンデロンDP、リンデロンAの塗り薬があります。 名前の最後のアルファベットに違いがあり、含まれている成分やステロイドの強さが違ってきます。 また、軟膏の他にも、クリーム、ローションのタイプもあるため、その使い分けも解説します。 2-1. 抗炎症作用のみを期待したい:リンデロンV リンデロンVの主な成分は、ステロイド成分のみです。 疾患・症状によっては、比較的皮膚が薄い部分(顔まわりや外陰部など)にも使用することがあります。 2-2. より高めの抗炎症作用を期待したい:リンデロンDP リンデロンDPの主な成分は、ステロイド成分のみにです。 ステロイド成分のみになるので、抗炎症作用を期待して、湿疹、皮膚炎、かぶれ、虫刺されなど、様々な皮膚疾患に対して使用されます。 一般的には、やや強めのタイプですので、皮膚が薄い部分(顔まわりや外陰部など)には使用せず、手足や体幹など皮膚の厚い部分に使用します。 2-3. 目や耳、鼻などに使用する:リンデロンA リンデロンAの主な成分は、2つあります。 眼・耳科用の軟膏、点眼・点鼻用の液のタイプがあります。 2-4. 軟膏・クリーム・ローションの使い分け 主に、軟膏、クリーム、ローションのタイプがあります。 それぞれの特徴について説明します。 また刺激性が少ないのも特徴です。 その反面、べたつき感やテカテカ感があります。 潰瘍やびらんなどジュクジュクしている患部から、アトピーやかさぶたなど乾燥している患部まで、幅広く使用することができます。 伸びがよく、軟膏ほどべたつきが少ないため、広範囲に塗りやすいです。 また、皮膚への浸透性が良いことも特徴です。 その反面、刺激性があり、潰瘍やびらんなどジュクジュクしている患部には適していません。 使用感が良いため、露出のある肌に塗る場合に好まれたり、足のかかとなど皮膚が硬い患部に使用することがあります。 即効性はある一方で、持続力がありません。 軟膏やクリームでは対処しづらい、頭部などの毛が多い部位に対してよく使用されます。 3.リンデロンVG軟膏の副作用と注意点 3-1. リンデロンVG軟膏の副作用 塗り薬は、 局所的に作用をするため、広範囲への使用や長期にわたって大量に使用せず、短期間で正しく使用する分には、副作用の心配はほとんどありません。 但し、稀に次のようなステロイド特有の副作用症状が出ることもあります。 詳しくは、添付文書を確認していただくか、医師や薬剤師に確認するようにしましょう。 乳幼児では効果が成人に比べてつよく出やすいので、成人より1つランクの低い弱いステロイドをすすめられることもあります。 代表的な副作用症状(一部) ・毛細血管拡張・・・血管が浮き出てみえる ・皮膚萎縮・・・皮膚が薄くなる ・皮膚に赤みがでる ・にきび ・皮膚感染症 ・過敏症、接触性皮膚炎・・・発疹・発赤、かぶれ など 又、稀に、まぶた周辺に使用したときや、大量又は長期にわたって広範囲に使用すると下記のような副作用が出ることもあります。 ・眼圧亢進、緑内障、後嚢白内障 目が見えにくい、目がかすむ、目の痛み、まぶしいなど、目に異常を感じた際は、早めに医療機関を受診しましょう。 通常は、その塗り薬の使用を中止することや使用方法を変更したりなど行うことで症状は回復します。 万が一、このような症状がみられた場合には、直ぐに医療機関を受診し、医師の判断を仰ぐようにしましょう。 その一方で、皮膚の症状が改善したら、塗る回数を減らしたり、ステロイドの強さを弱くしたりすることがありますが、やめるときも、自分で勝手に急に使用を中止すると皮膚の炎症が再燃する可能性もあるので注意しましょう。 またそのため、症状の変化を見逃さないように定期的に医療機関を受診することも大切です。 3-2. 使用上の注意点 自己判断で勝手に使用すると、思いもよらない副作用を引き起こす可能性があるため、必ず医師や薬剤師の指示を仰ぐようにしましょう。 というのも、今回の説明のとおり、リンデロンと名がつくお薬だけでも、種類によって、作用の強さや適した患部などには特徴があります。 そのため、同じリンデロンだから良いかと自己判断で使用した場合、思いもよらない副作用を引き起こしてしまう可能性があります。 家に余った塗り薬があったとしても、必ずその処方元の医師や薬剤師にまずは相談するようにしてください。 また、 お薬には、使用期限があります。 一般的に塗り薬の場合、パッケージ(軟膏の場合は、チューブの端の部分)を確認していただくと、使用期限の記載があります。 高温になるような場所で保管をしておらず、未開封のものであれば、その期限を参考にしてもらって大丈夫です。 しかし、開封してしまっている場合や、混合された塗り薬などで別の容器に移されてもらっている場合には、早めに使いきるようにしましょう。 古いものは、正しい効果が期待できないことや、悪影響を与える可能性もあるため、使用せずに破棄するようにしましょう。 4. リンデロンVG軟膏は市販で購入できる? リンデロンVG軟膏と全く同じ2つの成分ではありませんが、同じステロイド成分を含んだ市販薬が販売されています。 購入を希望される際には、店頭にて相談するようにしましょう。 5.おわりに 今回は、リンデロンVG軟膏について効果・副作用を解説するとともに、リンデロンシリーズの使い分けや市販で購入することができるのか?に関してもあわせて説明しました。 リンデロンVG軟膏は、ステロイド成分と抗生物質を含み、様々な皮膚疾患に対して使用されるお薬です。 また、同じリンデロンとつく名前のお薬でもアルファベットによって、含まれている成分やステロイドの強さが変わってきます。 市販でも、リンデロンVG軟膏と全く同じものはありませんが、似たような塗り薬は購入することが可能です。 ぜひ、本記事を参考に正しいお薬の知識を深め、安心安全に使用するようにしましょう。

次の

あかぎれにステロイドが入っていると良く効く?効果や副作用は?

あかぎれ ステロイド

[目次]• ひび割れとあかぎれの違いとは ひび割れとあかぎれは、どちらも気温が低下し空気が乾燥する秋~冬に起きやすく、皮膚の表面が乾くことで発症する症状です。 手の指やかかとに起きることが多いのは、肌を保護する役割をはたしている皮脂の分泌が少ない部位だからです。 皮脂の分泌が少ないと、肌を外気から守るバリア機能が十分に働かず、皮膚内部からの水分も蒸発しやすくなり、乾燥が進んでしまいます。 ひび割れもあかぎれも、水仕事の多い主婦や美容師、調理師によく見受けられる症状です。 皮膚が乾いて細かく裂けるひび割れ 皮膚の表面が乾いて白く粉をふいたような状態となり、細かく裂ける症状で、かゆみをともなったり水仕事の時にしみたりすることがあります。 そのままにしておくと、細かく割れた表面から皮膚の水分がさらに蒸発し、乾燥が進んでしまうので注意が必要です。 皮膚が深く割れ、出血することもあるあかぎれ ひび割れがさらに進んで皮膚が深く割れ、裂け目が皮膚の真皮層まで達し炎症を起こしている状態です。 出血することもあり、水仕事をしていないときにも痛みを感じたりするので、日常生活にも支障をきたすことがあります。 指先や手がひび割れ・あかぎれになる原因 気温の低下と乾燥 気温が下がると、普段肌の表面を守ってくれている皮脂や汗の分泌が減るため、肌の表面から水分が奪われやすく乾燥肌につながります。 また、冬は外気が乾燥しているので、さらに肌表面からの水分の蒸発が進み、よりいっそう乾燥してしまうのです。 水仕事によるお湯や洗剤の使い過ぎ 水仕事でお湯や洗剤を頻繁に使用すると、肌を守っている表面の皮脂や角質層の細胞間脂質が必要以上に奪われてしまい、肌の水分が蒸発しやすい状態となります。 それに加えて、洗剤成分の刺激が肌荒れにつながるので乾燥状態が悪化してしまうのです。 血行不良で肌再生が弱まる 気温が下がると血の流れがわるくなるといわれています。 血行不良によって身体の末端まで必要な栄養分が届きにくくなり肌の再生機能が弱まるので、乾燥で傷ついた肌が修復されにくい、といったこともひび割れやあかぎれになる要因となります。 水虫や老化など 水虫や慢性的な皮膚疾患、老化などが原因の場合もあります。 ひび割れ・あかぎれの改善方法 絆創膏やゴム手袋などで悪化を防ぐ 水仕事などで水に触わることでさらに状態が悪くなる恐れがあるので、傷ついた患部は一時的に絆創膏などで保護し、ゴム手袋をして水仕事をするようにしましょう。 水仕事が終わったら絆創膏ははずし、患部が蒸れないように気をつけます。 そして、外出時は手袋をするなどし、冷たい外気に触れさせないように気をつけることも大切です。 保湿成分のクリームや軟膏で保護する 皮膚にうるおいを与える保湿成分のグリセリンや、ヘパリン類似物質、保護する成分のワセリン、血行促進効果に効果的なビタミンE(トコフェロール酢酸エステル)などが含まれている軟こうやクリームを塗るとよいとされています。 また、「アラントイン」や「パンテノール」も皮膚組織に修復の効果が期待できるといわれています。 市販薬の薬を選ぶ際もしっかり自分に合ったものを選びましょう。 皮膚科で治療薬を処方してもらう 皮膚の炎症や痛みがひどい場合は我慢せず、皮膚科を受診しましょう。 皮膚科では、あかぎれの患部のみに使用するように弱いステロイドの塗り薬が処方されることが主ですが、血行促進のためビタミンEの内服薬や外用が処方されることもあります。 ひび割れ・あかぎれを予防する方法 あかぎれにならないように、そして悪化させないように日ごろからの生活習慣を見直すことも大切です。 水仕事後はハンドクリームで保湿を 水仕事のあとはしっかりと水分を拭き取ることで水分の蒸発を防ぎ、ハンドクリームでこまめに保湿することを習慣化するようにしましょう。 普段から乾燥肌の方はゴム手袋をして水仕事をするようにすると、洗剤の刺激からも肌を守ることにもつながります。 手足の先までしっかり温める 寒い時期の外出の際は手袋を着用し、指先が冷えないようにします。 入浴の際はシャワーのみで済ませず、手足の先までしっかり温めるようにしましょう。 マッサージや運動で効果的に血行をよくする マッサージや適度な運動は、血行をよくする効果があるとされていますので、日常的に行うとよいでしょう。 寝るときは保湿クリームなどを塗って靴下で保湿を 就寝前に保湿や血行促進作用のある軟こうやクリームを塗った後、保温性があり蒸れにくい木綿の手袋や靴下を着けて寝るようにすると、寝ている間の肌の保護につながります。 ビタミンEを含む食べ物で血行促進 血行促進に効果のある食べ物を摂るようにしましょう。 ビタミンEを含むうなぎ、卵黄、アーモンドなどのナッツ類や植物油などが血行によいとされています。 また、大豆や魚などのタンパク質は熱エネルギー発生の素となるので積極的に摂るとよいでしょう。

次の