紅 蓮華 歌詞。 紅蓮華 歌詞『LiSA』 鬼滅の刃 OP【歌詞リリ】

アニメ『鬼滅の刃』主題歌『紅蓮華』/LiSAの読み方と歌詞について解説|イツキのアンテナ

紅 蓮華 歌詞

昨日の24時、鬼滅の刃OPの紅蓮華のフル配信が始まった。 当然ながら、僕は速攻で購入した。 LiSAはブログで紅蓮華について、こう記していた。 紅蓮華。 とは水面から咲く赤いハスの華。 そして寒さでめくれた皮膚で咲く、紅蓮地獄という意味です。 傷だらけになっても守りたい場所が、叶えたい夢が出来てしまった、私のうた。 傷だらけになっても守りたい。 叶えたい何かを持ったキミのうた。 傷だらけになっても咲き誇れ。 鬼滅の刃の物語と照らし合わせると、鬼舞辻無惨?によって家族が殺され、残された妹が鬼化してしまう惨事に見舞われた炭次郎。 それでも人生に絶望せず、妹をもとの人間に戻すために、修行して鬼殺隊を目指す。 といった覚悟の意志が歌に込められている。 といったメッセージを発信し続けていた。 だから、紅蓮華のサビの歌詞で出てくる 「どうしたって消せない夢も 止まれない今も 誰かのために強くなれるなら 何度でも立ち上がれ 世界に打ちのめされて 守る意味を知った 紅蓮の華よ 咲き誇れ 運命を照らして」 という部分は、とてもLiSAらしい。 そして、鬼滅の刃を最新刊の15巻まで読んでいる僕からすると、炭次郎の本質をついている。 紅蓮の華よりも鱗滝左近次から教わった水の呼吸、そして親父の舞から学んだヒノカミ神楽、あたりの比喩として成立している。 そしてもちろん、曲はカッコいい。 すごくカッコいい。 LiSAの特徴である、テンポが速く、言葉数が多く、力強い歌声で高音をバキバキ歌っていく曲となっている。 直近だとADAMASやThrill, Risk, Heartless, 少し前だとRising Hopeあたりの特徴が色濃く残っている。 というか、このテイストがLiSAの一番の武器なのだと思う。 鬼滅の刃のアニメではおそらくフルで流れないと思うが、僕が紅蓮華の歌詞で一番好きな部分は、2番のサビ前のこのフレーズ。 「逸材の華より 挑み続け咲いた一輪が美しい」 この詩は、とくにLiSAっぽい。 そしてなにより、この曲の歌詞を書いているのはLiSAである。 そのため、LiSA自身がこの詩を自分の言葉で届けたいと思って書いたことが、とっても僕は嬉しい。 LiSAっ子の視点から見れば、LiSAがロックの世界で逸材になれず挫折してアニメの世界にやってきたことは知ってるし、LiSAがアニメの世界で挑み続けてることも知っている。 そして、挑み続けたうえで、ちゃんと開花したことも知っている。 だからこそ、LiSAはホント凄いと思うし、LiSAの言葉は染み込んでくる。 ファンの目線からしたら当然のことであるが、それを本人が歌として届けようとしていることは、意味が違ってくる。 なぜなら、これは本人が自分のキャリアを自覚し、次のステージに進む覚悟を示しているからだ。 つまり、LiSAは自分で自分自身のハードルを勝手に上げてしまった。 これはLiSAがよくTwitterやインスタ等で発信する「変わり続けることをやめず、挑み続けていく。 」ことに対する、信念の裏打ちである。 最近のLiSAのアニメソングは、作品の主人公の感情を抽象化して落とし込むことに長けている。 ここまでは多くのアーティストができることだが、LiSAはそれを自分の物語の中でも、その曲を生み出すことが必然となる、ピースにすることができる。 だからこそ、LiSAのライブの鍵となるところでは、よくアニメソングが歌われる。 だからこそ、29日にある横浜アリーナのライブ「LiVE is Smile Always~364+JOKER~」では、この紅蓮華は重要な曲になっているセットリストだと予想する。 どういう演出を加えてくるか、とても楽しみである。 いつの間にか、あと1週間切った。

次の

LiSA紅蓮華の読み方や意味とは?歌手やかっこいい歌詞・ツイッターで口コミも紹介

紅 蓮華 歌詞

昨日の24時、鬼滅の刃OPの紅蓮華のフル配信が始まった。 当然ながら、僕は速攻で購入した。 LiSAはブログで紅蓮華について、こう記していた。 紅蓮華。 とは水面から咲く赤いハスの華。 そして寒さでめくれた皮膚で咲く、紅蓮地獄という意味です。 傷だらけになっても守りたい場所が、叶えたい夢が出来てしまった、私のうた。 傷だらけになっても守りたい。 叶えたい何かを持ったキミのうた。 傷だらけになっても咲き誇れ。 鬼滅の刃の物語と照らし合わせると、鬼舞辻無惨?によって家族が殺され、残された妹が鬼化してしまう惨事に見舞われた炭次郎。 それでも人生に絶望せず、妹をもとの人間に戻すために、修行して鬼殺隊を目指す。 といった覚悟の意志が歌に込められている。 といったメッセージを発信し続けていた。 だから、紅蓮華のサビの歌詞で出てくる 「どうしたって消せない夢も 止まれない今も 誰かのために強くなれるなら 何度でも立ち上がれ 世界に打ちのめされて 守る意味を知った 紅蓮の華よ 咲き誇れ 運命を照らして」 という部分は、とてもLiSAらしい。 そして、鬼滅の刃を最新刊の15巻まで読んでいる僕からすると、炭次郎の本質をついている。 紅蓮の華よりも鱗滝左近次から教わった水の呼吸、そして親父の舞から学んだヒノカミ神楽、あたりの比喩として成立している。 そしてもちろん、曲はカッコいい。 すごくカッコいい。 LiSAの特徴である、テンポが速く、言葉数が多く、力強い歌声で高音をバキバキ歌っていく曲となっている。 直近だとADAMASやThrill, Risk, Heartless, 少し前だとRising Hopeあたりの特徴が色濃く残っている。 というか、このテイストがLiSAの一番の武器なのだと思う。 鬼滅の刃のアニメではおそらくフルで流れないと思うが、僕が紅蓮華の歌詞で一番好きな部分は、2番のサビ前のこのフレーズ。 「逸材の華より 挑み続け咲いた一輪が美しい」 この詩は、とくにLiSAっぽい。 そしてなにより、この曲の歌詞を書いているのはLiSAである。 そのため、LiSA自身がこの詩を自分の言葉で届けたいと思って書いたことが、とっても僕は嬉しい。 LiSAっ子の視点から見れば、LiSAがロックの世界で逸材になれず挫折してアニメの世界にやってきたことは知ってるし、LiSAがアニメの世界で挑み続けてることも知っている。 そして、挑み続けたうえで、ちゃんと開花したことも知っている。 だからこそ、LiSAはホント凄いと思うし、LiSAの言葉は染み込んでくる。 ファンの目線からしたら当然のことであるが、それを本人が歌として届けようとしていることは、意味が違ってくる。 なぜなら、これは本人が自分のキャリアを自覚し、次のステージに進む覚悟を示しているからだ。 つまり、LiSAは自分で自分自身のハードルを勝手に上げてしまった。 これはLiSAがよくTwitterやインスタ等で発信する「変わり続けることをやめず、挑み続けていく。 」ことに対する、信念の裏打ちである。 最近のLiSAのアニメソングは、作品の主人公の感情を抽象化して落とし込むことに長けている。 ここまでは多くのアーティストができることだが、LiSAはそれを自分の物語の中でも、その曲を生み出すことが必然となる、ピースにすることができる。 だからこそ、LiSAのライブの鍵となるところでは、よくアニメソングが歌われる。 だからこそ、29日にある横浜アリーナのライブ「LiVE is Smile Always~364+JOKER~」では、この紅蓮華は重要な曲になっているセットリストだと予想する。 どういう演出を加えてくるか、とても楽しみである。 いつの間にか、あと1週間切った。

次の

アニメ『鬼滅の刃』主題歌『紅蓮華』/LiSAの読み方と歌詞について解説|イツキのアンテナ

紅 蓮華 歌詞

今回は、LiSA紅蓮華の読み方や意味とは?歌手やかっこいい歌詞・ツイッターでの口コミも紹介についてご説明します。 鬼滅の刃の主題歌が読めないという方が結構いるそうなんです。 鬼滅の刃のオープニングはなんと意外なことに優しい感じから始まるBメロスタートなんです。 サビから始まるオープニングが結構多いのですが意外でした。 このような紅蓮華、なんとも言えないかっこ良さが秘められています。 また、LiSAさんの2019年の紅白歌合戦での歌声すごかったのと衣装もとても素敵でした。 歌ってるときのLiSAさんのバックスクリーンの鬼滅の刃のアニメ映像もとっても格好良くて見惚れてしまいました。 そんな紅蓮華の魅力について少しでも伝えられればと思います。 それでは、LiSA紅蓮華の読み方や意味とは?歌手やかっこいい歌詞・ツイッターでの口コミも紹介についてご説明していきますね。 \ 登録たったの3分で完了 / 実は最初、紅蓮華の読み方を「ぐれんか」と読んでしまいました 笑 でも、実際は紅蓮華のキチンとした読み方は 「ぐれんげ」と読むそうなんです。 気になる紅蓮華の意味とは? 紅蓮華の意味とは 「蓮の花」のことを指しているそうです。 ちなみに鬼滅の刃のCDジャケットの表の面は真っ赤な花が印象的になっています。 この真っ赤にもきちんとした意味があるそうです。 蓮の花には、真紅のハスの花があり今回の鬼滅の刃の主題歌もこの真紅のハスの花を挿しているようなんです。 また、紅蓮地獄の花という意味もあります。 因みに、紅蓮地獄の意味とは? 仏教用語で八寒地獄の第七地獄の鉢特摩 はどま のことです。 鉢特摩(はどま)とは、蓮華を意味するサンスクリット語の音写です。 第七地獄の鉢特摩(はどま)に落ちた者は酷い寒さにより皮膚が裂けて流血してしまい、紅色の蓮の花のようになるという意味です。 張り裂けた皮膚が真っ赤に染まった様子を表した地獄なので紅蓮地獄と言うそうです。 紅蓮華というタイトルに込められた思いを考察 LiSAさんの鬼滅の刃のOPテーマ曲のこのタイトル「紅蓮華」は第七地獄の鬼のいる鉢特摩(はどま)に落ちてしまい、過酷な寒さで張り裂けた皮膚から流血してしまう。 血で染まった色に似ている蓮の花を意味していると考えます。 言い換えれば、鬼滅の刃では鬼との戦いで傷ついてたとえ血だらけになって挫けそうになっても、鬼に負けない様に自分の刃を信じて戦い抜け! そして、自分の過酷な運命に立ち向かえ! 紅蓮華にはこんな意味が込められていると考えます。 赤いハスの真紅の花を地獄のような世界でも、常に前向きに戦い続ける戦士のように例えたのではないでしょうか。 真っ赤な真紅な綺麗なハスの花と紅蓮地獄の両方を掛け合わせて紅蓮華と名付けたのではないでしょうか?! 「紅蓮華」 作詞:LiSA 作曲:草野華余子 編曲:江口 亮 紅蓮華とは、人気テレビアニメの鬼滅の刃の1期の主題歌として作られた曲になります。 辛く悲しい過去の出来事があっても自分を支えてくれる仲間の存在があれば、 「人は誰かのためにも強くなれるし前に進んでいくこともできる。 」 LiSAさんのこれまでの経験や人生、主人公の炭治郎の生き方が重なり合うように感じられる曲に仕上がっています。 鬼に勝つことだけでなく負けてしまうこともある。 でも、決して諦めずに何度も立ち上がれと歌詞の中では訴えているのが特徴的なんです。 紅蓮華が魅力的なのは、聴いているだけで何にでも挑戦して立ち向かって行こうと前向きな気持ちなれる曲だからなんです。 強くなれる理由を知った 僕を連れて進め この歌詞に込められている思いは、強くなれる理由を知ったというのは唯一の肉親の妹を守るために強くなって鬼を倒し鬼を人間に直す方法を見つけるという目的のために強くならなければいけないという思いがこもっているのを感じました。 そして僕を連れて進めについては、同じ鬼殺隊の仲間たちと一緒に鬼を倒していこうという思いが詰まっているのではないかと感じました。 泥だらけの走馬灯に酔う こわばる心 鬼との戦いの恐怖の中で負けそうになり倒れて土がついても何度も這い上がりその恐怖に打ち勝ってきたと言う負けない心を常に持つという思いが込められているのではないかと感じました。 震える手は掴みたいものがある それだけさ 鬼になってしまった妹を人間に戻すという唯一の願いを勝ち取りたいと言う想いがこの歌詞には込められていると考えます。 変わっていけるのは自分自身だけ それだけさ 妹を守るために強くなりたいという思いは他の人から言われて変わるのではなく 自分自身が強く心の中に決意した時に本当に変われるという思いがこの歌詞には込められているのではないかと感じました。 何度でも 立ち上がれ アニメのテレビバージョンではこの歌詞が何度でも立ち上がれに変更されています。 紅蓮華のフルバージョンではありがとう悲しみよとなっています。 これは鬼滅の刃が始まった頃は、何か違和感があるような感じがしますし何度でも立ち上がれの方が物語が進むにつれて何度もくじけそうになるけどもそれでも負けずに立ち上がっていくと言う感情移入ができるためこちらの方が良いなと感じました。 世界に打ちのめされて負ける意味を知った 世の中には広く見渡してみると、自分より優れていて強い人はいくらでもいる。 そういう意味で自分自身の弱さを知り、その中から這い上がって自分ももっともっと強くならなければいけないという思いを持たなければいけないという意味をこの歌詞から感じ取りました。 紅蓮の華よ咲き誇れ!運命を照らして 血の色の真っ赤に染まった綺麗な蓮の花のように自分の運命に立ち向かっていけという思いがこの歌詞には込められてるのではないかと感じました。 出身地は岐阜県関市出身です。 現在所属しているレーベルはどこかというとSACRA MUSICに所属しています。 所属事務所はどこかというと、ソニー・ミュージックアーティスツに所属しています。 LiSAさんの血液型はなにかというB型です。 LiSAさんの気になる本名はというと、織部 里沙(おりべ りさ)というそうなんですよ! LiSAさんのファッションセンスは独自のセンスを持っていることで有名です。 LiSAさんの性格はとても親しみやすいため同性からの支持や人気もあります。 LiSAさんはいつソロデビューしたの? LiSAさんは2010年春アニメのガルデモで注目を集めます。 そのTVアニメは『Angel Beats! 』といいました。 アニメの劇中バンド「Girls Dead Monster」の2代目ボーカル・ユイの歌パート役として注目されました。 そして翌年の2011年には、現在の名前の「LiSA」としてソロデビューを果たすんです。 LiSAとしてソロデビュー後には、アニメのタイアップ曲を中心に人気を集めてきました。 また、LiSAといえばライブパフォーマンスで有名なんです。 アニソン・ロック系のフェスティバルやライブ中のパワフルなパフォーマンスが凄くて見応えが抜群なことで有名なんです。 ディズニーメドレーは問題ないのに、これで日本のコンテンツを世界に、とか片腹痛い。 母「【ぐれんばな】 でしょ?」 旦那「【ぐれんか】 じゃないの?!」 坊『【ぐれんげ】 です。 音の幅が自分に低すぎず高すぎず口ずさみやすい。 全曲制覇したくなってきたー。 Angel Beats! で知ってから、ずっと惹きつけられてる歌手さん。 紅白も楽しみ。 紅蓮華の曲は今生きている自分に対してもたとえ何度でも負けたとしても傷ついたとしてもそこで諦めずに這い上がってこいよというメッセージを投げかけてくれてるのではないかと感じました。 そして今のこの時代を自分の強い信念を持って生き抜いて行けよと言う熱いメッセージも込められていると感じました。 そういう意味で紅蓮華は魅力的でかっこいい曲だなと感じました。 2019年の紅白歌合戦での歌声を聴いて更に自分自身にまた、頑張らなければという熱い感情が湧き上がってきました。 今回の、LiSA紅蓮華の読み方や意味とは?歌手やかっこいい歌詞・ツイッターでの口コミも紹介についての情報があなたの役に立てば幸いです。 公式サイト︰ 鬼滅の刃たまごっちが間もなく販売!.

次の