餃子 の 皮 タコス。 【自炊日記】餃子の皮で包む簡単タコスを作ってみた!【簡単】

タコスはホームパーティに最適でした&餃子の皮でミニキッシュなど〜

餃子 の 皮 タコス

私のイメージしていたものは、 皮がパリパリのやつ。 そう、箱に入って売られている、市販のアレです。 でも、本場メキシコで食べたタコスは、 皮が柔らかいやつ。 そう、最近は日本でも売られている、市販のアレです。 タコスの皮は柔らかいORパリパリ? 最近は日本でも浸透してきたタコス。 お店で食べるとき、お家で作るとき、あなたはどっちのタイプを選びますか? 柔らかいタイプ?それとも パリパリタイプ? ちょっと悩んじゃいますよね。。 では、パリパリの皮は何なんでしょう? 次に説明しますよ。 アメリカのタコスの皮はパリパリ 皮がパリパリ。 私が最初に持っていたタコスのイメージが、コレでしたよ。 実はこのパリパリタコス、アメリカが発祥なのです。 テックス・メックス料理に分類されますよ。 テックス・メックス料理?聞きなれない言葉ですね? それは何かというと、アメリカのテキサスとメキシコが融合して生まれた、アメリカ料理のことなんですね。 で、あの独特な形の、パリパリの皮は、メキシコでは見たことがないのです。。 トルティージャ? タコスの皮の正体? タコスの皮にもちゃんと名前があったのです。 それが、トルティージャ! 丸くてぺっちゃんこで、柔らかいタコスの皮、トルティージャは、メキシコ人にとっては主食となる、重要な食べ物なのです。 ただの皮ではなかったんですね。。 何だか奥が深そうです。。 トウモロコシを主食とするメキシコでは、沢山の種類のトウモロコシが作られていて、様々な料理に使います。 日本人が、お米を主食として白米を食べるように、メキシコ人は、トウモロコシを主食としてトルティージャを食べるんですね。 でもね、日本で売られている市販のタコスの皮、トルティージャは、小麦粉から作られているものが主流なんですよね。。 んん、なぜ? それは、癖がなく食べやすい、という事が大きな理由です。 もちろん、小麦粉から作られているものだってありますよ。 そのタコスの皮って、どんな味がするのでしょう? まずは、小麦粉タイプのものから説明しますね。 柔らかいタコスの皮~小麦粉タイプの味~ 小麦粉から作られているものは、癖のない味でとても食べやすく美味しいです。 日本でも売られていて、馴染みのあるものではないでしょうか。 原料が小麦粉なので、パンのような味がするんです。 ただ、食感は全く違うんですよね。 柔らかいタコスの皮がパリパリに変身!? タコスの本場メキシコでは、 タコスの皮は柔らかい!と説明してきましたが、実は、パリパリもあるんです。 えっ?今さら何を。。。 タコスとして食べるときは、柔らかい皮を使いますよ。 その柔らかい皮、トルティージャを、油で揚げてパリパリにすることもあるんです。 トルティージャチップス! と言えば、聞いたことがあるかもしれませんね。 メキシコ料理で、ディップに刺さってるヤツ。 そう、アレです。 メキシコでは、柔らかいタコスの皮を揚げて、パリパリにしたものを料理に使うんですね。 タコスではなく、他の料理になるんですよ。 小麦粉からできているタコスの皮• トウモロコシの粉からできているタコスの皮•

次の

【自家製トルティーヤ】薄力粉で簡単タコスの皮!

餃子 の 皮 タコス

タコスとは、とうもろこしの粉や小麦粉で作るトルティーヤに具を包んで食べる、メキシコの軽食。 日本でなじみ深いのはトルティーヤを揚げてU字形にしたタコシェルを使ったもの。 実はこれ、アメリカで生まれたもので、本場メキシコでは、ソフトタイプが主流。 最近は輸入食品のショップでも出来合いのトルティーヤを目にするが、とうもろこしの粉を使って生地から作って焼いたものは甘く、風味豊かで格別の味わいだ。 一方、日本では餃子と言えば焼き餃子だけど、中国や台湾で日常的に食べられているのは圧倒的に水餃子。 ゆで立てのつるんと滑らかでモチモチした食感に、ついもう1個、もう1個……と、食べてしまう。 このおいしさを家でも満喫するためのコツは、小麦粉にタピオカ粉をプラスすること。 それだけで、もっちりなのに歯切れの良い皮が出来上がる。 トルティーヤと水餃子の皮を作って、トッピングや包む具を変えるだけで、無限のおいしさを楽しめる。 今までにない味を体験すべく、さっそく皮の作り方をチェックしよう!.

次の

【自炊日記】餃子の皮で包む簡単タコスを作ってみた!【簡単】

餃子 の 皮 タコス

タコスとは、とうもろこしの粉や小麦粉で作るトルティーヤに具を包んで食べる、メキシコの軽食。 日本でなじみ深いのはトルティーヤを揚げてU字形にしたタコシェルを使ったもの。 実はこれ、アメリカで生まれたもので、本場メキシコでは、ソフトタイプが主流。 最近は輸入食品のショップでも出来合いのトルティーヤを目にするが、とうもろこしの粉を使って生地から作って焼いたものは甘く、風味豊かで格別の味わいだ。 一方、日本では餃子と言えば焼き餃子だけど、中国や台湾で日常的に食べられているのは圧倒的に水餃子。 ゆで立てのつるんと滑らかでモチモチした食感に、ついもう1個、もう1個……と、食べてしまう。 このおいしさを家でも満喫するためのコツは、小麦粉にタピオカ粉をプラスすること。 それだけで、もっちりなのに歯切れの良い皮が出来上がる。 トルティーヤと水餃子の皮を作って、トッピングや包む具を変えるだけで、無限のおいしさを楽しめる。 今までにない味を体験すべく、さっそく皮の作り方をチェックしよう!.

次の