ゴールデン レトリバー ブリーダー。 関東のゴールデンレトリバーのブリーダーを探す|みんなのブリーダー

ゴールデンレトリバーのブリーダーを探す|みんなのブリーダー

ゴールデン レトリバー ブリーダー

ゴールデンレトリバーブリーダー・子犬販売【Puppy'sRing】 MENU ゴールデンレトリバーブリーダー・子犬販売 【Puppy'sRing】 ゴールデンレトリーバーブリーダーの子犬を直販価格にて販売しております Puppy'sRing では、ゴールデンレトリバーのブリーダーが大切に育てた子犬を中心に、直販価格にて販売しております。 販売している子犬の親犬は、お引渡し直前まで母犬や兄弟犬と共に生活をしており、 そのため、生まれてくる子犬たちも皆健康的で、親に似たどこでも構わず吠えるような気難しい性格ではなく、温和で懐っこいゴールデンレトリバーに仕上がっております。 ご購入されたお客様にも大変ご好評を頂いている状態の良いゴールデンレトリバーですので、これから子犬を飼いたいという方にはぜひ当店に一度ご相談下さい。 6月21日に2頭のママ犬から、たくさん子犬達が生まれました! 今回はオス9頭、メス6頭になります。 メスのご予約枠も残り僅かになりました。 メスをご希望の方はお早めにお問合せ下さい。 オスも少なくなってきましたので、オス希望の方もお早めに! 【お問い合わせ】 メール: [ ]ははずしてください) 電話:070-5560-5834 10:00〜19:00 ゴールデンレトリバーブリーダー 子犬販売情報 ゴールデンレトリバーのブリーダーが大切に育てている子犬情報です。 子犬の詳細や両親犬の情報は、販売中の子犬の画像をクリックして頂けましたら、確認できますので、ご希望の子犬がございましたら、ぜひ詳細情報をチェックして下さい。 また生まれて間もないため、販売情報に掲載されていない子犬の情報もございますので、お気軽にお問い合わせ下さい。 犬舎は閑静な住宅街にあるにも関わらず、親犬は吠える事もなく、見学に訪れる方にも満面の笑みを持って迎えてくれます。 また一日中、檻に入れられるような劣悪な環境ではなく、毎日庭で親犬達と共にフリーで遊び、更に散歩をしながら運動を行い、健康状態を維持するよう、しっかりと管理されております。 そのため、ストレスもなく、生まれる子犬はいつも健康的であることはもちろん、性格も親犬に似て、温和でとても懐っこい子に仕上がっております。 お蔭様で、2代目、3代目をご購入されるお客様や、多頭飼育の後輩犬としても大変ご好評を頂いております。 社交的で人気な犬種であるゴールデンレトリバーですが、やはり子犬の頃は大型犬ののため、やんちゃで飼育するにも手がかかります。 だからこそ、専門的な知識やキャリアによって飼育されている状態の良い親犬や、またお引き渡し直前まで親兄弟と共に生活している子犬達の方がずっと飼いやすいです。 これからゴールデンレトリバーの子犬を飼いたいとお考えの方は、ぜひ当店でご連絡下さい。 年間出産件数は少ないですが、10年以上もの長い間共に歩むパートーナーだからこそ、質の高い子犬を選ぶ事をオススメします。 母犬 父犬 母犬は上段にあるJKCチャンピオン直子で、母親同様に大柄なゴールデンレトリバーです。 性格も非常に甘ったれで懐っこく、いつも一番に来訪者を迎えてくれる子です。 父親も同じように懐っこく遊び好きな犬になります。 生後1ヶ月近くとなり、子犬たちもムチムチになるほどしっかりとした体躯になってきました。 元気いっぱいで遊び好きな子達です。 お引き渡しは生後50日以降、ワクチン1回接種後となります。 見学歓迎! ご希望日を添えてお問い合わせ下さい。 【子犬情報】 H28年12月17日 千葉県生まれ ゴールド オス 売約済 【その他費用】 ワクチン代:8000円 送料:必要な場合のみ別途計上致します 【お問い合わせ】 メール: [ ]ははずしてください) 電話:070-5560-5834 10:00〜19:00 9月千葉県生まれ ゴールデンレトリバー子犬売約済 オーナー様決まりました オーナー様決まりました オーナー様決まりました 9月17日生まれ全てオーナー様決まりました ゴールデンレトリバー専門犬舎より17日に生まれた子犬たちもいよいよラスト1頭となりました。 生後40日を過ぎ、体重もしっかりのってきて、ゴールデンレトリバーらしくなってきております。 コロコロしたボディがたまらなく愛らしい子たちです。 こんなに可愛らしくなりました 両親共に温和で甘えん坊気質なゴールデンレトリバーですので、生まれる子犬たちも両親のような性格になるのではと予想しております。 今はまだぼんやりとしたお顔ですが、上のようにお引き渡し頃はぐっと状態の良いお顔に仕上がっていきます! お引き渡しは生後50日以降、ワクチン1回接種後となります。 ゴールデンレトリバーをお求めの方はぜひお早めにお問い合わせ下さい。 母犬は33kgとやや大柄で、父犬は30kgとなります。 性格は、母犬は陽気で懐っこく、誰とでも仲良くできる、典型的なゴールデンレトリバーです。 父犬は、落ち着きのある温和な性格をしたオスです。 2頭とも現在2. 5kgを超え、ムチムチで非常に可愛らしく成長しております。 性格もそれぞれ甘えん坊で、将来がとても楽しみです。 【子犬情報】 H28年08月14日 千葉県生まれ ゴールド メス オーナー様決まりました 【その他費用】 ワクチン代:8000円 送料:必要な場合のみ別途計上致します 【お問い合わせ】 メール: [ ]ははずしてください) 電話:070-5560-5834 5月ゴールデンレトリバー 全て決まりました 次回は8月予定です 5月出産予定の子犬ですが、1腹が無事受胎できておらず、今回1腹のみとなりましたため、 ご予約頂きましたお客様のみとなりました。 次回は8月を予定しておりますので、もしご希望の方はお早めにお問い合わせ下さい。 今回は6頭となり、オス3頭、メス3頭となります。 オス、メス全ての子犬が決まりました。 もし、ゴールデンレトリバーの子犬をお探しでしたら、来月5月にも新たに出産を控えておりますので、そちらの子犬をお求め下さい。 ただし、既に何件かメスのご希望されているお客様がおりますので、もしご希望ということでしたら、ご予約をオススメ致します。 ご予約などについてのご質問はメールにて受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。 今回はオス3頭、メス5頭となります。 代々お顔グッドであることはもちろん、ムチムチで骨格しっかりのゴールデンレトリバーを輩出しておりますので、新年に子犬をお迎え希望の方はお気軽にお問い合わせ下さい。 12月24日生まれの子犬はすべて決まりました。 次回出産予定は3月となります。 ゴールデンレトリバーをお探しの方はお気軽にお問い合わせ下さい。 父犬です 母犬です 【子犬情報】 H27年12月24日 千葉県生まれ ゴールド メス オーナー決まりました ゴールド オス オーナー様決まりました 【その他費用】 ワクチン代:8000円 送料:必要な場合のみ別途計上致します 【お問い合わせ】 メール: [ ]ははずしてください) 電話:070-5560-5834 10月1日千葉県生まれ ゴールデンレトリバー 子犬 売約済 売約済 売約済 売約済 売約済 10月1日生まれと同じゴールデンレトリバー専門ブリーダーである千葉県ブリーダーから3頭生まれました。 父親は10月1日と同じ犬で、母犬は犬舎の中でも一番の陽気で明るい性格の子です。 ゴールデンレトリバーを専門とし、豊富な経験を持つ信頼の高いブリーダーですので、これからゴールデンレトリバーを飼いたいという方にはオススメです。 まだ目が開いておりませんが、もう少ししましたら目も開いてきます。 お顔の形状を見る限り、形もよく将来が楽しみな子です。 父親のカラーは白めですが、母親は濃い目のゴールデンレトリバーで、恐らくこの子は丁度中間あたりのやや濃い目なカラーになると予想しております。 両親犬 父犬 母犬 【子犬情報】 H27年6月4日 千葉県生まれ ゴールド メス オーナー様決まりました! 【その他費用】 ワクチン代:8000円 送料:必要な場合のみ別途計上致します 【お問い合わせ】 メール: [ ]ははずしてください) 電話:070-5560-5834 オーナー募集のゴールデンレトリバー 画像は随時更新していきます! 東京都ブリーダー ゴールデンレトリバー オーナー決まりました 4月に生まれたゴールデンレトリバーのオスオーナー募集中です。 血統の良い両親から生まれた子犬で、骨格もしっかり、お顔もグッドな子達です。 既に何頭もの子犬達にオーナー様が決まっており、メスは残り4頭、オスは2頭となります。 それぞれ個性の持ち主で、明るく好奇心の強い子から、甘えん坊で母犬を探してすんすん泣いている子など 性格も様々です。 ゴールデンレトリバーを専門としたブリーダーが少数頭のみを扱っておりますので、隅々にまで健康管理ができ、生まれた子犬は皆病気知らずで元気に成長しております。 またお顔も非常に愛らしく、ゴールデンレトリバーをお探ししている方にはぜひオススメです。 ご希望の方はお早めにお問い合わせ下さい。 画像は今後随時更新していきますが、ゴールデンレトリバーをお求めの方は優先してご案内致しますので、 お気軽にお問い合わせ下さい。 性格も甘えん坊で遊び好き!しかもお顔もがとってもグッドな子ですよ〜。 両親ともに血統の良い、がっしりとしたゴールデンレトリバーになります。 しっかりとした体躯のゴールデンレトリバーをお探しの方は、現在ご予約を受け付けておりますので、 お気軽にお問い合わせ下さい。 お引き渡しは生後50日以降、ワクチン1回接種後となります。 メスをご希望の方はオーナーがすぐに決まってしまうため、お早めにお問い合わせ下さい。 今回は全てオスになります。 現在ママのおっぱいを飲み、すくすくと成長しております。 父親は2月生まれの子犬達と同じ父親で、骨格良く毛吹きも良いゴールデンレトリバーになります。 これから成長につれ、どんどん画像を更新してまいりますが、ゴールデンレトリバーのオスをお探しの方でしたら、優先して画像を送付致しますので、お気軽にお問い合わせ下さい。 まだ目がぱっちりしておりませんが、これから成長するにつれ、ぱっちりとしたお顔になり、 ますます愛らしいゴールデンレトリーバーになります。 母犬はとっても甘えん坊な性格で、陽気で明るいゴールデンレトリバーらしい性格をしております。 両親の画像を見ていただければわかりますが、毛吹きも良く、骨格もしっかりとしたゴールデンレトリバーです。 やはり犬を選ぶなら両親犬のようにしっかりした状態に成長する子犬を選びたいですよね? お引き渡しは生後50日以降、ワクチン1回接種後となります。 このように現在母犬と兄弟とで元気いっぱいに過ごしております。 母犬 父犬 1月19日千葉県生まれ ゴールデンレトリバー 子犬オーナー決まりました! 1月19日に生まれたゴールデンレトリバーもいよいよ残すところ、オス3頭のみとなりました。 現在元気いっぱいに成長しており、独特の愛嬌を振りまきながら成長しております。 父親はJKCチャンピオンの骨格優れたゴールデンで、母親は柄が濃い目の子になります。 他のゴールデンの成犬もそうですが、ここの犬舎の犬はとっても静かにしているお利口で、 見知らぬ人が来てもほとんど吠える事がありません。 これから成長するこの子達もそのゴールデンレトリバーの血を多分に受け継いでおりますので、 きっと期待できると思います。 お引き渡しは生後50日以降となりますので、ご希望の方はお気軽にお問い合わせ下さい。 メスをご希望の方は優先してご紹介致しますので、お気軽にお問い合わせ下さい。 また5月頃の子をご希望でしたら、そちらもこれから交配予定の母犬がおりますので、 併せてお気軽にお問い合わせ下さい。 次回の出産は来年1月を予定し、2頭のママからとなっております。 血統優秀で体躯はもちろん、ゴールデンらしい愛らしさを持ち合わせた子犬を代々輩出しているブリーダーの子犬情報です。 ゴールデンレトリバーをお探しの方でしたら、きっとご期待に添える子犬をご紹介できると思いますので、ご希望の方は、ぜひお問い合わせ下さい。 【お問い合わせ】 メール: [ ]ははずしてください) 電話:070-5560-5834 6月11日、6月15日にそれぞれゴールデンレトリバーの子犬達が生まれております。 ブリーダーのしっかりとした健康管理のもと、健康的ではあることはもちろん、毛並みや艶もよく、 骨格、顔つきともに上質なゴールデンレトリバーとなっております。 掲載している写真の子犬以外にもまだおりますので、ご希望の方はお気軽にお問い合わせ下さい。 交配するオスは全てJKCのオスになります。 こちらのブリーダーのゴールデンレトリーバーは骨量、毛並み、顔の良さと3拍子揃った質の高いゴールデンレトリーバーです。 また1頭1頭管理できるよう少数頭のみとなっておりますので、生まれてくる子犬の管理をしっかり行っております。 非常に人気が高く、既に何件かは予約を受け付けておりますので、ご希望の方はお急ぎでお問い合わせください。 価格等のご質問も受け付けておりますのでお気軽にお問い合わせください。 【お問い合わせ】 メール: [ ]ははずしてください) 電話:070-5560-5834 母犬の画像です 東京都ブリーダー ゴールデンレトリバー子犬オーナー決まりました! 2月13日に東京都のブリーダーのもとにて、ゴールデンレトリバーが無事生まれました。 いよいよラスト1頭のみとなりました! 両親犬の画像を見ていただけるとわかりますが、両方ともに色が濃い目で毛吹きもよいゴールデンレトリバーになります。 骨格しっかりとしたゴールデンレトリバーをお探しの方、東京都近郊にお住まいの方はぜひお問い合わせ下さい。 現在ブリーダーのもとにて元気いっぱいに成長しております。 ご見学等、子犬のお問い合わせについては、画像をクリックし、問い合わせフォームよりご連絡頂くか、 電話:070-5560-5834(佐田)までご連絡下さい。 しかも父親は英国チャンピオンの直子と血統も優秀になっております。 ですので、掲載している情報は全国の提携ブリーダーからのゴールデンレトリーバーの販売情報となります。 そういった問題行動をとりやすい子ではなく、お引渡し直前まで母犬や兄弟と一緒に過ごした子を将来の愛犬にされては如何でしょうか? 引渡しの際にワクチン証明書、生体保証書を同封致します。 電話が繋がらない場合は、こちらのメールでも受け付けております。

次の

ゴールデンレトリバー専門ブリーダーぴーすのホームページ

ゴールデン レトリバー ブリーダー

ゴールデンレトリバーのブリーダー ゴールデンレトリーバーは、賢く穏やかで、優しい表情と性格が人気の大型犬種です。 元来はハンターが撃ち落とした獲物を泳いで取りにいく水鳥猟犬として活躍をしてきた犬種であるため、泳ぎは得意で大好きです。 成犬時体重は25~34㎏までになり、人間の子供と同じぐらいの大きさになります。 ブリーダーからゴールデンレトリバーを直接購入する場合、値段は15~30万円ほどが相場となっています。 ゴールデンレトリーバーにはイギリス系とアメリカ系の2つのタイプがおり、日本で見かける多くはアメリカ系です。 体型や毛色が少し異なるので、タイプにこだわりがある場合はブリーダーに直接尋ねてみるとよいでしょう。 ゴールデンレトリバー 【ゴールデンレトリバー概要|ゴールデンレトリバー ブリーダー解説】 ゴールデンレトリバーは四肢を滑らかに動かして、大地を踏みしめるように力強く歩きます。 また飼い主に忠誠を尽くし、天性の服従性を持つゴールデンレトリーバーは、あらゆる人々の友として、また家族の一員として共に暮らす伴侶犬として知られています。 さらにゴールデンレトリバーは体を動かすことが大好きで、草原などを一日中駆け回っていても飽きることを知りません。 こういった活動的な性格と、パワフルな体力を持っていることを十分把握した上で共に暮らさないと、問題行動を起こす犬になりかねません。 毎日、肉体的な運動と知的な活動をしっかりとさせることが大切です。 特にゴールデンレトリバーの場合には生後2〜3ヶ月が最適と言えるようです。 しつけが遅れると犬だけでなく飼い主にも苦痛が増えます。 言うことを聞かなくなる分、怒ることが増えますし、犬もなぜ怒られているのかわからない為、ストレスになります。 食事後などでゴールデンレトリバーがゲージ内のトイレでおしっことうんちをしたら、大げさなくらい褒めてあげて、ゲージの外に出して一緒に遊んであげましょう。 20〜30分したらゴールデンレトリバーをゲージ内に戻してあげて、トイレをさせましょう。 なかなかしない時はそのまま扉を閉め、ゲージに入れておきます。 あまり長くゲージから出し過ぎるともらしてしまうので、このように20〜30分おきにゲージに戻す、遊ぶを繰り返してあげます。 ブリーダー曰く、トイレのしつけは早いゴールデンレトリバーで7日間、遅いゴールデンレトリバーで2〜3ヶ月ほどかかりますが、焦らずにしつけていきましょう。 ですが、子犬のゴールデンレトリバーは夜鳴きを繰り替えすこともあります。 ゴールデンレトリバーが夜鳴きを繰り返す場合、色々な対策が考えられますが、電気を薄めに点けてあげたり、ぬいぐるみを置くなどが一般的です。 他にはラジオをかけながら寝るのも良い方法です。 ゴールデンレトリバーの寝る環境が落ち着けるかどうかも大きなポイントです。 夜鳴きではなく昼間でも本格的にゴールデンレトリバーが吠えてしまうような場合は、しっかりと無駄吠えのしつけをする必要があります。 例えばゴールデンレトリバーの子犬が突然吠えたら新聞紙などを使って驚かせること、床をたたくのもいいですし、安全なものを投げつけて大きな音をさせる、ペットボトルに金属製の音が出るものを詰めて投げる方法も考えられます。 ゴールデンレトリバーが子犬の頃は胃袋も大きくはないため、食べ過ぎよりも腹八分で気持ち足りないくらいがちょうどいい目安です。 15分程度ですべて食べてしまうくらいの量が適切といわれていますが、個体ごとに適量は違いますので、便の量や固さを見て調整してあげましょう。 またゴールデンレトリバーは本来、薄暗い穴の中で睡眠を取る動物です。 なので、可愛いと抱きたくなる気持ちを抑え、ゆっくりと眠らせてあげましょう。 散歩は運動不足やストレスを解消するためにも、かかせないものとなります。 また、散歩によって他犬、や他人を学び、社交性や協調性が身につきます。 散歩の時間を決めてしまうと、次第にその時間になると要求するようになってしまいます。 歩くときは飼い主の歩調に合わせ、ゴールデンレトリバーが横にぴったり寄り添って歩くようにしつける必要があります。 一度、引っ張る癖がついてしまうと、とても厄介です。 訓練方法としては、ゴールデンレトリバーが前へ出ようとしたら、向きをかえて違う方法へ歩くようにします。 これを繰り返して、ゴールデンレトリバーが前に出ないで自分からついてくるようになったら、よく誉めるようにします。 その後は獣医の方と相談しつつですが、一年から三年に一回くらいというペースで接種します。 ゴールデンレトリバーの子犬の場合には生後90日から接種が可能で、その後は年に一回のペースで接種します。 このため蚊の活動時期が4月から11月ということを考えると、フィラリアの予防時期は5月から12月ということになります。 フィラリアの予防は予防薬を飲ませるだけで簡単に与えられるので、大切な愛犬の為にしっかりと予防してあげましょう。 【手入れ|ゴールデンレトリバー ブリーダー解説】 ゴールデンレトリバーは、特に人とのかかわりを大事にする犬種です。 ブラッシングは飼い主とのコミュニケーションをとるということで、ストレス解消にもなります。 お手入れは大事な時間ですので、ゴールデンレトリバーが気持ちよくなるようなブラッシングをしてあげてください。 また、ゴールデンレトリバーの体を触ってあげる事で,怪我やゴールデンレトリバー特有の病気の早期発見にもつながりますので普段と変わった事がないか、お手入れをしながら良く見てあげてください。 ゴールデンレトリバーを、乾燥している時期にするブラッシングするときは、リンスを少し溶かしたお水やスプレーなどでさっと表面を濡らしてからすると犬の嫌がるパチパチ静電気の防止にもなり、ゴールデンレトリバーの美しい毛を傷めずに綺麗に仕上げられますよ。 【代表的な病気|ゴールデンレトリバー ブリーダー解説】 ゴールデンレトリバーの有名な病気は股関節形成不全です。 また陰睾丸や外耳炎などもゴールデンレトリバーのようなわんちゃんにはよくある病気でしょう。 手入れや食事に気を使ってあげるだけなどでなく、万が一に備え、保険などに入っておくといいかもしれませんね。

次の

ゴールデンレトリバーの選び方、値段相場はどれぐらい?

ゴールデン レトリバー ブリーダー

・皮膚に優しいスリッカーです・抜け毛や不要毛を細かく除去する、日常ケアの必需品です・さびにくくて長持ち。 ソフトタイプのステンレスピンです・長時間でも使いやすく、手が疲れにくい楕円形ハンドルです — 優しい雰囲気の顔立ち — 丸くつぶらな瞳は垂れ目で愛嬌があります。 そして垂れた耳も可愛らしいイメージに一役かっています。 人間の指示にも従える忍耐力があります。 周囲への洞察力もあり、訓練をすれば人間の期待することを覚えてくれます。 飼い主さんがリーダーとして認めてもらえば、しつけもしやすく、初めて犬を飼うケースでも飼いやすいと言われています。 大型犬ですが、とても飼いやすいワンちゃんなのですね。 — 穏やかで優しい — 家族として穏やかな暮らしができると言われています。 「大型犬だから番犬として外飼いをしよう…」と考えている人には、残念ながら不向きかもしれません。 基本的に穏やかな優しい性格なので、攻撃的になることは少ないでしょう。 個体差にもよりますが、知らない人に会っても吠えることはあまりないようです。 — フレンドリー — とてもフレンドリーな性格から、初めて会った人や動物にも友好的です。 散歩で他の犬と会ってもマイペースを保ちます。 他の犬とも仲良くしてくれるので多頭飼いもいいでしょう。 大きい犬たちに囲まれて暮らしたい犬好きさんにも、ぴったりの犬種かもしれませんね。 — 運動が大好きで活動的 — ゴールデンレトリバーは、運動が大好きです。 毎日の散歩は1日2~3回、飼い主さんが一緒に連れていくのは日課になります。 それに、ドッグランや海、山、原っぱなど、たくさんの場所に連れていくとかなり喜んでくれます。 体力があってアウトドアで活動するのが大好きな人におすすめの犬種です。 ゴールデンレトリバーの種類は実は2タイプ?英国系と米国系の違い ゴールデンレトリバーには、実は2タイプの種類があるのです。 水辺で鳥の狩猟のために繁殖されていた大型犬です。 英国系のイングリッシュゴールデンレトリバーは、ホワイトもしくはクリーム色の毛色をしています。 被毛の質も少し違い、ツヤツヤのアメリカンゴールデンレトリバーと比較すると、短めでウェービー、1本1本が硬めの特徴があります。 そのため、本来のイギリスのゴールデンレトリバーとは、少し見た目に変化があります。 前項でゴールデンレトリバーの特徴をお話しましたが、名前にもある「ゴールデン(金色)」の毛色が多くの人がイメージしやすい特徴ですよね。 アメリカンゴールデンレトリバーは、名前の通り金色や茶系の混じったような色をしています。 — 関連記事 — ゴールデンレトリバーの価格相場はどのくらい? ゴールデンレトリバーが欲しいと思ったときに気になる値段の相場ですが、値段には幅があります。 入手先やその個体差によっても値段が異なるのですが、だいたい10万円前後くらいから購入できるゴールデンレトリバーもいます。 でも30万以上と高い値段になるケースもあります。 どうしてこんなに値段に幅があるのでしょうか。 その内容にせまってみたいと思います。 ショータイプのゴールデンレトリバーは、血統がよく値段が高めです。 両親や祖父母など、チャンピオンの血を受け継ぎショーの基準にマッチしているなど素晴らしい血統を持っていると50万、60万円など高い値段で売られていることもあります。 それ以上の値段ということもあるかもしれません。 ただ、「ゴールデンレトリバーの優しい表情に日々癒されたい」「ドッグランで一緒に元気よく遊びたい」「リビングで一緒に昼寝をしたい」など、家庭でペットとして育てるなら良血統にこだわる必要もないでしょう。 ペットタイプの値段で購入するなら、入手先にもよりますが10万円前後から15万円くらいの幅が値段のだいたいの相場と言われています。 多くの人は、ゴールデンレトリバーを小さいときから育てたいと思うのではないでしょうか。 成犬になればかなり大きな体ですが、幼少時の小さめの体からの成長過程も楽しみたいと思うものですよね。 そんな買い手側の気持ちを反映しているのか、一般的には「若い」方が高い値段となりがちです。 そして、日数が経ち大きさが成犬に近づいていくと、値段がだんだんと下がっていく傾向となるようです。 ゴールデンレトリバーに限らず、一般的な犬は性別で値段の差があります。 ただ、性別が異なることは値段が変わってくることだけではありません。 性別特有の性質などが違うので、育て方で知っておきたいポイントもそれぞれ異なります。 大きな違いが「出産できるか」という点で、若干ではありますがメスの値段が高いことが多いようです。 それに、実際に飼われているゴールデンレトリバーの多くはアメリカ系でしょう。 英国系のゴールデンレトリバーは、まだまだブリーダーさん自体も少ないです。 そのため、希少価値がある存在となっています。 一般的なゴールデンレトリバーの相場よりも高めの値段です。 もし、ペットとして迎えたいなら、ペットショップでは購入できないでしょう。 英国ゴールデンレトリバーを専門に繁殖しているブリーダーさんから購入することになりますが、珍しいため値段は高いことをあらかじめ想定しておくといいですね。 日本でよく見られるアメリカ系のゴールデンレトリバーが10~30万円という値段で入手できるのに対し、英国系のゴールデンレトリバーは50万円以上が相場の値段となっています。 ゴールデンレトリバーはどうやって選ぶべき? <ドックランでこの笑顔…メチャ癒されます 笑 by> イングリッシュゴールデンレトリバーやアメリカンゴールデンレトリバーと2つのタイプがあるものの、どちらも可愛らしい大型犬ですね。 さきほども触れましたが、日本で流通している金茶色の毛をしたアメリカンゴールデンレトリバーはペットショップでも購入できるでしょう。 ゴールデンレトリバーの子犬を見たいと近所のペットショップに出かけても、店頭にはいないことも多いかもしれませんが、全国チェーンのペットショップだとスタッフに声をかければ他の店舗に連絡してもらえることもあるでしょう。 ただ、そもそも大型犬の取扱いが少ないこともあり、他の店舗にいたとしても「どの子にしようかな」など、多数のゴールデンレトリバーの子犬から選ぶなどはできないでしょう。 一方、ブリーダーであればそのような心配はありません。 ブリーダーと言っても、「多くの種類の犬種を同時に繁殖させている」「ひとつの犬種に特化している」とタイプがあります。 後者のように、「ゴールデンレトリバーだけ」と限定しているブリーダーさんなら専門的知識に長けています。 ゴールデンレトリバーへの愛情も大きいので、良質な子犬を繁殖していると考えていいでしょう。 大型犬を始めて飼うときには、飼育方法や食事、病気などについて不安な点が多いかもしれません。 ゴールデンレトリバーを専門に扱っているブリーダーさんならアドバイスをしてくれるなど、頼りになる存在となります。 また、英国系のゴールデンレトリバーはペットショップからではなく、専門的なブリーダーさんからの購入になります。 ゴールデンレトリバーの子犬を選ぶときには、親犬を見せてもらったり、相談にのってもらったりもできるので、「安心」という観点からみるとブリーダーさんからの購入がおすすめと言われています。 そのため、保護犬となってしまう確率も高いです。 新しい飼い主さんを待ちながら、保護されているゴールデンレトリバーも多いです。 子犬の頃から飼いたいなど、特別な思い入れがある場合でなければ、里親で飼う方法を選ぶのもひとつの選択肢となります。 家にいながらにしてのショッピングは気軽なイメージがありますよね。 確かに、画面を通じて比較ができるので楽かもしれません。 ただ、犬をインターネットで購入するときには、生き物なので画面では分からないことがたくさんあります。 画面からは、ゴールデンレトリバーの子犬の可愛らしい様子が伝わってくるでしょう。 しかし、実際に手元に犬が来てみると「思ったのと違った」「ちょっと病気がちだった」というトラブルも少なくありません。 生き物を飼うということに着目すると、値段が安いからという理由でインターネット経由購入するのは難しいのかもしれません。 ペットショップ、ブリーダー、インターネットなど購入方法はさまざまですが、どこから購入するか、どんな個体を選ぶかによって値段が変わります。 また、ホワイト色が特徴の英国系ゴールデンレトリバーは、希少価値があり値段も高めと覚えておくといいでしょう。 10万円程度で購入できることもあれば、数十万円と高い値段になることもあります。 ゴールデンレトリバーはとても賢くて優しい犬種です。 飼い主さんが愛情をたっぷり注いであげれば、可愛い表情でこたえてくれます。 値段や入手先がどこかに関わらず、大切なのは迎え入れたあとです。 家族の一員として愛情をたっぷり注いであげてくださいね。

次の