ハニーレモンソーダ 11 巻 ネタバレ。 ハニーレモンソーダ6巻のネタバレ感想と漫画を無料で読める電子書籍を紹介|アコミ!漫画の最新話ネタバレや無料で読む方法を随時更新

テリトリーMの住人最終回(43話)11巻ネタバレ!瑛茉と宏紀の未来は?

ハニーレモンソーダ 11 巻 ネタバレ

もくじ• 瑞々しい!青春です! 舞台は九州のド田舎。 主人公は天野莉子(あまのりこ)高校1年生の夏休み。 莉子は方言女子です。 自分のことを「うち」と言います。 これは萌えポイントではないでしょうか。 夏休み、田舎の女子高生と都会の男子高生の出会いから始まる物語。 恋するための舞台が整っていますしもうワクワクが止まりません。 莉子は夏休みの後半を友人たちとラストスパートで遊びまくろうと盛り上がっていたのに、友人たちは恋に忙しくなり莉子は独りぼっちで途方にくれます。 高校1年生ってそういう時期ですよね。 中学のときより急にみんな大人になったり異性を意識してみたり。 莉子は恋に疎そうです。 まだまだ子供のテンションで夏を満喫したいようですね。 そんな時出会ったのが、遠縁の祝い事の関係で東京からやってきた仁科匠(にしなたくみ)。 仁科はかなりのローテンション。 都会っ子だからというよりはちょっとぼんやりしたドジなイケメンといった雰囲気かしら。 テンションの高い莉子に巻き込まれ東京に帰るまでの数日を一緒に過ごすことになります。 短く挟まれる都会と田舎のギャップエピソードや、仁科のドジ、莉子の飾らない元気さ明るさの描写が本当に素敵です。 夏休みの終わりのちょっとした切なさも感じられ、都会に住む人にも田舎に住む人にも感情移入出来る流れになっています。 そして二人の距離が徐々に近づいていく恋の予感。 あまり喋らない仁科ですが、さりげないしぐさや行動にうっすら莉子への感情が見えています。 一方の莉子は自分の中の感情になかなか気づけないまま。 別れの日、仁科とのたくさんの思い出の品を前に、莉子はやっと仁科への感情を自覚します。 そこからのラストへの数ページはトキメキが満載です。 子供の時間を過ごした二人がグッと大人になって、一気にキスまで・・・。 なんて瑞々しいでしょう(感涙)。 二人のこれからに幸あれ! そして、きゆう先生の描かれる今後のマンガにも期待が高まります。 カテゴリー•

次の

ハニーレモンソーダ(村田真優)11巻を読んで感想。ちょっとネタバレ注意。

ハニーレモンソーダ 11 巻 ネタバレ

石森ちゃんのポニーテール この前喧嘩した芹奈ちゃんの友人が石森ちゃんに謝ってくれました。 軽い感じだったけど、まあ何とか丸く収まったって感じです。 石森ちゃんが突然クラスの友達に 「石森ちゃんはポニテが似合う」と言われ、即効ポニーテールにされました。 う~む可愛い。 確かに似合う。 三浦くんはそれを見て 「友達増えたじゃん オレいなくても大丈夫そうだな」と。 突き放すような言い方でもなく表情も優しかったのですが、 普通に悲しいこのセリフ。 ある時、三浦くんが友人に 「おまえ 好きって言ったり やきもちやいたりすんの?」って聞かれて 「人並に」と答えた三浦くん。 人並に!!!! 三浦くん人並に好きって言ったり嫉妬したりしてくれるんですか!! てかその事実よりも、それを全く誤魔化さずに答えてくれるところがsooooo cool!!!!!! サラッと答えてイケメソでした。 そんな会話してるところに通りかかった石森ちゃんに三浦くんが腕を掴んで一言 「眠い」と。 前に三浦くんが一人で眠っていた物置に二人で来ました。 石森ちゃん目覚まし代わりのようだけど、 かなりこれ特別な存在だよね。 そして石森ちゃんが芹奈ちゃんをかばって叩かれたときの話になるんですが、ここ めっちゃドキッとしました!!!! C 2017 村田真優「ハニーレモンソーダ3巻」より 手を頬に添え!!! 顔色一つ変えずに!!! こんな心配してくれてる言葉を!!!!! ドキドキ止まりませんわww 石森ちゃんも顔が真っ赤になって、それを三浦くんに笑われます。 ふえ~~ みんなのところに戻って、石森ちゃんの髪の毛をポニーテールにしてくれた子と三浦くんのこの会話。 三浦くん 「この髪型またしてやって」 友人 「羽花ちゃん気に入ってくれたの?!」 三浦くん 「ていうか オレが気に入った」 ほわんほわんほわん 石森ちゃんその前にも三浦くんにいろいろ勇気づけられる言葉を言われ、さらにポニーテールまで気に入ってもらえ一人腰が抜けますw 確かにこれは腰が抜ける。 いや砕ける。 なんだろうかこの 「ていうか オレが気に入った」の素晴らしさ。 石森ちゃんに直接言った言葉ではないけど、 あきらかに石森ちゃんの前で言うあざとさ。 (本人は自覚なし) はっきりと「オレが気に入った」という 回りくどくない言い方。 そしてこれ他の友人たちも当然聞いてるって状況。 は~~;;最高~;;;; 三浦くん絶対石森ちゃんが彼女になったら「付き合ってるよ」って隠さずみんなの前で言ってくれる子や~~;;; 「オレの彼女にあんまちょっかい出さないでね」とか普通に言ってくれそう;;; いかん妄想が止まらないwwww 怪しい先生 石森ちゃんが緑先生(男)と図書室に向かっています。 それを見かける三浦くんや芹奈ちゃんたち。 緑先生前いた学校で生徒に手を出したっていう噂があるそうです。 それを聞いて芹奈ちゃんが様子を見に行こうとするのですが、三浦くんが止めて 「オレが行く」と!! いやこれ石森ちゃんが心配で三浦くんが駆けつけるとも受け取れるけど、逆に 「危ないから芹奈はここにいろ」ともとれる。 う~む。 そして石森ちゃんに緑先生が言い寄ってる?ような場面に、三浦くんが現れて緑先生が去っていきました。 二人になったあとの三浦くんのセリフが好きです。 「変なのに気に入られてんじゃねえよ めんどくせぇな 自分で何とかしろよ」 好きです。 自分で何とかしろよと突き放しつつ、めんどくせえと言いつつ、実際助けに来てくれてる三浦くんに言われるの最高。 嫉妬心も勝手に感じで興奮するww そして緑先生の授業でテストの答案が帰ってきました。 石森ちゃん98点で三浦くん2点w そこで緑先生にごちゃごちゃ言われる三浦くん。 それを言い返す石森ちゃん。 そして最後に三浦くん 「先生 石森をどう口説いても無駄ですよ」 C 2017 村田真優「ハニーレモンソーダ3巻」より 「だってこの人 オレを追ってここへ来たんで」 た ま ら ん ! ! ! みんなの前でこれ言う?!?! たまらん!!! あっ「ここ」っていうのは「ここの高校」ってことですよ! だってこれもう「こいつはオレに夢中なんで」って感じじゃん。 「こいつはオレのものなんで」ってことじゃん(願望) 最高でしたこのシーン。 あっちなみに2点だったのは、テスト開始直後寝落ちしたそうで、三浦くん実際は頭いいようです。 石森ちゃん文化祭の実行委員に 石森ちゃんが文化祭の実行委員に立候補しました。 新しいことに挑戦して今までの自分を変えたいといった感じです。 リーダーシップ取れるのかとクラスメイトたちが疑問を持ちますが、三浦くんの後押しもあって実行委員になりました。 三浦くんの最高シーン 石森ちゃんと三浦くんがいるときに緑先生が通りかかりました。 石森ちゃんは緑先生に気づいていません。 その時の 三浦くんのふいうちの行動がドキっとしました。 C 2017 村田真優「ハニーレモンソーダ3巻」より 突然石森ちゃんの肩にもたれ掛かりました!!! そして緑先生に 超挑発的なこの視線!! C 2017 村田真優「ハニーレモンソーダ3巻」より ぶわっっっ(鼻血) イチャついてるとこを見せつけるかのように!!! 「オレのだよ」ってこと?? 「手を出すな」ってこと?? 何にしてもめちゃ萌えた!!! 文化祭の出し物はメイド喫茶に! 文化祭の出し物はメイド喫茶になりました。 石森ちゃん実行委員で空回ったりうまくいかないことも多々あったんですが、一生懸命で全力な石森ちゃんにクラスメイトも心動かされていきます。 ここ本当微笑ましいというか、石森ちゃんの成長具合が尊いですw 三浦くんの一蹴り最高 石森ちゃんのことを悪く言ってる人たちに三浦くんが言ったセリフが大変よきです。 「何もしらねぇくせに 適当なこと言ってんじゃねぇよ バーカ」 です!!!!! は~;;; 石森ちゃんのいないところでも石森ちゃんを庇ってくれて本当ジェントルマン;; ねえもう好きってことでいいですよね???だめなの?? 三浦くんは芹奈ちゃんたちと文化祭の出し物があるので、なかなか石森ちゃんと一緒にいる場面が少ないです。 石森ちゃんは、三浦くんと芹奈ちゃんがつき合うのかなと、うすうす予感しているようです。 しかし石森ちゃん、それでも今の自分にできることを精一杯頑張ります。 文化祭当日、 「今日話しかけに行くから 話せたら嬉しいなぁ」と石森ちゃんが思っているところでこの巻は終了です。 もーーーー石森ちゃんめっちゃ健気;;; 三浦くんと芹奈ちゃんがいい感じの雰囲気を見ても、卑屈にならない石森ちゃん本当素晴らしいよ。 てか、こっちから見ると三浦くんと石森ちゃんの方がいい感じに見えるけどねw 早く気づいてほしいです。 次は文化祭当日ですね!4巻も期待大です!!.

次の

ハニーレモンソーダ最新話56話ネタバレ!羽花のために界がほぼ徹夜して…

ハニーレモンソーダ 11 巻 ネタバレ

とてもラブラブな時間に、好きが溢れ出す2人。 穂積には相変わらず女の子が沢山アプローチしてきますが、穂積は特に彼女をつくるわけではありませんでした。 穂積が帰宅すると義理父が来ていてラーメンを一緒に作って食べます。 すると母も帰ってきて3人で食べることに。 母に対してわだかまりがありますが、少し穂積は大人になっていてそれを受け入れることができました。 宏紀のバスケ部の練習を見に行く瑛茉は、宏紀に夢中。 昔のことを思い出しながら見ていた瑛茉にボールが当たり、倒れてしまいます。 焦った宏紀は抱きかかえて保健室に急ぎました。 瑛茉は恥ずかしそうにしながらもとても嬉しそう。 それを穂積も目撃しますが、2人のラブラブさに降参するのでした。 笑顔で未来へ。 櫛谷、穂積、こま、瑛茉は大学に進学しました。 瑛茉だけは別の私立大で、3人は国立大です。 瑛茉はバスケサークルに入りました。 練習中に汗を拭くと、耳のピアスが落ちています。 片耳しかピアスは開けていない瑛茉。 高3の誕生日に宏紀と互いに片耳にピアスを開けたのでした。 帰宅すると宏紀が、家に来ていた瑛茉の父と一緒にご飯を作っていました。 受験を控えている宏紀を心配しますが、本人はいい息抜きになると言い、バスケの練習も一緒にするように。 瑛茉の大学入学式の日、こけている女の子チサの勧誘でバスケサークルに入ります。 バスケは宏紀もできるので共通の趣味として、サークルに入ったことに満足していました。 瑛茉はサークルの夏合宿に行くことになりました。 合宿帰りに宏紀と待ち合わせをする瑛茉。 夏合宿はとても楽しかったのですが、酔った別の大学の男に瑛茉が絡まれます。 チサと従兄弟の塩瀬が助けてくれますが、ピアスをなくしていることに気づくのです。 瑛茉は懸命に探したのですが、見つかりませんでした。 落ち込む瑛茉を迎えに来た宏紀が慰めます。 瑛茉にとってピアスは宏紀と繋がっていて、自信や勇気をもらっていた存在だったから。 時は流れ、宏紀も無事に大学に受かりました。 瑛茉とは別の大学ですが、同じサークルに入ることに。 櫛谷のおじの店に集まった5人。 宏紀の入学祝いを兼ねてハイタッチするのでした。 あらすじが分かって、ネタバレを読むのも面白いけど、やっぱり物足りない!絵が欲しい!! ストーリーを絵で楽しむのが漫画の醍醐味でもありますからね。 31日間無料で試せる• 600円分のポイントプレゼント• 80,000本以上の見放題動画作品が視聴できる• グループ内での交際や別れもありながらも成長していき、瑛茉が宏樹とラブラブになっていくのがとてもキュンキュンします。 モテモテの瑛茉はさすがと言うほどに、大学でもモテていますが、塩対応なのが面白いです。 自分の好きな人以外には甘い雰囲気を出さない所が素敵です。 それに引き換え、宏紀といる時のラブラブな感じがとても可愛いです。 宏紀という存在がいることで強くなれる瑛茉と、瑛茉がいるから更に男として成長していく宏紀のカッコよさがとても良かったです。 ピアスを片耳ずつあけるのも2人らしいなと思いました。 櫛谷とこまもラブラブそうだし、穂積も相変わらずで、最初に5人が出会った時のように、ハイタッチで幕を閉じたのが、マンガ当初を思い出してとても懐かしかったです。 スポンサーリンク.

次の