イオン 本屋 さん。 めちゃ本屋さん

イオンモール高知宮脇書店(高知市秦南町)|エキテン

イオン 本屋 さん

何を隠そう、筆者はその昔3年ほど、某書店にて書店員をやっておりました。 (冒頭からいきなり何?と思われた方、すみません。 ) 3年ほどという短期間ではありましたが、それはそれは楽しいお仕事でございました。 姫路駅前に出かけては、絶対に立ち寄る書店があります。 そこで今回は、筆者の庭『姫路駅周辺の本屋さん』をいくつかご紹介させていただきたく存じます。 電子図書の時代が来ても、紙の本はなんだかいつも手元にあるもの。 ちょっとした時間つぶしや、探している本を求めている方に参考となるよう、頑張ってまいります。 ジュンク堂書店 姫路店 ジュンク堂が姫路に上陸してからもう20年くらいになるのでしょうか。 今はなき姫路フォーラス~駅ビルフェスタへの移動を経て、今は姫路駅ビル『ピオレ』の2階に。 現在、姫路になくてはならない大型書店となりました。 コミック、児童書、学習参考書、文芸・文庫から実用書、そして専門書まで。 姫路でここまで幅広い品揃えをしている書店は、ここをおいてほかにありません。 店内にはベンチを設置して、立ち読みならぬ座り読みが出来るようになっています。 シーズンごとのフェアも充実していて、飽きることなく楽しめます。 ちなみに筆者は大昔、まだ10代のころ、姫路にジュンク堂がなかった時代は神戸まで出かけていました。 それが姫路駅前に来た時の喜びはいまだに覚えています。 姫路駅の上という立地もあり、電車の時間待ちや電車を降りてからの寄り道にぴったりな本屋さんでもあります。 筆者は柴田書店という、プロ向け出版社が出している料理本が好きで、よく見に行っては買ってしまいます。 文芸では某作家の全集を大人買いして、一度に10万円以上を払ったことも。 本棚に収めてこれほど悦に浸れるものはありませんなぁ…ジュンク堂様様です。 ジュンク堂書店 姫路店 〒670-0914 兵庫県姫路市豆腐町222 ピオレ姫路ヤング館2階 電話 079-221-8280 営業時間 10:00~21:00 定休日 駅ビルピオレの定休日に準ずる 宮脇書店 姫路店 イオンタウン姫路の2階にある書店です。 ジュンク堂ほどのアクセスの良さ、品揃えはありませんが、中規模で『本が探しやすい』書店です。 イオンタウンですので、駐車場も完備。 車でご移動の方にはありがたい本屋さんではないでしょうか。 筆者はこのお店に、先日行ってきました。 タイトルがわからないと検索できません…とかって感じでした。 いやぁ、悪いことをしましたね、私ったら。 結局は男性の店員さんがビジネス書の棚に来て、探してくれました。 とても感じが良かったです。 未来屋書店はイオン系列の会社で、児童書の品揃えと売り上げに定評があります。 こちらの店舗は大きく増床した模様ですね。 200坪というのはかなりの広さです。 児童書の定評が高いとあって、『子供が喜ぶ』しかけ絵本や、知育玩具のようなものもたくさんあります。 他の分野では『流行に敏感』な印象です。 その時に売れる物をしっかりと品揃えしているので、新聞で見た!テレビでやってた!というネタや、メディア化(映画・アニメ・ドラマ化)した作品も手に入れやすいです。 もし売り場になくても、出版社や取次に問い合わせてくれますし、全国の未来屋書店の在庫から回してもらえたりもします。 こちらもいろんなフェアをこまめにやっている書店ですね。 筆者も大好きな書店のひとつです。 姫路駅からですと車で10分ほどの場所になるでしょうか、『ザ・モール姫路』の4階にあります。 こちらは児童書と実用書に力を入れている書店…といった感じでしょうか。 ショッピングモールにある書店なので、やはり児童書などがメインになりますよね。 正直申し上げて、筆者は未だ行ったことがありません。 ですので詳細は申し上げられないというのが本当のところです…(すみません) 喜久屋書店 姫路店 〒670-0055 姫路市神子岡前3丁目12-17(ザ・モール姫路4F) 電話 079-295-1016 営業時間 10:00~20:00 定休日 ザ・モール姫路の休日に準ずる 山陽ブックセンター 山陽百貨店というローカルデパートの西館5階にロフトがあります。 さほど大きくない店舗ですが、そのこじんまりとした感じが筆者好みで、よく訪れます。 そのロフトを出て、ふとよそ見をしたら、そこに小さな本屋さんがありました。 いや、ほんとに、よそ見をしないと気付かなかったレベルの小さな書店なのです。 何だか、売り場の隙間を埋めるために存在するかの如くです。 お客さんも少ないし、品揃えは…このスペースじゃ仕方ないやん…としか思えません。 ちゃんと取次(書籍の問屋さん)は入ってるんやろか?頼んだらお取り寄せとか、してくれるんやろか?っていうか、何でこんなところにこの規模で書店やってんねん?もはや謎だらけです。 ですが、一つ利点も。 『雑誌を買うだけなら最適』 レジも混雑していませんし、ロフトに行ったついでに寄るには構いませんものね。 …というわけで、欲しい雑誌を見かけたら買う…といった位置づけのお店です。 山陽ブックセンター 〒670-0912 兵庫県姫路市南町1 山陽百貨店5階 電話 079-223-1262 営業時間 10:00~19:30 定休日 山陽百貨店の休日に準ずる 浅野書店 私が子供のころ、もっと小さい本屋さんだった記憶があります。 こちらの書店を一言で表すと『学び』です。 メインの商材が『一般の書店では扱いのない塾教材』や『地域の学校の教科書』。 また、医療事務やパソコン検定などの専門教材なども取り揃えています。 写真を拝見して感動したのが、教材見本を閲覧できるというコーナー。 まるで図書館のレファレンスサービスではありませんか。 ここに教材を探しに来るお子様は間違いなく、素晴らしい学習になることと思いますよ。 自分に合った教材を見つけることも学習になりますからね。 もちろん、雑誌やベストセラー・文庫も取り扱っています。 浅野書店 〒670-0906 兵庫県姫路市博労町123 電話 079-293-0635 営業時間 9:00~19:30(月~金曜日) 10:00~19:00(土・祝日) 定休日 日曜日、正月1. 姫路駅前みゆき通りには新興書房という、結構大きな書店がありました。 その裏手で、ひっそりと佇むようにお店を開いていたのが、この大塚書店です。 ジュンク堂がやって来て以来、新興書房はいつの間にか、跡形もなく消え去りました。 ほかにも誠心堂や三耕堂といった書店が、姫路駅前みゆき通りから姿を消しました。 しかし、この小さな小さな大塚書店は、今も変わらない場所で営業を続けているのです。 町の本屋さんが大手に飲み込まれず、生き残っていくために必要なもの。 浅野書店や大塚書店を見ていると、なにかわかるような気がしますね。 本を介して人と人がふれあいを感じる。 そんな魅力のある書店だからこそ、今も健在なのでしょう。 amazonにそのふれあいはありません。 みゆき通りと違い、ここは昭和がそのまま残った商店街で、なんと(!)特別史跡に指定されているのだそうです。 このあたりの住所はすべて、姫路市本町68番地。 皇居がある千代田区千代田1番地に続いて、日本で2番目の広さを誇る番地だそうです。 イーグレ姫路という商業施設を除けば、ここの番地にある建物はすべて昭和のままなのです。 なかでも一番の古参がこちらの岩崎書店とのこと。 店頭からして、昔ながらの古書店です。 時が止まったかのような錯覚を起こしそうです。 興味がある方は訪れてみてはいかがでしょう。 岩崎書店 〒 670-0012 兵庫県 姫路市 本町68 電話 079-289-3047 営業時間、定休日は問い合わせてください。 いかがでしたか? 姫路駅前周辺からの書店巡り、お楽しみいただけましたでしょうか。 今と昔では書店の数も減り、本が好きな人にとってはさみしい部分もありますが、 なんだかんだでいくつかご紹介することが出来ました。 地元の方、姫路に来られた方の参考になればと思います。

次の

イオンの未来屋書店でお買い物。さて、お得で便利な決済方法はどれだ?

イオン 本屋 さん

「BOOK PARK miyokka!? 」の内観。 同店舗は、「文喫 六本木」を運営するリブロプラスがプロデュース オープンした店舗のなかでも、親子そろって楽しめる本屋「 BOOK PARK miyokka!? 」を要チェック!店名の「miyokka(みよっか)!? 」には、知識や学びに出会って次の行動につなげてほしい、という思いが込められています。 日本出版販売株式会社と株式会社リブロプラスのコラボレーションによる、「家族」と「学び」をテーマにした新しい形の書店です。 店内は、書店と遊び場「PLAY PARK」で構成されています。 書店には児童書などの書籍はもちろん、雑貨や知育玩具もズラリ。 文芸書や趣味の本も充実しているため、時が経つのも忘れて本と過ごすひとときに没頭してしまうかも。 何歳でも楽しめる遊び場「PLAY PARK」 「おえかきパラダイス」の様子。 図鑑を見ながら、好きな動物などを描いてみよう! 最新技術を駆使した創作遊びは驚きと発見の連続 書店に併設された遊び場「PLAY PARK(有料)」は3つのエリアから構成されていて、0歳からさまざまな遊びを楽しめます。 「Edutainment Zone」は、最新技術を駆使した仕掛けによる驚きの体験が待っているエリアです。 専用のスキャナーに映すと自分で描いた絵が動き出す「おえかきパラダイス」は、お母さんやお父さんも夢中になること間違いなし! こちらは、プロジェクションマッピングの技術を利用した「ペイントすなば」。 砂で穴を掘ったり山を作ったりすると、高さや深さで色が変化します。 目を凝らしてみると、いろんな生き物を発見できるかもしれません。 この他にエリア内にはアスレチックもあるため、身体を動かしたいお子さんがいても安心です。 親子のキズナを深めるには絵本が一番かも! ワークショップや読み聞かせを通して感性を育もう 「 Library」は、年齢別のおススメ絵本や大型の仕掛け絵本などが用意されていて、好奇心や感性を育むエリア。 「カク(書く・描く)」ことを中心としたワークショップも開催される予定です。 子どもとの共同作業は、親子の大切な思い出になること間違いなし。 小さいお子さんと遊びに行くなら、0歳から楽しめる「 Baby Zone」がぴったり。 赤ちゃん向けの絵本や遊具が用意されていて、安全に遊ぶことができます。 年齢に応じて楽しみ方が変わる本屋に通ったら、親子どちらにとっても大切な思い出になりそうですね。 次のお休みには、本の世界を満喫してみませんか? BOOK PARK miyokka!? techceed-inc. nippan. facebook.

次の

フロアマップガイド|イオン札幌藻岩店

イオン 本屋 さん

何を隠そう、筆者はその昔3年ほど、某書店にて書店員をやっておりました。 (冒頭からいきなり何?と思われた方、すみません。 ) 3年ほどという短期間ではありましたが、それはそれは楽しいお仕事でございました。 姫路駅前に出かけては、絶対に立ち寄る書店があります。 そこで今回は、筆者の庭『姫路駅周辺の本屋さん』をいくつかご紹介させていただきたく存じます。 電子図書の時代が来ても、紙の本はなんだかいつも手元にあるもの。 ちょっとした時間つぶしや、探している本を求めている方に参考となるよう、頑張ってまいります。 ジュンク堂書店 姫路店 ジュンク堂が姫路に上陸してからもう20年くらいになるのでしょうか。 今はなき姫路フォーラス~駅ビルフェスタへの移動を経て、今は姫路駅ビル『ピオレ』の2階に。 現在、姫路になくてはならない大型書店となりました。 コミック、児童書、学習参考書、文芸・文庫から実用書、そして専門書まで。 姫路でここまで幅広い品揃えをしている書店は、ここをおいてほかにありません。 店内にはベンチを設置して、立ち読みならぬ座り読みが出来るようになっています。 シーズンごとのフェアも充実していて、飽きることなく楽しめます。 ちなみに筆者は大昔、まだ10代のころ、姫路にジュンク堂がなかった時代は神戸まで出かけていました。 それが姫路駅前に来た時の喜びはいまだに覚えています。 姫路駅の上という立地もあり、電車の時間待ちや電車を降りてからの寄り道にぴったりな本屋さんでもあります。 筆者は柴田書店という、プロ向け出版社が出している料理本が好きで、よく見に行っては買ってしまいます。 文芸では某作家の全集を大人買いして、一度に10万円以上を払ったことも。 本棚に収めてこれほど悦に浸れるものはありませんなぁ…ジュンク堂様様です。 ジュンク堂書店 姫路店 〒670-0914 兵庫県姫路市豆腐町222 ピオレ姫路ヤング館2階 電話 079-221-8280 営業時間 10:00~21:00 定休日 駅ビルピオレの定休日に準ずる 宮脇書店 姫路店 イオンタウン姫路の2階にある書店です。 ジュンク堂ほどのアクセスの良さ、品揃えはありませんが、中規模で『本が探しやすい』書店です。 イオンタウンですので、駐車場も完備。 車でご移動の方にはありがたい本屋さんではないでしょうか。 筆者はこのお店に、先日行ってきました。 タイトルがわからないと検索できません…とかって感じでした。 いやぁ、悪いことをしましたね、私ったら。 結局は男性の店員さんがビジネス書の棚に来て、探してくれました。 とても感じが良かったです。 未来屋書店はイオン系列の会社で、児童書の品揃えと売り上げに定評があります。 こちらの店舗は大きく増床した模様ですね。 200坪というのはかなりの広さです。 児童書の定評が高いとあって、『子供が喜ぶ』しかけ絵本や、知育玩具のようなものもたくさんあります。 他の分野では『流行に敏感』な印象です。 その時に売れる物をしっかりと品揃えしているので、新聞で見た!テレビでやってた!というネタや、メディア化(映画・アニメ・ドラマ化)した作品も手に入れやすいです。 もし売り場になくても、出版社や取次に問い合わせてくれますし、全国の未来屋書店の在庫から回してもらえたりもします。 こちらもいろんなフェアをこまめにやっている書店ですね。 筆者も大好きな書店のひとつです。 姫路駅からですと車で10分ほどの場所になるでしょうか、『ザ・モール姫路』の4階にあります。 こちらは児童書と実用書に力を入れている書店…といった感じでしょうか。 ショッピングモールにある書店なので、やはり児童書などがメインになりますよね。 正直申し上げて、筆者は未だ行ったことがありません。 ですので詳細は申し上げられないというのが本当のところです…(すみません) 喜久屋書店 姫路店 〒670-0055 姫路市神子岡前3丁目12-17(ザ・モール姫路4F) 電話 079-295-1016 営業時間 10:00~20:00 定休日 ザ・モール姫路の休日に準ずる 山陽ブックセンター 山陽百貨店というローカルデパートの西館5階にロフトがあります。 さほど大きくない店舗ですが、そのこじんまりとした感じが筆者好みで、よく訪れます。 そのロフトを出て、ふとよそ見をしたら、そこに小さな本屋さんがありました。 いや、ほんとに、よそ見をしないと気付かなかったレベルの小さな書店なのです。 何だか、売り場の隙間を埋めるために存在するかの如くです。 お客さんも少ないし、品揃えは…このスペースじゃ仕方ないやん…としか思えません。 ちゃんと取次(書籍の問屋さん)は入ってるんやろか?頼んだらお取り寄せとか、してくれるんやろか?っていうか、何でこんなところにこの規模で書店やってんねん?もはや謎だらけです。 ですが、一つ利点も。 『雑誌を買うだけなら最適』 レジも混雑していませんし、ロフトに行ったついでに寄るには構いませんものね。 …というわけで、欲しい雑誌を見かけたら買う…といった位置づけのお店です。 山陽ブックセンター 〒670-0912 兵庫県姫路市南町1 山陽百貨店5階 電話 079-223-1262 営業時間 10:00~19:30 定休日 山陽百貨店の休日に準ずる 浅野書店 私が子供のころ、もっと小さい本屋さんだった記憶があります。 こちらの書店を一言で表すと『学び』です。 メインの商材が『一般の書店では扱いのない塾教材』や『地域の学校の教科書』。 また、医療事務やパソコン検定などの専門教材なども取り揃えています。 写真を拝見して感動したのが、教材見本を閲覧できるというコーナー。 まるで図書館のレファレンスサービスではありませんか。 ここに教材を探しに来るお子様は間違いなく、素晴らしい学習になることと思いますよ。 自分に合った教材を見つけることも学習になりますからね。 もちろん、雑誌やベストセラー・文庫も取り扱っています。 浅野書店 〒670-0906 兵庫県姫路市博労町123 電話 079-293-0635 営業時間 9:00~19:30(月~金曜日) 10:00~19:00(土・祝日) 定休日 日曜日、正月1. 姫路駅前みゆき通りには新興書房という、結構大きな書店がありました。 その裏手で、ひっそりと佇むようにお店を開いていたのが、この大塚書店です。 ジュンク堂がやって来て以来、新興書房はいつの間にか、跡形もなく消え去りました。 ほかにも誠心堂や三耕堂といった書店が、姫路駅前みゆき通りから姿を消しました。 しかし、この小さな小さな大塚書店は、今も変わらない場所で営業を続けているのです。 町の本屋さんが大手に飲み込まれず、生き残っていくために必要なもの。 浅野書店や大塚書店を見ていると、なにかわかるような気がしますね。 本を介して人と人がふれあいを感じる。 そんな魅力のある書店だからこそ、今も健在なのでしょう。 amazonにそのふれあいはありません。 みゆき通りと違い、ここは昭和がそのまま残った商店街で、なんと(!)特別史跡に指定されているのだそうです。 このあたりの住所はすべて、姫路市本町68番地。 皇居がある千代田区千代田1番地に続いて、日本で2番目の広さを誇る番地だそうです。 イーグレ姫路という商業施設を除けば、ここの番地にある建物はすべて昭和のままなのです。 なかでも一番の古参がこちらの岩崎書店とのこと。 店頭からして、昔ながらの古書店です。 時が止まったかのような錯覚を起こしそうです。 興味がある方は訪れてみてはいかがでしょう。 岩崎書店 〒 670-0012 兵庫県 姫路市 本町68 電話 079-289-3047 営業時間、定休日は問い合わせてください。 いかがでしたか? 姫路駅前周辺からの書店巡り、お楽しみいただけましたでしょうか。 今と昔では書店の数も減り、本が好きな人にとってはさみしい部分もありますが、 なんだかんだでいくつかご紹介することが出来ました。 地元の方、姫路に来られた方の参考になればと思います。

次の