早急 対応。 「なるべく早く対応します」の敬語表現・使い方・別の敬語表現例

早い対応のお礼を敬語で表すと?早速と早々と迅速の違いは?|ドクモバ!

早急 対応

定森幸生 さだもり ゆきお [慶應義塾大学ビジネス・スクール非常勤講師] 1973年、慶應義塾大学経済学部卒業後、三井物産株式会社に入社。 化学品原料の貿易・国内販売を経験した後、1977年、カナダの McGill大学院修士課程修了 MBA取得。 米国三井物産New York 本店人事課での仕事を含め、通算約11年間、米国・カナダに滞在。 以降、一貫して三井物産のグローバル人材の採用、能力開発、 人事評価制度の設計・運用などに従事する。 日本では、東北大学、明治大学、法政大学、獨協大学、多摩大学、 全国外国語教育振興協会、国際ビジネスコミュニケーション協会 IIBC などで、学生および実務家に対して「考えるだけの英語から、 受け手に配慮しながら積極的に使うことで習得する英語」の実践例を説いている。 2012年に三井物産株式会社を退職。 現在、慶應義塾大学ビジネス・スクール 非常勤講師、早稲田大学ビジネススクール非常勤講師、明治学院大学 国際経営学科非常勤講師として、「Global Business Communication Strategy」 「Global Business Competency Development」 「Business Negotiations for Desirable Results」 「People Management Challenges in Cultural Diversity」などの 講義を通じて、実務家対象の社会人教育に従事する。 その一方、企業のグローバル人材開発セミナー・ワークショップでも活躍中。 一般財団法人英語教育協議会の理事も務めている。 著書に『現地社員活用の手引』 日経文庫 、『英文履歴書の書き方と実践表現集』 ナツメ社 がある。 人を動かす英文ビジネスEメールの書き方 英語がデキないと、仕事で勝てない。 商社の世界で磨き抜かれた「生きた英語」とは? この道ひと筋39年のエキスパートが語る! 日本語でも悩むメールがすぐ書ける! ビジネスに勝つ「最強の言い回し」 本連載でご紹介するのは、「フレーズ」ではなく、 「臨場感のあるビジネス現場の実例」です。 日本語でもメール作成に困るようなシーンにおいて、 「人を動かす英文ビジネスEメール」の書き方と実例をご紹介します! We trust that you treat this matter as one of extreme urgency. Sincerely, (本件については、早急のご対応をお願いいたします。 ) メールのポイントを見てみましょう。 早急の対応を求める結びの文について、 日本では「Thank you in advance for your prompt attention to this matter. 」という表現が勧められます。 しかしこのケースでは、やや事務的でインパクトが弱いので、もう少し相手の積極的なアクションを期待するトーンとして、 「We trust that you treat this matter as one of extreme urgency. 」のほうがベターでしょう。 名詞句よりも、you treat … as one of extreme urgencyのように動詞を含めた節を使うほうが、こちらの熱意や期待がストレートに伝わります。 発注先に対して、顧客の期待と利益を優先する趣旨で、 As our customers need these goods urgently と書くことで、プロとしての「気くばり」を印象づけられます。 Please let us know the cause of the delay and when delivery is expected to be made. (遅れの原因をご連絡いただき、納期の見通しをお知らせください)だけでは、やや強めのトーンになり、不快感を示しているのではないかと受け止められる可能性があります。

次の

「早急」の読み方、「そうきゅう」「さっきゅう」どちら派?

早急 対応

予想外の事態が起こり、上司や取引先などのビジネスの相手に、急ぎの対応をお願いする時に使うのが「早急なご対応をお願いします」という言葉です。 この記事では「早急なご対応」という言葉の意味や具体的な使い方、類語の「早速」「早々」「迅速」などとの使い分け、実際に上司や取引先に早急に対応してもらうためのコツなどについて解説しています。 上手く使えると便利な言葉なので、ぜひ覚えておきましょう。 「早急なご対応」の意味 「早急」の意味は「非常に急ぐこと」であり、 「対応」は「周囲の状況などに合わせて物事をすること」なので、具体的な行動を指示しているわけではありません。 「早急なご対応を願います」という言葉は、「(予期せぬことが起こったので、誠に申し訳ありませんが)至急対応してください」と、相手に依頼する時の丁寧な表現として使われます。 「早急なご対応」という言葉が使われる場面 「早急なご対応」という言葉は何か突発的な事態に陥り、現場に応じた作業を大至急で相手にお願いする時に使われます。 しかし、こちらにとっての「突発的な事態」への対応は、相手にとっても「突発的な事態」です。 「早急なご対応をお願いします」だけでは、命令のニュアンスがあるので、「申し訳ありませんが」などのお願いする気持ちを表す言葉を付け加えると、対応を依頼された相手も快く作業をしてくれるでしょう。 「早急なご対応」の使い方と類語・例文 ビジネス敬語としての「早急なご対応」 「早急なご対応」の「ご対応」という言葉では、指示や命令に近いニュアンスを持つ「対応」に尊敬語の「ご」をつけて、「対応していただきたい」を丁寧にした言い回しです。 メールに「早急なご対応をお願いします」だけ書いても、相手から「突然、大急ぎの用事を持ち込まれた」と迷惑に思われることもあるので、「早急なご対応をお願いします」の前に「申し訳ありませんが」をつけると、相手も快く協力してくれるでしょう。 「早急」の類語3つ ビジネスの場で頻繁に使われる「早急なご対応をお願いします」の「早急」には、意味の似た言葉が3つあります。 それは「早速」「早々」「迅速」です。 ここでは「早急」と類語の「早速」「早々」「迅速」の違いと使い分けのコツを勉強していきましょう。 類語をたくさん知って、うまく使い分けることができると、ビジネスもスムーズに進みます。 類語1. 「早速」 「早速」は「すみやかなこと」「すぐ行うこと」「すぐに」を意味する言葉ですが、文章の途中からしか使えない形容動詞の「早急」とは違い、形容動詞・副詞の「早速」は文章の最初につけてもかまいません。 使用例として「早速お返事をいただき、ありがとうございます」「早速だが、上海でのビジネスの話をしよう」「早速ご報告していただきたいことがあります」などがあります。 類語2. 「早々」 早々は「はやばや」と「そうそう」の2つの読み方があります。 「早々」は「早急」と違って自分や目下の人や友人、知人などには使えますが、目上の方に使うと失礼な印象を与えます。 「中学時代の後輩は入社早々から仕事の面倒をみてくれた」「彼は結婚早々、札幌に転勤になってしまった」「マイホーム購入早々に出た転勤辞令だったが、子どもの学校のこともあり、単身赴任することにした」などの使用例があります。 類語3. 「迅速」 「迅速」は物事の進捗や行動が速いことを意味します。 「早急」は自分の行動には使えませんが、「迅速」は自分の行動に対しても、相手側の行動に対しても使うことができます。 ビジネスでは「迅速なご対応ありがとうございます」という表現が頻繁に使われます。 他に「警官は迅速に現場にかけつけた」「通勤用車両は迅速な乗降のために扉を大きくした」「契約後、迅速に資金が振り込まれた」などの表現例があります。 「早急なご対応」と類語の例文4つ 例文1 ビジネスのメールで使われることが多い「早急にご対応いただき誠にありがとうございました」という言葉は、突発的な出来事に対して自らの予定を変更して処理してくれた相手への感謝の思いが込められています。 メールだけでのやりとりはドライな関係になりやすいですが、「早急にご対応をお願いします」と「早急にご対応いただき誠にありがとうございました」を一対で使うように習慣づけておくと、相手と良好な関係が築けます。 例文2. ビジネスメールで使われる「この度は迅速なご対応ありがとうございました」という言葉は、思いがけず相手がすばやく対応してくれたことへの感謝の表現です。 「早急なご対応をお願いします」とメールを送った後、相手の対応が速くて適切に処理できた時に、報告メールの文中に「迅速なご対応ありがとうございました」と一言添えると相手に喜ばれます。 「早急なご対応をお願いします」とワンセットで使うとよいでしょう。 3 「〇〇商事の件、メールで送付しましたので早急に対処をお願いします」の「対処」は、「対応」と似たニュアンスで使われることが多い言葉です。 「対応」は 周囲の状況などに合わせて物事をすることで、「対処」はある事に対して適当な処置をとることを指し、「対処」は「対応」よりも範囲が限定的です。 使用例に「取引先の倒産に対処した」「倉庫の火災への対処に保険をかけた」「顧客からのクレームに対処する」などがあります。 このように早急な対応をお願いする時には、必ず期限を明確に記載することが大事です。 敬語について知りたい方へおすすめの本はこちら ここでは上司や取引先に「早急なご対応」をお願いする時の注意点について説明します。 ポイントは4つあります。 迅速に依頼すること 2. メールの見出しで急ぎの依頼内容であることを伝える 3. 案件の回答期日や急ぎの理由を明確に書く 4. 返事が遅れている場合は、督促メールをだけでなく、電話や口頭でも「早急なご対応をお願いします」と伝え、急ぎの案件があることを思い出してもらう 具体的な方法についてみていきましょう。 迅速に依頼 相手に依頼しなければいけない緊急の案件がまわってきたら、自分の抱えている案件は後回しにしてでも、即座に上司や取引先にお願いのメールを送り、必要があれば電話します。 相手もたくさんの案件を抱えているため、突発的な事態に早急な対応が必要になった場合、スケジュール調整しなければならないケースが多いので、自分の片付けたい急ぎの案件を、速く処理したい気持ちを抑えて、まずは相手に連絡することが大切です。 メールや依頼内容 急ぎの案件があることを取引先に確実に伝えるには、メールで依頼するのがよいでしょう。 メールのタイトルに「急用」「至急」などの文字を入れておくと、相手が至急の案件が入ったことに気づきやすくなります。 相手がメールをフォルダー分け設定していない場合もあるので、メール送信だけではなく、必ず電話や口頭で「お忙しいとは思いますが、早急なご対応をお願いします」と、相手に急ぎの案件があることを伝えましょう。 例えば「上司に売上データを急いで送ってほしい」と依頼するメールに、「来季の売上目標を決める会議の資料として使いたいので、売上データを〇月〇日〇時までに資料を送ってください」と理由を書き添えるとよいでしょう。 メールだけでなく口頭でもリマインド 上司に送ったメールが期限間近になっても返答が帰ってこない場合、改めて「お忙しいところ申し訳ありませんが、早急なご対応をお願いします」と催促のメールを送ります。 そして、もう一度口頭で催促します。 この時に相手を急かし過ぎず、失礼のないように丁寧に対応することが大切です。 多忙の余り、こちらが送ったメールを見ていない可能性もあるので、口頭で早急な対応が必要な案件があることを思い出してもらうことが重要です。 ビジネスシーンで「早急なご対応」を正しく使おう この記事ではビジネスメールを書くケースを中心に「早急なご対応」という言葉の意味や使い方、「早急」の類語「早速」「早々」「迅速」との使い分けについて解説しましたが、いかがでしたでしょうか。 「早急」の類語「早速」「早々」「迅速」や、「対応」の類語「対処」との使い方の違いに注意して、メールで頻繁に出てくる「早急なご対応をお願いします」という言葉を使いこなして、ご自分のビジネスを円滑に進めてください。 ビジネスにおいて正しい敬語を身に付けよう 社会人になると、上司・先輩・同僚・後輩・お客様・取引先の担当者など、性別も年代も価値観も立場も全く違う人とコミュニケーションを取る必要が出てきます。 特に先輩や上司、お客様や取引先などの目上の方に、親しみの気持ちを保ちながらも距離感を調節していくためには「敬語」の使い方が重要です。 周りの人たちと良好なコミュニケーションをとり、自信を持って仕事をしていくために、正しい敬語の使い方を身につけましょう。

次の

早急のご対応ありがとうございますは敬語?迅速なご対応/早速のご対応

早急 対応

「なるべく早く対応します」の敬語の種類は1つだけではありません。 そのため、別の種類の敬語表現を理解することによって、自分の言葉のバリエーションを増やすことが可能になります。 「なるべく早く対応します」の敬語を使ったどんな種類のフレーズがあるのか詳しく紹介します。 早急に対応いたします 例えば「早急に対応いたします」という敬語表現を作成することができます。 「なるべく早く対応します」と全く同じ意味を伝えていますが「早急に」という言葉が使われることによって、早い対応をしたいという思いの真剣さを相手に伝えていることになります。 使い方 「なるべく早く対応します」の敬語表現を理解することができていたとしても、それなのフレーズを使うことのできる具体的な状況について理解していなければ、普段の会話の中で使うのは難しいでです。 「なるべく早く対応します」の敬語表現を、どのような状況の中で使用することができるのか詳しく紹介します。 素早い対応をアピールしたいときに使う 「素早い対応をアピールしたい時」に「早急に対応いたします」という敬語の使われているフレーズを使用することができます。 「なるべく早く対応します」でも、同じような意味を伝えることができますが、相手に与える印象が違うことに気づかされます。 「なるべく早く対応します」の「なるべく」という言葉が使われていることによって「何か難しい状況が生じたら、対応してくれないのではないか」という不安を相手に対して抱かせてしまう可能性があります。 しかし「早急に対応いたします」では「なるべく」ではなくて「早急に」物事に取り組むことを示すことができているので、このフレーズを聞いている人は安心に感じることができます。 ある物事に取り組むことが確実であるならば、このフレーズを選択した方が賢明です。 不必要に相手を心配させることのないためです。 メールでの使い方 早急に対応させていただきます メールの中で「早急に対応させていただきます」という敬語表現を使用することができます。 何かのクレームに対する返信のメールを打たなければならない時に、非常に実用的なフレーズになります。 クレームの内容が正当なのであれば、そのクレームに対して、早く対応して誠意を伝えなければなりません。 そのような繊細な問題を抱えているとしても「申し訳ございませんでした。 早急に対応させていただきます」という謝罪のフレーズと組み合わせながら「なるべく早く対応します」の敬語表現を使用することによって、相手に対する申し訳ない気持ちを伝えることができます。 早い対応を心がけていることを、このメールで相手に対して伝えることが可能になるので、メールを受け取っている人も安心するはずです。 「なるべく早く対応します」を敬語表現するときの例文 「なるべく早く対応します」を敬語表現した時に、いろんな例文を作成することができます。 どのフレーズであったとしても、自分の考えを正確に敬意を込めて表現するのに役立つことになりますので、いろんな例文について理解しておくことができます。 これから「なるべく早く対応します」の敬語表現が使われている例文を詳しく紹介します。 なるべく早く対応させていただきます 例えば「なるべく早く対応させていただきます」という敬語表現を使うことができます。 他のフレーズより示されている敬意が少なく感じる可能性もありますが、信頼関係のある人に対しては、このフレーズを使用することができます。 例えば、長年一緒に働いている職場の同僚がいるとします。 その人が自分に対して「この案件について早めに対応してくれませんか」とお願いをしてきたとします。 親しい仲間からお願いをされているのですから「はい、なるべく早く対応させていただきます」という敬語表現を使ったとしても何の問題もありません。 むしろ、このようなフレーズを使った方が、相手も親しみ深いと感じてくれるはずです。 信頼関係がある人に対して、あまりにも堅苦しい敬語を使ってしまうと、かえって違和感を与えてしまう可能性があるからです。 「なるべく早く対応します」の別の敬語表現の例とは? 相手に対して、何よりも早く対応したいと考えていることを伝えなければならない時に役立つのが「第一優先で対応させていただきます」という敬語が使われているフレーズにです。 「なるべく早く対応します」と同じ意味を伝えていますが、相手に伝わる真剣さが変わります。 「なるべく」という言葉ですと、早く物事に取り掛かろうとしているものの、第一優先なのか、そうでないのかわかりません。 しかし「第一優先で対応させていただきます」という敬語表現なら、他の物事を行う前に対応したいということを相手に伝えることができます。 早急に すでに「早急に」というフレーズが使われている敬語表現を紹介しました。 他にも「早急な対応をしてきたつもりですが」という敬語が使われているフレーズを作成することができます。 自分達は早い対応をしていたと感じていたとしても、相手からすると遅い対応をしていたということもあります。 そんな複雑な場面でも「早急に対応してきたつもりですが、ご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありませんでした」という敬語が使われているフレーズを使用して、相手に対する謝罪をすることができす。 言い訳をすることはあまり良くありませんが、今までも早急な対応を心がけていたという自負があれば、このフレーズを使用することができるでしょう。 相手の人が誠実なのであれば、こちら側が努力していたということを認めてくれる可能性があるからです。 相手が怒っている時には避けるべき しかし、連絡を取っている相手が怒っているのであれば、このフレーズを使用することは避けるべきです。 なぜなら「早急に対応してきたつもりですが」 というフレーズを使うことによって、言い訳をしているように聞こえてしまう場合があるからです。 もちろん言い訳をするつもりで相手に対して、このメッセージを送るわけではありませんが、実際問題として、相手を怒らせてしまうようなフレーズになってしまう可能性もあるということです。 そのため、落ち着いた話ができる人に対してのみ「請求に対応してきたつもりですが、ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした」という謝罪のフレーズを使用するとよいでしょう。 「なるべく早く対応します」を使いながら謝罪をすることは難しいので、このフレーズは非常に便利です。 「なるべく早く対応します」の敬語で誠意を示す 物事を遅らせる人は周りの人の信頼を勝ち得ることが難しいですが、物事を遅らせずに行う人は周りの人の信頼を勝ち得ることができます。 しかし、自分が物事に早く取り組もうと感じていたとしても、周りの人にそのことについて敬意を込めて伝えることができなければ、誤解されてしまう可能性があります。 そのため「なるべく早く対応します」の敬語表現を上手に使うことが非常に大切です。 そうすることで物事を遅らせずに、すぐに仕事をしようと考えていることを、目上の人に対してもしっかり伝えることができます。 職場の上司も「なるべく早く対応します」の敬語を使いながら表現されている考えを聞くと安心するはずです。 予定どおりに仕事が行われることを、確信することができるからです。 「なるべく早く対応します」の 敬語を使いながら、仕事に取り組む姿勢や誠意を上手に伝えることができるようになりましょう。

次の