扁桃炎 市販薬。 喉の痛みにおすすめの市販薬は「ペラックT錠」と「のどスプレー パープルショット」で間違いない。

扁桃腺の腫れや痛みに効く市販薬一覧

扁桃炎 市販薬

扁桃腺炎とはそもそも何か?!• 扁桃腺炎でみられる症状• 原因はなにか?• 扁桃腺炎の治療と、扁桃腺肥大の場合の対処 人気の関連記事!• スポンサーリンク 扁桃腺炎とは!? 扁桃腺炎とは、 呼んで字のごとく 「扁桃腺が炎症を起こす病気」です。 でははじめに、 扁桃腺の場所から説明しましょう! 以下の画像の「舌の奥」の部分が扁桃腺にあたります。 暗くてわかりにくいですが、黒マルの部分に丸っこい扁桃腺が見えます。 そして、この扁桃腺が炎症を起こすと、以下の画像の様に大きく腫れあがります。 画像出展: ちなみに「扁桃」とは アーモンドの和名で、大きさ形などの見た目から「扁桃 腺 」と呼ばれるようになりました。 ご説明しました通り、扁桃腺は「風邪やインフルエンザ」などウィルス性の病気にかかると、大きく腫れて痛みを感じます。 実は扁桃腺は、喉に侵入してきたウィルスを攻撃する 主力の免疫であり、 ウイルスの侵入を拒むために活性化し、炎症を起こすのです。 このように「扁桃」は、健康被害をもたらす異物をいち早く検知するセンサーの役割を担っています。 さらにこの扁桃腺炎には 「急性」・「慢性」のものがあり、それぞれ 原因と治療法が異なります。 それでは、 それぞれの症状を一つずつ説明しましょう! スポンサーリンク 急性扁桃腺炎の症状とは? 上記のようにウィルス感染などによって、 一時的に扁桃に炎症を起こすのが 「急性扁桃腺炎」です。 慢性扁桃腺炎の症状とは? 慢性扁桃腺炎の場合は、 さらに三つに分別されます。 慢性単純性扁桃炎 大人が発症する場合が多く、 「急性扁桃腺炎」が継続している状態を言います。 急性と比べると、 軽度なことが多いですが、体調が優れず免疫力が落ちている場合は、 急性と同様の症状が現れることがあります。 習慣性扁桃炎 反復性扁桃炎 扁桃腺炎が繰り返されることで、 過剰に免疫反応を起こしてしまう状態となった扁桃腺炎です。 扁桃病巣感染症 扁桃腺炎が異常をきたすことで、 他の臓器に違う病気を引き起こす病気です。 皮膚疾患や、骨関節疾患、腎臓疾患などが挙げられます。 では続いて、 「扁桃腺炎の原因」について説明しましょう。 スポンサーリンク 扁桃腺炎の原因とは!? 扁桃腺炎を引き起こす原因には、 以下のようなものが考えられます。 健康な時は免疫力によって、悪さしないよう押さえ込む事が出来ています。 「後鼻漏」とは、鼻水や蓄膿症で生じる膿などが喉へ流れ落ちる症状です。 これらが合わさり、膿が扁桃に浸潤すると炎症を引き起こし、扁桃腺炎が発病します。 慢性扁桃腺炎の原因 慢性化扁桃腺炎の場合は、ほとんどが急性扁桃腺炎が治りきらずに慢性化してしまっている状態と言えます。 その原因は、徹夜による睡眠不足や、タバコ、アルコールなどの日常生活における 免疫力低下や不摂生です。 また、副鼻腔炎や歯周病が根本原因としてある場合は、 それらを完治させなければ、慢性的に扁桃腺炎が発症します。 なお「習慣性扁桃炎」は、年に何度も免疫機能が発動する状況になることで、過剰反応を起こしやすくなり、「免疫機能の暴走や、機能停止」に至ることもあります。 既述の通り、習慣性扁桃炎は子どもに多いのですが、 子どもの場合は、免疫機能が安定していないために、繰り返し発動してしまうことが多いのです。 では続いて 「扁桃腺炎の治療方法」について説明します。 スポンサーリンク 扁桃腺炎の治療法とは!? 原因がはっきりとしている扁桃腺炎では、原因となる病気の治療を行えば扁桃腺炎は自然と消失します。 例えば、扁桃腺炎を伴う風邪やインフルエンザの場合は、抗生剤や抗ウィルス剤の投与により、ウイルスを殺菌することで、治療します。 扁桃腺手術は目で確認できる位置にある組織の摘出なので、両側を摘出する場合でも20分程度の外来手術が可能です。 ただし、口の奥にメスを入れることから、飲食や唾を飲み込むときに強い痛みを感じるため、手術後数日間は痛みを我慢することと抗生剤、痛み止めの服用が必須となります。 また、術後に出血や創部感染がある場合は、入院して抗生剤や止血剤を点滴しながら経過観察を行う場合もあります。 扁桃腺肥大の場合 扁桃腺肥大とは、扁桃腺が大きく肥大する症状です。 原因としては、子どもの生まれ持った体質が関係していると考えられていますが、 炎症を繰り返すことでも大きくなると言われています。 こちらの場合、「呼吸がしにくい」「食べ物を飲み込みにくい」など生活に支障をきたすため、同じく手術で摘出する場合があります。 関連ページ 扁桃腺炎はどれくらいで治療できるの?放っておいても自然治癒 完治 する?扁桃炎で気になる質問に、どこよりも分かりやすく説明します。 よくある質問「急性扁桃炎・慢性扁桃炎は他人へうつるのか?」について、どこよりも分かりやすく説明します。 扁桃腺炎にもさまざまな原因があるため、まずは原因を知ることが大切です! 扁桃腺炎に効く薬は、抗生物質などの処方薬だけではありません。 市販薬や漢方薬でも効果は見込めますので、のどぬーるスプレーやイソジンをはじめ、おすすめの商品を紹介します。 扁桃腺炎 扁桃炎 の際に処方される抗生物質 抗生剤・抗菌剤・抗ウイルス剤 を説明します。 インフルエンザウイルスが原因の場合は、タミフルやリレンザなどが処方されます。 化膿性扁桃腺炎と、扁桃腺炎って何が違うの?原因や症状は?喉の症状の一つ「化膿性扁桃炎」について分かりやすく説明します。 扁桃腺炎が進行すると、扁桃腺周囲炎や、扁桃腺周囲膿瘍にまで悪化する場合があります。 ここでは参考画像を元に、症状・原因・治療・手術について詳しく説明しています。 扁桃腺が大きく腫れる「扁桃腺肥大」とは?写真と共に、症状・原因・治療を説明します。 子どもに多くみられますが、大人の症例もあります。 喉の痛みやいびきの原因にも繋がるかも?.

次の

「急性扁桃炎」の治療について医師が解説―治るまでの期間はどれくらいなの?どんな薬が使われるの?

扁桃炎 市販薬

風邪から扁桃腺炎が発症?! 風邪をひき、病院を受診すると、必ずと言ってもよいほど、医師が喉を確認しますよね。 あれは、扁桃腺の腫れを確認しています。 扁桃腺は舌の付け根の両側にあるコブのようなものです。 扁桃腺は口から侵入してしまった細菌やウイルスを体内へと侵入させないようにする役割を果たしています。 しかし、扁桃腺にも細菌が存在しているので、細菌により免疫機能が働いているためウイルスから守り予防してくれています。 ところが、扁桃が持っている細菌やウイルスに感染し増殖してしまうと、炎症が起きてしまい症状が起こります。 これが扁桃腺炎なのですね。 また、風邪をこじらせてしまい扁桃腺炎になる場合は、体内に侵入した風邪の原因だったウイルスがしっかりと死滅せずに扁桃の細菌に感染し、増殖すると扁桃腺炎の症状が起こります。 扁桃腺炎の症状は? 扁桃腺炎の症状は• 喉の痛み• 倦怠感• リンパ節の腫れ• 関節痛 などが起こります。 風邪の症状のようですが、風邪の場合は上気道の粘膜にウイルス又は細菌が付着し、増殖すると炎症が起こり、症状が起こります。 一方扁桃腺炎は、陰窩という扁桃のくぼみ部分に細菌又はウイルスが増殖し、症状が起こります。 似ていますが風邪と扁桃腺炎は全くの別物です。 また喉の痛みも全く別物で、風邪の場合は扁桃に炎症が起こるものの、食事ができないほど痛むことはありません。 しかし扁桃腺炎になると、扁桃の膿が原因で激痛が起こると、水も飲めないほど痛くなります。 扁桃腺炎の場合、高熱も出ます。 39から40度ほどの高熱が出るので、風邪よりもインフルエンザに近い感じです。 扁桃腺炎はステージにより症状が違う!! 扁桃腺炎にはステージがあります。 ステージにより症状が異なります。 最初は喉がイガイガするくらいの炎症です。 しかし、その後どんどん悪化し、突発的に発熱が起こります。 急性扁桃腺炎となります。 その後、急性扁桃腺炎の発症を繰り返すと慢性扁桃腺炎になります。 第1ステージ 初期 第1ステージの初期症状は• 喉がイガイガする• 熱は微熱程度• つばを飲み込むときに痛み辛い 第2ステージ 急性扁桃腺炎• 扁桃腺に白い斑点ができる(ウイルスによる膿)• 高熱が出る• つばも水も食べ物も飲み込めない 第3ステージ 慢性扁桃腺炎• 扁桃腺に白い斑点ができる(ウイルスによる膿)• 熱は微熱程度• つばも水も食べ物も痛みで飲み込めない• リンパ節が腫れている• 関節に激しい痛みが起こる• 慢性化すると病巣感染症になる• 扁桃腺は腫れずに関節、皮膚、内臓に症状が起こる 妊娠中は扁桃腺炎になりやすい!? 妊娠中は女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が増加します。 すると免疫力が低下し、細菌やウイルスなどに感染する可能性が高まります。 すると、風邪を引いた程度でいつもなら治るところが、症状がどんどん悪化し、扁桃腺炎に発展してしまうことがあります。 市販薬を自己判断で服用したことにより発展することもあります。 妊娠初期の妊婦さんは特に免疫力が低下しているため注意が必要です。 また、どんどんお腹が大きくなってくると、血液量が増え心臓が大きくなったり、横隔膜が圧迫され呼吸量が自然に増えたりすると、細菌やウイルスが口や鼻から取り込みやすくなってしまいます。 その分ウイルスが侵入してしまうことが増え、風邪になりやすくなりますね。 なぜ免疫力が低下する?! 妊娠すると免疫力が低下してしまいます。 ホルモンバランスの変化により免疫力が低下します。 赤ちゃんは母親の遺伝子と父親の遺伝子を半分ずつ受け継いでいますね。 そのため、半分は父親の遺伝子であるため、ママの身体の中には違う遺伝子が入り込み、異物として身体は捉えてしまうのです。 すると、体内に異物が侵入したということで排除しようとしてしまいます。 排除しようとすると身体の制御機能が働いてしまうため、赤ちゃんに攻撃が及びます。 そこで身体の免疫機能から赤ちゃんを守もるために、脳が司令を出し、女性ホルモンのエストロゲンを多く分泌します。 エストロゲンが多く分泌去れると、免疫機能の生成量が抑えられるため、赤ちゃんを排除せず体内にとどめておくことができます。 妊娠中に扁桃腺炎にかかったら…?! 妊娠中に扁桃腺炎にかかってしまった場合は、市販薬は服用せずに産婦人科に受診しましょう。 咽頭が腫れている病気であるため、耳鼻科に受診すべきかと迷いますが、妊娠しているということもあるので、かかりつけの産婦人科に受診したほうがよいですね。 市販の薬を自己判断で服用してしまうと、筋収縮をおこし、流産につながってしまうこともあります。 自己判断で服用するのは避け、受診し処方してもらった薬を服用するようにしましょう。 基本的には市販薬は使用しないほうがよいですね 妊娠中の扁桃腺炎は危険…?! 流産する?! 妊娠中に風邪を引いてしまっても、絶対に治らないといううようなことはなく、発熱していない軽い症状であれば、安静にしていると治ってきます。 しかし、扁桃腺炎になり高熱が出ると危険です。 妊娠していなくてもお、38度以上の高熱は身体にとって大きな負担となります。 食事も思うようにできず、ウイルスの排除や熱を下げるために体力が奪われます。 また、高熱により羊水の温度が上昇すると、赤ちゃんの成長環境が変わり、赤ちゃんにも影響が及ぶことがあります。 母体が弱るとお腹の中も不安定となります。 ときに子宮で急に筋収縮が起こり、妊娠初期の場合は初期流産となってしまうことがあります。 また、妊娠後期の場合は切迫早産になってしまうこともあります。 妊娠中の扁桃腺炎を予防しよう では妊娠中の扁桃腺炎を予防するための方法についてです。 規則正しい生活を… まずは規則正しい生活をすることが扁桃腺炎の予防となります。 生活リズムを整え生活しましょう。 食事 妊娠中はママにとっても赤ちゃんにとっても十分な栄養素が大切です。 妊娠前はあまり気にして居なかったという場合でも、妊娠を気に食生活を見直すことが大切ですね。 特に妊娠中は、鉄分、カルシウム、葉酸、たんぱく質を意識して摂取するとよいでしょう。 鉄分 赤ちゃんのためにも、血液を大量に作る必要があります。 そこで、妊婦さんは貧血になりやすくなります。 そのため、妊娠中は鉄分を積極的に摂取する必要があります。 大豆食品、小松菜、切り干し大根などを貧血対策のために食べることをおすすめします。 鉄分ときくと、うなぎ、レバーなどを摂取するといいかなと思うものの、妊娠中はビタミンA の過剰摂取には注意が必要です。 鉄分はできるだけ動物性ではなく植物性のものから摂取するとよいですね。 カルシウム 赤ちゃんの骨の形成のため、ママの腰痛予防のためにもカルシウムは十分に摂取すべきです。 カルシウムの摂取には乳製品だけではなく、小魚、大豆食品にも豊富に含まれているのでおすすめです。 葉酸 妊娠中は積極的に摂取すべき栄養素です。 葉酸が不足してしまうと、障害のリスクが高まると言われています。 厚生労働省からも推奨摂取量が定められているほどです。 葉酸の摂取には、ほうれん草、そら豆、ブロッコリーなどがおすすめです。 たんぱく質 肉や血をつくってくれるたんぱく質も豊富に摂取すべき栄養素となります。 必須アミノ酸を豊富に含むたんぱく質を摂取すべきなので、動物性であれば魚類を、食物性の場合は大豆製品から摂取しましょう。 睡眠 十分な睡眠も大切です。 睡眠不足になると免疫力はより低下してしまい風邪をひきやすくなります。 長い時間寝れば良いといういわけではなく、質の高い睡眠をとることが大切です。 睡眠のリズムを整えることが大切なのですが、日光を浴びせ身体を目覚めさせてから、約16時間後が就寝時間になるようにするとよいです。 また、眠る数時間前からは、照明を落とし、過ごし、スマホやパソコンなどの明るい光を避け入眠できるとよいです。 運動 適度な運動も大切です。 マタニティーヨガ、筋トレ、スイミングなどを行なうとよいです。 お腹を刺激してしまうような運動、圧迫してしまう運動、負担がかかる運動などは避けましょう。 水分補給 水分補給をこまめに行なうことも大切です。 乾燥してしまうと、感染してしまう原因となります。 鼻、喉の気管が乾燥してしまっていると、細菌、ウイルスが侵入しやすくなってしまいます。 侵入するともちろん感染しやすくなります。 水分補給をこまめに行い、乾燥を防ぎましょう。 加湿器を活用したり、湿度を保ち、乾燥を防いだり、マスクを着用し乾燥を防ぐのも効果的ですね。 手洗いうがい 手洗いうがいもしっかりと行いましょう。 ウイルスを除去するために一番効果的な方法となります。 外出後、トイレの後、などこまめに手洗いうがいを行いましょう。 感染経路を経つことが予防となります。 あまり過敏になる必要はありませんができるだけ予防しましょう。 ストレス ストレスの発散も大切です。 ストレスが溜まってしまうと、免疫力が低下してしまいます。 好きな音楽を聞いたり、適度に身体を動かしたり、好きなことをしてストレス発散しましょう。 まとめ 妊娠すると免疫力が低下し、風邪を引いたり、扁桃腺炎になりやすくなります。 身体の異常が見られた場合は、自己判断で市販薬等を服用せずにかかりつけの産科に受診しましょう。 また、まずは感染症を防ぐための予防をできる限り行なうことが大切ですね。

次の

扁桃炎はうつる?うつらない?【医師が解説】キスや性行為で感染するの?

扁桃炎 市販薬

扁桃腺炎に効く抗生物質 扁桃腺炎は抗生物質に頼るしか選択肢はないため、抗生物質を飲んで安静にすることが一番です。 扁桃腺炎に効果のあると言われている抗生物質の種類は次の通りです。 ビクシリン• ユナシン• クラビット• タリビット• オゼックス• バクシタールなどのニューキノロン系の抗生物質 これらの抗生物質はジェネリック医薬品でも同じ効果を得ることができます。 日本では、抗生物質は医師の処方箋がないと購入できませんが、 海外からの個人輸入であれば、簡単に手に入れることができます。 喉に違和感を覚えた時など、すぐに病院へ行かなくても辛い扁桃腺炎の症状は、抗生物質を飲むことで抑えらることができます。 扁桃腺とは 扁桃腺は 喉の奥、舌の付け根にある、左右盛り上がった場所のことです。 普段は、扁桃腺が体の中にウイルスや細菌が入り込まないよう、ガードする役目を担っています。 しかし、寝不足やストレスなどが原因になり、体の免疫力が落ちることによって、 扁桃腺炎という困った症状を引き起こします。 扁桃腺炎の初期症状 扁桃腺炎の初期症状には次のようなものがあります。 喉が赤く腫れる• 食べ物や飲み物を飲み込む時に違和感を覚える 初期症状の段階で、抗生物質を飲むことができたら、辛い扁桃腺炎の症状が出ることなく、回復する可能性大です。 扁桃腺炎の症状 初期症状から、本格的な症状へ移行してしまうと、次のような不具合が出ます。 喉の痛み• 頭痛、関節痛• 倦怠感• 頸部リンパ節が腫れる• 耳の奥が痛い• 稀に肝機能障害を起こす このような症状を、 急性扁桃腺炎といいます。 1年に2度以上繰り返すようなことがあったら、それは 慢性扁桃腺炎になってしまったと考えることができます。 扁桃腺炎が慢性化すると、 皮膚、腎臓、関節などに異常が見られるようになりますので、慢性化させないためにも、扁桃腺炎は、さっさと治してしまいたいものですね。 扁桃腺炎の治療方法 扁桃腺炎は、 自然治癒を待っていると慢性化しやすい病気です。 そのため、初期症状が現れた時点で、病院へ行くのが望ましいのですが、普通の風邪と区別がつき難いため、重症化して、始めて病院を受診するという人が大半です。 扁桃腺炎には特効薬のようなものはなく、 解熱鎮痛剤と抗生物質を処方され、あとは大人しく安静にしているようにと指示が出されるだけです。 扁桃腺炎の治療法として、次のようなことが挙げられます。 抗生物質を飲んで、安静にする• 喉が乾燥しないように、加湿器を使う• 喉の乾燥を防ぐために、口呼吸をしない• 禁煙する、または喫煙者に近付かない• 殺菌成分の入ったうがい薬でうがいをする 軽い扁桃腺炎の場合は、抗生物質を飲んで2~3日寝ているだけで治ります。 しかし、慢性化してしまうと、扁桃腺を切除することになる危険な病気のため、完治させることが大切です。 扁桃腺炎に効く抗生物質の種類は?のまとめ• 扁桃腺炎の初期症状は、喉の腫れや違和感• 扁桃腺炎は悪化すると、喉の痛み、高熱、頭痛など体に様々な異常な症状が起きる• 扁桃腺炎の治療方法は、抗生物質を飲んで、喉が乾燥しないように気をつける• 扁桃腺炎に効く抗生物質の種類には、ペニシリンと合成抗菌剤がある• 抗生物質は、病院以外でも個人輸入で入手できる 扁桃腺炎を治療するためには、抗生物質を使う必要があります。 日本では、病院以外の入手方法がありませんが、通販サイトを通して海外から個人輸入することで、抗生物質を手にいれることができます。

次の