ドゥカティ 900ss。 bitubo<ビチューボ> ドゥカティ 900SS『ベベル』 用 サスペンション【リアショック】D0003WME02V2 :007

【’90s名車列伝】“ライダーを育てるバイク” ドゥカティ・900SS 唯一無二の魅力を探る(前編)

ドゥカティ 900ss

900SS には 900SSも登場した。 900SSのエンジンはに登場した900MHR(・レプリカ)にも搭載された。 その後、750SSと900SSは細部の改良を続けながらも外観はほぼ変わらずに生産され続け、750SSは、900SSはまで製造販売された。 その後は発売の 900SSダーマ、発売の 900S2、発売の 1000S2に引き継がれている。 この時代のSSに搭載されたエンジンは、ベベルギアシャフトによる駆動から通称「 ベベルエンジン」とも呼ばれる。 更にクランクケースの形状により、丸みを帯びた外観の「 ラウンドケース」、角ばった形状の「 スクエアケース」、という二種類のエンジンがあった。 ラウンドケースエンジンはまで採用され、以降はスクエアケースエンジンが搭載された。 つまり、1975年から登場した900SSにはラウンドケースを搭載した車両は存在しない。 なお、ラウンドケースは右足で変速操作を行なう「右チェンジ」であり、スクエアケースは左足で変速操作を行なう「左チェンジ」である。 この時代のSSのもう一つの特徴としては、現在のドゥカティでは代名詞となっている鋼管トレリスフレームはまだ採用されず、一般的な形状のが採用されている点が挙げられる。 また、750SSと900SSともに、1975年までは製燃料タンクを標準装備していたが、1976年以降は鉄鋼製タンクが標準装備となった。 2代目 1989年-1997年 [ ] 600SS 900SS、900SL、750SS、600SS、400SS 日本市場限定 があった。 発売の750スポルトの上位車種として、夏に1990年式として、久々に「スーパースポーツ」の名を冠する 900SSが登場した。 やで採用された技術や部品を取り入れられ、排気量904ccに拡大された空冷デスモドロミック90度V型2気筒エンジンを搭載し、車体の軽量化などがはかられた。 しかしその約2年後となるには、早々とエンジンやフレームを含む車両全体に大幅な改良を加えられた後期型が登場することとなる。 当初は排気量904ccの900SSのみが発売され、1991年に後期型が登場すると、同時期に販売を終了した750スポルトと入れ替わるように排気量748ccの750SSや排気量583ccの600SS等も発売された。 日本においては、免許制度に合わせて排気量を398ccに縮小した、免許でも乗れる 400SSもから発売された。 ただしまでは 400SSジュニアという車種名であった。 また以降には、一人乗り仕様として更なる軽量化を施した 900SL Super Light、スーパーライト も限定で販売されていた。 なおに発売された 900SS FE Final Edition、ファイナルエディション の仕様は塗装色以外は900SLとほぼ同じであった。 この時代のSSに搭載されたのは、の500SLに端を発するによるカムシャフト駆動を採用するエンジンである。 ただしこれは、先に同様のカム駆動方式を採用した、500SLから750F1までの通称「 パンタ 系 エンジン」を750パゾや750スポルトで更に進化させたものであり、細部は異なる。 吸気機構には2連装のダウンドラフト式が採用され、初期型 まで では750パゾや750スポルトと同様の製が、後期型 以降 では新たに製が使われている。 フレームは、この時代のSSになって、後のドゥカティの代名詞ともなったが採用される。 1990年までの初期型SSのフレームはの流れを汲む750スポルトとほぼ同じものだったが、1991年以降の後期型では同じフレーム形式ながら高剛性化やキャスター角の変更など様々な改良を施された新たなフレームとなった。 またフレームの変更と同時に、フロントを正立式から倒立式へ、フロントのサイズを若干細くする等、細部に渡って様々な改良が行なわれた。 この代の後期型から、フルカウルとハーフカウルという、の違いによる二種類の車体が購入時に選べるようになったのも大きな特徴である 初期型はフルカウル版のみだった。 これらはサイドカウルの大きさの違いとそれに伴う車両重量の違いだけだったので、後からもう一方のサイドカウルを購入すれば、簡単にフルカウルとハーフカウルを「着替える」事もできた。 3代目 1998年-2006年 [ ] 620スポーツ 2003年 SS900、SS750、SS1000DS、SS800があった。 このシリーズのみSSの文字が排気量を示す数字の前に付けられた。 のデザイナー、によってデザインされたカウルを装着した。 登場当初は、フルカウル版であるフルフェアリング FF だけだったが、その後ハーフカウル版であるハーフフェアリング HF が追加された。 エンジンは先代のものと基本設計は同じながら、吸気が電子制御式となった。 には、用に開発された排気量992ccの1000DSエンジンを搭載した SS1000DSが登場し、 SS900に取って代わった。 SS750も排気量が803ccに拡大され SS800となった。 なお一時期、同じ外観ながらも外装の塗色を簡素化したり排気量を縮小したりした廉価版が併売された。 これには年式により 900スポーツと 750スポーツ 2003年 、 800スポーツと 620スポーツ 2004年 があったが、その車種名が示す通り、厳密にはこれらはSS Super Sport と呼ばれていない。 にはSS800の販売が終了してSS1000DSのみのラインナップとなり、SS1000DSもには販売を終了した。 出力特性は3,000rpmで最大トルクの約80%を発生するうえ、9,000rpmでも最大トルクの約90%を維持し、実用性とスポーツ性を兼ね備えた設定。 ブレンボ製ラジアルマウントモノブロックキャリパーのブレーキシステムには、ボッシュ製9MP ABSユニットが組み合わされ、走行環境によって3段階から設定を調節可能。 DTC(ドゥカティ・トラクションコントロール)は8段階に設定でき、街乗りからツーリング、サーキットまであらゆる場面で最適な安全性とスポーツ性を両立させる。 ライディングモードは「スポーツ」「アーバン」「ツーリング」の3種が設定され、走行状況や好みに応じて変更可能。 あらゆる場面でパフォーマンスを発揮できるスポーツモデルだ。 外部リンク [ ]• ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の

【’90s名車列伝】“ライダーを育てるバイク” ドゥカティ・900SS 唯一無二の魅力を探る(前編)

ドゥカティ 900ss

このサイトはDUCATIオーナーズマニュアル中に記載されている項目を選抜して掲載しています。 整備・点検・部品購入時の参考にしてください。 '97年式のオーナーズマニュアルです。 5 : 1 9. 5 : 1 9. 5 : 1 最大出力 ps 42 66 80 発生回転数 rpm 10,500 8,500 7,250 最高許容回転数 rpm 11,000 9. 5 35 38 検出時クリアランス mm 0. 10~0. 12 クリアランス許容0. 05 エキゾースト mm 0. 12~0. 15 クロージング・ロッカー インテーク mm 0. 00~0. 02 クリアランス許容0. 02 0. 03~0. 05 クリアランス許容0. 00mm インテーク mm 9. 35 9. 35 11. 76 エキゾースト mm 8. 50 8. 50 10. 5 140 140 スターティングジェット 70 70 70 アイドルジェット 37. 5 37. 5 42. 550009 または SAE7. 2W メーターライト 12V3W ウインカー 12V-10W バッテリー 12V-16Ah ジェネレーター 12V-300W 12-350W 電圧レギュレーター 30Aフューズで保護 バッテリー横に配置 セルモーター 12V-0. 部 位 アンペア値 A-1 メインスイッチ 30A B-2 イグニッション・燃料ポンプ・レギュレーター 15A C-3 ハイ・ロービーム 15A D-4 ウインカー・パイロットライト・テールライト・メーターパネルライト 7. 5A E-5 ストップライト・ホーン 7. 5A F-6 スペア 30A G-7 スペア 15A H-8 スペア 7. 液タイプ 量 燃料タンク リザーブ4L含む プレミアムガソリン ハイオク 17. 5L エンジンオイル AGIP 4T SUPER DUCATI 400SS 3. 5L ブレーキ・クラッチ回路 AGIP F1 ブレーキフィールド SUPER HD DOT. ドライブチェーン AGIP ROCOL チェーンルーブスプレイ. 回転計/速度計の駆動部 AGIP F1 グリース30. スリープピン/ベアリング AGIP GR MU3 グリース. 電装の接点保護 AGIP P1 160 スプレイ. フロントフォーク 400SS MARZOCCHI art. 5 0. 5 7~7. 25 1. 8~2. 25 4. 5~4. 5 7~7. エンジン/ブレーキ/サスペンションへのより効果的な慣らしを行うため、カーブの多い起伏に富んだ場所で走行するのが理想的である。 ~1000km ~8000rpm ~7000rpm 車両の全ての機械部分を互いに馴染ませるため、エンジンの主要部品の寿命に悪影響を与えないよう、乱暴な運転と高いエンジン回転(特に上り坂)を持続させる事を避ける。 ドライブチェーンを時々点検・調整・給油する事。 ~2500km エンジンから高い性能を引き出す時は慎重に。 A 確認/調整 L 給油/グリスアップ C 清掃 X 交換.

次の

歴史を彩った名車シリーズ DUCATI 900SS

ドゥカティ 900ss

RECOMMEND• 9,900円 税込• Panigale V4 用 カーボンヒールガード 20,591円 税込• SCR800シリーズ&Monster797 SOLD OUT• HYPERMOTARD 950 基準適合サイレンサー 265,980円 税込• 793,375円 税込• PANIGALE V4 カーボン製フロントマッドガード 47,740円 税込• PANIGALE V4 カーボン製リアマッドガード ノーマルエキゾースト用 47,740円 税込• PANIGALE V4 アルミニウム製調整可能ライダーフットペグ 189,717円 税込• 47,740円 税込• SUPERSPORT用 承認サイレンサー 147,658円 税込• Akrapovic製; 基準適合サイレンサー 245,827円 税込• [特別SALE]コンプリートレーシングエキゾーストキット 234,195円 税込• 車検対応 バフ掛け仕上 エキゾーストパイプ SOLD OUT• SUPERSPORT用 ローシート SOLD OUT• XDIAVEL専用 43,827円 税込• グリップの温度を 3 段階から調節することができ、寒い日のライディングでも手を暖かく保ちます。 42,811円 税込• タンクポケット SOLD OUT• タイミングベルトを保護します。 38,668円 税込• ワイドスクリーン 28,170円 税込• 軽量化されます。 72,587円 税込• カーボンリアマッドガード 19,955円 税込• 破片や衝撃からエンジンを守るアルマイト加工アルミニウム製。 33,010円 税込• フロントアクスルスライダー 16,170円 税込• カーボンタンクパッド 9,778円 税込• ビキニカウル&シートカバー 69,304円 税込 売れ筋商品• フロントアクスルスライダー 16,170円 税込• カーボンタンクパッド 9,778円 税込• ビキニカウル&シートカバー 69,304円 税込• 9,900円 税込• Panigale V4 用 カーボンヒールガード 20,591円 税込• SCR800シリーズ&Monster797 SOLD OUT• PANIGALE V4 カーボン製フロントマッドガード 47,740円 税込• PANIGALE V4 カーボン製リアマッドガード レーシングエキゾースト対応品 47,740円 税込• PANIGALE V4 カーボン製リアマッドガード ノーマルエキゾースト用 47,740円 税込• PANIGALE V4 ナンバープレートホルダー取り外しカバーセット 7,161円 税込• 11,836円 税込• 18,139円 税込• 9,570円 税込• 5,753円 税込• 40,095円 税込• 47,740円 税込• HYPERMOTARD950 パッセンジャーグラブハンドル。 22,957円 税込• HYPERMOTARD950 フューエルタンク用カーボン製プロテクタ 9,394円 税込• DIAVEL1260 プレミアムシート 62,612円 税込• PANIGALE V4 テクニカルファブリック製レーシングシート 30,547円 税込• PANIGALE V4 屋内用バイクカバーシート 38,192円 税込• Monster 1200R用 ビレットアルミ製フレームプラグ 19,810円 税込• PANIGALE V2他 パッセンジャーシートカバー 57,288円 税込• SUPERSPORT用 承認サイレンサー 147,658円 税込• SUPERSPORT用 ローシート SOLD OUT• [特別SALE]コンプリートレーシングエキゾーストキット 234,195円 税込• カーボン製タンクプロテクター 7,666円 税込• カーボンファイバー製タンクプロテクター 10,120円 税込 いつもご利用下さり誠にありがとうございます。 店舗運営と並行して営業しておりますゆえ 夜間のご注文や定休日 毎週月曜日・第2第3火曜日 のご注文の即時回答は難しく 土曜日&日曜日は店舗も込み合う事がございます。 店頭でのご対応と並行して行っておりますので 店頭の混雑具合や店舗休業日によりましてはご回答に2日〜3日ほど頂く場合もございます。 可能な限り24時間以内のご返信を心がけておりますが上記事情から ご容赦のほどお願い申し上げます。 お問合せにつきまして、 お電話でのご返答は致しておりません お問合せフォームからご連絡下さい。 〇ドゥカティパフォーマンスパーツ購入の場合において車種適合に関する件はご回答しておりますが ハンドルバー、バーエンド内径、 寸法採寸が必要なご依頼ならびにバルブサイズの回答などは ご案内は致しておりません。 やむを得ない場合のみ弊社より電話連絡をさせていただく場合がございます。 この場をお借りいたしまして日頃のご愛顧心より感謝申し上げます。

次の