青楼 オペラ ネタバレ 49。 青楼オペラ 最新話最終話【ベツコミ12月号】あらすじネタバレと感想!!朱音と惣右助は添い遂げることができたのか?!ついに感動の終焉!!|漫画最新刊の発売日と続き速報

【青楼オペラ】第38話 ネタバレあらすじと感想・考察・39話の期待【+最新話も無料で読む方法】

青楼 オペラ ネタバレ 49

「青楼オペラ」第11巻のネタバレ 惣右介との一夜を終えた朱音は寝ている惣右介を置いて曙楼へ戻りました。 翌日、お世話になった朝明野が身請けされるので曙楼は宴会をしていました。 朝明野は朱音のお家再興を励まし、吉原の門から出ていきました。 朝明野から嬉野が面倒見ることになり、朱音は身請けのことを言います。 嬉野から惣右介のことを言われると朱音は物憂げでした。 夜外を歩いていると朱音はどうしても惣右介を探していました。 惣右介の匂いがしたので振り返ると惣右介がいました。 朱音が思わず転んでしまうと惣右介は抱えます。 そんな時に真木村がやってきて利一の4人で中村のことを話します。 裁きの結果腹を切った中村でしたが、朱音の父を暗殺したことに関しては無関係でした。 暗殺の犯人がわからず迷宮入りしてしまったので朱音の悲願である永倉家再興は叶わなくなりました。 惣右介は再興できないことで身請けできるので心の中で喜んでいました。 朱音も惣右介と一緒になれることを喜んでいました。 そして、惣右介と会った時抑えきれずキスをしていました。 惣右介も朱音に告白し2人は団子を食べます。 そんな時に真木村がやってきて正式に決まっていた婚約が朱音の父によって破談になっていたことを知らされます。 その後、利一と惣右介と永倉家断絶は父が背後から斬られた死に方よりも跡継ぎがいないことが原因とつきとめます。 惣右介がいなくなった後利一に朱音は惣右介と一緒にいることを伝えると利一は嬉しそうでした。 夜に朱音は惣右介と会い正式に身請けの許可をもらったことを伝えられます。 いいムードになった時に利一から呼ばれ、朱音の婚約者だった誠二郎も朱音を身請けしたいと言っている場面を目撃します。 誠二郎と惣右介は朱音を交えて見受けの話をしますが、朱音は何か気がついたようでした。 その後、夜になって朱音は誠二郎を呼びつけます。 誠二郎を選んだ朱音は一度夜の相手をしてから身請けを許される決まりを守ります。 2人は家が隣同士だったのにも関わらず、顔が知らないまま婚約関係となっていました。 しかし、塀が崩れていたのでお互い顔を見ることができたのが功を奏し、更に惹かれていきました。 しかし、現実は昔とは違い朱音は父暗殺は誠二郎ということを突き止めていました。 朱音は誠二郎の床下から父が所有していた刀が見つかったことを伝えます。 そして、朱音が暗殺の夜に見た腰の三日月の痣は誠二郎のものでした。 朱音は惣右介と誠二郎が身請けのことで話していた時に永倉家しか知らない破談のことを知っていたので、犯人と確信しました。 すべてを白状した誠二郎は朱音を殺そうとします。 しかし、惣右介と利一が惣右介を抑え目付に捕らえられました。 その時に誠二郎が放った疫病神の一言が朱音の耳から離れなくなりました。 翌日朱音は利一に任せ、惣右介は近江屋に戻ります。 何やら慌ただしかったので訳を聞くと幕府から棄悁令を出されたようでした。 この一方的な借金取消し令によって武家にお金を貸し、その利益でやってきた札差、近江屋は大打撃を受けます。 これによって朱音を身請けすることができないと惣右介は絶望しながら確信するのでした。 ・・・ 第11巻は以上となります。 スポンサーリンク 「青楼オペラ」第11巻の感想 ついに朱音を苦しめてきた犯人がわかった11巻でした。 朱音は断絶してしまった自身の家、永倉家を断絶に追い込んだ犯人を探すために遊女となりました。 吉原の遊女となった朱音は犯人と思われる人物である中村と接触し、彼が犯人であることを突き止めますが、中村は朱音に恨まれる理由がわからない様子でした。 中村の考えは的中し、中村は朱音の両親を殺害した犯人ではありませんでした。 ここまで来たのに日理だしに戻ってしまった朱音の絶望感は読んでいてこっちにも伝わりました。 やっとの思いで犯人を突き止めたのに犯人ではなかったのは何とも言えない気持ちになるかと思います。 犯人探しに疲れた朱音は今まで好意を持っていた惣右助と添い遂げることを決心します。 惣右助も朱音の好意に応えるべく身請けするべく動き出します。 本懐を遂げることは出来なくても朱音の幸せがやっと来たと思い、内心喜んでいると朱音の婚約者だった誠二郎も朱音を身請けしたいと現れます。 惣右助と誠二郎、2人に身請けをお願いされ悩んでいる朱音は答えを見出します。 それは誠二郎に想いを告げることでした。 あんなに好意を示していた惣右助よりも自身の本懐である永倉家再興のために誠二郎を選んだ朱音はやっぱり武士の娘だと思っていると朱音の顔は浮かないことに違和感を覚えました。 さらに読み進めてみると何と朱音の両親を殺害したのは誠二郎だということがわかりました。 あんなに朱音に優しい笑みを絶やさない誠二郎が朱音と添い遂げるために朱音の両親を平気で殺害することに狂気をみました。 犯人とわかっても朱音と一緒になるために朱音を殺害しようとする所を見るとサイコパスとは誠二郎のことをいうのかと思いました。 利一と惣右助に拘束されても朱音のことを疫病神呼ばわりしていたので、朱音に対する想いがいつしか憎悪となってしまったと感じました。 犯人が捕まり一件落着かと思いきや、朱音は誠二郎の発言が気にかかり伏せがちになってしまいます。 また惣右助も幕府の命によって財産を失い、朱音を身請けできなくなる状況になってしまいます。 こんな危機的状況の中、2人の想いは実を結ぶのでしょうか。 非常に気になりますね。 ・・・ 感想は以上となります。 無料で読める! 以上で「青楼オペラ」11巻のネタバレと感想を終わらせていただきます。 この「青楼オペラ」を文章だけではなくて漫画で楽しみたくありませんか?.

次の

青楼オペラ 4巻 ネタバレ 最新話

青楼 オペラ ネタバレ 49

青楼オペラ最新話・最終回ネタバレ 時は経ち、あのときの棄捐令によりたくさんの札差が痛手をくらいました。 そのとき近江屋が仲間の手助けをし、立て直しを図りました。 現在は近江屋も代替わりをして、惣右助が店主となっています。 以前入れあげていた吉原の女郎とはすっぱり手を切ったと噂されていました。 松坂屋の娘と家庭を持ち、子宝にも恵まれ夫婦仲良く過ごしています。 近江屋では惣右助が大慌てであいつを探していました。 子守りをしている侍女は惣右助と内儀さんが派手な喧嘩をしていたことを知って、娘と二人で散歩に行かせたのです。 散歩と言いながら内儀を探しに出かける惣右助。 街ではあらゆる人に内儀の所在を聞き回りました。 するととある店の中に朱音の姿をみつけます。 朱音はまだ文句が言い足りないのか、それとも謝りに来たのかと問いました。 冷静に怒っている朱音とあたふたする惣右助のやり取りはしばらく続きます。 その時です。 外が騒がしく何事かと思えば、人拐いが逃げていました。 惣右助はとっさに犯人に足をかけ、倒します。 ですが犯人は刃物を持ち出しました。 惣右助が犯人の前に立ちはだかったとき、どこからか棒が振りかざされ、犯人の刃物を落とします。 そして棒で殴られ倒れる犯人。 棒を振りかざしたのは朱音でした。 その姿に惣右助は驚き、心配します。 ですが子供が誘拐されたら廓に売られると悟った朱音は耐えられませんでした。 朱音の手柄に人々は朱姫みたいだと言います。 そこへ昔の茜を知る男性に声をかけられました。 朱姫の元は茜だと言いますが、その話を遮ったのは真木村です。 久しぶりに会った真木村に助けられた朱音でした。 朱音は惣右助と一緒になるために半生を売りました。 菊之丞を通して朱音の過去を芝居にし、自分で身請け金を作ったのです。 その芝居が朱姫。 その後松坂屋の好意で養女になり、近江屋に嫁ぎました。 真木村はしばらくお城で仕えることになりお別れを言いに来たのです。 利一郎は娘の子守りをし、二人を待っていました。 娘は利一郎に懐いていて、惣右助は嫉妬しています。 店の中では縁の話で盛り上がっている客がいました。 番付で一番を取り、噂になっています。 さすが縁、朱音たちはそのまま店を出ました。 帰り道、惣右助は娘を抱きデレデレしています。 そんな惣右助に朱音は嫉妬していました。 惣右助は真っ赤になりながら、朱音の肩も抱き寄せます。 子供たちが少し大きくなったら、朝明野姉さんの所へ、幸せに暮らしている報告をしに行きたいと願う朱音でした。 より新しい話を読みたい場合は雑誌の方を、以前の話を読みたい場合は単行本の方で楽しめるのですがお金がかかってしまいますよね。 「青楼オペラ」は以下の動画配信サービスや電子書籍サービスを利用するとお得に読むことができますよ。 サービス名 特典・ポイント 2週間無料トライアルで 最大900円分のポイントがもらえる。 電子書籍購入で20%のポイント還元。 30日お試し無料で 600円分のポイントがもらえる。 (動画は1500円分)10%のポイント還元。 31日間お試し無料で 600円分のポイントがもらえる。 継続で毎月1200円分のポイント付与。 最大40%ポイント還元。 会員登録無料で登録すると半額クーポンが必ずもらえる。 ポイント還元や来店ポイント付与あり。 期間限定で無料作品、特価作品が増えることも。 会員登録無料で半額クーポンがもらえる。 ポイント還元、まとめ買い・セット割引あり。 期間限定で100%割引も。

次の

青楼オペラ のネタバレ 6巻!

青楼 オペラ ネタバレ 49

青楼オペラ 前回のあらすじ 仇討ちのため、吉原の遊女となった朱音。 真犯人の元許嫁・誠二郎を捕らえ全ては終わったかに見えた…。 舞台での逢瀬を最後に惣右助と別れた朱音。 しかし惣右助の子を宿したとわかる。 惣右助の負担になることを案じ、一人で子を産み、育てようと決める朱音だったが惣右助は朱音を諦めていなかった。 互いに欠けては生きていけないと思い知った朱音は二人で共に生きる道を諦めないと決意して…!? 青楼オペラ【第50話】のネタバレ 朱姫 空に雲 地には人 惣右助は走っていた 「あいつァどこだ!」 「内儀 おかみ さんですか、さっきはお二人で派手に口喧嘩しておられましたねぇ」 「あれはあいつが…」 惣右助が言いかけて子が泣いた 「ったく、赤ん坊放ってどこ行きやがったんだ」 「私がおすすめしたんですよ、気晴らしにお嬢さんと散歩に出られるくらいいいじゃありませんか」 「クソッ」 惣右助は再び家を出た 道行く顔見知りに朱音の居場所を訊く クソ! いや俺は捜してるワケじゃねぇ 捜しに来たワケじゃねえぞ…… 惣右助は頭を抱えた しばらく歩き、 朱音を見つけた 「おい!朱音!」 「あら。 あれだけ怒鳴っておいてまだ言い足りないことがあるの?それとも謝りに来たのかしら」 朱音は憎まれ口を叩く 「お前が…もっと俺を…」 「何?聞こえません」 「おまえな…!」 「捕まえろ!そいつは人攫いだ!」 惣右助の声を掻き消し、物騒な事が聞こえ二人は外を見る 「娘っ子拐かそうとしやがった!」 ためらいもなく惣右助は走り出す こいつか! 「よっと!」 人攫いに足をかけ、転ばせる惣右助 「…ちくしょう。 どけ!」 人攫いは刃物を取り出し振り回す ゴッ それを朱音が天秤棒で弾き飛ばす 「っ……この…!」 襲いかかる人攫いを容赦なく殴る朱音 倒れたところを皆で取り押さえる やるなァ、あんたの女房かい。 お前さんだ」 去ろうとする朱音の肩を男が捕まえる 「俺を覚えてないか。 絵師の菊川英水だ。 」 振新だった頃朱音の絵を描いた男だ。 たいしたもんだ。 と菊川。

次の