諭旨免職。 [労働]懲戒免職を諭旨免職にできるでしょうか

[労働]懲戒免職を諭旨免職にできるでしょうか

諭旨免職

依願退職と諭旨退職の違いについて 【筆者】 佐々木 亮弁護士 退職いろいろ 退職と一口に言ってもいろいろありますが、大雑把に言えば、退職とは労働者と使用者との間で締結されている労働契約を終わりにすることです。 この場合、当事者の意思によって終わるものもあれば、意思によらずに終わるものもあります。 たとえば、解雇は使用者の一方的な意思表示で労働契約を終わらせることです。 逆に、労働者が一方的に意思表示をして労働契約を終わらせることを辞職といいます。 さらに、両者が合意して労働契約を終わらせることを合意退職ということもあります。 意思によらずに終わるものとしては、契約期間の満了や、会社の破産・清算による消滅、労働者の死亡などがあります。 依願退職とは 依願退職とは、労働者が退職をしたいと会社に申し込み、会社がこれを承諾したという形態の退職の呼称です。 上記でいう合意退職の一つです。 労働者には退職の自由がありますので、一方的に辞めることもできます。 ただ、円満に辞める場合に労働契約の一方当事者である会社に対して、辞めたいと申し込み、承諾を得る過程を経ることがあります。 あくまでも労働者の申し込みですので、会社が承諾する義務はなく断ることもできます。 しかし、労働者は断られても一方的に辞職することもできますので、退職について依願があった場合の多くは、合意退職が成立することになります。 諭旨退職とは 一方、諭旨退職は懲戒処分の一つです。 懲戒処分で最も重い処分である懲戒解雇ができる状況において、労働者に一定期間、自己の意思による退職を認めるという処分が諭旨退職です。 たとえば、経費を水増し請求して多額の不当な利得を得た労働者がいた場合、本来、懲戒解雇が可能となりそうです。 ただし、その労働者が反省をし利得したお金を全額すぐに返還した場合、会社がその情状を酌んで、一等級処分の重さを落とし懲戒解雇ではなく諭旨退職を選択することもできます。 このような場合、その労働者は一定期間内に退職を申し出れば、懲戒解雇ではなく「自己都合退職」ということになります。 この諭旨退職は懲戒処分の一つですので、就業規則などにあらかじめ諭旨退職処分ができるというルールが設定されていることが大前提です。 その上で、懲戒に該当するだけの理由が必要であり、かつ手続きが正当であることも必要です。 なお、労働者が一定期間内に退職を申し出なければ、懲戒解雇ということになります。 退職勧奨と諭旨退職は全然違う なお、退職勧奨と諭旨退職は全く異なりますので、注意が必要です。 退職勧奨は、会社から労働者に対して労働契約の解消を申し入れる行為です。 労働者はこれに応じる義務はありません。 義務がないのに、会社が退職を強引に勧めると退職強要となり、場合によっては不法行為となります。 もし会社がその労働者との労働契約をどうしても解消したいと思うのであれば、解雇をする以外にありませんが、解雇には一定の制限があり客観的に合理的な理由なく解雇はできません(労働契約法16条)。 他方、諭旨退職は上記の通り懲戒処分の一つです。 労働者も断ったら懲戒解雇されることになります。 もちろん、懲戒理由を争うことは可能です。 このように、退職勧奨と諭旨退職は異なりますので違いに注意してください。 2020年3月18日時点.

次の

諭旨免職(ユシメンショク)の意味と支払われる退職金支給の注意点

諭旨免職

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 がまったく示されていないか不十分です。 内容に関するが必要です。 ( 2018年5月)• が含まれているおそれがあります。 ( 2016年4月) 諭旨解雇(ゆしかいこ)は、において行われるの()の一類型として行われる慣習である。 また、諭旨免職(の場合)、諭旨退職などとも称する。 概要 [ ] 諭旨解雇は、がに相当する重大な規則違反を犯した場合、よりも温情的な措置として行われる退職手続きであるが、適用される要件、手続き内容などは企業において全く異なる。 日本においては、労働関係においても賞罰歴に残るよりも恥の意識が重んじられたため、企業が規則違反を行った労働者を一方的に罰するのではなくまず説諭し、説諭を受けて恥じ入った労働者が自らの意思で自裁するという流れを疑似的に制度化したものである。 上の制裁規定に明記されている場合も多いが、もともと慣習としての用語であるため、就業規則に記載がなくても使用されることもある。 適用される要件としては、「労働者が規則違反について反省の意を示し、退職を甘受する意向を示している。 」「規則違反の内容が、解雇相当となる事由の中では軽微なものに属する。 」といった場合が主である。 就業規則に適用要件が定められている場合もあるが、に基づく慣習であるため、個々の事例に応じて恣意的な温情措置として決定される場合も少なくない。 たとえば、地位確認等請求事件(京都地裁平成21年 ワ 第3362号)に係る事案の経緯などは、諭旨解雇の最も典型的な適用を示している。 企業が労働者を罰する際に、まず「本来であれば懲戒解雇とするのが当然だが、今後の生活等を考慮して罪一等を減じる」などと父権的な温情であることを強調して諭旨解雇を通知し、労働者自らがを行うように促す。 労働者がこれに従わない場合に初めて懲戒解雇を行うといった流れである。 手続きは、として行われることもあるが、「反省した労働者が自ら退職を願い出た」として自己都合退職の形式を取ることも少なくない。 一般に諭旨解雇は、会社側と労働者の合意に基づきあいまいな手続きのもとに行われ、表面上は会社側が解雇処分をしたものとして内外に発表されても、被保険者離職票などには自己都合退職と記載されていることもしばしばである。 労働者の処遇としては、が支給されるなど、懲戒解雇より多少労働者に有利な条件になることがある。 また、労働者にとっては、将来の就業活動の際に賞罰欄に記載すべき事柄である懲戒解雇の措置を避けられるという利点も存在する。 関連項目 [ ]• 脚注 [ ] [].

次の

諭旨解雇とは?懲戒解雇との違い

諭旨免職

【このページのまとめ】• ・諭旨解雇とは、会社側の配慮で懲戒解雇より低い措置で処分になること ・会社側と労働者側が合意の上で決定するもので、退職金が受け取れる可能性は高い ・雇用保険上は「自己都合退職」となるので、失業給付を受給することもできる ・諭旨解雇は再就職に大きな影響がでないことがほとんど ・諭旨解雇について聞かれたら、自分の非を認め今後は真摯に業務に取り組む姿勢を示そう 社会人として働くなかで、「諭旨(ゆし)解雇」という言葉を聞くこともあるでしょう。 諭旨解雇は懲戒処分の1つですが、懲戒解雇などと異なり法律上で定義が定められていないため、会社によって扱いは異なります。 諭旨解雇になってしまった場合、どのような待遇になるのでしょうか。 再就職の影響など気になるポイントを整理してみましょう。 コンテンツ目次• 懲戒処分のひとつですが、普通解雇のように解雇の予告または解雇予告手当の支払いをしたうえで解雇にするのが一般的な流れです。 【「諭旨」の意味】 そもそも「諭旨」とは、趣旨や理由などをよく話して言い聞かせること。 つまり、諭旨解雇の場合、会社側が従業員にさとし、言い聞かす意味合いがあるでしょう。 【論旨解雇と他の言葉の違い】 ・懲戒解雇との違い 懲戒解雇との大きな違いは、会社側と当事者が話し合いをしているかどうか。 懲戒解雇の場合は当事者との話し合いはなく、企業側が一方的に通達するのが一般的で、解雇予告もありません。 一方、諭旨解雇の場合は「諭旨」の意味とおり企業側と当事者である労働者が話し合いを行い、双方が納得したうえで解雇を通達。 本来であれば懲戒解雇を言い渡されてもおかしくないところを、当事者のそれまでの功績や実績、反省の度合いなどを汲み取って「温情措置」とする解雇処分を表しています。 ・諭旨退職との違い まず確認しておきたいのが、「退職」とは自らの意思で会社を辞めること。 「解雇」は会社側が決めることで、本人の意思に関係なく行われます。 以上をふまえると、「諭旨退職」とは、会社と話し合いを行ったうえで自ら退職を決定することといえるでしょう。 諭旨解雇よりも強制力が低い点や退職願の提出が必要な点が、諭旨解雇との違いです。 ・奨励退職や依頼退職との違い 奨励退職とは、「会社として主導はしないものの、日常的な会話やコミュニケーションのなかで退職を促す」こと。 あくまでも意思決定は本人に一存しており、会社として強く退職を求める措置ではありません。 また、依頼退職は「労働者側から会社側に、退職を願い出る」こと。 会社が雇用を決定しておらず、「自己都合退職」と同義で使用されています。 【会社によって対応は異なる】 労働基準法では、諭旨解雇に関する明確な定義はありません。 さらに、諭旨解雇の基準や、諭旨解雇と諭旨退職どちらを使用するかなどは企業によって異なるのが一般的。 なかには諭旨解雇と諭旨退職を同義で使用する企業もあるようです。 諭旨処分や懲戒解雇がどの程度の処分なのか、改めて確認しておきましょう。 戒告】 「戒告(かいこく)」は懲戒処分のなかでもっとも軽い処分。 文書や口頭で該当社員に注意を与えます。 注意に対する反省は口頭で伝えれば問題ありません。 譴責】 「譴責(けんせき)」は、戒告と同様に文書や口頭で注意を受けるもの。 ただし、回答は口頭ではなく文書に残す必要がある、いわゆる「始末書」処分です。 減給】 減給は、支払う予定の給与を一定額差し引く罰。 減給できる額は労働基準法によって「1日分の平均賃金の半額まで」と定められています。 出勤停止】 出勤停止は、一定期間の就労を禁止する処分です。 出勤停止中は賃金は発生しませんし、勤続年数にもカウントされないので、給与だけでなくボーナスや退職金にも影響が出るでしょう。 期間について法的な定めはありませんが、1週間~1ヶ月が一般的です。 降格】 降格は、該当社員の役職や等級を下げる処分。 役職が下がれば給与も下がることが多く、金銭的ダメージも考えられます。 諭旨解雇】 諭旨解雇の詳細は、先述のとおりです。 諭旨解雇を想定した話し合いを行い、合意に至らなかったり定めた期日までに結論が出なかったりすると、懲戒解雇となることがあります。 懲戒解雇】 懲戒解雇は、懲戒処分のなかでもっとも重い処分で、企業が懲戒解雇と決定すれば、労働者の意思に関係なく即時解雇されるのが一般的。 また、就業規則に記載があれば、退職金の一部または全額が不支給になることもあります。 それぞれの概要や該当例などを以下にまとめたので、ご参考にしてください。 普通解雇】 普通解雇は、解雇の中でも懲戒解雇や整理解雇にあてはまらないものを意味し、就業規則にある普通解雇事由に相当する事柄がある場合に行われます。 懲戒解雇のように、ある行為に対して制裁として行われるものではなく、適性の欠如や成績不振など、会社が指導を行っても改善されることがない場合に行われることが大半。 最近では、健康上の理由で長期間職場復帰できない場合に、普通解雇という形を取る会社もあります。 整理解雇】 整理解雇は、会社の経営状態が不振になった場合など、人員削減が必要な際に行われる解雇。 俗に言うところの「リストラ」です。 整理解雇の場合は、本人に非がない解雇と見なされるため「会社都合退職」となり、失業給付金にも給付制限がなく、比較的早期に失業給付金受け取ることができます。 諭旨解雇】 諭旨解雇の解雇理由は当該社員にあるものの、会社側の配慮によって懲戒解雇を免れる解雇です。 懲戒解雇】 懲戒解雇は、当該社員が会社の不利益になるような特定の行為を行ったことに対して、制裁処置という形で行われる解雇です。 業務が妨害されるような悪質な規則違反や、刑事犯罪を起こした場合などがこれに当たります。 【懲戒解雇より退職待遇が良いことがほとんど】 懲戒解雇の場合、本人に重大な過失があることによって解雇されるため、退職金は支払われないのが一般的。 しかし、諭旨解雇は会社に情状酌量してもらった結果の解雇です。 そのため基本的には懲戒解雇よりも退職の際の条件は良く、退職金は全額または一部支払いの企業が多数。 さらに、懲戒解雇の場合は解雇予告手当とも無縁ですが、諭旨解雇は場合によっては受け取れることもあるようです。 【「自己都合退職」として失業保険も受給可能】 諭旨解雇は、失業給付金を受け取ることもできます。 ただし、自己都合退職者や懲戒解雇を受けた人と同じ扱いになり、ハローワークに届け出を出してから7日間の待期期間と3か月の給付制限があるため、受給を検討している場合はまずハローワークの窓口に確認しましょう。 結論から述べると、諭旨解雇の事実は再就職にほぼ影響しません。 詳細は以下をご覧ください。 【書類に記載する必要がない】 履歴書に記載するときは、単に「退職」と記せばよく、わざわざ内容を書く必要はありません。 履歴書に「賞罰」という欄があっても、この欄に記載するのは「確定している有罪判決」や「刑事罰」。 懲戒解雇や諭旨解雇はこれらに当てはまらないので、基本的には記載しなくていいでしょう。 【面接での申告義務もない】 面接でも、申告したくなければ伝えなくてOKです。 ただし、諭旨解雇の事実が発覚することを恐れ、該当企業で働いていたこと自体を隠蔽するのは経歴詐称となるため、避けてください。 ・離職票や退職証明に諭旨解雇が記載されていることもある 口頭で退職理由を聞かれなくても、提出書類の中に離職票や退職証明書がある場合には要注意。 諭旨解雇の旨が記されているため、相手企業に知られてしまいます。 ・ニュースや新聞で世間に広がる可能性も 起こした事柄の内容によっては、ニュースや新聞で報道され世間に詳細が広がることもあります。 また、企業間や業界内の噂として知られていることも。 自分から発信しなくとも、外部情報から諭旨解雇であることが明らかになる可能性はゼロではありません。 解雇や退職に関して説明や詳細を求められたら、言い訳をせず自分の非をきちんと認めることが大切です。 自分が行ってしまったことへの反省と、これからの前向きな気持ちをきちんと伝え、仕事に対して真摯に取り組む姿勢を示しましょう。 【再就職で悩んだらプロに相談しよう】 再就職先がなかなか見つからない、諭旨解雇について聞かれたら不安など、再就職に関して悩んでいるならハタラクティブをご利用ください。 ハタラクティブでは、多くの就職希望者をサポートしてきた実績を持つ「就職のプロ」が、専任担当者となって再就職支援を行っています。 ご希望や適性に合う就職先のご紹介だけでなく、退職理由や自分の強みの伝え方、企業に響くアピールのコツなどをマンツーマンで指導。 未経験者歓迎の求人も多く扱っているので、心機一転スタートを考えているなら、ぜひお問い合わせください。

次の