マランツ m cr612。 Marantz M

【ミニコンポ】マランツM

マランツ m cr612

マランツを代表するというか、オーディオ業界を代表するオールインワンコンポがM-CRシリーズです。 幅20cm台のミニコンサイズにCDプレーヤー内蔵型レシーバーという形態は、CD全盛期からオンキヨーが得意にしていたコンポですが、2010年代以降、PCオーディオやネットワークオーディオが隆盛してからはマランツが存在感を出すようになり、現在ではすっかりこのジャンルの定番的存在になりました。 さて、従来機・M-CR611(2015年発売・現在実売3. 8万円程度)に代わる新製品がこの4月下旬に約7万円(すでに実売5万円台前半)で発売されたM-CR612です。 本機の内容をM-CR611と比較しての違いも含めながらご紹介します。 M-CR611と比較してのおもな違いは、アンプ部に新たにパラレルBTL駆動機能を追加したほか、ネットワーク再生機能が「HEOS」に刷新され、M-CR611ではSpotifyのみの対応だったところ、AWAやAmazon Prime Musicなどにも対応、AirPlay2やAmazon Alexaボイスコントロールにも対応、DSD再生も2. 8MHzから5. 6MHz(いずれもPCM変換)へ向上。 HDD接続での音楽再生は従来から可能でしたが、新たにNTFSフォーマットもサポート。 マランツが得意とするヘッドホンアンプも強化されています。 ボリュームカーブは、CR611の60ステップから、CR612では100ステップに増加し、よりきめ細かい音量調整が可能になりました。 新機能として、通常のシングルエンド接続で4chアンプ出力を使ってスピーカー駆動ができる「パラレルBTL」を搭載。 加えて、通常のシングルワイヤリングスピーカーでも4chアンプをフルに使って駆動できるので、アンプが無駄にならず、しかも音質も向上できます。 また、クラスD構成のアンプ部やクロックについても、12シリーズなど上位モデルの技術を継承しつつブラッシュアップを図っているとのことで、基本的な音質も向上。 パワーアンプおよびローパスフィルターにかけては、高品位フィルムコンデンサー、無酸素銅線・マンガン亜鉛コアインダクター、クラスDアンプ電源用の低ESRコンデンサーなど、高音質パーツを引き続き採用。 ヘッドホンアンプ部についても新たにHDAM-SA2型のディスクリート高速電流バッファーアンプを投入。 3段階のゲイン切り替え機能も備えます。 デザインは「コンパクトで上質な佇まい」をコンセプトとして、ひとつのインテリアとなり、ライフスタイルに彩りを加えることを目指したとしています。 天板は従来から引き続き、「タワシで擦っても傷がつかない」というハードコート・アクリルトップパネルを採用。 このあたりの配慮で、オーディオ好きとは限らない一般ユーザーにも受け入れられやすい魅力があるのでしょう。 DSD、WAV、FLAC、Apple Losslessのギャップレス再生にも対応。 無線LANは、IEEE 802. BluetoothではSBCコーデックでの接続が可能。 ワイドFMにも対応。 新機能として、テレビなどのソース機器の入力信号を検知して、自動で電源をオンにして入力を切り替えられるようになりました。 CDプレーヤー機能は、音楽CDおよびデータディスク(MP3/WMA)の再生に対応。 その他、アナログRCA入力を1系統、アナログRCA出力(固定・可変切り替え可能)を1系統、サブウーファー出力を1系統搭載。 こうしてみると、実にいいことずくめの改良機のようで、前よりも悪い点などなさそうですが、一つ気になる点が。 ネットでも指摘されていますが、なんとタイマー機能が後退しているのだとか。 これは単品コンポとしてよりも、生活用品的なミニコンポ的な存在と思っていたシリーズだけに意外です。 また、BluetoothがSBCのみというのも物足りません。 ただ、このあたりも入念な市場調査の結果でしょうが。 それでも総じて、オールインワン的なコンポとしての内容の充実、完成度の高さは疑いようもなく、7万円でも安いくらいです。 ただ、型落ちになったM-CR611がいま3. 8万円程度というのは、それもまたお得。 とはいえ、今後はやはりM-CR612に期待でしょう。 実売価格もすでに5万円少しですし。 今後の期待としてはDSDのネイティブ対応やSACD対応ですが、SACDはさすがに無理でしょうか。 Bluetoothの充実はしたほうがよいのではないでしょうか。

次の

多機能だけじゃない!音質へのこだわりがすごいマランツのミニコンポ「M

マランツ m cr612

さらに「M-CR603」からはネットワークやBluetoothにも対応したのでした。 しかし、我々オーディオファン、特に単品コンポユーザーにとっては、ミニコンポは歩んできた通過点であり、「今さら何故ここで取り上げるの?」と疑問を持たれるのは当然だと思います。 しかも、ミニコンポと聞くだけで、どうしてもドンシャリの若者向けの派手なサウンドやペラペラの薄べったいサウンドをイメージしてしまいます。 ただ、初代機の企画段階では、marantzは元々他のオーディオメーカーと違い、ミニコンポにはあまり強くなく、ミニコンポサイズの製品を商品化するにあたっては、同社が持つ単品コンポのノウハウを生かして、真面目にひたすら音の作り込みを行うしかなかったのでした。 勿論当時は、さほど売れるとも考えてなかったようですが・・・。 発売後徐々にではありますが、ミニコンポ売場にちょっとまともな音のするレシーバーがあると、音の分かる一部のユーザーには目を付けられていたようです。 ヨーロッパではmarantzブランド製品は、販売ルートの関係で、家電店ではなくオーディオ専門店で展開されており、「M-CR502」もそうだったようです。 そこで、耳の肥えた販売員がその音質の良さに目を付け、そこから快進撃が始まったそうです。 その噂が日本にも聞こえて来るにつれ、人気が高まっていったのです。 そして『 M-CR612 』の前作に当たる「M-CR611」は、発売当初からこのクラスとしては異例のヒットを続け、惜しまれつつも今春生産終了を迎えてしまったのでした。 その大ヒット作である「M-CR611」のどこをどのようにブラッシュアップしたのでしょう。 しかも、値上げなしにです。 そのあたりを見てまいりましょう。 本機の「肝」は、何といってもパワーアンプです。 前述のように、初代機から続く4chアンプというのは同じで、そのデバイスにはTI(テキサス・インスツルメンツ)製を使用しています。 ただ、この素子は実際には8ch仕様となっており、これを2chずつまとめて4ch使いとしているそうで、ノーマル状態ですでにBTL接続になっているらしいのです。 スピーカー出力は2組あり、「バイアンプ接続」では対応スピーカーの低域/高域それぞれを独立したアンプで駆動することで、ウーファーからの逆起電力など相互干渉を排除します。 また、「マルチドライブ接続」では2組同時または切替えて聴くことができ、別の部屋のスピーカーの音量もリモコンで別々に調整できます。 ここまでは従来機と同じです。 ここに、あるデータがあります。 結果、ほとんどのユーザーは、シングルワイヤ接続でしか「M-CR611」を使っておらず、A,Bあるスピーカー端子のAにスピーカーを繋ぐということは、Bすなわちあとの2ch分は使われないままで、「宝の持ち腐れ」状態だったということです。 そこで、本機『 M-CR612 』の新機能の登場と相成るのです。 今回新たに搭載された「パラレルBTLドライブ」は、接続はシングルワイヤのまま、4組のアンプ全てを用いてスピーカーを駆動することを可能にしたのです。 その結果、アンプのスピーカー駆動力を示すダンピングファクターは、通常(BTLドライブ)に比べ約2倍になり、中低域の量感と締まりを両立した低音再生を実現できたとしています。 シングルワイヤ接続時でも、内蔵している8chアンプをフル活用できるパラレル(並列)化した駆動方法なので「パラレルBTLドライブ」と名付けられています。 これこそ、ミニコンポとは明らかに違う、ハイエンドオーディオ的発想といえます。 以下に列記します。 豊富なネットワークオーディオ機能 ワイヤレス・オーディオシステム「HEOS」テクノロジー、Amazon Alexaでの音声コントロール、Bluetooth、ストリーミングサービス、インターネットラジオ、AirPlay 2に対応• ハイレゾ音源の再生に対応 ローカルネットワーク上のミュージックサーバーやUSBメモリーに保存したDSDファイル(5. その他 主な機能と特長• 3段階ゲイン切り替え機能付き本格的ヘッドホンアンプ搭載• 3行表示で読みやすい日本語対応有機ELディスプレイ• ホワイト、ブルー、グリーン、オレンジの4色のイルミネーション• クロック&アラーム再生機能、スリープタイマーなどの便利機能 このように、まさに「てんこ盛り」状態です。 やはりこれらは、ミニコンポとしては必要不可欠な機能なのでしょう。 でも私のようなオーディオファンがサブシステムとして本機を使うには、少々多機能すぎる感がなきにしもあらずです。 もっと機能を絞った、音質だけに特化したミニコンポがあってもいいと思うのは私だけではないでしょう。 ミニコンポのドンシャリ音ではない、ハイファイを意識させるドッシリした正統派のサウンドでした。 次に「パラレルBTLドライブ」に切り替えた途端、その変わりようにビックリです。 低音がとてもこの大きさのシステムのそれではなく、生々しくスケール感たっぷりで、立体感を伴った本格的なサウンドが聴けたのです。 とにかくハイスピードになり、情報量も多く「これで十分なのでは」と納得させられるほどでした。 「ミニコンポでもここまで出せるのだ」が私の正直な感想です。 ヒットも当然です。 パラレルBTLによるミニコンポを超えたミニコンポ『 M-CR612 』の誕生です。

次の

マランツ「M

マランツ m cr612

音が良いオーディオシステムでがっつりハイレゾを楽しみたい! と思っていろいろなモデルを物色していたのですが、残念ながら置き場所に限りはあるし、正直インテリアとのマッチングも大事にしたい。 もちろん予算は限られています。 そう考えると、意外と候補になるモデルは限られますよね。 でも、とにかく音には妥協したくない…。 しばらく迷っているとき、気になったのはマランツのネットワークCDレシーバー「M-CR611」()でした。 取材で聴いたときの音、ハイレゾからワイヤレスオーディオまでカバーした機能、そして何と言ってもデザイン。 実際に自宅に導入したら、思い通りの音が楽しめるのだろうか。 ほかにも良さそうなモデルもあるけど…などと思案していたところに、「お借りして使ってみたら」と編集部の先輩から提案していただき、今回試用させていただきました。 M-CR611を実際に使ってみて、驚きがたくさんありました。 私はオーディオ初心者ですが、だからこそ、こういう楽しみを知らない人にもこの良さを知ってほしい。 そんな想いで今回、実際に使ってみてわかった「M-CR611でできる10のコト」を紹介していきたいと思います。 ちょっとシンプルすぎる説明ですが、要するに、家にいながらミュージシャンがスタジオで演奏して聴いたであろう音をそのまま楽しめるのです。 音楽好きにとって、こんな素晴らしいことはないですよね。 e-onkyo musicやHD Musicで買えるメジャーなハイレゾ音源は、コレでほぼ全部聴くことができますね。 でも「ハイレゾ再生ができる」からといって、「ハイレゾの良さがとことん味わえる」とは限りません。 ハイレゾの繊細な情報を再現するには、やっぱり優秀なオーディオが必要です。 M-CR611の音の良さは何度も確認しましたが、果たしてそれが家でも味わえるのか、気になっていました。 自宅に届いたM-CR611をさっそくセットアップし、あまり期待せずにハイレゾファイルを再生してみると、鳥肌が立ちました(大げさですが本当です)。 ゾクッときました。 音がとにかく生々しくて、目をつぶると、まるで目の前でミュージシャンが演奏しているよう。 自宅で聴いたからでしょうか、仕事で聴くとき以上に、その音に圧倒されました。 こんなコンパクトなボディでHi-Fiサウンドが堪能できてしまうなんて、信じられないと思います。 M-CR611はサイズで言ったら「ミニコンポ」ですが、マランツの20万円を超えるプレミアムHi-Fiコンポーネントとまったく変わらない、徹底的なサウンドチューニングが行われているとのこと。 ちなみにM-CR611の音質はオーディオ評論家の方も高く評価していますので、気になる方はも読んでみてください。 ところでM-CR611は、USBメモリーを挿すだけでハイレゾが再生できます。 パソコンやサーバー(いわゆるNASですね)に保存した音楽をネットワークでストリーミングして再生することもできます。 ハイレゾ再生の方法もシチュエーションやスタイルに合わせて選べるのも良いですよね。 【2】アプリで音楽ライブラリを自由自在に聴き漁れる ハイレゾなどの音楽配信で買えるファイルや、CDをパソコンに取り込んだ音楽ファイルを聴くことができるオーディオを「ネットオーディオ」と呼びます。 もちろんM-CR611もネットオーディオが楽しめるコンポです。 iPadでMarantz Hi-Fi Remoteを立ち上げると、サーバー(NAS)に保存した膨大な楽曲(我が家だと1万曲くらい)が瞬時に閲覧できます。 この中から聴きたい曲を「キュー」(「プレイリスト」とも呼びます)に並べていくのです。 それなら携帯プレーヤーとかiTunesでやっているよ!という方もいるでしょう。 まさにその感じなのですが、M-CR611とサーバー、そしてMarantz Hi-Fi Remoteを使えば、もっと膨大な量の楽曲を、もっと直感的に操作して自由自在に再生できるのです。 それから、M-CR611でNASの音源を再生する場合、パソコンを立ち上げておく必要はありません。 ソファーにもたれて、iPadを優雅にタッチして操作すれば良いのです。

次の