お見舞い 贈り物。 病気見舞い

暑中見舞い・残暑見舞い

お見舞い 贈り物

index• お見舞いをメールやカードですることのメリット お見舞いは直接顔を合わせてするだけではなく、メールを送ったりカードを渡したりする方法があります。 実はお見舞いに関して、顔を合わせるよりもメールやカードの方が好まれる傾向にあるのです。 メールやカードでお見舞いをするのに、どんなメリットがあるのでしょうか。 相手の予定を聞かなくて済む お見舞いをする際に直接伺うとなると、相手の予定を聞いて都合を合わせなければなりません。 相手が元気な時であれば問題はありませんが、大変な時に手を煩わせてしまうのも申し訳なく思ってしまいます。 メールやカードであれば時間があるときに読んでもらえば良いので、相手のペースに任せられるのです。 お見舞いをする際はする側の都合ではなく、お見舞いされる側の気持ちに立って考えることが重要です。 きっと中には、療養中などで弱っている姿を見られたくないという人もいるのではないでしょうか。 メールやカードは相手のことを考えると、手軽で気を遣わせない方法といえるでしょう。 素早く対応ができる メールやカードのメリットとして、直接会いにいくよりも素早く対応ができるということが挙げられます。 文例を考える時間を抜きにすると、送って相手に届くまでメールの場合は一瞬なのです。 カードは郵送や手渡しなどさまざまな方法が選べて、直接会えなかった場合でも私やすいのが特徴でしょう。 直接お見舞いに行くとなるとハードルが高いですが、素早く対応するのに最適ということですね。 気持ちを素直に伝えられる メールは活字、カードは手書きになりますがどちらも自身で文例を考えて制作しますよね。 口に出して伝えるのは少々気恥ずかしくても、メールやカードならば素直な気持ちを伝えられるのではないでしょうか。 カードは手書きならではの温かみもあって、より気持ちのこもったお見舞いができそうです。 親しい友人へのお見舞いなどは、ぜひ心のこもったカードを作成したいですね。 お見舞いのメールを送る時の注意点 お見舞いのメールは簡単に送れるので、親しい友達からビジネスまで幅開く活用されています。 手軽さとしては申し分ないのですが、文例などに注意しないと相手にプレッシャーを与えることにもなってしまうのです。 お見舞いのメールを送る際の注意点を把握して、受け取って安心できる文作りを心がけましょう。 体調の回復を急かさない お見舞いのメールやカードで良く書いてしまうのが「早く良くなって」という言葉です。 誰しも一度は口にしたり、書いてしまったりしたことがあるのではないでしょうか。 一見すると相手のことを考えた言葉に聞こえますが、体調の回復を急かされているようでゆっくり休めないという声もあるようです。 「早く良くなりますように」「頑張って治してね」などではなく、相手がゆっくり休める言葉を選びたいものですね。 返信を無理に求めない メールのやり取りでありがちなのが「やめどきがわからない」という悩みです。 最終的に質問系で終わられてしまうと、相手は返信しなければならないという強迫観念にかられてしまいます。 体調に関してお伺いをたてるのは良いのですが、質問系で終わらせるのは避けましょう。 相手が返信をしなくても済むように、気遣いが必要ですね。 メッセージは簡潔にする お見舞いのためのメッセージは、簡潔に短くというのが鉄則です。 具合が悪い中で読むものなので、長文だと負担がかかってしまいます。 最低限でも伝えたいことは、主に3つです。 とても心配していること• ゆっくり休んで欲しいこと• 元気な姿を見るのを楽しみにしていること 心配しつつもゆっくり静養して、元気になったら一緒に〇〇がしたいなどポジティブな考えを入れたいですね。 忌み言葉は使用しない お見舞いをする際に最も気をつけなければならないのが、忌み言葉を使うことです。 相手とどんな関係であっても、お見舞いをする際は忌み言葉を使わないようにしなければなりません。 とは「死」「苦」などを連想させる言葉のことで、お見舞いだけではなくお祝いの席などでも避けなければならないことです。 なかなかお見舞いの文例で忌み言葉を入れることはしないと思いますが、良くあるのが親しい間柄で「死にそうになってるかな?」などと茶化してしまうケースでしょう。 親しい間柄でも、礼儀を大切にして相手を思いやった文例を考えたいですね。 お見舞いのカードの書き方とは? お見舞いの時に相手に渡すカードの書き方について、詳しく説明していきます。 どんなカードを選べば良いのかというと、華美になりすぎない清潔感のあるものが適しているでしょう。 ボタニカルなデザインや、白や淡い色の単色もおすすめです。 カード選びが終わったら今度は書き方についてですが、明るい文面でサラッと読める簡潔な文章にしましょう。 メールでのメッセージと同様に「死」などを連想させる忌み言葉は避けて、前向きな言葉を入れていくと良いですね。 「頑張って」や「早く良くなってね」というメッセージは、場合によっては相手にプレッシャーを与えてしまう要因となります。 決して相手に無理強いすることなく「快復したら〇〇をしたい」など、明るいメッセージを心がけてくださいね。 同時に相手を気遣う言葉も欲しいところなので、相手にとって頼りになる存在となるようメッセージで伝えましょう。 「何か手伝えることがあれば、遠慮なく言ってくださいね」などと書かれていると、とても心強い気持ちになります。 お見舞いのメールにはできなくてカードにはできることといえば、文字を手書きにするという点です。 手書きの文字というのは書いた人の気持ちが不思議と伝わってきて、温かみのある仕上がりになります。 文字の上手い下手は関係なく、心を込めて書いたということが相手にはしっかり伝わるのです。 お見舞いのカードの書き方としては、できるなら手書きで書くのをおすすめします。 メッセージカードを書く上で多くの人がやってしまいがちなのが「追伸」や「P. 」といった追い言葉です。 実はお見舞いのシーンにおいては、追伸は返事を要求している意味にとられてしまいます。 返事は要りませんということをきちんと伝えて、相手にプレッシャーを与えないようにしたいですね。 お見舞いの文例・病気の場合 お見舞いをする相手が病気によって休んでいる場合には、どのような文例を考えれば良いのでしょうか。 相手との関係によって文例は変えていきますが、忌み言葉を避けるなど基本的なルールは変わりません。 具体的にどのような文例にすると良いか、相手別にみていきましょう。 上司など立場が上の人に対して 体調はいかがでしょうか、みんな心配しております。 〇〇の件(仕事の企画など)に関しては各自分担をしながらこなしておりますので、どうぞゆっくり静養されてください。 親しい友人に対して 今回は突然の入院でとても驚きました、心配です。 毎日忙しそうだったから、疲れが一気に出ちゃったのかな。 とにかく今はしっかり体を休めて、元気になったら一緒にお出かけしようね。 落ち着いたら改めてお見舞いに行くので、また連絡するね。 職場の同僚に対して 体調はいかがですか? 仕事の方はみんなでカバーしているので、気にせずゆっくり体を休めてくださいね。 もし手伝えることがあれば、気軽に言ってきてください。 〇〇さんが復帰して、明るい職場に戻るのを楽しみにしています。 辛いでしょうから返信などは不要です、連絡事項などがあればお送りしますね。 お見舞いの文例・怪我の場合 お見舞いの文例は、相手が病気療養中なのか怪我によるものなのかで内容が変わってきます。 怪我といっても自己責任で負ったものなのか、事故に巻き込まれてしまったものなのか原因もさまざまです。 具体的なお見舞いの文例を、相手が怪我をしているケースで考えてみましょう。 一日でも早い快復を願っていますが、今は焦らずじっくり静養ください。 どうかお大事になさってください。 親しい友人に対して 突然の事故、本当に驚きました。 怪我の具合はどうかな? 本当に大事に至らなくて良かったというのが、不幸中の幸いです。 何か欲しいものとかがあったら、遠慮なく声かけてね。 いつでも飛んでいきます。 今はしっかり休んで、また元気に遊べるのを楽しみにしています。 同僚に対して 今回は大変でしたね、怪我の具合はいかがでしょうか。 仕事に関しては気にすることはないので、今は怪我を治すことだけを考えてくださいね。 大変な状況だと思うので、何か手伝えることがあれば連絡ください。 こちらからもこまめに連絡入れさせてもらいますね。 どうかお大事に。 まとめ お見舞いのメッセージの書き方と、メールやカードでの文例について詳しくご紹介してきました。 お見舞いのメッセージには書き方のルールや、気を遣いたいポイントが存在します。 忌み言葉を使わない、快復を急かすようなプレッシャーは与えないなど細かい部分です。 メールは相手とさほど深い関係でなくても、気軽に送ることのできる便利なツールです。 カードは手書きの温かみがあり、親しい間柄に送りやすいのが特徴となっています。 文例はお見舞いの相手が病気か怪我かで変わってくるので、マナーを守って相手のことを考えながら作成したいところです。 お見舞いのメールやカードでのメッセージで、元気を与えられると嬉しいですね。

次の

お見舞いのメッセージの書き方!メールやカードの文例をご紹介!

お見舞い 贈り物

土曜日・日曜日・祝日はお休みです。 当店お休み明けのお問合せが集中した場合はお返事にお時間を頂くこともございますのでご了承くださいませ。 返信が届かない場合は、お手数ですが再度ご連絡下さいますようお願いいたします。 ------------------- この部分に最新情報が表示されます ありがとうございます。 命日・お悔やみに花ギフトを贈りませんか? プリザーブドフラワーとアーティフィシャルフラワーのお供えアレンジです。 初盆・お盆・お悔やみ・お供えににプリザーブドフラワーのお花はいかがでしょうか? プリザーブドフラワーは生花を加工した枯れないお花です。 水の必要がなく、長い間楽しむことができます。 お花の持たない夏の季節にも重宝されます。 また、アーティフィシャルフラワーは高級造花のこと。 蓮のお花はアーティフィシャルフラワーを取り入れました。 プリザーブドフラワーは、見た目はまるで生花そのもの。 1〜2年は美しい姿のまま咲き続けます。 お水の必要もなく枯れませんので、葉や花粉落ちの心配もありません。 花種も豊富で、様々なアレンジ・デザインに対応可能…まさに現代の生活スタイルにぴったりと合った仏花です。 存在感あるサイズ感です。 おしゃれな陶器な器にアレンジされています。 仏花、仏花という感じのお供え花でないので、気軽に飾っていただけます。 故人のすきだったものと一緒に飾ってはいかがでしょうか? 現代のお仏壇にあったお供えのお花です。 お仏壇に飾られる場合は、お仏壇にふれないようにお飾りください。 プリザーブドフラワーのお供えのお花ですから、生花がもたない夏の暑い季節におすすめです。 季節に関係なく、長く飾っていただけます。 大切な人へのお供えのお花だからこそ、お花を絶やすことなくお供えしたい方にぴったりなアレンジです。 お供えメッセージ お彼岸のご供花には、お供えのお花と一緒にメッセージを添えてお贈りしましょう。 花に込めた想いが、よりいっそう伝わるとおもいます。 お供えメッセージ例文1 このたびはお伺いすることができず、 遠方からお祈り申し上げます。 心ばかりの花を贈らせていただきました。 御 仏前に供えていただければ幸いです。 お供えメッセージ例文2(春のお彼岸) このたびはお伺いする事ができず、心ばかりのお花をお送りし、故人を偲びたいと思っております。 お彼岸とはいえ、まだ寒い日がございます。 どうかお体をお大事なさってください。 お供えメッセージ例文3(秋のお彼岸) 「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉通り、残暑もおさまり涼しくなりました。 皆様お元気でお過ごしの事と存じます。 故人の在りし日のお姿を偲びつつ、安らかなお眠りをお祈りします。 命日などにお悔やみのお花のギフトです。 お供えの花、プリザーブドフラワーの仏花として、仏壇などおける花です。 ご入り用の方はご注文時にお申し付けください。 紫を基調としたプリザーブドフラワーとアーティフィシャルフラワーのお供え花です。 故人を想いそっとお花を供えるそんなやさしい想いと癒しを与えてくれそうなお花です。 初盆・お盆のお供えに、喪中見舞い・寒中見舞いなどにそっと気持ちに寄り添うアレンジです。 メインの菊などはプリザーブドフラワーですが、右側の白い花は「ハスの花」です。 蓮の花は、泥水が濃ければ濃いほど、はすの花は大輪の花を咲かせるといわれています。 泥水とは人生に置き換えると、つらいことや悲しいことや大変なこと。 仏教では、死後に極楽浄土に往生し、同じ蓮花の上に生まれ変わって身を託すという思想があり、「一蓮托生」という言葉の語源になっています。 そんな蓮の花をアーティフィシャルフラワーで取り入れてみました。 【様々なシーンでご利用いただいております】 お供え、仏花、命日、四十九日、お彼岸、お盆、法事、お悔やみに 【法事などの仏事】法事・法要・弔事・お供え・御供物 プリザーブドフラワー仏花 プリザーブドフラワー 仏壇 お悔やみ お供え 仏花 供え花 仏壇花 お盆 初盆 法事 法要 彼岸 供花 御供 仏壇花 お彼岸 御盆 喪中はがき お悔やみを送る お供えの花 仏壇に飾る花 室内墓地 蓮 はす 蓮の花 【プリザーブドフラワーとは】プリザーブドフラワーとは、生花を加工した枯れない花。 1年から2年くらいそのままの状態で楽しめます。 プリザーブドフラワー・プリザーブド・プリフラとも呼ばれる。 よく間違われるのは、ブリザード・プリザーブドフラワー・プリザーブ・ブリザーブフラワーなど間違えて覚えられていることがあります。 この部分に表示されます この部分に注文状況が表示されます この部分に入賞情報が表示されます.

次の

職場の方のお見舞いに人気の贈り物ランキング2020!選び方やマナーも徹底紹介

お見舞い 贈り物

お中元と暑中見舞いの違いとは? はがきの文例やマナーもご紹介 お中元と暑中見舞いは同じ時期に贈るため、違いが分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 お中元と暑中見舞いはそれぞれ日本における伝統的な習慣であり、違いがわからず贈り方が間違っていたりすると、相手に対して失礼にあたることもあります。 ここでは、お中元と暑中見舞いの違いや暑中見舞いの贈り方、はがきの文例やマナーなどを解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。 お中元と暑中見舞いの違い お中元と暑中見舞いは同じ季節に贈りますが、それぞれ生まれた背景や具体的な贈る時期などに違いがあります。 お中元と暑中見舞いの違いを理解し、正しい使い分けをすることで常識の伴った贈り物をすることができるので、それぞれの起源や由来から確認していきましょう。 ・お中元とは お中元の起源は中国の暦にあり、中国では旧暦7月15日を「中元」と呼んでいます。 中元は罪を償う日とされ、神様に祈るために供物をささげていました。 日本に伝わった後、日頃お世話になった人へ感謝を伝えるために贈り物を贈るという習慣に変わっていきました。 現在のお中元は、上半期の感謝の気持ちを伝えるという意味と下半期の健康を祈るという意味が込められており、両親や親戚、仲人、恩師、取引先のような日頃お世話になっている人に品物を贈る習慣として定着しています。 ・暑中見舞いとは 暑中見舞いは年賀状などと同じく季節の挨拶状であり、由来はお盆の風習にあります。 お盆はお墓参りをして仏様やご先祖様に感謝を伝える習慣として現在に伝わっていますが、かつてのお盆は、里帰りの際にご先祖様へお供え物をしていました。 暑中見舞いは、お盆の風習が簡略化され、お世話になった方へ贈答品や手紙などを贈るようになったことで生まれたとされています。 ・お中元と暑中見舞いでは贈る時期が違う お中元と暑中見舞いは季節は同じですが、具体的な時期には違いがあります。 お中元の時期は以下のように、地域ごとに違いがあるため注意が必要です。 北海道:7月中旬から8月15日 東北、関東:7月初旬から7月15日 北陸:7月初旬から7月15日の地区、7月初旬から8月15日の地区に分かれる 東海、関西、中国、四国:7月中旬から8月15日 九州:8月1日から8月15日 沖縄:旧暦の7月15日 暑中見舞いの時期はお中元と異なり、どの地域でも小暑から立秋頃までと言われています。 小暑と立秋は太陽の動きによって決まるので毎年同じ日になるわけではありませんが、概ね小暑が7月7日前後、立秋が8月7日前後に当たります。 小暑は地域によってはお中元の時期と被るので、お中元の時期が過ぎてから立秋の頃までに暑中見舞いを出すようにするとよいでしょう。 立秋を過ぎてから贈り物をしたり挨拶のお手紙を贈ったりする場合は、暑中見舞いではなく「残暑見舞い」になるため注意が必要です。 暑中見舞いには挨拶状 はがき と品物どちらを贈る? お中元は夏にする挨拶として品物を贈る習慣が定着していますが、暑中見舞いについてははがきで挨拶をすることが一般的です。 しかし、場合によっては暑中見舞いでも贈り物をすることがあります。 はがきによる挨拶、贈り物のどちらも注意すべきポイントがありますのでご紹介します。 ・はがきの書き方・文例 暑中見舞いははがきなど挨拶状で行うことが一般的とされていますが、この時に注意したいのが文章の構成です。 構成をおさえて書くことで失礼に当たることもなく、常識やマナーに沿った暑中見舞いの挨拶状になります。 基本的な構成 暑中見舞いには時候の挨拶・主文などの要素があり、その組み合わせで構成されています。 基本的な構成や要素ごとの例文は以下のようになります。 主文として自分の近況などを書き、元気に過ごされるよう結びの挨拶で締めます。 暑中見舞いの文章は、個人宛かビジネスかによって言葉を変えることが大切です。 日付は具体的な日付ではなく、季語としても使用される「盛夏」と書きましょう。 「拝啓」や「敬具」といった頭語・結語は、暑中見舞いでは必要ありません。 暑中の挨拶をその後の本文より少し大きめの文字で書くことと、文章内の句点を少なめにすることを意識して書くと見栄えが良くなります。 酷暑が続く毎日ですが、貴社におかれましては益々ご健勝のことと存じます。 さて、弊社では下記の予定で夏季休暇を実施させていただきます。 ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。 誠に勝手ながら、弊社では下記の期間を夏季休業日とさせていただきます。 暑さ厳しき折柄、皆様のご健勝をお祈り申し上げますとともに、 今後とも変わらぬお引き立ての程宜しくお願い申し上げます。 個人宛で使える暑中見舞いの文例 暑中見舞い申し上げます 炎暑ことのほか厳しい中ですが、いかがお過ごしでしょうか。 日頃よりさまざまお世話になりながらも、ご無沙汰してしまい申し訳ございません。 おかげさまで、私どもは何事もなく元気に過ごしております。 この暑さはまだしばらく続くようですが、夏バテなどされませんようくれぐれもご自愛ください。 しかし、お中元の時期を過ぎているので贈り物が被ってしまったり、相手の好みに合わない品物を贈ったりしてしまうことも考えられます。 そのため、好きなものを選んでもらうことができるカタログギフトは暑中見舞いの贈り物として人気があります。 暑中見舞いで品物を贈るときのマナー 暑中見舞いは暑い夏において相手を気遣うものですから、本来は品物を贈る必要はありません。 しかし、お中元を贈りそびれたなどの理由から、暑中見舞いで品物を贈る場合もあります。 そのような場合、相手に負担がかかってしまうことや、気分を悪くするようなことは避けなければいけません。 そこで、暑中見舞いを贈るときに気を付けたいマナーをご紹介します。 時期や相手に応じてのし紙や書き方を変える 品物を贈る際には、のし紙を書き品物にかけて贈ります。 暑中見舞いでは、のし紙の表書きには「暑中御見舞」と書いたものを使用します。 目上の人に贈る際は、「暑中御伺い」または「暑中御伺」という表書きになるので注意してください。 お中元の時期と暑中見舞いの時期で表書きも変わってくるので、時期に合ったのし紙を使い分ける必要があります。 喪中の人に暑中見舞いを出してもいい? 贈る相手が喪中の場合でも、暑中見舞いを出すことに問題はありません。 ただし暑中見舞いに通常使用する熨斗や水引は慶事を表すため、喪中の場合は白無地の掛け紙などを使用します。 初七日が終わっていない、四十九日経っていないなど、不幸があってすぐで相手に余裕がない場合は、時期をずらし残暑見舞いとして品物を贈るようにしましょう。 お中元と暑中見舞いは両方贈るべき? お中元と暑中見舞いは基本的に両方贈る必要はありませんが、それぞれ意味が異なるため、お中元で品物を出して暑中見舞いのはがきを出すことに問題はありません。 しかしお中元と暑中見舞いの時期は近いため、両方を贈るとお返しや挨拶など相手に負担をかけてしまう場合もあります。 お中元と暑中見舞いの両方を送りたい場合は、相手を気遣った上で挨拶状を添える、時期をずらして残暑見舞いとして贈るなどの配慮が必要です。 暑中見舞いのお礼状の書き方 お中元や暑中見舞いは品物や挨拶状を送り合う習慣であるため、受け取った時のマナーも大切です。 暑中見舞いをいただいたらお返しの品物ではなく、封書やはがきなどでお礼状を送るのが基本的なマナーとなっています。 またお礼状は、3日以内に送るのが一般的とされています。 暑中見舞いの手紙やはがきには、品物をいただいたお礼と合わせて相手を気遣う言葉も含めましょう。 お中元・暑中見舞いのマナーを押さえて感謝を伝えましょう お中元と暑中見舞いは贈る時期が異なりますが、どちらも相手を気遣う意味合いを持つ行事です。 目上の方や礼儀を重んじる方、日頃からお世話になっている方に感謝の気持ちがしっかりと伝わるように、マナーを押さえた挨拶ができるようにしましょう。

次の