洗車 マイクロ ファイバー。 マイクロファイバークロスのおすすめ10選!拭き掃除・洗車に

道具よりも使い方が大事!スポンジ・マイクロファイバークロス・ムートンの洗車傷比較実験

洗車 マイクロ ファイバー

adobe. com 洗車タオルは車を洗う際に最適な、吸水性の高いタオルのことです。 一般的なタオルで車体を拭き上げても、繊維が残ってしまったり水分が拭き切れなかったたり、と必ずしも効率がよくありません。 また一般的なタオルと比べると洗車タオルは柔らかく作られているため、洗車時に車に傷がついてしまうことも防げます。 ホイール用とボディ用で2枚用意しよう 洗車タオルは、ホイール用とボディ用の2枚を用意することがおすすめです。 ホイールとボディでは汚れの原因が異なります。 そのため、同じ洗車タオルを使用すると、ホイールについた鉄粉がボディを傷つけてしまうといったトラブルも起こりえます。 洗車タオルによっては2枚セットになっていますので、まとめ買いしておくこともおすすめです。 洗車タオルの種類と選び方 洗車タオルの種類 マイクロファイバー マイクロファイバーとは、ナイロンとポリエステルで作られた合成繊維のことです。 8マイクロメートル以下の極細繊維のため、吸水性と速乾性に優れています。 性能の高いマイクロファイバーは洗車タオルの素材に使われることも多く、表面を傷つけることなく車についたホコリも簡単にふき取れます。 タオル用途以外にも、衣類や掃除用具など幅広い用途で使われています。 PVA(ポリビニルアルコール) PVA(ポリビニルアルコール)は、親水性に優れた素材です。 高い吸水性が期待できますので、洗車タオルや家の掃除用具の素材に採用されています。 PVAの洗車タオルは他のタオルと比較して繊維が残りにくいという特徴があり、磨きキズの発生も少ないというメリットがあります。 セーム革 セーム革は、カモシカの毛皮を油でなめした素材です。 天然と人工のセーム革がありますが、洗車タオルには主に吸水性の高く水に触れてもぬめりにくい人工タイプが使われています。 セーム革の使い方は、少し水で濡らしてから軽く絞るだけです。 その後セーム革を一方向に向けて拭けば、綺麗に洗車できます。 洗車タオルの選び方 車のボディを傷つけない「マイクロファイバー」がおすすめ 洗車に不慣れな場合は、車のボディを傷つけないマイクロファイバータイプの利用がおすすめです。 さらに吸水性の高いマイクロファイバーを使えば、洗車に掛かる時間を大幅に短縮できます。 「車体をキズつけたくない」という方や「洗車にあまり時間が取れない」という方にも、多くの方におすすめできる洗車タオルです。 水染みを残したくないなら吸水性が高いタオルを 車に水染みを残したくない人は、セーム革など吸水性の高い素材を使ったタオルを利用するといいでしょう。 特に黒や色の濃い車に乗っている場合は、水染みが目立つことも少なくありません。 車に水染みができる原因は、コーティングの上にシャンプーが残っていたり、洗車に使う水の質に問題があることが多いです。 吸水性の高いタオルを利用すれば、細かい水滴まで綺麗に素早く拭きとれます。

次の

洗車クロスのおすすめ人気ランキング9選【マイクロファイバーで傷つけずソフトに拭き取り】

洗車 マイクロ ファイバー

6cm 4つ折りでも結構大きいです。 マイクロファイバータオル毛足の比較 クロスは表裏で毛足の長さが違います。 タグが付いている方がロングで付いていない方がショートになります。 毛足の長い方はフワフワでキズの軽減にもつながりそう 本当に申し分ないレベルだと思います。 その辺に売っている同価格のクロスとは雲底の差。 本来毛足が短い方がコーティング剤とかは拭き取りやすかったりするのですが、最近の塗装の質を考えるとあくまでボディに対してクッション性があり毛足が長い方で拭いている方が良い結果な気がします。 最近の塗装はデリケートすぎてマニュアル通り作業していると仕上がらない時もあります。 なので自分の感性を信じることも大事! マイクロファイバータオルの毛足比較画像です。 右がロングで左がショートの毛足です。 基本的にこのクロスは吸水クロスとして使用しています。 コストの安さを生かして、汚れが大量に付着する所で使用したりします。 コーティングの拭き取りにはクロスが大きすぎて使いにくい(あくまで主観です)このサイズが使いやすい人もいるので好みで使い分けですね 笑 撥水している軽自動車のボディであれば、側面を拭き取りの時に1回も絞ってないです。 最近コストコのクロスばっかり使っています 笑 最高のコストパフォーマンス コストパフォーマンスが物凄い良い!コストコで買うと36枚入りで2000円程。 コストコの使用する機会がない人はAmazonや楽天で3000円弱ぐらいで帰るのでそっちでもありですね。 3000円で買ったとして1枚あたり『 83円』 クロスとしての耐久性も悪くないので何回か使用していても申し分ない性能。 私はコストコを使わない、クレジットカードもJCBの為、店舗では使用出来ないのでAmazonを利用してます。 ウエット状態で引っ張るとクロスごと千切れます 笑 もしくは縫い目を全部切ってしまうとキズを入れるリスクも更に減ります。 4つ折りにした状態でカットすると、早くカット出来ます。 コストコのカークランドクロスは洗車にもハウスクリーニングにも最高におすすめ出来る商品です。 クロスが固くなってきたら車好きの皆さんは整備用のウエスにしましょう 笑 奥さんからの決済がおりない場合は、家での掃除にも大活躍するし、タオルをコレに変更する事で安く済むよ〜などと私は言っています 笑 奥さんにとってもメリットを感じさせる事が必要ですね。 実際使い回した雑巾で掃除するよりも、キレイになるし、キズも入らないんです。 雑巾買うよりも色々と使える幅がある(洗車〜大掃除)で高い効果、雑巾とほぼ変わらないコストで購入できる。 吸水性が高いクロス• フワフワで安いクロスの中ではかなり高性能!• ドライでもウエットでも申し分なし• 毛足が長い方で細かい所でも、拭き取れる• 1枚あたり『83円』で耐久性が良くコストパフォーマンスが高い(3000円で買った時の値段)• クルマだけではなく、家の掃除にも優秀 車好きの人にとっては最後まで使いきれる商品です。 どのクロスを買うか迷っている人はこの商品をオススメします。 どこかは忘れましたけど、 どっかのコーティングメーカーが同じクロスを拭き取り用に入れてますしね。 クロスの選択肢のひとつとしてはかなり良いと思います。 コレを基準に色々なクロスを触ってみると、自分の中で知識が増え使い分けするようになってくるかもしれません。

次の

道具よりも使い方が大事!スポンジ・マイクロファイバークロス・ムートンの洗車傷比較実験

洗車 マイクロ ファイバー

以前よりも価格が下がった為、購入のハードルが下がった• 毛の部分に大量に水分を吸ってくれることで水のクッションを作りキズを軽減• 汚れの掻き取り能力は1番高い• 水分量が少ない状態だと1番キズは入りやすい• 単純にドライ状態で触ると1番ゴワゴワしている ムートンが敬遠される理由として、研磨に例えられる時があります。 ウールバフ(羊毛)は初期研磨用だからキズが入りやすい• ウレタンバフは仕上げ用 だからキズが入りにくい なのでムートンもウールバフと同じ羊毛で攻撃性があるからダメだ!みたいな感じですね。 いかに各メーカーが自分の商品を売るために、あの手この手を使っているかがよく分かります 笑 洗車傷比較による考察 今回の実験で分かったこと• まず冒頭でも触れたように洗車傷の 1番の大きな要因は、砂などの汚れによる引きずり• 汚れていないクルマを洗車してもたいしてキズは入らない。 汚れているクルマこそ 洗車方法に気をつけないといけない( 洗車道具ではなく方法が大事)• 洗車ツールは大きな劣化がしていないことが大事• 各々のツールに合わせた最良の使い方をすることが大事(物が違う以上、洗車ポイントは一緒でも同じ使い方はありえない) さらに言えば、汚れが固着している場合はシャンプー洗車で取れない場合はケミカルにて除去します。 その時とかにキズが入るリスクもありますので基本的には最初の洗車をいかに完璧にやったとしてもキズは絶対に入ります。 最初の洗車を正しく施工できれば、大幅にキズの軽減につながりますし大事な工程になりますが、ここでいかに完璧に洗車しても洗車傷を無くせる訳ではありません。 今回の実験の結果から 洗車時はどんなツールを使うかではなく、 いかにキズを入れない洗車方法を取れるかが大事になってくるのがわかると思います。 パネル1枚ごとに濯ぐという事ではなく汚れているところを少しでも撫でた段階で濯ぐだけです。 パネル1枚毎だと場合によっては汚れを引きずってしまうので、汚れ方に応じて濯いだ方がいいですね。 サイドパネルで言えば下部が結構汚れていると思いますが、汚れているときは流水洗車をしながら、1ストローク撫でたら濯いであげる感じですね。 (往復は引きずってキズを入れるリスクが上がるので汚れている箇所ではおすすめしません) 常に大量の水分を含んでいる、スポンジなどの面に汚れを蓄積させないことが大事!蓄積することでスポンジ面などから汚れを除去するのも大変になるし蓄積状態で洗車すると、さっきから言っているようにキズを入れてしまいます。 常にボディに当たる面をキレイにしておくことで、洗車クオリティは大きく向上します。 しっかり最初の洗車の段階で砂汚れは落とさないと拭き取り時に引きずってキズを入れるので注意です! ちなみにTWは最近バケツはほぼ使わないですね。 常にホースと一緒に移動しながら洗車しているので、そこから水分を含ませる、濯ぎをやって常にクリーンな状態で使えるようにしています ・洗車スパンを短くすることでボディの『汚れ自体を蓄積させない』 これもいつも言っている事ではありますが、クルマが汚ければ汚いほど洗車傷を入れずに洗車するのは難易度が高いです。 よくあるのが汚い状態で洗車をして大量に砂汚れが残ってしまい、そのまま拭きとりキズを入れている人を沢山見てきました。 洗車スパンを短くするだけで、汚れの蓄積量は減るので洗車時にあまり考えなくてもキズが軽減される傾向にいきます。 マイクロファイバーも劣化する事で綿タオル並みに硬くなったり、コーティング剤の成分で繊維部分が固まってしまいキズを入れるリスクが上がるので注意が必要。 キズが入りやすい、入りにくいなんて触れば分かることだと思っています。 洗車道具で大きく洗車傷は変わらない(好みの製品を使えば良い)• 常に大量の水分とボディ面に当たる部分はクリーンな状態を保つ(ツールをしっかり濯ぐ)• 洗車のスパンを短くし、汚れを蓄積させないことで洗車傷は入りにくい状況を作れる• 劣化していない道具を使う 基本的に上記を守れば『新車』だろうが『黒のクルマ』だろうが関係なく、クオリティの高い洗車を行えると思います。 色々試していると、メーカーが言っているような通りにならないことは多々あります 笑 そこで自分がなんでそう思うか?他のは実際どうなんだろう?と思って実験した結果を重要視しています。 その中でも自分が納得いく結果にならないなら、自分なりに突き詰めるしかないので試してみるのが大事ですね。

次の