あ なん もえ か。 山口もえ

穂志もえか

あ なん もえ か

1992年生まれ。 神奈川県出身。 2009年にドラマ「小公女セイラ」で女優デビュー。 以降映画、ドラマ、舞台と様々な作品に出演、2016年、NHK大河ドラマ「真田丸」で主人公・真田信繁の側室・たかを演じ注目を集める。 2017年、映画『おじいちゃん、死んじゃったって。 』で映画初主演を務め、第39回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を 受賞。 同じく2017年の舞台「髑髏城の七人 Season風」の沙霧役も好評を博した。 主な出演作に映画『悪の教典』(2012)、『銀の匙 Silver Spoon』(2014)、『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』(2014)、『サムライフ』(2015)、『ピンクとグレー』、『森山中教習所』、『だれかの木琴』、『闇金ウシジマくん Part3』、『太陽を掴め』(すべて2016年)、『ここは退屈迎えに来て』(2018)など。 ドラマでは「99. 9-刑事専門弁護士-」(TBS)、「モンテクリスト伯-華麗なる復讐-」などに出演。 2018年連続テレビ小説「まんぷく」(NHK)では、主人公福子の姪・タカを演じ、登場時14歳の役を演じたことも話題に。 1993年生まれ。 埼玉県出身。 翌2014年フジテレビNEXT smartオリジナルドラマ「FLASH BACK」で俳優デビューを果たし、映画『飛べないコトリとメリーゴーランド』(2015)で映画初出演。 2019年も『チワワちゃん』、『翔んで埼玉』、『さよならくちびる』、『カツベン!(仮)』などが待機する。 1991年生まれ、静岡県出身。 「乃木坂46」の初期メンバーとして数多くのヒット作と共に活動してグループを牽引する存在となる。 女優業に専念するべく2016年にグループを卒業。 映画では、第30回東京国際映画祭特別招待作品となった今泉力哉監督の『パンとバスと2度目のハツコイ』(2018)で初主演。 第10回TAMA映画賞最優秀新進女優賞を受賞。 1989年生まれ。 東京都出身。 陰のある役から、アクの強い役まで幅広い演技力で、数多くの作品に出演。 2016年公開の映画『葛城事件』で、第8回 TAMA映画賞にて最優秀新進男優賞を受賞。 1980年生まれ。 兵庫県出身。 2002年映画『金融破滅ニッポン 桃源郷の人々』でスクリーンデビュー。 『ジョゼと虎と魚たち』(2003)、『スウィングガールズ』(2004)などで個性を発揮し、『月とチェリー』(2004)で映画初主演を果たした。 2006年『お姉ちゃん、弟といく』で第2回シネアスト・オーガニゼーション・大阪エキシビション女優賞を受賞。 映画、ドラマ、舞台とその出演作は膨大な量に及ぶ。 近作に映画『戦争と一人の女』(2012)、『横道世之介』(2013)、『ソロモンの偽証(前篇/後篇)』(2015)、『最低。 』、『あさひなぐ』、『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』、『彼らが本気で編むときは、』(すべて2017)など。 2019年は「唐版 風の又三郎」、「奇跡の人」の2本の舞台が決定。 山梨県出身。 早稲田大学在学中の1982年、第三舞台に在籍し初舞台を踏む。 1994年映画『男ともだち』で映画初主演。 近年の主な映画出演作は『希望の国』(2012)、『クロユリ団地』(2013)、『真夏の方程式』(2013)、『家族ごっこ』(2015)、『みんな!エスパーだよ!』(2015)、『淵に立つ』(2016)、『ANTIPORNO』(2017)、『3月のライオン』(2017)、『ウタモノガタリ Kuu』、『名前』、『散り椿』、『飢えたライオン』、『累~かさね~』、『jam』、『かぞくいろ』(すべて2018)など。 第69回カンヌ国際映画祭にて「ある視点」部門の審査員賞を受賞した『淵に立つ』では、第38回ヨコハマ映画祭主演女優賞、第31回高崎映画祭最優秀主演女優賞、第71回毎日映画コンクール主演女優賞などを受賞し高く評価された。 1971年生まれ。 愛媛県出身。 1993年映画『二十才の微熱』でスクリーンデビュー。 翌1994年『愛の新世界』での熱演が注目を集める。 1995年『KAMIKAZE TAXI』で第15回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞、1997年『鬼火』では第17回ヨコハマ映画祭最優秀助演女優賞を受賞。 スマッシュヒットとなった『ハッシュ!』(2001)では、キネマ旬報賞、第45回ブルーリボン賞主演女優賞を受賞するが、2002年に病に倒れ一時休業。 映画『帰郷』(2005)で女優復帰した。 以降の主な作品に『ぐるりのこと。 』(2008)、『ヘヴンズストーリー』(2010)、『まほろ駅前多田便利軒』(2011)、『武曲MUKOKU』(2017)、『榎田貿易堂』(2018)、『ミスミソウ』(2018)、『純平、考え直せ』(2018)など多数。 公開待機作に『楽園』(2019)。 角川文庫 520円(税抜) 1967 年神奈川県生まれ。 早稲田大学第一文学部卒。 90 年「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞を受賞しデビュー。 96 年『まどろむ夜のUFO』で野間文芸新人賞、98年『ぼくはきみのおにいさん』で坪田譲治文学賞、03 年『空中庭園』で婦人公論文芸賞、05年『対岸の彼女』で直木賞、06 年「ロック母」で川端康成文学賞、07 年『八日目の蝉』で中央公論文芸賞、11 年『ツリーハウス』で伊藤整文学賞 、12 年『紙の月』で柴田錬三郎賞、『かなたの子』で泉鏡花文学賞、14 年『私のなかの彼女』で河合隼雄物語賞受賞。 最新作は古典訳の『源氏物語』(上・中巻まで発売中)。 映像化された作品も多く、近年は社会派の小説も多数発表。 2003年刊行の『愛がなんだ』は純度100%の恋愛小説として注目を集めた。 京都を拠点に活動する4ピース・バンド。 2016年2ndフルアルバム『SALE OF BROKEN DREAMS』、2017年に5曲入りEP『SYMPHONY』をリリース。 【フィルモグラフィー】• たまの映画(2010)• 終わってる(2011)• こっぴどい猫(2012)• サッドティー(2014)• 鬼灯さん家のアネキ(2014)• 知らない、ふたり(2016)• 退屈な日々にさようならを(2017)• パンとバスと2度目のハツコイ(2018)• 愛がなんだ(2019) 1981年生まれ。 福島県出身。 数本の短編映画を監督した後、2010年『たまの映画』で長編映画監督デビュー。 2013年、こじらせた大人たちの恋愛群像劇を描いた『サッドティー』が第26回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門に出品。 『知らない、ふたり』(2016)、『退屈な日々にさようならを』(2017)も、それぞれ、第28回、第29回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門に出品されている。 他の長編監督作に『鬼灯さん家のアネキ』(2014)、深川麻衣を主演に迎えた『パンとバスと2度目のハツコイ』(2018)など。 新作に伊坂幸太郎原作&三浦春馬主演の『アイネクライネナハトムジーク』(2019年秋公開予定)が待機中。

次の

山口もえ

あ なん もえ か

伝記の記載を年譜形式のみとすることは。 人物の伝記は流れのあるまとまった文章で記述し、年譜は補助的な使用にとどめてください。 ( 2017年2月)• (52年) - の大手店「」を営む山口家の3人姉妹の次女として生まれる。 (昭和60年) - 7歳から16歳まで、のレッスンを受ける。 (2年)4月 - に入学、在学中は合唱部や剣道部に籍を置く。 (平成7年) - 17歳のとき、ダンスのレッスンを受けようとレッスン料が無料とあった現在の事務所に間違えて応募、その後所属。 (平成7年) - 4月 - 9月の期間にフジテレビで平日にの劇場から生放送されていた『』()に出演して、番組内で「うらりんギャル」としてデビュー。 (平成9年) - この頃に、フジテレビ深夜番組の『』に出演。 (平成10年)9月 - 写真集『moe? 』()発売。 (平成11年) - この年から放送された・の「なんでも欲しがるマミちゃんは」に、マミちゃん役で出演。 (平成12年)1月 - 3月にかけて『』(制作)にレギュラー出演。 これがきっかけで現在の夫、田中裕二と知り合い、後に結婚に至ったと語っている。 法律学科を卒業した。 ではの指導を受ける。 (平成17年) - 『』で取材したIT関連企業ZEEL社長のと結婚。 (平成18年)4月 - 5月にかけて主宰の「」に出演。 - 挙式。 - 公式ブログを開設。 (平成19年)1月 - ブログで妊娠の報告。 6月 - の資格を取得。 - 長女を出産。 (平成20年) - 美ら島沖縄大使 及びクーピーアート親善大使 となる。 (平成20年度)から現在までの期間に就任している。 (平成22年) - ブログで第2子の妊娠を報告。 (平成23年) - 第2回「若者力大賞」にて世界中の若者に夢と希望を与える次世代のリーダーとして、と共に若者力大賞を受賞。 (平成23年)- 長男を出産。 (平成23年) - 尾関との離婚が明らかになる。 (平成25年)4月、ホリスティックビューティーアドバイザーの資格を取得。 (平成27年)、お笑いコンビ「」のと再婚。 (平成29年)、ブログにて妊娠と初夏に誕生の予定を報告。 同年5月24日、前週に女児を出産していたことが判明した。 人物 2級資格・資格所持。 美ら島沖縄大使(2008年就任 )・クーピーアート親善大使(2008年 - 就任 )。 特技は、料理、、全駅をで言う事。 実家は祖父が創業したの大手仏壇屋「」で、父は同社社長。 祖母は金沢中野新町の出身。 のファンでが好きだった。 の準レギャラーであり、共演していたからは孫娘のように可愛がられていた。 出演 バラエティ 現在• (・準レギュラー)• (・準レギュラー)• (読売テレビ・準レギュラー、第1回より)• (・不定期ゲスト) 過去• (金曜日)(・レギュラー、出演時期は2007年10月 - 2008年3月)• (・準レギュラー、結婚を機に降板)• (フジテレビ・レギュラー)• (フジテレビ・レギュラー)• (・レギュラー、出演時期は2000年1月 - 2001年3月)• (・レギュラー、出演時期は1999年4月 - 2003年3月)• (日本テレビ・レギュラー、出演時期は1999年10月 - 2001年3月)• (日本テレビ・不定期出演)• (TBS・準レギュラー、出演期間は2001年頃)• 吉本ばかな(日本テレビ・レギュラー、出演時期は1999年4月 - 2003年3月)• (フジテレビ・レギュラー、出演時期は1999年8月 - 9月)• マチャミの全部いただき!! (・レギュラー、出演時期は1999年4月 - 6月)• 特捜新人最前線(・レギュラー、出演時期は2000年1月 - 8月)• (日本テレビ・レギュラー、出演時期は2001年11月 - 2月)• 50's High(・レギュラー、2004年4月 - 2005年3月)• (・準レギュラー)• (TBS、準レギュラー)• (・準レギュラー)• (NHK-BShi、・不定期)• 金曜オトナイト(2013年4月5日- 2015年3月27日、)• () テレビドラマ• (1998年、テレビ朝日) - ミチコ 役• 第4話(1998年、フジテレビ) - 客 役• 「マニュアル警察」(1999年、フジテレビ) - 役• (2000年、TBS)- 大野美咲 役• (2001年、TBS) - 佐々木遥香 役• (2001年、TBS) - 川合玲子 役• 3(2001年、TBS) - 岡崎知子 役• (2003年、読売テレビ) - 竹内歩 役• (2009年、) - 柚木妙子 役• 第5話(2010年8月6日、TBS) - 大橋琴美 役 ラジオ• 水曜日(1999年10月 - 2000年3月、)• オレたちやってま〜す 金曜日(1999年10月 - 2001年3月、MBSラジオ) 映画• '98() - 七瀬千秋役• () 舞台• () 吹き替え• (2020年) - ジーナ 役 CM• 「中華まん」• 「カップ赤だし」(1995年)• 「チョコパイアイス」(1995年)• 「マックシェイク120円」(1996年)• 「モルティーザーズ」(1996年)• 『』(園村麻希役)• 『ストッパ』• 『体内きれい茶 ココカラ』• 『何でもほしがるマミちゃん』• 全国無洗米協会• 『マイラインプラス』• 『イオナ 化粧品』• 『日本一短いクイズSHOWシャープに答えて! 『エアータッチ』• 『中華名菜』• 『ヒアロチャージ』• 『ダスキンレントオール』• シュープラザ『靴の下取り2倍』編(2016年)• 東京靴流通センター『春の新生活フェア』(2017年) 書籍• 『moe? - 山口もえ写真集』(、1998年9月、)• 『銀の法則 - 山口もえのデイトレライフ 』(、2005年8月、)• 『山口もえのお野菜たっぷり! 親子ごはん』(、2010年10月、 ) 脚注 []• - Smartザテレビジョン、2015年12月31日配信• 度重なるおとぼけ発言からか、大学側から「卒業大学名を言わないで」と言われている。 - 2012年2月6日放送「」より。 財団法人ユースワーカー能力開発協会、2011年2月25日閲覧。 - スポニチ Sponichi Annex 芸能• Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2015年10月3日. 2015年10月3日閲覧。 - 山口もえオフィシャルブログ、2017年1月8日、同日閲覧• デイリースポーツ 2017年5月25日. 2017年5月25日閲覧。 新婚旅行で沖縄へ行った時にもともとクーピーを支援していた夫に障害者施設に案内してもらったことがきっかけである。 2015年10月7日時点の [ ]よりアーカイブ。 - 本人公式ブログより• アニメイトタイムズ. 2019年12月18日閲覧。 外部リンク• デニス• 小林伯熙• 原田一輝• 林晃平• 井上稀翔• 中村祐翔• 髙橋龍星• 渡辺雄斗• 大倉空人• 堀間翔• 今井楓• 小林大暉• 山下夕越• 芳賀柊斗• 朝美瑠音• 内野伶菜• ジャスミン• ライラック• 高橋咲樹• 羽野瑠華• 彩永あいり• 岡村梨里• 桐山花綾• 有原さな• 佐野愛夏• 加藤未来• 高岡凜花• 白川怜奈• 白石南帆• 土岐瑞葵• 秦穂香• 朝日奈芙季• 山崎美月• 湊梨紗• 小出華苑• 杉浦さくら• 河村花• 小椋梨央• 櫻愛里紗• 鮫島彩華• 青山愛依• 横堀菜々美• 渡辺梨世• きなこ• 朝倉さくら• 小栗まりな• 渡邊璃音• 大高みなみ• 檜山奈南果• 西谷星彩• 朝倉ひなか• 星乃明日美• 山川虹羽• 葉山未来• 亘理舞• 堀口日萌• 星谷汐音• 木下夏希• 吉村栞乙• 吉村眞乙• 山崎友莉花• 桜野希子• 広井こころ• 早川あひる• 石黒詩苑• 西田圭李• 深川和音• 勝又春• 三井マリナ• 青木菜々香• 神山凛• 美南早希• 阿部美月• 渡辺くるみ• 美波はる• 本庄風月• 石井るり• 華野瑚子• 安積美唯• 月井美緒• 太田彩巴• 安田野乃• 崎本紗衣• 武野汐那• 藤井桃香• 西垣有彩 キッズ• 山口莉来弥• 山中しいた• 谷垣有唯• 沖田有和• 窪田吏玖• 渡嘉敷龍• 大塚陽斗• 櫻莉杏• 藤村木音• 瑞城さくら• 山口にこ• 和泉詩• 橋本和• 天川れみ• 中西真優• 羽野真央• 森嶋さくら• 磯山ふみ• 斉藤萌紅美• 中村いお• 加々谷日彩• 綾波亜弥• 角田麗衣• 本堂杏奈• 平良圭叶宇• 谷口華音• 鈴木ありさ• 川本結月• 永岡心花• 仲村悠菜• 来栖美歩• 風見和香• 大塚咲希• 松尾由愛• 久永莉穂• 冴樹侑和• 千葉さりあ• 浅井アヤネ• 国本姫万里• 渡嘉敷杏• アーティスト• 愛甲朔也• 麻井香音• 浅賀望大• 朝葉珠璃• 嵐祐人• 有村悠真• 有元啓太朗• 有本大貴• 安藤稜浩• 飯坂和矢• 石井雅哉• 市川陽夏• 伊藤玻羅馬• 井上愛梨• 今井春登• イングリス海偉• 植田香凜• 内山愛美• 海上学彦• 江口シオン• 大橋典之• 大橋龍馬• 大屋香乃• 岡野敬• 小川礼• 荻野直哉• 荻野龍斗• 尾﨑実生• 落合晴音• 乙羽真凜• 樫本詠知• 春日結心• 春日レイ• 香瀬あざみ• 片山蔵人• 金井マイ• 兼子丈輝• 上村謙信• 神谷勇楽• 川嶋夏実• 河島英人• 菊地美結• 清瀬このは• 工藤愛由夢• 久保楓• 熊谷魁人• 黒澤諒• ケイラ• 小泉陽菜乃• 越山敬達• 後藤田由起子• 近藤ゆき• 今野亘琉• 坂井太陽• 佐藤昊希• ジェフリーマローン• 志田弦音• 島田惇平• 鈴木智有• 鈴木心愛• 鈴木雄大• 関空亜• 高尾颯斗• 高桑真之• 髙橋蓮欧• 高村晃平• 武井駿• 田村ニコラス• 津田愛奈• ティアラ• 得能志生• 得能勇志• 冨波心• 中川享之介• 長野蒼大• 中野龍• 長野凌大• ナポレオンスター• 西田喜穏• 虹野優太• 能浦航汰• ノエル• 浜田麻希• 林優心• 原田怜生爽• 平野勇樹• 平野音郁• 平野翔馬• 福田桃芭• 藤井航• 藤澤雛• 藤田陽士• 藤田優斗• 藤野煌• 船橋蘭• 星野仁• 堀越リアム• マークルシアン蓮• 前出燿志• 牧野太英• 増田みずき• 松澤遼太郎• 松本ししまる• 松本龍之介• 水口隆志• 水野瑠偉• 溝上青王• 三本健介• 三富大成• 南野大地• みのり• 宮内杏璃• 宮崎杏樹• 村崎秀明• 森田悠斗• モルル夕菜• 八木優羽亜• 山下竜輝• 山下永玖• 山下遼• 山根大弥• 山橋明日菜• 吉岡琉生• ラウアー亜未衣• 瑠伊穂• REY• レックス• ローズ杏美• 渡邉瑠南• 渡邉花鈴• 渡来航太• 有岡歩斗• 安藤夢叶• 石田ノエル• 石田ローウェン• 五十﨑優真• 出田ブランドン• 岩井里奈• 岩井蓮• 梅田凌佑• 浦山天斗• 大島夏乃• 大西伊紗• 大山蒼生• 岡香鈴• 岡本結芽乃• 岡本芽唯• 奥野楓佳• 小野結月• 加藤翔太• 鎌田聖菜• 川口大翔• 河村朱莉• 川村伯真• 紀田直哉• 北脇里紗• 栗瀬陸• 小森大輝• 小山杏果• 佐々木櫂• 佐々木頼忠• ジェイ• 下山天• JURI• 白石嵐丸• 髙田侑希• 髙橋美利阿• 宝川紗羅• 橘祐里• 田中博翔• 千知謙• 徳井太一• 永田陸斗• 中野瑠偉• 中村まな• 西川陽菜• 西村零• 橋本歩夢• 林穂乃花• 原野琴美• 福井太陽• 福島愛• 藤川希子• 松川日陽• 松川明衣花• 松田しのん• 松村泉輝• 松元寧音• 三屋響• 宮本弘佑• 森兼菜緒• 安田依唆• 矢内姫愛• 山口瑞姫• 山﨑日和• 湯浅凛子• 吉村信愛• 由本脩真• Rinka• ルディック詠美• 若井瑛人.

次の

穂志もえか

あ なん もえ か

1992年生まれ。 神奈川県出身。 2009年にドラマ「小公女セイラ」で女優デビュー。 以降映画、ドラマ、舞台と様々な作品に出演、2016年、NHK大河ドラマ「真田丸」で主人公・真田信繁の側室・たかを演じ注目を集める。 2017年、映画『おじいちゃん、死んじゃったって。 』で映画初主演を務め、第39回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を 受賞。 同じく2017年の舞台「髑髏城の七人 Season風」の沙霧役も好評を博した。 主な出演作に映画『悪の教典』(2012)、『銀の匙 Silver Spoon』(2014)、『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』(2014)、『サムライフ』(2015)、『ピンクとグレー』、『森山中教習所』、『だれかの木琴』、『闇金ウシジマくん Part3』、『太陽を掴め』(すべて2016年)、『ここは退屈迎えに来て』(2018)など。 ドラマでは「99. 9-刑事専門弁護士-」(TBS)、「モンテクリスト伯-華麗なる復讐-」などに出演。 2018年連続テレビ小説「まんぷく」(NHK)では、主人公福子の姪・タカを演じ、登場時14歳の役を演じたことも話題に。 1993年生まれ。 埼玉県出身。 翌2014年フジテレビNEXT smartオリジナルドラマ「FLASH BACK」で俳優デビューを果たし、映画『飛べないコトリとメリーゴーランド』(2015)で映画初出演。 2019年も『チワワちゃん』、『翔んで埼玉』、『さよならくちびる』、『カツベン!(仮)』などが待機する。 1991年生まれ、静岡県出身。 「乃木坂46」の初期メンバーとして数多くのヒット作と共に活動してグループを牽引する存在となる。 女優業に専念するべく2016年にグループを卒業。 映画では、第30回東京国際映画祭特別招待作品となった今泉力哉監督の『パンとバスと2度目のハツコイ』(2018)で初主演。 第10回TAMA映画賞最優秀新進女優賞を受賞。 1989年生まれ。 東京都出身。 陰のある役から、アクの強い役まで幅広い演技力で、数多くの作品に出演。 2016年公開の映画『葛城事件』で、第8回 TAMA映画賞にて最優秀新進男優賞を受賞。 1980年生まれ。 兵庫県出身。 2002年映画『金融破滅ニッポン 桃源郷の人々』でスクリーンデビュー。 『ジョゼと虎と魚たち』(2003)、『スウィングガールズ』(2004)などで個性を発揮し、『月とチェリー』(2004)で映画初主演を果たした。 2006年『お姉ちゃん、弟といく』で第2回シネアスト・オーガニゼーション・大阪エキシビション女優賞を受賞。 映画、ドラマ、舞台とその出演作は膨大な量に及ぶ。 近作に映画『戦争と一人の女』(2012)、『横道世之介』(2013)、『ソロモンの偽証(前篇/後篇)』(2015)、『最低。 』、『あさひなぐ』、『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』、『彼らが本気で編むときは、』(すべて2017)など。 2019年は「唐版 風の又三郎」、「奇跡の人」の2本の舞台が決定。 山梨県出身。 早稲田大学在学中の1982年、第三舞台に在籍し初舞台を踏む。 1994年映画『男ともだち』で映画初主演。 近年の主な映画出演作は『希望の国』(2012)、『クロユリ団地』(2013)、『真夏の方程式』(2013)、『家族ごっこ』(2015)、『みんな!エスパーだよ!』(2015)、『淵に立つ』(2016)、『ANTIPORNO』(2017)、『3月のライオン』(2017)、『ウタモノガタリ Kuu』、『名前』、『散り椿』、『飢えたライオン』、『累~かさね~』、『jam』、『かぞくいろ』(すべて2018)など。 第69回カンヌ国際映画祭にて「ある視点」部門の審査員賞を受賞した『淵に立つ』では、第38回ヨコハマ映画祭主演女優賞、第31回高崎映画祭最優秀主演女優賞、第71回毎日映画コンクール主演女優賞などを受賞し高く評価された。 1971年生まれ。 愛媛県出身。 1993年映画『二十才の微熱』でスクリーンデビュー。 翌1994年『愛の新世界』での熱演が注目を集める。 1995年『KAMIKAZE TAXI』で第15回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞、1997年『鬼火』では第17回ヨコハマ映画祭最優秀助演女優賞を受賞。 スマッシュヒットとなった『ハッシュ!』(2001)では、キネマ旬報賞、第45回ブルーリボン賞主演女優賞を受賞するが、2002年に病に倒れ一時休業。 映画『帰郷』(2005)で女優復帰した。 以降の主な作品に『ぐるりのこと。 』(2008)、『ヘヴンズストーリー』(2010)、『まほろ駅前多田便利軒』(2011)、『武曲MUKOKU』(2017)、『榎田貿易堂』(2018)、『ミスミソウ』(2018)、『純平、考え直せ』(2018)など多数。 公開待機作に『楽園』(2019)。 角川文庫 520円(税抜) 1967 年神奈川県生まれ。 早稲田大学第一文学部卒。 90 年「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞を受賞しデビュー。 96 年『まどろむ夜のUFO』で野間文芸新人賞、98年『ぼくはきみのおにいさん』で坪田譲治文学賞、03 年『空中庭園』で婦人公論文芸賞、05年『対岸の彼女』で直木賞、06 年「ロック母」で川端康成文学賞、07 年『八日目の蝉』で中央公論文芸賞、11 年『ツリーハウス』で伊藤整文学賞 、12 年『紙の月』で柴田錬三郎賞、『かなたの子』で泉鏡花文学賞、14 年『私のなかの彼女』で河合隼雄物語賞受賞。 最新作は古典訳の『源氏物語』(上・中巻まで発売中)。 映像化された作品も多く、近年は社会派の小説も多数発表。 2003年刊行の『愛がなんだ』は純度100%の恋愛小説として注目を集めた。 京都を拠点に活動する4ピース・バンド。 2016年2ndフルアルバム『SALE OF BROKEN DREAMS』、2017年に5曲入りEP『SYMPHONY』をリリース。 【フィルモグラフィー】• たまの映画(2010)• 終わってる(2011)• こっぴどい猫(2012)• サッドティー(2014)• 鬼灯さん家のアネキ(2014)• 知らない、ふたり(2016)• 退屈な日々にさようならを(2017)• パンとバスと2度目のハツコイ(2018)• 愛がなんだ(2019) 1981年生まれ。 福島県出身。 数本の短編映画を監督した後、2010年『たまの映画』で長編映画監督デビュー。 2013年、こじらせた大人たちの恋愛群像劇を描いた『サッドティー』が第26回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門に出品。 『知らない、ふたり』(2016)、『退屈な日々にさようならを』(2017)も、それぞれ、第28回、第29回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門に出品されている。 他の長編監督作に『鬼灯さん家のアネキ』(2014)、深川麻衣を主演に迎えた『パンとバスと2度目のハツコイ』(2018)など。 新作に伊坂幸太郎原作&三浦春馬主演の『アイネクライネナハトムジーク』(2019年秋公開予定)が待機中。

次の