高校生 塾 予備校。 そもそも高校生に塾って必要?選び方、月謝・費用を解説

一色塾

高校生 塾 予備校

代表挨拶 一色塾に興味を持っていただいたことに対して、まずは感謝を申し上げます。 一色塾代表兼英語科主任講師の北條と申します。 「高校卒業後は大学に進学してさらに自分を高めたい!」 このような希望を持つ現役高校生たちが、何の問題もなくめきめきと力を付けていき、すんなりと第一志望校合格を勝ち獲る。 こういうケースもあるにはあるでしょうが、残念ながらそれはかなりレアなケースと言わざるを得ません。 「大学には行きたいけどどうしてもやる気が出ない」 「やる気はあるけど何から手を付けていいのかがわからない」 「やってはいるけど思うように学力が伸びていかない」 普通の高校生にとって第一志望突破というのは、上記のような「~だけど…」という種類の問題を一つひとつクリアした先にあるものだと思います。 そして一色塾とは、まさにそのような問題を抱える高校生をサポートするため、言い換えれば「自分を変えたい」と願っている全ての高校生に「変わる」ためのきっかけを与えるために存在しているのです。 一色塾では、2012年度より「変わります。 一色塾」というキャッチコピーを採用しています。 このコピーを最初に目にした際の印象は人によって異なるようです。 ある人は「一色塾の塾生は『変わる』んだ」と受け取り、ある人は「一色塾自体が新たなシステムに『変わる』んだ」と考える。 「主語」を明らかにしない日本語ならではのコピーであると言えますが、実はこの2つの受け止め方はどちらも正しいのです。 「一色塾」という名の学習環境に身を置いた現役高校生は必ず何らかの変化を経験することになり、その変化を遂げた塾生にさらなる変化のきっかけを与えるためには、一色塾自身が変化しなければなりません。 一色塾が塾生を成長させ、その塾生が一色塾を全く新しいものに変えていく。 一色塾の30年の歴史とは、有機的な意味での相互作用の積み重ねなのです。 現役高校生諸君。 「一色塾」に来て下さい。 「変わる理由」が必ず見つかるはずです。 英語の授業について話すと、グラマー 文法 の授業では、なぜそのような訳し方をするのか、なぜそのような語順になるのか、など英語の「なぜ」を一から徹底的に解説してもらえるので、一色塾生は他の受験生と比べて英語の本質についてより理解できていると思います。 それは、私自身が学校で感じたことであり、英語に関しては他塾の生徒には負ける気がしませんでした。 英語を絶対的な得意科目として受験に臨めたのも、一色塾の授業のおかげだと思います。 暗記が苦手な私にとって、英語の本質を理解することができる授業をしてもらうことで、暗記はほぼ単語だけで済むようになり、とても助かりました。 もう一つの特徴は面倒見が非常に良いところです。 ほとんど全ての科目の前に見せる予習では、自分が本当ならできなければいけなかったところ、今のレベルではまだできなくてもいいところを毎回的確に示してくれます。 このことにより、自分のダメだったところを把握した状態で授業に臨むことができます。 また、授業内容の確認テストも存在し、予習から復習まで面倒を見てくれます。 当時は少し面倒に思うことがありましたが、今ではとても感謝しています。 しかし、周りに公立高校の生徒が少ないからこそ頑張れたことや実感したことが多くありました。 この環境の中で大切だと実感したことが二つあります。 一つめはメリハリをつけて取り組むことです。 このことは受験期直前になって周りの私立の生徒達が学校休みになる中で、公立は2月まで学校があったため、その当時は焦りを感じていましたが、今思うと学校に行くことで友達と話したりして良い気分転換が出来たからこそ学校の後にラストスパートをかけることができたのだと改めて実感しました。 そして二つめは「継続は力なり」ということです。 簡単そうに見えることも継続して行うとなるとある程度の努力も必要になってくるし忍耐力も備わってくると思います。 例えば日頃行われる英語の単語テストは継続するからこそ意味があることで、ただ一度だけ覚えてもすぐ忘れてしまい、無駄になってしまいます。 なので継続することは大切です。 そして受験をさせてくれる環境や支えてくれる方々に感謝することを忘れてはいけません。 どんな志望校でも諦めずに頑張ってください。 その分とても辛かったです...。 勉強時間で差をつけることよりも効率よく勉強することを意識して少しでも早く遅れを取り戻すことに努めました。 高校受験は失敗して「合格」の2文字が見れず悔しい思いをした分、大学受験は第一志望に受かり、初めて自分の力でつかむことができたので、これから先辛くなったときの励みになると思います。 まだ勉強にいまいち向き合えていない人や部活でなかなかやりたくても疲れてできない人は単語類だけでもやっておくといいと思います。 正直1、2年から受験勉強を始めている人はかなり手強いです。 追いつくもしくは追い越すためには相当な努力と集中力が必要です。 部活で作ってしまった後悔はその集中力に影響します。 僕自身高校受験のとき部活で後悔してなかなか切り替えられず出遅れて失敗してしまいました。 他にも原因はあったと思いますが、それが理由の一つだったと思います。 その経験を生かして、高校の部活は悔いを残さぬよう最後まで一生懸命取り組みました。 なので今しかできないことに全力を注いでください。 場合によってはその経験が強力なアドバンテージとなるかもしれません。 勉強以外のことでも合格につながるものはたくさんあると思います。

次の

そもそも高校生に塾って必要?選び方、月謝・費用を解説

高校生 塾 予備校

代表挨拶 一色塾に興味を持っていただいたことに対して、まずは感謝を申し上げます。 一色塾代表兼英語科主任講師の北條と申します。 「高校卒業後は大学に進学してさらに自分を高めたい!」 このような希望を持つ現役高校生たちが、何の問題もなくめきめきと力を付けていき、すんなりと第一志望校合格を勝ち獲る。 こういうケースもあるにはあるでしょうが、残念ながらそれはかなりレアなケースと言わざるを得ません。 「大学には行きたいけどどうしてもやる気が出ない」 「やる気はあるけど何から手を付けていいのかがわからない」 「やってはいるけど思うように学力が伸びていかない」 普通の高校生にとって第一志望突破というのは、上記のような「~だけど…」という種類の問題を一つひとつクリアした先にあるものだと思います。 そして一色塾とは、まさにそのような問題を抱える高校生をサポートするため、言い換えれば「自分を変えたい」と願っている全ての高校生に「変わる」ためのきっかけを与えるために存在しているのです。 一色塾では、2012年度より「変わります。 一色塾」というキャッチコピーを採用しています。 このコピーを最初に目にした際の印象は人によって異なるようです。 ある人は「一色塾の塾生は『変わる』んだ」と受け取り、ある人は「一色塾自体が新たなシステムに『変わる』んだ」と考える。 「主語」を明らかにしない日本語ならではのコピーであると言えますが、実はこの2つの受け止め方はどちらも正しいのです。 「一色塾」という名の学習環境に身を置いた現役高校生は必ず何らかの変化を経験することになり、その変化を遂げた塾生にさらなる変化のきっかけを与えるためには、一色塾自身が変化しなければなりません。 一色塾が塾生を成長させ、その塾生が一色塾を全く新しいものに変えていく。 一色塾の30年の歴史とは、有機的な意味での相互作用の積み重ねなのです。 現役高校生諸君。 「一色塾」に来て下さい。 「変わる理由」が必ず見つかるはずです。 英語の授業について話すと、グラマー 文法 の授業では、なぜそのような訳し方をするのか、なぜそのような語順になるのか、など英語の「なぜ」を一から徹底的に解説してもらえるので、一色塾生は他の受験生と比べて英語の本質についてより理解できていると思います。 それは、私自身が学校で感じたことであり、英語に関しては他塾の生徒には負ける気がしませんでした。 英語を絶対的な得意科目として受験に臨めたのも、一色塾の授業のおかげだと思います。 暗記が苦手な私にとって、英語の本質を理解することができる授業をしてもらうことで、暗記はほぼ単語だけで済むようになり、とても助かりました。 もう一つの特徴は面倒見が非常に良いところです。 ほとんど全ての科目の前に見せる予習では、自分が本当ならできなければいけなかったところ、今のレベルではまだできなくてもいいところを毎回的確に示してくれます。 このことにより、自分のダメだったところを把握した状態で授業に臨むことができます。 また、授業内容の確認テストも存在し、予習から復習まで面倒を見てくれます。 当時は少し面倒に思うことがありましたが、今ではとても感謝しています。 しかし、周りに公立高校の生徒が少ないからこそ頑張れたことや実感したことが多くありました。 この環境の中で大切だと実感したことが二つあります。 一つめはメリハリをつけて取り組むことです。 このことは受験期直前になって周りの私立の生徒達が学校休みになる中で、公立は2月まで学校があったため、その当時は焦りを感じていましたが、今思うと学校に行くことで友達と話したりして良い気分転換が出来たからこそ学校の後にラストスパートをかけることができたのだと改めて実感しました。 そして二つめは「継続は力なり」ということです。 簡単そうに見えることも継続して行うとなるとある程度の努力も必要になってくるし忍耐力も備わってくると思います。 例えば日頃行われる英語の単語テストは継続するからこそ意味があることで、ただ一度だけ覚えてもすぐ忘れてしまい、無駄になってしまいます。 なので継続することは大切です。 そして受験をさせてくれる環境や支えてくれる方々に感謝することを忘れてはいけません。 どんな志望校でも諦めずに頑張ってください。 その分とても辛かったです...。 勉強時間で差をつけることよりも効率よく勉強することを意識して少しでも早く遅れを取り戻すことに努めました。 高校受験は失敗して「合格」の2文字が見れず悔しい思いをした分、大学受験は第一志望に受かり、初めて自分の力でつかむことができたので、これから先辛くなったときの励みになると思います。 まだ勉強にいまいち向き合えていない人や部活でなかなかやりたくても疲れてできない人は単語類だけでもやっておくといいと思います。 正直1、2年から受験勉強を始めている人はかなり手強いです。 追いつくもしくは追い越すためには相当な努力と集中力が必要です。 部活で作ってしまった後悔はその集中力に影響します。 僕自身高校受験のとき部活で後悔してなかなか切り替えられず出遅れて失敗してしまいました。 他にも原因はあったと思いますが、それが理由の一つだったと思います。 その経験を生かして、高校の部活は悔いを残さぬよう最後まで一生懸命取り組みました。 なので今しかできないことに全力を注いでください。 場合によってはその経験が強力なアドバンテージとなるかもしれません。 勉強以外のことでも合格につながるものはたくさんあると思います。

次の

高校生の塾選びのポイント!大学受験におすすめの塾の紹介も!

高校生 塾 予備校

代表挨拶 一色塾に興味を持っていただいたことに対して、まずは感謝を申し上げます。 一色塾代表兼英語科主任講師の北條と申します。 「高校卒業後は大学に進学してさらに自分を高めたい!」 このような希望を持つ現役高校生たちが、何の問題もなくめきめきと力を付けていき、すんなりと第一志望校合格を勝ち獲る。 こういうケースもあるにはあるでしょうが、残念ながらそれはかなりレアなケースと言わざるを得ません。 「大学には行きたいけどどうしてもやる気が出ない」 「やる気はあるけど何から手を付けていいのかがわからない」 「やってはいるけど思うように学力が伸びていかない」 普通の高校生にとって第一志望突破というのは、上記のような「~だけど…」という種類の問題を一つひとつクリアした先にあるものだと思います。 そして一色塾とは、まさにそのような問題を抱える高校生をサポートするため、言い換えれば「自分を変えたい」と願っている全ての高校生に「変わる」ためのきっかけを与えるために存在しているのです。 一色塾では、2012年度より「変わります。 一色塾」というキャッチコピーを採用しています。 このコピーを最初に目にした際の印象は人によって異なるようです。 ある人は「一色塾の塾生は『変わる』んだ」と受け取り、ある人は「一色塾自体が新たなシステムに『変わる』んだ」と考える。 「主語」を明らかにしない日本語ならではのコピーであると言えますが、実はこの2つの受け止め方はどちらも正しいのです。 「一色塾」という名の学習環境に身を置いた現役高校生は必ず何らかの変化を経験することになり、その変化を遂げた塾生にさらなる変化のきっかけを与えるためには、一色塾自身が変化しなければなりません。 一色塾が塾生を成長させ、その塾生が一色塾を全く新しいものに変えていく。 一色塾の30年の歴史とは、有機的な意味での相互作用の積み重ねなのです。 現役高校生諸君。 「一色塾」に来て下さい。 「変わる理由」が必ず見つかるはずです。 英語の授業について話すと、グラマー 文法 の授業では、なぜそのような訳し方をするのか、なぜそのような語順になるのか、など英語の「なぜ」を一から徹底的に解説してもらえるので、一色塾生は他の受験生と比べて英語の本質についてより理解できていると思います。 それは、私自身が学校で感じたことであり、英語に関しては他塾の生徒には負ける気がしませんでした。 英語を絶対的な得意科目として受験に臨めたのも、一色塾の授業のおかげだと思います。 暗記が苦手な私にとって、英語の本質を理解することができる授業をしてもらうことで、暗記はほぼ単語だけで済むようになり、とても助かりました。 もう一つの特徴は面倒見が非常に良いところです。 ほとんど全ての科目の前に見せる予習では、自分が本当ならできなければいけなかったところ、今のレベルではまだできなくてもいいところを毎回的確に示してくれます。 このことにより、自分のダメだったところを把握した状態で授業に臨むことができます。 また、授業内容の確認テストも存在し、予習から復習まで面倒を見てくれます。 当時は少し面倒に思うことがありましたが、今ではとても感謝しています。 しかし、周りに公立高校の生徒が少ないからこそ頑張れたことや実感したことが多くありました。 この環境の中で大切だと実感したことが二つあります。 一つめはメリハリをつけて取り組むことです。 このことは受験期直前になって周りの私立の生徒達が学校休みになる中で、公立は2月まで学校があったため、その当時は焦りを感じていましたが、今思うと学校に行くことで友達と話したりして良い気分転換が出来たからこそ学校の後にラストスパートをかけることができたのだと改めて実感しました。 そして二つめは「継続は力なり」ということです。 簡単そうに見えることも継続して行うとなるとある程度の努力も必要になってくるし忍耐力も備わってくると思います。 例えば日頃行われる英語の単語テストは継続するからこそ意味があることで、ただ一度だけ覚えてもすぐ忘れてしまい、無駄になってしまいます。 なので継続することは大切です。 そして受験をさせてくれる環境や支えてくれる方々に感謝することを忘れてはいけません。 どんな志望校でも諦めずに頑張ってください。 その分とても辛かったです...。 勉強時間で差をつけることよりも効率よく勉強することを意識して少しでも早く遅れを取り戻すことに努めました。 高校受験は失敗して「合格」の2文字が見れず悔しい思いをした分、大学受験は第一志望に受かり、初めて自分の力でつかむことができたので、これから先辛くなったときの励みになると思います。 まだ勉強にいまいち向き合えていない人や部活でなかなかやりたくても疲れてできない人は単語類だけでもやっておくといいと思います。 正直1、2年から受験勉強を始めている人はかなり手強いです。 追いつくもしくは追い越すためには相当な努力と集中力が必要です。 部活で作ってしまった後悔はその集中力に影響します。 僕自身高校受験のとき部活で後悔してなかなか切り替えられず出遅れて失敗してしまいました。 他にも原因はあったと思いますが、それが理由の一つだったと思います。 その経験を生かして、高校の部活は悔いを残さぬよう最後まで一生懸命取り組みました。 なので今しかできないことに全力を注いでください。 場合によってはその経験が強力なアドバンテージとなるかもしれません。 勉強以外のことでも合格につながるものはたくさんあると思います。

次の