巻き玉の作り方。 ワックスコードで作る巻き玉!簡単糸巻きビーズでピアスレシピ【ハンドメイド無料レシピ】

巻き玉制作過程(。

巻き玉の作り方

だし巻き卵の材料と道具について 厚焼き玉子とは違って、だし巻き卵には 「だし汁」や 「みりん」が入ります。 これによって風味やうまみがアップするので、醤油は 「薄口醤油」がおすすめです。 また、 だし汁の量を大さじ4〜7と幅を持たせてありますが、 だし汁が多ければ多いほど巻くのが難しくなります!はじめは巻きやすい大さじ4からスタートするのがおすすめです。 道具に関しては、焼く途中に油を補充するためのキッチンペーパーを用意しておくとよいです。 これは焼き続けるときに油を染み込ませたキッチンペーパーがあると、適量の油を鍋にさっとひくことができるからです。 また、テフロン加工などのくっつかないものか、油のよくなじんだ玉子焼き器、巻き終わった後に落ち着かせるための"まきす"を用意しておきます。 だし巻き卵の焼き方とコツ だし巻き卵の作り方のコツは5つです。 厚焼き玉子よりも巻きにくい卵液になってはいますが、 完全に固まってから巻くのではなく、茶碗蒸しのようにぷるぷるになることをイメージして半熟で巻くとよいです。 奥によせた卵の下に箸を入れて少し持ち上げながら、卵液を下にも流し入れます。 半熟になったら奥から手前に巻いて、奥に滑らせ油をひき、同様に何度か繰り返します。

次の

だし巻き卵のレシピ/作り方:白ごはん.com

巻き玉の作り方

【ハンドメイド無料レシピ】 巻き玉 作り方 巻き玉って知ってますか? 一見難しそうに見える巻き玉ですが、やってみると意外と簡単! ウッドビーズに刺繍糸を巻きつけるだけなんです! 刺繍糸も光沢のものや普通のもの、カラーを何色か使ったりとアレンジも自在! 刺繍糸をほぐし、針に通します。 【ポイント】 なるべくきちんとほぐしましょう! ここであまりほぐさずにそのまま針に通してしまうと、ウッドビーズに巻き付けるときにきれいに巻きづらくなります 2. 刺繍糸を通した針をウッドビーズに通し、刺繍糸を巻きつけていきます。 針を通したとき、刺繍糸を5センチくらい残して巻き付けていきましょう。 【ポイント】5センチくらい残した部分を手で持ちながら巻き付けていくと、ゆがんだりせずにきれいに巻きやすいです。 なるべくウッドビーズの表面が見えなくなるよう、丁寧に巻き付けていきましょう! ここで最後の仕上がりが左右されます! どんどん巻き付けていきます。 【ポイント】糸がねじれてしまったり、細く束になった状態で巻いていってしまうと、仕上がりが美しくなりません。 丁寧に! 慎重に巻いていきましょう。 糸を巻き終えたら、下側と同じように少し余裕を持たせた状態で糸をカットしましょう。 【ポイント】今回は単色ではなく、何色か巻いていきたかったので、ウッドビーズ4分の1くらいのところで終わりにしています。 すべての色を巻き終えました! ウッドビーズの穴に、Tピンを通します。 【ポイント】 今回はビーズの穴が埋まるほどキツキツに糸を巻きつけたので使っていませんが、ビーズの穴が大きい場合や強度を持たせたい場合は、Tピンを通したあとに接着剤をつけることをお勧めします! Tピンを、なるべくグッと押し込めます。 Tピンを通し終えるとこんな感じです。 Tピンの先端を、ヤットコ等で丸くします。 詳しいやり方はをご覧下さい。 Tピンの先端を丸めました。 アクセサリーを作ろう! 先ほど作ったTピンの丸いカンに、9ピンを通します。 そしてそこにパールビーズを通し、9ピンの先端を処理します。 下には、プレートチャームも添えてちょっとレトロなピアスができました。 いかがでしょうか! 刺繍糸を巻きつけるだけで、こんなに簡単に巻き玉アクセサリーが作れるとは、私自身も驚きましたし感動しました!

次の

失敗知らずの裏技発見!簡単「だし巻き卵」の作り方

巻き玉の作り方

だし巻き卵の材料と道具について 厚焼き玉子とは違って、だし巻き卵には 「だし汁」や 「みりん」が入ります。 これによって風味やうまみがアップするので、醤油は 「薄口醤油」がおすすめです。 また、 だし汁の量を大さじ4〜7と幅を持たせてありますが、 だし汁が多ければ多いほど巻くのが難しくなります!はじめは巻きやすい大さじ4からスタートするのがおすすめです。 道具に関しては、焼く途中に油を補充するためのキッチンペーパーを用意しておくとよいです。 これは焼き続けるときに油を染み込ませたキッチンペーパーがあると、適量の油を鍋にさっとひくことができるからです。 また、テフロン加工などのくっつかないものか、油のよくなじんだ玉子焼き器、巻き終わった後に落ち着かせるための"まきす"を用意しておきます。 だし巻き卵の焼き方とコツ だし巻き卵の作り方のコツは5つです。 厚焼き玉子よりも巻きにくい卵液になってはいますが、 完全に固まってから巻くのではなく、茶碗蒸しのようにぷるぷるになることをイメージして半熟で巻くとよいです。 奥によせた卵の下に箸を入れて少し持ち上げながら、卵液を下にも流し入れます。 半熟になったら奥から手前に巻いて、奥に滑らせ油をひき、同様に何度か繰り返します。

次の