メルペイ 後払い デメリット。 メルペイスマート払い(後払い)とは?メリットや設定/手数料/支払い方法を解説 | キャッシュレス決済(スマホ決済)ニュース「キャッシュレスPay」

メルペイとは詳しく!メリット・デメリット・セブンイレブンや後払いの使い方は?

メルペイ 後払い デメリット

メルペイとは は、フリマアプリの「メルカリ」が提供しているスマホ決済サービスです。 メルペイの利用には、iDに対応したスマホ(もしくはスマートウォッチ)とメルカリアプリが必要になります。 Androidの場合、Android 5. 0以降がインストールされているおサイフケータイ対応のスマホが対象です。 メルペイの特長 メルカリが提供しているだけあって、メルペイではメルカリの売上やポイントを支払いに使うことができます。 これまでメルカリの売上金を利用するには、メルカリ内で何かを買うか、振込申請するしかありませんでした。 振込申請すれば現金化できますが、1万円以下の場合は210円の手数料がかかってしまいます。 ライトユーザーの多くは、メルカリで再度買い物をすることに使っていました。 しかし、メルペイを使えば、これまで使いにくかった細かな売上も簡単に使うことができます。 メルカリのライトユーザーには嬉しいサービスです。 メルペイの支払い方法 メルペイの支払い方法には、以下3種類があります。 メルカリの売上金でポイントを購入して支払う• 登録した銀行口座からチャージして支払う• 翌月1日から末日の間にあと払い メルカリの売上金でポイントを購入して支払う メルカリの売上でポイントを購入し、電子マネーのメルペイ残高として使うことができます。 1ポイントは1円にあたります。 これまでメルカリでの売上をポイントにしていた場合は、そのポイントもメルペイ残高として使うことができます。 登録した銀行口座からチャージして支払う 銀行口座を登録すると、支払い前に口座からメルペイ残高をチャージできます。 この方法なら、メルペイ残高が少なくても、安心して買い物ができます。 ただし、事前に支払い用の銀行口座を登録する必要があります。 また、 一度支払い用銀行口座を登録すると、ポイントを購入できなくなるので、銀行口座を登録する前にメルカリポイントを使い切っておきましょう。 メルカリでの売上は、支払い用銀行口座を登録してもそのままメルペイ残高として使うことができます。 ポイントは、1ポイントあたり1円でチャージできます。 手数料は不要ですが、払い戻しはできません。 購入したポイントの有効期限は1年間(365日)なので、注意してください。 翌月1日から末日の間にあと払い メルペイでは、2019年春から「あと払い」ができるようになりました。 購入した翌月1日から末日の間にコンビニやATM、口座振替などで支払うことができます。 メルペイあと払いを利用するには、「銀行口座の登録」またはアプリで「かんたん本人確認」を済ませておく必要があります。 店頭での使い方 メルペイは、実店舗やネットショップでも使うことができます。 実店舗では、コンビニ、飲食店、ドラッグストアなど、「iD」や「メルペイ」のマークがある店舗で使うことができます。 また、ネットショップではメルカリや「Apple Pay」に対応しているショップ・アプリで利用できます。 iDとして あらかじめ、メルカリ側でメルペイの設定を行います。 次に、iDアプリやWalletアプリにカードとしてメルペイを登録しておきます。 店頭では、Apple Payと同じように「iDでの支払い」と申告し、iDアプリでメルペイを選択し、リーダーにスマホを近づけます。 一般的には、 iDはクレジットカードを登録して使った分だけ払うポストペイ型の電子マネーとして使われます。 しかしメルペイは、 使う分をあらかじめチャージするプリペイド型の電子マネーとして扱われます。 プリペイドの電子マネーは、先に売上や銀行からのチャージで入金しておく必要がありますが、自動販売機やガソリンスタンドなど、ポストペイ型では使えない店舗でも使うことができます。 QRコード払いで 3月からはQRコードでの支払いにも対応を開始しています。 メルカリのアプリでバーコードやQRコードを生成し、店舗がそのコードを読み取って決済を行う方法です。 現在の対応予定はローソンなどごく一部ですが、これから増えていくと考えられています。 メルペイは電子マネーの中では新規参入組ですが、iDやApple Payの支払い方法として使えるので、最初からコンビニ、ファミレス、ドラッグストア、Suicaなど数多くの店舗やサービスに対応しています。 これは大きなメリットです。 メルペイにはメルカリの売上が使えるので、メルカリのユーザーにはとても便利に使える電子マネーと言えるでしょう。 メルペイの設定をすることで、メルカリでものを売ったり買ったりすることが増えるかもしれません。 最新情報は公式サイトでご確認ください。

次の

メルペイの後払いサービス「メルペイあと払い」のやり方とメリットや手数料を解説!

メルペイ 後払い デメリット

メルペイのメリット• スマホを財布代わりにできる• メルカリの売上金を使って決済できる• お得なキャッシュバックやキャンペーンが随時開催されている• 後払いサービスも利用できる メルペイのデメリット• 全てのお店で使えるわけではない• わざわざアプリを起動するのが面倒なケースも• クレジットカードを登録して支払うことができない• スマホを紛失したり充電切れになったりすると使えなくなる これらを順に解説していきます。 メルペイのメリット1「スマホを財布代わりにできる」 メルペイを使えば、 「スマホを財布代わりにできる」というメリットがあります。 現金不要でスマホから決済できる メルペイはアプリから実店舗での支払いができ、 現金を不要にして一円単位から支払い可能です。 現金で支払う場合、会計時に財布を取り出してお札や小銭をレジで出さないといけませんでしたが、 メルペイならその面倒なプロセスも省略化できます。 財布を持ち歩く必要がなくなる メルペイを使えば、 あなたは財布を持つ必要すらもなくなります。 例えば、家からフラっと近くのコンビニやスーパー、ドラッグストアに行く際、 メルペイがあればスマホ一台で外へ出かけて買い物できるようになるでしょう。 メルペイはApple Payを使った「iD支払い」も可能! なお、メルペイは「iD」の支払いにも対応しており、 Apple Payを使った決済もできます。 「iD」と言えば、NTTドコモが運営する電子決済サービスですが、iPhone7以上をお持ちの方なら、Apple Payにメルペイを追加して支払えます。 なので、メルペイを使えるお店の範囲はかなり幅広いと言えます。 メルペイのメリット2「メルカリの売上金を使って決済できる」 そして、 メルペイはメルカリで得た売上金やポイントをそのままスマホ決済で利用できます。 これはメルカリを頻繁に使っているユーザーにとって、最大の魅力でありメリットとなるでしょう。 もともとメルカリでの売上金を利用する場合、一旦自身が登録した銀行口座へ振込して現金化する必要があり、 なおかつ振込金額が1万円未満であれば210円の振込手数料も支払わなければなりませんでした。 しかし、メルペイを使えばメルカリでの売上金を現金化することなく、 そのまま「コード払い」や「iD払い」を通して使えます。 メルペイのメリット3「随時お得なキャッシュバックやキャンペーンが開催されている」 今ならメルペイを使うだけで、とてもお得にキャッシュバックを受けられます。 クーポンの内容は随時変更していくので、最新のクーポン状況を是非チェックしておいてください! メルペイのメリット4「後払いサービスも利用することができる」 2019年4月23日より、メルペイではお店で支払った代金を翌月にまとめて後払いできる 「メルペイスマート払い」が利用可能となりました。 月の買い物の支払いを翌月に繰り越しできる メルペイスマート払いを利用すれば、 その月に購入した買い物の支払いを翌月に繰越せます。 「今買いたい商品があるけど、まとまったお金が無い…。 」 そう考える方も、メルペイのあと払いを使えば、欲しいものをクレジットカード不要ですぐに購入可能です。 特にクレジットカードをお持ちでない方あれば、このサービスはかなり画期的なのではないでしょうか。 後払いにすれば支払いを一回で済ませられる メルペイスマート払いを活用すれば、 当月に何度買い物をしても支払いを翌月の一回切りで済ませられます。 なので、利用者は現金を持っていなくてもメルペイを使って買い物が出来る上、その都度メルペイにチャージする手間を省く事が出来るようになります。 なお、当月支払い分の利用明細は翌月1日に通知され、 1日から末日までの好きなタイミングで清算できます。 出典: このように、メルペイスマート払いを利用すれば、 実質メルカリ側からお金を借りる事が可能となるのです。 メルペイにチャージするなら「ジャパンネット銀行」がおすすめ! 今後メルペイを使っていくなら、銀行口座へ登録しておくのがおすすめです! メルペイを使うには残高へチャージする必要がありますが、メルペイはクレジットカードの登録ができないので、 メルカリでの売上が無い人は銀行口座でチャージするしかありません。 そこで! メルペイにベストな銀行口座となるのがです。 主要なコンビニに設置されているコンビニATMでも、 3万円以上なら手数料が完全無料。 今まで「コンビニのATMだと手数料がかかる…。 」と、わざわざ地方銀行のATMまで駆けつけていた人も、ならある程度まとまった入出金をすれば コンビニのATMで24時間手数料無料で使えます! メルペイ以外の主要なスマホ決済サービスにも登録できる なお、はメルペイ以外にもPayPayやLINE Pay、などのチャージにも使えるので、 複数のスマホ決済サービスへのチャージを一つの銀行口座で管理できるメリットがあります。 特に最近は、各キャンペーン毎にスマホ決済サービスを使い分ける方も増えたかと思いますが、それぞれ違った銀行でチャージをしてると お金の管理がしにくいですよね。 例えば、PayPayはA銀行、LINE PayはB銀行、メルペイはC銀行といったような管理の仕方をしてると、 結局現金で支払うよりもなんだか面倒で不便となってしまいます。 しかし、はPayPay、メルペイ、LINE Payといった主要所に全て対応しているので、 「複数のスマホ決済のチャージを一元管理したい!」という方にぴったりでしょう。 新規口座開設で現金500円がプレゼントされる 現在では、新規口座開設で現金500円がプレゼントされるキャンペーンを開催しています。 500円をもらうまでのステップは簡単で、まずお申し込みをして本人確認をし、その後は初期設定を行えば完了です。 もちろんゲットした500円はメルペイですぐ使えるので是非試してみてください! Visaデビットを3回以上利用すれば1,000円がキャッシュバックされる それだけではありません! 今ならのVisaデビット機能を3回以上使えば、 もれなく1,000円がキャッシュバックされるキャンペーンも開催中です! はVisaブランドの付いたデビットカードとしても機能するので、メルペイが使えないお店では直接デビットカードでキャッシュレス払いするのも良いでしょう。 とにかくはメルペイに登録して使うメリットが盛りだくさんなので、是非この機会にを使ってみてください! もちろん発行手数料は無料で、 最短5日でカードが届きます!• 全てのお店で使えるわけではない• スマホを紛失したり充電切れになったりすると使えない• スマホを取り出してアプリを起動するのが面倒なケースも• クレジットカードを登録して支払うことができない メルペイは全てのお店で使えるわけではない メルペイは現状全ての店舗で使えるわけではなく、 「使えるお店もあれば、使えないお店もある」といった状況です。 全ての支払い場面でメルペイが使えるとは限らない為、事前にメルペイが使えるお店を確認しておきましょう。 なお、メルペイは「iD払い」と「コード払い」でそれぞれ使えるお店の種類が異なるので、それもあわせて確認しておいてください! スマホを取り出してアプリを起動するのが面倒なケースも メルペイで支払う場合、一度アプリを起動してその支払い画面を店員さんに読み取ってもらったり、自分でコードを読み取ったりしなければならないので、 場合によっては現金でさっと支払った方が早い場合もあるでしょう。 「iD払い」であればiPhoneから即座に行えますが、「コード払い」の場合は一度メルカリのアプリを起動してメルペイのコードを表示させる必要があります。 なので、まずは自分で実際に使ってみながら、メルペイでの支払いが便利かどうかを確かめてみてください! メルペイはクレジットカードを登録して支払うことができない メルペイはクレジットカードを登録して支払うことができません。 これは他のスマホ決済サービスと比較してデメリットとなる部分であり、 メルペイで支払っていくには銀行口座を登録しておく必要があります。 その対応銀行口座数は2019年9月時点で70行を超えているので、気になる方は以下で確認してみてください! スマホを紛失したり充電切れになったりすると使えなくなる スマホを紛失したり端末が充電切れになったりした場合はメルペイを利用できません。 「スマホが財布代わりになる」ということは、 スマホを落とせば財布を落としたことにほぼ等しくなります。 万が一メルペイの入ったスマホ端末を紛失した場合は、メルカリの「マイページ>お問い合わせ」へ連絡して「メルペイの利用を緊急停止したい」伝えましょう。 メルペイのメリット・デメリットのまとめ メルペイのメリット• スマホを財布代わりにできる• メルカリの売上金を使って決済できる• お得なキャッシュバックやキャンペーンが随時開催されている• 後払いサービスも利用できる メルペイのデメリット• 全てのお店で使えるわけではない• わざわざアプリを起動するのが面倒なケースも• クレジットカードを登録して支払うことができない• なので、この機会に是非メルカリをインストールして、メルペイを使ってみてください! なお、あなたが今後継続的にメルペイの残高へチャージして支払いに使っていきたいのであれば、3万円以上の入出金が完全無料となるを使うと良いでしょう。 なので、の10,000円キャッシュバックでは煩わしいポイント交換の手続きなんてありませんし、 もちろん年会費だって永年無料です。

次の

メルペイとは?支払いの仕組みや使い方・利用するメリットまとめ

メルペイ 後払い デメリット

メルペイとは そもそもメルペイとはメルカリが運用しているスマホ決済サービスのことで、メルカリアプリとウォレットアプリ、iDさえあれば、気軽に使えます。 そのため、すでにメルカリをお使いの方はぜひ設定しておくことをおすすめします! メルペイの特長 では、メルペイのメリットにはどのようなものがあるのでしょうか? メルペイお提供しているのはメルカリということもあり、メルカリで売り上げたお金をメルペイの支払いで使うことが可能です。 これまで、メルカリで売り上げたお金を使おうとすると、振り込み依頼するか、メルカリ内で使うしかありませんでした。 しかも、メルペイの売上金を振り込み依頼が無料でできるのは10,000円以上となっており、それ以下だと振り込み手数料がかかります。 振込手数料がかかるため、ほとんどのメルカリユーザーはメルカリ内で使っていたようですね。 ですが、メルカリで5,000円の売り上げがあったとすると、同額を買い物の支払いで使えるというわけです。 さらに、メルカリで貯まったポイントはこれまでメルカリで買い物する際しか使えなかったのが、お買い物で支払えるようになったので非常に便利です。 メルカリを利用していた人にとってこれ以上のメリットはなさそうですね。 オトクなクーポンがある また、メルペイのメリットとしてオトクなクーポンがあることが挙げられます。 一般的にクーポンと言えば、あまりオトクなものがなく、あってもドリンク無料とか10パーセント引き…程度です。 ですが、メルペイではさまざまなオトクなクーポンがめじろおしです! たとえば、バーミヤンやガストが20パーセントオフとか、ローソンマチカフェコーヒーが半額とか、からあげクンが半額になったり…などですね。 これだけオトクなクーポンは見当たらないと言ってよく、ぜひメルペイを利用していただきたいです! 電子マネー対応のお店で使用可能 さらに、メルペイの利便性の高さに電子マネーiDに対応可能なお店で使用できること。 このiDというサービスは以前からあり、導入しているお店もQRコード決済より多いほどです。 そういった意味でも、メルペイを使わない手はありません。 特にiDに対応しているお店は駅の周りや空港、有名なお店…などがあり、使える機会が多いため持っていて損はありません。 通勤などで電車を使う方は駅で使えるのは便利ですよね? 後払いも可能 最近、ネットで買い物する際決済手段として利用されているのが後払いです。 今までだと後払いするとなればネットでの買い物や提携しているネットショップでしか利用できないことが多かったです。 ですが、メルペイだと実際にあるお店で後払いすることが可能です。 では、メルペイの後払いの上限金額はと言うと、最大5万円となっています。 この後払いシステムは非常に利用価値が高いです。 たとえば、あるお店で何か買い物をしようとした時、銀行からのチャージ金残高が不足してしまっていたら、メルペイを使って後払いにすれば、支払いが可能となるわけです。 ただ、後払いができるからと言って余計な買い物をするのはいかがなものかと思います。 計画的に利用するようにしましょう! メルペイが使えるお店とは では、これだけメリットの多いメルペイが使えるお店にはどういったところがあるのでしょうか? スーパー イオン、ビブレ、イトーヨーカドー、イオンモール、アピタ、マックスバリュ、まいばすけっと、ホームワイド、やまや、平和堂、アルプラザ …などがあります。 空港 関西国際空港、千歳空港、伊丹空港、成田空港、羽田空港…などですね。 レジャー施設 としまえん、富士急ハイランド、東京ドームシティ、八景島シーパラダイス…など、名だたるレジャー施設で使用可能です。 メルペイの使用方法 では、メルペイの使用方法にふれてみましょう。 そもそも、メルペイを使うにはメルカリのアプリが必要で、メルペイのアプリは存在しません。 使用までの流れとしては• メルカリアプリをインストールする• 登録する• 電子マネーカードを作る たったこれだけです。 ただ、お店で使用する際、「iDで支払います」と伝えなければなりません。 この時間違ってはいけないのが、「メルペイで支払います」などと言ってしまうこと。 それではお店の人に伝わりません。 なぜ、メルペイで支払うと言っても伝わらないのかと言うと、メルペイは支払いシステムをiDのシステムを使っているから。 お店できちんと伝えたら、メルペイの電子カードで支払えばいいだけです。 たとえば、Apple Payで支払う際にiDでと伝えるはずです。 それと同じだと考えていいでしょう。 また、別の支払い方法にコード払いがあります。 ローソンやミニストップなどではQRコードでスマホ決済が可能です。 やり方は上でご紹介したiDと同じと考えていいでしょう。 支払いの際にメルペイでと伝え、メルカリアプリを開き、コード払いをタップするだけです。 すると、支払い用のQRコードが表示されますので、それをお店の人にスキャンしてもらいましょう。 最近ではさまざまなところでこのコード払いができるようになっており、JR西日本のショッピングセンターなどでも使用可能となりました。 メルペイのコード払いの注意点 メルペイをコード払いで支払う際、注意すべき点があります。 それは本人確認の有無によって利用上限額が変わってくることです。 この差ってすごくないですか? では、どうやって本人確認するのかと言えば、アプリでかんたん本人確認する方法と支払銀行口座を登録する方法の2種類があります。 アプリでかんたん本人確認するには免許書を持ってセルフィを撮影するだけでいいので非常に簡単です。 メルペイのデメリット では、そんな便利なメルペイにもデメリットってあるのでしょうか? クレジットカードが使用できない メルペイのデメリットとしてはクレジットカードが使用できないというのがあります。 その理由はメルペイは銀行口座を登録し使用するため、クレジットカードは使用不可です。 他のスマホ決済アプリでd払いの場合だとクレジットカードが使用できるため、ポイントを何重にも受け取ることができます。 ですが、メルペイの場合だとポイントを何重にも取ることができないのは最大のデメリットかもしれません。 ポイントが貯まらない また、お買い物で楽しみなのがポイントが貯まることです。 ですが、メルペイだと買い物してもポイントが貯まらないのがデメリットと言えるでしょう。 ポイントが足りないと支払いできない また、メルカリポイントが不足すると、支払いできないので要注意です。 ただ、上でもご説明したとおり銀行口座を連携しておけば残高が不足しても支払いが可能です。 パソコンでウェブ版が使えなくなる可能性も 次にデメリットとして挙げられるのはパソコンのウェブ版で使えなくなる可能性があることです。 2019年3月よりパソコンでウェブ版が使用不可となりました。 メルペイで銀行口座の登録をすると、「メルペイ残高を利用のお客様はウェブ版メルカリが使えません」という旨のメッセージが届くはずです。 そのため、メルペイから銀行口座を削除、メルペイ電子マネーをウォレットから削除しても、ウェブ版を使うことはできません。 それ以降、パソコンのウェブ版も使えるようになったものの、アップデートがあればまた突然使えなくなる可能性はないとは言えません。 もし、パソコンで利用している方は注意した方がよさそうですね。 クーポンの利用に注意が必要 メルペイを使う際、クーポンの使用に注意が必要です。 デメリットとまでは言えないかもしれませんが、注意するに越したことはなさそうですね。 まず、メルペイのクーポンを利用する際、制限時間があるということを覚えておきましょう。 クーポンを開けてから24時間に使わなければならないため、必ず使う段階になってからシールをめくりましょう。 特に注意すべきなのはファミリーマートのファミチキのクーポンです。 ファミチキでクーポンを利用する際、店内のファミポートで発券しなければなりません。 ところが、発券したはいいもののお店にファミチキの在庫がない!という場合があります。 その場合もクーポンの有効期限は24時間となっているため要注意です。 そのため、必ず在庫を確認してから発券するようにしましょう。 クーポンは1回限りとなっているため、無駄にならないようにしてくださいね! メルペイの残高を増やすには メルカリのキャンペーンでもらう メルカリユーザーならご存知かと思いますが、トップページにお知らせというのがあり、そこにさまざまなメルカリからのキャンペーン情報が記載されています。 その中でメルカリのポイントが大量にゲットできる企画があるため見落とさないようにしましょう。 オススメの例としては最大6,000ポイントが10人に1人もらえるというものや、対象となるジャンルでメルカリに出品し売れたら最大300ポイントゲットできる…などです。 さまざまな条件を満たしていなければならなかったり、そもそもくじ運がいいかどうかによって変わってきますが、大量にポイントがゲットできればメルペイがどんどん増やせるのでおすすめです! ただ、メルカリでゲットしたポイントには期限が存在します。 メルカリの売り上げで買ったポイントの期限は購入日から365日、キャンペーンでゲットしたポイントは180日…など、期限が決まっています。 ただ、ゲットしたポイントはメルペイとして全てスマホ決済で使えます。 有効期限に気をつけてポイントを使うようにしましょう。 友だちをメルカリに招待する メルカリを使ったことのない友だちがいたら、招待されればオトクに入会できます。 会員登録する際、招待した人から送られた招待コード6ケタを入力すれば、招待した人、された人それぞれに300円分のポイントが付与されますよ。 ちなみに、招待する友だちの数に上限はありませんが、月に最大3,000ポイントまでと決まっているため要注意です。 それを越えて招待したい場合、された側だけが300ポイントもらえした側はもらうことができませんので注意しましょう。 メルペイ誕生のきっかけ 少し話がそれますが、メルペイはどういう経緯で誕生したのでしょうか? そもそも、2017年11月にメルカリの子会社としてメルペイは設立しました。 ネットフリマ事業を展開しているメルカリをベースに新しい事業として生まれたのがメルペイというわけなんですね。 メルペイは決済手段というだけでなく、メルカリで培われた高い信用力とノウハウを元に、新しい金融価値をユーザーに提供することを目指しています。 現在、わが国の信用はお金を借りたり貸したりすることではかられていることがほとんどです。 たとえば、携帯電話の分割払いやクレジットカード不動産の賃貸契約などで仕事をしていることが信用となりますが、最近さまざまな副業で収入を得る方も増えていますよね? こういった多様化社会の中でメルカリはメルペイを通じて新しい金融サービスを構築し、ユーザーひとりひとりが本当の意味で信用を得られるためインフラづくりをしたいと思いできたのがメルペイなんですね。 まとめ メルカリユーザーにとって非常に利便性の高いメルペイ。 今後さまざまな利用方法が増えるでしょうが、メルカリを利用していない人からすると、メリットはありません。 ただ、今後メルペイを使って買い物をすればポイントが貯まり、そのポイントをメルカリで使えるようにすれば、メルカリユーザー以外も取り込めるかと思います。 メルカリユーザーの方でまだメルペイを使ったことがない方はぜひ一度試してみてくださいね。 今後のメルペイのサービス強化に期待したいところです!.

次の