岩手 鳥取 島根。 岩手鳥取島根感染者がいない理由。一度もインフルエンザになった事がない人は、やはり昆布を毎日食べていた!

岩手、島根、鳥取の共通点とは?色んなデータで比較してみた│タイニィアシスト

岩手 鳥取 島根

岩手県 鳥取県 4月9日 松江市は9日、1人が新型コロナウイルスに感染したと明らかにした。 島根県での感染確認は初めて。 — 新型コロナウイルス感染症(COVID-19) COVID1948074643 新型コロナウイルスの感染拡大が広がるなか岩手県と鳥取県が感染0と踏みとどまっている状況が報じられ話題となっていますね。 一体、岩手県と鳥取県にどのような共通点があるのでしょうか。 それでは、 「岩手 鳥取 共通点」について報じられた記事の内容を見ていきましょう。 こちらが記事の詳細です。 新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない。 政府が首都圏や関西圏など7都府県を対象に初めて緊急事態宣言を発令する中、岩手、鳥取の2県では、感染者が今も確認されていない。 全国的に続々と新たな感染者が判明する中、踏みとどまっている2県。 各県の担当者や専門家に話を聞き、理由を探ってみた。 島根・鳥取・岩手の感染症病床数。 島根:12 鳥取:30 岩手:38 感染爆発が起きたら、あっという間に医療崩壊しそうです。 — ふる どうでしょう藩士 moonkiba 岩手県と鳥取県の共通点が気になるところですね。 7都道府県や東京や大阪などの都市部との違いなどについても詳しく見ていきましょう! 岩手県独自の対策があるのか、県のホームページ上で公開されている情報を確認してみた。 しかし、手洗いやうがい、アルコール消毒の推奨など一般的な予防策の記載が並び、目立った記述はない。 同県の担当者に、特別な感染予防対策があるのか聞いてみた。 三浦節夫・感染症担当課長は「もしあれば、こちらが教えてほしい」。 ただ、2県の共通点については「人の往来が少ない点は共通している」と話す。 鳥取県の推計人口は約55万人で全国で最も少ない。 岩手県も約122万人で全国で30番台の少なさだ。 岩手県の三浦課長は「当然ながら接触が少ないと感染するリスクも減る」と言う。 鳥取県の担当者も「人口が少ないことに加え、大都市圏と比較し交流人口も少ない」などと語り、同様の見解を示す。 鳥取県はインターネット上などで「コロナ疎開」の行き先として話題に上ることもあるが、同県の平井伸治知事は記者会見で「感染拡大防止や外出自粛に反すると自覚してほしい」と指摘し、同県担当者も「人が集まればそれだけリスクは高まる」と警戒している。 一方、岩手県は人口密度も低い。 県土は約1万5000平方キロで本州一の面積を誇り、四国4県に匹敵する。 総務省のデータ(2015年時点)によると、岩手の人口密度は1平方キロ当たり83人で、北海道に次いで低い。 密閉、密集、密接の「3密」になりにくい環境も影響しているとみられ、三浦課長は「県土の大きさも一因ではないか」と説明する。 ただ、感染のリスクと隣り合わせの状況は変わらず、「すでに感染者が出ているのではないか」という声も上がる。 3月末には、北海道小樽市で新型コロナウイルスの感染が確認された40代男性と濃厚接触していた岩手県内の4人がPCR検査を受けた。 結果は陰性だったが、2週間の健康観察となった。 岩手県によると、8日までに県内で実施したPCR検査は、わずか127件だけ。 岩手より人口が少ない鳥取県と比較しても検査数で劣る。 三浦課長は「保菌者がいた可能性は完全に否定はできない」とした上で「重症者がいれば必ず情報が上がってくる。 その報告はない」としている。 専門家にも意見を聞いてみた。 感染症に詳しい「けいゆう病院」(横浜市)の菅谷憲夫医師は「人口がまばらで、東京や大阪など都市部との行き来も少ない。 感染者が出ていない理由として、間違いないだろう」と話す。 その上で、都市部を中心に人から人への感染が拡大していると指摘し、「ウイルスは風に運ばれて人に感染するわけではない。 人同士の接触が少ない県は、当然感染のリスクも低くなる」と見解を示した。 「岩手 鳥取 共通点」 ネットの反応は? さらに、 「岩手 鳥取 共通点」についてネットに寄せられた皆さんのコメントを見て見ましょう。 地元では検査してる数自体が少ないのでは?とも言われてますが、人口密度が低いのは実感あります。 電車とかバスの利用者は8〜9割が高校生だし。 コンビニまでは車で5分だと近い方だしね。 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた — 毎日新聞 — コロンぶす koronbuse 岩手、鳥取の2県 今のところは感染者0ってなってるけど 岩手の検査率は2%くらいなもので、相談者件数に対して実施検査が少なすぎる。 検査機器2台しかないんだよ?全然検査が間に合っておりません。 岩手より人口が少ない鳥取県と比較しても検査数で劣る。

次の

コロナ感染者ゼロ「島根」「鳥取」緊急追跡 山陰ならではの特殊な事情

岩手 鳥取 島根

そんな話題がSNSやネットで注目を集めている。 3月30日に富山、同31日に山形で感染者が初めて確認され、残るは岩手、鳥取、島根の3県。 ここまで感染ゼロで踏みとどまっているのは奇跡的ともいえるが、山陰のお隣同士でよく混同される鳥取と島根を緊急取材。 感染者がいない背景に迫った。 山陰で隣り合い「鳥」「島」と似た漢字で始まる2文字の鳥取と島根は、どっちがどっちか位置をよく間違えられるライバル県。 厚生労働省の人口変動データでさえ、逆に記載されたほどで、人気深夜番組「月曜から夜ふかし」(日本テレビ系)でもマツコ・デラックス(47)にたびたびイジられている。 両県がコロナ感染者ゼロの理由として、ネット民が挙げているのは人口の少なさだ。 鳥取の人口は55万3971人で全国最少、島根は67万411人で、47都道府県で鳥取に次いで人口が少ない。 PCR検査を実施した人数も少ない。 3日までの検査人数は、鳥取が229人、島根が163人ほど。 2000件以上の検査が行われた北海道や東京、愛知、兵庫などと比べると圧倒的に少なく、絶対数が影響しているのは間違いなさそう。 「具合が悪くても、検査を受けに行くことができない」と山陰特有の事情を挙げる地元民も複数いた。 島根で暮らす60代男性が真顔で語る。 「仮に発熱してコロナ感染者第1号になった場合、田舎なんですぐにどこの誰かバレてしまう」。 人口過密の首都圏でもコロナ感染が判明して、風評被害を受けている店舗や会社も多い。 感染者ゼロだからこそ、余計に注目を浴びかねない。 だから、外出を控えるなど、絶対に感染しないように自衛している人が多いということか。 同じように噂が広まるのを懸念する鳥取東部在住の50代男性は「コロナ第1号になって恥をかくまいと、我慢して家で寝てる人がいるんじゃないのか」といぶかしがる。 鳥取や島根では、用事で東京に行っただけで「コロナかも…」と周りで遠ざかる人もいるという。 コロナ侵入を止めている別の理由として、鳥取県内の観光関係者は「コロナ騒動が始まる前後で国際線が運休し、インバウンド(訪日外国人客)が少なかったのが幸いしたかも」と指摘する。 山陰と海外を結ぶ国際線は、鳥取西部の「米子鬼太郎空港」からソウル、香港、上海の3路線。 だが、日韓関係の悪化でソウル便は昨年10月から、コロナ騒動で上海は2月11日、香港も2月18日から運休している。 中国山地に隔てられた山陰は、新幹線も通っていない。 首都圏や関西圏からわざわざ旅行で来る外国人客は少なく、図らずも抑止効果になったと言えなくもない。 ネット上で言われているのが、島根の人気観光名所の「出雲大社が守っている」という神のご加護説だ。 そもそも、出雲大社で有名なのは「縁結びの神様」で、疫病退散は専門外の雰囲気だが、境内では今、参拝者が手や口内を清める手水舎の柄杓が撤去されている。 そういう人がコロナを持って来たら、やれん(やってられない)」と複雑な表情。 このまま感染者ゼロでコロナ禍が終息するのを祈りたいところだが、コロナ疲れした人が殺到すれば…。

次の

【コロナ】感染者ゼロは3県…岩手・島根・鳥取 3/31

岩手 鳥取 島根

そんな話題がSNSやネットで注目を集めている。 3月30日に富山、同31日に山形で感染者が初めて確認され、残るは岩手、鳥取、島根の3県。 ここまで感染ゼロで踏みとどまっているのは奇跡的ともいえるが、山陰のお隣同士でよく混同される鳥取と島根を緊急取材。 感染者がいない背景に迫った。 山陰で隣り合い「鳥」「島」と似た漢字で始まる2文字の鳥取と島根は、どっちがどっちか位置をよく間違えられるライバル県。 厚生労働省の人口変動データでさえ、逆に記載されたほどで、人気深夜番組「月曜から夜ふかし」(日本テレビ系)でもマツコ・デラックス(47)にたびたびイジられている。 両県がコロナ感染者ゼロの理由として、ネット民が挙げているのは人口の少なさだ。 鳥取の人口は55万3971人で全国最少、島根は67万411人で、47都道府県で鳥取に次いで人口が少ない。 PCR検査を実施した人数も少ない。 3日までの検査人数は、鳥取が229人、島根が163人ほど。 2000件以上の検査が行われた北海道や東京、愛知、兵庫などと比べると圧倒的に少なく、絶対数が影響しているのは間違いなさそう。 「具合が悪くても、検査を受けに行くことができない」と山陰特有の事情を挙げる地元民も複数いた。 島根で暮らす60代男性が真顔で語る。 「仮に発熱してコロナ感染者第1号になった場合、田舎なんですぐにどこの誰かバレてしまう」。 人口過密の首都圏でもコロナ感染が判明して、風評被害を受けている店舗や会社も多い。 感染者ゼロだからこそ、余計に注目を浴びかねない。 だから、外出を控えるなど、絶対に感染しないように自衛している人が多いということか。 同じように噂が広まるのを懸念する鳥取東部在住の50代男性は「コロナ第1号になって恥をかくまいと、我慢して家で寝てる人がいるんじゃないのか」といぶかしがる。 鳥取や島根では、用事で東京に行っただけで「コロナかも…」と周りで遠ざかる人もいるという。 コロナ侵入を止めている別の理由として、鳥取県内の観光関係者は「コロナ騒動が始まる前後で国際線が運休し、インバウンド(訪日外国人客)が少なかったのが幸いしたかも」と指摘する。 山陰と海外を結ぶ国際線は、鳥取西部の「米子鬼太郎空港」からソウル、香港、上海の3路線。 だが、日韓関係の悪化でソウル便は昨年10月から、コロナ騒動で上海は2月11日、香港も2月18日から運休している。 中国山地に隔てられた山陰は、新幹線も通っていない。 首都圏や関西圏からわざわざ旅行で来る外国人客は少なく、図らずも抑止効果になったと言えなくもない。 ネット上で言われているのが、島根の人気観光名所の「出雲大社が守っている」という神のご加護説だ。 そもそも、出雲大社で有名なのは「縁結びの神様」で、疫病退散は専門外の雰囲気だが、境内では今、参拝者が手や口内を清める手水舎の柄杓が撤去されている。 そういう人がコロナを持って来たら、やれん(やってられない)」と複雑な表情。 このまま感染者ゼロでコロナ禍が終息するのを祈りたいところだが、コロナ疲れした人が殺到すれば…。

次の