松浦 勝 人 氏 結婚。 松浦勝人と浜崎あゆみは元恋人?安室奈美恵との意外な関係!

あゆ激白 松浦エイベックス会長との秘められた恋、ノンフィクションノベルで赤裸々に― スポニチ Sponichi Annex 芸能

松浦 勝 人 氏 結婚

沢尻エリカさんの事件の余波から次々と新たな事実が明らかになっているなか、今注目されているのが沢尻エリカさんの所属事務所=エイベックスの社長である松浦勝人さんです。 なんと松浦勝人氏は沢尻エリカさんが事務所と契約のときには疑惑の件を知っていて、事務所に入らせるためにその事実で沢尻さんの弱味を握り、沢尻エリカさんの代表作といえるあの「ヘルタースケルター」に出演させたという記事が出回っているのです。 これは、沢尻さんの元夫・高城剛氏が過去に文春の取材を受けた際に語った時の記事が、今回の件で改めて世間の目に触れたことからわかったことです。 ということで今回は 「エイベックス松浦勝人の歴代愛人と黒い過去がヤバイ!元妻 嫁 は浜崎あゆみ似の美人!愛人秘書の存在は?」と題しまして、エイベックス松浦勝人の歴代愛人と黒い過去がヤバイ!元妻 嫁 は浜崎あゆみ似の美人なのか、愛人秘書の存在について迫っていきたいと思います! それではいってみましょう! 名前:松浦勝人(まつうら まさと) 生年月日:1964年10月1日(2019現在55歳) 出身地:横浜市港南区 身長:159㎝ 学歴:日本大学経済学部卒業 エイベックス松浦勝人の歴代愛人がヤバイ! さっそくですが松浦勝人氏の愛人について調べてみたところ、ヤバイ名前が出てまいりましたよ! 松浦勝人氏が沢尻エリカさんをエイベックスに誘った際にこういったやりとりがあったそうです。 愛人関係を迫られて「ドン引きした」沢尻が断ると、社長は「B子(実際には有名女性歌手の実名)が芸能界で生き残れているのは、俺のオンナになったから。 お前も生き残りたかったら、俺のオンナになれ」と言ったという。 「『B子』とは、今もエイベックスに所属する 鈴木亜美(30)のことでしょう。 00年末に前所属事務所・エージーコミュニケーションの社長が脱税で逮捕されたことが発端で、両親と事務所がトラブルに発展、事実上の引退状態に追い込まれていた彼女を、 05年にエイベックスが拾ったのです。 松浦氏はとにかく彼女を溺愛していて、同時に鈴木の兄も自社の社員として引き取っています。 ところが、09年に二人が六本木ミッドタウンのマンションから手をつないで出てくるところを目撃され、関係が公になってしまったことから破局。 「B子(実際には有名女性歌手の実名)が芸能界で生き残れているのは、俺のオンナになったから。 お前も生き残りたかったら、俺のオンナになれ」 そして 元愛人があの 鈴木亜美さんだというから驚きです! 事実上の引退状態に追い込まれていた彼女を、05年にエイベックスが拾ったのです。 松浦氏はとにかく彼女を溺愛していて、同時に鈴木の兄も自社の社員として引き取っています。 とあるように、松浦氏は鈴木亜美さんにベタ惚れだったようですね。 この二人の関係があったのは2005年頃~だったようです。 最近暴露本で明らかになった 浜崎あゆみさんと松浦氏の関係は1999年頃までとされていますから、ちょうど 浜崎さんと別れたあとに鈴木亜美さんと愛人関係になったということですね。 ところで松浦勝人氏は2度結婚しています。 元奥様や再婚後の奥様についてはのちほど詳しく触れていきます。 調べたところ、特にこれ!といった黒い過去は見当たらなかったのですが、やはり女性関係が派手だったことからこういったキーワードが上がっているのではないでしょうか。 また、エイベックス全盛期にはかなり豪遊していたようで、そういった席にも常に女性を連れていたとか。 浜崎あゆみさんも一緒にパーティーに行っていたのかもしれませんね。 69m がシェアした投稿 — 2019年10月月1日午前3時37分PDT 松浦勝人氏の現在の嫁と元嫁は? 松浦氏の 現在の奥様は 畑田亜希さんという元モデルの方です。 2003年11月に結婚されました。 会長の奥さんって綺麗な方じゃん! 畑田亜希っていう人かあ! 知らなかったわあ笑 — たかぶー 4BoKLm3oq5jhunl ジジイの奥さんというのは私が昔大好きだったモデルさんなんだけど(畑田亜希さん)なんでこんな美人があんなオッさんと…って疑問でしかないよね。 でも、子ども連れてシンガポールに住んでるみたいで、賢明だと思った。 — なな nanati0306 めちゃめちゃきれいな方ですね! 現在お子さんは息子さん1人、娘さん2人いらっしゃるようです。 そして、松浦氏の元奥さんは 原口香さんという方です。 この方もモデルをしていたそうなんですが、画像等は見当たりませんでした。 原口さんと結婚したのは1995年。 離婚したのは1996年だったそうです。 離婚理由はわかっていませんが、松浦氏は女性関係が激しそうなのでそのあたりの可能性もありますね。 松浦勝人の愛人秘書の存在は? 2020年4月クールで放送中のドラマ「M愛すべき人」で、松浦勝人氏がモデルとなっているマサの愛人秘書=姫野礼香(役・田中みな実)が異様な存在感を放っていますね! あの執着に満ちたヤバい秘書は存在したのでしょうか? これについてはこちらの記事にまとめましたのであわせてどうぞ!.

次の

『M 愛すべき人がいて』好スタート 松浦勝人氏役の三浦翔平ベタな演出に戸惑いか|ニフティニュース

松浦 勝 人 氏 結婚

スポンサーリンク 松浦勝人の結婚した嫁について! まず、知っておいてもらいたいのが、松浦勝人さんは二度結婚したことがあり、一度離婚歴があります。 最初の結婚相手は、原口香さんという方です。 この原口さん、モデルとして活動していた女性なんです。 松浦勝人さんは1995年に原口香さんと結婚しましたが、1年の結婚生活を経て、 離婚に至っています。 その後、2003年11月に畑田亜希さんという女性と再婚し、この畑田さんこそが松浦勝人さんの現在の嫁です。 現在の嫁である畑田亜希さんも、元モデルの方で、女性に圧倒的な支持を得る『Popteen』というファッション誌の専属モデルとして活躍していました。 当時は、ガングロギャル全盛期ということもあり、畑田さんもギャル街道を突き進むイケイケな女性として若い女の子に人気だったのです。 2003年11月に二人の結婚が明らかになると、嫁の畑田さんはPopteenの表紙に和服姿で登場。 当時は大きな話題になりました。 また、二人の結婚の馴れ初めは、できちゃった婚だといいます。 結婚発表時、すでに畑田亜希さんのお腹には新しい命が宿っており、それをきっかけに松浦勝人さんは結婚することを意識したようです。 スポンサーリンク 松浦勝人と嫁・畑田亜希の結婚生活が凄い! 結婚後の松浦勝人さんは東京都大田区にある高級住宅街、田園調布に総工費 40億円をかけた豪邸を建て、そこで嫁と一緒に生活をしていました。 しかし後に、松浦さんはその豪邸を売りに出し、現在はシンガポールと日本を行き来しながら生活をしているという話も聞きます。 売却価格は12億円といわれており、地上二階建てで地下も二階まである大豪邸だといわれています。 近年、日本の税金は上がるばかりで、以前、松浦勝人さんは 「日本の税金は高い」と漏らしていたこともあり、そんなことがシンガポール移住の理由だといわれてるんですね。 ただ、松浦勝人さんのSNSを拝見すると、日本で所属アーティストと飲んだりしている姿が頻繁に投稿されているので、松浦さんは基本的に日本で生活することが多いようです。 一部の間では、松浦さんが女性アーティストと一緒にいる姿が投稿されることが多いので、嫁とはすでに別居して夫婦仲が悪いんじゃないか?とも噂されていたのですが、実際離婚の報道もないため、二人の夫婦仲は良好のはず。 スポンサーリンク 松浦勝人の子供について! 松浦勝人さんと、嫁・畑田亜希さんの間には、子供が三人います。 子供は、息子が一人と娘が二人。 第一子の息子が誕生したのは、2004年3月31日。 第二子の娘が誕生したのは、2006年5月30日。 第三子の娘が誕生したのは、2007年10月24日。 先ほど、松浦さんは住んでいた豪邸を売りに出してシンガポールに移住したとお話しましたが、シンガポールへはもちろん嫁や子供も一緒に移住しています。 嫁の畑田さんのSNSには、子供の写真がたくさん投稿されており、子供たちの誕生日を盛大に祝う姿も公開されています。 子供たちには、こんな手の込んだ料理を振舞うことも多く、三人の子供たちをすごく溺愛していることが分かります。 嫁の畑田さんのSNSでは、シンガポールでのセレブ生活の一部始終が公開されており、子供たちも素敵な土地ですくすくと育っているようですね。 敏腕プロデューサーと、人気モデルのDNAを受け継いでいることから、子供たち三人も将来は芸能界デビューということもありえるかもしれません。 スポンサーリンク 松浦勝人が過去に愛した女性は浜崎あゆみだった! エイベックスの会長を務める松浦勝人さんの結婚した嫁は、畑田亜希さんだとお話しましたが、松浦さんの 元カノが浜崎あゆみさんだったということも話題になっています。 浜崎あゆみさんは2019年8月1日に自身のデビューからブレイクするまでの軌跡を綴った一冊の本『 M 愛すべき人がいて』を出版。 本の中でには、デビュー直後に松浦勝人さんと熱愛関係にあったことが赤裸々に書かれており、当時、浜崎さんのほうからプロデューサーであった松浦さんに愛の告白をして付き合ったことが書かれていました。 当時、人気絶頂の歌姫と敏腕プロデューサーの禁断の恋ということで、絶対に世間にはバレていけないと思っていたため、浜崎さんの電話帳には松浦さんのことを『M』というイニシャルで登録していたといいます。 1998年当時、松浦さんは「恋愛に勝るパワーはない」と浜崎さんに語り、浜崎は大きな勇気を得て、歌姫としてブレイクすることができたとも話しています。 しかし、1999年のある日の夜、浜崎さんが松浦さんの宿泊しているホテルを訪ねると、そこにはスタッフや美女と一緒に飲み会を決行していた松浦さんの姿があったといいます。 その光景を見てしまった浜崎あゆみさんは、誰にもショックを明かせないまま、2日半ホテルに閉じこもってしまったのだとか。 当時はすでに、浜崎あゆみさんも大ブレイクしており、松浦勝人さんも非常に多忙な日々を過ごし、二人にすれ違いが生じていたようで、1999年末に二人は破局を迎えていたことも記されています。 そんな浜崎あゆみさんの暴露本が出版されたことで、松浦勝人さんの嫁が誰なのか気にする方もたくさんいるみたいですね。 松浦勝人さんと浜崎あゆみさんが破局した後、松浦さんは畑田亜希さんと結婚し、浜崎さんは人気アイドルグループTOKIOの長瀬智也さんと熱愛関係に至り、そして破局。 その後は二度の結婚と離婚を経ています。 また、過去には以下のような写真が週刊誌に掲載されたことがありました。 まだ若い頃の松浦勝人さんと浜崎あゆみさんです。 写真を見て分かるとおり、当時二人が交際していたことはファンの間では有名だったようです。 そして、浜崎さんは2019年8月1日にようやく出版した本の中で、松浦勝人さんと熱愛関係であったことを認めたのでした。 現在も松浦勝人さんと浜崎あゆみさんの仲は良好のようで、SNSでは誕生日に互いの服を交換してプレゼントし合う姿も公開されています。 熱愛関係が解消してもこうして友人関係でいられるのは、松浦さんと浜崎さんの互いをリスペクトした関係があるからこそなんでしょうね。

次の

浜崎あゆみ密愛 松浦会長の秘密サロン「並木クラブ」に集まった豪華芸能人たち キムタク、華原朋美、TUBE (1/2ページ)

松浦 勝 人 氏 結婚

松浦星 ( まつらぼし ) 本姓? には・の衆であるをなした。 源融流嵯峨源氏・渡辺綱 [ ] 諸般の松浦家系図によるとの祖の源綱()の孫の源久(渡辺久、)を祖とするとされる。 この伝によれば、松浦氏は、渡辺綱にはじまるを棟梁とするの((天皇警護) の一族でありとしてを統括したの分派である。 渡辺綱はの流れをくみ、摂津()の渡辺氏の祖である。 は源融の孫のの孫に当たり、母方の摂津国に住んだ。 また のも源融の子孫であり、源融の孫の(源仕の弟)の孫のの孫のが肥前国神埼郡の鳥羽院領神埼庄のとして下り、次子(あるいは孫)の源久直が三潴郡のとして三潴郡に住みと名のる。 のち松浦直の六男の子・は承久の乱後、の遺領を継ぐ。 安倍宗任の系譜 [ ] 『』の百二十句本(国会本)剣の巻によれば、が前九年の役で敗れたあと、3年()に太宰府に流されるが、子孫繁栄して松浦姓を名乗ったという説がある。 この伝えは、『』、『前太平記』、『歴代鎮西要略』でも記されている。 この説では、安倍宗任は、宗像氏の配下となり、筑前大島の統領となる。 宗任の三男・はのに行き、 松浦氏の娘婿となり松浦三郎大夫実任と名乗る。 その子孫が九州水軍を構成したともされる。 なお松浦実任(安倍季任)の子孫のは、の側近で平家方の水軍として活躍し、そのため、により、現在の油谷にとなった。 その後、高俊の娘がに嫁ぎ、の迫害から逃れるために安倍姓を名乗ったとされる。 しかし他方で、『筑紫軍旗』によれば、が討ち死にした後、弟・宗任は降伏し、によって助命されて肥前国に流罪となり、渡辺久(松浦久)に身柄が預けられた。 久は宗任に娘を娶(めと)らせて下松浦に住まわせたとする。 前説は平戸松浦氏の祖(平戸藩祖)を安倍とするが、その説では松浦氏の系図や地元の伝承とは全く整合性がなく、後説のように、松浦四十八党に加わって一勢力になったに過ぎないと考えられる。 渡辺源次久(松浦久) [ ] 祖の松浦久(渡辺久、源久)は、渡辺綱(源綱)の子の(なごや さずく、渡辺授、源授)の子とされ、松浦郡宇野御厨の(検校)となり定住し、松浦、彼杵郡および壱岐の田およそ2,230町を領有して梶谷に住み、(ひさし)と名のる。 次いでに補され、に叙された。 松浦久は、源太夫判官と称して松浦郡、彼杵郡の一部および壱岐郡を治め、ここに肥前の歴史が始まる。 松浦党の展開 [ ] 松浦氏の系譜については約30種類ほどの、それぞれに内容が異なる系図があり、松浦氏全体の立場からの正確な系譜を知ることは不可能に近く、一族や子孫の個々が、相互に異なるにせよ各自の系譜の確認をすることしかできないといっても過言ではない。 松浦久の子は、長子がまたは松浦安(やすし)あるは(なおし)で、二子が(たもつ)、三子が(すぐる)、四子が、五子が(ひろし)、六子がとする。 この他に後に松浦公頼と称した(ただし)、養子に松浦太郎を名乗った高俊の名がみられる。 上松浦党は松浦正、下松浦党は松浦直が祖である。 直の子には、、、、、、がある。 東国御家人との確執 [ ] 、松浦党が盤踞(ばんきょ)した地域はの知行国であるため、松浦氏は平家の家人となっていたが、ではにおいて方にくみし、その功からの鎮西となりとなる。 しかし、は、平家家人の九州の豪族への信頼は薄く、九州の抑えとして、、をとして九州に送り、松浦氏は、同じ環境の、などと同じく、これらの新参の東国御家人の「下り衆」の傘下に置かれる。 の際は、松浦党の惣領だったのや、のなどが奮戦する。 松浦氏の一族 [ ]• 相神浦松浦家(惣領家)• これが次第に惣領家や他の庶家をしのぐようになり、平戸氏から松浦氏に改名した。 、の時代には内紛もあったものの、興信の子のの代には、惣領家や上松浦党をも従えて松浦半島を統一するとなった。 隆信とその子のはに従いの下で近世大名としての道を確立した。 にはの下でを城下町として6万3千石を構えた。 しかし、は藩主自らにより破却され、松浦氏は壱岐一国と肥前二郡(一円領有ではない)を持ちながら(ただしの待遇はなし)大名となった。 宝永元年()に再築を開始、享保3年()に新たな平戸城が完成した。 松浦家は改易されることもなく、まで続き伯爵。 また、から支藩である平戸新田藩が立藩され明治に子爵。 は本家から子爵家 に婿入りしたの娘である。 平戸家当主 [ ]• 家臣 [ ]• 系図 [ ] 治• 宇久太の子。 鷹島氏より養子。 東胤禄の養子。 和泉松浦氏 [ ] 和泉松浦氏は、にによったの武家。 であったの重臣としてのを務めた。 9年()にの和泉上半国守護のが守護のに攻められ岸和田城で討ち死にすると、元有の子・はの元に逃れ、代わりにが城主を務めたと思われる。 その後、が阿波から上洛すると5年()頃より、元常の子・が和泉国を治め、松浦盛の跡を継いだが守護代を務めた。 しかし、天文18年()のにより細川晴元とその重臣・が対立すると松浦守は三好長慶側につき 、細川晴貞の記録は途絶える。 松浦守は年間(1555年 - 1558年)頃に没したようで、3年()にが岸和田城に入り、その後見のもとが跡を継いだ。 その後、との間で内紛となった後、家臣のが松浦光を暗殺し松浦家を掌握したが、慶長5年()では西軍に属しされた。 当主 [ ]• 良文流松浦氏 [ ] この節のが望まれています。 ( 2018年4月) の子孫、(三浦党)支流の松浦氏。 参考文献 [ ]• 岸和田市史編さん委員会編 『岸和田市史』 第2巻 、1996年3月。 北波多村編 『北波多郷土誌』 北波多郷土誌刊行会、1943年。 国立国会図書館デジタルコレクション。 ほか 編 『松浦党関係史料集』 、2009年4月に4巻目まで刊行• 『松浦氏と平戸貿易』 、1987年• 外山幹夫 『肥前松浦一族』 、2008年• 廣田浩治「」『市大日本史』第8号、日本史学会、2005年5月、 13-37頁、。 堀田正敦編 『』。 国立国会図書館デジタルコレクション。 脚注 [ ].

次の