日本 ホスト国 海外の反応。 【世界よこれが日本だ】ホストクラブが実は海外に進出していた!?海外の反応や海外には無い理由などご紹介!【Japanese Host Club】

【海外の反応】ラグビーワールドカップ日本大会を「最高」に仕上げた日本のおもてなし/選手と観戦客の日本満喫の様子まとめ

日本 ホスト国 海外の反応

負傷離脱のワトソンがSNSで胸中吐露「素晴らしいホスト国であることに感謝」 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で日本と同じA組のライバル、スコットランドは次戦の30日サモア戦を前に2選手が故障により、離脱が決まった。 そのうちの1人、主戦FLのハミッシュ・ワトソンは25日にツイッターを更新。 無念の胸中をつづっているが、その中で滞在した日本に対する感謝を「素晴らしい国での2週間が大好きだった」と記している。 4年に一度の大舞台を志半ばで去ることになった。 22日のアイルランド戦に37分出場したワトソンは故障により、大会途中で離脱が決定。 自身のツイッターでは初戦の試合中に撮られた1枚の写真とともに「私のW杯がこんなに短くなるとは、酷く落ち込んでいる」と落胆した胸中を包み隠さずつづった。 それでも「私はチームメートを信じているし、彼らは立ち直るだろう」と仲間に対する信頼を明かした上で記したのは、2週間過ごした日本に対する思いだった。 「日本が本当に素晴らしいホスト国であることに感謝します。 私はあなた方の素晴らしい国での2週間が大好きでした」とつづった。 事前キャンプ地の長崎から2週間過ごした日本。 失意で去ることになったが、充実したひと時となったのだろう。 日本はスコットランドと決勝トーナメント進出を争うライバルとなるが、それでも感謝の気持ちを隠すことはなかった。 投稿には「早く回復することを祈っています」「あなたがまたスコットランドのジャージを着ることを楽しみにしています」「あなたは本当に偉大な選手、とても寂しい」とエールが相次いでいた。 SHのアリ・プライスとともに大会期間中の2人の離脱は痛手に間違いないが、スコットランドは無念の盟友の思いも背負って戦い抜く。 (THE ANSWER編集部) 外部サイト.

次の

【海外の反応】ランキングで日本に抜かれ、ざわつく仏ラグビーファン

日本 ホスト国 海外の反応

ラグビーワールドカップ妨害説をイギリス人記者が否定&日本を賞賛 ラグビーワールドカップ日本対スコットランド戦の記事をThe Guardianのイギリスの記者が書き、内容が素晴らしいと話題になっています。 また、その記事を翻訳をしてくださった「Taiga」さんのTwitterも話題になっています。 原文はこちらになります。 出典: その翻訳してくださったTwitterはこちらになります。 元記事こちらです。 翻訳家ではないので誤訳あると思いますがそれはすみません。 所々意訳もあるのでよろしくお願いします。 — Taiga ynwataiga 読みやすいようにその翻訳内容をまとめてみました。 黙祷は、1分にも満たない、短いものだった。 しかしそこには、過去に例を見ない状況で開催される、この試合に対する、相反する感情の渦巻き、衝突が含まれていた。 台風がつい数時間前に過ぎ去り、スタジアムの周りは洪水であふれ、救出作業も終わっていなければ、修復作業など始まってすらいない。 その黙祷が、一体誰に向かって、何人の犠牲者へ捧げられたのかは、誰も知る由はなかった。 被害者の数は、未だに確定していなかったのだから。 明け方は4名とされていた死傷者数は9名へ、試合開始時には24名に、ハーフタイムに26名、試合が終わり少し経つ頃には28名へと増えていった。 そんな状況で、彼らは試合を開催するべきだったか。 あなたは疑問に思っただろう。 ラグビー協会はそのことを日曜早朝に話し合い、日本人の組織委員に判断を委ねることを決定した。 なぜこんな状況でスポーツをするのか。 なぜスポーツを見るのか。 未だに多くの人が行方不明で、堤防は壊れ、川は溢れ、会場の横浜から東へ16マイルしか離れていない川崎では100万人が避難し、30マイル北に位置する相模原では、土砂災害でなくなった人の、正確な数さえ把握できていない状況で。 災害への一種の清涼剤としてかも、もしかすると、日常を取り戻すためかも、台風に対する挑戦かもしれない。 いや、それ以上、「私たちは今生きていて、少なくとも今ここにあるものは楽しむことを決意した」と言う極めて重要な意思表示の1つとしてかもしれない。 彼らは試合の開催を決めた。 ホスト国としてのプライドもあっただろうが、会議に出席した委員会幹部は、「世界に向けて、自分たちはできると言うことを証明したい」というのが、開催を決定した最たる理由だと、繰り返し主張した。 この会場の被害が甚大でなかった理由の一つは、鶴見川から溢れ出す水を、建物の下へと流す貯水設備の上にスタジアムが建っているからだった。 スタジアム自体が街の災害対策設備の支柱なのだ。 そしてこの試合で、日産スタジアムは、街の『精神的』支柱にもなった。 組織委員たちは、台風が去ったら一刻も早く動き出せるよう、土曜の夜はスタジアムに泊まり込んだ。 明け方には整備班が現地入りし更衣室から水を吸い出し、消防隊は全ての機械設備の点検を3度行い、ピッチに流れ込んだ泥やゴミをホースで一掃した。 同時に、組織委員会は政府や地方自治体と協力し、水道局、道路局、バス会社や鉄道会社などの各種交通機関と連絡を取り、複雑な課題を解決していった。 日本では、このワールドカップにおける『おもてなし』とは何か、と言う議論が活発になされてきた。 私も正確に翻訳することはできないが、この国で4週間を過ごして、漠然とだが理解したかもしれない。 それは、客人を喜ばせるために全力を、いや、何かそれ以上を尽くすということだ。 しかし、彼らの『おもてなし』は、私たちの予想をはるかに上回っていた。 試合前、多くの人が全くの勘違いをしていたのは、そのせいかもしれない。 「日本人はみんな、この試合が中止になり、過去に勝利したことのないスコットランドとポイントを分け合うことを望んでいる」という勘違いを。 中には、「日本は故意にスコットランドの妨害をしている」と言う、壮大な陰謀論を唱える者までいた。 スコットランドラグビー協会の最高責任者、マーク・ドッドソンも、完全な勘違いをしていた。 怒りに任せて、『巻き添え被害』 ポイントを分け合うこと に合えば法的措置を検討しているなどと口を滑らせた。 これは、日本人たちがどう覚悟を決めたかのプロセスに対する、恥ずべきミスリーディングだ。 黙祷に続いて、日本の国歌、君が代が流れた。 日本人はこの国歌に複雑な思いを抱いており、歌わない人もいる。 そのため大会中、ファンたちに国歌斉唱を促すキャンペーンが開かれている。 この日、会場の多くの人が参加した国歌斉唱は、感動的で、荘厳だった。 選手を鼓舞する歌声が、大きく大きく、街中に響き渡るほど広がっていった。 あの瞬間、あなたは思い知っただろう、スコットランドが対面しているのは、ラグビー文化を持たない極東の島国ではなく、強大なサポーターを持つ、己の真価を世界に証明しようと言う覚悟の決まったチームだということを。 前半の30分間、日本は魔法のような、激しく、獰猛で、集中したラグビーを見せた。 次に対戦する南アフリカも含め、トーナメントに残った、全てのチームを凌駕するほどの。 スコットランドも善戦したが、より頑強で、より鋭く、より俊敏であった日本に、完全に圧倒された。 日本のラグビーファンたちは、今なら何だってできる、どこが相手だって倒せると信じているだろう。 そして、日曜日の夜に彼らが偉業を成し遂げた今、日本人だけではなく世界中の誰しもが、同じように思っている。 終 出典: 「Taiga」さん、ありがとうございます。 日本の勝利に海外のメディアの反応は? 多くのメディアでも日本の勝利について取り上げています。 スコットランドは敗退」 「今大会のW杯を日本ほど盛り上げているチームは他にない。 そしてまたしてもラグビー界に衝撃の(electrifying)結果をもたらした。 グレゴー・タウンゼントのチームはW杯を去った」 「グレゴー・タウンゼント(スコットランド監督)のチームは開催国日本よりも4以上の勝ち点(ポイント)が必要だった。 Well done Japan. Deserved. スコットラン人の先祖はケルト人でバイキングとも言われ、身体が大きい人達なのだそうです。 その点から見ても体格面ではラグビーにとても適しているのではないでしょうか。 その反面、性格は普段は物静かで内向的ですが、その輪の中に入ると、とても親しみを感じられる人が多いのだとか。 日本対スコットランド戦、歴史的な死闘の末、日本の勝利に! 前日に猛威を振るった台風19号の影響で、一時は中止も危ぶまれていた今回の試合ですが、予定通り開催されれることとなり、会場となった横浜国際総合競技場では約7万人のラグビーファンで埋め尽くされました。 試合前には甚大な被害を出した台風19号の被災者に向けて黙祷が捧げられました。 そして試合前のインタビューでは「スコットランドをボコりたいのでやっちゃいます」と語っていた、リーチ・マイケル選手の言葉通りに気合い充分の試合が幕を開けました。 試合開始後前半7分で、スコットランドに痛恨のトライを決められてしまい、0-7のリードを許します。 前半14分でスコットランドがノーバインドタックルでペナルティーとなり田村優選手がペナルティーゴールを狙うも惜しくも失敗に終わってしまいます。 しかしその直後、福岡選手が倒れながら出したパスに、松島幸太朗選手が今大会通算5つめのトライで7-7の同点に。 その後、稲垣啓太選手と福岡堅樹選手のトライなどで逆転に成功し21-7で前半を折り返しました。 後半2分は福岡選手がトライを決め、田村選手のゴールに28-7とリードを広げますが、後半9分にスコットランドにトライを決められてしまいます。 そしてその後にゴールも決められ28-14と点差を縮められてしまうのでした。 そして後半14分でまたもやスコットランドにトライとゴールも決められ、試合時間は24分残っているのにも関わらず点差はいよいよ28-21に。 日本は波状攻撃で立ち向かいます。 スコットランドの意表を突くキックパスにも、松島幸太朗選手が俊足を活かしてカバーします。 リーチ・マイケル選手が痛めたり、ヒートアップした選手達がやりあって、一触即発の場面もありました。 残り時間2分、スコットランドの反撃の猛攻に対して、姫野和樹選手の得意のジャッカルでスコットランドの攻撃の勢いに歯止めを掛けるなど、日本代表の気迫のディフェンスで押し 切り歴史的な勝利となりました。 準々決勝は10月20日対南アフリカ戦! スコットランド戦との勝利で日本史上初の決勝トーナメントへの進出が決定した日本代表ですが、20日の準々決勝では南アフリカと準々決勝の戦いとなります。 2015年のワールドカップでは世界ランキング3位だった南アフリカを34-32で撃破し、「スポーツ史に残る番狂わせ」と言われる歴史的な勝利となりました。 4年振りとなる対戦で日本はどのような戦いっぷりを見せてくれるか楽しみですね。 努力すればいつか実を結を結ぶを実現してくれた日本代表チーム 以前は日本のラグビーチームが世界を相手にして、勝利出来る日が来るとは思ってもみませんでした。 選手達のインタビューなどを聞いていると、本当に今まで血の滲むような努力をして来たのだと思います。 格上と言われてきた相手国をどんどん倒して行く姿は、見ていて応援したくなってしまいますすよね。 是非とも決勝トーナメントも勝ち進んで頂きたいと思います!.

次の

「ラグビーW杯」日本のマナーに対する海外の反応。称賛の理由3つ紹介【いい話】|ブログと育つ

日本 ホスト国 海外の反応

3つの取り組みが象徴、日本のホスピタリティ 今大会で、各国代表選手たちのプレーや番狂わせと同じように人々の心を動かしたのが、日本のホスピタリティー、つまり「 おもてなし」です。 特に注目を集めた3つの事例を紹介します。 千葉県柏市では子供達がニュージーランド代表の「ハカ」を披露 ニュージーランド代表が事前キャンプを実施した場所、千葉県柏市では地元の子供たちが「ハカ」を披露しました。 「ハカ」とはニュージーランドの先住民族マオリが継承している歌と踊りのことで、ニュージーランド代表が試合前に士気を高めるために踊ることで有名です。 キャンプのため柏に到着予定だったニュージーランド代表の到着が遅れたことで披露することになったそうです。 この時披露されたのは「柏ハカ」という、柏市ラグビー協会と交流があるオークランド市ラグビー協会コーチでマオリ出身のカール・ポキノさんが制作したもので、柏オリジナルのものでした。 この様子は各国メディアや大会公式Twitterで取り上げられ、国内外に広く知られるところとなりました。 柏市のYouTubeチャンネルに投稿された動画は 46万回以上再生され、日本語以外のコメントも寄せられています。 ニュージーランドでもこの様子は報道されています。 報道が伝えるヘッドコーチのコメントには、日本への感謝と期待が込められていました。 Coach Steve Hansen said the team was grateful for the warm welcome. "A fantastic welcome, mind-blowing really," Hansen said. "Just so many people. Seeing the kids and the enjoyment of the faces was really exciting. "We look forward to having a really good week here and enjoying the people, getting some good training in. " ( から引用) 2. 北九州では、子供達がウェールズの聖歌で歓迎 次に紹介するのは、北九州で事前キャンプを行なっていたウェールズ代表との交流イベントでの出来事です。 集まっていたファンのうち10名ほどの少女たちが、ウェールズの聖歌「カロン・ラン」を歌いました。 ウェールズ代表の公式ツイッターアカウントでは「我々の心に響く!Domo arigato, Kitakyushu(ドウモアリガトウ、キタキュウシュウ)」との言葉とともに実際のシーンがシェアされました。 このツイートにはたくさんのコメントが寄せられ、イギリスの公共放送のBBCが反応するまでになりました。 Domo arigato, Kitakyushu 🇯🇵 — Welsh Rugby Union 🏉 WelshRugbyUnion 同じくウェールズ代表には日本人から受け取った手紙が、日本人が忘れがたい大会を作った実例として公式Twitterに投稿しました。 Tomoko and her sons have followed Wales around the country since we arrived in Kitakyushu almost two months ago. 手紙ありがとうございました。 心より感謝します。 — Welsh Rugby Union 🏉 WelshRugbyUnion 3. サモアNational Anthemを歌う日本人客 10月5日に行われた日本vsサモアの試合などで歌詞カードを見ながら他国の国歌を歌いあげる日本人客が大会公式Instagramに投稿され、話題となりました。 rugbyworldcup がシェアした投稿 - 2019年 9月月23日午前8時10分PDT これは元日本代表主将の広瀬俊朗さんが発起人となった活動「スクラムユニゾン」の一環で行われたものです。 日本の歓迎をあらわす形として発案されたものです。 決勝戦では両チームの「国歌」の歌詞を横浜市が2万部印刷して配布するなど、自治体による支援もありました。 日本のおもてなしに応えてくれた世界の代表選手達 日本の「おもてなし」は世界でも有名なホスピタリティです。 そのおもてなしに応えるような行動をしてくれた外国人も話題になりました。 オールブラックス発案!試合後の「お辞儀」 普段の試合では自国を応援することが当たり前ですが、今大会では日本人が各国のユニフォームを着て応援する姿が多く見られました。 黒の服を着てニュージーランドを応援する日本人に感謝を伝えたいと、南アフリカとの試合後ピッチに整列しお辞儀をしたことが話題となりました。 もともとラグビーには「ラグビー憲章」で示される 「品位」「情熱」「結束」「規律」「尊重」という五つの中心的な価値や、「ノーサイド」の精神があります。 対戦相手はもちろん、仲間、審判、運営スタッフ、観客への尊敬を忘れず、プレー中に審判への抗議がほとんどないことなどには、こうしたラグビーの精神がしっかりと表れています。 試合が終われば敵、味方がなくなり、相手を尊重する姿が多く見られます。 ニュージーランド代表から始まったこのお辞儀は他のチームにも広がり、決勝戦では南アフリカ代表もお辞儀をする姿が見られました。 選手はわざわざ掃除道具を貸してもられるように依頼し、ロッカールームの床に落ちた芝などを集め、最後にはペットボトルなどが入ったごみ袋と掃除道具も1か所に整理したうえでその場を後にしたそうです。 こうした振る舞いは、サッカーW杯で日本代表が行なったロッカールームの清掃にちなんでいます。 イタリア代表のミケレ・カンパニャーロは取材に「日本人はいつも親切に助けてくれて、きれいにしている。 感謝を示す一つの方法」と答えており、日本式でおもてなしへのお返しをしてくれたようです。 SNSの投稿には、各国からの旅行者が日本に来た際に魅力を感じられるものについてのヒントが隠れていると言えるでしょう。 観戦以外の時間には、全国各地の観光名所に足を運ぶ人も多かったようです。 広島平和記念資料館や京都府の寺社巡り、富士登山といった史跡や自然環境だけでなく、 温泉体験、すしやお好み焼き、ラーメンに代表される日本食に期待して来日した人も見られました。 同調査では一割程度が「英語がもっと通じるかと思った」と想像とのギャップについて述べています。 日本の「おもてなし」どこが評価?振り返り今後に活かす ラグビーワールドカップ日本大会は、選手からだけでなく、観戦客からも非常に高い評価を得ることに成功したようです。 各国代表のSNSでの発信や各国の報道からは、評価された点はどこなのか、また改善できる点はどこなのかを見出せます。 外国人観光客が日本に期待してくれていることや快適な環境について理解を深めることが、これからの日本の観光業界に求められていると言えるでしょう。

次の