布団 捨て 方。 ごみの分別方法について/浜松市

家庭ごみ分別|那覇市公式ホームページ

布団 捨て 方

素材は布ですから可燃ごみなのか、それとも大きいから粗大ごみなのか…。 自治体によって扱いが異なることもあって、なかなか対処が難しいところです。 こちらでは、布団の捨て方が分からない…というすべての方に向けて、布団の賢い処分方法を解説しています。 布団の捨て方〜自治体のごみ収集に出す!• 引っ越しと同時に古い布団を処分する!• 布団販売店が回収してくれる場合も?• リサイクルショップなどに売却はできるの?• 不用品回収業者に依頼して処分する?• 布団の捨て方に関するよくある質問 布団1組だけでなく、たくさんの不用品が眠っている…という場合は、電話1本で簡単に家を片付ける方法も存在します。 布団の処分にまつわる裏ワザテクニックも満載なので、ぜひ、参考にしてください。 1.布団の捨て方〜自治体のごみ収集に出す! ごみを捨てるとき、最も一般的なのは自治体のごみ収集に出す方法です。 しかし、布団をごみに出す際にはどのように出せばいいのでしょうか?こちらでは、意外と知らない布団の捨て方を解説しています。 1-1.基本的に可燃ごみとしては回収しない! 一辺の長さが30cmを超えるものに関しては、粗大ごみ扱いにするのが主流です。 布団は当然、一辺30cmの基準を上回っていますから、ほとんどの自治体が粗大ごみとしています。 素材自体は布なので可燃ごみに出したくなる気持ちは分かりますが、まず収集してはもらえないでしょう。 粗大ごみを出す場合、事前にスーパーマーケット・コンビニエンスストアなどで粗大ごみシールを購入しなければなりません。 その上で自治体に粗大ごみ収集の依頼をして、指定日に粗大ごみシールを貼って集積場に出す…という流れになります。 1-2.可燃ごみとして出す裏ワザがあるってホント? ただ、布団が粗大ごみになる理由はあくまでも大きさです。 ということは、細かく切り刻んでしまえば、可燃ごみになるのでは…?実際、節約術のウェブサイトなどでは、布団を細かく切って捨てる方法が推奨されています。 素材自体は布ですから、確かに、ゴミ袋に入りさえすれば収集してくれる可能性が高いでしょう。 しかし、一度やってみれば分かりますが、布団を小さく切るには大変な労力を要します。 それどころか、綿(わた)の部分を切るなど、普通の事務用ハサミではほとんど無理です。 恐らく、うまく切れずに綿(わた)くずが部屋中を舞うでしょう。 さらに悲惨なのは、羽毛布団です。 布カバーを切ったら最後、部屋中が羽毛だらけになってしまいます。 部屋に飛び散った羽毛をかき集め、すべてゴミ袋に入れる…。 下手をすれば半日がかりの作業になると思います。 粗大ごみの収集費用を節約するために、多大な時間と労力を消費するのが賢明かどうか…。 最終的には主観の問題ですが、あまり積極的におすすめできる方法ではありません。 1-3.自治体によっては可燃ごみに出せる場合も? ここまで、布団は基本的に粗大ごみ…と解説しました。 しかし、実は例外も存在しているのです。 結局、可燃ごみと粗大ごみの線引きは自治体の判断に任されているのです。 まずは自治体の公式サイトなどを参照して、布団がどのような扱いになっているかチェックしてみてください。 ご紹介したように、細かくしてゴミ袋におさめれば可燃ごみとして出すことも可能でしょう。 しかし、労力を考えると賢い方法といえるかは難しいところです。 2.引っ越しと同時に古い布団を処分する! 布団というのは、それほど頻繁に買い換えるものではありません。 一般に敷き布団の寿命は3年、掛け布団の寿命は5年といわれますが、実際には5年以上使っている人のほうが多いくらいです。 5〜7年に1回しか買い換えない…という人もたくさんいるでしょう。 布団を買い換える最大のきっかけは、やはり引っ越しだと思います。 引っ越しの際に古くなった布団を処分して、転居先で新しい布団を買う。 布団を買い換えるにあたって、実に合理的なきっかけといえます。 2-1.引っ越し業者が布団を処分してくれるってホント? 多くの引っ越し業者は、引っ越し作業と同時に不用品処分を引き受けています。 不要になった家具・家電などを有料で引き取ってもらえるのです。 もちろん、古い布団を処分してもらうことも可能でしょう。 処分費用は引っ越し業者によって異なりますが、不用品1つごとに1,000〜5,000円程度が相場です。 大型家電など処分に手間がかかるものほど高くなる傾向にあります。 布団は家電に比べて処分しやすいので、一組あたり3,000円以内に収まるのではないでしょうか。 2-2.引っ越し業者に不用品処分を頼む場合の注意点 すべての引っ越し業者が不用品の処分を引き受けているわけではありません。 もし、布団を含めて不用品の処分を考えているなら、引っ越しの見積時に処分できるかどうかを確認してみてください。 当然、処分可能であれば処分費用の見積もりを出してもらうこともお忘れなく。 ただし、一般的に引っ越し業者が提示する処分費用は、粗大ごみとして捨てる場合の処分費用と比べて割高です。 また、引っ越し業者は基本的に古物商の許可を得ていません。 そのため、不用品の回収は行っていても、買い取りは行っていないのです。 不用品の買い取りを期待しているなら、引っ越し前に買い取り業者に依頼したほうがいいでしょう。 ごく一部、不用品買い取りを標榜(ひょうぼう)する引っ越し業者も存在しますが、実際に値段がつく確率は低いようです。 新品同様の家具・家電でもない限り、本当に買い取ってはくれません。 不用品買い取りというのは、引っ越し業者を探している顧客に対する売り文句にすぎないわけです。 引っ越し業者はあくまでも引っ越しが本業であり、不用品回収は副業に過ぎません。 布団以外にも不用品が多数ある場合や、一部不用品の買い取りを希望している場合は、不用品回収の専門業者に相談したほうが賢明でしょう。 最近ではさまざまなサービスをあつかっている業者も増えてきているようです。 3.布団販売店が回収してくれる場合も? 新しく布団を買うとき、購入店が古い布団を引き取ってくれるケースがあるのをご存じでしょうか?すべての布団屋が引き取りサービスを行っているわけではありませんが、一応、確認してみる価値はあると思います。 実際、通信販売大手・老舗布団店などで引き取りサービスを実施している例があるからです。 細かな条件は店舗によって異なりますが、こちらでは通信販売と布団専門店における引き取りサービスの実例を1つずつ確認してみましょう。 3-1.通信販売大手-ベルメゾンの場合 ベルメゾンは布団専門店ではありませんが、家具などの通信販売大手として知られています。 ベルメゾンの場合、不要になった家具の引き取りサービスを実施しており、布団も対象となっているのです。 適用されるためには、3万8,000円以上の商品購入をはじめ、いくつかの条件があります。 条件さえ満たしていれば、商品の到着時に不要になった家具を回収してもらうことが可能。 3-2.老舗布団店-西川寝具の場合 西川寝具専門店は特定の布団を購入した顧客に対し、不要布団引き取りサービスを適用しています。 敷き布団を購入すると古い敷き布団1点を引き取ってもらえますし、掛け布団を購入すると古い掛け布団1点を引き取ってもらえる…というシステムです。 もちろん、この場合の引き取り料金は無料。 回収のための条件がいろいろとあったりしますが、もともと利用する予定だった場合には問題ないかもしれませんね。 4.リサイクルショップなどに売却はできるの? 結論から申し上げると、ほとんどのリサイクルショップでは布団の買い取りを行っていません。 やはり、肌に触れるものですから、衛生面の問題があるのでしょう。 中古布団の市場規模は極めて小さくなっています。 買い取ってもらえるとしたら、新品未使用であることが明らかな製品だけでしょう。 たとえば、箱に入ったままで未開封の毛布などです。 一部のリサイクルショップは外見がキレイな中古布団を買い取ってくれるかもしれません。 しかし、機械類と違って買い手がつく可能性が低いため、それほど高額にはならないでしょう。 古着と同様、ごく安い価格になると思います。 もちろん、汚れが目立っていたり、傷があったりする布団は買い取りしてもらえません。 以上から、リサイクルショップで買い取りしてもらう…というのは、あまり期待しないほうがいいでしょう。 4-1.ネットオークションで売りに出せる? 中古市場に回すのなら、ネットオークションに出品するなどの方法も考えられます。 直接、ほかの人に売るわけですから、買い手さえつけば、それなりの金額になる可能性もあるでしょう。 ただ、やはり衛生面への不安があるからか、ほかの製品に比べて買い手がつきにくいのは確かです。 唯一、使用期間が短くなるベビー布団だけは、状態が良ければ買い手がつきやすい傾向にあります。 4-2.発展途上国の支援団体・人権団体・動物愛護団体などに寄付する 利益が期待できるわけではありませんが、安価な費用で処分できる方法としてはNGO・NPOなどへの寄付が挙げられます。 発展途上国においては、古くなったり汚れたりした寝具さえ、貴重な物資です。 また、動物愛護施設・動物孤児院などでも古い布団は重宝されます。 不要になった布団をNGO・NPOに寄付すれば、必要としている人たちのもとで再利用することが可能になるのです。 買取となるとハードルはかなり高くなりますが、寄付なら重宝されることもあるのでぜひ調べてみてください。 5.不用品回収業者に依頼して処分する? ここまで解説してきたように、布団はリユースが極めて難しい製品です。 ネットオークションで買い手がついたケースでもない限り、日本国内に中古布団の需要はほとんどありません。 結局のところ、古くなった布団は何らかの方法で処分せざるを得ない…というのが実情だと思います。 となると、不用品回収業者の利用も有力な選択肢になるのではないでしょうか。 確かに、布団1組くらいなら粗大ごみに出すのも簡単だと思います。 しかし、普通、家の中にある不用品が布団だけ…ということはありません。 物置をひっくり返せば、たくさんの不用品が見つかると思います。 不用品回収業者は、布団に限らず、あらゆる種類の不用品を一括で引き取ってくれるのが特徴。 布団と一緒に、家の中にある不用品をまとめて片付けたい…と考えているなら、回収業者に依頼するのが効率的です。 5-1.不用品回収業者のメリットとは? 不用品回収業者が持っている最大のメリットは、布団以外の不用品を一緒に回収してくれることです。 特に着目したいのが、本来なら粗大ごみとして出すことのできない家電製品なども電話1本で引き取ってくれる…という部分でしょう。 さらに、プラスチックや木製部品が混在した分別困難な雑貨なども、まとめて引き取ってくれます。 もちろん、分別は回収業者が行いますから、依頼者は何もしなくてOKです。 回収業者を利用する最大の利点は、手間をかけずに、電話1本で物置の不用品を一掃できる…という部分にあります。 5-2.不用品の種類によっては買取してくれる 一部の不用品回収業者は古物商の許可を受けており、中古品の買取を実施しています。 不用品の中に貴金属、ゴルフ用具、家電製品といったものが含まれていれば、値段がつく可能性もあるでしょう。 買い取り金額は、不用品回収料金と相殺されますから、布団を含めた不用品の処分費用が実質的に値引きされることになります。 さすがに差し引きでプラスになる可能性は低いですが、処分費用が節減できる…というだけでも大きなメリットになることは間違いないでしょう。 5-3.要注意!無料回収業者は危険かも… 不用品回収業者の中には無料回収をうたっているところがあります。 しかし、そういった業者の一部は、顧客から回収した不用品を不法投棄している例があるのです。 格安・無料で不用品を受け取り、再利用できるものだけを残して、山中に投棄する…。 あり得ないと思うでしょうが、よくある出来事です。 実際、業者による不法投棄は社会問題化しています。 不法投棄が明るみに出た場合、違法業者だけでなく依頼者も罪に問われることがありますので、安易に無料回収業者を使うのは慎みましょう。 正規の不用品回収業者を使わず、便利屋などに依頼した場合も不法投棄されるリスクが高まります。 業者に頼めば面倒な分別の手間もいりません。 依頼をして、あとはおまかせなので労力がかからないことが最大の魅力でしょう。 6-1.布団は打ち直しをすれば長く使えるっていわれたんだけど…? 木綿の敷き布団であれば、打ち直しをすることで新品同様の弾力がよみがえります。 しかし、最近の布団は化学繊維を用いているものが多いため、ほとんどの布団は打ち直しができません。 6-2.ベッド用のマットレスはどう捨てればいいの? スプリングが入っているものは原則として粗大ごみです。 スプリングがない場合は不燃ごみで出せる自治体もあるようですが、大きさから考えて粗大ごみ扱いになることのほうが多いでしょう。 自治体によって細かなルールが異なりますから、詳しくはお住まいの市町村にお問い合わせください。 6-3.大きなごみ袋に押し込んだとしても、可燃ごみにはならない? 布団が粗大ごみと決まっている自治体であれば、可燃ごみ扱いにはなりません。 大きなごみ袋に圧縮して詰め込んだとしても、回収してはもらえないでしょう。 多くの自治体が、一辺30cm以上のごみを粗大ごみ扱いにしています。 ルールとして決まっている以上、遵守してください。 6-4.可燃ごみとして捨てられる布団はないの? 大きさの問題なので、どんな布団でも、そのまま可燃ごみとして捨てる…というのは難しいと思います。 ただ、低反発素材のポリウレタン布団などは、細かく切って可燃ごみに出すのが比較的簡単です。 綿(わた)が舞うような素材ではないため、カッターなどで容易に切れるのが特徴。 どうしても粗大ごみの料金を節約したい…というのなら、試してみてはいかがでしょうか。 6-5.布団は定期的に買い換えたほうが良いの? カビやダニが発生した布団は身体に悪いので、やはり、3年程度のスパンで買い換えるのが望ましいでしょう。 特にダニは死骸までもアレルゲンになり、喘息(ぜんそく)などの原因になるといわれています。 とはいえ、定期的な天日干しなどでダニの発生は抑えられますので、きちんと干しながら使うことが重要です。 万年床はカビ・ダニの発生源になるので絶対にNGと心得てください。 きっと自分にあった方法で処分方法が見つかったことでしょう。 さっそく使わない布団を処分してみてくださいね。 まとめ 以上、布団の捨て方に関する基礎知識でした。 布団はリサイクルが難しいため、基本的には自治体の粗大ごみ回収に任せることになります。 ただ、不用品がほかにもある場合などは、不用品回収業者に依頼したほうが効率的です。 布団の捨て方〜自治体のごみ収集に出す!• 引っ越しと同時に古い布団を処分する!• 布団販売店が回収してくれる場合も!?• リサイクルショップなどに売却はできるの?• 不用品回収業者に依頼して処分する!?• 布団の捨て方に関するよくある質問 布団は、人生でそれほど何回も購入するわけではありません。 そのため、捨てる機会もそれほど多くはならないでしょう。 正しい捨て方を知っておけば、いざ捨てるときに迷わなくて済むはずです!.

次の

京都市:大型ごみ処理手数料一覧

布団 捨て 方

「ベッドを買った」「引っ越しを機に新しものを買った」など、いらなくなった布団をどうやって処分したらいいのと布団の捨て方に悩んでいませんか?布団の捨て方は「手間をかけるか」「費用をかけるか」2通りあります。 自分にあった方法を選んで下さいね。 春になると引っ越しや転勤などで、生活環境が大きく変わる人も多くなります。 布団からベッドに変えたり、布団を新しいものに交換したり、 使わなくなった布団を処分する方法を知っていますか? 布団は意外に大きくて重いので、女性では簡単に処分するのが難しですよね? 布団の処分方法は大きく分けて、 2種類の方法があります。 それは、「手間がかかるが、費用がかからない方法」と「手間はないが、費用がかかる方法」の 2種類です。 今回は、 使わなくなった布団の捨て方や、圧縮袋を使って布団を収納する方法について紹介します。 この記事の目次• 【布団の捨て方】布団を捨てる時は「粗大ゴミ」で捨てよう! そもそも布団は、何ゴミになるのでしょうか? 何ゴミか知るにはまずは、 処分したいゴミの素材を知る必要があります。 布団の素材は綿や、布のものばかりです。 綿や布は燃えるものなので、布団は「燃えるゴミなんじゃないの?」と思いませんか? しかし、燃えるゴミで処分できるものは、大きさが制限されています。 多くの自治体では 30cm~50cm以上あるものは、 粗大ゴミとして区分されます。 ですので、 布団は大きさ的には粗大ゴミで、素材的には燃えるゴミとなります。 【布団の捨て方】費用のかからない布団の捨て方を5つ知ろう! いらない物を処分するのに、費用がかかってしまうと「捨てようか?」 悩む事はありませんか? 布団もその一つではないでしょうか? 手間はかかるけど、 お金をかけずに布団を捨てたい人にオススメの方法を 5つ紹介します。 【布団の捨て方】リサイクルに出して布団をお金をかけずに捨てる方法 あまり使用していない布団や、メーカーの布団を捨てたい時にオススメな方法がリサイクルです。 リサイクルする場合は、 リサイクルショップに持って行ったり、ネットオークションに出品するという方法があります。 リサイクルすると処分費用はかからず、逆にお金になる事があるのでお得ですね。 【布団の捨て方】布団を細かく切って燃えるゴミとしてお金をかけずに捨てる方法 粗大ゴミとして出す場合は費用が必要ですが、普通ゴミの燃えるゴミとして出せば、費用がかかりません。 布団を 30cm以下~50cm以下に切って、 燃えるゴミとして処分しましょう。 【布団の捨て方】布団販売店で引き取ってもらいお金をかけずに捨てる方法 新しい布団を購入が決まっている人にオススメな方法です。 新しい布団を購入する販売店で、 古い布団を引き取ってもらえる場合があります。 無料で引き取ってくれる販売店なら、処分費用はかかりません。 【布団の捨て方】布団を寄付してお金をかけずに捨てる方法 ネットで「布団 寄付」と検索すると 布団の寄付を募っている団体があります。 海外途上国の人々や、動物が暖を取るためなど、様々な使用目的で団体が寄付を募っています。 布団を無料で回収してくれる団体もあります。 動物保護施設や、動物孤児院などでも募っているので、必要なくなった布団を使ってもらえるのであれば寄付するのもオススメです。 【布団の捨て方】布団を無料回収してもらいお金をかけずに捨てる方法 無料で布団を回収してくれるところもあります。 引き取ってもらう方法は、宅配引き取りと、持ち込み引き取りの 2つの方法です。 宅配の場合は送料がかかります。 このように無料で捨てる法がいくつかあります。 自分にはどの方法が合っているのか考えて、 どの方法で布団を捨てるのか決めましょう。 【布団の捨て方】布団の処分費用はかかるが簡単に捨てれる方法 布団を「今すぐ捨てたい!」「どうしても捨てる時間がない!」「楽に捨てたい」という人もいますよね? 費用はかかりますが、 簡単に布団を捨てる方法を 3つ紹介します。 【布団の捨て方】各自治体の粗大ゴミとして出す布団の捨て方を知ろう! 粗大ゴミとして捨てる場合は、各自治体に従わなくてはなりません。 また、 粗大ゴミとして出す場合は、日程と時間を自治体から指定されます。 処分費用は大きさや、自治体によって異なります。 (例)2018年1月での東京都世田谷区で、布団を処分するのにかかる費用です。 布団(掛け)… 400円• 布団(敷き)… 400円 自治体の粗大ゴミとして出す方法は、粗大ゴミ処理手数料券をコンビニや、スーパーなどで購入し、 処分する布団に張り付けて指定日時と時間にゴミ置き場に出します。 この方法が簡単で、少額の費用で布団を処分できます。 【布団の捨て方】引っ越し業者に布団を引き取ってもらう捨て方を知ろう! 引っ越しを気に布団を捨てたい人にオススメなのが、引っ越し業者に有料で回収してくれる場合があります。 引っ越し業者によっては、回収サービスをやっていない会社もあるので事前に確認が必要です。 引っ越し費用にオプションで布団回収費用というものがかかってしまいますが、 引っ越しする時に同時に処分できるのでオススメです。 【布団の捨て方】不用品回収業者に依頼する布団の捨て方を知ろう! 費用は一番かかってしまうかもしれませんが、 不用品回収業者に依頼すると日程や、時間が合えばすぐ回収にきてくれます。 なので「今すぐ布団を捨てたい」「時間がない」という人にはオススメの方法です。 【布団の捨て方】不用品回収業者に依頼して布団を捨てる方法 日時や時間もこちらに合わせて布団を処分しくれる不用品回収業者は、 実際に依頼すると、料金はどのくらいかかるのでしょうか? 依頼するなら、料金もなるべく安く済ませたいのが本音ですよね 不用品回収業者に 安くしてもらうコツも合わせて紹介します。 不用品回収業者に依頼すると出張料金として 3,000円程度と、布団 1枚につき +1,000円程度かかるので 4,000円程度になります。 さらに安くしてもらう方法は、やはり布団の状態がキレイな事です。 不用品回収業者では、布団がキレイであればそれをリサイクルし、お金にするのでキレイであれば安くしてもらう事がありす。 また処分する布団が多い場合は、 全部まとめての金額にしてくれることもあります。 不用品回収業者によって値引き交渉すると、値引きしてくれる場合があります。 ダメもとで値引き交渉するのもいいでしょう。 《布団の捨て方のQ&A》布団の捨て方の疑問が多いものを紹介• 布団の処分について、もう少し詳しくお答えします! Q1. 布団を細かく切って燃えるゴミに出したらお得なの? A. 自治体によっては小さく切っても、 燃えるゴミとして出せない場合がありますので確認が必要です。 また、布団を細かく切って燃えるゴミとして処分する場合は、費用はかかりませんが、その分手間暇がかかってしまうので、それでもいいという人は燃えるゴミで処分してもいいでしょう。 布団を燃えるゴミで出すときの出し方は? A. 自治体によって違ってきますが、 布団圧縮袋に入れて小さくして処分するという方法が多いようです。 ある程度の大きさに切って布団圧縮袋に入れて捨てたり、サイズが小さい場合は、そのまま入れてもいいでしょう。 布団を粗大ごみか不用品回収業者か迷う A. 「時間がない!」「楽に捨てたい!」という人には、不用品回収業者がオススメです。 粗大ゴミに出す場合は、 日時も時間も決められています。 布団以外にも処分したいものがある場合は、出すのが面倒になります。 ベビー布団の捨て方はどうしたらいいの? A. 状態がいいものであれば、ネットオークションなどで高値で売れることがあります。 捨てたり、譲りたくない場合は、 リメイクして座布団などに作り替えるのもいいでしょう。 布団を寄付したいけどどうしたらいいの? A. 寄付を募っている団体などがネットを検索するとヒットしてきます。 また、 地域の動物保護センターなどに問い合わせてもいいでしょう。 【布団の捨て方を知ったら】布団を収納する布団圧縮袋を知ろう! 季節の変わり目になると 布団やタオルケットを出したり、片付けたりすることがありますよね? しかし、布団はかさばるので「布団の収納は大変だな」「場所を取って困るな」と感じている方も多いのではないでしょうか? 布団は布団圧縮袋に入れて収納すると、スッキリ収納できます。 使い方のポイントを頭に入れておくと 布団や、タオルケットの出し入れもスムーズになります。 布団圧縮袋はジッパー式とバルブ式の 2種類があり、 どちらも掃除機を使って圧縮します。 【布団を収納する】ジッパー式の圧縮袋について知ろう! ジッパー式の圧縮袋は布団を入れてジッパーを締め、 掃除機で中の空気を抜きます。 圧縮後の空気漏れが気になる場合もありますが、比較的リーズナブルなので、「できるだけお手頃にすませたい!」という方にいいですね。 お値段は 1枚200円前後のものが多く、 たくさん必要という人にもオススメです。 100円ショップで購入することも可能なので、気軽に購入できます。 【布団を収納する】バルブ式の圧縮袋について知ろう! バルブ式の圧縮袋は、 バルブに掃除機をセットして、空気を吸引します。 空気を吸い終わったら自動的に栓が閉まるので、ジッパー式よりも簡単にできます。 ジッパー式よりも数百円お高いですが、「使いやすいものがいい!」「安心・安全に使いたい!」という人は、バルブ式がオススメです。 布団を圧縮する作業が、とてもスムーズになりますよ。 【布団の捨て方を知ったら】圧縮袋を使う前の4つのポイント 「布団用の圧縮袋はどんなものがいいの?」と悩む時もありますよね? そんな時は、以下の 4つを 意識して選ぶといいでしょう。 【布団に圧縮袋を使うポイント】マチ付きのものを選ぶ! 布団用の圧縮袋を選ぶ時は、 マチ付きのものを選ぶようにしましょう。 マチ付き選ぶと、布団の出し入れがスムーズにできたり、布団の納まりがよかったり使いやすいです。 色々な種類があって迷うことも多いですが、どれにしようか悩んだ時マチ付きのものを選ぶことをオススメします。 【布団に圧縮袋を使うポイント】密閉性の高いものを選ぶ! 密閉性が低いものだと空気漏れをして、 圧縮した布団が膨らんでしまいます。 そうなると、布団がかさばるので収納しづらく、圧縮した意味がなくなってしまいます。 密閉性が高く、 空気漏れしにくいものがいいでしょう。 【布団に圧縮袋を使うポイント】収納する場所に合うサイズのものを選ぶ! 収納する場所に合うサイズのものでないと、スッキリ収納できなかったり、 収納時に布団を圧縮袋ごと折りたたむ必要があります。 そうならないためにも、 収納場所の幅、奥行き、高さを事前に確認して、その場所に合ったサイズを選ぶようにしましょう。 【布団に圧縮袋を使うポイント】ジッパー式はスライダー付きのものを選ぶ! ジッパー式の圧縮袋を使う場合は、スライダー付きのものがオススメです。 スライダーを使うと、 ジッパーを締める作業がとても簡単になりますよ。 【布団の捨て方を知ったら】布団を圧縮する前に予防する方法 大切な布団を清潔に保つためには、 布団を圧縮する前にダニやカビ予防をする必要があります。 【布団の予防】布団を干してダニやカビ予防してから使う! 布団は必ず天日干しまたは、陰干ししてから圧縮しましょう。 湿気の多い梅雨から夏場の時期に布団を圧縮する場合は、エアコン、除湿器、布団乾燥機などを使って、 取り込んだ布団の湿気を飛ばすといいですね。 しっかり湿気を取ることで、ダニやカビが生息しにくくなります。 【布団の予防】脱酸素剤やシリカゲルを使用する! 布団圧縮袋専用の脱酸素剤やシリカゲルがあるので、布団と一緒に入れておきましょう。 そうることで 、布団に残っている酸素や湿気が少なくなり、ダニやカビの予防につながります。 脱酸素剤やシリカゲルは、ホームセンターやインターネット通販、ドラグストアなどで手に入れられます。 【布団の予防】防ダニ効果がある圧縮袋を使用する! 布団の圧縮袋には色々な種類がありますが、 その中でも防ダニ効果があるものがオススメです。 衛生的に布団を保管できるので、アレルギーをお持ちの方や小さいお子さんがいるご家庭にもいいですね。 【布団の捨て方を知ったら】布団圧縮袋の3つの注意点を知ろう! 布団圧縮袋は適切に使わないと、 布団を傷ませてしまうことがあります。 大切な布団を長く使うためにも、 3つ の注意点を知っておきましょう。 【布団圧縮袋の注意点】布団を圧縮しすぎないようにする! カチカチになるまで布団を圧縮するのはやめましょう。 できるだけ小さくして、収納しやすくしたいと思う人も多いですが、布団が傷む原因になります。 フワフワな布団を維持するためには、元の厚みの 3分の1くらいに圧縮するのがいいでしょう。 また、羽毛布団の場合は、 2分の1くらいにとめておきましょう。 【布団圧縮袋の注意点】穴開きや破損に注意する! 穴開きや破損があると空気が漏れてしまい 、圧縮袋として使えなくなってしまいます。 持ち運んだり、掃除機を使って空気を抜く時は 、圧縮袋が傷つかないよう扱いに気を付けましょう。 【布団圧縮袋の注意点】1シーズンに1度は布団を出す! 使わない布団は長期間圧縮したまま、ということもありますよね。 しかし、圧縮したままだと布団が傷んでしまったり、 ダニやカビが増えやすくなったりします。 防ダニ効果のある圧縮袋を使っても長期間放置するとダニや菌を防ぎきれません。 そこで、 1シーズンに1度は圧縮袋から布団を出すようにしましょう。 【布団の捨て方を知ったら】羽毛布団も布団圧縮袋に入れていいの? 羽毛布団はかさばるものが多いので、「羽毛布団こそ圧縮して収納したい!」という方も多いのではないでしょうか? しかし、羽毛布団を圧縮したり、 掃除機で布団を吸引したりするのはやめましょう。 羽毛布団を圧縮すると、羽毛がとびでてしまったり、フワフワ感がなくなったりします。 また、保温性がなくなる可能性もあります。 ですから、 羽毛布団はできるだけ圧縮しない方がいいでしょう。 収納する時は羽毛布団専用の収納袋にしまっておくと、羽毛布団の傷みやダニやカビを予防できます。 それでも、「羽毛布団をどうしても圧縮したい!」「場所をとらずに収納したい!」という場合は、 羽毛布団専用の圧縮袋を使う必要があります。 その際、羽毛の軸が折れるのを防ぐため、羽毛布団は圧縮しすぎないようにしてください。 そして、圧縮袋から出して使用する時は、その前に 3時間程度陰干しましょう。 3時間程度干してもフワフワ感が戻らない場合は、 晴れた日に何回か陰干しすることによって、フワフワ感を取り戻せます。 ちなみに、羽毛は高温と低湿度に弱いという性質があるので、布団乾燥機を使う場合は低温設定を利用してください。 いらなくなった布団の捨て方がわからないなら業者に依頼しよう! 今回は、 使わなくなった布団の捨て方や、圧縮袋を使って布団を収納する方法について紹介しました。 「手間がかかるが、費用がかからない方法」と「手間はないが、費用がかかる方法」どちらの処分方法が自分に合っているのか、考える時に参考になれば嬉しいです。 「時間がない人」や「楽に済ませたい」というような人は、 費用はかかってしまいますが不用品回収業者に依頼をオススメです。 を探す時は、を使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。 まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。 不用品回収をプロに依頼するなら 不用品回収を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。 すまいのほっとラインなら、簡単にの業者を探すことができます。

次の

港区公式ホームページ/家庭から出る粗大ごみの出し方(※事前に「粗大ごみ受付センター」へのお申し込みが必要です!)

布団 捨て 方

注射器、注射針 出せない 病院・医院・薬局などへ相談 つ 使い捨てカイロ 埋立ごみ 使い捨てライター 燃やせるごみ 中身を使いきり、布などをかぶせて金づちでたたくなどして、ガスを抜いて 机、いす 粗大ごみ 木製の机やいすなどは、小さく壊せば「燃やせるごみ」 土砂 出せない 自家処理 て テストプリント用紙 資源ごみ 紙袋に入れて口をしばって出すか,雑誌などと一緒に、ヒモで十文字にしばって。 出しにくいときは「燃やせるごみ」 電気カミソリ 粗大ごみ 複合製品 電気コード、ケーブル 燃やせるごみ 電気炊飯器 粗大ごみ 複合製品 電気毛布 燃やせるごみ 1m四方程度に折りたたみ、ヒモで十文字にしばって 電卓 粗大ごみ 複合製品 と 塗料 出せない 購入 販売 店ヘ相談。 少量の場合は不用な紙や布などにしみ込ませて燃やせるごみ」 塗料の空き缶 資源ごみ 中身を空にして 逆さにしてもタレないようにして) トレイ 燃やせるごみ 食品用の発泡スチロールトレイはスーパーの店頭回収などに協力を な 鍋(金属製、ホーロー製のなべ) 資源ごみ ぬ ぬいぐるみ 燃やせるごみ ね 粘土 燃やせるごみ 土製のものは「埋立ごみ」 の 農薬 出せない 購入 販売 店、製造元ヘ相談 ノート 資源ごみ 紙袋に入れて口をしばって出すか,雑誌などと一緒に、ヒモで十文字にしばって は 灰 燃やせるごみ 丈夫な小袋に入れ、水で湿らせて 柱時計 粗大ごみ 複合製品 バッテリー 出せない 購入 販売 店ヘ相談 花火 燃やせるごみ 水で湿らせて 針 燃やせるごみ 危なくないように、フィルムケースなどに入れて。 スチール缶に入れテープなどで蓋をすれば「資源ごみ」 ハンガー(金属類) 資源ごみ ビニールの皮膜はそのままで。 プラスチックや木製品は「燃やせるごみ」 ひ ピアノ 出せない 購入(販売)店ヘ相談 ビデオテープ 燃やせるごみ ふ 布団(ふとん) 燃やせるごみ 1m四方程度に折りたたみ、ヒモで十文字にしばって フライパン 資源ごみ フロッピーディスク 燃やせるごみ ブロック 出せない 自家処理 へ ペット小屋 粗大ごみ プラスチックや木製の小屋は小さく壊せば「燃やせるごみ」 ペットボトル 資源ごみ キャップとラベルをはずし,軽く水洗いし,潰してから無色透明・半透明の袋にいれて資源ごみの日にごみステーションへ出すか,随時に回収協力店の店頭ボックスへ。 金属製キャップは「資源ごみ」、プラスチック製キャップは「燃やせるごみ」に。 ペットのトイレ用の砂(プラスチック製) 燃やせるごみ 小袋に入れ、ごみ袋の真中あたりに入れて。 糞(少量)も「燃やせるごみ」 ヘルメット 燃やせるごみ ほ ホイール(自動車) 粗大ごみ 包装紙 資源ごみ 紙袋に入れて口をヒモでしばって出すか,雑誌などと一緒に、ヒモで十文字にしばって 包丁(金属製) 資源ごみ 刃の部分にテープを張り付けるなど危なくないようにして ホーロー鍋(なべ) 資源ごみ ホットカーペット 粗大ごみ 1m四方までに切って、ヒモでしばるか、袋に入れれば「燃やせるごみ」 ポリバケツ 燃やせるごみ 注2 本 資源ごみ ヒモで十文字にしばって ま マグネット 資源ごみ マットレス 燃やせるごみ 1m四方程度に折りたたみ、ヒモで十文字にしばって。 できなければ「粗大ごみ」。 スプリング入りマットレスは「粗大ごみ」 窓あき封筒 燃やせるごみ 窓のビニール部分を取れば「資源ごみ」 窓ガラス 埋立ごみ 割れたところなど危なくないようにテープなど張り付けて、丈夫な無色の透明又は半透明の袋に入れて。 袋がなじまないものは、ヒモで十文字にしばって。 注5 み ミシン 粗大ごみ も 毛布 資源ごみ 透明もしくは半透明の袋に入れて出すか,小さく折りたたみ、ヒモでしばって モーターバイク(50を超えるバイク) 出せない 購入 販売 店ヘ相談 モーターバイク(50以下) 粗大ごみ 廃車手続きをして、燃料・油などを抜いて 物干し竿 粗大ごみ 物干し台(コンクリート台付き) 粗大ごみ や やかん 資源ごみ ホーロー製も「資源ごみ」 薬品の空きびん 資源ごみ きれいに洗って。 農薬・劇薬のびん、医療関係で使用していた薬のびんは「埋立ごみ」 ら ラジオ、ラジカセ 粗大ごみ 複合製品 電池を抜いて れ レース製のカーテン・服 燃やせるごみ レコード 盤) 燃やせるごみ 煉瓦(れんが) 出せない 自家処理 わ ワンカップ(酒の空きびん) 資源ごみ きれいに洗って.

次の